FC2ブログ
topimage

2020-01

三冠王 - 2020.01.21 Tue


2019/12/28放送

BS1スペシャル レジェンドの目撃者

三冠王 落合博満

プロ野球史上、最高の選手であるイチロー。走攻守においてスキがなく、また・・・メンタルにおいてもスキがない。だがバッティングだけなら、おそらく・・・落合博満の方が上である。

天才=長嶋茂雄は一度も三冠王を成し得ていないが、落合は3度の三冠王に輝いている。世界のホームラン王=王貞治ですら2回、野村克也でも1回である。

落合が何故に成功してきたのか、その理由は単純で・・・誰よりもバットを振り、誰よりも純粋に考えたからだ。上達するためにはどうしたらいいか・・・彼は常に考えて練習していた。

落合は、努力を他人には見せなかった。それが彼のプライドであると、プロフェッショナルとして当然なのだと、彼の背中が語っていた。野球でもサッカーでも、やるべきことは同じである。






できなくてもいい・・・なんて技術は、ひとつもない - 2020.01.21 Tue

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
1/20 新神田小学校ピロティ

◆全カテゴリー合同
・リフティング
・ドリブルテクニック
・ロンド

リフティング
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・キャッチ10種目
 基本5種目、股、もも裏、胸、肩、背中

ドリブルテクニック
・フリー
 顔を上げて
 しなやかに
・フェイント(5年生以下)
 シザース
 ステップオーバー
 シザース⇒ダブルタッチ
 ステップオーバー⇒ダブルタッチ
 エラシコ
 シザース⇒エラシコ
 ステップオーバー⇒エラシコ
 ルーレット
 ルーレット⇒エラシコ
・フェイント(全学年)
 引き技
 引き技⇒浮かし抜き
 引き技⇒浮かし抜き⇒シャペウ
 引き技⇒浮かし抜き⇒たたき
 引き技⇒足裏通し(連続)
 引き技⇒足裏通し⇒ヒールリフト
 ヒールリフト
 挟み上げ

ロンド
5対2、6対2、7対2、8対2、学年別、条件あり

20191022kojintrhry.jpg

上を上を目指していくなら

できなくてもいい・・・なんて技術は、ひとつもない

できないよりも、できる方がいい・・・当たり前でしょ

ラッキーなことに!?誰も手伝ってやれないから

だから自分でやった分だけ、自分自身が巧くなれる

デッカイ夢を持ってんだから・・・しっかり歩け!!





921回/1005回 - 2020.01.20 Mon


リーガ・エスパニョーラ 2019~2020

第20節 バルセロナ 1-0 グラナダ

キケ・セティエン監督の初陣、早朝からガン見した笑。就任数日でスタイルが見えるほど甘くない・・・と思っていた。甘かったのはオレの方だった笑。バルサのポゼッションは82%を超えた。パス回数は1005回で、そのうち921回を成功させた。バルサが1試合で1000回以上のパスを通したのは、2005~06シーズン以来のことだ。

このスタイルであれば、先日紹介したブスケツの存在感はハンパない。この試合で最も多い157回のパスを出し、145回のパスを成功させている。パスの回数と成功させたパスの回数において、1試合で1人の選手の記録としては、今シーズンの最高記録を打ち立てた。以前であれば、ここにシャビが絡んでゲームを創造し、イニエスタが決定的なチャンスを創り出していた。

辿り着いてほしい

バルサがこのスタイルを維持している間に

barca2020ks.jpg




直向きさ - 2020.01.19 Sun

club de futbol 創 = CDF創

KFAアドバンスリーグ
金沢市スポーツ交流広場
担当 中島

CDF創 3-0 ヘミニス金沢FC
前半2-0 タクミ、シュンキ
後半1-0 コウタ(小6)

CDF創 4-0 シエロFC
前半3-0 シュンキ、シュンキ、シュンキ
後半1-0 アリト

20180imadekirusaidaigennnodoryokuwo.jpg

ひたむきさ・・・それが人の心を動かす

内容的には、ここ数ヶ月の試合で一番悪かった。「ひたむきさ」の違いかな・・・と思う。どんなに点が獲れても、どんなに技術が優れていても、「ひたむきさ」がなければ・・・人の心を動かす選手にはなれない。うまくいかなくて涙する日があっても、悔しくてたまらない日があっても、今日のような日があれば・・・すべてが台無しになってしまう。継続とは、君たちが思っているほど・・・簡単ではないのだ。

今日がベストだと、胸を張れるか

毎日がベスト!でないといけない。本気、全力、100%・・・でないといけない。君たちが育成年代の選手であるうちは、ひたむきに、粘り強く、歯を食いしばって・・・でないといけない。今日のプレーがベストだったと、本気で胸を張れるか。全力でやっていたとしても、もっとできたと反省するのがアスリートに必要なメンタルである。低い方に流れるは、余りに簡単である。夢が大きいのであれば、妥協なく日常を過ごす以外に道はない。

反抗期は、誰にでもくる

そもそも、難しい年代である。だが、幼かったと、自分勝手だったと、いつかは気付く・・・誰もが気付けるときがくる。昔は親のゲンコツで済んだが、現代はそうではない。親も覚悟しておかないといけない。ハッキリ言うが・・・我が子が正しいなど、ありはしない。ちゃんと向き合っていれば、尚更よく分かるはず。叱るべきときに、ちゃんと叱れないといけない。ピッチではオレが親代わりだから、オレたち指導者は・・・本気で叱る。

言うことが聞けないなら辞めさせる・・・は、効果なし

これには、させてやっているのだから・・・という前文が付く。そんな上からの物言いで通じるほど、子育ては簡単ではない。桜を見る会の名簿がないとか、悪いことは全部秘書がやったとか、嘘をついて逃げようとする日本の政治家。その大半が恥ずかしい大人であるのは、上からの目線で生きているからである。票が欲しくて頭を下げるのは、その見返りが大きいからであって、「ひたむきさ」からではないのだ。だから親も・・・それではいけない。

コツコツと、粘り強く伝える

サッカー選手の育成も、人間形成も・・・道は同じである


20180imadekirusaidaigenngagyoukouwomotarasu.jpg




サネカットイン - 2020.01.18 Sat

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング(1/18)
①シュート、外して奥足
②シュート、内足スピードアップ
③シュート、サネカットイン
④A)ゲーム形式、5対5+GK、勝ち残り方式、カテゴリー1
 B)ゲーム形式、6対6+GK、時間制、カテゴリー2



自分が観た中で、最も重要なスキルを学べる動画。ロジカル(論理的)な思考から入るのは非常に重要であるが、実現できる技術がなければイメージできない。基本的な技術と動作の習得ができていれば、すぐにでも理解できて実現できる。

これくらいの技術がなければ、プロで活躍できないと分かる。逆から考えると・・・これくらいのことができれば、プロでやっていける。もちろん、相手がいて成立することなので・・・試合で通用することが前提である。

実際にトレーニングしてみて、「これ、いいね!抜けるわ!!」と思うか、「全然うまくいかない・・・」と思うか、それぞれのレベルによって異なる。全ての選手が前者にならないと、理想のスタイルは実現できない。





キケ・セティエン - 2020.01.18 Sat


キケ・セティエン

クライフの思想を踏襲する、哲学的で理論的な指導者。昨シーズンまで指揮していたベティスは、そのスタイルで観衆を魅了。乾貴士がエイバルでのスタメンという立ち位置を捨ててまで、自ら移籍を希望した監督でもある。

リーガ(スペイン1部リーグ)が半分を終えたこのタイミングで、バルサは監督を代えた。19節終了して首位にも関わらず、昨シーズン優勝しているにも関わらず、バルサはバルベルデを切って、キケ・セティエンを迎えた。

ai2018052401.jpg

なぜか、それは・・・バルサが美しさを求め、バルサらしくあることを求めるチームだから・・・である。首位ではあるが負け数も多くて、らしくない試合内容が続いている。勝って当然、しかも美しくないといけない・・・それがバルサである。

結果が出なければ、彼もまたチームを去ることになる。そう理解していて、それでもこの椅子に座る。それほどまでに魅力的なのだろう。毎年、ほぼ全てのバルサの試合を観ているが・・・これから先は、楽しみで仕方ない。

ai2018052402.jpg

出場機会が全くなかった柴崎岳も、成績不振(スペイン2部で最下位)で監督が解任され、再びスタメンの機会が巡ってきた。こんなのは日常茶飯事で、慣れていかないといけない。逞しくないと、生き抜いていけない・・・それがプロという世界なんだ。

理想を下げる必要はないし、理想を捨ててはいけない。監督が代わる度に、要求が変わる度に、自身を見失っていては・・・何事も成し得ない。素直に聴く耳と同じくらいの、芯の強さ=信念を持たねばならない・・・それがプロサッカー選手である。

ai2018052403.jpg

この3つの写真は、日本に来る直前のイニエスタ

世界トップの選手が、日本でプレーしているという事実

チームで獲れるタイトルは、すべて獲得している

個人で獲れなかったのは・・・バロンドールだけである




どんな選手になりたいのか - 2020.01.18 Sat

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
1/17 いしかわ総合スポーツセンター

◆カテゴリー2
・リフティング
・3対3①
・3対3②
・4対4
・6対6

リフティング
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・フリー
 +キャッチ

3対3①(2年生以下)
10m×18m、コーンゴール×6、勝ち残り方式

3対3②(6年生以上)
9m×10m、コーンゴール×4、勝ち残り方式

4対4
10m×18m、コーンゴール×6、学年別、勝ち残り方式

6対6(3年生以下)
10m×18m、コーンゴール×6、ボール×2、勝ち残り方式

◆カテゴリー1
・1対1
・ゲーム形式①
・ゲーム形式②

1対1
10m×6m、コーンゴール×4、学年別、勝ち残り方式

ゲーム形式①(6年生以上)
40m×18m、5対5+GK、時間制

ゲーム形式②(5年生以下)
40m×18m、6対6+GK、勝ち残り方式

bonjiteteinstyleno1.jpg

現場では何度も伝えているが・・・待ち時間に集中を切ってしまうと、順番が来たときにスイッチが入らない。瞬間に入れたり切ったりできるほど、君たちのメンタルはできていない。簡単に切らしてはいけない、それが集中力(コンセントレーション)である。

20~25分程度で休憩を入れているので、そこがリフレッシュする時間であり・・・トレーニング中の順番待ちは、休み時間ではない。ここを勘違いしていると、成長する角度が上がらない。特に4年生とか5年生とか、もう子供ではないのだから。

で、苦言はもうひとつ。久しぶりにゲーム形式をやってみたが、4~5年生の仕掛けるドリブルが少なくて残念・・・非常に残念。これだけ静学の仕掛けるドリブルが注目されている今、パスコースを探している選手ばかりで・・・残念。

どんな選手になりたいのか・・・そういうことだろ





スタートライン - 2020.01.17 Fri

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング(1/16)
①リフティング、創スタンダード(基本8種目)
②リフティング、創スタンダード(キャッチ12種目)
③リフティング、創スタンダード(ステイ8種目)
④A)1対1、コーンゴール×4、勝ち残り方式、カテゴリー1
 B)1対1、コーンゴール×4、勝ち残り方式、カテゴリー2
⑤A)ゲーム形式、6対6+GK、カテゴリー1
 B)ゲーム形式、7対7+GK、カテゴリー2
 C)ゲーム形式、7対7+GK、カテゴリー3



U23日本代表が1試合も勝てずにアジア選手権を敗退。3試合目の審判は酷かったね・・・あれでレッド??あれでPK??・・・でも、判定は変わらない。問題はそこじゃなくて、チャンスが少ないってこと。何を恐れていたのかは分からないが、非常に消極的な集団であったことが一番の問題。観ていて、つまらない。

もうひとつ、楽観的なのが大問題。五輪で見返す??・・・果たして、東京のピッチに立っているのだろうか・・・選手も、そして指揮官も。次なんてねーだろ!!・・・と、思うけどね・・・プロなんだから。君たちは、そういう厳しい世界を目指しているんだ。そのための準備は、技術面だけでなく、精神面でも必要だ。

才能に恵まれていなければ、まずは圧倒的な技術を身につけないといけない。それを磨いていくうちに、自身の武器が分かるようになる。自分はどうやってプロで勝負するか・・・これが見えてくるのは、スタートラインに立ってから。スタートライン=基本的な技術と動作の習得=基礎が身についたところから・・・である。

上の動画、「イニエスタ」や「シャビ」と並ぶスペインの至宝「ダビド・シルヴァ」。日本でプレーする可能性もあり・・・イニエスタ同様、コイツは観たい!!と思うよね。「ボールが持てる」ってのは、人の心を動かせるってことなんだよ。静岡学園で日本中が熱狂している今、それを理解するのは難しくないはずだ。


20191229yymrbyyyhh.jpg




スタンダード - 2020.01.16 Thu


◆アカデミースタンダード
⇒基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、腿、頭
⇒キャッチ10種目
 基本5種目、股、腿裏、胸、肩、背中
⇒ステイ4種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、踵

◆創スタンダード
⇒基本8種目
 基本5種目、肩、踵、回転
⇒キャッチ12種目
 キャッチ10種目、踵、裏インサイド
⇒ステイ8種目
 ステイ4種目、裏インサイド、ミラージュ、カリオカ、連続

2014011813210000sn10.jpg

2015041616220001sn10.jpg

20151013sn10nstyle.jpg

できた! から できる!! へ

できる!! よりも しなやか!!! を目指して

続けることでしか・・・道は拓けない

努力は嘘をつかない

誰よりも高く、飛べるようになるんだ

soramotoberuhazu14.jpg




個性を磨き、個性を発揮する - 2020.01.16 Thu

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
1/15 いしかわ総合スポーツセンター

◆カテゴリー2
・リフティング
・ドリブルテクニック
・1対1
・2対2
・4対4

リフティング
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・フリー
 +たたき
 +シャペウ
 +キャッチ

ドリブルテクニック
・フリー
 顔を上げて
 しなやかに
・フェイント
 シザース
 シザース⇒ダブルタッチ
 シザース⇒ルーレット
 シザース⇒ヒールリフト

1対1
10m×7m、コーンゴール×4、学年別、勝ち残り方式

2対2(3・4年生のみ)
7m×10m、コーンゴール×4、勝ち残り方式

4対4
10m×20m、コーンゴール×8、学年別、勝ち残り方式

◆カテゴリー1
・リフティング
・1対1
・クワトロ

リフティング
・フリー

1対1
10m×7m、コーンゴール×4、学年別、勝ち残り方式

クワトロ
20m×20m、ミニゴール×4、5対5、学年別、勝ち残り方式



人には、成長する時期というのがある。やってもやっても出来ないと、下を向いて嘆く必要はない。そういう時期は誰にでもあって、そういう時期を乗り越えて、ようやく目に見える成長がやってくるんだ。自分を信じて、明日を信じて、続けることだ・・・あきらめることなく、磨き続けることだ。

ずっとサイドをやってきたが、その片鱗を見せ始めた。まだまだ精神的にも幼く、気持ちは顔に出る。技術的にも、ソウタロウやガクトには及ばない。が、インテリジェンス(戦術眼)において、才能を見せ始めているのは間違いない。中﨑滉太が「セルヒオ・ブスケツ」になる日が来る。自分を信じて、磨き続けることだ。

ブスケツは、足も速くないし、高く飛ぶこともできない。背が高くて足が長いけど、イニエスタやシャビのような華はない。それでもバルサではキャプテンを任され、スペイン代表でも欠かせない選手である。イニエスタ、シャビ、ブスケツ・・・サッカー史上最高のスタイルは、このトライアングルで成り立っていた。

サッカーには、11のポジションがある。様々なスタイルやシステムがあり、選手に求められることも多種多様である。だから同じような選手になる必要はない。もちろん、技術レベルは最高まで高めなければならない。基礎がなければ未来がない。だが、その先は個性で勝負・・・個性を磨き、個性を発揮するんだ。







現場に立てば、色々と見えてくる - 2020.01.15 Wed

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング(1/14)
①リフティング、基本7種目
②リフティング、+シャペウ、+たたき、+キャッチ
③ジグドリ&リフティング、基本7種目
④ジグドリ&リフティング、リターンパス⇒ターン(グラウンダー)
⑤ジグドリ&リフティング、リターンパス⇒ターン(バウンド)
⑥A)1対1、コーンゴール×4、学年別、勝ち残り方式
 B)GKトレーニング

sainoutoha9999.jpg

変えることなく継続することもあれば、少し目線(視点)を変えてみたり、テーマが明確になるようにオーガナイズを微調整することもある。それほど多種多様なものは必要なく・・・どちらかと言えば、モチベーションやコンセントレーションを上げる方が重要である。こういうオーガナイズをすれば、選手がこう育っていく・・・それが講習会で語る側の人たちが伝えたい内容だが、サッカー選手に必要不可欠な技術と動作の習得を目指すうえでは・・・それほど役には立たない。現場に立てば、色々と見えてくる。

例えばこの日のトレーニングでは、前々回にやったターンからのジグドリのコーンを、4本から2本に変えてみた。コーンの本数自体には意味がなく、コーンまでの距離=しなやかなターンからスピードアップできる距離を変えてみた。ジグドリの基礎は直前にやっているので、ジグドリのコーン自体も少なくて問題ない。ただ、どうすれば選手たちがもっとテーマを意識できるかどうかに焦点を当てて考えた結果である。考えた・・・と言っても、その場で見て思いついただけであるが、効果は絶大で面白かった。

オレはまぁ、こんなことを考えながら指導している

あとは君たちが、自身の夢とどう向き合っていくか

それで本気か? それで全力か? それで100%か?

試されているのは・・・そういうことだ


2013122912350000sn10.jpg

2013123014240000.jpg




錦城FCフットサル交流戦 ~U12の結果~ - 2020.01.15 Wed

N-style金沢サッカーアカデミー

錦城FCフットサル交流戦
U-12カテゴリー、6分ハーフ
加賀市体育館
担当 本多

N-style金沢・U12 2-0 野々市ジュニアSC・B
前半0-0
後半2-0 ソウタロウ、コウタ

N-style金沢・U12 2-0 野々市ジュニアSC・A
前半1-0 ソウタロウ
後半1-0 コウタ

N-style金沢・U12 4-1 湯野SC
前半0-1 失点
後半4-0 コウタ、ガクト、ソウタロウ、OG

N-style金沢・U12 4-1 錦城FC・A
前半2-1 ユウキ、失点、ソウタロウ(PK)
後半2-0 コウタ、ガクト

N-style金沢・U12 4-1 神明鳥羽SC(福井)
前半3-1 ソウタロウ、ソウタロウ、ユウキ、失点
後半1-0 コウタ

N-style金沢・U12 5-1 錦城FC・B
前半3-0 コウタ、ガクト、ソウマ
後半2-1 ソラ、ソラ、失点

野々市さん、湯野さん、錦城さん、神明鳥羽さん
有難うございました・・・今後とも、宜しくお願い致します

izumiclub001001001abc.jpg

以下、本多コーチのコメント

勝者のメンタリティーを持ち、ずいぶんと逞しく闘えるようになった。だが、みんなが観ていて心が熱くなった高校サッカーから逆算すると、まだまだ未熟であると理解していると思います。もっと巧くならなくては届かないし、もっと理解しなくては届かないし、何より・・・もっと勇敢にチャレンジできなくては、夢には届かない。CDF創(ジュニアユース)まで、まだ2ヶ月ある・・・日常を熱く、コツコツと、努力あるのみ!!

保護者の皆様
審判、送迎、応援、ありがとうございました。自分自身、高校サッカーを観て、いま子供達と接しているこの時間に対し、まだまだできることはないかと、想いを新たにした次第です。CDF創(ジュニアユース)まで残り少ないですが、しっかりと責任を全うしようと思います。また応援、よろしくお願いいたします。




トレーニングマッチ ~U8の結果~ - 2020.01.15 Wed

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニングマッチ
U-8カテゴリー、8分ハーフ
金沢市総合体育館
担当 水巻

N-style金沢・U8 8-1 ブルーラグーン
前半1-1 リク
後半7-0 レアル、ゼンジロウ、ツカサ、ゼンジロウ、レアル、ノゾム、ノゾム

N-style金沢・U8 4-5 ブルーラグーン
前半1-3 ソウタ
後半3-2 レアル、ツカサ、ノゾム

N-style金沢・U8 4-3 ブルーラグーン
前半2-2 リク、リク
後半2-1 ツカサ、レアル

岡部さん
色々なカテゴリーで、年始早々から有難うございます
今後とも、宜しくお願い致します

izumiclub001001001abc.jpg

以下、水巻コーチのコメント

年明け一発目の練習試合、お疲れ様でした。この年代は、まだまだ基礎を磨く期間です。リフティングやドリブルなどのボールコントロールを、今年もしっかり・・・徹底的に磨いていきましょう。何人かいますが、2年生はリフティング1000回を目指して頑張りましょう!!

保護者の皆様
今年も沢山の試合が組まれると思います。サポートのほど、宜しくお願いします。




SHIZUGAKU - 2020.01.14 Tue


第98回全国高校サッカー選手権大会

決勝戦 観客数56025人(史上最多)

青森山田高校 2-3 静岡学園高校

0-2から圧巻の逆転劇。追い込まれてからが、静学は本領を発揮する。もう、ここで語るまでもないだろう・・・ただただ、ただただ感動した。選手が頑張ってくれました・・・修さんや興龍さんから届いたメッセージは、あの頃から変わらない謙虚な姿勢の大切さを教えてくれた。

2014080819140000sn10.jpg

2014080819470000sn10.jpg




次の世代へ、さらに次の世代へ - 2020.01.14 Tue

club de futbol 創 = CDF創

トレーニングマッチ
金沢市スポーツ交流広場
担当 中島

CDF創 7-0 ブルーラグーン
得点経過 シュンキ、ハル、シュンキ、リョウタロウ(小5)、シュンキ、タクミ、タクミ(FK直接)

CDF創 2-2 ブルーラグーン
得点経過 ハル、失点、失点、カズキ

CDF創 3-0 ブルーラグーン
得点経過 シュンキ、シュンキ、タクミ



あらゆるポジションの選手が、次から次へと仕掛けていく

ほんの少しのスペースがあれば、テクニックが発揮される

1タッチのパス交換はアクセント、テンポとリズムを生み出す

攻守の切替えの速さは、攻守一体化を実現する

1期生をさらに進化させて、スタイルは受け継がれていく

次の世代へ、さらに次の世代へ・・・継続はチカラなり





リフティング歴代の記録 ~2020/1/12現在~ - 2020.01.13 Mon


以下の規定の中で記録を上回った選手は連絡ください

①落とさなければ、どこを使ってもOK
②大人(親)が数えた回数であること
※自分以外の中学生以上が数えた回数でもOK
※出来るだけカウントする器具を使ってください

歴代記録を更新して名前を残す
君たちの挑戦・・・楽しみに待っています♪



『N-style金沢 Soccer Academy』

リフティング歴代の記録
※フリースタイルでの回数、達成者(記録した年月、当時の学年)
※本人以外の大人が計測した記録に限る
※4/8がアカデミー開校記念日により、4/8より新学年とする

歴代1位
27568回 中島創司 (2012年11月、中学1年生)

歴代2位
18329回 本多岳人 (2018年12月、小学5年生)

歴代3位
17016回 河内歳三 (2017年3月、小学4年生)


4位   15825回 松本淳志 (2017年2月、小学6年生)

5位   14904回 岡純也  (2018年12月、中学2年生)

6位   14221回 中島創司 (2012年11月、中学1年生)

7位   14112回 今井勇希 (2018年12月、小学5年生)

8位   13614回 網蒼太朗 (2018年12月、小学5年生)

9位   13139回 安田唯人 (2014年3月、小学6年生)

10位  12993回 松田純士朗(2018年12月、中学2年生)

11位~20位
12688回 中村藍ノ介(2019年4月、小学6年生)
12520回 渡璃空  (2017年3月、小学6年生)
11548回 小中廣樹 (2019年11月、小学3年生)
11387回 坂航太朗 (2019年4月、小学4年生)
11111回 網勘史朗 (2018年12月、小学3年生)
10908回 麦元翔  (2018年1月、小学4年生)
10756回 村尾和生 (2018年12月、中学1年生)
10692回 中﨑滉太 (2018年12月、小学5年生)
10668回 本多岳人 (2017年11月、小学4年生)
10600回 寄留稜太郎(2019年4月、小学5年生)

21位~30位
10529回 山下大空 (2019年5月、小学6年生)
10487回 小中廣樹 (2019年4月、小学2年生)
10460回 斉藤暖斗 (2020年1月、小学5年生)
10248回 中村藍ノ介(2018年3月、小学5年生)
10165回 杉田陽  (2017年3月、小学4年生)
10121回 本多英人 (2014年3月、小学6年生)
10073回 安田悠真 (2014年3月、小学4年生)
10050回 中島創司 (2011年12月、小学6年生)
10035回 武内貴哉 (2014年3月、小学6年生)
9475回  安田悠真 (2014年3月、小学4年生)

31位~
9200回  水巻正斉 (2018年12月、小学4年生)
8896回  北澤巧成 (2019年1月、中学1年生)
8617回  坂航太朗 (2019年3月、小学4年生)
8438回  別宗裕太 (2014年3月、小学6年生)


以上がアカデミーの公式記録(33位まで)

各年代における歴代の記録

小学1年生 小中廣樹   2671回

小学2年生 伊勢野華立  3153回

      小中廣樹   6142回

      小中廣樹  10487回

小学3年生 安田悠真   6270回

      網勘史朗  11111回

      小中廣樹  11548回

小学4年生 安田悠真  10073回

      杉田陽   10165回

      本多岳人  10668回

      麦元翔   10908回

      坂航太朗  11387回

      河内歳三  17016回

小学生の間に10000回を超えたのは20名

6名が4年生で、1名が3年生で、1名が2年生で!!

記録とは・・・後に続く者たちのためにある

目指すべきものであり、超えていくべきものである

夢に続く道は創られ、伝統は系譜として受け継がれる


2016120514250001.jpg


始めたときは皆・・・5回も出来なかった

5回が30回になり、やる気と興味を持つ

30回が100回になり、達成感を味わう

100回を超えれば・・・

300回~1000回は、その翌日にも出来る

努力は・・・人を変える





トレーニングの予定(3月まで) - 2020.01.13 Mon


『N-style金沢 Soccer Academy』


bosyuutirasi001003.jpg


◆トレーニングの予定

 「新神田小学校グラウンドorピロティ」の場合
  全学年 17:00~20:00ごろ

 「スポセン=いしかわ総合スポーツセンター」の場合
  5年生以下 18:00~19:30
  6年生以上 19:30~21:00
  ※兄弟で時間を合わせることは可能です
   事前に中島まで確認してください

 【2020年1月】

  元旦(水) 年始休み

  3(金)  年始休み

  6(月)  スポセン

  8(水)  新神田小学校

  10(金) スポセン

  13(月) 祝日、休み

  15(水) スポセン

  17(金) スポセン

  20(月) 新神田小学校

  22(水) 新神田小学校

  24(金) 新神田小学校

  27(月) スポセン

  29(水) スポセン

  31(金) スポセン

 【2020年2月】

  3(月)  スポセン

  5(水)  新神田小学校

  7(金)  新神田小学校

  10(月) 新神田小学校

  12(水) スポセン

  14(金) スポセン

  17(月) スポセン

  19(水) 新神田小学校

  21(金) 新神田小学校

  24(月) 祝日、休み

  26(水) スポセン

  28(金) スポセン

 【2020年3月】

  2(月)  スポセン

  4(水)  新神田小学校

  6(金)  新神田小学校

  9(月)  スポセン

  11(水) スポセン

  13(金) 新神田小学校

  16(月) 新神田小学校

  18(水) 新神田小学校

  20(金) 祝日、休み

  23(月) スポセン

  25(水) 新神田小学校

  27(金) 年度末、更新休み

  30(月) 年度末、更新休み


20150227004ns.jpg


◆トレーニングについての詳細

 毎週 月・水・金曜日(祝日は休み)

 グラウンド=新神田小学校グラウンド
 ピロティ=新神田小学校ピロティ
 スポセン=いしかわ総合スポーツセンター

 グラウンドについて
 使用料は必要ありません(無料)
 全学年、17:00~20:00ごろ
 トレーニング終了後、後片付け~解散となります
 雨天時は「ピロティ」に移動してトレーニングを行います
 ※トレーニングシューズ

 ピロティについて
 使用料は必要ありません(無料)
 全学年、17:00~20:00ごろ
 ※トレーニングシューズ

 スポセンについて
 参加した日には使用料が必要です
 19:30頃、トレーニングの入れ替わりに集金しています

 6年生~中学生は、5年生以下のTRに参加可能
 5年生(★)は、6年生以上のTRに参加可能
 ※フットサルシューズ、インドアシューズ
 ★指導者の確認が必要です

 変更などありますので
 予定はこまめに確認してください

◆新神田小学校の駐車について

 お迎えの時
 正門の入り口付近に駐車されると
 他の使用者(体育館など)に迷惑がかかります

 奥まで進んで駐車できますので
 門に入ってから右折、突き当りを左折
 奥から順番に駐車するようにしてください



 【CDF創】への入団について、その他

 アカデミー体験参加などの問い合わせ先

 nstylekanazawa@gmail.com



20161226sm002.jpg


 夢なき者に成功なし

       ~吉田松陰~


 苦しまずして栄光なし

       ~黒田博樹~


 今日を今日中に使い切れ

       ~斎藤興龍~


 我が敵は我が妥協にあり

       ~本田圭佑~


 努力に勝る天才なし

       ~長友佑都~





選手募集のお知らせ - 2020.01.13 Mon


『N-style金沢 Soccer Academy』


新規メンバー 随時、募集中!!

体験参加 随時、受付中!!

ぜひ、遊びに来て下さい

きっと、サッカーの価値観が変わります!!


bosyuutirasi001003.jpg


サッカースクール活動

2019年4月から9年目に入りました

これまでも多くの選手に関わり

多くの選手が巣立っていきました


ここでサッカーを始める・・・大歓迎です

体験参加、いつでもOKです

無所属の選手でも試合経験を積むことができます

遊びに行く感覚で来てもらえれば十分です!!


所属するチームでの活躍=自分たちの願いです

何か上手くいっていない

もっともっと巧くなりたい

成長するキッカケがほしい

そんな選手もまた、ここで掴んでください!!



vamosafuturo20140103snsk.jpg


園児、小学生、中学生、大募集!!!

平日の練習は週3回 毎週月水金曜日


◆4月~9月の練習会場

 「新神田小学校グラウンド」

 「新神田小学校ピロティ」


◆10月~新年3月の練習会場

 「新神田小学校グラウンド」

 「新神田小学校ピロティ」

 「いしかわ総合スポーツセンター」


vamosafuturo20150104snsk.jpg


遅刻、早退、問題ありません

かほく市や小松市、富山県からも参加しています


週1回からの参加でもOK

本気なら誰でも参加できます!!!


小・中学生が100名以上在籍

本気で夢と向き合っています!!!


↓まずは連絡ください↓

nstylekanazawa@gmail.com

【CDF創】への問い合わせも受け付けています



vamosafuturo20171230snsk.jpg


夢に向かって“本気”なら

門はいつでも・・・開いています




トレーニングマッチ - 2020.01.13 Mon

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニングマッチ
U-9カテゴリー、8分ハーフ
金沢市総合体育館
担当 本多

N-style金沢・U9 3-3 ブルーラグーン
前半1-3 失点、失点、失点、コウシロウ
後半2-0 カイ、カイ

N-style金沢・U9 3-4 ブルーラグーン 
前半1-1 失点、カイ
後半2-3 失点、サクト、失点、失点、サクト

N-style金沢・U9 1-3 ブルーラグーン
前半0-1 失点
後半1-2 失点、ルイ、失点

ブルーラグーンさん、いつも有難うございます
2020年も熱く、ともに頑張っていきましょう!!

20190714nstyleksacdfsou.jpg

以下、本多コーチのコメント

個々のドリブル、パスの精度に成長は見られましたが、グループとして勝利を掴むということにおいて、必要な部分はまだまだ足りなかったですね。チャンスがあるのに相手ゴール前にいない、相手のボールになったのに自陣のゴールは開けたまま・・・これはチームとしてどうこうではなく、個人レベルで気が付くかどうかです。

ここぞというときにゴール前に顔を出してゴールを奪う、押し込まれても体を張ってゴールを守る。この日の結果からも、そういった部分においては相手の方が上回っていました。チャンスやピンチに気付けなければ、当然ながら勝利を掴むことは難しいです。普段のトレーニングから、ゴール前で大切なことをもっと意識して、「気が利く選手」になれるように取り組んでいきましょう!!




彼らはゲームを楽しんでいただろうか - 2020.01.13 Mon


AFC U23選手権

日本U23 1-2 サウジアラビアU23

日本U23 1-2 シリアU23

2連敗でグループステージ敗退が決定。不運もあるだろうが、これが実力と考えたほうがいい。史上最強世代とはやし立てたマスコミの皆さんが、最も責任が重いと思うが・・・どうか。史上最強かどうかは、結果が出てからでいいだろう。東京五輪で金メダルを獲得すれば、マスコミが騒がなくても間違いなく史上最強である。

久保、堂安、冨安、、、、多くの選手が海外で活躍している。が、そんなことは世界では普通のことである。リオ五輪で悲願の金メダルを獲得したブラジルは、世界的な選手を集めただけでなく、ネイマールを軸にしてチームを作った。北京五輪で金メダルのアルゼンチンには、リオネル・メッシがエースとして君臨していた。

大迫や南野をOA(オーバーエイジ)で出場させたとして、日本の現ベストメンバーを集めたとして、東京がホームである地の利を活かしたとしてもだ・・・金メダルの可能性は、5%くらいにしかならない。もちろん、ゼロではないから・・・希望を持つことは悪くないが、マスコミの報道は異常である。

1998年のフランスW杯、日本サッカー界の新たな歴史が始まった。日本は初めてW杯に出場するのだが、この組み合わせなら3位にもなれるとマスコミは騒いだ。結果、3連敗・・・予選敗退だった。バブルだったJリーグも、地に足をつけた改革が必要だった。マスコミに踊らされたと、国民は終わってから気付いたのだ。

闘う前から悲壮感が漂っていた。彼らはゲームを楽しんでいただろうか。勝たないといけない、結果を出して当たり前、最終メンバーに生き残るために、東京五輪で金メダルを獲得するために・・・どれだけ自身にプレッシャーをかければ気が済むのか。せめて観客は笑って応援してやれるくらいの・・・心の余裕が欲しい。

20190627soshiincdfsou.jpg




スタイル - 2020.01.12 Sun


第98回全国高校サッカー選手権大会

◆準決勝 第1試合

青森山田高校 2-1 帝京長岡高校

帝京長岡(通称、帝長)、素晴らしかった!!

園児から10年以上かけて育成してきた長岡、フットサルでは各年代で日本一に輝いている。高い技術をベースに、運動量を加えたスタイルは、多くの人を魅了したのではないか。

びわこ成蹊スポーツ大学で息子と同期の天才、年代別代表経験者でヴィッセル神戸U18の顔だった佐藤昴も、長岡JYFCの出身。中学生年代では、北信越で断トツの存在だった。

山田でなければ、帝長には勝てなかっただろう。山田はJ下部よりも強い、この年代のNo,1である。優れた素材を集めて鍛え上げる・・・内容的には、プロがやってるサッカーと変わらん。

◆準決勝 第2試合

静岡学園高校 1-0 矢板中央高校

This is SHIZUGAKU !!!

公式記録では観衆は29747人、シュート数は24本と2本。これほどの差、個人における差が明確に見えた準決勝は・・・記憶にない。チームでも個人でも、あまりに差が大きかった。

美しく敗れることを恥と思うな、無様に勝つことを恥と思え。試合ではボールは持ち続け、常に攻撃的であるべきだ。1-0で勝つくらいなら、4-5で負けたほうがいい。

これは現在のバルサの礎を築いた「ヨハン・クライフ」の言葉であり思想であるが、これを実践しているのが静岡学園であると言ってもいい。もちろん、【CDF創】の信念=スタイルでもある。

◆決勝戦の展望

5-0で山田が勝ってもおかしくない。攻め続ける静学は、相当数のカウンターをくらうだろう。山田のロングカウンターの精度は、例えるならベルギーのそれに等しい。それでも・・・静学は仕掛け続け、攻め続けるだろう。40年にわたり70名以上のプロを輩出してきた、静学の静学たる所以はそこにある。どちらが勝ったとしても、真の勝者がどちらなのかは・・・すでに結果が出ている。

2015121217350000.jpg

estoesshizugaku01.jpg




闘うためのサッカー理論 - 2020.01.12 Sun

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング(1/11)
◆小学生の部
①リフティング、ウォーキング
②リフティング、部位指定
③1タッチパスコントロール、4人組スクエア、4種目
④3対3、ライン突破&ゴール、学年別、勝ち残り方式
⑤3対3、ライン突破、学年別、勝ち残り方式
⑥ミニゲーム、3対3、4対4、学年別、勝ち残り方式
◆中学生の部
①リフティング、ウォーキング
②リフティング、2人組、条件あり
③1タッチパスコントロール、4人組スクエア、4種目
④4対4、ライン突破&ゴール、勝ち残り方式
⑤4対4、ライン突破&ゴール×2、勝ち残り方式
⑥4対4、ライン突破、勝ち残り方式

20191229yymrbyyyhh.jpg

基礎、そして対人・・・以下、「My style」

基礎には「正解」がある

「技術的な部分での正解」を明確に示す

それが「成長の角度を上げる」ことに繋がっている

対人で最も重要なのは創造力=「創」

それぞれが「自分のやり方で」突破する方法を身につける

それぞれが「自分のやり方で」ボールを奪う術を身につける

そのために必要なのが「基本的な技術と動作の習得」である

Entendiste ?





大切なのは結果じゃない・・・その過程である - 2020.01.11 Sat

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
1/10 いしかわ総合スポーツセンター

◆カテゴリー2
・リフティング
・ドリブルテクニック
・1対1
・2対2

リフティング
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・フリー
 +シャペウ
 +たたき
 +キャッチ

ドリブルテクニック
・フリー
 +シャペウ
 +たたき
 +フェイント

1対1
10m×7m、コーンゴール×4、学年別、勝ち残り方式

2対2
7m×10m、コーンゴール×4、学年別、勝ち残り方式

◆カテゴリー1
・リフティング
・1対1
・クワトロ

リフティング
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・フリー
 +シャペウ
 +たたき
 +キャッチ

1対1
10m×7m、コーンゴール×4、学年別、勝ち残り方式

クワトロ(6年生以上)
20m×20m、ミニゴール×4、5対5、勝ち残り方式

クワトロ(5年生以下)
20m×20m、ミニゴール×4、7対7、ボール×2、勝ち残り方式

bonjiteteinstyleno1.jpg

コツコツコツコツ、技術を磨き続ける

コツコツコツコツ、攻撃も守備も磨き続ける

毎日少しずつでいいから、成長していくために

結果が見えるのは、まだまだまだまだ先だけど

自分を信じて、毎日毎日・・・積み重ねていくんだ

自分の夢と向き合って、努力できる我が子がいる

親にとっても、それは・・・とても幸せなことなんだ

結果など気にせず、その背中を応援してやれ

夢と向き合っているのは、親ではなく我が子なんだ

大切なのは結果じゃない・・・その過程である

それが理解できないなら、大人としても恥ずかしい

親バカは微笑ましく結構だが、バカ親にはなるなよ

オレたち指導者はいつも・・・子供たちの味方だからな

結果は後から付いてくる

信じて待つってことを・・・覚えなさい


20191022kojintrhry.jpg




時間を無駄にするな、やるべきことは沢山ある - 2020.01.10 Fri

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング(1/9)
①ジグドリ&リフティング、スピードの乗った入りから
②ジグドリ&リフティング、リターンパス⇒ターン(グラウンダー)
③ジグドリ&リフティング、リターンパス⇒ターン(バウンド)
④リフティング、3拍子、基本7種目
⑤A)1対1、コーンゴール×4、勝ち残り方式、カテゴリー別
 B)GKトレーニング
⑥A)4対4、コーンゴール×6、勝ち残り方式、カテゴリー別
 B)GKトレーニング



基本的な技術と動作の習得

ボールコントロールは、サッカーの基礎であり、高いレベルで必要な、絶対に不可欠な要素。あとはコーディネーション=動作の習得が重要なポイントになる。思い通りにボールを扱えて、しなやかな動作でプレーできれば、課題のほとんどは解決できる。

高校年代は磨きをかける時間

高校年代になってから基礎を学んでいるようでは、残念ながら夢には届かない。基礎は15歳までに固め、18歳までに経験を積みながら磨き上げる。そこから先に歩みを進められるか、高校年代で決まる・・・つまり、15歳までの準備が明暗を分ける。

時間を無駄にするな、やるべきことは沢山ある

ジグドリだけでも、基本から、スピードアップ、入り方を変えて。リフティングでも、基本から、キャッチ、ステイ、シャペウ、たたき、3拍子、テクニック・・・上限はない。パスコントロール、対人、、、、無駄にしていい時間なんて、1秒もない。







Jクラブ加入内定選手(大卒、1/7現在) - 2020.01.09 Thu


Jクラブ加入内定選手(大卒、1/7現在)

◆関東1部リーグ(51名)

▼順天堂大学
FW 旗手怜央(→川崎F)
FW 浮田健誠(→山口)
DF 村松航太(→北九州)

▼筑波大学
MF 三笘薫(→川崎F)
MF 高嶺朋樹(→札幌)
DF 山川哲史(→神戸)
GK 阿部航斗(→新潟)

▼法政大学
MF 紺野和也(→FC東京)
FW 松澤彰(→富山)
MF 末木裕也(→富山)
MF 森俊貴(→栃木)
MF 下澤悠太(→秋田)
MF 大西遼太郎(→岐阜)
MF 橋本陸(→福島)
FW 上田綺世(→鹿島) ※2019年度、夏に加入済
GK 中野小次郎(→札幌) ※2021年度、加入内定

▼中央大学
DF 三ッ田啓希(→松本)
MF 中村亮太朗(→甲府)
DF 安部崇士(→徳島)
FW 加藤陸次樹(→金沢)
FW 野口竜彦(→岡山)
MF 大久保智明(→浦和) ※2021年度、加入内定
DF 深澤大輝(→東京V) ※2021年度、加入内定

▼桐蔭横浜大学
MF イサカ・ゼイン(→川崎F)
DF 眞鍋旭輝(→山口)
DF 佐藤喜生(→北九州)

▼明治大学
MF 安部柊斗(→FC東京)
MF 瀬古樹(→横浜FC)
DF 森下龍矢(→鳥栖)
DF 中村帆高(→FC東京)
MF 中村健人(→鹿児島)
GK 加藤大智(→愛媛)
DF 川上優樹(→群馬)
FW 佐藤亮(→北九州)
DF 小野寺健也(→山形)

▼駒澤大学
FW 高橋潤哉(→山形)
DF 星キョーワァン(→横浜FC)

▼立正大学
DF 中塩大貴(→甲府)
MF 藤森亮志(→長野)
FW 人見拓哉(→琉球)

▼専修大学
DF 西村慧祐(→大宮)
MF 氣田亮真(→長崎)
MF 河上将平(→藤枝)
FW 鈴木厚太(→沼津)
MF 鹿沼直生(→相模原)

▼流通経済大学
DF 本村武揚(→千葉)
GK オビ・パウエル・オビンナ(→横浜FM)

▼東洋大学
GK 松本健太(→柏)
MF 坪川潤之(→長野)
MF 松崎快(→水戸)

▼早稲田大学
DF 大桃海斗(→長野)

◆関東2部リーグ(17名)

▼日本大学
MF 金子拓郎(→札幌)
DF 舘幸希(→湘南)

▼関東学院大学
MF 見木友哉(→千葉)
DF 薩川淳貴(→讃岐)
FW 今村優介(→沼津)

▼国士舘大学
FW 高橋利樹(→熊本)
MF 明本考浩(→栃木)
DF 住吉ジェラニレショーン(→水戸)

▼産業能率大学
FW 吉田伊吹(→長野)
MF 新井泰貴(→鳥取)

▼拓殖大学
MF 池田廉(→琉球)

▼東京国際大学
MF 上野賢人(→相模原)

▼日本体育大学
DF 稲積大介(→藤枝)
DF 大迫暁(→沼津)

▼東京農業大学
DF 安藤一哉(→鳥取)

▼東京学芸大学
FW 色摩雄貴(→盛岡)

▼神奈川大学
DF 白井達也(→相模原)

◆千葉県リーグ(1名)

▼江戸川大学
DF 船橋勇真(→YS横浜)

◆関西1部リーグ(21名)

▼関西大学
DF 黒川圭介(→G大阪)
DF 羽田健人(→大分)
MF 牧野寛太(→長野)
FW 大久保優(→鳥取)

▼関西学院大学
MF 山本悠樹(→G大阪)
MF 岩本和希(→讃岐)

▼大阪体育大学
DF 田中駿汰(→札幌)
FW 林大地(→鳥栖)
MF 西田恵(→金沢)

▼びわこ成蹊スポーツ大学
MF 忽那喬司(→愛媛)
GK 糸原紘史郎(→鳥取)
FW 青山景昌(→福島)
GK 田中勘太(→富山)
FW 井上直輝(→秋田)


▼立命館大学
MF 竹本雄飛(→熊本)

▼阪南大学
DF 吹ヶ徳喜(→徳島)
MF 永野雄大(→北九州)

▼大阪経済大学
FW 川崎一輝(→讃岐)

▼桃山学院大学
FW 毎熊晟矢(→長崎)

▼近畿大学
DF 知念哲矢(→琉球)
MF 丸岡悟(→八戸)

◆東海1部リーグ(4名)

▼東海学園大学
DF 神谷凱士(→川崎F)
MF 児玉駿斗(→名古屋) ※2021年度、加入内定

▼中京大学
FW 東家聡樹(→福岡)

▼静岡産業大学
FW 栗田マーク(→讃岐)

◆北信越1部リーグ(3名)

▼新潟医療福祉大学
FW 矢村健(→新潟)
DF 喜岡佳太(→長野)

▼金沢星稜大学
FW 本塚聖也(→金沢)

◆東北1部リーグ(1名)

▼仙台大学
MF 松尾佑介(→横浜FC)

◆九州1部リーグ(4名)

▼鹿屋体育大学
DF 奥田雄大(→徳島)

▼福岡大学
MF 河原創(→熊本)
DF 菅田真啓(→熊本)

▼宮崎産業経営大学
MF 前田椋介(→福島)




Jクラブ加入内定選手(高卒、1/6現在) - 2020.01.09 Thu


Jクラブ加入内定選手(高卒、1/6現在)

◆青森山田高校
MF 武田英寿(→浦和)
MF 古宿理久(→横浜FC)

◆ヴァンラーレ八戸U-18
MF 石ケ森荘真(→八戸)

◆ベガルタ仙台ユース
Gk 小畑裕馬(→仙台)

◆モンテディオ山形ユース
DF 半田陸(→山形)

◆尚志高校
FW 染野唯月(→鹿島)

◆鹿島アントラーズユース
GK 山田大樹(→鹿島)

▼水戸ホーリーホックユース
MF 平田海斗(→水戸)

◆桐生第一高校
FW 若月大和(→湘南)

◆浦和レッズユース
MF 山中惇希(→群馬)

◆大宮アルディージャU18
MF 高田颯也(→大宮)

◆昌平高校
MF 鎌田大夢(→福島)

◆柏レイソルU-18
DF 井出敬大(→柏)
FW 細谷真大(→柏)
FW 鵜木郁哉(→柏)

◆ジェフユナイテッド千葉U-18
FW 櫻川ソロモン(→千葉)

◆市立船橋高校
DF 畑大雅(→湘南)
MF 鈴木唯人(→清水)

◆暁星国際高校
DF 国本玲央(→山口)

◆FC東京U-18
GK 野澤大志ブランドン(→FC東京)
DF 木村誠二(→FC東京)
DF バングーナガンデ佳史扶(→FC東京)

◆東京ヴェルディユース
DF 馬場晴也(→東京V)
MF 松橋優安(→東京V)
MF 石浦大雅(→東京V)
MF 藤田譲瑠チマ(→東京V)

◆三菱養和SCユース
FW 栗原イブラヒムジュニア(→清水)

◆成立学園高校
FW 吉長真優(→磐田)

◆川崎フロンターレU-18
FW 宮城天(→川崎F)

◆横浜F・マリノスユース
DF 池田航(→横浜FM)
MF 松田詠太郎(→横浜FM)
FW ブラウンノア賢信(→横浜FM)

◆SC相模原U-18
MF 中村龍雅(→相模原)

◆桐光学園高校
FW 西川潤(→C大阪)

◆帝京長岡高校
DF 吉田晴稀(→愛媛)
MF 谷内田哲平(→京都)
FW 晴山岬(→町田)

◆AC長野パルセイロU-18
MF 小西陽向(→長野)

◆ツエーゲン金沢U18
GK 上田樹(→金沢)

◆JFAアカデミー福島U-18
DF 加藤聖(→長崎)
MF 廣岡睦樹(→山形)
FW 植中朝日(→長崎)

◆清水エスパルスユース
DF ノリエガ・エリック(→清水)
FW 川本梨誉(→清水)

◆ジュビロ磐田U-18
MF 清田奈央弥(→磐田)
FW 三木直土(→磐田)

◆静岡学園高校
MF 松村優太(→鹿島)

◆名古屋グランパスU-18
GK 三井大輝(→名古屋)
DF 石田凌太郎(→名古屋)

◆四日市中央工業高校
FW 田口裕也(→鳥取)

◆京都サンガU-18
DF 井上航希(→沼津)
MF 川崎颯太(→京都)
MF 山田楓喜(→京都)

◆ガンバ大阪ユース
FW 川崎修平(→G大阪)
FW 塚元大(→G大阪)
FW 唐山翔自(→G大阪)

◆セレッソ大阪U-18
DF 西尾隆矢(→C大阪)
DF 下川太陽(→讃岐)
MF 吉馴空矢(→C大阪)
MF 松本凪生(→C大阪)
FW 藤尾翔太(→C大阪)

◆興國高校
MF 田路耀介(→金沢)
DF 高安孝幸(→金沢)

◆神戸弘陵高校
DF 田平起也(→C大阪)

◆ガイナーレ鳥取U-18
DF 坂本敬(→鳥取)

◆米子北高校
DF 高橋祐翔(→大分)

◆立正大淞南高校
MF 山田真夏斗(→松本)

◆ファジアーノ岡山U-18
MF 山田恭也(→岡山)

◆サンフレッチェ広島ユース
MF 土肥航大(→広島)
FW 鮎川峻(→広島)

◆レノファ山口U-18
MF 伊東稜晟(→山口)

◆徳島ヴォルティスユース
MF 森田凜(→徳島)

◆愛媛U-18
DF 三原秀真(→愛媛)

◆東福岡高校
MF 荒木遼太郎(→鹿島)

◆九州国際大学付属高校
DF 吉田晃(→名古屋)

◆東海大福岡高校
GK 李到炯(→今治)

◆飯塚高校
MF 村越凱光(→松本)

◆サガン鳥栖U-18
GK 板橋洋青(→鳥栖)
DF 大畑歩夢(→鳥栖)
MF 本田風智(→鳥栖)

◆ロアッソ熊本U-18
FW 樋口叶(→熊本)
MF 田尻康晴(→熊本)
MF 小島圭巽(→熊本)




テクニシャン - 2020.01.09 Thu

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
1/8 新神田小学校ピロティ

◆全カテゴリー合同
・リフティング
・ドリブルテクニック
・ロンド

リフティング
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・キャッチ10種目
 基本5種目、股、もも裏、胸、肩、背中
・フリー
 +シャペウ
 +たたき

ドリブルテクニック
・フリー
 片足(逆足)
 ソール=足の裏
 スピードタッチ
・フェイント
 キックフェイント⇒切返し(イン、アウト、クライフターン)
 キックフェイント⇒切返し⇒引き技
 キックフェイント⇒切返し⇒引き技⇒切返し
 キックフェイント⇒スクラッチ(押し出し)
 キックフェイント⇒スクラッチ⇒引き技
 キックフェイント⇒スクラッチ⇒引き技⇒切返し
 キックフェイント⇒スクラッチ⇒ルーレット⇒ナメ

ロンド
3対1、4対1、4対2、5対2、6対2、学年別、条件あり



日本代表の司令塔、川崎フロンターレの10番「大島僚太」も静岡学園の出身。中学高校と6年間を静学で磨く。先に紹介した松村優太は、サイドまたはFWの選手・・・SBもいけるか。大島僚太は中盤、360度の視野の中で発揮する選手。不運なケガが多いが、彼が中盤に定着すれば・・・代表のスタイルも変わる。

ドリブル、リフティング、、、、ボールコントロールの練習は徹底的にやった。ここ=静学でなければ、自分はプロになれなかった。大島だけでなく、長谷川(川崎F)も、名古(鹿島)も、木本(C大阪)も、同じように言う。南(横浜FC)、福島(浦和)、山ノ井(福岡)、、、、静学は、GKもテクニシャンである。

この動画(大島)・・・たぶん消されちゃうから(笑)

目と、頭の中に・・・焼き付けてな!!







答えは、子どもの中に - 2020.01.08 Wed


プロフェッショナル 仕事の流儀

数学教師 井本陽久 ~答えは、子どもの中に~


オレがやりたいことは、この人が実践している

世の中には、スゴイ人が沢山いると知る

まだまだ未熟・・・そう教えてくれる




靴を揃えてある方が気持ちがいい - 2020.01.08 Wed

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング(1/7)
①ジグドリ&リフティング、基本7種目
②A)トラップ&パスコントロール、アルゼンチン式
 B)GKトレーニング
③A)クワトロ、7対7、ボール×2、勝ち残り方式
 B)クワトロ、6対6、ボール×2、勝ち残り方式
 C)GKトレーニング



まず徹底的に基礎をやる。この日はジグドリ&リフティング、他とはちょっとメニューが違う。ボールコントロールだけでなく、コーディネーションを重視している。重要なのは、「基本的な技術と動作の習得」である。つまり・・・思ったように体を動かせて、それがボールと一緒なら最高ってことだ。

次はパスコントロール・・・動きの中で、正確な技術を追求する。小学生の低学年から、アカデミーOBの高校生まで、同じメニューを行う。無邪気に取り組む小学生の低学年に比べ・・・高校生はできないと恥ずかしいと、勝手に自身にプレッシャーをかけている。そう、そういう事なんだよ・・・それが答えだ。

最後は2つの要素に遊び心を加えたメニューなのだが、ここではさらに人間性が見える。上手くいかなければイライラする、自分のやりたいことだけしかやらない・・・これが本性なのだが、ハッキリと見せてくれる笑。そういうのがいるってことは、その逆がいるってことだ。オレは・・・どっちも評価しないけどね。

部屋が散らかっていても、靴が脱ぎ捨ててあっても、法律に違反しているわけでも、他人に迷惑をかけてるわけじゃない。ただ・・・部屋をキレイにしてある方が気持ちがよくて、靴を揃えてある方が気持ちがいい・・・そういうことだ。些細なことだけどね・・・実は、これこそが君たちの夢に繋がっているんだ。


bannriikkuusousi.jpg




毎日確認する作業の連続 - 2020.01.07 Tue


静岡学園高校の現・監督である「川口修」は、自分と同学年にあたる。日本最高の育成環境である静学を創設した「井田勝通」総監督が、後継者に指名した唯一無二の男である。

修さんを含めた現在の静学のコーチ陣は、まさに最強の布陣と言える。聖地「谷田グラウンド」に足を運べば、見ているだけで刺激を受けられる・・・熱くならずにはいられない。

泉クラブを創設する前、金沢市立泉中学校サッカー部の外部コーチに就任した。最初の教え子を静学に送り込んだ。北信越選抜=現在でいえばナショナルトレセンの選手だった。

翌年のNo,1はベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)のユースに進んでプロになったが、本当は静学に送りたかった。足りない要素が多かったので、静学で学ばせたかった。

その頃からずっと、泉クラブ時代にもずっと、毎年毎年・・・静学に選手を送り続けた。あの環境で学ぶチャンスがあるのであれば、それ以外の選択肢は必要なかった。

川口修の真意 ←クリック

上記の記事を読んでもらえれば、静学の見ているところが他とは違うと分かる。彼らは創設時からずっと、この信念を貫いてプロを輩出し続けてきた・・・一朝一夕ではないのだ。

群馬から石川にきて、ここに家庭と拠点を築いた。石川人として、この地にも同じレベルの育成環境を創る。そう志して、この【アカデミー】を創った。4月でもう、10年目に突入する。

【CDF創】を創設したのは、より深く伝えねばならないと感じたから。出逢えてよかったと目の前の子供たちに言って貰えれば、後からでも理解できれば・・・それでいい。

募集もしないし、セレクションもしない。現時点で優れているかどうかなど、何の意味も持たない。この環境がどうか、選手たちが証明してくれる。高校で、その先で、それはもう時間の問題だ。

ブログを書きながら、いつも原点を確認している。君たちの夢と向き合うとは、どういうことなのか、どうあるべきなのか・・・毎日確認する作業の連続、これが・・・オレの選んだ人生。

bannriikkuusousi.jpg




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

N-style

Author:N-style
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4824)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR