FC2ブログ
topimage

2013-05

無駄に・・・するなよ - 2013.05.31 Fri


『N-style金沢 Soccer Academy』

リフティング記録
コウキ(3年)が100回、アオイ(2年)は114回、頑張ったな
最高記録27568回の【金沢のイニエスタ】
サッカーを始めたのが4年生、100回をクリアしたのは5年生の時だった。
下級生の皆が、どれだけ先に進んでいるか・・・分かるだろう?
君たちが日々の努力を続けていけるなら、きっと【彼】を超えていけるだろう

本日のTR(グランド)

◆全学年合同
・リフティング
・ジグザグドリブル
・ドリブル
・ミニゲーム(上級生のみ)
・ミニゲーム(下級生のみ)
・ゲーム形式(6年生以外全員)

ジグザグドリブル(帰りはソール)
・ダブルタッチ
・右足のみ、細かいタッチで
・左足のみ、細かいタッチで
・2ステップ1タッチ

ドリブル
2ステップ1タッチ(スクエア)、直進と旋回(外回り・内回り)

ミニゲーム(上級生のみ)
4対4、4チーム総当たり、1ゲーム10分
※6年生は明日の試合を考慮して、このTRにて終了

ミニゲーム(下級生のみ)
7対7、テーマは「ディフェンスのプライオリティー」と「2ステップ1タッチ」
タクミ(3年)がハットトリック(1試合の中で3得点すること)するも・・・3対4で敗戦
どうすればよかった?の問いに「次の1点を取りにいかないといけなかった」
分かってるね~、そうだな・・・それがサッカーだ



いま書いているこのブログ
6年生の何人が、試合前に目にするか分からないが・・・

君たちが2次リーグを闘うために
わざわざ他チームを録画してくれた「お母さん」や「お父さん」がいること
わざわざ能登島まで行き、2試合も録画してきてくれた「お父さん」がいること
そういったことに対し、心から感謝しているのなら・・・
無駄にしていい試合などひとつもないことは理解できるはずだ

無駄にする・・・どういうことか、よく考えてもらいたい

勝ったから無駄にならなかった、負けたから無駄になった、、、、

そういうことではないとだけ・・・伝えておきたい

今日よりも、明日の君たちが成長していることを・・・期待している




「答え」はピッチの中にある - 2013.05.31 Fri


サッカーを考える ~「答え」はピッチの中にある~

これが正しい・・・そう言い切る指導者が正解とは限らない

サッカーは「答えがいくつもある」もので
正解だったか、それとも不正解だったか、それは結果として後から分かることに過ぎない。

例えば、「インサイドキック」が非常に重要な技術であることは、疑いようのない事実である。
しかし、「アウトサイドキック」も使える方が、選手としての幅(プレーの幅)は広がる。
どんな技術にしても、練習や試合で「チャレンジ」しなければ、身に付けようがない。
同じように考えると、理にかなっていない逆のこともある。
「利き足でないほうの足でも自由自在にボールを扱える」・・・非常に理想的である。
しかし、世界のトップには、「プレーのほとんどを利き足でしかしない」選手も少なくない。
何故か・・・先日のTRメニューのテーマ「2ステップ1タッチ」にも関係がある。
この方法は「利き足でのボールコントロール」を重要視しており
パスを出すときにも、「振り足でそのまま出すことが自然」である。
ボールに触れているのは、インステップとアウトサイドの間くらいなので
「あえてインサイドキックにする」には・・・少し違和感がある。
メッシがドリブルを仕掛けているときに、左側にパスを出すとする。
「右足のインサイド」か「左足のアウトサイド」か・・・そんなことを考えているとは思えない。

小学生の時には、ドリブルなどの「ボールコントロールだけ」でいい・・・これもどうだろう。
オフェンス時にボールを持っていない時=「オフの動き」はどう伝えればいのか
ディフェンス時のプレー=「チャレンジ&カバー」や「プライオリティー」はどう伝えていくのか
中学生になってからでも遅くはない・・・本当にそうだろうか?
指導者が伝えてくれなかったら・・・いつどこで学べばいいのだろうか?
逆に言えば・・・小さい頃から取り組んでいる方が、「判断の質も高くなる」のではないだろうか。

ドリブルやリフティングなどのボールコントロールが、圧倒的に優れている

1対1に絶対の自信を持ち、どこからでも仕掛けていける

相手の逆を突くことを考え、ドリブルとショートパスを多用する

これらのことを「パーフェクトスキル」と勘違いし(もちろん・・・これだけではないが)
10年前の自分が、選手たちに重要視させていたことである。
当時の選手たち・・・確かに「巧かった」が・・・キックは下手だったな・・・。
きっとユース年代(高校生年代)で・・・随分苦労したはずだ・・・。

10年前の自分・・・反省しかないが、そのときの経験がいま活きている

答えはピッチの中にある・・・それがサッカーである




「人」を育てる決断 - 2013.05.31 Fri


サッカーを考える ~「人」を育てる決断~

昨年度の星稜高校
高校選手権の全国大会では、前評判の高かった青森山田高校を2-0で下し
準決勝では優勝した鵬翔高校と互角の闘いの末、PK戦で決勝進出を逃す。
この快進撃はどこから始まったのか・・・
彼らの闘いを県大会から見ていたが、県大会のメンバーから実に4人が入れ替わっていた。
それも「サブ」からではなく、「メンバー外」からである。
100人を超える選手を抱える「有名高校」ならではかもしれないが
逆に言えば・・・それだけの選手を眠らせていることにもなる。
「チャンスを掴むタイミング」や「大会期間中のケガ」などの要素もあり
県大会優勝のメンバーを入れ替える決断に至った経緯は分からないが
埋もれていた選手にチャンスを与えることは、想像以上の効果をもたらすことに繋がった。
レギュラーとしてピッチに立っていた者に「危機感」を与え
投げ出さずに努力してきた選手たちに「勇気」を与えたことは・・・間違いないだろう。

今年の静岡学園高校
キャプテンはDFの手塚、彼は1年生からメンバー入りしている。
ドリブル突破から鋭いクロス、静学らしい攻撃参加が武器の右サイドバックである。
静学は高校総体3連覇中、4連覇のかかる今大会も決勝まで駒を進めている。
昨年も県大会はレギュラーとして出場し、全国大会のメンバー入りも確実!のはずだったが
大会直前にBチームに降格・・・メンバーから外れた。
「図に乗っていた部分があったかもしれない。自分を見つめ直すことができた。」(本人談)
大会期間中は静岡に残り、練習に明け暮れたそうだ・・・。
超名門高校で1年生からメンバー入り、不動のサイドバック=要の1人を・・・外す。
この決断が、どれだけの選手たちに勇気を与えただろうか
そしてこの決断が、彼にどれだけの成長をもたらしただろうか・・・。

いい話ばかりではないだろうし・・・上手くいくとは限らないが・・・

この決断が出来ずに、才能ある選手を増長させて潰したのも
この決断が出来ずに、努力し続けた選手の可能性を潰したのも・・・10年前の自分だった。

10年前の自分・・・人間としても、指導者としても、反省しかない・・・




まだ「夢の途中」である - 2013.05.30 Thu


ヘミニスFEプロジェクト

このアカデミーの関係者からは13名が挑戦
Aチームに5名
Bチームに2名
研修メンバーに3名
育成メンバー(4年生以下)に3名
この「FE選考会」でも、君たちは全力でプレーし・・・成長していた。
計3回の選考会、非常に有難い時間であったと言えるだろう。

計11名が選ばれた「FE正規メンバー」=Aチームに入った5名
この選考期間でのプレーは、確かに素晴らしかった。
Bチームと研修メンバーになった5名
昨日のアカデミーTRでも、それぞれに課題が見受けられた。
しかし、その差は・・・それほど大きいものだろうか・・・。
Aチームのメンバーが、そのまま夢を掴めるほど甘くはないだろうし
Bチームや研修メンバーが、この時点で何かを諦める必要もないだろう。

君たちは皆、「これからの選手たち」である

たかが10歳や11~12歳、これからの過ごし方で全てが変わる。
どちらかと言えば、才能ある者たちの陰に隠れていた者
そういう者たちの成功を、これまでずっと見てきた自分には
ラインの前と後ろ、いまどちらにいるのがいいとは言えないのが正直なところだ。
決して励ましているわけではない・・・事実と体験を語っているまでだ。

ここで書くようなことでもないのだが・・・

Aチームの君たちへ
君たちはまだ「夢の途中」である・・・それを忘れるな

Bチームと研修メンバーの君たちへ
君たちもまだ「夢の途中」である・・・それを決して忘れてはならない




2ステップ1タッチ - 2013.05.29 Wed


『N-style金沢 Soccer Academy』

本日のTR・・・の前に

コウジとユウセイ(ともに3年)が、自己のリフティング記録を更新
チームメイトの頑張りが刺激になっているようで・・・

本日のTR(グランド)

◆全学年合同
・リフティング
・ボールコントロール
・ドリブル
・ミニゲーム(下級生のみ)
・シュート(上級生のみ)
・ゲーム形式(上級生のみ)

リフティング(上級生)
・決め打ち
・ローテーション(ヘミニス)
・背面

ボールコントロール
「2ステップ1タッチ」を意識してのTR

ドリブル
4ヶ所(スクエア)にマーカーを置いて「2ステップ1タッチ」のドリブルTR
直線から旋回(外回り・内回り)、旋回から直線、これを繰り返し行った

ミニゲーム(下級生)
前回の課題「ディフェンスのプライオリティー(優先順位)」
①インターセプト
②トラップされても前を向かせない、簡単にコントロールさせない
③前を向かれても抜かれない、シュートを打たせない
これに加え、「2ステップ1タッチ」を意識しての5対5

シュート(上級生)
・「2ステップ1タッチ」のドリブルからフェイント→シュート
・リターンパスを「2タッチコントロール」してから上記と同様

ご覧の通り、テーマは「2ステップ1タッチ」
【金沢のイニエスタ】がお手本となり、改めて意識してTRしてみた。
意識して取り組んでみると、いろいろな事が見えてきたな・・・。

このスキルに関しては、ウチの水上コーチが「完全な自然体」である

水上コーチ・・・「魔法の右足」を持っているが、左足は「杖」である(笑)
TRによっては、「左足も練習しないと!!」という言葉が言い辛いそうだ(笑)
しかし、コーチはこれ=「2ステップ1タッチ」を
「顔を上げたまま、自然体で、スピードの中で出来る」ので
利き足だけではあるが、パスもドリブルも「自由自在」である。

さぁ、リフティングも、ドリブルも、、、、練習あるのみ

バリバリ練習して、ジャンジャン巧くなろう




集中して、全力で、、、、当たり前のことである - 2013.05.28 Tue


『N-style金沢 Soccer Academy』

トレーニング開始前、恒例となっている個人でのリフティング
「集合!」の掛け声の中、ひとり、リフティングを続ける者がいた。
このアカデミーでは、新記録を更新しているときには
全てにおいて記録更新が優先される・・・落とすまで続けていいということだ

リク(3年生)、200回を達成

前日に100回をクリアしていたようだが、この日も記録を伸ばし
「努力」⇒「良い結果」⇒「成長する楽しさを知る」という「良い循環」を生みだしている。
ここで満足せずに、一気に1000回達成までいこう



昨日のTR(グランド)

◆下級生
・リフティング
・1対1対1
・ミニゲーム

1対1対1
3人、ボールは1つ、1ゲーム90秒
10mグリッドの中に、コーンで3つのゴールを作る
3人が入り、それぞれが自分のゴールを守る
残り2つのゴールは、どちらをドリブルで抜けても1点
得点の多い者が勝ち・・・守っているだけでは負けになるというTR
・体の使い方
・キープしながらの判断
多くのことを学べるTRだが、90秒・・・ハードなTRでもある

ミニゲーム
いつもの2倍近い大きさのコートで5対5
「ディフェンスのプライオリティー(優先順位)」を意識してのTR
①インターセプト
②前を向かせない
③ドリブルで抜かれない、シュートを打たせない
ドリブルが巧い選手には、ボールを渡さないディフェンスが効果的
「インターセプト」を狙えるポジショニングを意識しよう

ミニゲームの組み分け、1分間のリフティング競争を行った。
自己記録では1000回を超える2人が圧倒的・・・と思いきや
「コンセントレーション」=集中力の差は歴然だった。

これからのサッカー人生、全てにおいて何度も何度もチャンスがあるとは限らない

ここぞというときのための集中力・・・これも必要な要素のひとつである

◆上級生
・リフティング
・パスコントロール(自主TR)
・1対1
・ゲーム形式
・インターバル(6年生のみ・150m×5本)

1対1
ゴール使用、斜め45度からの1対1
5年生以下と6年生の2つのカテゴリーに分けて行ったが
取り組み方=自分に対しての厳しさの差・・・歴然・・・。
なんで笑いながら1対1やっとんねん(かける言葉もない・・・)
全てのTRは全力でやらないと意味がない・・・まだ分からんか



6年生
心身ともに充実している
全日の2次リーグまで、もう時間がない=出来ることは限られている。
出来ることをやる・・・それしかないが・・・それだけで十分だ




全ての困難は「チャンス」である - 2013.05.27 Mon


【金沢のイニエスタ】

◆5月の試合

3~5日 菅平遠征(天然芝)
※3日間で全7試合、その内4試合分+αの出場

11日 和倉温泉(人工芝)で地区リーグ
※公式戦(1試合のみ)、後半10分~ラストまで出場(左手親指付け根の骨折)

19日 津幡森林公園(天然芝)でTRM
※他学年も合わせ計4試合分、その内1試合分+αの出場

26日 加賀山代(クレー)でTRM
※2試合+20分1本、その内1試合分の出場

◆6月の試合予定

1日 安原(天然芝)で地区リーグ

8日 まめだ(クレー)で金沢市民体育大会の予選リーグ

15日 北陸大学(人工芝)でTRM

29日 金沢(天然芝)で金沢市民体育大会の決勝トーナメント

30日 能登島(人工芝)で地区リーグ

長い間「両足のヒザ痛」に悩まされ、走るなどのTRが1年くらい満足に出来なかった。
チームメイト、他のチームの選手、誰と比べても「フィジカル」と「走力」で劣っている。
技術同様、改善には時間がかかるし、「身長の伸び」も一般的な成長期とは思えないほど少ない。

しかし、【彼】はこの状況を「チャンス」と捉えている

フィジカルや走力の改善とともに
「小さいことや遅いことを苦にしない選手」を考え、意図してプレーしている。
・10~20cm以上も大きい相手に対しプレーする
・50mで1~2秒以上も速い相手に対しプレーする
チーム内の環境も、ほぼ全ての選手に対して当てはまる。
対外試合も含め、こんな「有難い環境」でプレー出来るのは・・・いま(現在)しかない。

将来「この時期が一番成長させてくれた時間だった」・・・そう言える日が来る

全ての困難は「チャンス」である




6月の経験 - 2013.05.27 Mon


高円宮杯U-15地域リーグ

北信越リーグ
「ヘミニス金沢FC」の今後の予定(左側がホーム)

ヘミニス金沢FC vs アルビレックス新潟
和倉温泉多目的G 6月1日 15:30キックオフ

ヘミニス金沢FC vs FC五十嵐JY
和倉温泉多目的G 6月2日 10:00キックオフ

カターレ富山 vs ヘミニス金沢FC
日医工Sアカデミー 6月29日 11:00キックオフ

現時点でレベルが一段上の上位3チームとの闘い

並行して「クラブユース選手権」も行われる

この「6月の経験」が選手を育てる




心は顔に表れる - 2013.05.27 Mon


『N-style金沢 Soccer Academy』

6年生の所属するチーム
全日=「全日本少年サッカー大会・石川県大会」の予選1次リーグ
2勝1分の1位で通過し、2次リーグへと駒を進めた。

大会直前の金沢市大会で準優勝のチームに引き分け
4年生の時には10点以上ぶち込まれ、この2年間で1度も勝ったことのない相手に勝利
この結果を受けて・・・今日の君たちは・・・どうだったのだろうか・・・。

君たちの通う小学校には、同じく全日で予選突破したチームの選手もいる。
それぞれが「それぞれの価値観」のもとで、話題の中心にもなるだろう・・・。
もし君たちの中に、浮かれて調子にのっている者が一人でもいたとしたら
ここから先の闘いには、勝利することなど出来ないだろう。

引き分けた試合では、スカウティング通りの攻撃から3点を先取
しかしラスト10分で追いつかれ、大切な「勝ち点は3から1へ」となった。
昨日の試合も一進一退、決定機は互いに3~4回、「結果として勝っただけ」のことである。
昨日までの相手が君たちのことを研究してくることは、まず・・・なかったはずである。
格下と思われていることが、相手の慢心を生み、スキを生じさせてくれた。

これからは違う

次に対戦する相手の試合を録画するなど、勝つためには当たり前のこと
よっぽど実力差が大きくない限り、相手を研究するのは当然のことである。
君たちは、「研究されても自分たちの試合が出来る」ほど、現時点で優れてはいない。
君たちが「相手をリスペクト」し、「対策を考え準備をして挑んだ」ように
今度は相手が君たちを研究し、確実に勝つための対策を練ってくる。

ここからが本当の闘い

本当の闘いを前に必要なことは何だろう

慢心や満足でないことは・・・間違いないだろう

今日のTR、君たちがどんな顔で来るのか・・・楽しみにしている

心は顔に表れる




インターハイ予選 - 2013.05.26 Sun


高校総体サッカー静岡県大会

決勝 静岡学園 vs 藤枝東

6月2日 14時キックオフ




ワールド・ニュース - 2013.05.26 Sun


◆ネイマール
バルサと5年契約

◆本田圭佑
ACミランが獲得打診

◆UEFAチャンピオンズリーグ
決勝 バイエルン・ミュンヘン 2-1 ボルシア・ドルトムント




挑戦 - 2013.05.26 Sun


「ヘミニスFEプロジェクト」

当アカデミーからの参加は13名、うち6年生は8名

3週にわたる選考会が昨日終わった

君たちが自らこの挑戦を決めたこと・・・指導者として誇りに思う

君たち全員が全力であったこと・・・指導者として嬉しかった

その結果がどうであれ、この挑戦が君たち自身を、とても大きく成長させてくれた

挑戦した自分に胸を張ってもらいたい

そして、これからも挑戦し続ける人生であってほしい

『成功』とは、成功するまで挑戦し続けることである




努力 - 2013.05.25 Sat


『N-style金沢 Soccer Academy』

サッカーに必要不可欠なのは「テクニック」と「インテリジェンス」である
※もちろん、それだけではない

その要素を試合の中で発揮させるには
この年代(U-12=12歳以下)で「基本的な技術と動作の習得」が必須であると言える。
「ボールコントロール」に関しては、U-15=15歳以下で身に付いていなければ
プロになりたい、日本代表になりたい、、、、そういった夢には届かないのが現実である。
※50mを5秒台とか、身長が190cmとか、そういう「特別」があれば話は別だが・・・

リフティング・・・ボールコントロールを見極める指標のひとつである

例えば・・・以下の記録
各種目2分間の記録であり、今年の3月に達成された記録である。
各学年のトップの記録なので、それなりにハイレベルではあるが
各学年、あと10ヶ月後の自分と比較して、あまりにかけ離れているとしたら
厳しいことを言うようだが・・・努力が足りないのではないだろうか・・・。
下記に記載されている全員が、出会ったときには10回程度しか出来なかった。

下記の記録・・・夢に向かって真剣に努力した証=結果である

◆5年生の記録(安田唯人)
インステップ 346回
もも 250回
インサイド 136回
ヘディング 51回
アウトサイド 101回
合計 884回
◆4年生の記録(北村冠輔)
インステップ 364回
もも 182回
インサイド 127回
ヘディング 68回
アウトサイド 56回
合計 797回
◆3年生の記録(中村嗣音)
インステップ 273回
もも 238回
インサイド 186回
ヘディング 41回
アウトサイド 124回
合計 862回
◆2年生の記録(伊勢野華立)
インステップ 190回
もも 159回
インサイド 107回
ヘディング 6回
アウトサイド 72回
合計回数 534回

まずは100回・・・ここまでが一番難しい。
ひたすら時間をかけて取り組むしかない・・・「継続と集中力」が求められる。
次は左右交互に出来るようにすると、1000回は意外と早くやってくる。
そしてインサイドやヘディングなど、各部位のTRに移っていくわけだが
すでに「コツ」と「自信」と「成長する楽しさ」を知っているので、成長は間違いない。

リフティングは、サッカーにおける技術のひとつであり
ドリブル、ファーストコントロール、パスコントロール、、、、
やるべきことは他にも山ほどあり、ここまで出来ればいいという上限は・・・ない。

世界で活躍できるレベルでないと、日本代表には選ばれない

当然、Jリーガー=「プロサッカー選手」になるのも
年々、日に日に、そのハードルが上がっている。
このアカデミーに在籍している全ての選手に、この夢を・・・などとは思っていない。
しかし、上達する意志のない者には、伝えられることが何ひとつない。

上達する意志があれば努力できる

努力し続けていれば必ず成長できる

背が低いとか、足が遅いとか、そんなことは大した問題ではない

最初は誰だって「ヘタクソ」である(入ってきた時点で巧いと思った者など一人もいない)

大切なのは「少しずつでいいから確実に成長する」ことである

努力出来ない者には去ってもらう

君たちにとっても闘いだが・・・自分にとっても闘いである




Estas listo? Fuerza!! - 2013.05.24 Fri


『N-style金沢 Soccer Academy』

本日のTR(グランド)

◆下級生
・リフティング
・ボールコントロール
・1対1
・ミニゲーム

ボールコントロール
・クーバー
・ボールタッチ

1対1
いやぁ~~、ぬるいぬるい
遊びばかりが目立ち、闘えていない者が多かった・・・残念
これじゃあ試合では・・・通用しない

ミニゲーム
・4対5or5対5
・7対7

教訓「トレーニング(練習)は厳しく、試合は楽しく」

トレーニングで楽してたら、試合では通用しない=負けて悔しいのは・・・誰だ

◆上級生
・リフティング
・ジグザグドリブル
・自主TR
・ミニゲーム
・ゲーム形式

ジグザグドリブル(7種目)
・ダブルタッチ
・インサイドアウトサイド
・123内なめ
・123外なめ
・右足のみ
・左足のみ
・スキップ

ミニゲーム
6対6or6対7

ゲーム形式
・8対8(GK入り)
・9対9(GK入り)

今週までは「6年生の闘い」のためのTRがメイン
結果がどうであれ、来週からは「日常」を大切にしていきます

Estas listo?

Fuerza!!




準備完了 - 2013.05.23 Thu


昨日は6年生を芸術村に集めた

運動会前日ということで、グランドが使えなかったためだが
いつもと違う場所でのTR・・・気分転換も出来て、なかなかに効果的だった。

課題と修正

対策と狙い目

出来ることには限りがあるが、この2週間のTRは有意義なものだった。
君たち同様に、相手も素晴らしいチームであり、素晴らしい選手もいる。
勝つことは簡単ではないが、勝つための準備は出来たと言っていいだろう。

そして・・・何度も言うが・・・「楽しんだ者が勝ち」である




「遠藤保仁」への挑戦 - 2013.05.22 Wed


2年くらい前か・・・ハルオさんに聞いたことがあった。

「遠藤保仁は・・・創れると思いますか?」

創れる=意図的に育成できるか、という意味だが
返ってきた答えは・・・「No」だった・・・。

ハルオさん、何度かこのブログに登場しているが・・・宣伝しときます
2011062115320000haruo.jpg
「静岡学園高校」出身の元Jリーガーで「エスポルチ藤沢」の代表=広山晴士

静岡学園、四日市中央工業、聖和学園、、、、
全国の高校で活躍する数多くの選手を育て
プロ選手も育てている男が・・・「難しいんじゃないか」と言う。

当然、選手の「質」にもよるし
それだけの「才能」があれば・・・そりゃあ・・・あるに越したことはない。
でもさ・・・才能のない者がプロを目指す・・・じゃあ・・・どこを目指す

一番下でも、一番上でも、大して変わりは・・・ないだろ

フィジカル、スピード、、、、その部分でのトップは無理(残念だけどね・・・)
じゃあ勝負は・・・「テクニック」、「インテリジェンス」、そして・・・「リズム」
「かけひき」とか、「アイデア」とか、そういうので闘えるようにならないといけない。
2013052215010000sn10.jpg
【息子】は最近、こんな本を読んでいる

これは【彼】の・・・遠藤保仁への挑戦である




TRの意図を理解する - 2013.05.21 Tue


『N-style金沢 Soccer Academy』

昨日のTR(グランド)

◆下級生
・リフティング
・ドリブルターン
・パスコントロール
・ミニゲーム

ドリブルターン
・インサイドターン
・アウトサイドターン
・アウトインターン
・ステップオーバー
・ストップオーバー
・クライフターン

パスコントロール
3人1組・三角形でのパスコントロールTR
予備動作をいれ、バックステップしてパスを受ける
左から来るパス→体を開いて右足で受ける
右から来るパス→体を開いて左足で受ける
何故このような技術が必要なのか・・・TRの意図を話し、理解させながら行った。
・次を見ておく
・トラップの置き場所
・相手の受ける側の足元へパスを送る
この3点を意識しながらTRしていこう。

ミニゲームのハーフタイムの時
自分「さっきのTR、試合の中では・・・どう?」
メンバー「う~ん、結構むずかしい・・・」

いいね!! そのとおり!! その素直さが・・・明日へ繋がっている

◆上級生
・リフティング
・ドリブルターン
以上、下級生と合同
・シュート
・1対1
・ゲーム形式

シュート
予備動作→ポストで受ける(リターン)→オフの動き→スルーパスを受けシュート
ラストパスは開いて受けることで、「複数のシュートコースを狙える」ようにする。

1対1
①1対1+2サーバー、ラインゴール
・体の使い方
・サーバーを含めた選択肢と判断
・トランジション
②背負った状態からの1対1、ラインゴール×2
・体の使い方
・2つあるゴールの選択肢を有効に使う
どちらも初めてのTRなので制約はなし、TRの意図を理解することが大切。

頭を使うTR
とても大切なことを学んでいくわけだが、TRを実りのあるものにするためには
基本的な技術=「ボールコントロール」が必要不可欠になる。

基礎、基礎、基礎、、、、磨き続けろ




全てのプレーを判断するのは選手である - 2013.05.20 Mon


昨日、「まめだグランド」に到着すると

キャーーーー

打てーーーー

蹴れーーーー

走れーーーー

・・・あぁ・・・あの頃と変わってないなぁ(笑)・・・と思った。
何処のチームにも、10~20人くらいの親が居て
ほとんどのチームの親が、我が子にひたすらプレッシャーをかけ続けていた。
では、何故これが選手にとってマイナスなのか・・・。

多くの指導者は
「慌てなくていい」とか、「落ち着いてプレーしよう」とか
そう選手たちに伝えていると思います。
それを「慌てさせるように仕向けている」のが、親の「キャーーーー」です。

このまま書きたいことを書いていくと、一冊の本になってしまうので(笑)
どうか次のことを・・・どうか大切にされてください。

『全てのプレーを判断するのは選手である』

黙っていると・・・ほら、聞こえてきませんか?・・・選手たちの声が

小学生の低学年でも、彼らなりに考えて闘っている

「打てーーーー」
本当にそこで打つべきなのか、判断の答えを持っていますか?

「蹴れーーーー」
それが正しい判断だと、サッカーを勉強した上で言っていますか?

厳しいことを言いますが・・・これは応援ではなく、大人の自己満足です

出来ないこと=課題は、練習で解決すればいい

技術が向上するには「時間がかかる」・・・すぐに解決はしない

大人の自己満足で子供は育たない




ちょっとした・・・大切な話 - 2013.05.19 Sun


ちょっとした・・・大切な話

今日は「まめだグランド」へ

ここは犀川沿いにある河川敷グランドで、砂埃がハンパない
小学生用のコートが4面とれるので、ずっとずっと長い間
「全日本少年サッカー大会・石川県大会」の会場だった。(現在は他の人工芝Gになった)
※20年ほど前はゴールも大人用を使っていた

このグランドが「人工芝」に変われば
石川県の少年サッカーは、随分と進歩するのではないか・・・本気で思う。

アカデミーの小学3年生が所属するチームは・・・4戦全勝・・・頑張ってたね

この年代は「結果よりも内容」であり、「個々」=個人の技術・判断に焦点を当て
「何が出来て、何が出来ないか」を見付けていくことが大切
4戦全勝も素晴らしいことだが、それぞれに課題が多いことも忘れてはいけない

そこにいたメンバーのお母さんとの話

母「足りないものは何ですか?」
自分「練習が足りないですね」
母「え、他に比べたら随分・・・まだ足りないですか?」
自分「練習が足りない・・・練習です」

こんなやりとりをした。
では、どれくらいやれば十分なのか?
色んな意味があって話したのだが・・・答えはこういうことだ。
20130114geminis1516.jpg
「第一歩」 ※資料は「ヘミニス金沢FC」より

比較するのは他人(他のチーム)ではない

自分の目標が、自分の夢が、自分の志が、その日その日を支配する

ちょっとだけしかしていないけれど・・・とても大切な話しです




より巧く、より賢く、より逞しく、 - 2013.05.18 Sat


ヘミニス金沢FC「FEプロジェクト」

発熱のユウタ(6年)を除く、12名が参加させてもらったわけだが・・・
他のチームの選手と比べると、「何が出来て、何が出来ないのか」がよく分かる。
客観的に見た評価のつもりだが・・・あえて言っておきたい。

みんな・・・本当に上達したな

全員が全力だったし・・・努力した証=成長がよく見えたよ

出会った頃・・・本当にヘタクソだった・・・(本当に・・・笑)

まだまだ課題は多く、今日新たに見えたこともある。
でもな、まだ10ヶ月もある・・・努力し続けていけば、もっともっと良くなる。
より巧く、より賢く、より逞しく、大きく成長して「次の舞台」に進もう。

また・・・練習しよう

「未来の星」が、大きく大きく・・・光り輝けるように




Espana - 2013.05.18 Sat


◆コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)決勝
A・マドリード 2-1 R・マドリード

1対1で延長にもつれ込んだ「マドリード・ダービー」は
99分にミランダのヘディングシュートがゴールネットを揺らし
17シーズンぶり、10度目の優勝となった。

◆シャビ・エルナンデス
今回のリーグ優勝で、史上最多「7度目」のリーグタイトル獲得となった。
※獲得年数(1999・2005・2006・2009・2010・2011・2013)

これまで6度の優勝で並んでいたのは
アンドニ・ラマジェッツ(1948・1949・1952・1953・1959・1960)
ペップ・グアルディオラ(1991・1992・1993・1994・1998・1999)

今回の優勝で
プジョル、バルデス、イニエスタ、そしてメッシも6度目の優勝となった。

さらにシャビの記録は
バルサで21タイトル、スペイン代表で3タイトル、計24タイトルとなり
ヘント(元R・マドリードの選手)に並んだ・・・記録更新は時間の問題だろう。




楽しんだ者が・・・勝ちである - 2013.05.17 Fri


『N-style金沢 Soccer Academy』

本日のTR(グランド)

◆下級生
・リフティング
・コーディネーション
・ボールコントロール
・ミニゲーム

ボールコントロール
グリッドでは
・クーバー
・ボールタッチ
コーンを使って
・ジグザグドリブル(帰りはソール)
グリッドとコーン、上級生と交互に使い、繰り返し行った。
ひたすら・・・ひたすら「ボールコントロール」のTR
サッカーは、「テクニック」と「インテリジェンス」
その土台になるのが「ボールコントロール」である。
この日も「顔を上げる」「周りを見る」を、高いレベルで意識させた。

ミニゲーム(6対6)
・いつでも、どこからでも、ゴールを意識する
・周りを見て、良い判断をする
・1対1に勝つ、1対1に負けない
・繋ぐ=「ポゼッション」
・切り替え=「トランジション」
・パスを受けるための動き
・シュート=「ゴールへのパス」
・チームディフェンス
・味方に指示を出す=「コーチング」
さぁ、どれだけ意識してやれているかな

全体として、もう少し「ボールコントロール」が向上しないと
技術的に余裕がないことで、出来ない課題もある。
より深く理解しながら上達するために、もっともっとボールに触ろう

◆上級生
・コーディネーション
・ボールコントロール
・水上コーチ担当メニュー
・ゲーム形式
・インターバルTR(6年生のみ・・・あ、マナキも)

ボールコントロール
グリッドで
・リフティング
・クーバー
・ジンガ
コーンを使って
・ジグザグドリブル7種目(帰りはソール)
下級生同様、ひたすら「ボールコントロール」のTR、全てのプレーはここから

6年生・・・日々良くなっているなぁ・・・マジで

今日は「CKからのくずし」を予定していたのだが・・・メインが風邪ひくなよ

何度も言うが・・・楽しんだ者が勝ち・・・だぞ




身に付いているスキルを試合で活かす - 2013.05.16 Thu


『N-style金沢 Soccer Academy』

昨日のTR(グランド)

◆下級生
・リフティング
・ボールコントロール
・1対1
・ミニゲーム

リフティング
最高記録が50~70回を超えていて、いつも30回は出来る。
これで2ヶ月も3ヶ月も100回に到達しないのは、取り組み方が甘いと考えられる。
本気で大切だと思っていないか、集中力が足りないか、、、、
このアカデミーでのTRは週3回、冬場の体育館でのTRメニューは限られているので
これからの季節、リフティングにかける時間はほとんどない。
自分で成長するための、君たち個人の「努力と継続」を期待している。

ボールコントロール
「顔を上げる」と「周りを見る」の違いを意識する。
顔を上げる・・・ボールばかりを見るのではなく、顔を上げて目の前の状況を把握する
周りを見る・・・顔を上げるだけでは見えない場所(左右とか、後ろとか)の状況を把握する
ボールコントロールしながら出来るようになったら・・・文句なしだ。
先日から取り組んでいる「スライド」と、それに連動したフェイントのTRを行った。

1対1(ゴール使用)
斜め45度からの1対1
OF(攻撃側)は、ゴールを決めたら3点
DF(守備側)は、奪って運ぶ場所によって1点or2点
それ以外は引き分けで互いに0点、加算方式で対戦を重ねていく。
ディフェンスの立ち位置=「ポジショニング」と
簡単に抜かれないための「粘り強いディフェンス」にテーマを置いた。
奪った後も、1点よりも2点の場所を目指す判断が出来るようになるといい。

さぁ、大切なのはこれから

これからの努力が、夏~秋の成長に繋がる・・・時間を無駄にするな

◆上級生
・ウォーミングアップ
・2人1組
・3対2+GK
・「課題と修正」
・ゲーム形式
・調整ランニング

2人1組
・パスコントロール
・浮き球のルーズボールの処理

3対2+GK(ゴール使用)
浮き球の処理から3対2

☆ゴールキックのときのポジショニング
☆スローインの受け方
☆ルーズボールの処理
☆チャレンジ&カバー
☆クリア・・・「跳ね返し」と「すらし」
☆コーナーキックのディフェンス

たった2回のTRで、これくらいの課題を修正することに成功した。
成功といっても、当然パーフェクトではないが
これからのTRで「意識」していくことで、より改善されていくだろう。
これまでずっとやってきたこと・・・山ほどある。
それらをより「試合」に活かせるようにしていくのが、この3週間の取り組みである。

2年間、それなりに厳しく伝えてきたつもりだ

すでに身に付いているスキルを、試合で使えるようにする

そんなに難しいことではない

自信を持って闘ってもらいたいね




サッカーとのかかわり方 - 2013.05.15 Wed


サッカーとのかかわり方

この『N-style金沢 Soccer Academy』という形
自分にとって、とても充実している日々を送らせてもらっている。

大会に出場するための協会登録をしていない「サッカースクール」であり
それぞれ(個人個人)が所属するチームの、「不足する部分を補う場所」である。
だが・・・ここはサッカーの技術だけを伝える場所ではない。
それだけでは不十分であり、「次のカテゴリーへの橋渡し」は出来ないからだ。

感情を持ちこまない

これが一番うまくいくやり方であることは、アカデミーを創設する前から分かっている。
ただ必要なことを伝えるだけ・・・そうやって2年間を歩んできた。

現在の6年生とその親たち、2年前、彼ら(親も子も)は選択を迫られていた。
週末しか活動のない所属チームと、平日しか活動のないこのアカデミーと
考える必要のないことを問題にされ、どちらかを選ばされる状況になっていた。
そして彼らが出した結論は・・・両方=「どちらも」というものだった。

「AかBか」ではなく、「AもBも」という決断

彼らのこの決断がなければ、このアカデミーは存在しなかったかもしれない。
彼らのこの決断がなければ、彼らの所属するチームの現在の歩みはなかっただろう。
現在、彼らの所属するチームは、県外の有力チームからの評価も高く
近県や東海地域での大会に、ぜひと声がかかるまでになっている。
個々をみても、これからの努力次第ではあるが
「次のカテゴリー」=中学生年代で成功するための基礎を
「8人全員」が身に付けるまでに成長した。

全日本少年サッカー大会

勝つことに縁のない彼らが、唯一勝つために頑張っている大会である。
その予選の真っ最中であるこの3週間
このアカデミーでは、「彼らのためのTR」が優先されている。

ありがとうございます

申し訳ない気持ちです

そんな声が聞こえてきたので・・・胸を張って言っておきます。
この3週間は、皆さんがしてくれた決断に対する「感謝」です。
感謝を形にした・・・ただそれだけのことです。

ありがとう

自分も人間ですから・・・感情は・・・当たり前に持っています




GIANT KILLING - 2013.05.14 Tue


いやぁ~

勉強になるなぁ~

う~~ん

ホント、学ぶことが多いよ

2013051422280000gk.jpg

いやいやいや・・・マジだって




君たちの明日を創る - 2013.05.13 Mon


『N-style金沢 Soccer Academy』

本日のTR(グランド)

◆下級生
・リフティング
・ドリブル
・シュート
・ミニゲーム

TRの前にした話
「楽」という字には色々な読み方があるが、「たのしい」と「らく」という読み方について
「らく」をする・・・この日は学校の宿題に例えてみた。
宿題をするのに、ひとつひとつ自分で考えて答えを出すことは手間がかかる。
問題の答え(正解)を見て書き写せば、とても「らく」であり手間もかからない。
しかし、「らく」をした者は、「自分には何が出来て、何が出来ないのか」
それすらも知らないままであり、「理解するチャンス」を逃していることになる。
小学3年生に聞いても、どちらがいいか・・・みんなが理解していた。
漢字は同じでも、「楽しむ」=「楽をする」ではない

ドリブル
ゆっくりとしたドリブルで進み、1mグリッドへ進入
その中でフェイントを入れ、左右どちらかに「スライド」して抜ける。
そのままタテにスピードアップ、帰りはジグザグ=顔を上げてタッチ数を意識させた。

シュート
5mドリブルして、横に倒したコーン(2つ分)をかわしてシュート
コーンに向かってドリブルし、上記した「スライド」を意識してかわす。
かわした後はスピードアップ・・・先に行ったTRが繋がっている。

ミニゲーム(5対5)
全く見ていなかったが・・・
何人が、「スライド」を意識してプレーしていただろうか
何人が、「楽」をせずにプレーしていただろうか
終わった後は、みんな汗だくだったな

◆上級生
・ウォーミングアップ
・水上コーチ担当メニュー
・「課題と修正」
・ゲーム形式(8対8・GK含む)
・調整ランニング

細かいことは書けないが・・・
大切なのは、自分たちが成長するために、努力し続けること
大切なのは、相手を認め(リスペクト)、闘う準備をすること

勝てなかったら、その悔しさを忘れずに、また努力したらいい
結果が勝ちだったとしても、反省を忘れず、相手から学び、次の準備をしたらいい

その繰り返しが・・・君たちの明日を創る




22回目のリーガ制覇 - 2013.05.13 Mon


リーガ・エスパニョーラ 第35節
A・マドリード 1-2 FCバルセロナ

前日に行われた試合で、2位のR・マドリードが引き分けたため
試合前にはすでに、バルサの「22回目のリーガ制覇」が決まっていた。
3人目の交代を使った後で、メッシが筋肉系の違和感を訴えて退場
後半のラスト約25分を10人で闘ったわけだが
それでも、リーガ3位のA・マドリードに勝利は渡さなかった。




若い時の苦労は買ってでもしろ - 2013.05.13 Mon


先週、テニスのマドリード・オープン
元世界王者のフェデラーを、初めて破った錦織圭(23)
13歳で、たった一人で、アメリカに渡った錦織(現在の息子と同じ年である)
留学当初は、ライバルたちの嫌がらせが酷く
英語で言い返すことが出来ずに、泣き寝入りする日々が続いたそうだ・・・。
何処にでもある話・・・困難に屈することのない強さが必要である。

『道がふたつあるときは困難で厳しい道を選べ』

親元から離れるまで、もう2年もない【息子】には・・・そう伝えてある

「若い時の苦労は買ってでもしろ」・・・そういうことである




高円宮杯U-18「プレミアリーグ」 第6節の結果 - 2013.05.12 Sun


高円宮杯U-18「プレミアリーグ」

第6節の結果(左側がホーム)

◆EAST
青森山田高校 1-1 JFAアカデミー
鹿島アントラーズ 3-1 静岡学園高校
清水エスパルス 5-0 桐光学園高校
流経大付柏高校 1-0 三菱養和SC
東京ヴェルディ 0-1 コンサドーレ札幌

◆WEST
アビスパ福岡 1-2 セレッソ大阪
名古屋グランパス 4-3 東福岡高校
ガンバ大阪 0-2 サンフレッチェ広島
ヴィッセル神戸 3-2 京都サンガ
大津高校 0-2 富山第一高校

第6節終了時点での順位

◆EAST
1位 流通経済大学付属柏高校(千葉) 勝ち点15
2位 コンサドーレ札幌U-18(北海道) 勝ち点15
3位 三菱養和SCユース(東京) 勝ち点9
4位 東京ヴェルディユース(東京) 勝ち点8
5位 青森山田高校(青森) 勝ち点8
6位 鹿島アントラーズユース(茨城) 勝ち点7
7位 JFAアカデミー福島(福島) 勝ち点7
8位 静岡学園高校(静岡) 勝ち点7
9位 清水エスパルスユース(静岡) 勝ち点6
10位 桐光学園高校(神奈川) 勝ち点2

◆WEST
1位 サンフレッチェ広島F.Cユース(広島) 勝ち点16
2位 ガンバ大阪ユース(大阪) 勝ち点10
3位 名古屋グランパスU18(愛知) 勝ち点10
4位 京都サンガF.C.U-18(京都) 勝ち点10
5位 ヴィッセル神戸U-18(兵庫) 勝ち点10
6位 セレッソ大阪U-18(大阪) 勝ち点9
7位 東福岡高校(福岡) 勝ち点6
8位 富山第一高校(富山) 勝ち点6
9位 アビスパ福岡U-18(福岡) 勝ち点5
10位 大津高校(熊本) 勝ち点3

一昨年度は5人のトップ昇格(プロ契約)を擁する、EAST優勝のコンサドーレを3-1で撃破
昨年度は6人のトップ昇格(プロ契約)を擁する、EAST優勝のヴェルディを4-1で一蹴
大会3連覇中のユース年代最強チーム「サンフレッチェ広島F.Cユース」
2位のガンバ大阪ユースを2-0で退け、大会4連覇へその歩みを進めた




北信越リーグ 第5節の結果 - 2013.05.12 Sun


高円宮杯U-15地域リーグ

◆北信越リーグ 第5節の結果(左側がホーム)

FC五十嵐JY 1-2 カターレ富山

M.A.C SALTO 0-3 長岡JYFC

FC.ASA FUTURO 0-6 アルビレックス新潟

ヘミニス金沢FC 0-4 FC.ひがし

星稜中学校 3-1 敦賀FCジュニアユース

◆第4節終了時点での順位(暫定)

1位 アルビレックス新潟 勝ち点12(4勝)※1試合未消化
2位 カターレ富山 勝ち点11(3勝2分)
3位 星稜中学校 勝ち点10(3勝1分1敗)
4位 FC五十嵐JY 勝ち点9(3勝1敗)※1試合未消化
5位 敦賀FCジュニアユース 勝ち点7(2勝1分2敗)
6位 ヘミニス金沢FC 勝ち点6(2勝3敗)
7位 FC.ASA FUTURO 勝ち点6(2勝3敗)
8位 FC.ひがし 勝ち点3(1勝4敗)
9位 長岡JYFC 勝ち点3(1勝4敗)
10位 M.A.C SALTO 勝ち点3(1勝4敗)




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

N-style

Author:N-style
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4824)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR