FC2ブログ
topimage

2012-08

170cm - 2012.08.31 Fri


◆UEFA欧州最優秀選手にイニエスタ(FCバルセロナ・スペイン代表)が選ばれた

史上初のユーロ連覇、W杯優勝、クラブ世界一、、、、数々のタイトルを獲得するが
個人では先日のユーロMVPに続き、この栄冠に辿り着いた。
メッシ、C・ロナウド、彼らを抑えての受賞は、大変価値のあることで
イニエスタのサッカー人生で残るタイトルは・・・FIFAバロンドールくらいなものだ。

ドン・アンドレス、手品師(イルシオニスタ)、頭脳(セレブロ)、などと呼ばれる彼だが
現在28歳(170cm・65kg)の今シーズンは、過去最高のパフォーマンスが期待できる。
※ちなみに同僚のシャビは32歳で170cm・68kg

◆日本代表CB・吉田麻也、サウサンプトンへ移籍(イングランド・プレミアリーグ)

サウサンプトンは、同じく日本代表の李忠成がプレーしている・・・頑張って



今日のTR

●下級生
・リフティング
・1対1(ゴール付)
・2対2(ゴール付)
・ミニゲーム(2年・5人vs3年・4人)

リフティング
左右交互、片足、ヘディング、時間をかけて行った。

1対1・2対2
正規ゴールを使い、ドリブルからの1対1・2対2を行った。
・ドリブルに対してのディフェンス
・カバーリング
・ドリブル突破
・攻撃のアイデア
色んなことを考えさせながら、時間をかけて行った。

ミニゲーム
3年、先制されるも3-1で逆転勝ち・・・意地見せたね

●上級生
・リフティング
・パス回し(3対2、4対2)
・2対2(ゴール付)
・ゲーム形式(8対8)

リフティング
下級生同様に時間をかけて行った。
まだまだだけど、ちゃんと成長が見える者がいる・・・嬉しかった

パス回し
テーマは「切替えの速さ」と「囲い込むディフェンス」
ディフェンスに奪われた瞬間に、オフェンスだった者が奪いに行く。
ラインを超える前に奪えたら、オフェンスは続行される。
試合の勝敗に直結する「切替えの速さ」を、常に意識させるべく行った。

2対2
正規ゴールを使用した2対2(途中からGKを入れて)
「チャレンジ&カバー」と「オフェンスのアイデア」をテーマに行った。
随所に良い判断と、間違った判断がみられ(これも大切なこと!!)
次のゲームへと、スムーズに繋がっていった。

ゲーム形式
4年+自分vsその他(8対8)で行ったが
久しぶりに「デカい声」で、「厳しい口調」で言い続けた。
・追い続けろ!!
・囲め!!
・インターセプトを狙え!!
・止まるな!!
・前を向かせるな!!
・ギャップに顔を出せ!!
・逆サイドが遅い!!
・フリーでパスミスするな!!
・顔を上げろ!!
・もっといい判断があるだろ!!
・カバーが遅い!!
その前に行ったTRから課題を続けることで、この日のTRの中での成果が得られる。
それを継続させていくことで、スキルとして身に付いていく。

4・5年にまじってカリュウ(2年)が2得点・・・当たり前のように決めてみせる

すでに4・5年と同等か・・・スゲー奴だな・・・本当に・・・

ユウマさぁ・・・そろそろワガママは卒業しないと・・・仲間から信頼されなくなる

ユイト・・・文句言ってるヤツに限って・・・自分には甘いよな

色んなモノが見えた、今日のゲームだった




感動は自分の中にある - 2012.08.31 Fri


自分は24時間TVとか27時間TVとか、その類のTVは観ない。
実際に観るヒマもないが、造られた感動には興味がない。

感動させるために造る

もちろん感動する人がいて、募金する人がいて、悪いことではない。
自分も募金はするが、この手の番組に興味はない。
誰かが走るために、トレーナーが数名、マッサージ係が数名、警備員が数名、、、、
30人もいなければ、走ることすらできない・・・恥ずかしくないのか?

昔・・・寛平兄さんは一人で走っていたような・・・

世界中を、癌と闘いながら、走り抜いた男に比べると・・・恥ずかしい

例えば、映画なんかも作り物であり、笑いや切なさや感動を誘う。
しかし、それは興業であり、収益を上げるために創る・・・目的そのものが違うものである。
チャリティーやボランティアを、造り物の感動で飾り立ててほしくはないが
この手の番組は、すでに目的そのものが変わっているように思われる。

リフティング・・・最初は2回か、3回か、、、、必ずそこから始まる

小学1年か、2年か、3年か、サッカーを始めた時から、その闘いは始まる

【息子】は4年生から始まった

最初の7~8回までが本当に・・・本当にしんどい。
10回まで辿り着くのに、どれほどの努力が必要か・・・。

オレ、10回出来たよ、100回出来たよ

君たちの努力を知っているから、これほど嬉しいことはない。
チャチなTV番組の造られた感動・・・それとはレベルが違う。

努力して掴んだモノが、何よりも大切なモノになる

感動は自分の中にある

【息子】は5年生の4月末日(サッカーを始めて1年)、初めて100回を達成し・・・泣いた。
10年とちょっとの人生で、初めて自分のチカラで成し遂げたことだからだ。
その後、1000回達成~10000回達成と進んで行くが、泣くことなどない。
自分に自信があるから・・・夢への通過点に過ぎないから・・・。

この成長の原点は、初めて100回を達成したときの感動である

君たちにも、この感動と、そこから生まれてくる自信を、その手に掴んでもらいたい

手伝うことは誰にもできない・・・君たち自身にしかできないことだ




デスクトップ - 2012.08.31 Fri


1023045.jpg
このブログを書いている『My PC』

デスクトップの背景はコチラ
img748_DSC00205.jpg
第7回アテーナカップ優勝「ヘミニス金沢フットボールクラブ・16期生」




刺激を受けろ - 2012.08.30 Thu


刺激を受けろ

◆まずはコレ
リフティング少年 8歳 ←YouTube

このとき小2だってさ・・・左利きだろうな・・・センス抜群


◆次はコレ
5回転 ←YouTube

何歳かなぁ・・・リフティングの安定感がハンパない


◆次はコレ
ジンガ C ←YouTube

顔が映っていないが・・・上がっているなら完璧だ


◆ラストは・・・
永遠のサッカー小僧 ←YouTube

サッカーが好きで好きでたまらなかった少年は、日本代表をW杯ベスト16に導いた



どれからでもいい、刺激を受けろ

でも・・・日本代表になりたいなら・・・オススメはラストだ




ゴールを奪うための手段・方法 - 2012.08.30 Thu


c9ad5af9-0fb6-49a8-bbbc-589bf72417f9_n.jpg
スーペルコパ(昨シーズンのリーガ優勝とコパ優勝の対戦)

1st FCバルセロナ(H) 3-2 R・マドリード(A)

2nd R・マドリード(H) 2-1 FCバルセロナ(A)

1勝1敗、アウェイゴール数により、R・マドリードが今シーズン初タイトル



昨日のTR

●下級生
・リフティング
・コーディネーション
・1対1(ミニゴール・勝ち残り)
・ドリブル(ジグザグ&ソール)
・ミニゲーム(4対4)

1日1歩
リフティングも、ドリブルも、1対1も、、、、近道はない

●上級生
・リフティング
・コーディネーション
・パス回し(4対2)
・1対1(ゴール付)
・ミニゲーム(5対5)

1対1
パサーからボールを受けてレイオフ(ワンタッチでリターンパス)
オフの動きからパスをもらい1対1
大切なことは、「オフの動きでかけひきに勝つ」こと
出来れば裏でもらいたいが、前を向いた良い状態がgood
リターンパスを丁寧に返すことも忘れてはならない→良いボールが返ってくる

ミニゲーム
タカヤ・ユウキ(島)・ユウキ(末)・リクト・タカトで組んだ5人
パス回し、サポート、1対1、、、、随分良くなった
ここからは、個々のスキルを上げていくとともに、オフの動きを徹底させていく

パス回しが巧いだけのチームに魅力はない

サッカーはゴールを奪うスポーツ

それを忘れては本末転倒だ

ドリブルも、パスも、1対1に勝つことも、、、、

全てはゴールを奪うための手段・方法に過ぎない




情熱大陸 - 2012.08.29 Wed


2012082913230000.jpg
先日の「情熱大陸」より、ヴァイオリニスト『木嶋真優』25歳

中学を卒業して15歳でケルン(ドイツ)に留学

ケルンの音楽大学を首席(一番ってこと)で卒業

ドイツにいる日本人サッカー選手との交流も厚い

頭の回転が速いのだろう、口をほとんど開けずに早口で話す

宇多田ヒカルを思い出した(笑)

子供たちに教えている時の彼女、妥協を一切許さない眼をしていた

25歳、すでに「プロフェッショナルとしての覚悟」がハンパない

圧倒的に本物だ

夢に向かって本気なら、本物を観て学んで欲しい




ツナミサトシール - 2012.08.28 Tue


ヘミニス招待
3日目、恒例の!? 「元日本代表 都並敏史サッカースクール」
2012082817200000.jpg
スクール内の大人対子供のゲームで、シュートを決めた【彼】
ゲットした賞品は・・・「ツナミサトシール」(勝手に命名)
※サインは自分が頼んで貰ってきました

スクールの最中
「ソウシ、リフティング10000回も出来るのに、こんなのミスってどうする?」(都並さん)

・・・・・いつ仲良くなったんだ(やるじゃないか・・・)

今日は「オスグッド」の治療のために、チームTRを休みます。(時間外治療のため)
ウチで静かにテスト勉強・・・5時間も勉強していたと豪語していますが
【彼】の場合、休憩も時間に入ってますが・・・それでいいですか?

結果はすぐに出ますが・・・大丈夫ですか



昨日のTR(全学年合同)
・リフティング
・コーディネーション
・2人1組(コントロール)
・ミニゲーム(下級生のみ・4対4・ボール×2)
・1対1(上級生のみ・ミニゴール・勝ち残り)
・ドリブル(上級生のみ・ジグザグ&ソール)
・ゲーム形式(8対8)

2人1組
浮き球のコントロールを、時間をかけて行った。
周りを見ること、ウェッジCRとクッションCRの判断、などなど、、、、

ミニゲーム(下級生)
ボールを2個使用することで、顔も上がり、運動量も上がる。
自然と見る、自然と考える、自然と声が出る、個々のボールタッチも増える、などなど、、、、

1対1(上級生)
簡単にはプレーさせないことを意識して、激しいボディコンタクトも当たり前。
負けた者は、ひたすらドリブルTRして、自分の順番を待つ、、、、

ラストに話したこと

「人間性」の部分を大切にしよう

「オフ ザ ピッチ」が良くなれば、サッカーも上達する

『N-style金沢 Soccer Academy』では、そのことを証明していきたいと思っている

君たちが、サッカー以外の部分で立派でなければならない

君たちが、サッカーでも一流でなければ意味がない

全ては君たちにかかっているが、必要なのは自分と親のあり方である




プレミアといえば・・・こっちだろ? - 2012.08.27 Mon


全チームとの対戦が一巡し、後期に入ったプレミアリーグ
img_332091_9554772_0.jpg
6-2から、ラスト5分で4失点

ロスタイム4分なのに5分が経過
CKの判定がPKに覆りラストプレーで同点に(笑えねーな)

残留がかかる両チームだけに
勝ち点1を拾った浦和レッズユース、勝ち点2を失った静学・・・厳しいドローだった。

優勝はもう決まりと思えるほどに、東京ヴェルディユースが抜けている
2位から9位までは、これからの8試合でどうにでもなるだろう。

日本の最高峰の闘い

それに参加できる、東西合わせて20チームの権利は・・・とてつもなく大きい




ヘミニス招待を終えて - 2012.08.27 Mon


poster823.jpg

ヘミニス金沢フットボールクラブ招待

2012 Jrユース(U-14)サッカーフェスティバル in 七尾

1日経ってみて・・・まだ体の疲れが(オッサンだな、笑)

ひとつ、書いておきたいことがある。
七尾にある「鵬学園高校」のサッカー部の選手たちについて

23(木)・24(金)の2日間
ヘミニス招待の全試合の副審(ラインズマン)をやってもらったのだが
全員が、ビックリするほど・・・素晴らしい生徒たちだった

礼儀正しく、爽やかで、しっかりと話しが聞けて、副審のレベルも文句なし
いまどきの「チャラさ」はなく、本当にいい生徒たちだった。

現在は、県大会のベスト8~16くらいのチームだが
今後、確実に順位は上がっていくだろう(ピッチには人間性が出るからね)

まず、関係者として「ありがとう」

石川県を、北信越を代表する高校になってくれるように、応援しています




ヘミニス招待 ラストは達成感、そして感謝 - 2012.08.26 Sun


poster823.jpg

ヘミニス金沢フットボールクラブ招待

2012 Jrユース(U-14)サッカーフェスティバル in 七尾

優勝 鹿島アントラーズ アカデミートレセン

準優勝 東京ヴェルディ1969 支部選抜U-14

3位 千里丘FC

今回優勝したアントラーズは、アカデミー3校(カシマ・ノルテ・つくば)からの選抜チーム
同様に準優勝のヴェルディも、全国9支部からの選抜チームだった。

個人的には、5位に終わったマリノス追浜が、最も能力の高いチームだったと思う。
3位の千里丘FC、4位のエストレラ姫路も、街クラブとしては全国トップクラスだった。

2012082612590000.jpg
表彰式

ベスト11・アシスト王・得点王・ベストGK・最優秀選手

各賞の発表、実行委員長の挨拶とともに、大会の幕が下ろされた



4日間、和倉まで通った

猛暑の中で2試合も審判して、しんどい日もあった

毎日帰ってから仕事した

毎日が寝不足だった

でも、一度決めた事だから、毎日やると決めた事だから

毎日を全力で闘った

毎日見たから、人の器の大きさが分かった

毎日見たから、足りないモノが分かった

毎日見たから、残念なモノまで見えた

毎日見たから、来年は更に良き大会として成功させる自信がついた

達成感は・・・格別だった

そして溢れてきた感情は・・・感謝だった



自分も含め、一人一人のチカラは、一人一人ができることは

きっと・・・たいしたことはない

しかし、一人が二人になり、三人になり、、、、

これ程の大会を、ボランティア集団で運営できるまでになる

選手も同じだ

1人でサッカーは出来ない

もちろん、ピッチの中の11人だけでも、サッカーは出来ない

指導者がいて、仲間がいて、相手がいて、審判がいて、運営がいて、、、、

尊敬や感謝なんてことは、当然のことだと理解できないといけない

これだけの大きな経験を無駄にしないこと

これからが本当の闘いだから・・・そこに気付かないといけない



ひとつの達成感は、次への意欲となる

そして感謝の心は、その気持ちの大きさの分だけ・・・人を育てる

それを実際に体験し、確信した4日間だった



一番成長させてもらったのは自分かもしれない

全ての人たちへ・・・ありがとう




ヘミニス招待 3日目・・・体が悲鳴をあげている - 2012.08.25 Sat


poster823.jpg

ヘミニス金沢フットボールクラブ招待

2012 Jrユース(U-14)サッカーフェスティバル in 七尾

決勝 アントラーズアカデミー vs 東京ヴェルディ支部選抜

3位決定戦 エストレラ姫路 vs 千里丘FC

実際に観れば分かるが
3位決定戦の2チームは、「Jの下部組織」と同等のクラブチームである。
技術・戦術のレベルも高いが、何よりも凄いのは、その体力・走力である。

そうとう鍛えられている

簡単には・・・追いつけないだろう



今日で3日間
金沢から1時間ちょっと(有料道路含む)の「和倉温泉」に通っている
和倉温泉と言えば、34年連続日本一の旅館「加賀屋」が有名(入る暇などないが・・・)

猛暑の中
レフェリーを2試合、ラインズマンを1試合、その他は運営にあたっている。
朝8時に現地集合、夕方6時過ぎに解散、、、、育成会一同、頑張っております
この頑張りを、16期生(1年生)の皆が、理解してくれているように思う。
なんとなくだが・・・そう感じることが出来る。
暑さと闘いながら、悔しさと闘いながら、ボールボーイして、試合観戦して
ほんの少ししかないTRMでも・・・必死に闘っているように見えた

限界を超えた闘いに身を投じる君たちにとって

この4日間が、どうか意味のある時間でありますように

ラスト1日・・・全力で闘おうじゃないか




ヘミニス招待 2日目で悟りの境地に辿り着きました - 2012.08.24 Fri


poster823.jpg

ヘミニス金沢フットボールクラブ招待

2012 Jrユース(U-14)サッカーフェスティバル in 七尾

2日目 予選リーグ終了

◆決勝トーナメント

アントラーズアカデミー vs SAGAWA SHIGA

エストレラ姫路 vs セレッソ大阪

ヴィッセル神戸 vs 千里丘FC

東京ヴェルディ vs 横浜F・マリノス追浜

◆下位トーナメント

サンフレッチェくにびき vs 徳島ヴォルティス

ツエーゲン津幡 vs FCひがし

ヘミニス金沢 vs 三井千葉SC

ロプタ静岡 vs フェルボール愛知



全試合観たわけではないのだが・・・やはり「マリノス追浜」が凄い

理想的なサッカーに加え、個々の能力も非常に高い(見所満載)

明日は、全国大会準優勝メンバー3人を加えたヴィッセル神戸の試合の線審

その後、準決勝・第2試合の線審

そして明後日は・・・決勝の線審

どんだけ~~~~(死んでまうやろっ)



今日は、朝8時~夕方6時まで、Bコート6試合のオフィシャル

メンバーチェック・得点&アシストのチェック・選手交代・用紙記入 etc...

右から左へ、左から右へ

もう・・・悟りの境地です(笑)

2度ほど・・・逃げ出しましたよ




ヘミニス招待 緊張の1日目 - 2012.08.23 Thu


◆まずは昨日のTR(全学年合同)
・リフティング
・コーディネーション
・ミニゲーム(4対4、カテゴリー別)
・1対1(ミニゴール、カテゴリー別)
・ジグザグドリブル(1対1の合間に)
・ゲーム形式(7対7、上級生のみ)

テーマはこの日も「対人プレー」
1対1とミニゲームを交互に行うことで、ゲームの中での1対1を意識させた。

最近のTR
早く来た者は皆・・・リフティングをしている。
1・2年生も、最近参加した3年生も、逃げずに頑張っている。
おそらくこれは、もの凄くいい環境であると思う。

あとは・・・継続すること

結果は必ず付いてくるし、上達したら・・・もっとサッカーを好きになれる

この日は「ゲリラ雷雨」の可能性もあり、天候(雲)を見ながらのTR
ラピュタが2個入っていそうな雲もあったが、結局降らなかった。
雷が聞こえていたので、遠くでは激しい雨が降っていたのだろう。

1時間くらい・・・ずっと虹がかかっていた



◆ヘミニス招待
『2012 Jrユース(U-14)サッカーフェスティバル in 七尾』

緊張の1日目
自分は第1試合Cコートの主審、その後はBコートの運営

今日観れた中では、圧倒的に「追浜」=横浜F・マリノス追浜が素晴らしかった
判断力・技術力・走力・体力・・・全てが優れていた。
選手個々の能力も、2~3・4人で形成する組織的なオフェンスとディフェンスも
そして、その局面を一瞬で打開する正確なロングフィードも・・・観ていて楽しかった

違うコートで主審をしていたので観れなかったが

ヘミニス金沢FC 1-5 ヴィッセル神戸

ダイスケ(16期生=1年生)のゴールで先制
その後もダイスケが決定機を迎えるが、惜しくも決められず(その後負傷退場
悔しい敗戦だが、基本的な技術・戦術とフィジカルの差は大きかったのではないか・・・。

【金沢のイニエスタ】

今日は「ボールボーイ」だった

本心を言えば、出場してケガする方が、よっぽど羨ましいだろう

帰ってから書いていたサッカーノート・・・よく書けていた(しっかりと観ていた)

出場する権利すらない現実を受け止めて

【息子】だけでなく、悔しい思いをした1年生は、明日も明後日も悔しい思いをする

みんな・・・このまま終わっていいはずがないよな

この大会が終わったら・・・また練習しよう

現実を受け止めて、そのうえで一歩踏み出す勇気をもって



◆adidas CUP 2012
第27回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会

準決勝

ヴィッセル神戸 2-0 清水エスパルス
ガンバ大阪 5-1 アルビレックス新潟

決勝

ヴィッセル神戸 0-2 ガンバ大阪

ヘミニス金沢が目指していた「17」

闘いきったのはガンバ大阪と、初戦の相手だったヴィッセル神戸

全国のトップの本気と闘えたのは、選手のチカラだけではない

感謝を忘れてもらっては・・・全国に連れて行った意味がない

2年後・3年後の君たちの姿を、心から楽しみにしています




ここから、次世代の闘いが始まる - 2012.08.22 Wed


poster823.jpg

明日から、いよいよ開幕

(Aグループ)
 鹿島アントラーズアカデミー・ヴィッセル神戸・サンフレッチェくにびき・ヘミニス金沢

(Bグループ)
 三井千葉SC・千里丘FC・徳島ヴォルティス・SAGAWA SHIGA

(Cグループ)
 東京ヴェルディ・ロプタ静岡・エストレラ姫路・FCひがし

(Dグループ)
 横浜Fマリノス追浜・セレッソ大阪・FCフェルボール・ツエーゲン津幡

◆ヘミニス金沢FC 予選リーグの予定

23日 14:30 ヴィッセル神戸 vs ヘミニス金沢

24日 9:00 鹿島アントラーズアカデミー vs ヘミニス金沢

    14:00 サンフレッチェくにびき vs ヘミニス金沢

運営は全て「ヘミニス金沢FC」によるもので、「育成会」が中心となっています

このとてつもなく大きな経験を

来年の勝負の大会のために

今後のサッカー人生のために

育成会一同、全力でサポートします




イングランドでは「シンジ」?、それとも「カガ~ワ」? - 2012.08.22 Wed


scr12082119370009-p6.jpg
プレミアデビュー・・・は飾れなかったが
ほとんどボールを失うことなく、トップ下で先発フル出場

マンチェスター・U 0-1 エバートン

次回、第2節は・・・オールド・トラッフォード




ベンチに座っているのは指導者か、それともただのオッサンか - 2012.08.21 Tue


adidas CUP 2012
第27回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会

昨日の残りの結果

川崎フロンターレ 3-4 ガンバ大阪
ジュビロ沼津 0-4 アルビレックス新潟

準決勝のカード

ヴィッセル神戸 - 清水エスパルス
ガンバ大阪 - アルビレックス新潟



昨日のTR

●下級生
・リフティング
・蹴りだし
・1対1(ミニゴール・総当たり)
・ミニゲーム(4対4)

この日は「対人プレー」を課題にしていたので
ドリブルなどは行わず、リフティングも少なめだった。

1対1
いつも負けている者に負けないように!! と話して始めたが
よく頑張れていたし、ジャイアント・キリングもあったな

ミニゲーム
1対1が頑張れていたので、少し期待していたが
期待以上のプレー、頑張りを見せてくれた

●上級生
・リフティング
・蹴りだし
・1対1(ゴール・GK)
・ゲーム形式(8対8)

下級生同様、テーマは「対人プレー」

1対1
ゴール正面から25mほど離れて、パス交換から1対1
ディフェンス側は、できるだけ距離を詰めて、プレッシャーをかけながら対応する。
抜かれてもGKがいるので、あきらめてはいけない。
オフェンス側は、シンプルなフェイントから突破を狙い、時間をかけずに勝負を決めたい。
GKがいるので、ゴール前での余裕とかけひきが必要になる。

ゲーム形式
1対1から繋げたので、球際の粘り強さがみられ、前線からのディフェンスの意識も高かった。

4年生チーム
所属チームで出場した大会で決勝進出、その相手は先日のリーグ戦で完敗した相手
0-0のままPKになったが、惜しくもリベンジならず・・・みんな悔しくて泣いていたそうだ。

5年生チーム
所属チームで出場した先日の大会で優勝、満足感たっぷりな者もいたが
その大会は果たして、選手の能力を見極められる大会だったのだろうか・・・。

その差は歴然
4年生に圧倒され、チンチンにされていた5年生(特に中盤は恥ずかしいね・・・)
バイタルで前を向かれ、簡単にシュートまでもって行かれていた

どんな大会で、どんな試合だったか、この日のTRを見れば・・・聞くまでもないだろう

成果があったとの報告だったが・・・何の成果だ???

この差が何の差なのか・・・見ているモノが違いすぎる

ケガ明けで、ろくにTRしていない者が活躍していた?・・・それってどうなん???

どこまでの要求を選手たちにしているのか・・・見ているモノが低すぎる

このままで彼らが、全国レベルの選手たちと同等に闘えるようになるとは・・・到底、思えない

優勝とか、そういうのは後から付いてくるもので

無失点優勝を狙ってできる大会で、無失点優勝することに意味はない

個々に、プレーひとつひとつに、どれだけの要求をし

それぞれが、自分の課題にチャレンジしているかの方が大切である

彼らにとって、適切で、より高い要求をしていれば・・・昨日は違っただろう

試合の翌日なのに、何の課題もなくTRに来る子供たち

きっとベンチに指導者はいなかったのだろう・・・




中2病 - 2012.08.20 Mon


昨日のTRM・・・非常に残念だった

自分はいつも通り主審

この日は週末の大会に向けて、4級資格を持つ大人が線審をしていた

開始してすぐにチームメイトに対する罵声が始まる

それはコーチングなどとはかけ離れた、自分勝手なものでしかなかった

いつしかそれはジャッジに向けられた

オフサイドの判定に対してFWの選手は「ねぇよ」

タテパスを出した側の選手からは何も見えないと思うが

その後は、簡単に奪われたボールを取り返すべく

相手を引っ張り、足を蹴りまくっていた

そのファールに対して注意を与えた次のファールのとき

今度は50m離れたGKが「ねぇよ」

当然、注意を与えたが、反省はみられなかった

一番前と一番後ろの選手が、サッカーの理解度が最も低かった

味方への要求は、全て意味不明で、自己中心的で、ワガママにすぎなかった

彼らには、謙虚さも、感謝の心も、リスペクトも、サッカーも、何もなかった

ハーフタイムに、この日の担当コーチが歩み寄ってきた

怒ってもらっても構いませんので、厳しくやってください・・・すいません・・・

この気持ちが、果たして届いているのだろうか・・・



昨年からチームにお世話になっているので

少しでも貢献したい気持ちでTRMの審判をしている

しかし、月日が進むにつれて、こういう選手が増えている

このままではいけない

『理想のサッカー・夢のあるゲーム』は・・・この先にあるはずがない

謙虚さと素直な心をもって、いまの自分を見つめ直してほしい

手遅れにならないうちに・・・



ここに書いたということは、小学生の君たちに伝えたいことだからだ

味方のミスに文句を言っているうちは、二流どころか三流である

そんなヒマがあったら、切替えを速くして、味方のミスを補ってやればいい

救われた者は、このチームでよかった!、という気持ちで

さらに献身的に、チームのために頑張れる選手になるだろう

その方が、チームにとって有益なのは言うまでもない

他人のミスを責める者ほど、自分には甘い

そんな情けない者が2人もいれば、その試合は簡単に崩壊する

そこから生まれる負のスパイラルは、チームとしても敗北に向かっている

最後に、この日のコーチのコメントの一部を載せておこう

◆試合の中で、チームにとってマイナスな発言が多すぎます。

◆オン・ザ・ピッチ、オフ・ザ・ピッチ、共に一つ一つの行動が遅すぎます。
 指導者から言われてやっと動く選手・・・言われても動かない選手・・・
 行動がルーズな選手はサッカーもルーズです。




adidas CUP 2012 速報3 - 2012.08.20 Mon


adidas CUP 2012
第27回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会

決勝トーナメント

◆1回戦
サンフレッチェ広島 1-6 ヴィッセル神戸 
ベガルタ仙台 2-0 SC豊田
清水エスパルス 5-2 コンサドーレ札幌
名古屋グランパス 3-2 伊丹FC
ジュビロSS磐田 1-4 川崎フロンターレ 
ガンバ大阪 4-0 ロアッソ熊本
ジュビロ沼津 3-0 前橋FC
柏レイソル 0-1 アルビレックス新潟
 
◆準々決勝
ヴィッセル神戸 4-1 ベガルタ仙台
清水エスパルス 5-1 名古屋グランパス
川崎フロンターレ - ガンバ大阪 ※本日14時キックオフ
ジュビロ沼津 - アルビレックス新潟 ※本日14時キックオフ

◆準決勝の対戦カード
ヴィッセル神戸 - 清水エスパルス




史上最高のフットボール - 2012.08.20 Mon


観るの? と【息子】に聞かれたが、ハッキリとは答えなかった

もちろん! 観てます!! リーガ・エスパニョーラ(選手はゆっくり休む必要がある

◆サンチャゴ・ベルナベウ

R・マドリード 1-1 バレンシア

開始早々に先制するも、前半終了間際に追いつかれ、ホームでドロー発進のレアル
ラストは立て続けにCKを得るなど、攻め続けたがあと一歩及ばず

◆カンプ・ノウ

新しい指揮官「ティト・ビラノバ」
グアルディオラ監督のアシスタントとして、4シーズン14冠に貢献し、その後を引き継ぐ

4分 シャビのCKから、プジョルがヘッドで今シーズンの1stゴール

バルサは、24日のスーペルコパ(クラシコ)のために
イニエスタ、ピケ、アレクシス、ビジャなどを温存させベンチスタート
左サイドには新加入のジョルディ・アルバ(アーセナルからソングも獲得したとのこと)

9分 R・ソシエダ同点に追い付く

11分 メッシがPA内で2人をかわしてゴール

16分 メッシが追加点、いずれも起点は左サイドから

前半終了間際にペドロが決めて、4-1で折り返す(これも左サイドから)

後半は選手を変えながらも、主導権を握り続ける
プジョル→ピケ
セスク→イニエスタ
ペドロ→ビジャ

84分 イニエスタの完璧なアシストから、ビジャの復活ゴール

バルサ全員がビジャに決めさせようとしていたが、イニエスタ・・・やべぇな

バルサの攻撃はDFから始まり、バルサの守備はFWから始まる

圧倒的なポゼッションは、相手を疲れさせ、攻撃する時間を与えない手段でもある

今年も「史上最高のフットボール」が観れそうだ

FCバルセロナ 5-1 R・ソシエダ

ポゼッションは70%




他にやることがあるだろう - 2012.08.19 Sun


ロシアなど、すでに開幕しているリーグもあるが
プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラ、がいよいよ開幕

24日早朝には、スーペルコパ(リーガ・エスパニョーラとコパ・デル・レイのチャンピオンシップ)で
早くもクラシコ(R・マドリード vs FCバルセロナ)が実現

どっちが勝った?、誰々のゴールが凄かった!!、、、、

そういった視点を超えて

自分のポジションのプレー、スクリーン&ターン、ポジショニング、1対1、、、、

一歩踏み込んで観ることをオススメする



バラエティー番組面白いよな

連続ドラマにもはまっちゃうよな

カードも、ゲームも、楽しい時間をくれるだろう

日本には、その時楽しいだけの誘惑が多すぎる

その誘惑から、いつ卒業できるのか

小2? 小4? 中1?

ウチのマンションの1階のピロティー

日曜日の朝から、ずっとゲームしている中学生は何人もいる

中学3年生になってもゲームばかりしていたら、きっと親は怒る

「他にやることがあるだろう」ってね

高校生になっても同じなら、親は心配で仕方なくなる

その時になって怒って、その時になって心配しても・・・夢には届かない

本気なら、親も子供の夢と、真剣に向き合う必要がある

「他にやることがあるだろう」って言葉は、いま伝える言葉なんじゃないかな・・・




自分自身で成長するための取扱説明書 - 2012.08.18 Sat


書きたいことは沢山あって

書かなければならないことばかりだが

あえて、、、ひとつに絞った



『サッカーノート』



例えば、シュートをいつも外していたとする

コーチに、仲間に、原因を聞く

それが、打つ瞬間にボールを見ていないからだと分かる

それを書いておく

練習前に、試合前に、何度も繰り返して読む

必ず生きる

どんな課題であっても、繰り返すことで克服できる

しかし、理解できるまでには時間がかかる

人は忘れてしまう生き物だから・・・書いておくんだ



自分自身で成長するための取扱説明書

サッカーノートとは・・・そういうものだ




ワンパク - 2012.08.18 Sat


今日は午前中に軽めの自主TR

その後、一番好きなラーメン屋『豚蔵』へ
404.jpg
写真は、らーめん並・太麺に煮卵・マー油をトッピング
※並は細麺か太麺を選べる
 中盛・大盛は太麺のみで、替え玉が細麺のみ

系列店に「海蔵」=居酒屋と、「二代目・つけ蔵」=つけ麺専門店があり
どりらもすぐ近くに立地している。

らーめん自体は、こってり豚骨系
ラーメン屋に関しては、それぞれに好みが違うだろうが
ここは開店当初から今まで、いつも賑わっている人気店で
サークルK・サンクスでは、カップ麺として販売もされている

店に着くと、中で待っている人が数人(今日も混んでるなぁ)
その後ろ姿に、見覚えのあるユニフォームが・・・練習前のマナキ&母を発見

ガッツリ食べて、「今からチームの練習です!」・・・ワンパクやな

今日の自分
チャーシュー麺・並・太麺・煮卵・マー油・ごはん並で、後から替え玉

・・・ワンパクやな




adidas CUP 2012 速報2 - 2012.08.18 Sat


adidas CUP 2012
第27回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会

予選リーグ 第3試合
ヘミニス金沢FC 1-1 ジュビロSS磐田

待望の1点(先制点)、そして勝ち点1・・・これからのサッカー人生への大切な「1」

◆決勝トーナメント進出チーム

Aグループ
1位 サンフレッチェ広島(3勝)
2位 川崎フロンターレ(2勝1敗)

Bグループ
1位 ジュビロSS磐田(2勝1分)
2位 ヴィッセル神戸(1勝1分1敗)

Cグループ
1位 ベガルタ仙台(2勝1分)
2位 ロアッソ熊本(2勝1敗)

Dグループ
1位 ガンバ大阪(3勝)
2位 SC豊田(1勝1分1敗)

Eグループ
1位 清水エスパルス(3勝)
2位 前橋FC(2勝1敗)

Fグループ
1位 ジュビロ沼津(2勝1分)
2位 コンサドーレ札幌(1勝2分)

Gグループ
1位 名古屋グランパス(2勝1分)
2位 アルビレックス新潟(1勝1分1敗)

Hグループ
1位 柏レイソル(2勝1敗)
2位 伊丹FC(1勝2分)




adidas CUP 2012 速報1 - 2012.08.17 Fri


adidas CUP 2012
第27回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会

◆現時点で予選突破を決めたチーム

Aグループ
・川崎フロンターレ
・サンフレッチェ広島

Bグループ
・ジュビロSS磐田

Dグループ
・ガンバ大阪

Eグループ
・清水エスパルス
・前橋FC

◆北信越代表チームの結果

Bグループ
ヘミニス金沢FC 2敗でグループリーグ敗退

Gグループ
アルビレックス新潟 1勝1分、最終戦(名古屋グランパス)に引き分け以上で決勝T進出

Hグループ
長岡JYFC 1分1敗、最終戦(柏レイソル)に勝利した上で、伊丹FCvs横浜FCの結果次第




背中 - 2012.08.16 Thu


いま電話が鳴った

ダイスケ(ヘミニス金沢・16期生)のお父さんからだった

ダイスケは、1年生で唯一全国大会に出場しているメンバー

全国レベルを肌で感じて、相当悔しかったらしい

もともとハンパなく意識の高い選手だが・・・練習したいとのことだった

ちょっと努力したくらいでは、日本のトップには通用しないだろう

それでも、やらなければ・・・結果は見えてる

届くかは分からないが、闘い続けるしかない

ダイスケが北海道で闘っている同じ時間に、金沢でも闘い続けている者がいる

2012081615110001.jpg

オレは【この背中】を・・・毎日見ている




教訓 - 2012.08.16 Thu


adidas CUP 2012
第27回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会

予選リーグ 第2試合
ヘミニス金沢FC 0-4 鹿島アントラーズ

昨日負けたヴィッセル神戸を、ジュビロSS磐田が1-0で破り2連勝・勝ち点6で首位。
ヘミニス、アントラーズ、ともに1敗で負けたら終わり・・・試合は開始1分で動いた。
そのまま前半を0-3・・・残念ながら予選敗退が決定した。

このブログを読んでいる君たちには、いつも言っていることだが
FWというのは、「一番前から後ろの選手のためにディフェンスをする選手」のことである。
前線の選手たち(FWや攻撃的なMF=代表でいえば、前田・香川・本田・岡崎など)の
ディフェンスの意識が高いかどうか、献身的なディフェンスができるかどうか
そういったプレーヤーによって、そのチームのレベルが決まる。
残念ながら、今年のヘミニス金沢は、そういうチームではなかったようだ・・・。

これも教訓

数年後の選手が同じではいけない



【金沢のイニエスタ】

今日の自主TRには、アカデミーから1名と、シュンペイ(ヘミニス金沢・16期生)が参加
個々が沢山ボールに触るメニューばかりを、約2時間行った。

数ヶ月前に、同じ場所でTRした時以来だったが、彼(シュンペイ)の意識は相当高かった。
良くなった点は、動作がしなやかになったことと、丁寧にプレーしていたこと。
トラップからパスまで、ひとつひとつのプレーの動作が、もの凄くしなやかに改善されていた。
ショートパスも、ロングパスも、とても丁寧に、とても正確に、ひとつひとつを大切にしていた。

こうやって一緒にやってみると
ヘミニス金沢に入団してからの5ヶ月を、全力で闘っていたのだと分かる。

彼は16期生(現1年生)の中心選手であり、責任感ももの凄く強い。
指導者に期待されている分、厳しく指導されているが、その意味もよく理解している。
向上心があるから、自分の課題もよく分かっている。
こういった選手と一緒にTRできることは、アカデミーのメンバーにとっても有難いし
何より、同じチームにいる【彼】にとっては、これ以上ない環境である。

ヘミニス金沢・16期生には、意識の高い選手が何人もいる

いまは全員が未熟であるが、2年後の夏に向けて

このままではいけないという、「覚悟」をもって取り組んでもらいたい



明日の自主TR

メンバーがある程度揃うようならグランドで

そうでなければ今日と同じ芝生で、と考えてます




自主TRの予定(明日) - 2012.08.15 Wed


adidas CUP 2012
第27回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会

予選リーグ 第1試合
ヘミニス金沢FC 0-5 ヴィッセル神戸

日本最高峰の全国大会が、北海道帯広で始まった。
前半で0-3・・・日本のトップとの差を、改めて実感した1日だろう。

明日15:00 vs 鹿島アントラーズ



【金沢のイニエスタ】

明日も15時から、いつもの芝生で自主TR予定です




自主TRの予定 - 2012.08.15 Wed


昨夜は皆さんに御馳走になってしまい、有難うございました

それぞれ、親子共に、色んな現状があり、抱えている悩みも軽くはない

自分が言えることは・・・「日常が全てを創る」ということ



例えば、近い目標が次の大会で結果を出すことだとしよう

予選リーグが4試合、15分ハーフなので、全て出場しても120分

決勝トーナメントに上がれば、さらに出場は伸びる

120分・・・このアカデミーの1回のTRも同じくらいの時間だ

週3回の参加で、この大会の2~3倍くらいの時間になる

確かにその大会は、1回きりでも大きな意味を持っているのかもしれないが

毎日のTRを全力で取り組むことに比べれば、大したことはない

日常を疎かにして、大会で結果が出たとしても、それは本当の意味での結果ではない



ジュニア時代(小学生年代)にもてはやされ、トレセンなどに選ばれて称賛を受けても

Jrユース(中学生年代)では評価が異なり、もがき苦しんでいる者も沢山いる

逆に、ジュニアでは無名でも、中学入学と同時に3年生のチームで活躍している者もいる

コツコツと、地に足をつけて、将来を見据え、日常を疎かにしなかった、そういう結果だろう

称賛され絶賛されていた者は、やはりどこかに甘えや勘違いがあったと思う

今が楽しいし最高と思える環境も悪くはないが、その満足感にこそ危険は潜んでいる

このままではいけないと必死にチャレンジする者に、満足などありはしないのだから・・・



目標がどこにあるかで準備が変わる

小さい子でも歩いて行けるキャンプ場に行くのと

標高1000mの山に日帰り登山をするのでは、準備するものが違う

それが富士山ともなれば、準備には時間がかかり、気持ちの面でも相当違う

心の充実、体の充実、登る為の技術、そして案内人、、、、

メンタルタフネス、フィジカル、テクニック、コーチ、、、、

道具はお金で買えるが、それ以外のモノは・・・簡単に揃うモノではない

それでも、登るという意志がなければ、何も始まらない



夢が大きければ、その分だけ・・・「覚悟」も必要になる

夢に実現のために相当な汗と涙を流すことになる覚悟

夢の実現のために毎日が我慢の連続である覚悟

夢の実現のために終わりなく上を探し続ける覚悟

そして・・・夢に届かない現実と向き合う覚悟

これくらいの覚悟があれば

例えどんな選択をしたとしても・・・夢に向かって道はずっと続いているだろう



【金沢のイニエスタ】

今日はいつもの芝生で、15時過ぎから自主TRの予定です




リフレッシュ - 2012.08.14 Tue


今日は朝9時に金沢港に集合

7家族、計27名で・・・毎年恒例の魚釣り

昨年は早朝5時に集合、うだる暑さでハードな1日だったが
今年は涼しくて、過ごしやすかった
残念だったのは、一晩中降った大雨で海が汚くて
・・・いまいち釣れなかったこと
昨日76匹の強者も、今日は親3匹・子8匹にとどまった

初参加のダイキは、沢山釣れて良かったな

これから夜は
6家族、計21名で・・・毎年恒例の食事&飲み会

心も体もリフレッシュ・・・闘う者には、リフレッシュが必要だ




オフ(休養日)の1日 - 2012.08.13 Mon


【金沢のイニエスタ】

所属する「ヘミニス金沢FC」のトップチームは全国大会(北海道)へ出発

自主TRの予定だったが、天候が不安定なのと、疲れをとるために休養に変更

急な予定をたて、金沢港へ向かい・・・フィッシング
2012081318320000.jpg
自分と2人で・・・76匹(沓名さん、マジですよ

小アジは素揚げにして塩で最高

名前の分からないデカい魚を【彼】が2匹釣りましたが・・・リリース

アナウンスで、金沢に大雨・雷警報が発令されたとのことで帰宅
2012081317590000.jpg
自宅マンションに着くなり・・・前が見えないほどの大雨&雷(アブナかったぜ~

ま、たまにはこういう日も・・・ええんちゃう

てか・・・明日もやけどね




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

N-style

Author:N-style
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4754)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR