FC2ブログ
topimage

2019-04

2019年度、教え子たちの闘い - 2019.04.19 Fri


2019年度、教え子たちの闘い

キャプテン、10番、守備の要、ゲームメーカー、、、、

それぞれの役割を果たし、チームに貢献してもらいたい!!!


◆高円宮杯Uー18プリンスリーグ/北信越
 日程&結果 ←クリック


◆高円宮杯U-18石川県リーグ/トップ/セカンド/サード
 各リーグ日程 ←クリック


IMG_0940.jpg

20180610u18seiryou01.jpg

20180223soubetukai02.jpg

2017040122222222222222222.jpg

20190210nstyle01.jpg




未来は現在を超えて行かねばならない - 2019.04.19 Fri

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング
4/18 いしかわ総合スポーツセンター

トレーニングメニュー
①A)2人組、リフティング
 B)GKトレーニング
②A)6(2+2+2)対2、多色ビブス、条件あり
 B)GKトレーニング
③A)ゲーム形式、カテゴリー1
 B)ゲーム形式、カテゴリー2

「club de futbol 創」③

頭の中を速くする。もちろん、技術が低ければ速くはできないのだが・・・それでも、頭の中を速くする訓練を積み重ねていく。ボールが来てから考えていたのでは遅過ぎるし、状況を見て考えていたとしても・・・正確に素早く実行できなければ通用しない。

U12=未来の大きな可能性を持った選手たちには、すでに同様のTRメニューを行っている。この日はゲーム形式の中で、守備の連動について伝えた。さらに、そこでは終わらず・・・連動した守備を剥がすイメージまでを伝えた。

現在は過去を超えて行かねばならない

未来は現在を超えて行かねばならない


koseiwomigakikoseiwohakkisiro2019cdfsou.jpg





カモンカップ2019 ~U12大会の結果~ - 2019.04.18 Thu

N-style金沢サッカーアカデミー

カモンカップ2019(U-12)
U-12カテゴリー
富山県立大学グランド(クレー)
担当 本多

◆1日目(予選リーグ、15分ハーフ、晴れ)

N-style金沢・U12 1-0 高槻清水FC(大阪)
前半0-0
後半1-0 ソウタロウ

N-style金沢・U12 4-0 IFC HAFEN(富山)
前半2-0 ユウヤ、ユウヤ
後半2-0 マサナリ、ソウタロウ

N-style金沢・U12 4-0 東明FC(富山)
前半2-0 コウタ、ガクト
後半2-0 コウタ、コウタロウ

グループ1位通過で決勝トーナメントへ進出

◆2日目(決勝トーナメント、20分ハーフ、曇り/小雨)

準々決勝
N-style金沢・U12 1-0 レオーネFC(富山)
前半1-0 ユウヤ
後半0-0

準決勝
N-style金沢・U12 1-3 東員SC(三重)
前半0-2
後半1-1 ソウマ、失点

3位決定戦
N-style金沢・U12 4-3 屋代SSS(長野)
前半1-2 失点、ユウヤ、失点
後半3-1 失点、ユウヤ、ユウヤ、ソウタロウ(PK)

16チーム中3位で大会終了

高槻清水さん、HAFENさん、東明さん、レオーネさん、東員さん、屋代さん
2日間、有難うございました・・・今後とも、宜しくお願い致します

20190106nstyleksaob.jpg

以下、本多コーチのコメント

2019年度、初の大会。目の前の1試合を全力で闘うこと。そのために、しっかりした準備をすること。ゲーム中のテーマは「声かけ」。サッカーはミスが当たり前にあるスポーツ・・・自身のミスは反省して次に繋げ、仲間のミスは受け入れて皆で励ましあうこと。この日は私自身も・・・1人のサポーターのような気持ちでベンチに入りました。

立ち上がりはやや固さが目立ち、得点はなかなか奪えないものの、終始危なげない試合展開でグループリーグを突破。翌日の決勝トーナメントでは、熱くなれる試合を見せてくれたと思います。持ち前のテクニックを駆使し、決して大きくはない体で相手に勇敢に立ち向かう姿からは、本当に成長を感じました。

また、ベンチにいるメンバーもピッチにいるメンバーへ声をかけ・・・個性派集団が(初めて!?)チームワークを持って闘っていました。結果としては、この大会で最も素晴らしいサッカーを展開していた相手に対し、互角に渡り合うもののセットプレーで失点し、敗れてしまいましたが・・・3位決定戦では気持ちを切り替えて闘い、大逆転劇でトロフィーを獲得しました。

優勝に届かなかったことは残念でしたが、テクニックと勇敢さを発揮して闘い抜いた選手達は・・・素晴らしかったと思います。これまでのトレーニングの成果が発揮されていたとは思います。が、目標に届かなかったのも事実です。まだまだ足りなかったのだと謙虚に受け止め、また日常のトレーニングを地道に続けていきましょう!!

この熱い大会を手厚くサポートしていただいた『HAFEN』の皆様、本当に有難うございました。いつも誘って頂き、本当に嬉しいです。その期待に応えるべく、これからも日常から選手を鍛え、個性を発揮できる選手を育てていきたいと思います。

保護者の皆様
2日間にわたり、審判、送迎、応援・・・ありがとうございました。皆さんの日頃のサポートが選手たちに届いたかのような、熱い試合を見せてくれたと思います。中学に上がる前に、どこまで成長できるか・・・これが大きなテーマのひとつです。これからも変わらず、日常を大切に頑張っていきますので・・・また応援、よろしくお願いいたします!!

bannriikkuusousi.jpg




お知らせ - 2019.04.14 Sun


N-style金沢サッカーアカデミー

お知らせ

4月15日(月) アカデミー

4月16日(火) CDF創

4月17日(水) アカデミー

上記の3日間、トレーニングはお休みとなります




vs 金沢高校(新1年生) - 2019.04.14 Sun

club de futbol 創 = CDF創

トレーニングマッチ
北部公園グランド(クレー)、曇り/雨
担当 中島

CDF創 4-2 金沢高校
35分ハーフ
前半1-0 ルウク
後半3-2 ルウク、シュンキ、ルウク、失点、失点

CDF創 1-5 金沢高校
35分ハーフ
前半1-2 失点、ルウク、失点
後半0-3 失点、失点、失点

20180826kuroyuri.jpg

局面、球際、対人・・・随分と良くなった。この2~3ヶ月の積み重ねは、結果にも表れている。結果とは素直に出るもので、やっていないことは全然ダメ。セットプレーの守備、サイド攻撃に対する守備、これらは・・・小学生と何も変わらんね。この日はCKから4失点・・・課題は一目瞭然だ。

教えられるのを待つのでは成長できない。マークの付き方、ゴール前での攻防、浮き球やこぼれ球の処理、、、、TVで観る試合や動画など、そういう場面はいくらでもある。知ろうとすること=「向上心」こそが、課題をクリアしていく唯一の方法。目に映っていても、関心がなければ・・・ただ通り過ぎていくだけ。





vs 日本航空石川高校(Bチーム) - 2019.04.14 Sun

club de futbol 創 = CDF創

◆カテゴリー1
トレーニングマッチ
日本航空石川高校グランド(人工芝)、晴れ
担当 中島

CDF創 1-0 日本航空石川高校
40分ハーフ
前半1-0 シオン
後半0-0

CDF創 0-1 日本航空石川高校
40分×1本

◆カテゴリー1&2
KFAアドバンスリーグ2019
金沢市スポーツ交流広場(人工芝)、晴れ
担当 中島

CDF創 0-1 FC北陸
25分ハーフ
前半0-0
後半0-1

CDF創 3-4 シエロFC
25分ハーフ
前半0-1
後半3-3 シオン、失点、シオン、失点、失点、シオン

20181227ookikuhiyakuseyo.jpg

午前と夜、移動距離も長く・・・しんどい1日。随分と逞しく、そして・・・へこたれなくなった。体をぶつけてボールを奪うスキルも向上。与えた「刺激」は、想像以上に成長を促すキッカケになっている。

全員が大きく成長している・・・と、言いたいところだが・・・目に見える成長は、一部の選手だけである。日常の努力は、ウソをつかない。努力で成長してきた選手が増えてきた分、努力の足りない選手が目立つようになった。





自分に負けないこと - 2019.04.13 Sat


自主TRメニュー(4/12)

◆ウォーミングアップ
 ・リフティング
 ・ドリブル
◆アジリティー
 ・リターンパス&バックステップからのターン、10本
 ・ダッシュ&バックステップ、10m、10本×2セット
 ・ジグザグサイドステップ&ヘディング、10本×2セット
 ・連続ジャンプからのジャンプヘッド、10本×2セット
◆トラップ&パスコントロール
 ・30m~50m、100本

20180subetewoyattekosomitihahirakeru.jpg

自分のためのTRだから・・・何をやるか、どれだけやるか、全てを自分で設定すればいい。体の状態や体調によっても、できることは変わってくるだろう。ただ、そこに妥協があれば・・・それは意味の無いモノになってしまう。質と量と、その両方が勝負。自分に負けないこと・・・それが、プロになるための絶対条件だ。




できるってことは、それだけの努力を積み重ねた証なんだ - 2019.04.13 Sat

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
4/12 新神田小学校グランド&ピロティ

◆全カテゴリー合同
・1対1
・ミニゲーム
・ゲーム形式
・リフティング
・ドリブルテクニック

1対1
斜め45度から、正規ゴール使用、左右別、学年別、攻守交替制

ミニゲーム
15m×10m、3対3、学年別、勝ち残り方式

ゲーム形式
30m×15m、5対5、学年別

リフティング
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・キャッチ
 インステップ、インサイド、アウトサイド、股

ドリブルテクニック
・フリー
・フェイント
 シザース⇒ダブルタッチ
 ルーレット⇒ダブルタッチ
 エラシコ⇒ダブルタッチ
 足裏通し(連続)⇒ダブルタッチ
 引き技⇒浮かし抜き⇒シャペウ
 引き技⇒浮かし抜き⇒たたき
 ヒールリフト

hondakeisuke10tekihajibun.jpg

少しずつしか成長できない

だからこそ、できたことに価値があるんだ

少しの時間でもいいから、毎日ボールを触ろう

夢の舞台に立ちたければ、毎日ボールを触ろう

少しずつしか成長できない

できるってことは、それだけの努力を積み重ねた証なんだ

口ばっかりの男になるな!!

夢と正面から向き合い、逃げずに立ち向かうんだ!!


20180imadekirusaidaigennnodoryokuwo.jpg




速さ - 2019.04.11 Thu

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング
4/11 金沢市中央体育館

トレーニングメニュー
①A)4(2+2)対2、多色ビブス、条件あり
 B)GKトレーニング
②A)ゲーム形式、カテゴリー1
 B)ゲーム形式、カテゴリー2

koseiwomigakikoseiwohakkisiro2019cdfsou.jpg

狭い中でも正確にできる技術

速い中でも正確にできる技術

こういった「正確にできるテクニック」を磨く

条件は・・・「的確な判断を伴った」・・・である

これらの“速さ”はもちろん、足の速さではなく

シンキングスピードを上げ、プレースピードを上げること

高校年代はもっと速く、大学や社会人は更に速く

プロの世界は次元の違うスピードであり

世界のトッププロの集団は・・・もはや、地球人ではない





明日があるとは限らない厳しい毎日を送る・・・という覚悟 - 2019.04.11 Thu


自主TRメニュー(4/9)

◆ウォーミングアップ
 ・リフティング
 ・ドリブル
◆基礎
 ・2人組、リフティングパス交換、5m
 ・2人組、トラップ&パスコントロール、15m
◆対人
 ・16m×8m、1対1、ライン突破、3回戦×3セット
※途中で足首負傷により、自主TRを終了

自主TRメニュー(4/11)

◆ウォーミングアップ
 ・リフティング
 ・ドリブル
◆基礎
 2人組、各10本
 ・リフティングトラップ
 ・背面トラップ
 ・胸トラップ&ターン
◆トラップ&パスコントロール
 ・30m~45m、100本

bannriikkuusousi.jpg

9日のTR中に、もともと痛めていた右足首を再び負傷。翌日は休息に当て、中1日でTRを再開。痛い・・・くらいでは、休んでいられない。休んでいても復帰したらピッチに立てる選手であればいいが、そうでない選手は居場所がなくなる・・・それがプロの世界である。

これ以上やったら壊れる・・・という線を超えてはいけないが、できる範囲でやれることはやらないと・・・次がない。休んで復帰しても、次がなければ休む意味がない。明日があるとは限らない厳しい毎日を送る・・・という覚悟、その覚悟がなければ・・・プロを目指すべきではない。




リフティング歴代の記録 ~2019/4/10現在~ - 2019.04.11 Thu


以下の規定の中で記録を上回った選手は連絡ください

①落とさなければ、どこを使ってもOK
②大人(親)が数えた回数であること
※自分以外の中学生以上が数えた回数でもOK
※出来るだけカウントする器具を使ってください

歴代記録を更新して名前を残す
君たちの挑戦・・・楽しみに待っています♪


※赤字は2018年12月以降の記録


『N-style金沢 Soccer Academy』

リフティング歴代の記録
※フリースタイルでの回数、達成者(記録した年月、当時の学年)
※本人以外の大人が計測した記録に限る
※4/8がアカデミー開校記念日により、4/8より新学年とする

歴代1位 27568回 中島創司 (2012年11月、中学1年生)

歴代2位 18329回 本多岳人 (2018年12月、小学5年生)

歴代3位 17016回 河内歳三 (2017年3月、小学4年生)

4位   15825回 松本淳志 (2017年2月、小学6年生)

5位   14904回 岡純也  (2018年12月、中学2年生)

6位   14221回 中島創司 (2012年11月、中学1年生)

7位   14112回 今井勇希 (2018年12月、小学5年生)

8位   13614回 網蒼太朗 (2018年12月、小学5年生)

9位   13139回 安田唯人 (2014年3月、小学6年生)

10位  12993回 松田純士朗(2018年12月、中学2年生)

11位~20位
12688回 中村藍ノ介(2019年4月、小学6年生)
12520回 渡璃空  (2017年3月、小学6年生)
11387回 坂航太朗 (2019年4月、小学4年生)
11111回 網勘史朗 (2018年12月、小学3年生)
10908回 麦元翔  (2018年1月、小学4年生)
10756回 村尾和生 (2018年12月、中学1年生)
10692回 中﨑滉太 (2018年12月、小学5年生)
10668回 本多岳人 (2017年11月、小学4年生)
10600回 寄留稜太郎(2019年4月、小学5年生)
10487回 小中廣樹 (2019年4月、小学2年生)

21位~30位
10248回 中村藍ノ介(2018年3月、小学5年生)
10165回 杉田陽  (2017年3月、小学4年生)
10121回 本多英人 (2014年3月、小学6年生)
10073回 安田悠真 (2014年3月、小学4年生)
10050回 中島創司 (2011年12月、小学6年生)
10035回 武内貴哉 (2014年3月、小学6年生)
9475回  安田悠真 (2014年3月、小学4年生)
9200回  水巻正斉 (2018年12月、小学4年生)
8896回  北澤巧成 (2019年1月、中学1年生)
8617回  坂航太朗 (2019年3月、小学4年生)

31位
8438回  別宗裕太 (2014年3月、小学6年生)


以上がアカデミーの公式記録(31位まで)

各年代における歴代の記録

小学1年生 小中廣樹   2671回

小学2年生 伊勢野華立  3153回

      小中廣樹   6142回

      小中廣樹  10487回

小学3年生 安田悠真   6270回

      網勘史朗  11111回

小学4年生 安田悠真  10073回

      杉田陽   10165回

      本多岳人  10668回

      麦元翔   10908回

      坂航太朗  11387回

      河内歳三  17016回

小学生の間に10000回を超えたのは19名

6名が4年生で、1名が3年生で、1名が2年生で!!

記録とは・・・後に続く者たちのためにある

目指すべきものであり、超えていくべきものである

夢に続く道は創られ、伝統は系譜として受け継がれる


2016120514250001.jpg


始めたときは皆・・・5回も出来なかった

5回が30回になり、やる気と興味を持つ

30回が100回になり、達成感を味わう

100回を超えれば・・・

300回~1000回は、その翌日にも出来る

努力は・・・人を変える





生きている限り挑戦できる・・・それが、人生 - 2019.04.11 Thu

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
4/10 新神田小学校ピロティ

◆全カテゴリー合同
・ロンド
・リフティング
・ドリブルテクニック

ロンド
・カテゴリー1&2、4対2、学年別
・カテゴリー3&4、5対2、6対2、7対2、学年別

リフティング
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・フリー

ドリブルテクニック
・フリー
・フェイント
 シザース
 ステップオーバー
 ダブルタッチ
 マシューズ
 エラシコ
 ルーレット
 ヒールリフト
 切り返し
 引き技

sijyouhatubh.jpg

人類が初めて、ブラックホールの撮影に成功した。これまでできなかったことができる・・・不可能は可能になるということだ。

何度も何度も頭を下げて大臣にまでなったのに、迷言連発で辞任に追い込まれる。人はときに・・・愚かであるということだ。

成功もあり、失敗もあり、だからこそ・・・人であるのだ。恐れることはない・・・失敗したとしても、命まではとられない。

生きている限り挑戦できる・・・それが、人生





お知らせ - 2019.04.10 Wed


N-style金沢サッカーアカデミー

お知らせ

4月15日(月) アカデミー

4月16日(火) CDF創

4月17日(水) アカデミー

上記の3日間、トレーニングはお休みとなります




トレーニングマッチ ~U9の結果~ - 2019.04.10 Wed

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニングマッチ
U-9カテゴリー、6人制
金沢市総合体育館(第1競技場)
担当 水巻

◆8分×1本

N-style金沢・U9 0-0 グランザス黒部FC(富山)

N-style金沢・U9 0-1 ブルーラグーン(石川)

N-style金沢・U9 1-1 グランザス黒部FC
得点経過 コウキ、失点

N-style金沢・U9 2-1 ブルーラグーン
得点経過 失点、レアル、ソウタロウ

N-style金沢・U9 0-2 グランザス黒部FC

N-style金沢・U9 2-1 ブルーラグーン
得点経過 コウキ、サクト、失点

◆10分×1本

N-style金沢・U9 1-2 グランザス黒部FC
得点経過 レンタ、失点、失点

N-style金沢・U9 2-2 ブルーラグーン
得点経過 ショウリ、失点、失点、アンジロウ

N-style金沢・U9 2-2 グランザス黒部FC
得点経過 失点、コウキ、失点、キイチ

N-style金沢・U9 0-3 ブルーラグーン

N-style金沢・U9 0-1 グランザス黒部FC

N-style金沢・U9 0-1 ブルーラグーン

N-style金沢・U9 0-2 グランザス黒部FC

N-style金沢・U9 1-0 ブルーラグーン
得点経過 レアル

N-style金沢・U9 0-0 グランザス黒部FC

グランザス黒部さん、ブルーラグーンさん
有難うございました・・・今後とも、宜しくお願い致します

20190408shinkanda.jpg

以下、水巻コーチのコメント

ブルーラグーンさん、グランザス黒部さん、ありがとうございました。

今回のテーマ・・・を完全に忘れ(自分が)、挑んだ試合。とにかく一生懸命やる!!を毎回伝えました。チームを3チームに分けましたが、みんな沢山走って頑張っていたと思います。

チームごとに試合が終わってから、「良かった所、悪かった所、じゃあ次どうしようか?」など、1人1人に聞きました。意外と皆、ちゃんとした答えが返ってきて、前回の試合などのテーマができなかった(三角形)など・・・ちゃんと考えてサッカーしている選手もいました。

もっともっと技術を上げ、もっともっとサッカーを好きになって、頑張っていきましょう!!

保護者の皆様
会場の準備、審判をしてくれた吉川さん、上からそっと見守ってくれた本多コーチ、ありがとうございました。自分はコーチとして、反省反省の日になりました。ですが、これからも子供達と一緒に成長して行けるよう、頑張りたいと思います。これからも、宜しくお願いします。




トレーニングマッチ ~U10の結果~ - 2019.04.10 Wed

N-style金沢サッカーアカデミー

呉羽FCフォーラス招待トレーニングマッチ
U-10カテゴリー、15分×1本
富山県総合運動公園(天然芝)、晴れ
担当 本多

N-style金沢・U10 2-0 プリマヴェーラ入善(富山)
得点経過 シュウセイ、レアル(PK)

N-style金沢・U10 2-0 呉羽FCフォーラス
得点経過 ジュキ、レンタ

N-style金沢・U10 0-2 プリマヴェーラ入善

N-style金沢・U10 0-0 呉羽FCフォーラス

N-style金沢・U10 1-1 プリマヴェーラ入善
得点経過 失点、シュウセイ

N-style金沢・U10 5-0 呉羽FCフォーラス
得点経過 カンシロウ、エイト、カンシロウ、ユウト、シュウセイ

プリマヴェーラ入善さん、呉羽FCフォーラスさん
有難うございました・・・今後とも、宜しくお願い致します

20190408shinkanda.jpg

以下、本多コーチのコメント

新年度初の対外試合。ゴールキック時のポジショニングを基本とした、パスを繋ぐための準備をテーマとしました。試合が始まると、すっかりテーマを忘れてしまっていて・・・何となく前に運び、簡単にボールを失っていました。

説明して、実践して、時にはゲーム中に呼び寄せて伝え、時には交代させて伝え・・・。繰り返し伝えるうちに、ボールを受ける準備が少しずつできるようになり、必然的にボールが繋がるようになってきました。

最後は、これまでチャレンジの少なかった選手も積極的にゴールを目指し、得点を挙げることもできました。次の試合の時には、今日のテーマを忘れず実践できるように、トレーニングの中のゲームでもしっかり意識して取り組んでいきましょう!!

保護者の皆様
遠方まで送迎、応援、ありがとうございました。比較的おとなしい子達が多いカテゴリーですが、真面目に取り組み、ゆっくりですが成長しています。更に成長できるよう、こちらもしっかり向き合っていきますので、また応援よろしくお願いいたします。




トレーニングマッチ ~U11の結果~ - 2019.04.10 Wed

N-style金沢サッカーアカデミー

◆呉羽FCフォーラス招待トレーニングマッチ
U-11カテゴリー、15分×1本
富山県総合運動公園(天然芝)、晴れ
担当 本多

N-style金沢・U11 0-2 グランザス黒部FC(富山)

N-style金沢・U11 1-2 呉羽FCフォーラス(富山)
得点経過 ハルト、失点、失点

N-style金沢・U11 1-4 グランザス黒部FC
得点経過 失点、コウタロウ、失点、失点、失点

N-style金沢・U11 0-0 呉羽FCフォーラス

N-style金沢・U11 0-2 グランザス黒部FC

N-style金沢・U11 2-2 呉羽FCフォーラス
得点経過 シン、失点、エイト、失点

グランザス黒部さん、呉羽FCフォーラスさん
有難うございました・・・今後とも、宜しくお願い致します

◆パテオFC金沢招待トレーニングマッチ
U-11カテゴリー、10分×1本
金沢市ジュニアスポーツコート(人工芝)、晴れ
対戦相手 パテオFC金沢
担当 本多

1本目 0-0

2本目 0-1

3本目 0-1

4本目 0-0

5本目 1-2
得点 ハルト

パテオFC金沢さん
有難うございました・・・今後とも、宜しくお願い致します

20190408shinkanda.jpg

以下、本多コーチのコメント

前回トレーニングマッチのテーマであったビルドアップに加え、ディフェンスの優先順位を伝えた上で、インターセプトを積極的に狙うことをテーマとしました。しかし・・・富山県トップレベルの相手に、前に運ぶことも簡単にはできず、こちらがテーマとしてやりたかったことを相手に全てやられてしまいました。フォアチェック、インターセプト、ゴールへの推進力・・・相手がすべてに上回っていたと思います。

富山での試合後、金沢に戻ってトレーニングマッチ。こちらはある程度ボールを保持し、優勢にゲームを進められるものの、バイタルエリアでのチャレンジやアイデアが足りずに、シュートを打てずカウンターを受ける場面が多かったです。この日は富山と金沢でダブルヘッダー、相手も強豪チームということで、勝利をつかむには至りませんでしたが、多くの課題を与えてくれました。ゴールへの意欲と積極的なチャレンジ、チャレンジ&カバー、そして何より・・・1対1。こちらも成長していたのは間違いありませんが、まだまだ足りないことを教えてもらえました。

保護者の皆様
遠方まで送迎、ダブルヘッダーにまで対応いただき、ありがとうございました。皆さんのサポートがあればこそ、子供たちもこの日のような良い経験ができます。この日の経験と皆さんの頑張りを、単に良い経験で終わらせず、次の機会にしっかり闘えるよう、トレーニングしていきます。また応援やサポートを、よろしくお願いいたします。




練習前に群れている時間など、無駄以外の何物でもない - 2019.04.10 Wed

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング
4/9 金沢市民芸術村

トレーニングメニュー
①ドリブル&対人、6種目、各10分

20190121souchoujisyutr.jpg

その気になれば・・・

やる気になれば・・・

それって・・・いつの話かね??

可能性のある時間は、決して多くはないんだ

他より劣っているけど、夢をあきらめることができない

であるならば、夢のために犠牲にするモノが多くて当然

練習前に群れている時間など、無駄以外の何物でもない

中心選手として試合に出場している者が、談笑している時間

それはそいつが落ちていく時間であり、大きなチャンスなんだ

TRを充実した時間にするための準備を、絶対に怠るな!!


soramotoberuhazu14.jpg




違い - 2019.04.09 Tue


自主TRメニュー(4/8)

◆ウォーミングアップ
 ・リフティング
 ・ドリブル
◆基礎
 ・2人組、リフティングパス交換、4m、8m
 ・2人組、トラップ&パスコントロール、12m
◆対人
 ・16m×8m、1対1、ライン突破、3回戦×3セット
◆アジリティー
 12m、各10本×2セット
 ・ダッシュ&バックステップ
 ・リターンパス&バックステップからのターン
◆パスコントロール
 ・トラップ&パスコントロール、30m~45m

souxmizuno.jpg

テクニックの違い

インテリジェンスの違い

フィジカルの違い

スタミナの違い

メンタルタフネスの違い

5つ、全てにおいて・・・感じることができる

プロになる者との“違い”を、その肌で感じろ!!




しなやかに、そして美しく - 2019.04.09 Tue

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
4/8 新神田小学校グランド&ピロティ

◆全カテゴリー合同
・リフティング
・ドリブルテクニック
・1対1
・ミニゲーム
・ゲーム形式

リフティング
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・その他
 肩、かかと、カット=回転をかける

ドリブルテクニック
・フリー
 2ステップ1タッチ
 ソール
・リフト
 ヒールリフト
 はさみ上げ
 軸足当て(逆足のつま先)
 軸足当て(立ち足)
 軸足当て(裏から)

1対1
斜め45度から、正規ゴール使用、左右別、学年別、攻守交替制、総当たり方式

ミニゲーム
15m×10m、3対3、学年別、勝ち残り方式

ゲーム形式
30m×15m、6対6、学年別

bonjiteteinstyleno1.jpg

できなかったことが、できるようになった!!

この達成感が、もう一歩前に踏み出す動機=「やる気」になる

初めてできた ⇒ だいたいできる ⇒ いつでもできる

まだ、先がある・・・しなやかに、そして美しく・・・である

満足は必要ない・・・継続が必要だ





夢に見合う努力ができなければ、その先に道は続いていない - 2019.04.08 Mon

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング(カテゴリー2)
4/7 北部公園グランド、晴れ/曇り

トレーニングメニュー
①ゲーム形式
 簡易ゴール使用、ハーフコート、7対7+GK

トレーニングマッチ
4/7 北陸大学FP、晴れ/曇り
担当 中島

30分ハーフ

CDF創 5-3 FC北陸
前半0-3 失点、失点、失点
後半5-0 リク、ルウク、ルウク、シオン、シュンキ

CDF創・B 0-3 FC北陸・B
前半0-0
後半0-3 失点、失点、失点

clubdefutbolsou001.jpg

1本目、システム的に不一致だったこともあり・・・全く勝負にならなかった。最初の1プレーを見て、選手の交代を決めたのは記憶にない。中3にもなって、イージーに蹴り込まれたボールを、どう処理していいか分からない・・・これでは、勝負にならんのだ。

技術的にどうとかの問題ではなく、ピッチに立つ準備ができていない。いちいち答えなんて言わない。Jリーグとか、日本代表とか、試合を観ていれば分かること。理解できる頭がないのか?・・・いやいや、そうではない。ないのは理解力ではなく、向上心だ。

この日で分かったと思うが、これから対戦する相手はどこも同じ。クラブユース選手権を闘うために士気を高め、チームを完成形に近づけている。一丸となるためにチームの方針を決め、時間帯による戦術を徹底し、セットプレーの詳細を詰める。

選手個々のモチベーションも高く、熱いファイトが当たり前に行われる。選手権で全国を目指す・・・その意気込みは、トレーニングマッチでも十分に伝わってくる。ウチはそれ以前の問題を多々抱えており、心技体全てにおいて・・・完成形には程遠い。

現実は厳しい

当たり前だが・・・どんな言い訳であれ、聞いてはもらえない

夢に見合う努力ができなければ、その先に道は続いていない


20180826kuroyuri.jpg




努力は見える - 2019.04.07 Sun

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング
4/6 北部公園グランド、晴れ

トレーニングメニュー(2部練)
◆1部
①パスコントロール
 ・2人組、対面、2タッチ
 ・2人組、対面、1タッチ
 ・4人組、四角形、2タッチ、ボール×2
 ・3人組、三角形、1タッチ、4種目
 ・3人組、一列、ターン
②シュート
 ・インサイド、DFなし
 ・インサイド、DFあり
 ・ヘディング、DFなし
 ・ヘディング、DFあり
◆2部
①ゲーム形式
 ・11対11、40分ハーフ、カテゴリー1
 ・11対11、25分×3本、カテゴリー2

20190406sakurakouen.jpg

TRメニューは、基本的な技術であるが・・・テーマは「見る」。いつ、どこを・・・「見ておく」ことで、できることが増える。速さだったり、強さだったり、そういうものを活かすことも、そういうものをカバーすることだってできる。

「見る」ことで判断する材料が増え、「立ち位置」や「体の向き」が変わる。「トラップの置き場所」が決まることで、「テンポ」よくパスが繋がり・・・攻撃に「リズム」が生まれる。タテに運ぶドリブルは、「アクセント」になる。

そして、もうひとつのテーマ・・・「逞しさ」。逞しいとは、どういうことか・・・「走力とスタミナがもたらす肉体的な強さと精神的な強さ」であると言える。肉体も精神も軟弱では、この世界では生き抜いていけない。

努力は見える。努力の差は、見える形で大きくなったと言える。努力している者は、このまま継続していけるといい。努力が足りない者は、ピッチに立つのは諦めよう。残酷な現実だが・・・当たり前で、誠実なことでもある。

逆に言えば・・・そうでなければ困る


soramotoberuhazu14.jpg




お知らせ - 2019.04.06 Sat


N-style金沢サッカーアカデミー

お知らせ

4月15日(月) アカデミー

4月16日(火) CDF創

4月17日(水) アカデミー

上記の3日間、トレーニングはお休みとなります




本当に必要なのは・・・実力でしょ - 2019.04.06 Sat

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
4/5 新神田小学校グランド&ピロティ

◆全カテゴリー合同
・リフティング
・ドリブルテクニック
・1対1
・ミニゲーム
・ゲーム形式

リフティング
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・キャッチ10種目
 基本5種目、股、もも裏、胸、肩、背中
・部位指定
 インステップ⇒逆足もも
 インサイド⇒逆足アウトサイド
 インステップ⇒もも⇒ヘディング

ドリブルテクニック
・フリー
 スクリーン
・フェイント
 ヒールリフト
 ヒールリフト⇒ヒールキック
 エラシコ
 エラシコ⇒ダブルタッチ
 エラシコ⇒ダブルタッチ⇒ルーレット
 エラシコ⇒ダブルタッチ⇒ルーレット⇒ヒールリフト

1対1
斜め45度から、正規ゴール使用、左右別、学年別、攻守交替制、総当たり方式

ミニゲーム
15m×10m、3対3、学年別、勝ち残り方式

ゲーム形式
30m×15m、5対5、学年別

20180810pting.jpg

必要なのは・・・肩書じゃないでしょ

本当に必要なのは・・・実力でしょ

実力があれば・・・飾り立てる必要はないでしょ

実力を見極めるのは・・・親じゃないでしょ

親の思い通りになったくらいで・・・夢には届かないでしょ

そんなに簡単だったら・・・ね、そんな訳ないでしょ

必要なのは実力です

実力を身に付けるのは日常です

日常とは努力の継続のことです

志があれば、取り組む姿勢が普通とは違います

全力、本気、100%・・・その積み重ねが人を創ります

ゆっくり進んでいきましょう

どんなに優れていても、10年はかかるのですから

たった2~3年で得たモノに、何かを変える力はありません

その間に大切なことは、1つや2つではありません

それを育むのは・・・親ではありません


20180809pting.jpg




リフティング歴代の記録 ~2019/4/5現在~ - 2019.04.05 Fri


以下の規定の中で記録を上回った選手は連絡ください

①落とさなければ、どこを使ってもOK
②大人(親)が数えた回数であること
※自分以外の中学生以上が数えた回数でもOK
※出来るだけカウントする器具を使ってください

歴代記録を更新して名前を残す
君たちの挑戦・・・楽しみに待っています♪


※赤字は2018年12月以降の記録


『N-style金沢 Soccer Academy』

リフティング歴代の記録
※フリースタイルでの回数、達成者(記録した年月、当時の学年)
※本人以外の大人が計測した記録に限る
※4/8がアカデミー開校記念日により、4/8より新学年とする

歴代1位 27568回 中島創司 (2012年11月、中学1年生)

歴代2位 18329回 本多岳人 (2018年12月、小学5年生)

歴代3位 17016回 河内歳三 (2017年3月、小学4年生)

4位   15825回 松本淳志 (2017年2月、小学6年生)

5位   14904回 岡純也  (2018年12月、中学2年生)

6位   14221回 中島創司 (2012年11月、中学1年生)

7位   14112回 今井勇希 (2018年12月、小学5年生)

8位   13614回 網蒼太朗 (2018年12月、小学5年生)

9位   13139回 安田唯人 (2014年3月、小学6年生)

10位  12993回 松田純士朗(2018年12月、中学2年生)

11位~20位
12688回 中村藍ノ介(2019年4月、小学6年生)
12520回 渡璃空  (2017年3月、小学6年生)
11387回 坂航太朗 (2019年4月、小学4年生)
11111回 網勘史朗 (2018年12月、小学3年生)
10908回 麦元翔  (2018年1月、小学4年生)
10756回 村尾和生 (2018年12月、中学1年生)
10692回 中﨑滉太 (2018年12月、小学5年生)
10668回 本多岳人 (2017年11月、小学4年生)
10487回 小中廣樹 (2019年4月、小学2年生)
10248回 中村藍ノ介(2018年3月、小学5年生)

21位~30位
10165回 杉田陽  (2017年3月、小学4年生)
10121回 本多英人 (2014年3月、小学6年生)
10073回 安田悠真 (2014年3月、小学4年生)
10050回 中島創司 (2011年12月、小学6年生)
10035回 武内貴哉 (2014年3月、小学6年生)
9475回  安田悠真 (2014年3月、小学4年生)
9200回  水巻正斉 (2018年12月、小学4年生)
8896回  北澤巧成 (2019年1月、中学1年生)
8617回  坂航太朗 (2019年3月、小学4年生)
8438回  別宗裕太 (2014年3月、小学6年生)


以上がアカデミーの公式記録(30位まで)

各年代における歴代の記録

小学1年生 小中廣樹   2671回

小学2年生 伊勢野華立  3153回

      小中廣樹   6142回

      小中廣樹  10487回

小学3年生 安田悠真   6270回

      網勘史朗  11111回

小学4年生 安田悠真  10073回

      杉田陽   10165回

      本多岳人  10668回

      麦元翔   10908回

      坂航太朗  11387回

      河内歳三  17016回

小学生の間に10000回を超えたのは18名

6名が4年生で、1名が3年生で、1名が2年生で!!

記録とは・・・後に続く者たちのためにある

目指すべきものであり、超えていくべきものである

夢に続く道は創られ、伝統は系譜として受け継がれる


2016120514250001.jpg


始めたときは皆・・・5回も出来なかった

5回が30回になり、やる気と興味を持つ

30回が100回になり、達成感を味わう

100回を超えれば・・・

300回~1000回は、その翌日にも出来る

努力は・・・人を変える





量 × 質 - 2019.04.05 Fri


自主TRメニュー(4/3)

◆リハビリメニュー
 ・リフティング
 ・ドリブル
 ・トラップ&パスコントロール
 ・1タッチパスコントロール
 ・ターン&パスコントロール

自主TRメニュー(4/4)

◆ウォーミングアップ
 ・リフティング
 ・ドリブル
◆基礎
 3人組、トライアングル
 ・トラップorターン
 ・リターンパス&バックステップからのターン
 ・リターンパス&1タッチパス
◆対人
 16m×8m、ライン突破
 ・1対1、勝ち残り方式
 ・2対3、3回戦×2セット
◆アジリティー
 16m、各10本
 ・ダッシュ&バックステップ
 ・リターンパス&バックステップからのターン
 8m、コーン×5
 ・ジグザグサイドステップ&ヘディング、10本
◆パスコントロール
 ・トラップorターンor1タッチ、30m、計100本

bonjiteteinstyleno1.jpg

リハビリから本格的なメニューへ移行。状態はまだ60%~70%ながら、より負荷をかけていく。4日のTRは、休憩を入れながら約2時間・・・彼はずっとボールを触り続けた。彼を創ったのは圧倒的なTRの量、そして・・・その質を上げることに全力で取り組む姿勢・・・である。




必要なモノは全て・・・この場所にある - 2019.04.05 Fri

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング
4/4 金沢市民芸術村

トレーニングメニュー
①ドリブル&対人、6種目、各10分
②ドリブル&対人、2種目、各10分

20190121souchoujisyutr.jpg

1人に1個のボール、そして・・・対人TR

あとは・・・君自身、その志次第で決まる

必要なモノは全て・・・この場所にある





その「ダブルタッチ」は・・・一見の価値がある - 2019.04.04 Thu

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
4/3 新神田小学校グランド&ピロティ

◆全カテゴリー合同
・リフティング
・1対1
・ミニゲーム
・ゲーム形式

リフティング
・フリー
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・継続

1対1
斜め45度から、正規ゴール使用、左右別、学年別、攻守交替制、総当たり方式

ミニゲーム
15m×10m、3対3、学年別、勝ち残り方式

ゲーム形式
30m×15m、5対5、学年別







「剥がす」というのは、相手DFの逆を突いて抜くということ。つまり、「相手DFに矢印を出させる」わけだが・・・これが簡単ではない。逆から言えば、「相手DFの体重移動が見えている」からできる技術である。

網蒼太朗・・・いずれ、この名前が大きく世間に報道される日が来る。「8番」を付ける彼は、まるで「アンドレス・イニエスタ」のように、簡単に相手DFを剥がす。この日、何人がピッチに倒されてしまったのだろうか。

「テクニック」と「インテリジェンス」の成せる業・・・素晴らしい。かつて、この場所に【新神田のイニエスタ】と呼ばれる選手がいた。【彼】は成長し、夢の舞台への切符を掴んだ。当時の【彼】と比べても、この年代では蒼太朗の方が・・・遥か上をいく。

【彼】と同じように、蒼太朗が夢の舞台に進むためには、「我慢強く、そして・・・誰よりも謙虚であること」だ。評価されるためにプレーするのではなく、「向上心」を持ち続け・・・自身に眼を向け、「自身の課題と向き合い続けること」だ。

蒼太朗と同等の選手が、同じ学年に3人いる。それに近い選手も、他に2人いる。そして・・・彼らを超える努力をしている選手が、同学年や下の学年に何人もいる。これは・・・計り知れない可能性であり、この環境の成せる業でもある。

網蒼太朗=【二代目・新神田のイニエスタ】

その「ダブルタッチ」は・・・一見の価値がある


20171224geijyutumura.jpg




リフティング歴代の記録 ~2019/4/3現在~ - 2019.04.04 Thu


以下の規定の中で記録を上回った選手は連絡ください

①落とさなければ、どこを使ってもOK
②大人(親)が数えた回数であること
※自分以外の中学生以上が数えた回数でもOK
※出来るだけカウントする器具を使ってください

歴代記録を更新して名前を残す
君たちの挑戦・・・楽しみに待っています♪


※赤字は2018年12月以降の記録


『N-style金沢 Soccer Academy』

リフティング歴代の記録
※フリースタイルでの回数、達成者(記録した年月、当時の学年)
※本人以外の大人が計測した記録に限る
※4/8がアカデミー開校記念日により、4/8より新学年とする

歴代1位 27568回 中島創司 (2012年11月、中学1年生)

歴代2位 18329回 本多岳人 (2018年12月、小学5年生)

歴代3位 17016回 河内歳三 (2017年3月、小学4年生)

4位   15825回 松本淳志 (2017年2月、小学6年生)

5位   14904回 岡純也  (2018年12月、中学2年生)

6位   14221回 中島創司 (2012年11月、中学1年生)

7位   14112回 今井勇希 (2018年12月、小学5年生)

8位   13614回 網蒼太朗 (2018年12月、小学5年生)

9位   13139回 安田唯人 (2014年3月、小学6年生)

10位  12993回 松田純士朗(2018年12月、中学2年生)

11位~20位
12688回 中村藍ノ介(2019年4月、小学6年生)
12520回 渡璃空  (2017年3月、小学6年生)
11111回 網勘史朗 (2018年12月、小学3年生)
10908回 麦元翔  (2018年1月、小学4年生)
10756回 村尾和生 (2018年12月、中学1年生)
10692回 中﨑滉太 (2018年12月、小学5年生)
10668回 本多岳人 (2017年11月、小学4年生)
10487回 小中廣樹 (2019年4月、小学2年生)
10248回 中村藍ノ介(2018年3月、小学5年生)
10165回 杉田陽  (2017年3月、小学4年生)

21位~30位
10121回 本多英人 (2014年3月、小学6年生)
10073回 安田悠真 (2014年3月、小学4年生)
10050回 中島創司 (2011年12月、小学6年生)
10035回 武内貴哉 (2014年3月、小学6年生)
9475回  安田悠真 (2014年3月、小学4年生)
9200回  水巻正斉 (2018年12月、小学4年生)
8896回  北澤巧成 (2019年1月、中学1年生)
8617回  坂航太朗 (2019年3月、小学4年生)
8438回  別宗裕太 (2014年3月、小学6年生)
7408回  北澤巧成 (2018年3月、小学6年生)


以上がアカデミーの公式記録(30位まで)

各年代における歴代の記録

小学1年生 小中廣樹   2671回

小学2年生 伊勢野華立  3153回

      小中廣樹   6142回

      小中廣樹  10487回

小学3年生 安田悠真   6270回

      網勘史朗  11111回

小学4年生 安田悠真  10073回

      杉田陽   10165回

      本多岳人  10668回

      麦元翔   10908回

      河内歳三  17016回

小学生の間に10000回を超えたのは17名

5名が4年生で、1名が3年生で、1名が2年生で!!

記録とは・・・後に続く者たちのためにある

目指すべきものであり、超えていくべきものである

夢に続く道は創られ、伝統は系譜として受け継がれる


2016120514250001.jpg


始めたときは皆・・・5回も出来なかった

5回が30回になり、やる気と興味を持つ

30回が100回になり、達成感を味わう

100回を超えれば・・・

300回~1000回は、その翌日にも出来る

努力は・・・人を変える





田村龍太郎、凱旋 - 2019.04.03 Wed

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング
4/2 金沢市中央体育館

トレーニングメニュー
①A)4(2+2)対2、多色ビブス、条件あり
 B)GKトレーニング
②A)シュート、ミドルレンジ
 B)シュート、ショートレンジ
③A)ゲーム形式、カテゴリー別
 B)自主TR

omoide010114.jpg

ryutaro0005.jpg

ryutaro0001.jpg

ryutaro0002.jpg

yuuyaryuutarou.jpg

Fリーグ「バサジィ大分」所属

昨年はフットサル日本代表にも選出された「田村龍太郎」

1番目と2番目は、「Grandlf金沢東」時代のモノ

3番目と4番目は、アカデミーに参加してくれたときのモノ

講演会??龍太郎が??・・・ないない(笑)

時は流れ・・・ウチの10番にサインしてるやないかいwww

↓これくらい↓のカリスマがないと・・・(なんつって、笑)

omoide010118.jpg

・・・・・あぁ、この日のTRについて(忘)

えーーっとね、キック!!・・・キック大事!!!

インサイドキックは一番使うから、自然と巧くなる

ウチは繋ぐ=「蹴って逃げない」から、ロングキックが下手

だからシュートTRは、ロングキックのTRでもあるんだ

インステップ、ヒザ下を振って確り当てる・・・大事!!!

プロになれるかどうか、キックの精度も重要なポイントです

それにしても・・・龍太郎が講演会かぁ

オレの方が10倍喋るよw(これはマジ、笑)

キックのフォーム、下の写真でイメージしよう!!


201611101438000011.jpg

2016111108290000.jpg




リフティング歴代の記録 ~2019/4/2現在~ - 2019.04.02 Tue


以下の規定の中で記録を上回った選手は連絡ください

①落とさなければ、どこを使ってもOK
②大人(親)が数えた回数であること
※自分以外の中学生以上が数えた回数でもOK
※出来るだけカウントする器具を使ってください

歴代記録を更新して名前を残す
君たちの挑戦・・・楽しみに待っています♪


※赤字は2018年12月以降の記録


『N-style金沢 Soccer Academy』

リフティング歴代の記録
※フリースタイルでの回数、達成者(記録した年月、当時の学年)
※本人以外の大人が計測した記録に限る

歴代1位 27568回 中島創司 (2012年11月、中学1年生)

歴代2位 18329回 本多岳人 (2018年12月、小学5年生)

歴代3位 17016回 河内歳三 (2017年3月、小学4年生)

4位   15825回 松本淳志 (2017年2月、小学6年生)

5位   14904回 岡純也  (2018年12月、中学2年生)

6位   14221回 中島創司 (2012年11月、中学1年生)

7位   14112回 今井勇希 (2018年12月、小学5年生)

8位   13614回 網蒼太朗 (2018年12月、小学5年生)

9位   13139回 安田唯人 (2014年3月、小学6年生)

10位  12993回 松田純士朗(2018年12月、中学2年生)

11位~20位
12520回 渡璃空  (2017年3月、小学6年生)
11111回 網勘史朗 (2018年12月、小学3年生)
10908回 麦元翔  (2018年1月、小学4年生)
10756回 村尾和生 (2018年12月、中学1年生)
10692回 中﨑滉太 (2018年12月、小学5年生)
10668回 本多岳人 (2017年11月、小学4年生)
10487回 小中廣樹 (2019年4月、小学2年生)
10248回 中村藍ノ介(2018年3月、小学6年生)
10165回 杉田陽  (2017年3月、小学4年生)
10121回 本多英人 (2014年3月、小学6年生)

21位~30位
10073回 安田悠真 (2014年3月、小学4年生)
10050回 中島創司 (2011年12月、小学6年生)
10035回 武内貴哉 (2014年3月、小学6年生)
9475回  安田悠真 (2014年3月、小学4年生)
9200回  水巻正斉 (2018年12月、小学4年生)
8896回  北澤巧成 (2019年1月、中学1年生)
8617回  坂航太朗 (2019年3月、小学4年生)
8438回  別宗裕太 (2014年3月、小学6年生)
7408回  北澤巧成 (2018年3月、小学6年生)
7292回  堤井瞭太 (2014年3月、小学5年生)


以上がアカデミーの公式記録(30位まで)

各年代における歴代の記録

小学1年生 小中廣樹   2671回

小学2年生 伊勢野華立  3153回

      小中廣樹   6142回

      小中廣樹  10487回

小学3年生 安田悠真   6270回

      網勘史朗  11111回

小学4年生 安田悠真  10073回

      杉田陽   10165回

      本多岳人  10668回

      麦元翔   10908回

      河内歳三  17016回

小学生の間に10000回を超えたのは17名

5名が4年生で、1名が3年生で、1名が2年生で!!

記録とは・・・後に続く者たちのためにある

目指すべきものであり、超えていくべきものである

夢に続く道は創られ、伝統は系譜として受け継がれる


2016120514250001.jpg


始めたときは皆・・・5回も出来なかった

5回が30回になり、やる気と興味を持つ

30回が100回になり、達成感を味わう

100回を超えれば・・・

300回~1000回は、その翌日にも出来る

努力は・・・人を変える





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

N-style

Author:N-style
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4340)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR