FC2ブログ
topimage

2012-10

本質 - 2012.10.04 Thu


DVD、見させてもらいました
どのチームも、よく指導されていますね
それぞれのチームカラー=「style」もよく見えますが
サッカーにおける「本質」は、どのチームも共通していると思います。

風の強い日もあり、硬いピッチでボールがよく弾む・・・懐かしくなりました

詳しい話は、また電話にて・・・



昨日のTR

●下級生
・リフティング
・ドリブル
・ミニゲーム

この日は「ドリブル」にテーマを置いてTR
基礎的なことを時間をかけて行ったが、コウジ(2年)は随分良くなったね
細かく速く触れるようになったし、これからは「しなやかさ」も出てくるだろう。

ミニゲーム
最初は2組に分けて上級生と対戦、その後は久しぶりに自分も一緒に入った。
久しぶりに中から見ると、いろんな発見がある。
発想が豊かで、アイデアもたくさん見られる。

改めて、自分が口出しする必要は・・・全くない

明らかに、目に見えて、リフティングが上達しているコウキ(2年)
「お、上手くなってきたな!!」 → 「うん、上手くなったけど、もっと頑張る」
来月の「リフティング・チャレンジ」、楽しみにしてるよ

●上級生
・リフティング
・ドリブル
・パス交換からの突破
・ミニゲーム
・ゲーム形式(6対6)

ドリブル
・スクリーン&ターン → ソール
・ジグザグ → ソール
「基礎」を繰り返し繰り返し行った。
リフティングにしろ、ドリブルにしろ、とても基本的な技術であるが
にもかかわらず、満足にできる選手はビックリするほど少ない。
金沢市の中学生のトレセンクラスでも、残念ながら例外ではない。
だからこそ、地味だけど・・・やる価値があるんだよ。
小学生の君たちが、「石川のサッカー界の未来」だからね

パス交換からの突破
まずは前回行ったTRを復習、左右を変えると使う足も逆になる。
この日のTRは、「ドリブルの背後のスペースを使った突破」
①スクリーンから
②ノールックで
③上記の①②を自分で判断して
前回のように細かくは書かないが、君たちが理解していればそれでいい

昨日参加した5年生、本当に良くなってきたし成長が見える

優秀な4年生の参加で刺激もあり、頑張った成果だと言えるだろう

試合の結果や、色んな評価を受けて、惑わされる者は、親、子、共に多い

残念だが・・・それは「本質を知らないから」である

サッカーは日常が全てであり、それ以上でも、それ以下でもない

それを理解して、前を向いて歩き続けていれば、扉に続く道が見えてくる




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

N-style

Author:N-style
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4824)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR