FC2ブログ
topimage

2014-05

時間 - 2014.05.31 Sat


【Aquellos que desafian a XAVI】

夕方、芸術村へ到着すると・・・
シュンペイ、リオ、レン、ケンゴ、トモキ・・・ヘミニス金沢FC16期生がいた

少し話して・・・ああ、成長したな・・・そう感じた

【息子】の同期、もう2年を共に過ごしてきた仲間たち
ストイックに毎日を過ごしてきたから、彼らとはチーム外で交わることがほとんどなかった
もう少し時間があっても良かったかな・・・父親として・・・そう思った

みんな悔いの無いように、毎日を全力で

出会ったばかりのように感じるが・・・共に過ごせる時間は・・・もう長くない

【彼】は今日も全力、小学4年生と行う基礎TRでも全力

アカデミーのメンバーとの時間も・・・もう長くはない

20140115sn1610.jpg




無限 - 2014.05.31 Sat


『N-style金沢 Soccer Academy』

U-10カテゴリー

トレーニング
◆ウォーミングアップ
・リフティング(ウォーキング)
・ブラジル体操
◆5人1組
・1タッチパスコントロール
・トラップ&パスコントロール
・ターン&パスコントロール
◆ドリブル
・ターン(5種目)
・ジグドリ(マーカー)
・エスポルチ(コーン)
◆キック
・フリーキック
◆クールダウン
・リフティング(ウォーキング)

5人1組
正方形に配置し、パスした相手に「パス&ゴー」でアプローチする(寄せる)
プレッシャーの中で「止める、蹴る」を正確に素早い動作で行う※1タッチパスもある
トラップで体の向きを変える、トラップでボールを隠す、、、、など
10種類ほどのメニューを、左右同じようにTRした
このTRは、人数を変えることで「プレーする角度」が変わる・・・身に付く技術も無限である

ターン(5種目)
以前紹介した「7色のターン」=オリジナルTR、この日は5種目
・120度の角度、左右両方
・ボールを持つ足を変える(DFから隠す)
個人でも出来るTRであり、効率の良いTR・・・「しなやかさ」を意識しよう

エスポルチ(コーン)
テクニックとイメージを繋げるTR
ある程度の技術がないと・・・あまり面白さを感じない

フリーキック
障害物有りのコーン当て、遊び

今日は難しい日だった
片方の小学校は運動会、もう片方の小学校は提灯行列(他の学校もいるけどね)
時間差で集めるメンバーに対し、いかにして基礎TRを行うか・・・
ずっと参加しているメンバーには申し訳ないが・・・同じことを2度行った
決して軽くはないメニュー、中3の【彼】でさえ楽ではなかったはず・・・
フウキ、アオイ、そして・・・コウキ、よく頑張ったな




他人(ひと)に優しく、自分に厳しく - 2014.05.31 Sat


『N-style金沢 Soccer Academy』

昨日はゲストが登場
2013122719180000.jpg
左側=YACVE’さん
最初から子供たちと同じフルメニューを熟す・・・「フットボールへの愛情」に脱帽
昨日のメニューは軽めだけど・・・フルでやると・・・相当キツイ
ウチのTRはハードだからね・・・要求も高いし(笑)
子供たちも喜んでた・・・Muchas gracias

昨日のTR(グランド)

◆全学年合同
・リフティング
・ボールコントロール
・ゲーム形式
・ストリート(カテゴリー1)
・1対1(カテゴリー1)

ボールコントロール
・クーバー方式
・ジンガ(6種目)
ヒールリフトから始め(富沢スクールでもやってたしね・・・影響されてw)
リフト→シャペウorたたき→上半身で1タッチ→クッションorウェッジまで繋げた

ゲーム形式(カテゴリー別)
①8対8、4人組×4色ビブス、コーンゴール×各4本
・フリー(制限なし)
・同色ビブスへのパス禁止
・同色ビブスへのパス禁止、U-2タッチ(カテゴリー2は別ルール)
②8対8、ミニゴール
この2種類のゲームを見て・・・頭の中が成長していないと感じた
この3週間やってきたことのほとんどは、頭の中に残っていなかった(残念

ストリート(カテゴリー1)
9対9、50×30mグリッド、6年生vsその他(4・5年生、大人)
GKを入れないことで、カバーリングのポジションなどに変化がある(ないと・・・おかしい)
1人が1人についているとゴールが空いてしまう
そこから「複数を見る」ということを意識してほしかったが・・・まだまだ自分たちでそこまでいけない
本来、ストリートなるものは・・・指導者がいないゲームである
「自分たちで」何から何までやれないといけない
対戦相手に気を使わせ、元気づけられているようでは・・・ね
もっと逞しくなってさ、一日も早く自立してくれよ・・・そろそろ本気でやらせてくれよ

1対1(カテゴリー1)
正規ゴール使用、斜め45度から
はがす!! はがされない!!
ゴール前の攻防が、サッカーの大きな魅力のひとつである



ここでひとつ

あえて、分かっていたけど・・・その場では言わなかったこと
心が幼いから仕方ないんだけどさ・・・何でも他人のせいにするヤツ・・・残念でならない
他人つっても仲間なんだけどな・・・見下してばかり・・・王様かってーの
まぁ、そんなヤツに限って・・・上のカテゴリーに入れてみると・・・黙って、足引っ張って、、、、終わり
がむしゃらに頑張るとか、チームのために頑張るとか、、、、何も出来ない
自由奔放なのはいい、無邪気なのも魅力だ、でもな・・・でも・・・違うだろ
何度も伝えている・・・そろそろ気付いてくれないかな
技術的な部分でもそう・・・素直に聞けないから成長していない
持って生まれた能力は素晴らしい・・・本当に素晴らしいんだ・・・でもな・・・違うんだよ
どこかで変わらないとな・・・才能だけでやっていけるほど・・・サッカーは甘くない

変わるキッカケ・・・自分に目を向けること

自分の出来ないことを理解して、自覚して自分と向き合うこと

そうすれば他人の良い所が見えてくるはずだ

他人の良い部分を見る、自分に足りない部分を知る、、、、

これが理解できれば・・・君は大きく成長できると断言できる




原点回帰 - 2014.05.30 Fri


『N-style金沢 Soccer Academy』

月曜日が雨で、水曜日が学校行事で、グランドが使えなかったので・・・久しぶりのアカデミーTR

基礎、基礎、基礎、、、、う~~ん・・・オレ的に・・・マンネリやな~

基礎は基礎でも・・・今日はドリブルにしよう

遊びでいい、遊び心がないといけない、、、、そんな日にしよう

暑いしな・・・頭から水を浴びて・・・

メニューも書いとくわ(笑)

アップ、遊び心のあるゲーム形式、そして・・・ストリート

原点回帰、今日は・・・サッカーの楽しさを伝えたい

・・・なんつって(笑) オレが楽しみたいだけ・・・それだけだwww




奇跡を起こせ!!! - 2014.05.29 Thu


見える才能

足が速い・・・見れば誰にだってわかる
背が高い・・・見れば誰にだってわかる
運動神経がいい、教えればすぐに理解できる、難しい技術も簡単にこなす、、、、
持って生まれたサッカーセンスに恵まれている・・・どんな指導者にだってわかる
見える才能は、表舞台で光を浴びて進むことだろう
それはそれでいい・・・素晴らしいことだから、自信を持って進んだらいい
ただ・・・気を付けろ
自らが放つ光よりも輝く舞台の上では・・・役に立たないこともある

見えない才能

どんな指導者にも見えない・・・そんな才能がある
見付けられなかった才能は、陽の当たらない暗闇を進むことになるのだが
困難の中でこそ、苦難の中でこそ、、、、暗闇の中だからこそ、微かな光が見えるはずだ
見付けだすのは日々の努力・・・日常、そして・・・志
見付けだすのは・・・諦めない心を持つ自分自身に他ならない
見えない才能は可能性でもある
可能性があるというだけでは何も起こらない
自分自身のチカラで、奇跡を起こすところまで引き上げるんだ

日本代表

多くのサッカー少年の夢
いまそこに立っている選手たちは、ずっと表舞台を歩いてきたのだろうか
インテル、マンチェスター・U、ACミラン、、、、
彼らが小中学生のときに、現在の彼らを想像出来た指導者はいただろうか
キプロス戦・・・ネットで、マスコミで、批判されることの方が多い
どんなに批判したところで、W杯の結果は誰にも分からないのだが・・・これだけは言える
あれだけ高い位置でSB(サイドバック)が闘えるサッカーが、これまでの日本にあっただろうか
負けないことだけに必死だった頃に比べれば、より大きな可能性があることは間違いない
何となく勝てればいいのではなく、日本はこうやって勝つんだ・・・そういう意志は見えた

誰もが何らかのキッカケで覚醒する可能性を秘めている

大切なのは、成し遂げようとする志・・・意志である
目の前の結果、勝つことだけ、、、、それしか見えないのが多すぎる
見えない才能=可能性は・・・軽く見られ、簡単に踏みにじられる
目の前しか見てないから分からないのだろうが、そういう中でしか見えない微かな光は存在する
その微かな光を信じて、自分の可能性を信じて、いま日本代表として立っている者もいる

これこそが・・・日本代表が持つ、最も大きな可能性である

日本代表の選手たちが、ジュニア時代からのエリートだけだとしたら・・・W杯など、夢のまた夢である

自分自身、自分の可能性を信じていなければ奇跡は起こらない

このブログを読んでいる全ての人たちへ・・・奇跡を起こせ!!!




親は手伝ってはやれない - 2014.05.28 Wed


【Aquellos que desafian a XAVI】

【息子】の通う中学校は「土曜日授業実践モデル校」に選ばれたとか・・・
今週は土曜日に中間テスト・・・てなわけで、週末のリーグ戦には出場できず(残念
金曜・土曜のテストに向けて、昨日から全てのTRを休んでいる

今日は気晴らしと体調管理のため、30分程度だが体を動かしに芸術村へ
先にシオンとリクが自主TRしていて、後からユウダイとイブキが現れた
明後日のアカデミーTRで行う予定の「4人1組」を簡単に説明し実践・・・手応えアリ

【彼】は・・・リフティングでウォーミングアップ
・1タッチパスコントロール
・トラップ&パスコントロール
・ターン&パスコントロール
特に「斜め後ろから来るボールのコントロール」に重点を置いたTR
最後は・・・フラフープで終了(笑)

テスト勉強でサッカーのTRを休む・・・情けないといえばそれまでだが
今回のテストに関しては、【彼なり】にしっかりと準備してきた
それでも万全を期す・・・努力を無駄にしないためにも・・・ということだ

何のために努力してきたか

これは・・・中間テストで良い点数を取るための、勉強における努力の話ではない
これまでずっと積み上げてきたこと・・・サッカーにおける努力の継続は何のためか・・・そういうことだ

こんな風に書いていると、自分がこうしなさいと押し付けているように感じるかもしれないが(笑)
※書き方・・・ニュアンスの問題だな

全ての決断は【彼自身】であり・・・その決断は、自分を納得させるだけのものである

これから先・・・どんな困難であれ、全て自分で解決しなければならない

夢の扉は・・・【挑戦するに値する者】でしか開けられないのだから・・・

親は手伝ってはやれない・・・寂しい気もするが・・・そうでないといけない

2013122813340000sn.jpg




16期生の挑戦 - 2014.05.27 Tue


ヨーロッパのシーズンが終わるとともに
日本の小学生・中学生・高校生は、熱い季節を迎える
全国各地で夏の全国大会の予選が始まっている

クラブユースサッカー選手権 石川県大会

予選1次リーグ 6/7(土) 小松ドームG(天然芝)

11:00 ヘミニス金沢FC vs テイヘンズ

15:30 ヘミニス金沢FC vs サンコリナス

予選1次リーグ 6/8(日) 和倉温泉多目的G(人工芝)

9:30 ヘミニス金沢FC vs 金沢サッカークラブ

1位は2次リーグへ進出
2位の場合、各リーグ2位の4チームの中の上位2チームが2次リーグへ進出
2次リーグ(5チーム×2リーグの10チーム)の上位2チームずつが準決勝へ進出
3位までが北信越大会へ進出、北信越大会の上位4チームが全国大会に出場

1期生~8期生までの8連覇を含む11度の石川県大会優勝
1期生~15期生まで15年連続での北信越大会出場、うち8度の全国大会出場

輝かしい歴史へ、16期生の挑戦

スタンドを黄色く染めて、応援よろしくお願いします




止める、蹴る、動く - 2014.05.26 Mon


『N-style金沢 Soccer Academy』

U-12カテゴリー

トレーニング
◆ウォーミングアップ
・リフティング(ウォーキング、基本5種目、前後)
◆3人1組
・1タッチパスコントロール
・トラップ&パスコントロール
・ターン&パスコントロール
・リフティング(部位指定、2タッチ)
◆ポゼッション
・4対4+2×2サーバー
◆ゲーム形式
・7対7
◆クールダウン
・ジョグ

3人1組
あらゆる動作での1タッチコントロールを磨くTR
この日はパスコントロールで8種目、リフティングで3種目を行った
今後も種目を増やし続けていく、次回は1タッチパスコントロールを2種目増やす予定

4対4+2×2サーバー
・状況判断
・ポジショニングの修正
・攻守におけるトランジション
・状況にあったファーストコントロール
・パス&ムーヴ

参加を許した4年生3名(カリュウ、ダイキ、リク)を見ればわかる

止める、蹴る、動く、動作がしっかりしていれば上の年代とも十分やれる

5~6年生にとっても同じ、次のJrユース年代に欠かせない基礎TRばかりだ




人間は何かへの依存をやめた時に強くなる - 2014.05.25 Sun


『N-style金沢 Soccer Academy』

U-10カテゴリー

トレーニング(午前中)
◆ウォーミングアップ
・リフティング(ウォーキング)
・ブラジル体操
◆コーディネーション
・サッカーテニス(ダブルス)
◆ポゼッション
・5対3
・3対3+2×2サーバー
◆クールダウン
・リフティング(基本5種目のジグザグウォーキング)

サッカーテニス(ダブルス)
遊び心のあるTRだが、色々と学べるTRでもある
ただの遊びだった者、遊びの中で学んだ者・・・その差は大きい

5対3
ようやくボールが走るようになってきた
・受ける準備、足元に止めてから考える時間はない
・パス&ムーヴ、次のギャップやスペースを探そう
・ファーストコントロール、トラップの置き場所が重要=いつでもパスを出せるポイント
・スクリーン&ターン、プレッシャーがかかってもボールを大切にしながら状況を打開する

3対3+2×2サーバー
GEMINIS方式、サーバーにパスが通れば1点
サーバーはパスを受けたらプレーヤーになる(パスした者がサーバーになる)
ラインではなく4つ角のスペース(マス)にサーバーを配置
同じマスのサーバーは相手がボールに触るまで使えない
5対3のポゼッションに「方向性」を持たせたTRであり、状況判断(賢さ)が要求される

◆トレーニングマッチ(夕方)
北陸大学FP(人工芝) 晴れ 15分ハーフ

U-10 7-0 ツエーゲン
得点 カリュウ×4、コウスケ、ハル、フウキ

U-10 8-1 北大ボーイズ
得点 ハル×2、タクミ×2、カリュウ、ユウダイ×2、リク

U-10 3-0 ツエーゲン
得点 ユウダイ、ハル×2

「北大ボーイズ」さん、「ツエーゲン」さん、有難うございました

ここ2週間取り組んできた課題、それぞれが何とかしようとする姿を見せてくれた
状況判断、ファーストコントロール、かけひき、ボールの受け方、体の向き、、、、
個の部分での成長が見えたと同時に、コレクティブな崩しとディフェンスも進歩した
より速い、より強い、、、、そういった相手に対しても、やることは変わらない
どんな相手でも同じ様に出来る・・・理想をイメージして、プレーの質を高めていこう

誰にだって・・・良い時があれば、そうでない時もある

良い時ばかりなら苦労はしない

苦労しなければ、大切なモノは手に入らない

自分が出来ること、自分が出来ないこと、まずは理解することが重要

出来ないことを出来るようにする、出来ることを増やしていく、、、、それが成長するということ

そして・・・最後に伝えたいことは・・・人間は何かへの依存をやめた時に強くなる




二重の虹 - 2014.05.25 Sun


【Aquellos que desafian a XAVI】

日付変わって、昨日はリーグ戦

先週の反省を活かすチャンスを貰い、ある程度改善できたことは収穫

ここから1ヶ月、【彼】は走ることになる

これまでに経験したことのない、圧倒的な量の走り込み

夏に向けて、次の年代に向けて、、、、大きく変わるために

未来は輝いているかのように・・・太陽には、二重の虹がかかっていた

2014052412590000.jpg




基礎がなければ・・・夢には届かない - 2014.05.25 Sun


『N-style金沢 Soccer Academy』

U-10カテゴリー

トレーニング
◆ウォーミングアップ
・リフティング(ウォーキング)
・ブラジル体操
◆ボールコントロール
・リフティング(基本5種目)
・ジンガ、ヒールリフト、他
◆3人1組
・1タッチパスコントロール
・トラップ&パスコントロール
・ターン&パスコントロール
◆ゲーム形式
・2対2
・6対6
◆クールダウン
・リフティング(ウォーキング)

3人1組
毎回メニューを増やしながら、あらゆる状況でのトラップをTR
「ボールの置き場所」=いつでもパスを出せるポイントに置くこと
ボールや人の動きに連動した「ポジショニングの修正」を意識して
周りを見る、コミュニケーションをとる、、、、忘れずに

2対2
ミニゴール使用
・チャレンジ&カバー
・トランジション
・パス&ムーヴ

6対6
ミニゴール使用
・チャレンジ&カバー
・スクリーン&ターン
・トランジション
・パス&ムーヴ
・ギャップで受ける
・かけひき、相手をだます、フェイント

リフティング・・・酷かった・・・努力が見えない

TRの意図する部分・・・言われたことは意識してTRしないと成長しない

素直な心で聞く耳を持とう

いまは出来るように見えても、いまは優れているように見えても、、、、これから先がずっと同じではない

やりたいようにやっているだけでは・・・先は見えている

基礎がなければ・・・夢には届かない




1秒を獲得する - 2014.05.23 Fri


『N-style金沢 Soccer Academy』

本日のTR(グランド)

◆カテゴリー2
・リフティング
・ボールコントロール
・3人1組
・1対1

ボールコントロール
クーバー方式、「スクリーン&ターン」をテーマにして
・アウトインターン
・クライフターン
・ステップオーバーターン
これらを「1・2・3」のタイミングではなく、「1・2」のタイミングで行う
試合の中での「1秒を獲得する」ためには、しなやかで速い動作が必要になる
自分のどちら側に相手がいるのかを意識して、左右どちらでも出来るように(重要)
その他、細かいタッチで「ボールの置き場所」に拘り
出来るだけ「ボールを見ない」でコントロールする意識を持つ

3人1組
・1タッチパスコントロール
・トラップ&パスコントロール
小3でも中3でも同じ、基礎がなければ将来もない

1対1
正規ゴール使用、斜め45度から、DFを背負った状態でパスを受けてからスタート
ボールの受け方はあえてシンプルにして、インターセプトもなくした
あくまで「スクリーン&ターン」=ボールを守りながらDFのスキを突くことを意識させた

冬場の体育館でやっていた「スクリーン」、最近のゲームで意識が低い
今日はその部分の改善を促した・・・が、実際には「逆を突く」ことも重要
スクリーンばかりになっても面白くないので、バランスを考えて説明した

◆カテゴリー1
・リフティング
・ボールコントロール
・3人1組
以上、カテゴリー2と合同
・パスコントロール
・ゲーム形式

リフティング(2人1組)
タッチ制限、横向きで歩きながら、、、、など、色々なメニューを行った
1人では簡単でも、複数になると難しくなる・・・この技術が試合に通じている

リフティングやボールコントロール、3人1組のパスTRなど、中学生も同じメニューを熟す
何故か・・・中学生にとっても大切なTRだから、もうひとつは「良いお手本」になるから・・・である
逆に言えば・・・見せれないレベルではいけない・・・そんな緊張感を持って取り組んでもらいたい

パスコントロール
サークルパスTR(オリジナル版)、6人1組、6色ビブス
・サークル内のプレーヤーが2タッチ
・サークル内のプレーヤーが1タッチ
大切なこと
・いつ見るか、どのタイミングで見ておくか
・動いている選手に対して、どのようにコントロールすればパスを送る体制を創りやすいか
・次のギャップで合わせるか、次の次のギャップで合わせるか(パスのタイミングとスピード)

ゲーム形式(カリュウ、ダイキ、ハル、の4年生3名参加)
9対9+GK、50m×30mのピッチ
プレッシャーのかかる状況で
・どこにボールを置くか=いつでもパスを出せる(複数の選択肢を持つ、変化への対応)
・ボールを動かしながら考える
・ボールを守る=スクリーンプレー
・コレクティブにボールを奪う=インターセプトを狙える状況を創りだす

今日のTRが「いい感じ」だった者は、明日が試合だとして・・・きっと良いプレーが出来る

そのためのコンディション作りのひとつとして、「クールダウン」はしっかりやろう

今日が良かったのに明日がダメ・・・では、もったいない

しっかり食べて栄養補給、しっかり休んで疲労回復

サッカー選手として、最も大切なことである




富沢スクール 再び - 2014.05.22 Thu


『N-style金沢 Soccer Academy』

昨日は学校行事でグランドが使用出来ず・・・トレーニングは休み

自分がヘミニス金沢FCの役員会に出席しているころ

4~5年生が「富沢スクール」にオジャマしました

その模様はコチラで 音地の写メブロ クリック

20140521tomizawass.jpg

楽しそうで何より

今後とも、宜しくお願いします




バルサのニュース - 2014.05.21 Wed


FCバルセロナ

◆レオ・メッシ
 契約の見直しで合意

◆マルク-アンドレ・テン・シュテーゲン
 ドイツ代表の22歳、ボルシア・メンへングラートバッハ出身のGKと契約合意

◆ホセ・マヌエル・ピント
 6年間バルサのユニフォームを着ていたGKが退団

◆ジェラルド・デウロフェウ
 マシア出身の20歳、レンタル先のエバートン(イングランド)からバルサへ復帰

◆ラフィーニャ・アルカンタラ
 マシア出身の19歳、レンタル先のセルタからバルサへ復帰
 スペイン代表チアゴ・アルカンタラの弟、父親は元ブラジル代表のマジーニョ

◆ルイス・エンリケ
 来季のバルサ監督に就任
 バルサでキャプテンを務めてから監督に就任したのは8人目

◆ジェラルド・ピケ
 2019年まで契約を更新することで合意

◆来季の新ユニフォームを発表




猛省 - 2014.05.20 Tue


先日行われた「U-10カテゴリー」の試合を観た

闘えないヤツ多過ぎ・・・こんなんやったら・・・試合しても意味ないやろ
相手の方が学年が上?・・・そんなの最初から分かってることじゃないのか?
体も大きく足も速いと想定して、どう闘うかを考えるんじゃないのか?
相手より走れないヤツが1人でもいたら・・・邪魔でしかない
周りは見てねーし、相手のほとんどはフリーだし、、、、
ビックリするのは・・・靴紐結んでて、平気で目の前でやられてる・・・こんなのはもう使わない

ボールってのは、どうやって守ったらいい?
スクリーンって言葉、知ってるだけで意味があるんか?
ボールが外に出る度に下を向いてる・・・そんなヤツばっかり・・・次の準備はいつやるんだよ
トランジションって言葉、知ってるだけじゃ何も起こらねーだろ

何より・・・こんな風に育ててしまった自分に、猛烈に腹が立つ




ちょっと・・・いい話 - 2014.05.20 Tue


ちょっといい話

この季節、アカデミーには毎回のように体験参加の子供たちがいる
昨日初めて参加した子、当たり前だが・・・緊張していた
誰でもそう、初めての場所、知らない人の集まりの中に1人、、、、最初の関門だ
そんなときに、助けてくれる人がいるかどうかで・・・人生が変わることだってある

体験参加した子のお母さんからのメール
たくさん話しかけてくれた同じ年の子がいて・・・
不安と緊張、そこに手を差し伸べることが当たり前に出来る・・・嬉しかった
この彼にまつわる「いい話」は、これだけでなく・・・後から後から聞こえてくる
大人の前だけ、大人の顔色を伺って、そういう子供が多い中で・・・

この彼には大きな試練があった

ヒザが悪い時期が続き、内視鏡の手術を経験している
今でこそ当たり前にサッカーをしているように見えるが、実はまだ痛みと闘っている
この経験が彼を成長させていることもまた事実であるが、他人が言うほど生易しいことではない

この彼は真っ直ぐに見る

自分は「目を見ればわかる」というほどのものは持っていない
だが・・・この彼の目は真っ直ぐで・・・ぶれることのない強さを感じる

まだ小学5年生

どこまで昇って行くのか・・・




ギッグス 引退 - 2014.05.20 Tue


日本代表「香川真司」が所属する「マンチェスター・ユナイテッド」

昨季はデビッド・モイーズを監督に迎えるも残念な結果に終わる
4年契約だったが1年も経たずに解任、後任が注目されていた
発表されたのは、現オランダ代表監督「ルイス・ファン・ハール」

以前にバルサを率いていたときは・・・最悪だった思い出しかないなw

このニュースに付属して発表されたのが(自分はこっちがメインだと思うが)
選手兼コーチだったレジェンド「ライアン・ギッグス」が引退しアシスタントコーチに就任
現在40歳、プロ生活24年のキャリアは全て「マンチェスター・ユナイテッド」
「アレックス・ファーガソン」前監督とともに、チームに数々のタイトルをもたらした伝説的な名選手

ユナイテッドは今季の失敗を経験して、次の監督候補を育てることを始めた

バルサは今季の経験を活かせるか




ボールを動かしながら考える - 2014.05.19 Mon


『N-style金沢 Soccer Academy』

本日のTR(グランド)

◆カテゴリー2
・リフティング
・ボールコントロール
・ミニゲーム

リフティング
・ウォーキング
・基本5種目、肩、かかと
・キャッチ(基本10種目)
上達している者とそうでない者と、その差がハッキリしている
各自の努力=自主TRが必要と思われる

ボールコントロール
「ボールをほとんど見ずにコントロール出来る感覚を養う」・・・をテーマに行った

ミニゲーム
4対4、5チームで2コート使用、勝ち残り方式

◆カテゴリー1
・リフティング
・水上コーチ担当メニュー
・ゲーム形式
・1対1

ゲーム形式(カリュウ、ダイキ、ハル、の4年生3名が参加)
9対9+GK、50×30mのピッチ
通常の1/4の大きさのコートでのゲーム
当然プレッシャーは厳しくなるが、その中でどうゲームを構築していくか
・より高い位置でポゼッションする
・意図的にリズムを創るための方法
・どこに、どのタイミングで、どう差し込むか
難しい部分もあるが、いつも考えることが重要・・・次の年代に繋がっている
中学生チームの右SBでプレーしたカリュウ(4年生)・・・圧巻のプレーだった

ボールを動かしながら考える・・・これが出来るか出来ないか・・・その差は大きいと改めて感じた




ストリートの質を上げろ - 2014.05.18 Sun


『N-style金沢 Soccer Academy』

U-10カテゴリー

◆トレーニングマッチ
北陸大学FP(人工芝) 晴れ 15分ハーフ

U-10 0-1 北大ボーイズU-10

U-10 0-0 北大ボーイズU-10

U-10 3-1 北大ボーイズU-11
得点 タクミ×2、イブキ

U-10 1-7 和気U-11
得点 カリュウ

「北大ボーイズ」さん、「和気FC」さん、有難うございました

夕方よりトレーニング
◆ウォーミングアップ
・リフティング(ウォーキング)
・ブラジル体操
◆リフティング
・インステップ以外の基本4種目
◆3人1組
・1タッチパスコントロール
・トラップ&パスコントロール
・リフティング
◆ゲーム形式
・ストリート
◆クールダウン
・リフティング(ウォーキング)

ストリート
4年生=5対5→5対6
5年生以上(アオイ含む)=6対6
ストリート・・・それは・・・テクがなければ通用しない、ガチなディフェンスも必須
何より・・・熱い気持ちがなければ、そこに居ることすら許されない・・・大袈裟でなく、そんな世界だ

まだまだ…質が低い




ここに集う - 2014.05.18 Sun


毎年恒例

2014051809280000.jpg

全日本少年サッカー大会石川県大会 in 能登島

アカデミーに所属するメンバーの闘いを応援に

勝った者、負けた者、、、、全てが良い経験であることが大切

今日の現実を受け入れ、明日を全力で闘うための準備をする

そして夕方

2014051818210000.jpg

各学年、各試合会場、それぞれが今日一日を精一杯闘ってきて・・・ここに集う

最後はコレ・・・どんなトレーニングよりも

divertir-se




アトレチコ、18年ぶり10回目の優勝 - 2014.05.18 Sun


アトレチコ・マドリード 18年ぶり10回目の優勝

決勝戦となったリーガ最終節、素晴らしい闘いだった

優勝に相応しいのはアトレチコ・・・疑いの余地はない

無冠に終わったバルサ、タタ・マルティーノ監督は辞任を表明

優秀な監督だったが、バルサでは活躍の場がなかった

今シーズン、バルサはそのスタイルを失った

魅力は失われ、メッシの移籍も報道された

メッシの契約解除には膨大な違約金(300億円以上)が発生するので・・・現実的ではないが

そんな中で、ここまでの闘いが出来たのは・・・「アレクシス・サンチェス」の活躍に他ならない

最終節のゴール、あの角度に蹴り込める技術とメンタルタフネス

チームへの貢献度を考えると、今シーズンのチーム内MVPは間違いない

こういった選手に対して、良い契約を結べないようでは・・・チームは衰退していくだろう

監督も選手も名前だけでは通用しない

ここが現代サッカーの世界最高峰なのだから

来季はそれぞれの輝きと、そのスタイルを取り戻してもらいたい




最終節 - 2014.05.18 Sun


FCバルセロナ

リーガ・エスパニョーラ 最終節

FCバルセロナ vs アトレチコ・マドリード

もうすぐキックオフ 勝った方が優勝




大切な経験 - 2014.05.18 Sun


【Aquellos que desafian a XAVI】

日付変わって昨日、セカンドリーグだった・・・・・・ヒドイ出来だった

技術的な課題、そして・・・メンタル的な課題

いくつもの課題が見えたこと・・・それだけが収穫か

午後からは自主TR&U-10カテゴリーのTRに参加

明日(今日)は富山にてトレーニングマッチ

気持ちを切り替えて課題にチャレンジする・・・これも大切な経験である

20140103sousi10sousuke11.jpg




試合で発揮するために - 2014.05.18 Sun


『N-style金沢 Soccer Academy』

U-10カテゴリー

◆ウォーミングアップ
・リフティング(ウォーキング)
・ブラジル体操
◆3人1組
・1タッチパスコントロール
・トラップ&パスコントロール
◆2人1組
・ターン&パスコントロール
◆リフティング
・インステップ以外の基本4種目
・2人1組
◆ゲーム形式
・6対6
◆クールダウン
・リフティング(ウォーキング)

3人1組
・1タッチパスコントロール(左右)
・トラップ&パスコントロール(2種目、左右)
どちらも「インサイドキック」でのパスコントロール
いつも通り、「踏み込み」や「ボールの置き場所」に拘ってのTRだが
きれいな三角形(正三角形)を保つために、「微妙なポジションの修正」を意識させた

2人1組
・ターン&パスコントロール(6種目)
「しなやかな動作の習得」を目指している
試合を意識させるために、どこにDFが居るかを想定して行った

基礎=基本的な技術のTRだが、試合を意識する(DFがいる)ことで身に付くモノが違う

身に付けた技術は、試合で発揮できないと・・・ね




基礎は徹底 - 2014.05.16 Fri


『N-style金沢 Soccer Academy』

本日のTR(グランド)

◆カテゴリー2
・リフティング
・ボールコントロール
・2人1組
・3人1組
・ゲーム形式

ボールコントロール
クーバー方式
ボールを隠すドリブル、ラ・ボバ、などを中心に「キックフェイント」をチェック
・大きな動作
・踏み込み
・ボールの置き場所
・体の向き
・目線
色んな要素があるが、どんな状況で使うか・・・ポイントはそこにある

2人1組
ヘディング、正面、半身(左右)
少しずつでいいから、確実に身に付けていこう

3人1組
インサイドキック、1タッチ、三角形
右回りは右足で、次の人と目を合わせておく

ゲーム形式(カリュウ、ダイキ、の2名はカテゴリー1)
8対8、4人組×4色ビブス、コーンゴール×4、ボール×3
①制限なし
②2タッチゲーム(園児と1年生はフリータッチ)
③同色ビブスへのパス禁止

とにかく基礎は徹底、細かい部分にまで拘ってやる
その分 ゲームは遊び心を持って取り組んでほしい

◆カテゴリー1
・リフティング
・ボールコントロール
以上、カテゴリー2と合同
・パスコントロール
・ゲーム形式

パスコントロール
バルサのシャビのTRをアレンジしたオリジナルTR
・状況判断=周りを見る=何を見る、いつ見る
・トラップの置き場所
・動きの中で動いている選手にパスを合わせる
※次のギャップで合わせる(次の次のギャップもあり)
昨日よりも質を高く意識を高く、動くスピードを速くして行った

ゲーム形式(2種目)
10対10、5人組×4色ビブス、コーンゴール×4、ボール×3
①フリー
②同色ビブスへのパス禁止
③Uー2タッチ
④同色ビブスへのパス禁止、リターンパス禁止

ゲーム形式(2種目)
8対8+GK、4色ビブス

ゲーム形式は狭いコートで行っている
プレッシャーを感じながら、確実なボールコントロールを身に付けてほしい




答えはピッチにある - 2014.05.16 Fri


昨季、高校年代最高峰の「高円宮杯プレミアリーグ」を制した流通経済大学付属柏高校
エリート集団=Jユースでなくても、このタイトルを獲得できると証明した本田裕一郎監督
今季のプレミアリーグ、4月29日の柏レイソルU-18との柏ダービー
1-0での勝利だったが、試合後半は劣勢で守備に追われる展開
ガス欠(スタミナ切れ)で明らかに変えた方がいい選手を変えない

限界を超えて走る・・・コイツらにはそういう経験がなかったから(本田監督)

レイソルの下平監督はこう話した
流経の10番(相澤)は相当なテクニシャンですけれど
あれだけの技術を持った選手が、本当にボロボロになるまで守備をしている
流経からは、そうした人間的な強さを感じた



鹿島アントラーズユース、今季から熊谷浩二コーチが監督に就任
そのスタイルは体育会系・・・挨拶などの徹底は、指導者の前だけでなく行き届いていると評判

ある選手はこう話す
去年までは練習でも、ケガするようなプレーはするな!・・・という感じだった
熊谷監督は、練習でも球際に行け!・・・と言ってくれる
去年より練習からピリピリしているし、走りの練習も増えてキツくなったけれど・・・こっちの方がいい



何が正しいか・・・一言では言えない

ドリブルがいいとも、パスがいいとも言えない

指導者に知識があるからいいとも、ないからダメだとも言えない

過去に実績があるからいいとも、ないからダメだとも言えない

ただ・・・答えはピッチにある




セレソン - 2014.05.15 Thu


優勝候補筆頭

セレソン(ブラジル代表) メンバー23名

GK

ジュリオ・セーザル(トロントFC/カナダ※アメリカMLS在籍)

ジェフェルソン(ボタフォゴ)

ヴィクトル(アトレチコ・ミネイロ)

DF

ダニエウ・アウヴェス(FCバルセロナ/スペイン)

マイコン(ASローマ/イタリア)

マルセロ(レアル・マドリード/スペイン)

マクスウェル(パリSG/フランス)

チアゴ・シウヴァ(パリSG/フランス)

ダヴィド・ルイス(チェルシー/イングランド)

ダンテ(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ)

エンリケ(ナポリ/イタリア)

MF

ルイス・グスタヴォ(ヴォルフスブルク/ドイツ)

エルナネス(インテル/イタリア)

パウリーニョ(トッテナム/イングランド)

ラミレス(チェルシー/イングランド)

オスカル(チェルシー/イングランド)

フェルナンジーニョ(マンチェスター・シティー/イングランド)

ウィリアン(チェルシー/イングランド)

FW

フッキ(ゼニト・サンクトペテルブルク/ロシア)

ネイマールJr(FCバルセロナ/スペイン)

フレッジ(フルミネンセ)

ジョー(アトレチコ・ミネイロ)

ベルナルジ(シャフタール・ドネツク/ウクライナ)




スタンドを黄色く染めて - 2014.05.15 Thu


第20回石川県クラブユース選手権大会

◆1次リーグの組み合わせ

Aリーグ(能登島)
リオグランジ、マイス、セブン能登、リオペードラ加賀

Bリーグ(6/7小松ドーム、6/8和倉)
金沢サッカー、サンコリナス、ヘミニス金沢FC、テイヘンズ

Cリーグ(能登島)
TON、泉クラブ、羽咋FC、FC湖北

Dリーグ(スカイパーク)
ブルーラグーン、FC小松、川北FC、デランテロ

エスポワール白山、パテオ、FCサザン、ツエーゲン津幡
新人大会のベスト4なので1次リーグは免除

◆ヘミニス金沢FCの予定

6/7(土) 小松ドーム(天然芝)
11:00~ vs テイヘンズ
15:30~ vs サンコリナス

6/8(日) 和倉温泉多目的(人工芝)
9:30~ vs 金沢サッカー

過去、15年(1期生が3年のときから)で11度の石川県大会優勝
15年連続での北信越大会出場、うち8度の全国大会出場
この歴史はプレッシャーでもあるだろうが、より大きなチカラになることだろう

スタンドを黄色く染めて・・・応援、宜しくお願いします




人間性 - 2014.05.15 Thu


それは「感謝。」というタイトルで綴られていた

ぜひ、ぜひ、どうか、読んでくれ

中村憲剛オフィシャルサイト ←クリック

まずは「人間性」である




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

N-style

Author:N-style
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4754)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR