FC2ブログ
topimage

2014-05

テクニック&インテリジェンス - 2014.05.14 Wed


『N-style金沢 Soccer Academy』

本日のTR(グランド)

◆カテゴリー2
・リフティング
・ボールコントロール
・3人1組
・ゲーム形式

ボールコントロール
クーバー方式
色々な制限を入れてのコントロールのあと、「ボールを隠したドリブル」をTR
イニエスタのドリブルをイメージ出来るといい

3人1組
トラップ&パスコントロール、ハーフターン、フルターン
・トラップでボールをどこに置くか
・しなやかな動作、踏み込み
・確認=何を見るか
基本中の基本、これを疎かにしていると将来が見えてこない

ゲーム形式(カリュウ、ダイキ、ハル、タクミ、コウジ、の5人はカテゴリー1へ)
8対8、4人組×4色ビブス、コーンゴール×4、ボール×3
①制限なし
②2タッチゲーム(園児と1年生はフリータッチ)
③同色ビブスへのパス禁止、パスなしでのゴール禁止
ドリブルメインのTR、少しスパイスを利かせてw

ゲーム形式でのTRは集大成
最初に行った「隠すドリブル」が頭に残っていた者は少なかった
ターンのTRも行ったので、この日は2タッチゲームも入れた
1タッチでゴール(コーン)や味方が見えているといい

今更ながら・・・話をしっかり聞け!なんて言わせないでほしい

選ばれたところだけ頑張っても無理・・・日常は必ず表れる

ウチかな・・・そう思ったお母さん、何とかまだ大丈夫

ウチは大丈夫・・・そう思ったお母さん、残念ながら

◆カテゴリー1
・リフティング
・ボールコントロール
以上、カテゴリー2と合同
・パスコントロール
・シュート
・ゲーム形式
・1対1

パスコントロール
バルサのシャビのTRをアレンジしたオリジナルTR
・状況判断=周りを見る=何を見る、いつ見る
・トラップの置き場所
・動きの中で動いている選手にパスを合わせる
※次のギャップで合わせる(次の次のギャップもあり)

シュート(カテゴリー2より5名参加)
シュート直前のコントロール(置き場所)をベストなところに置くためのTR
それによってシュートコースに幅が出るので、ゴールの確率は確実に上がる
①サイドのパス交換からトラップ&シュート
中央からサイドへパス→1タッチでリターンしてワンツーを外側の足で中へトラップ→内側の足でシュート
※全てにおいて「パス&ゴー」が必須
②中央からのドリブルシュート(2種目)
・外側の足で運びシュート
・内側の足で運びシュート
ゴールの確率を上げるためにやっているのだから、キックの種類は決まってくる

ゲーム形式(カテゴリー2より5名参加)
8対8

1対1(6年・中学生)
正規ゴール使用、斜め45度から(PA内)、学校の灯りで
・ディフェンスをはがすドリブル突破からシュートを決める
・はがされない粘り強いディフェンスでシュートを打たせない
決めないと意味がない、打たれたら意味がない・・・高い意識で

ドリブル突破に代表される圧倒的なボールコントロール=「個人技」は確かに欲しい
だが・・・技術的にはパスを合わせる方が難しい、そのためのTRも今から必要だと考える
さらに・・・インテリジェンスを鍛えるのはもっと難しい、そのためのTRも今から必要である
何を見るか、どこを見るか、いつ見るか、、、、その状況にあったコントロール
どこが空くか、誰が入るか、いつ入るか、、、、これが重要なポイント
これを伝えられる指導者は少ない・・・そう感じている
個人技が活きる=決定的な仕事が出来る場所はPA(ペナルティーエリア)の中である
ここでやっているTRがどこで(どんな状況で)活かせるか・・・よく考えてもらいたい

サッカーだからな・・・ボールコントロール=「テクニック」が最も重要だ

プロサッカー選手が夢なら・・・「インテリジェンス」が必要不可欠だ




立ち読み - 2014.05.14 Wed


J2を対象にした雑誌にて

監督へのインタビュー
Q)
どんな選手でも獲得できるとしたら、誰が欲しいですか?

岐阜FC、ラモス瑠偉監督
A)
シーズンの最中に、こんな馬鹿げた質問をする意味が分からない
オレたちは気持ちをひとつにして闘っている

どんなに有名でスゲー選手でも、気持ちがない選手はいらない

らしい答え・・・聞くまでもなく、答えが分かるだろうにw

ちなみに、他チームの監督の答えをみても・・・この雑誌を買う気にはなれん(笑)




ブラジル - 2014.05.14 Wed


ブラジルには「800」程のサッカークラブがあり

約「11000」人のサッカー選手がいて

そのうち「1200」人もの選手が海外で活躍している

日本は・・・まだまだだな




 - 2014.05.14 Wed


暑いね~

こんな日は熱中症に注意
水分をしっかり摂りながら、いつもより高い集中力でTRしよう

夜はしっかり寝る・・・それから・・・何といっても、食事だね
試合の日、ダルくて食欲がない・・・朝がパン1つ、昼はそーめんやざる蕎麦、、、、
こんなので闘えるわけがねーし、体もできてこない

これからの季節、胃袋の差が試合にもでる

夏こそ・・・食って食って食いまくれ




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

N-style

Author:N-style
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5098)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR