FC2ブログ
topimage

2014-08

サッカーが好きで好きでたまらない者たちのために - 2014.08.31 Sun


『N-style金沢 Soccer Academy』

U-10カテゴリー

ヘミニス金沢FCより
16期生が3名、17期生が1名、18期生が6名参加

トレーニング
◆リフティング
・ウォーキング基本5種目(前後)
・肩、かかと、カット
・2人1組(トラップ指定、タッチ制限、1タッチ、他)
◆キック
・インサイドカーブ
・アウトサイドカーブ
・ストレート
◆ゲーム形式
・ストリート

この日はリフティングとキックをゆっくりと、そこから延々「ストリート」
4年主体・中1主体・その他の3チームに分け、1点勝ち残り方式で

・・・楽しかったな

感性のおもむくままというか・・・
足が動く、体が動く、その感覚のままに・・・
オレはね・・・この環境こそが育成だと考えている
そう感じているヤツは・・・勝手に集まってくる

サッカーが好きで好きでたまらない者たちのために・・・この環境を大切にしたい

2013101816380000.jpg




困難を乗り越えた者の顔は違う - 2014.08.31 Sun


『N-style金沢 Soccer Academy』

U-10カテゴリー

ヘミニス金沢FCより
16期生が3名、18期生が6名参加

トレーニング
◆リフティング
・ウォーキング基本5種目(前後)
・アウトサイド交互、肩、かかと、カット
◆トライアングルパス
・1タッチパスコントロール(パス&ゴー)
・トラップ&パスコントロール(パス&ゴー、6種目)
◆対人
・1対1(浮き球の競り合いから)
◆ゲーム形式
・ストリート

基礎メニューで90分、ゲーム形式で90分
今日も同じ・・・メニューは変えるが、基礎は徹底的にやる

シュンペイ・・・パナ(股抜き)してたなw
初めて見たときから比べると・・・ビックリするほど大きく成長した
最初はCBを期待された何人かのうちの1人にすぎなかった
悔し涙を流した日もあっただろう
耐えることしか出来なかった日もあっただろう
でも逃げ出さなかった、逃げずに闘い続けた
その経験が、16期生を全国大会に導くまでに成長させたのは間違いない

困難を乗り越えた者の顔は違う

これからも困難はあるだろうが・・・また成長するシュンペイを見るのが楽しみである

20140812geminis0004.jpg

隣に写っている【副キャプテン】は・・・まだまだ子供である

20140812geminis0040.jpg

ともに2000年生まれの14歳・・・これからも逞しくあれ




3人目の右サイドバック - 2014.08.30 Sat


FCバルセロナ

今季の補強
セビージャにタイトルをもたらした中盤 ラキティッチ
問題の多い天才ストライカー ルイス・スアレス
期限付きレンタルからの復帰、父親は元ブラジル代表 ラフィーニャ・アルカンタラ
左SBとCBができる、テクニカルで俊足、さらに190cmの高さ マテュー
アヤックスの下部組織出身、左SBとCBで攻撃の起点になれるDF フェルメーレン
ヨーロッパ若手No,1GK テア・シュテーゲン
W杯で活躍したGK クラウディオ・ブラボ

プジョルが引退、アレクシスがアーセナルへ、GKが2人とも移籍、、、、
そこから考えると、もの凄く良い補強をしたと言える
DF、GK、ともにビッグネームではないが・・・現実的で的確な補強と言える

そして新たな選手・・・ドウグラスを補強
サンパウロでプレーするブラジル人で、ポジションは・・・右サイドバック!!
バルサでは不動のダニ・アウベス、SUBにもスペイン代表経験のあるモントーヤがいる
3人目!?・・・ルイス・エンリケはアウベスをより高い位置で・・・そういう画も描いているのでは
 
メッシがディフェンスをしていた(それだけで話題になるか・・・w)
カンテラ出身の若手選手の活躍
ラキティッチの加入
問題児の天才ストライカーは輝くか
なんつってもネイマールがいるしな・・・今季、面白いかもしれない




私の考える代表 ~最終回~ (笑) - 2014.08.30 Sat


よく聞かれるので・・・答えておきます

浦和から代表入りを期待した選手は
柏木陽介、興梠慎三
川崎から代表入りを期待した選手は
大久保嘉人、中村憲剛、小林悠、大島僚太
この6人で中盤から前・・・面白いじゃん・・・ポジションなんて関係なくてさ
あとは・・・FC東京の太田宏介・・・代表で十分やれる

あ、そうそう・・・田中ねw・・・田中マルクス闘莉王だよ!!!・・・他にいる???
最高に盛り上がるだろ!?・・・実はそこが大切なんだよ
攻守にわたり、ヘディングの強さはJリーグNo,1・・・CKは盛り上がるね

FW 大久保、興梠、小林
MF 柏木、大島、中村
DF 太田、闘莉王、細貝、内田
GK 西川周作

CB(センターバック)には、ゲームが創れる選手を1人は置くべきだ
ボランチが出来て、瞬発力のある身体能力の高い選手・・・いるだろ
で、攻撃的な交代枠には・・・あの選手も、この選手も、、、、
いっぱいいるじゃん・・・そのときに好調な選手なら誰だっていいさ・・・やるよ・・・変わらない

4年後を見据えるなら・・・いまは旬な選手にチャンスを与えるべきである

最後にひとつ・・・入れたなら・・・使えよ




他が走るなら・・・ウチは歩く - 2014.08.29 Fri


『N-style金沢 Soccer Academy』

本日のTR(グランド)

◆全学年合同
・リフティング&ボールコントロール
・1対1&ミニゲーム(1年生)
・1対1&ゲーム形式
・ゲーム形式(カテゴリー1)

1対1&ゲーム形式
ゲーム形式は50×30mで7対7+GK、空いているチームは1対1
対戦を変え、メンバーを変え、10分程度でまわしながら行った
トレーニングの意図は、1対1でやっていることをゲームで活かす・・・ということ
球際、ルーズボール、体の使い方、手の使い方、、、、もっと出来るようにならないと

ゲーム形式(カテゴリー1)
60×34mで10対10+GK、中学生中心vs6年生中心
3-1で6年の負け・・・で、60mダッシュが2本・・・甘いな、オレ(笑)

ここでのゲーム、中学生チームはポジションを決めずに始める
GKのみ決めているが、GKの場所にいるとは限らない
なんとなく始まるが、空いている場所や必要なところに顔を出せば・・・自然と繋がる
逆にカバーリングなんかは、気付いていてもサボったりするとやられる
まぁ、これが「ストリート」ってことなんだけど・・・制約がないだけに、個々の責任は重い
上手い具合にサポートがいない・・・なんて状況でも、奪われたらそいつが悪い
それくらいの状況、自分で何とかしろよ・・・こんな意図もあって、周りが動いてくれないこともある
失わない前提でチャンスを伺うヤツもいれば、いいポジションにいて助けるヤツもいる

感性を磨く・・・全てはそのためである

決められた盤上では、感性は育たない・・・育つはずがない
だけどね・・・決めないとさ・・・めちゃくちゃになることもある・・・結果には繋がらないかもしれない
だからさ・・・勝ちに執着するチームって場所では・・・こんな風には出来ない(のだと思う)
何もかも決めたがる指導者は沢山いる・・・自分の思い通りがいい・・・そういう価値観だからな

ウチはゆっくりやる・・・急がない・・・他が走るなら・・・ウチは歩く

でもな、そのときの勝負に勝つ・・・これには徹底的に拘る
誰が拘る?・・・ピッチに立っている選手が拘る・・・これが一番大事なことだ
勝つためにはどうすればいいのか?・・・考えるのは選手である

相手のどこにスキがあるのか?
相手のその選手が危険な選手なのか?
今日、調子のいい選手は誰なのか?
今日、イマイチな選手は誰なのか?
誰にボールを届ければ点が入るのか?
リズムを創っている選手は誰なのか?
もっと局面でいえば・・・
いまヤバくない?? いまチャンスだ!! ・・・そういうことだ
最終的には、勝つために自分が何をすればいいか・・・そこに辿り着く・・・ただし、時間はかかる

時間をかける価値がある・・・だから・・・急ぐ必要はない

基礎は徹底的にやる・・・感性は自分で磨け・・・そんな感じ

もちろん明日も・・・そんな感じ




期待はしていないが・・・楽しみにしている - 2014.08.28 Thu


サッカー日本代表、アギーレ監督の初招集メンバー

GK
川島永嗣(スタンダール・リエージュ/ベルギー)
西川周作(浦和レッズ)
林彰洋(サガン鳥栖)

DF
水本裕貴(サンフレッチェ広島)
長友佑都(インテル/イタリア)
森重真人(FC東京)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
酒井宏樹(ハノーファー/ドイツ)
坂井達弥(サガン鳥栖)
酒井高徳(シュトゥットガルト/ドイツ)
松原健(アルビレックス新潟)

MF
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
細貝萌(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
田中順也(スポルティング・リスボン/ポルトガル)
森岡亮太(ヴィッセル神戸)
扇原貴宏(セレッソ大阪)
柴崎岳(鹿島アントラーズ)

FW
岡崎慎司(マインツ/ドイツ)
本田圭佑(ACミラン/イタリア)
柿谷曜一朗(バーゼル/スイス)
大迫勇也(ケルン/ドイツ)
皆川佑介(サンフレッチェ広島)
武藤嘉紀(FC東京)

先日のブログで自分が言っていた選手
ヴィッセル神戸の中盤は森岡亮太、鹿島アントラーズの中盤は柴崎岳、2人とも呼ばれたね
J2の選手と書いてあったのは中島翔哉なんだけど・・・ま、J2なんて見てないか
細貝萌も入った・・・昨季からずっと、非常に状態がいいと感じていた
現役大学生と書いたのは武藤嘉紀、まぁ・・・入るでしょ・・・でも、彼はこれからが勝負・・・甘くはない
で・・・自分が名前を挙げた「ドリブルが持ち味の仕掛けれるタイプ」の選手・・・ゼロ(笑)
乾、原口、宇佐美、齋藤・・・こういうタイプ・・・いらないの?って感じだな

で、田中(笑) どの田中???・・・あの田中でしょ!!!
やっぱり入ったね!!!・・・と、言いたいところだが・・・違う田中だったwww

川崎と浦和から招集なし(GK西川のみで、フィールドはなし)・・・残念
テンポよく繋ぐというよりは、ロングパスの精度が高い中盤の選手が多い
最終ライン(CB)の選手にも、創れるタイプがいない・・・アギーレのサッカーが想像できるな

この代表に、この監督に、期待はしていないが・・・楽しみにしている

たかが自分くらいの想像は超えてもらいたい

学べることが1つでもあればそれでいい




川崎フロンターレ - 2014.08.28 Thu


いやぁ~、録画がいっぱい・・・でも観るヒマねー・・・という毎日

レアルが3試合あるけど観るヒマないなー・・・というか、後回し
ロドリゲスとクロースの中盤は観たいけどね・・・ま、レアルだから・・・後からでもいい
バルサは真っ先に観た、バイエルンはこれから観る
いま仕事しながら観てるのは、Jリーグで一番興味ある試合

川崎フロンターレ

ヤバイね!!! めっちゃいい・・・八宏さん・・・いいサッカーしてるわ~
これだけ興奮できるスタイルが、Jリーグの歴史の中にあっただろうか・・・
大島僚太のポジショニング、首を振る回数、テクニック、、、、シャビが日本にいた

おそらくこの試合が・・・【彼】にとっての「新たなキッカケ」になる




夏休みの努力の差 - 2014.08.28 Thu


『N-style金沢 Soccer Academy』

昨日のTR(グランド)

◆全学年合同
・リフティング&ボールコントロール
・1対1
・1対1&ミニゲーム(1年生以下)
・ゲーム形式

リフティング&ボールコントロール
サッカーの基本、毎日やる・・・それが当たり前
全国トップクラスと比べて、君たちのスキルが低いのは明確
いまやらないと追いつくことは出来ない
好きも嫌いも関係ない、得意も苦手も関係ない・・・ひたすらやる、毎日やる・・・それが当たり前
選手自身がそれを理解してやらないといけない・・・そういうTR

1対1
先日から継続しているTR
・体の当て方
・手の使い方
・球際のかけひき
オフェンス・ディフェンス両面において、これらを学ぶTR

ゲーム形式
4年生中心vs中学生含むその他
ストリート的なゲーム・・・負けた4年は得失点差を走り
気になったのは、勝ちチームにいた4年生2人・・・走らねーの??・・・と思って見てたけどね
だってさ・・・君たち2人で勝ったわけじゃないからな・・・ま、構わんけどね・・・必ず差はつくよ

え~っと・・・4年生、インサイドのリフティングがヘタ過ぎ

トラップでもキックでも最も使う部位であり、股関節を柔らかくすることでタッチも柔らかくなる

ハッキリ書いておくけど・・・このリフティングが出来ないと・・・夢には届かんよ

出来るヤツと出来ないヤツの差・・・ものすごくデカいな

夏休みの努力の差がそのまま見える・・・本気なヤツ・・・結構少ないね




あの田中 - 2014.08.27 Wed


アギーレ監督が誰を選ぶか

旬な選手を選ぶのか、それとも・・・これまでの実績を重んじるのか
Jリーグ優勝チームから誰も選ばれていない・・・そんな珍事もあったなw
外国人に頼って優勝したわけでもないのに・・・何観てんの??って思ったね

Jリーグ開幕前、自分は浦和レッズの優勝を予想・・・対抗は川崎フロンターレ
そこには自分なりの裏付けがあったのだが、その中でもキーになる選手が何人かいる
その選手が選ばれていたら・・・面白い

あとはね・・・自分なら・・・
ヴィッセル神戸と鹿島アントラーズからそれぞれ1人(中盤の選手)
J2の下位に低迷しているチームから1人(攻撃的なポジションの選手)
で、乾貴士と原口元気と宇佐美貴史と齋藤学、それから・・・売出し中の現役大学生を競争させる
その競争にもう2人・・・ベガルタ仙台の太田吉彰、元ジュビロ磐田の山田大記、この2人を加える

内田は選ばれるべき選手だが、今回はケガで招集外だろう
香川と清武は選ばない・・・今回はね・・・必要ないだろう
チームのことで精一杯だろうし、そっちに集中したいはずだから・・・ね
そういう配慮も必要、それで他の選手が結果を出せば・・・競争は激しくなる
長谷部よりも細貝の方が状態がいいように思うが・・・どうかな
青山と遠藤は健在、このポジションは・・・フィジカルよりもインテリジェンスだな
立ち位置が・・・な・・・そういうこと

でね・・・ラストピースは・・・田中!!!
どの田中???・・・あの田中でしょ(笑)

期待はしていない・・・楽しみにしている




次の年代で闘える体 - 2014.08.26 Tue


【Aquellos que desafian a XAVI】

明日から2学期、明後日は実力テスト
チームTR中止の連絡が入る・・・日が暮れる前に自主TRへ

自主TRメニュー
◆リフティング
・ウォーキング基本5種目 前後1往復
・アウトサイド交互、肩、かかと、カット 各100回ずつ
◆ドリブル
・ジグドリ 8種目×2セット
・ターン 7種目×2セット
・2ステップ1タッチ ソール(左右)×2セット
・2ステップ1タッチ イン・アウト(左右)×1セット
◆アジリティー
・ボールキャッチ(サイドステップ、左右、前後、斜め後ろ) 各10本ずつ
◆ボールコントロール
・ターンコントロール(ミドルレンジ、左右) 各25本ずつ
・ターンコントロール(ロングレンジ) 50本
◆フィジカル
・腹筋系
・腕立て系

少しずつだが、体を鍛えるメニューを入れていく
「次の年代で闘える体」に少しずつ変えていく・・・そういう時期に入った

霧のような雨が少し・・・空にはうっすらと虹がかかっていた

2014082617180000sn10.jpg

明日への架橋か、栄光への架橋か、、、、夏の終わりに・・・虹は見えたか




メッシが「アレ」やってたよ・・・(ちょっとだけねw) - 2014.08.26 Tue


FCバルセロナ

リーガ・エスパニョーラ2014~2015

第1節 バルサ 3-0 エルチェ

18歳、バルサBの選手がスタメン
プレマッチで2試合連続2得点・・・で、スタメン・・・ルイス・エンリケ・・・いいね
スアレスの処分、ネイマールのW杯のケガ、これらの影響で選手が少ないのもある
それでもペドロを差し置いてスタメン・・・ペドロは代表だぜ・・・ルイス・エンリケ・・・いいよ
昨シーズンに見られた、訳わかんねークロスもなし・・・これもいいよ・・・エンリケ
メッシも少しだけ・・・「アレ」やってたね・・・ビックリしたわ(笑)・・・エンリケ、いい感じ
個人的には、もう少し「アレ」やらせたら・・・言うことねーな
先制点の後、不用意な競り合いからピンチを招いて・・・マスチェラーノ(もっと観たかった)
故意にかけてはいないけどね・・・場所が場所だから・・・仕方ねーな・・・残念

とりあえず、開幕戦・・・いいね×4ってとこかな




スキを創る - 2014.08.25 Mon


ドリブル ←YouTube

この4人に共通するのはバルサ、一度はバルサのユニフォームに袖を通しているということ

マラドーナは左足がほとんど、ロナウジーニョは右足がほとんど
メッシも同じく左足、唯一ロナウドだけが両足を使う(6:4くらいか・・・)
彼らはパスをドリブルの延長で使うことが多く・・・当然、利き足だけでさばくことが多い

ティキタカやドイツのパスサッカーには、ポジショニングと運動量が欠かせない
そして・・・インサイドキックでのパスコントロールが軸であることも間違いない・・・が
ペナルティエリアに侵入したら、パス&ゴーにおいては、、、、
局面においては、その他のパスが試合を決めるワードになっている
ようは・・・相手に悟られない、相手をだます、やりたいことを隠す、、、、
やりたいことを隠して「一瞬の時間」=スキを創る・・・そういうことだ

この4人、インサイドキックも一流だが・・・どこで蹴ってるか分からないキックも超一流だ(笑)

どこで蹴ってるか分からない=どこでも蹴れる
ドリブルも同様、どこでも扱える・・・そういうことだ
どうやって身に付けるか・・・ようは「遊び心」だよな

マラドーナの遊び心 ←YouTube

ロナウジーニョの遊び心 ←YouTube

そういえば・・・メッシが遊んでいるところは観たことないなw
自分がメッシよりもロナウジーニョにひかれるのは・・・そういうことだな
世界がドイツに・・・「ペップstyle」に流れるのは、サッカーにおいて必然であると言える
だけどさ・・・個の輝きは・・・永遠のものであってほしいね

史上最高の個の輝き ←YouTube

またこれ・・・そう思った人は・・・つまんないヤツだな~(指導者にはなってほしくないなぁ~)
プロの試合中だぞ これだけ遊べるヤツ・・・他に見たことあるか

さぁ・・・学べ




adidas CUP 2014 ~終幕~ - 2014.08.25 Mon


adidas CUP 2014
第29回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会

準々決勝の結果
FC東京深川 0-1 名古屋グランパス
鹿島アントラーズ 2-1 栃木SC
清水エスパルス 2-2(PK4-2) コンサドーレ札幌
横浜F・マリノス 1-4 サンフレッチェ広島

準決勝の結果
名古屋グランパス 0-1 鹿島アントラーズ
清水エスパルス 4-3 サンフレッチェ広島

決勝戦の結果
鹿島アントラーズ 2-1 清水エスパルス

MVP
沖 悠哉(鹿島アントラーズジュニアユース)

MIP
吉田 峻(清水エスパルスジュニアユース)

得点王
鈴木 魁人(清水エスパルスジュニアユース) 11得点

フェアプレー賞
鹿島アントラーズジュニアユース




自ら学び、心は広く、逞しく - 2014.08.25 Mon


【Aquellos que desafian a XAVI】

クラブユース全国大会から帰ってきたのが19日
その夜に自主TR、20日の朝に自主TR、20日の夕方にアカデミーTR
疲れをとる暇もなく和倉へ・・・ヘミニス招待とともに過ごした4日間

1日目(21日)
昼から会場入りし大会の手伝い
夜は1年生と宿舎を共に・・・お目付け役として1日を終了

2日目(22日)
自分が参加した21日夜の「都並さんウェルカムパーティー」ににて
参加していた赤地さん(ヘミニス金沢FC2期生、現・鵬学園高校監督)のご厚意により
都並敏史臨時コーチによる鵬学園高校のTRに参加が決定・・・またとない時間を過ごすことになった
鵬学園には14期生が5名、15期生が3名、ヘミニスのOBが在籍している
人間的にも成長した彼らに、都並さんのTRの質の高さに、赤地監督の人柄に、、、、
そして・・・鵬学園のサッカーに感銘を受けた1日となった

成長できた時間はここまで

この大会には選手として参加しているわけではない
1人の人間として、大人や指導者と触れ合える機会である
そこから得るものは多いにもかかわらず・・・最後の2日間、その行動は幼稚で残念だった
静岡で、帯広で、この2ヶ月間で、、、、厳しい現実を体験した者とは・・・到底、思えなかった
最終日、またとない成長のチャンスを・・・【彼】は自ら逃してしまった
いくつかのチャンスに気付くことができなかった・・・諭された時、それは・・・「時すでに遅し」である

いつもアンテナを張っておかないと

目の前にあるチャンスに気付かないようでは、成功することなど出来るはずもない

自ら学び、心は広く、逞しく

夢を掴むとは・・・そういうことだ

2014082514040000sn10.jpg




ヘミニス金沢フットボールクラブ招待 - 2014.08.25 Mon


ヘミニス金沢フットボールクラブ招待
2014ジュニアユース(U-14)サッカーフェスティバル in 和倉/能登島

今年で5年目、自分は4回目の参加
今回は能登島大会のチーフとして参加することになった

1日目(21日)
和倉多目的グランドに到着
【息子】を降ろし、能登島グランドへ移動・・・大会が幕を開ける
夜は「都並さんウェルカムパーティー」へ

20140823tunami273geminis04.jpg

2日目(22日)
朝イチで【息子】を鵬学園高校へ送り、能登島グランドへ
※【彼】は都並臨時コーチによる鵬学園高校TRに参加
夜は「指導者懇親会」へ

20140823tunami273geminis05.jpg

3日目(23日)
能登島グランドから和倉多目的グランドへ移動
「元日本代表・都並敏史サッカースクール」を担当
能登島へ戻り、夜は「ヘミニス育成会懇親会」へ

20140823tunami273geminis03.jpg

4日目(24日)
能登島大会を完了、後片付け終了、スタッフ解散、和倉多目的グランドへ移動
大会の全てが完了し4日間が終わる
毎年だが・・・終わった後の昼の弁当(3時ごろになるが)・・・何よりも美味い

20140823tunami273geminis01.jpg

この大会、ヘミニスOBの親で構成される「ヘミニス事業部」が大会の骨組みを作り
現役生(U-14大会なので1・2年生中心)のの親=「ヘミニス育成会」が大会を運営する

選手・指導者・育成会・事業部、一丸となっての大会づくり

全国屈指のボランティア軍団「ヘミニス育成会」のおもてなし

全ては集まってくださるチームのために、できることを全力で・・・

至らない所もあるとは思いますが・・・達成感はハンパなし

和倉・能登島、そこに集まってくれた全ての人たちへ・・・ありがとうございました

20140823tunami273geminis02.jpg




2014ジュニアユース(U-14)サッカーフェスティバル in 和倉/能登島 - 2014.08.21 Thu


ヘミニス金沢フットボールクラブ招待
2014ジュニアユース(U-14)サッカーフェスティバル in 和倉/能登島

geminis2013sn10.jpg

これは昨年度のポスター

今年度の大会については以下をクリック

ヘミニス金沢FC招待 Webパンフレット ←クリック

当アカデミーより中学1年生の8名が参加

ちなみに・・・【彼】も4日間、スタッフとして参加していますw

自分もスタッフとして4日間参加・・・楽しんできます




adidas CUP 2014 ~ラウンド16の結果~ - 2014.08.20 Wed


adidas CUP 2014
第29回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会

ラウンド16(決勝トーナメント2回戦)の結果

FC東京深川 2-1 JFAアカデミー福島
名古屋グランパス 2-1 ヴィッセル神戸
FC多摩 1-5 鹿島アントラーズ
柏レイソル 1-1(PK2-3) 栃木SC
浦和レッズ 1-2 清水エスパルス
コンサドーレ札幌 2-1 ジュビロ磐田
Forza’02 1-2 横浜F・マリノス
長岡JYFC 0-4 サンフレッチェ広島




個人戦術 - 2014.08.20 Wed


『N-style金沢 Soccer Academy』

本日のTR(グランド)

◆全学年合同
・リフティング
・ボールコントロール
・1対1(カテゴリー別)
・ミニゲーム(1年生以下)
・ゲーム形式

リフティング&ボールコントロール
・ウォーキング(リフティング)
・右足のみ(ドリブル、リフティング、フェイント、シャペウ、叩き、キャッチ、他)
・左足のみ(同上)
・ソール
・フリー
・押し出し系、そこからの変化
・吸い付き系、そこからの変化
・タイミング系、そこからの変化
・ネイマール→キレ(緩急)
・ジンガ
・ターンからスピードアップ

1対1(カテゴリー別)
15×10m、ミニゴール×1
①グラウンダーのボール
②浮き球
どちらもまずは「かけひき」、競り合いに勝つことが最初のミッション
だが・・・そこから「次のかけひき」もまた重要、「体や手の使い方」がポイントになる
このTR・・・攻撃と守備の両方において、予想以上の効果がある・・・面白い!!
・・・ということは・・・出来ていない部分が多い・・・そういうことでもある

ゲーム形式
色んな組み合わせで、色んな対戦を行った
ラストは恒例、4年vsその他・・・で、2-6でその他が勝利
4年は50mを4本ダッシュ・・・その他・・・中学生主体だけどね
4年にとっては、この上ない経験だと思っている

この年代(10~13歳くらい)では、個人としての戦術を学んでおきたい
オフェンスでも、ディフェンスでも、個々の成長はチームの成長に直結している
それぞれが技術レベルを上げるのと同じように、戦術理解度を上げ実行できるようにしていこう




始動 - 2014.08.20 Wed


【Aquellos que desafian a XAVI】

朝練・・・次のステージに向けての始動

この1週間で失ったものを、少しずつ元に戻していく
これまでのブログでも分かる通り、TRの量に対して食事の量が多い日が続いた
体は動かしているものの、軽めの調整に過ぎず・・・肉類を多く摂り過ぎているのが分かる
今日の朝練、息切れも早く・・・体はとても重かった
そういったことを感じる年齢になったのは、体が大人になってきた証拠

12~13年ほど前の話だが
当時、静岡学園高校のキャプテンをしていた松下幸平を、他の選手とともに焼肉に連れて行った
寮生活、久々の焼肉、皆がバクバク食べている横で、幸平は野菜サラダだけを食べていた

自分 「遠慮するなよ」

幸平 「少し太りやすくなっているので・・・野菜メインで少しだけ肉を頂きます」

U-17日本代表にも選ばれていた幸平の意識の高さは、どの選手にもないものだった
肉にしても、脂ののったカルビではなく・・・レバーや鳥のササミを食べていた
優れたサッカー選手は、オフ期間でも羽目を外さない・・・コンディショニングは選手の仕事である
コンディショニングは選手生命を左右するほど重要
昔は日本代表に呼ばれる選手ですら、朝まで酒を呑んでトレーニングしていた人もいるらしいが
それは日本が世界から大きく離されていた時代の話・・・現在は誰もが自分をコントロールしている

自主TRメニュー
◆リフティング
・ウォーキング基本5種目 前後1往復
・肩、かかと、カット 各100回ずつ
◆ドリブル
・ジグドリ 8種目×2セット
・ターン 7種目×2セット
・2ステップ1タッチ ソール(左右)×2セット
・2ステップ1タッチ イン・アウト(左右)×1セット
◆ボールコントロール
・リフティングトラップ 左右25本ずつ
・ターン 左右25本ずつ

休憩を頻繁に入れているが、どうにも調子が上がらない
それどころかフラフラしている・・・体調も悪そうなので・・・メニュー半分だが、今日はここまで
夕方からのアカデミーTRは、通常通り参加予定

急がず・・・急がば回れ

2014082007270000sn10.jpg




どうせやるなら楽しんでやる - 2014.08.19 Tue


『N-style金沢 Soccer Academy』

今日は「ストリート」

少し遅れていくと・・・すでに始まっていた(それでよし

トレーニング
◆ポゼッション
・2対2対2
・3対3対3
◆ディフェンスの個人戦術
・1対1
◆ゲーム形式
・ストリート

ポゼッション
2対2対2=4対2、10mグリッド、フリータッチ、3色ビブス、10本通しで勝ち
3対3対3=6対3、12mグリッド、フリータッチ、3色ビブス、10本通しで勝ち
4年生から中学生までバランスよくメンバーを組んでTR(ごちゃまぜ)
・ポジショニング、体の向き
・選択肢
・失わない強さ、ドリブル、スクリーン
・奪いに行くディフェンス
・プレスをかけ続けるディフェンス
・予測、インターセプト
・奪った後の繋ぎ
・トランジション
求めること(考えること)は多い・・・が、暑さがハンパなかった
フレッシュな状態でTRしないと効果が少ないので、10分程度で休憩を入れながら行った

ディフェンスの個人戦術
1対1、ミニゴール×1、12×10m、浮き球からのスタート
勝てば上に、負ければ下に、引き分けはそのまま
・スキを見て突くディフェンス
・体を入れて奪いきるディフェンス
・スライディング
ディフェンスの意識が高くなった分、オフェンスにも高いものが求められる
・かけひき
・浮き球のコントロール、ボールの置き場所
・体を使う巧さ、スクリーン&ターン、テクニック
楽しんでやれていたが(それは最高)・・・まだまだ課題が多い・・・伸ばせる部分は沢山ある
自分次第・・・取り組み方次第・・・そういうことだな

ポゼッションではグループ戦術、1対1では個人戦術
これらを繋げてゲームで発揮する・・・ストリートはディフェンス意識の高い内容となった
そのディフェンスを突破するオフェンス・・・なかなかに面白かった

4年 2-24 その他

当然、負けは走る・・・11本ダッシュ・・・で、ジョギングレベル・・・言われてから走る
誰のため??・・・自分のため!!・・・で、やっと走る・・・先が思いやられる

やるからには、やらされているでは意味がない

やるからには、自分のためにならないと意味がない

どうせやるなら楽しんでやる・・・そこまでいかないと・・・何事も・・・ね

2014081915220000nstyle.jpg




adidas CUP 2014 ~ラウンド32の結果~ - 2014.08.19 Tue


adidas CUP 2014
第29回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会

ラウンド32(決勝トーナメント1回戦)の結果

FC東京深川 2-1 ジェフ千葉
サガン鳥栖唐津 1-3 JFAアカデミー福島
名古屋グランパス 3-2 ガンバ大阪
ヴィッセル神戸 4-3 アビスパ福岡
FC多摩 4-3 岩田FC
鹿島アントラーズ 2-0 セレッソ大阪
S.T.FC 0-5 柏レイソル
栃木SC 3-0 湘南ベルマーレ平塚
ジュビロSS磐田 3-4 浦和レッズ
清水エスパルス 4-1 ガンバ大阪堺
コンサドーレ札幌 3-0 宇治FC
ジュビロ磐田 1-0 横浜FC
サガン鳥栖 1-2 Forza’02 
横浜F・マリノス 2-0 ヴィッセル神戸伊丹
長岡JYFC 3-2 ブレイズ熊本
サンフレッチェ広島 3-1 藤枝東FC




adidas CUP 2014 ~金沢着~ - 2014.08.19 Tue


ヘミニス金沢フットボールクラブ

adidas CUP 2014
第29回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会

20140812geminis0034.jpg

食って

20140812geminis0035.jpg

食って

20140812geminis0036.jpg

食って

20140812geminis0037.jpg

食って

20140812geminis0038.jpg

眺めて

20140812geminis0039.jpg

食って

20140812geminis0040.jpg

バスの中

20140812geminis0041.jpg

キャプテンの挨拶・・・で、終わり

帰宅してから色々と話した・・・感じたことは・・・頭の中にあるってさ

明日からまた・・・日常が始まる




インテンシティ - 2014.08.19 Tue


『N-style金沢 Soccer Academy』

本日の・・・日付変わって、昨日のTR(グランド)

◆全学年合同
・リフティング
・ボールコントロール
・1対1(カテゴリー別)
・ミニゲーム(1年生以下)
・ゲーム形式(カテゴリー別)
・1対1(カテゴリー1)

リフティング&ボールコントロール
・ウォーキング(リフティング)
・右足のみ(ドリブル、リフティング、フェイント、シャペウ、叩き、キャッチ、他)
・左足のみ(同上)
・ソールのみ(同上)
・フリー(同上)
・蹴り上げリフティング(ジャンプ→胸、ヘディング)
・吸い付き系、そこからの変化
・タイミング系、そこからの変化
・ネイマール→キレ(緩急)
・ジンガ(3種類)
走るスピードはゆっくりでいい・・・ボールタッチは素早く圧倒的に
さらにゆっくり・・・そこから緩急の変化もフェイントになる
サッカーである以上、ボールコントロールが絶対である

1対1(カテゴリー別)
15×10m、ミニゴール×1
背負った状態からパスを受けてスタート、当然ながら裏をとってもいい
本日のテーマ「ディフェンスの個人戦術」を理解させるTR
インターセプトを狙いたいが、裏を取られてしまっては本末転倒
かといって、簡単に前を向かせてしまうと好きなようにやられてしまう
まずはそこの「かけひき」から始まって、体を入れて受けさせた・・・その後のプレー
簡単にコントロールさせないためには?
相手が両足で立っているか、それとも片足で立っているか?
どこに体をぶつけ、どんなふうに手を使って、相手のバランスを崩すか?
ボールはどう見るか、どこから突くか、どのタイミングで突くか?
スライディングのタイミングは?
こういったことを理解させていくわけだが・・・これを観れば分かりやすい

U-12に求められるインテンシティ ←YouTube

この動画
守備の個人技から始まり、最後のテロップまで・・・学べることが沢山ある
「インテンシティ」とは、単純に言えば「強さ、強度」であるが
「個の強さ」とは、「テクニック」「インテリジェンス」「かけひき」を含めたものであると言える

この動画の最後のテロップのとおり
注意深く見ていればわかると思うが・・・奪って下げて蹴る・・・多いな
ここまで個々が洗練されているのに・・・なぜ?・・・勝ちに拘るあまり・・・と言ったところか
下げるのは蹴るため?・・・繋げばいいのに・・・と単純に思う
ノイヤーを目指す選手(GK)がいないのか?
それとも・・・指導者が、ノイヤーにはなれないと決めつけているのか?
この理由が勝ちたいからでは・・・育たない
育てながら勝つことは無理なのか?
無理だとして・・・どちらが優先されるべきか・・・そういうことだろう
選手を信頼して繋いでみた・・・ミスして奪われてやられた・・・で、やっぱり蹴って逃げる決断に至る
選手を信じきれていない分は、指導者に還ってくる
逃げた分だけ、世界から置いていかれる・・・はやく気付かないと!!!
指導者にも「インテンシティ」が必要だ

何はともあれ
途中に出てくる言葉にも、重要なことが記されている
U-12だが、ウチの中学生にはちょうどいい・・・今から学べばいいだけである

カテゴリー1のゲーム・・・熱かったな

何とかしないといけないんで・・・熱い想いが・・・伝わってくるよな




盆明け、今日からスタート - 2014.08.18 Mon


『N-style金沢 Soccer Academy』

お盆休みが終わり、今日からトレーニング再開

・・・暑いね~

今日のテーマは「ディフェンスの個人戦術」

夏は色んな大会があったからね
全日本少年サッカー大会、クラブユース選手権、高校総体、、、、
勉強になることは沢山あった・・・その中から選んだテーマ

これまでにも伝えてきたことは沢山ある
・チャレンジ&カバー
・チャレンジのプライオリティー
・カバーリングのポジショニングと奪いに行くディフェンス
・プレスバック
これらのことをさらに細かく詰めていくと、見えてくることは多い
とくに「対人」において、「コントロールさせない」ことは重要なポイント
個々のディフェンスが上がれば、それを打ち破るためのオフェンスが上がる

選手たちのアイデアを引き出すために

まずは、レベルの高いディフェンスを身に付けることから始める




今日という日を・・・ - 2014.08.18 Mon


【Aquellos que desafian a XAVI】

【彼】はここで・・・何を語ったのだろうか・・・

20140812geminis0032.jpg

予選から全国大会まで、全16試合・・・出場は「0」

必要とされていない選手・・・厳しいが・・・それが現実

現実を受け入れる強さはあるか

その現実の中で、それでもプロになると口にする勇気はあるか

自分よりも遥か先を行く選手たちを目の当たりにして、それでもなお・・・夢に向かう覚悟はあるか

聞くまでもなく・・・意志は変わらないのだろう

どれだけの困難が待っているか・・・想像できるか

どれだけの努力が必要か・・・理解しているか

ここからは想像と理解を超える闘いになる

そして・・・ひたすら理想を追いかける日々・・・夢は自分の手で掴むしかない

自分を信じて・・・未来を切り拓け

20140812geminis0033.jpg

今日という日を・・・忘れることなく・・・




本質 - 2014.08.17 Sun


『N-style金沢 Soccer Academy』

今日は和気FCさんから急なお誘い
お盆休みにもかかわらず、何とか8人ほど集まって・・・フットサル

楽しかった~
誘って頂いて、有難うございました

口をはさまず観てたけどさ
6年生は良くなったなぁ~・・・リョウタなんて別人だなw
なんかこう・・・意欲的っていうか・・・笑う回数も増えたしな
リツキの「可能性の左足」も観れたし・・・リンタロウの・・・な(笑)
4年はさ、コウキは仕掛けが少なかったけどカリュウは左足の意識が上がってたな
で・・・タクミは・・・やっぱ「ストライカー」だな・・・あらためて思ったよ
GKやるとしても、高校からでも間に合うしな・・・何より、ゴールがあると・・・本当にいい
石川県から日本代表のストライカーを・・・本人の努力と志次第だけどな・・・可能性はあるな

で・・・中学生の2人・・・う~ん・・・重症だな
リクトはクラムジーもあって、思った通りにプレーができないでいるが(そこは仕方ない)
かつての「らしさ」は・・・完全に消えてしまったな・・・
次の段階への過程であればいいのだが・・・そうも思えない・・・
ヒデトは・・・巧くなった・・・少し巧くなって・・・「らしさ」は消えた・・・

ここで言う「らしさ」は個性・・・そして、サッカーの本質の部分
指導者の話を聞く・・・素直に受け入れることで成長できる・・・ずっとそう伝えてきた
関わる指導者が複数いれば、それだけプレーの幅が広がる可能性がある・・・そう伝えてきた
素直に聞く・・・何よりも大切・・・でもな・・・評価されたくてプレーする・・・それは違うって
評価されたい=見られている、そのときの結果にこだわる・・・そういうことだ
大切なのはさ・・・見えてる部分だけじゃねーんだって
失敗は悪い? 責められるから?? 指導者の言葉??? チームメイトの態度????
夢はプロサッカー選手・・・そんなヤツがさ、失敗を恐れてどうすんだよ

失敗を100回でも200回でも繰り返せ!!!・・・そうすりゃ・・・体が覚えるって

できるか、できないか・・・そんなの関係ないんだって

やるしかねーんだ・・・チャレンジし続けりゃいいんだ・・・で、失敗すりゃいいんだ

ダメって思われてんなら・・・それでいいじゃねーか

期待されてるよりも、たくさんのチャレンジができる

期待されてるよりも、たくさんの失敗ができる

涙こらえて、歯くいしばって・・・いつの日か・・・見返してやればいいだろ

自分の夢なんだからさ・・・そこも・・・闘えないといけない

誰かに評価される・・・そのためにサッカーを始めたわけじゃないだろ




adidas CUP 2014 ~3日目、その他の結果~ - 2014.08.17 Sun


adidas CUP 2014
第29回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会

大会3日目、その他の結果(略称)

大分トリニータ 0-1 FC多摩名古屋グランパス
名古屋グランパス 14-1 ポラリス
SSS 2-3 サンフレッチェ広島
ブレイズ熊本 3-1 湘南ベルマーレ
ヴィッセル伊丹 1-0 ジェフユナイテッド千葉
サガン鳥栖 12-0 レグノウァ
JFAアカデミー 3-3 コンサドーレ札幌
FC東京 4-0 カティオーラ
清水エスパルス 4-1 京都サンガ
S.T.FC 3-0 山形FC
Forza’02 6-1 岐阜VAMOS
ガンバ堺 0-2 サガン唐津
ヴィッセル神戸 0-0 愛媛FC
柏レイソル 0-0 アビスパ福岡
ベガルタ仙台 1-3 横浜F・マリノス
AC長野パルセイロ 3-3 宇治FC
栃木SC 2-0 藤枝東FC
シーガル広島 2-2 岩田FC
ガンバ大阪 0-2 鹿島アントラーズ
カターレ富山 4-1 サンフレッチェびんご
浦和レッズ 1-1 ジュビロ磐田
長岡JYFC 1-1 三菱養和SC巣鴨
ジュビロSS 3-2 横浜FC

ラウンド32(決勝トーナメント1回戦)の対戦カード

FC東京深川 vs ジェフ千葉
サガン鳥栖唐津 vs JFAアカデミー福島
名古屋グランパス vs ガンバ大阪
ヴィッセル神戸 vs アビスパ福岡
FC多摩 vs 岩田FC
鹿島アントラーズ vs セレッソ大阪
S.T.FC vs 柏レイソル
栃木SC vs 湘南ベルマーレ平塚
ジュビロSS磐田 vs 浦和レッズ
清水エスパルス vs ガンバ大阪堺
コンサドーレ札幌 vs 宇治FC
ジュビロ磐田 vs 横浜FC
サガン鳥栖 vs Forza’02 
横浜F・マリノス vs ヴィッセル神戸伊丹
長岡JYFC vs ブレイズ熊本
サンフレッチェ広島 vs 藤枝東FC




adidas CUP 2014 ~スタート地点~ - 2014.08.17 Sun


ヘミニス金沢フットボールクラブ

adidas CUP 2014
第29回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会

20140812geminis0026.jpg

朝の散歩

20140812geminis0027.jpg

朝食バイキング

20140812geminis0028.jpg

昼食は弁当

20140812geminis0029.jpg

2人1組

20140812geminis0030.jpg

ロンド・・・広すぎるなw

20140812geminis0031.jpg

DCは帰路へ、次の闘いはすぐそこにある
21日から「ヘミニス金沢FC招待 in 和倉/能登島」が始まる

キックオフ

40分+1分 セレッソ先制(8番) 0-1

67分 セレッソ2点目(14番) 0-2

80分+4分 セレッソ3点目(7番) 0-3

試合終了

スタッツ
シュートはヘミニスの7本に対し、セレッソは21本
CKはヘミニスの3本に対し、セレッソ15本

長かったな・・・予選が始まってからここまで・・・本当に長かった

選手は・・・何を思い、何を考え、何を学んだのか

指導者は・・・何を思い、何を考え、何を学んだのか

ここは、お疲れ様でした・・・ではなく・・・スタート地点でないといけない

まだ闘いが続いている者たちがいるのだから・・・

当アカデミーからは
カイセイ(ヘミニス金沢FC・10番)はスタメン出場で60分までプレー
ソウシ(ヘミニス金沢FC・14番)は20名のベンチ入りを果たすも出場ならず
ユウキ(ヘミニス金沢FC・13番)はベンチ外

最後まで・・・ヘミニスらしかった




adidas CUP 2014 ~2日目、その他の結果~ - 2014.08.16 Sat


adidas CUP 2014
第29回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会

大会2日目、その他の結果(略称)

大分トリニータ 0-7 名古屋グランパス
FC多摩 7-1 ポラリス
SSS 1-2 ブレイズ熊本
サンフレッチェ広島 3-0 湘南ベルマーレ
ヴィッセル伊丹 1-9 サガン鳥栖
ジェフユナイテッド千葉 4-0 レグノウァ
JFAアカデミー 0-0 FC東京
コンサドーレ札幌 3-1 カティオーラ
清水エスパルス 1-0 S.T.FC
京都サンガ 1-2 山形FC
Forza’02 0-0 ガンバ堺
岐阜VAMOS 0-4 サガン唐津
ヴィッセル神戸 1-0 柏レイソル
愛媛FC 1-7 アビスパ福岡
ベガルタ仙台 1-1 AC長野パルセイロ
横浜F・マリノス 5-0 宇治FC
栃木SC 7-0 シーガル広島
藤枝東FC 1-3 岩田FC
ガンバ大阪 7-1 カターレ富山
鹿島アントラーズ 4-1 サンフレッチェびんご
ジュビロ磐田 3-1 セレッソ大阪
長岡JYFC 0-2 ジュビロSS
三菱養和SC巣鴨 1-2 横浜FC

FC多摩、サンフレッチェ広島、ジェフユナイテッド千葉、清水エスパルス、ヴィッセル神戸
横浜F・マリノス、栃木SC、ガンバ大阪、鹿島アントラーズ、ジュビロ磐田の10チームが2勝




adidas CUP 2014 ~vs 浦和レッズジュニアユース~ - 2014.08.16 Sat


ヘミニス金沢フットボールクラブ

adidas CUP 2014
第29回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会

20140812geminis0021.jpg

朝食

20140812geminis0022.jpg

当日ミーティング

20140812geminis0023.jpg

試合会場へ出発

20140812geminis0024.jpg

現地到着

20140812geminis0025.jpg

今日は白でキックオフ

6分 レッズ先制(20番) 0-1

40分+1分 レッズ2点目(3番) 0-2

41分 レッズ3点目(8番) 0-3

54分 レッズ4点目(10番) 0-4

62分 レッズ5点目(3番) 0-5

76分 レッズ6点目(10番) 0-6

78分 レッズ7点目(11番) 0-7

試合終了

スタッツ
シュートはレッズが28本、ヘミニスは3本
CKは11本のレッズに対し、ヘミニスは2本

数字の上でも完敗・・・現時点でのサッカー選手としての差は、これほどまでに大きい
以前、監督が言っていた・・・この全国の経験で、皆プロになる夢をあきらめる
その経験が出来ただけでも有難いのだが・・・選手たちは・・・どう受け止めるだろうか

当アカデミーからは
カイセイ(ヘミニス金沢FC・10番)はスタメン出場し44分までプレー
ユウキ(ヘミニス金沢FC・13番)は20名のベンチ入りを果たすも出場ならず
ソウシ(ヘミニス金沢FC・14番)はベンチ外
※登録は15名以上30名以内、ベンチ入りは20名、交代は5名まで

20140115sn1610.jpg

明日はセレッソ大阪

今日負けているので、相手もがけっぷちである




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

N-style

Author:N-style
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4754)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR