FC2ブログ
topimage

2013-03

遊びの中で楽しめるヤツ - 2013.03.31 Sun


【金沢のイニエスタ】

午前中はチームTR
帰ってから風呂とストレッチ、食事を済ませて・・・YouTube
観てると・・・やっぱりやりたくなるもので・・・芸術村へ
アカデミーメンバーと一緒に、日が暮れるまで「ストリート」



「ストリートサッカー」をやれば
そいつがどんなレベルか・・・すぐに分かる
「遊びの中で楽しめるヤツ」を見ていると
サッカーは「テクニック」と「アイデア」だ、と改めて教えてくれる
3時間もストリートやってりゃ、そりゃ~体はシンドイさ
でもさ・・・遊ぶテクのないヤツは・・・体よりも心がシンドイよな

巧くなりたくないか?・・・じゃあやるしかないだろ!!

ジュントス(北海道) ←YouTube 

2012 VIVAIO船橋U-13 TR(千葉) ←YouTube

JSC CHIBAジュニアユース(千葉) ←YouTube

これみんな中学生だけどさ、君たちと同じTRしてるよな
これくらい巧くなってから中学生になれたら・・・もっと多くのことを学べるんだよ

井田勝通サッカー教室 ←YouTube
日本で一番「プロサッカー選手」を育てた人が言っている
サッカーは「リズム・テクニック・インテリジェンス」
まずは「チャレンジ」、失敗してもすぐにやる、恥ずかしがらない、一生懸命やる

そして・・・

野洲高校「セクシーフットボール」 ←YouTube

将来・・・こんなサッカーできたら・・・最高だろ



2012081615110001sousi.jpg




体育館でのTRを、グランドでのプレーに繋げる - 2013.03.30 Sat


『N-style金沢 Soccer Academy』

昨日のTR

◆下級生
・リフティング
・ボールコントロール(クーバー、ボールタッチ)
・1対1(ミニゴール・総当たり2回戦)
・ミニゲーム(5対5)

ボールコントロール
この日は「タッチ数を増やす」「左足を使う」ことを意識させた。

1対1
トップ成績は10戦8勝のダイキ
「技術レベルの差が、そのまま結果に繋がっている」と言っていいだろう。

ミニゲーム
自分も入って行った。
オフェンスの意識は高いが、ディフェンスの意識が低い
この年代では当然のことなので、「ポジションの取り方」を少し伝えてみた。
少しずつだが色んな事を伝えて、「サッカー」に近づけていきたい。

◆上級生
・リフティング
・ボールコントロール(クーバー、ジンガ)
・1対1(ゴール付・斜め45度から)
・シュート(斜め45度から、正面から)
・ゲーム形式(8対7+GK)
・インターバル(150m×5本)

1対1(ゴール付)
斜め45度からの1対1
ゴール中央にラインを作り、そのラインを超える前にシュートしなければならない。
※「反対のサイドまで1対1を続けるのはナンセンス」という理由から

シュート
斜め45度からドリブル→フェイント→逆サイドにカーブをかけるイメージで
フェイントのあと、「体を開く」感覚で構えるとイメージが重なる。
その後は「正面からのミドルシュート」も増やし、3ヶ所から行うことで待ち時間を減らした。

ゲーム形式
良いプレーも課題も含め、得るものは非常に多かった。
求めている「ハードワーク」についても、意識の部分では改善された。

この数日間は、徹底的に「1対1」と「シュートTR」を行った。
ゲーム形式では、「ディフェンスやサポートを絶え間なく行う」ことで「ハードワーク」させた。
その理由は、トレーニングの環境が変わったことによるもので
いかに「サッカー」に繋げていくか、ということになる。

体育館では、激しい1対1を行うと大きなケガに繋がることが多いので(自分の経験から)
自分はそういったTRを避け、代わりに「基本的な技術と動作の習得」に集中している。
体育館という施設の都合上、シュートが打てないのでキックのレベルも落ちている。
さらに、体育館は狭いので長く走ることがなく、遠くを見ることも少なくなる。
これらの改善を「第一歩」に考えているので、こういったTRを行っている。

秋ごろよりも遥かにボールが足についている

体育館で行っていたTRは、確実に君たちの技術レベルを上げたと言えるだろう

それをグランドで表現できるように、意識も体も変えていこう




コーヒー専門店は、2つも必要なのか・・・ - 2013.03.29 Fri


今日は昼から「金沢大学付属病院」へ
入院しているシオンのお見舞いに行ってきた
2013032914230000coffee.jpg
1階はご覧のような状況になっております
自分はコーヒーよりも紅茶だが・・・どっちがおいしいのか・・・

新しい建物で、7階からの眺めは最高(高所恐怖症には・・・
シオンも元気そうで何より

みんなには内緒だが・・・「静岡学園のレア物のTシャツ」をプレゼントしてきた(内緒・・・)

ゆっくり、しっかり、治そうな




高円宮杯U-15地域リーグ - 2013.03.28 Thu


【金沢のイニエスタ】

今日は通常のTRから、松任の人工芝Gでのトレーニングマッチに変更になった。
雨天が予想されていたが穏やかな曇り空・・・気持ちよく出来たのではないか

ヘミニス金沢FC
来月より「北信越リーグ」が開幕する。
4月6日に開会式、7日に第1節が行われる。

高円宮杯U-15地域リーグ ←日本サッカー協会HP内リンク

最終節は11月、全18試合の長い道のりである。
北信越からは10チーム中、1位と2位が高円宮杯全国大会に出場(年度によって異なる)
5位までが来季残留、6~10位は各県リーグ1位との入替となる。(または入替戦が行われる)

全国の各地域を見ると・・・
関東1部・2部、関西、東海、、、、「J」が目白押しだ

上には上がいる

アカデミーの君たちにとっても、決して他人事ではない

近い将来、こういった舞台に立つための準備をしなければならない

飽くなき向上心を持って、チャレンジし続けないといけない

いつやるの?・・・いまでしょ!!!




Xperia Tablet Z - 2013.03.28 Thu


我が家のパソコンは、この1台
mystylepc0001.jpg
仕事で使用するため、セキュリティの関係上、無線LANは使用せず自分が独占している
「スマホは高校から」と決めているので(本来全く必要ないが、県外の場合は連絡に困るので仕方なく)
息子は自分がいないと「YouTube」すら観ることが出来ない(何度も言うが・・・いまはそれでいいのだ!!)

仕事ではデスクトップとノートを使用しているが、全て「SONY」(慣れてるしね)
時代の流れか・・・どのPCも「タッチパネル対応」だが、汚れが目立つのでキーボードを使用している
タッチパネル・・・自分には関係ないよ・・・と、思っていた・・・
2013032715020000tab.jpg
Xperia Tablet Z
docomoxperiatabletz10.jpg
約6.9mmで世界最薄(2013年2月現在)
約495gの国内最軽量(2013年2月現在)
高剛性Bodyで防水・防塵対応
1920×1200ピクセルの約10.1インチ大画面ディスプレイ
810万画素のカメラ
RAM2GB
ROM32GB

自分ではなく、あくまで「家族用」に購入したのだが・・・これ、最高だ

メールも出来る、動画も観れる、音楽も聴ける、写真も撮れる、ブログも書ける、、、、

これと携帯電話があれば、一般の生活には困らない



親父へ「パソコン捨てて、これにしよう(マジで)」




今日の一歩 - 2013.03.27 Wed


『N-style金沢 Soccer Academy』

本日のTR(グランド)

◆下級生
・リフティング
・ジグザグドリブル
・研修「スパイクの磨き方」
・1対1(ミニゴール・総当たり)
・シュート
・ゲーム形式(6対6)

リフティング
何も言わなくても始まる・・・とても意識が高い

ジグザグドリブル
マーカーの間隔(大・中・小)を変えて行うことで、ドリブルのスピードに変化をつけた。
目線やボールタッチにも自然と変化が表れてくる・・・「ドリブルのリズム」を感覚で覚えよう

研修「スパイク(シューズ)の磨き方」
しっかり話が聞けていたので・・・しっかりやっていこう

1対1
「楽しむ」=適当にダラダラとやる・・・ではない。
そんなことは学校の休み時間にやること、このアカデミーでは
・一番になりたい
・誰にも負けたくない
ヘタクソでいいから、そうやって取り組まないといけない

シュート
ジグザグドリブル→フェイントからのシュートTR
コーンを外側にかわした後は(フェイントの後は)
ゴールを見る→ボールを見る→シュート

ゴールを見る=「顔を上げる」
ゴール前の状況を判断できるようにする。
どんなに強いシュートでも、GK(ゴールキーパー)の正面では入らない。
「シュートはゴールへのパス」である・・・空いているところに流し込めばそれでいい。

ボールを見る
思った通りのボールを蹴るには、ボールをよく見ないといけない。
ドリブル時などの「間接視野」に対して、キックの瞬間は「直接視野」でボールを捉える。

◆上級生
・リフティング
・ジグザグドリブル(下級生同様)
・シュート(4種目)
・1対1(ミニゴール・総当たり)
・センタリングシュート
・ゲーム形式
・フィジカル(150mトラック3周)

シュート(4種目)
・斜めからドリブル→ステップオーバー→ニアサイドへシュート
・斜めからドリブル→インアウト→ファーサイドへカーブをかけてシュート
・正面からドリブル→フェイントで外側へ→腰をひねって逆サイドへシュート
・正面からドリブル→フェイントで外側へ→ニアハイへシュート
4つ目=「ニアハイ」・・・かなり難しいが、世界のトップ選手は当たり前に決めている。
何年かけてでも身に付けるべき「テクニック」である。

センタリングシュート
ニアサイド=ボールに近いサイド
ファーサイド=ボールから遠いサイド
それぞれに走り込む「タイミング」が重要である。
キッカーの技術も必要だが、「オフの動き」=「ディフェンスとのかけひき」も
点を取るためにはとても重要であり、複数の人数で意識する必要がある。
得点者は個人であるが、得点はチームに入る。
サッカーは「チームで勝利を目指す」スポーツである。

ゲーム形式(6対7+GK)
6人チームの中学生2人には、「ハードワーク」を要求した。
・相手ゴール前でフィニッシュできるポジション
・サイドのサポートから自陣ゴール前のカバーリング
専門用語でいうと「Box to Box」、Boxは「ペナルティーエリア」を指す。
相手のPA(ペナルティーエリア)から、自陣のPAまで走るということだ。
「全てのプレーに関係する」くらいの運動量がないと、やってる意味がない。

関係する全ての者が、この場所(アカデミー)で成長できないといけない

どんな環境であれ、取り組み方次第で学べることが決まる

モチベーションを上げて全力で取り組むことが、今日の一歩である




努力で道を開いた者たち - 2013.03.26 Tue


『N-style金沢 Soccer Academy』

昨日のTR(体育館)

◆下級生
・リフティング
・ジグザグドリブル
・ボールコントロール(クーバー、ボールタッチ)
・2対2(ミニゴール・チーム戦)
・ミニゲーム(5対5)

ジグザグドリブル(帰りはソールでのドリブル)
・フリー
・ダブルタッチ
・インサイド→アウトサイド
・インサイド→インサイド→なめ
全員に同じメニューを課すことで、それぞれの現在のレベルを確認した。

ボールコントロール
・シザース(アウトシザース、ステップオーバー)
・ソールでのコントロール(なめ、ルーレット、他)
・ダブルタッチ
・インアウト
・イン→アウトシザース
・シャペウ
・左足のみのコントロール
・アウトインターン
などなど、中学生を見本にして行った。
意識することは以下の5つ
・ヒザをやわらかく
・顔を上げる
・周りを見る
・ボールにたくさん触る
・左足
「意識せずに出来る」まで、努力あるのみ

2対2(ミニゴール)
5人1組のチーム戦、テーマは「トランジション」=切替えの速さ

ミニゲーム(5対5)
・トランジション
・ドリブル突破
・パスを繋ぐ
・空いているスペースを探す
・スペースを上手く使う
・パスを受けるために顔を出す
・いつもゴールを確認する
気が付けば、これくらいの課題を持ってTRしている者もいる。
話す→考える→実行する→成功or失敗→また考える
こんな感じだが、次のTRの時には意識していない(忘れている)ことが多い。
粘り強く伝えていくことで、「当たり前」「良い習慣」にしていくことが大切

◆上級生
・ブラジル体操
・リフティング(ウォーキング5種目)
・2人1組(基礎、コーディネーション)
・ボールコントロール(下級生合同)
・リフティング(個々の課題、頭越し)
・アルゼンチン式パスTR
・ゲーム形式(6対6)

2人1組
参加人数が多かったので、改めて「基礎」を確認しながら行った。
その後は「動作の習得」を目指し、「コーディネーション」を確認しながら行った。

アルゼンチン式パスTR
ファーストコントロール→相手を見る→ボールを見る→体の向きとは違う方向へのパス
グリッドを斜めに使い、2タッチで右足と左足をそれぞれTR

ゲーム形式(6対6)
中学生以上5人、新5・6年生多数、新4年生2人、新3年生2人
特にこの日は、新3年生2人の活躍が目立った。
カリュウ(新3年)は以前から上級生のTRに参加し、同等以上のプレーをみせているが
新年度から本格的に飛び級させたダイキ(新3年)・・・技術的には何の問題もなく、十分やれる

シオン、ユウマ、シュン、カリュウ、ダイキ

この5人は、非常に高い技術を身に付けているが(新3・4年生として)
彼らはみな、「自分の努力で道を開いた」と言えるだろう。
成長できる喜びを知っている彼ら、誰一人として満足などしていない彼らは
これからも成長を続け、困難を乗り越えていけるだろう。

このアカデミーでは、年齢は大した意味を持たない

向上心、高い意識でのトレーニング、自分自身の努力、そして・・・継続

世界一の競技人口を誇るスポーツ

その「プロフェッショナル」を目指すために必要なこと・・・そういうことだ




12歳、最後の日 ~いつもと違ったのは~ - 2013.03.26 Tue


【金沢のイニエスタ】

12歳、最後の日

アカデミーTRが終わり

いつも通り入浴からストレッチ、そして食事

いつもと違ったのは・・・「バルサ」ではなかったこと

honda0001.jpg

honda0002.jpg

honda0003.jpg

honda0004.jpg

honda0005.jpg

honda0006.jpg

honda0007.jpg

honda0008.jpg

honda0009.jpg

あきらめないこと

妥協しないこと

継続すること

この3つを信念として夢と向き合っている【彼】

12歳、大きく大きく成長できた良い1年だった

13歳、更に大きく成長する1年になる




変更の案内 - 2013.03.25 Mon


『N-style金沢 Soccer Academy』

本日のトレーニング
「いしかわ総合スポーツセンター」に変更になりました。




ビブス管理番号 - 2013.03.24 Sun


『N-style金沢 Soccer Academy』

ビブス管理番号

1 ユイト・ユウマ
2 リクト・ダイキ
3 ユウキ(末)・ケンセイ
4 リツキ・リョウタ
5 タカヤ・リンタロウ(西)
6 ユウタ・リンタロウ(松)
7 ヒデト・シオン
8 タカト・シュウト
9 ユウキ(島)・マナキ
10 カンスケ・カリュウ

以上、宜しくお願いします




「ボールと友達」って・・・こういうことだろ - 2013.03.24 Sun


世界最高のフットボーラーのひとり

「ディエゴ・アルマンド・マラドーナ」

いつもボールと遊んでいた彼にとって

ボールは友達であり、ピッチは友達との遊び場だった

Maradona ←YouTube




まずはここから - 2013.03.23 Sat


昨日のTR

◆下級生
・リフティング
・ジグザグドリブル
・1対1(ミニゴール・総当たり)
・シュート(ドリブル→フェイント)
・ミニゲーム(4対4)

1対1
サッカーの基本スキルのひとつであり、非常に重要なスキルでもある。
「1対1を制する」ことが出来れば、試合も優位に進めることが出来る。
この日は「ディフェンスの意識」を課題にして行った。

シュート
ドリブルからフェイントを入れ、コーンを外側にかわす
そこから「逆サイド」を狙う、これを左右交互に行った。

◆上級生
・リフティング
・2人1組
・シュート
・1対1(ミニゴール・勝ち残り)
・ゲーム形式(8対7+GK)

シュート
・ステップオーバーから内側へカットイン、そこからニアサイド(近い方)へのシュート
 腰をひねり「速いグラウンダーでニアを抜くイメージ」
・インアウトから体を開き、ファーサイド(遠い方)へのシュート
 ファーの「サイドネットへカーブをかけて吸い込まれるイメージ」
それぞれ左右交互に行った。

ゲーム形式
一方はGKを入れて、正規のゴールを使用(7人+GK)
もう一方は、GKのポジションに人は入れるが手は使えない(8人・コーンゴール)
新6年生の「全日本少年サッカー大会・石川県大会」に向けて
ピッチの規格も正規のものに合わせて行った。

数ヶ月ぶりのグランドでのトレーニング
視野が狭くなっており、ボールが足につかない場面も多く見られた。
立ち位置=「ポジショニング」もずれていたので、まずはそこから修正していこうと思う。

この日話したのは、まず「挨拶」について(下級生・上級生ともに)
やはりこれが出来ないと・・・しまらない集団になってしまう。
今後は「シューズなどの手入れの仕方」をもう一度伝え
自分の道具は自分で管理できるようにしていく。

あいさつ

物を大切にする

後片付け・グランド整備

どんな集団であれ・・・まずはここからだ




祈り - 2013.03.22 Fri


ゆず「栄光の架橋」 ←YouTube

出会ったあのグランドで・・・待ってるからな

みんなで待ってるから




2013年度 新体制 - 2013.03.21 Thu


『N-style金沢 Soccer Academy』

2013年度より
「水上慎吾」氏が当アカデミーのコーチに、正式に就任したことを発表させていただきます。

現在37名が当アカデミーに在籍しており
一度に全員がプレーしている訳でないにせよ、時間をずらしてTRしているにせよ
一人の指導者の限界を超える人数であります。(理想は15~20人)
今後さらに増えることが予想されますので、自分一人では指導に支障をきたす事になります。

必要だからといって誰でもいい訳ではなく
指導者にとって大切なこと=「資質」は、「情熱と責任感」が大前提です。
経験や知識はこれから積み上げることも出来ますが、情熱や責任感はどうにもなりません。
その他にも、このアカデミーの指導者には「インスピレーション」が求められます。
情熱と責任感を持ったうえで、「自分と同じような感覚で出来る」ことが指導者の条件になります。

王国「ブラジル」で学んだテクニックも、水上氏の魅力のひとつではありますが
それ以上に、日本全国で闘ってきた経験、誰もが認めるその人間性、そして情熱、、、、
「より良い環境を創る」上で、欠かせない存在となってくれることでしょう。

以前は自分が監督で、水上氏が選手でした。
そこから数年が経って、また同じ道を歩むことが出来る・・・嬉しいことですね。
意志の統一、意思の疎通、こういったことをしっかりと行っていきながら
目標を決めて、トレーニングメニューを考え、子供たちに伝えていきたいと考えています。

新しい体制で臨む2013年度、宜しくお願いします




きっとまた・・・成長できる - 2013.03.21 Thu


第18回全日本フットサル選手権大会 決勝
2013032112260000123.jpg
フウガすみだ 4-4 名古屋オーシャンズ
2013032112280000234.jpg
ラスト4秒で同点、PK戦へ突入
PK3-4で名古屋オーシャンズの優勝

フウガすみだ(関東1部リーグ)
「アマチュア最強のチーム」であり、「Fリーグ」に準加盟している。
実際の実力はFリーグの中でも上位に位置し、スポンサーも大きな企業が名を連ねる。

名古屋オーシャンズ(Fリーグ)
「Fリーグ6連覇」を成し遂げた、「日本唯一のプロ集団」である。
2012年度のMVP「リカルジーニョ」は、ポルトガル代表としても活躍しており
ヨーロッパでは「フットサル界のクリスティアーノ・ロナウド」と呼ばれている。

2013032112300000345.jpg
名古屋5人目 「リカルジーニョ」が決める

2013032112310000456.jpg
フウガ5人目 「諸江剣語」のシュートは、日本代表GK川原がストップ

Fリーグ「バルドラール浦安」で活躍
kengo000111222.jpg
当時は「フットサル日本代表」にも選ばれた経験を持つ
kengo111222333.jpg
前列左から2人目「No,4」
2013032112320000567.jpg
現「フウガすみだ」不動のスタメン「No,4」=諸江剣語

諸江剣語
金沢市出身、1987年2月23日生まれ、168cm64kg
中村わかばと(中村町小学校)→泉クラブ(泉中学校)→静岡学園高校
自分が「泉クラブU-15Jrユース」を創設した際の、「一番最初の入団選手」だった。
入団時から3年間、「エースナンバー10」と「チーム」を背負って闘ってくれた。
彼の父親が入団申込書に記入しているとき、誕生日が同じであることに気付き・・・運命を感じた。

izumiclub0123456789.jpg
2度の全国大会出場、数々のタイトル、そして・・・
金沢に「全国大会準優勝」をもたらしてくれた選手の一人である(上段の銀メダル)

あれから何度も「日本一」に輝いているが、今回の敗戦ほど悔しいものはないだろう

きっとまた・・・成長できる

それにしても・・・いい顔をするようになった




もうすぐ4年になる - 2013.03.20 Wed


【金沢のイニエスタ】

チームTRが休み、天候は暖かい曇り空・・・絶好の自主TR日和
2013032014520000qw.jpg
いつものところで1時間20分ほどの基礎メニュー
疲れが溜まっているようで、昨晩は12時間近く寝ていた
軽めのメニューを終了し帰宅すると、グランドが「いい感じ」で空いていたので・・・
2013032017150000qr.jpg
シュートTRを4~50本ほど
自宅マンションの横には、【彼】の通う中学校がある(徒歩1分・・・遅刻はしない)
ここが「リフティング・100回」を達成した「思い出の場所」である
2013032017140002qe.jpg
奥に見える校舎は、【彼】が通っていた小学校
その校舎の奥には、『N-style金沢 Soccer Academy』で使用しているグランドがあり
そこが「リフティング・1000回」を達成した「記念すべき場所」である

もうすぐ13歳

サッカーを始めてから・・・もうすぐ4年になる




2013年度 ~第一歩~ - 2013.03.19 Tue


昨日のTR

◆下級生
・リフティング
・ボールコントロール(クーバー、蹴りだし)
・ジグザグドリブル
・ミニゲーム(4対4、5対5)

リフティング
自主的にTR出来ているので、何の問題もないどころか・・・素晴らしい
この日は「ヘディング」に重点を置いてのTR

ボールコントロール
この日は「左足のコントロール」に、時間をかけて行った

ジグザグドリブル
「アウトサイド」でのドリブル
ヒザを柔らかく使い、深い切り返しをイメージしよう

◆上級生
・リフティング(ウォーキング5種目、頭越し、その他)
・2人1組(コーディネーション)
・スクウェアパス(3人1組・角度を変えるパスコントロール・2タッチ→1タッチ)
・ゲーム形式(7対7)

リフティング
「基本的な技術」=クローズドスキルを
「試合で使える技術」=オープンスキルに変えていく

2人1組
次のTR=角度を変えるパスコントロールに繋げるTR

スクウェアパス
5mほどのスクウェア(四角形)のグリッド、角にはマーカーを置く
3人1組で行い、パスした後は逆方向のマーカーへ移動
・体の向き
・ファーストタッチの置き場所(2タッチ)
・パス&ゴー
・ルックアラウンド
・パスの質(精度、スピード、など)
など、細かい部分が課題となる

この日でフロア(体育館)でのTRはラスト

下級生も上級生も大きな成長があり、多くの課題が残っている

多くの課題がある・・・これは、それだけ成長できるということ

前向きに、そして全力で、絶対に時間を無駄にしないこと

夢が大きいのなら

大きな志と、それに見合うだけの努力をするしかない

20130114geminis1516.jpg




2013年度スタート ~所信表明~ - 2013.03.18 Mon


『N-style金沢 Soccer Academy』

このアカデミーは、今日から2013年度がスタートする

37名

それぞれの夢に向かって歩いていくうえで、きっと困難もあるだろう

我が子の困難は、その親の困難でもあるだろう

逃げることは簡単で、立ち向かうには勇気と我慢が必要になるだろう

それでも、乗り越えた先にある達成感と喜びは、乗り越えた者にしか分からない

楽しもう

いまある困難すら楽しむことが出来れば、得るものはきっと大きい

困難を乗り越えた先には、きっと大きく成長した自分が待っている

そして、我が子の成長は、その親の成長でもある

中々に難しいことではあるが、こんな気持ちで・・・進んで行きます




ヘミニス金沢FC 14期生の軌跡 - 2013.03.17 Sun


ヘミニス金沢FC

14期生の軌跡

mnbvcxz12345poi.jpg
クラブユース選手権
3年連続11回目の優勝(14年連続北信越大会出場)
北信越大会3位で3年連続8回目の全国大会出場

zxcvbnm67890oikjhs.jpg
石川県知事杯=チャンピオンシップ
ヘミニス金沢FC(クラブユース全国大会出場) 3-1 星稜中学校サッカー部(全中3位)

石川県トップリーグ 優勝
ヘミニス金沢FC 3-2 エスポワール白山

県内主要大会 3冠達成

高円宮杯北信越大会 3位
ヘミニス金沢FC 4-3 カターレ富山

2013年度 北信越リーグ入替参入戦
ヘミニス金沢FC 4-0 FC小松
ヘミニス金沢FC 4-1 FCサザン
※2013年度、北信越リーグ参入

そして今日

ラストマッチ in 北部公園グランド

午前中は14期生(3年生)vs16期生(1年生)

午後からは14期生(3年生)vs15期生(2年生)

この1年、本当にありがとう・・・最高に楽しかった

君たちの今後の活躍を応援しています




CL抽選結果 - 2013.03.16 Sat


「UEFAチャンピオンズリーグ」準々決勝

ドルトムント(ドイツ) vs マラガ(スペイン)

ガラタサライ(トルコ) vs R・マドリード(スペイン)

FCバルセロナ(スペイン) vs パリ・サンジェルマン(フランス)

ユベントス(イタリア) vs バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)




第5回「リフティング・チャレンジ」結果 ~カテゴリー2~ - 2013.03.16 Sat


『N-style金沢 Soccer Academy』

第5回「リフティング・チャレンジ」の結果

◆カテゴリー2
基本5種目=インステップ・もも・インサイド・ヘディング・アウトサイド
各2分間のみのチャレンジを、回数とポイントで評価する
インステップ・もも=20回1ポイントでMAX10ポイント
インサイド・ヘディング=10回1ポイントでMAX10ポイント
アイトサイド=5回1ポイントでMAX10ポイント
合計ポイント(MAX50ポイント)で順位が決まり、同ポイントの場合は合計回数にて順位を決める

エントリー
4・5・6年生全員
3年生(シオン・ユウマ・シュン)
2年生(カリュウ)

総合順位
優勝 安田唯人(5年生) 45ポイント 合計884回
2位 北村冠輔(4年生) 45ポイント 合計797回
3位 中村嗣音(3年生) 44ポイント 合計862回
4位 本多英人(5年生) 44ポイント 合計847回
5位 安田悠真(3年生) 44ポイント 合計833回
6位 堤井瞭太(4年生) 39ポイント 合計667回
7位 伊勢野華立(2年生) 36ポイント 合計534回
8位 別宗裕太(5年生) 35ポイント 合計590回

部門別1位
インステップ 井龍駿(3年生) 379回
もも 本田英人(5年生) 266回
インサイド 中村嗣音(3年生) 186回
ヘディング 北村冠輔(4年生) 68回
アウトサイド 中村嗣音(3年生) 124回

今回の記録
左から インステップ・もも・インサイド・ヘディング・アウトサイド(合計回数・ポイント)
●6年生
タツヤ 256・49・37・11・21(374回・20p)
●5年生
ユイト 346・250・136・51・101(884回・45p
ヒデト 319・266・162・45・55(847回・44p)
ユウキ(末) 263・54・15・15・32(379回・20p)
タカヤ 250・93・103・32・25(503回・32p)
リクト 210・119・92・12・28(461回・30p)
ユウタ 289・146・58・37・63(590回・35p)
タカト 269・42・75・20・26(432回・26p)
ユウキ(島) 182・129・24・9・17(361回・20p)
●4年生
カンスケ 364・182・127・68・56(797回・45p)
ケンセイ 284・79・15・13・19(410回・18p)
リョウタ 298・216・83・15・55(667回・39p)
マナキ 119・77・73・18・17(304回・19p)
リツキ 200・50・56・10・13(329回・20p)
シュウト 224・20・11・9・11(275・14p)
リンタロウ(西) 244・10・33・15・17(319回・17p)
リンタロウ(松) 210・35・18・6・12(281回・14p)
コウジ(洞) 26・5・9・5・5(50回・2p)
●3年生
シオン 273・238・186・41・124(862回・44p)
ユウマ(安) 314・247・115・45・112(833回・44p)
シュン 379・41・21・7・59(507回・24p)
●2年生
カリュウ 190・159・107・6・72(534回・36p)

「ウサギとカメ」※資料は「ヘミニス金沢FC」より
geminis2013b0000001.png

「ポテンシャルとアビリティ」
geminis2013a0000001.png

最近のカメさんは、トップにたった途端に
「後ろとの差ばかりを気にする」ようになる・・・カメに見えたが・・・違ったようだ(残念

この記録が次回のチャレンジで少しでも向上する

そのための「これから」を送ってもらいたい

少しずつでいいから成長する・・・大切なのはそういうことだ




第5回「リフティング・チャレンジ」結果 ~カテゴリー1~ - 2013.03.16 Sat


『N-style金沢 Soccer Academy』

第5回「リフティング・チャレンジ」の結果

◆カテゴリー1
フリー5分間による最高記録チャレンジ
5分を過ぎて継続していた場合は、落とすまで続けることが出来る

エントリー
・3年生以下全員(前回チャンピオン「中村嗣音」を除く)
・前回1000回に到達していない4~5年生
・新加入メンバー
※表彰は3年生以下

優勝 安田悠真(3年生) 6270回(歴代2位)
2位 伊勢野華立(2年生) 3153回(歴代4位)
3位 勝田大輝(2年生) 1217回

今回の記録
左から 前回記録 今回記録(記録を出した日、は自己新記録)
●5年生
ユウタ 961回 1168(3/11) 1545(3/13)
タカト 383回 891(3/13) 1379(3/15)
ユウキ(島) 334回 609(3/15)
●4年生
マナキ 883回 更新なし
リツキ 394回 更新なし
シュウト 201回 249(3/13)
リンタロウ(西) 159回 265(3/13)
リンタロウ(松) 69回 243(3/13)
コウジ(洞) 29(3/15)
●3年生
ユウマ(安) 889回 6270(3/11歴代2位)
シュン 759回 1084(3/13) 1105(3/15)
ユウキ(坂) 44回 更新なし
ケンタ 5回 6(3/11)
フウキ 352(3/11) 647(3/13)
●2年生
カリュウ 712回 1557(3/11) 3153(3/15歴代4位)
ダイキ 275回 302(3/11) 1217(3/15)
コウジ(須) 29回 86(3/11)
コウキ 13回 58(3/11)
リク 7回 67(3/11)
タクミ 14(3/13)
ユウキ(森) 19(3/13)
ユウセイ 36(3/11) 42(3/13)
●1年生
アオイ 46(3/11) 49(3/15)

※欠席は掲載していません

努力が全て報われるとは限らないし、今回の結果に現れなかった努力もあるだろう・・・
しかし、1回だけのチャレンジではないので、「今回の記録が実力である」と自分は評価する。
この現実を受け止めないと、ここから先には進めないのだが
4年生・・・何を思うか・・・頑張ってもらいたいが・・・手伝ってやることはできない。

今回の記録をみて、上級生から申し出があった。
自分たちにもやらせてほしい・・・数名(シオンも含めて)ではあるが、熱くなったのだろう
とても嬉しい申し出なのだが、通常通りのトレーニングを行うことにした。

リフティングはサッカーの技術の一部分

ドリブル、パス、ファーストコントロール、ポジショニング、1対1、オフの動き、、、、
やるべきことは無限にあり、時間は限られている。

前に進むべきである




新たな一歩 - 2013.03.15 Fri


『N-style金沢 Soccer Academy』

今日は今年度の最後のトレーニング

ブログを読み返してみて

この1年間の君たちの成長を・・・とても嬉しく思う

正式にアカデミーがスタートして2年の月日が流れた

続けるとか、辞めるとか、そんなことは考えもしないで歩いてきた

思えば、、、、要項らしきものは作ったが、たった2枚のプリントである

思えば、、、、連絡用のアドレスと電話番号は知っているが、他は何にも知らない

必要最小限、それで何の問題もなく進んで来られた

感謝の気持ちしかないが、少し不思議な気分でもある

それぞれの親が子供に責任を持ち、その家族同士は信頼で繋がっている

このアカデミーに関わる全ての人たちが、この場所を大切にしてくれている

通っている学校も違う、所属チームも違う、それでも・・・仲間である

なんか・・・いいよな

ここをより良い環境にしていくために、考えていることがいくつかある

停滞は後退である

また新たな一歩を踏み出そう・・・今日は・・・いい天気だ




向上心 - 2013.03.14 Thu


第5回「リフティング・チャレンジ」も、残すところ・・・あと1日

『N-style金沢 Soccer Academy』では
3/15で今年度の活動が終了し、翌週より「新年度」のTRとなる。
「リフティング・チャレンジ」は年度の節目となるわけだが
あえて・・・この言葉をもう一度載せておきたい。

リフティングは、努力すれば必ず上達する

美川から通っているシュン(3年)
当然だが、TRの参加日数は他の者より少ない。
そんな中での「インステップ」2分間の記録・・・素晴らしいものだった。
今回は他の競技者のボールが当たるハプニングもあり、379回だったが(現在1位)
小学3年生で2分間・400回以上を達成するのは、簡単なことではない。(自己記録420回)
片足でバランスをとり、2分間立っていることすら難しいことなのだから・・・。

2年生で唯ひとり上級レベルに参加しているカリュウ
合計ポイントは33ポイントで、全体(22名参加)の7位にランクインしている。
「インサイド」と「アウトサイド」、両部門で各10ポイントを獲得しているのだが
これは非常に素晴らしい記録であり、これもまた「努力の証」である。

向上心

サッカーに限らず・・・とても大切なモノではないだろうか

「リフティング・チャレンジ」は、あと1日で終わるが(今年度のTRも)

君たちのサッカーは、これからもずっと続いていく

そして、それは「自分自身との闘い」でもある




ベスト8進出 - 2013.03.13 Wed


◆UEFAチャンピオンズリーグ
決勝トーナメント1回戦
1st(2/20)
ACミラン 2-0 FCバルセロナ
2nd(3/12)
FCバルセロナ 4-0 ACミラン
トータルスコア4-2でバルサがベスト8進出
※準々決勝の対戦は金曜日に抽選が行われる




今日の結果「カテゴリー2」 - 2013.03.13 Wed


今日の結果「カテゴリー2」

エントリー
・4~6年生全員
・3年生(シオン・ユウマ・シュン)
・2年生(カリュウ)

左から インステップ・もも・インサイド・ヘディング・アウトサイド(合計回数・ポイント)
は部門別1位
◆5年生
ユイト 327・250・116・39・101(833回・43p)
ヒデト 319・266・162・27・55(829回・42p)
タカヤ 250・93・103・18・20(484回・29p)
リクト 210・113・92・12・27(454回・30p)
ユウタ 289・91・42・37・63(522回・31p)
タカト 269・42・75・20・26(432回・26p)
◆4年生
カンスケ 364・182・127・41・31(745回・39p)
ケンセイ 284・53・15・13・18(383回・17p)
リョウタ 298・216・45・8・55(622回・34p)
マナキ 105・77・73・18・13(286回・18p)
リツキ 179・50・56・10・13(308回・18p)
シュウト 224・20・10・9・11(274回・14p)
リンタロウ(西) 244・10・16・13・13(296回・14p)
リンタロウ(松) 210・28・18・6・12(274回・14p)
◆3年生
シオン 260・238・126・41・124(789回・44p)
ユウマ(安) 300・247・102・45・58(752回・44p)
シュン 379・40・10・4・26(459回・18p)
◆2年生
カリュウ 137・159・107・5・72(480回・33p)

※欠席は掲載していません

3/13までの順位
1位 中村嗣音(3年生) 44ポイント 5種目合計789回
2位 安田悠真(3年生) 44ポイント 5種目合計752回
3位 安田唯人(5年生) 43ポイント 5種目合計833回

【金沢のイニエスタ】
今日の記録 50ポイント 5種目合計1338回
インステップ 426回
もも 260回
インサイド 224回
ヘディング 275回
アウトサイド 153回




今日の結果「カテゴリー1」 - 2013.03.13 Wed


今日の結果「カテゴリー1」

エントリー
・3年生以下全員(前回チャンピオン「中村嗣音」を除く)
・新規加入メンバー
・前回(第4回)の記録が1000回未満の4・5年生
※表彰は3年生以下で行います

左から 第4回の記録 更新した記録(は自己新記録)
◆5年生
ユウタ 961回 1168(3/11) 1545(3/13)
タカト 383回 891(3/13)
◆4年生
マナキ 883回 更新なし
リツキ 394回 更新なし
シュウト 201回 249(3/13)
リンタロウ(西) 159回 265(3/13)
リンタロウ(松) 69回 243(3/13)
◆3年生
ユウマ(安) 889回 6270(3/11歴代2位)
シュン 759回 1084(3/13)
ユウキ(坂) 44回 44(3/11)
ケンタ 5回 6(3/11)
フウキ 352(3/11) 647(3/13)
◆2年生
カリュウ 712回 1557(3/11)
ダイキ 275回 302(3/11)
コウジ(須) 29回 86(3/11)
コウキ 13回 58(3/11)
リク 7回 67(3/11)
タクミ 14(3/13)
ユウキ(森) 19(3/13)
ユウセイ 36(3/11) 42(3/13)
◆1年生
アオイ 46(3/11)

※欠席は掲載していません

3/13までの順位
1位 安田悠真(3年生) 6270回
2位 伊勢野華立(2年生) 1557回
3位 井龍駿(3年生) 1084回




昨日の結果 - 2013.03.12 Tue


昨日の結果(知りたい人もいると思うので)
参加者のみ掲載(当たり前か・・・)

カテゴリー2
基本5種目=インステップ・もも・インサイド・ヘディング・アウトサイド
各2分間のみの試技を回数とポイントで評価する
インステップ・もも=20回1ポイントでMAX10ポイント
インサイド・ヘディング=10回1ポイントでMAX10ポイント
アイトサイド=5回1ポイントでMAX10ポイント
合計ポイント(MAX50ポイント)で順位が決まり
同ポイントの場合は合計回数にて順位を決める

左から インステップ・もも・インサイド・ヘディング・アウトサイド(合計回数・ポイント)
◆6年生
タツヤ 256・49・37・11・21(374回・20p)
◆5年生
ユイト 318・250・116・31・101(816回・43p)
ヒデト 306・101・162・22・55(646回・37p)
ユウキ(末) 263・38・15・15・32(363回・19p)
タカヤ 250・92・103・10・20(475回・29p)
リクト 210・68・92・11・27(408回・28p)
ユウタ 278・91・36・37・45(487回・29p)
タカト 248・42・75・16・26(407回・25p)
ユウキ(島) 182・109・20・8・14(333回・19p)
◆4年生
カンスケ 364・69・127・33・19(612回・29p)
ケンセイ 274・53・15・11・15(368回・17p)
リョウタ 298・186・45・7・51(587回・33p)
マナキ 76・77・48・16・13(230回・13p)
リツキ 114・50・15・9・13(201回・10p)
シュウト 135・17・10・9・11(182回・9p)
リンタロウ(西) 244・9・16・9・13(291回・13p)
リンタロウ(松) 106・28・16・6・12(168回・9p)
◆3年生
シオン 241・159・126・24・124(674回・39p)
ユウマ(安) 未・247・68・23・53
◆2年生
カリュウ 未・159・107・5・72

Word か Excel で作成して貼り付けてもいいんだけど
それでは携帯から見づらいということで・・・こんな感じにしてみましたが・・・

いかが?




6270回 - 2013.03.12 Tue


『リフティング・チャレンジ』

この記録会の目的は「自分の記録に挑戦し続けること」なので
基本的には、1日に2回挑戦できることになっている。
「プレッシャーに勝つ」ことよりも、「努力の証を表す」ことが優先である。
1回目よりも2回目、3回目、、、、という具合に、記録は伸びていくものである。

カテゴリー2に関しては、「ヘミニス金沢FC」のやり方を真似ることで(一部ではあるが)
中学生との比較も出来るようにしているが、先に書いたように「記録は試技の回数に比例」する。
「狭い場所での一発勝負」のヘミニス金沢FC方式とは、実際の比較にはならないのだが
「目標があることで記録も伸びていく」ものなので、ここでも「挑戦」してもらいたい。

第5回「リフティング・チャレンジ」
1日目(3/11)の参加者と記録の一部
※時間が足らず、全ての試技を平等に終えていない時点での記録

カテゴリー1(回数が多いと予想される者は、大人がカウンターで計測)
◆5年生
ユウタ 1168回
◆3年生
ユウマ(安) 6270回(歴代2位
ユウキ(坂) 44回
ケンタ 6回
フウキ 352回
◆2年生
カリュウ 1557回
ダイキ 302回
コウジ(須) 86回
コウキ 58回
リク 67回
ユウセイ 36回
◆1年生
アオイ 46回

この日に安田悠真(小学3年生)が出した記録「6270回」は
『N-style金沢 SoccerAcademy』の小学生における「歴代2位」の記録である。
※歴代1位は、【金沢のイニエスタ】10050回(2011年12月8日・当時小学6年生)

カテゴリー2
各部門上位3名までの記載
◆インステップ・・・20回1p
カンスケ(4年) 364回(10p)
ユイト(5年) 318回(10p)
ヒデト(5年) 306回(10p)
◆もも・・・20回1p
ユイト(5年) 250回(10p)
ユウマ(3年) 247回(10p)
リョウタ(4年) 186回(9p)
◆インサイド・・・10回1p
ヒデト(5年) 162回(10p)
カンスケ(4年) 127回(10p)
シオン(3年) 126回(10p)
◆ヘディング・・・10回1p
ユウタ(5年) 37回(3p)
カンスケ(4年) 33回(3p)
ユイト(5年) 31回(3p)
◆アウトサイド・・・5回1p
シオン(3年) 124回(10p)
ユイト(5年) 101回(10p)
カリュウ(2年) 72回(10p)

3/11現在の総合順位
1位 安田唯人(5年) 816回 43p
2位 中村嗣音(3年) 674回 39p
3位 本多英人(5年) 646回 37p

ちなみに・・・総合1位のユイト(5年)
「金沢市選抜」=地区トレセンに選ばれているが
トレセンでのポジションは・・・「ゴールキーパー」である

4・5年生数名のカテゴリー1へのチャレンジが、時間の都合で出来なかった
思ったよりも時間がかかるので、対策を考えないといけないなぁ・・・。
出来なかった分は、時間をとって平等に行うので心配しないように

それよりも・・・ヘディングがヤバいね

次回は3/13水曜日・・・まだまだ記録は伸びるぜ




第1回「リフティング・チャレンジ」の結果(2011年6月開催) - 2013.03.11 Mon


ちなみに・・・第1回「リフティング・チャレンジ」の結果(2011年6月開催)

◆4年生(現5年生)
タカヤ 43
ユイト 105
リクト 27
ヒデト 459
タカト 89
ユウキ(末) 103
ユウキ(島) 欠席
ユウタ 32

◆3年生以下(現4年生以下)
マナキ(3年生) 9
シオン(2年生) 20
ユウキ(2年生) 5
ユウマ(2年生) 361
カリュウ(1年生) 10

継続はチカラなり

君たちが・・・自分自身で証明したことだ




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

N-style

Author:N-style
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4754)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR