FC2ブログ
topimage

2014-05

1対1の対応 - 2014.05.02 Fri


『N-style金沢 Soccer Academy』

本日のTR(グランド)

◆カテゴリー2
・リフティング
・ボールコントロール
・1対1
・ゲーム形式

リフティング
・基本5種目、肩、踵、カット
・キャッチ(基本10種目)

1対1(2種目)
テーマは「ディフェンス」、同時に「賢いオフェンス」も学べる
①ゴール使用、斜め45度、パス交換から
②コーンゴール×2、背負った状態から
最初の1対1(ゴール使用)はゴール前での攻防
・ディフェンスの距離
・ディフェンスの構え
・はがされない工夫
2番目の1対1は中盤でよくある状況での攻防
・どこでディフェンスすれば有利になるか(不利になるか)
・裏を取られずにインターセプトを狙うには
逆を考えれば、おのずとオフェンス(攻撃側)の答えは見付かる

ゲーム形式
8対8

トラップを弾ませてしまい、ただ蹴ってしまう
周りを見ずに(状況判断せずに)、なんとなくでプレーする
・・・これだけやってきて・・・こんなプレーはみたくなかった
明日の最初の試合のスタメンを考えて組んだが・・・変えるしかない
トラップが浮いてしまったところで、修正すればいいのではないか?
周りを見ずに、状況判断せずに、どうやってサッカーする?

ある選手の評価が下がる=他の選手のチャンスが増える・・・チームとしては、何の問題もない

さ、明日の試合でチャンスを活かせるか・・・楽しみである

◆カテゴリー1
・リフティング
・ボールコントロール
以上、カテゴリー2と合同
・1対1
・2人1組
・ゲーム形式

1対1(2種目)
メニューはカテゴリー2と同様、順番を逆にして行った

2人1組(リフティング)
・フリー
・タッチ制限
・部位指定
・タッチ制限&部位指定

明日は・・・遠征やら、試合やら、、、、で、軽めの調整

とりあえず・・・1対1の対応など、少し頭に残ってくれればいい

どんなチームでも、どんな戦術であっても、、、、少しは役に立つだろ・・・と、思う




No,14 - 2014.05.02 Fri


以前にもこのブログで紹介したが

2013112421310000.jpg

この白ユニの右側はお馴染み「田村龍太郎」、そしてNo,19が「中村友亮」

龍太郎も小さいが(160cmない)・・・彼はもっと小さい
現在、AFCアジアフットサル選手権で大会2連覇を目指す
「フットサル日本代表」のNo,3がこの「中村友亮」

日本 12-0 韓国

この試合で見事ハットトリックを達成した彼は・・・153cmである
「静岡学園高校」からJリーグ「ヴィッセル神戸」へ
153cmのプロサッカー選手が誕生した瞬間だった
※現在はFリーグ「アグレミーナ浜松」に所属している
当時の彼を何度か見ているが、抜群のテクニックとアジリティーを持っていた
フットサルなら代表に入れる・・・当時から関係者の間では話題だった
同校出身で大学No,1と言われる「長谷川竜也」もまた、体格には恵まれていない
それでも、小さいが、テクニックと創造性あふれるプレーで魅了する

大切なのはなんだ?

必要なのはなんだ?

それを理解するためのお手本が・・・実は間近にいる
間近と言っても、「サッカーに対する姿勢・取り組み方」は手本であるが・・・【息子】ではない
【息子】の出場する試合(リーグ戦)を観に行けばわかる
「No,14」をつけた、とても小さい選手がいる・・・彼は・・・「本物」である
ドリブルで切れ込むような派手な選手ではないが、サッカーにおいて大切なものが凝縮されている

リーグ戦の日程や場所は度々変更になる

実際に見に行く場合は、自分に確認するといい

「No,14」と同じピッチでプレー出来るこの半年は、【息子】にとって・・・最高の財産になる




優れたDFを育てるには、優れたオフェンスが必要 - 2014.05.02 Fri


『N-style金沢 Soccer Academy』

今月は・・・7日、21日、28日、の各水曜日の通常トレーニングが休み
ということは・・・今日のTRの次は9日・・・1週間空く

明日はU-10カテゴリーが、小矢部で行われるU-11交流大会に参戦
GWの間に所属チームの試合が組まれているメンバーも多いだろう
ヘミニス金沢FCは全学年で2泊3日の菅平遠征(3~5日)
【息子】は遠征後の翌日(7日)から修学旅行、9日に帰ってきて10日がリーグ戦

そんなこんなで、誰もがサッカー漬けの忙しい期間
それぞれに役立つTRを考える・・・やっぱり「ディフェンス」かな
組織的なことではなく、「対人」=1対1で役立つディフェンスをテーマにやろう

ディフェンスのTR・・・ということは、攻撃側のドリブルが重要になってくる
・キレッキレッでDFをはがす
・逆を突くタイミングの巧さでDFをはがす
・相手を振り回すほどのフェイントでDFをはがす
何でもいいわ・・・ボールが足についてねーとな、武器がねーとな、、、、面白くない

優れたDFを育てるには、優れたオフェンスが必要

また・・・その逆も然り、である




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

N-style

Author:N-style
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4824)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR