FC2ブログ
topimage

2014-05

基礎は徹底 - 2014.05.16 Fri


『N-style金沢 Soccer Academy』

本日のTR(グランド)

◆カテゴリー2
・リフティング
・ボールコントロール
・2人1組
・3人1組
・ゲーム形式

ボールコントロール
クーバー方式
ボールを隠すドリブル、ラ・ボバ、などを中心に「キックフェイント」をチェック
・大きな動作
・踏み込み
・ボールの置き場所
・体の向き
・目線
色んな要素があるが、どんな状況で使うか・・・ポイントはそこにある

2人1組
ヘディング、正面、半身(左右)
少しずつでいいから、確実に身に付けていこう

3人1組
インサイドキック、1タッチ、三角形
右回りは右足で、次の人と目を合わせておく

ゲーム形式(カリュウ、ダイキ、の2名はカテゴリー1)
8対8、4人組×4色ビブス、コーンゴール×4、ボール×3
①制限なし
②2タッチゲーム(園児と1年生はフリータッチ)
③同色ビブスへのパス禁止

とにかく基礎は徹底、細かい部分にまで拘ってやる
その分 ゲームは遊び心を持って取り組んでほしい

◆カテゴリー1
・リフティング
・ボールコントロール
以上、カテゴリー2と合同
・パスコントロール
・ゲーム形式

パスコントロール
バルサのシャビのTRをアレンジしたオリジナルTR
・状況判断=周りを見る=何を見る、いつ見る
・トラップの置き場所
・動きの中で動いている選手にパスを合わせる
※次のギャップで合わせる(次の次のギャップもあり)
昨日よりも質を高く意識を高く、動くスピードを速くして行った

ゲーム形式(2種目)
10対10、5人組×4色ビブス、コーンゴール×4、ボール×3
①フリー
②同色ビブスへのパス禁止
③Uー2タッチ
④同色ビブスへのパス禁止、リターンパス禁止

ゲーム形式(2種目)
8対8+GK、4色ビブス

ゲーム形式は狭いコートで行っている
プレッシャーを感じながら、確実なボールコントロールを身に付けてほしい




答えはピッチにある - 2014.05.16 Fri


昨季、高校年代最高峰の「高円宮杯プレミアリーグ」を制した流通経済大学付属柏高校
エリート集団=Jユースでなくても、このタイトルを獲得できると証明した本田裕一郎監督
今季のプレミアリーグ、4月29日の柏レイソルU-18との柏ダービー
1-0での勝利だったが、試合後半は劣勢で守備に追われる展開
ガス欠(スタミナ切れ)で明らかに変えた方がいい選手を変えない

限界を超えて走る・・・コイツらにはそういう経験がなかったから(本田監督)

レイソルの下平監督はこう話した
流経の10番(相澤)は相当なテクニシャンですけれど
あれだけの技術を持った選手が、本当にボロボロになるまで守備をしている
流経からは、そうした人間的な強さを感じた



鹿島アントラーズユース、今季から熊谷浩二コーチが監督に就任
そのスタイルは体育会系・・・挨拶などの徹底は、指導者の前だけでなく行き届いていると評判

ある選手はこう話す
去年までは練習でも、ケガするようなプレーはするな!・・・という感じだった
熊谷監督は、練習でも球際に行け!・・・と言ってくれる
去年より練習からピリピリしているし、走りの練習も増えてキツくなったけれど・・・こっちの方がいい



何が正しいか・・・一言では言えない

ドリブルがいいとも、パスがいいとも言えない

指導者に知識があるからいいとも、ないからダメだとも言えない

過去に実績があるからいいとも、ないからダメだとも言えない

ただ・・・答えはピッチにある




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

N-style

Author:N-style
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4824)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR