FC2ブログ
topimage

2015-07

飛騨市長杯U-11サッカー大会2015 - 2015.07.31 Fri


『N-style金沢 Soccer Academy』

いよいよ、明日から1泊2日
ヘミニスのTRマッチを休ませてもらい
愛知FC招待「飛騨市長杯U-11サッカー大会2015」へ参戦

予選Aグループ
愛知FC一宮 スクエア富山・A N-style金沢SA 名古屋FC

予選1回戦 N-style金沢SA vs 名古屋FC

いきなり優勝候補であろう強敵と対戦
大会の形式上、予選はリーグ戦ではなくトーナメント方式
一度でも負けたら、その時点で優勝は無くなる

今大会のシード3チーム=昨年度の同U-10大会の1~3位
優勝のDREAM、準優勝のピュアFC、3位のアウトラインFC
その他・・・愛知FCグループ、各地区トレセン
それから・・・ENFINI、ゼッセル熊取
強豪が目白押し・・・どこまでやれるか・・・力試しの2日間

全国大会常連の大阪「DREAM」
冬のウィンターカップでは5・6位決定戦で対戦
「DREAM」とやれるまで行きたいね・・・頑張ろう

bosyuutirasi001003.jpg




経験 - 2015.07.30 Thu


ヘミニス金沢フットボールクラブ

ジュビロ磐田U-14サマーカップ2015

◆準決勝の結果

第1試合 名東クラブ(Aリーグ1位) 0-1 ジュビロSS掛川(Bリーグ1位)

第2試合 ヘミニス金沢FC(Cリーグ1位) 0-4 ジュビロSS磐田(ワイルドカード)

◆決勝・3位決定戦の結果

決勝 ジュビロSS掛川 0-1 ジュビロSS磐田

3位決定戦 名東クラブ 2-1 ヘミニス金沢FC

4位で大会を終える



結果は以上の通り
5チームで構成される予選リーグの中で
1位しか準決勝に進出できない(2位中1位=ワイルドカード)
厳しい予選を勝ち抜くことは出来た
が・・・3日間続けて良いパフォーマンスを維持する・・・これが・・・難しかった

ジュビロは3チーム(磐田、掛川、浜松)とも、高いパフォーマンスを発揮していた
実力的には掛川が高かったように見えたが・・・磐田はのっていた
勢いがついたのは言うまでもなく・・・準決勝が良かったから
自分たちがのせてしまったと言えるだろう
磐田は前後半で全員を入れ替える
それでも同じレベルのサッカーを体現できる・・・こうありたいと思った

20150727jubilokouhei.jpg

優勝した彼らが1年生の時に指導していたのが幸平
とても明るく・・・元気いっぱいな選手たちだった
より大きなステージで再び挑戦できるよう・・・一歩ずつ・・・だな

とても大きな経験・・・

選手にとっても・・・

自分にとっても・・・

この経験を・・・アカデミーの君たちに伝えていきたい




ジュビロ磐田U-14サマーカップ2015 - 2015.07.28 Tue


ヘミニス金沢フットボールクラブ

ジュビロ磐田U-14サマーカップ2015

◆予選リーグ1日目

ヘミニス金沢FC 1-0 ジュビロSS浜松(静岡)

ヘミニス金沢FC 2-0 柏レイソルAA野田(千葉)

◆予選リーグ2日目

ヘミニス金沢FC 1-1 緑東FC(愛知)

ヘミニス金沢FC 4-1 緑フットボールクラブ(愛知)

3勝1分、予選リーグ1位で準決勝進出

◆明日の準決勝

ヘミニス金沢FC vs ジュビロSS磐田

11:10キックオフ

金沢からの応援、宜しくお願いします




Nスタ、連絡 - 2015.07.27 Mon


『N-style金沢 Soccer Academy』

◆連絡◆

27日(月)~29日(水)まで
ヘミニス金沢FCが「ジュビロカップU-14」に参戦のため
トレーニングで中島が不在となり、日中は連絡がとれません

何かありましたら
水上・本多の両コーチ、または役員さんに連絡をお願い致します
ご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力をお願い致します




原点 - 2015.07.26 Sun


『N-style金沢 Soccer Academy』

アカデミーの原点「ストリートサッカー」

今日は・・・久々に【ヤツ】が参加

20150726nstylesssss.jpg

後から後から増える増えるwww

球蹴りしたい32名が参戦

軽~~く汗を流した程度だけどね・・・最高だったな

アカデミーの原点「divertir-se」=楽しむ=「se divierte」

ま、そういうこと

20150726sousitatuya.jpg

面白い写真を1枚・・・選んでみた(笑)

一応【172cm】あるんだけどね・・・従兄弟のタツヤは・・・「184cm」だからなw

184cm、中3=受験生、勉強ガンバレ




努力が勝利に繋がるという経験 - 2015.07.26 Sun


『N-style金沢 Soccer Academy』

U-8カテゴリー

◆JFAキッズフェスティバル
西部緑地公園陸上競技場サブグランド 晴れ 5分ハーフ
担当 本多コーチ

U-8 4-1 野町SSS
前半2-0
得点 コウタ×2、エイト、コウタ

U-8 1-1 ディスフルート
前半1-1
得点 コウタ

U-8 3-0 旭丘SSS
前半0-0
得点 エイト、ガクト、エイト

U-8 1-0 白山FCボーイズ
前半1-0
得点 ソウ

U-8 3-0 川北FC
前半2-0
得点 ソウ×2、ユウキ

U-8 0-1 符津SSS
前半0-0

野町SSSさん、ディスフルートさん、旭丘SSSさん
白山FCボーイズさん、川北FCさん、符津SSSさん
今日一日、有難うございました・・・今後とも、宜しくお願い致します

以下、本多コーチより

新年度になり新しい仲間も増え、初めての対外試合。
半年前の富山遠征では相手に歯が立たず、悔しい思いをした(はず?)。
あれからどれだけ成長したかな?

週3回のトレーニング。
それなりに厳しくやってきたので、今日はとにかく「サッカーを楽しむこと」
その他、試合のテーマは以下を伝えて臨んだ。
・とにかく走って相手のボールを奪う
・ドリブルで仕掛ける
・速いリスタート

とりあえず良くも悪くも元気はある!!!
球際はよく闘えていたし、テーマにもよくチャレンジしていたと思います。

初めて味わう勝利の歓び・・・やっぱり嬉しいね~

だけど課題は山積み。
ドリブル、パス、見る、判断、すべてが全く未熟
さらに良くないのはトレーニングでは元気がないことと・・・
話を真面目に聞けない者がいること・・・。
ココをしっかりできないと、これから先・・・勝つことは難しくなります。
今日の経験が良いキッカケとなり、また明日からのトレーニングに活かし
真面目に元気に取り組んでくれることを期待したいですね。

保護者の皆様
今日は本当に暑い中、審判、応援、ありがとうございました。
皆様のおかげで熱中症もなく、無事に乗り切ることができました。
今後もまた日常のトレーニングを大切に取り組んでいきますので
ご協力のほど、よろしくお願いいたします。




若葉旗、それぞれの活躍 - 2015.07.25 Sat


若葉旗ひまわりほーむカップ争奪
第31回 石川県ジュニアサッカー大会

U-12決勝

符津スポーツ少年団サッカー部 1-0 森本サッカースポーツ少年団

マイト=符津No,4

2015072518250000koikemaito.jpg

ディフェンスリーダーとして、しっかり統率できていたね
試合を支配している状態でも、立ち位置をこまめに修正できていた
周りも良く見れていたし、攻撃参加も素晴らしかった
何より良かったのは「パスの精度」・・・1タッチパスも正確で文句なし
控えめな努力家なので・・・背中にしときます(笑)

ユウマ=森本No,11

2015072518180000yasudayuuma.jpg

常に相手に支配されている難しい試合だったね
気温も相当高かったようで・・・持ち味は出し切れず
だが、解説の三浦くんの目にとまったようで・・・アップ連発www
試合には負けたが・・・とりあえず目立ってた(笑)
あっ、準決勝のゴール・・・ユウマらしくて、素晴らしいゴールだったよ

あとは・・・3位の美川にシュン
U-11で惜しくも準優勝の符津にレン
他、結果には結びつかなかったけど・・・それぞれ、お疲れ様でした

君たちが所属チームで活躍している・・・本当にうれしいよ

これからもっと努力して、チームに貢献できる選手になってください




かけひき、アイデア、感覚 - 2015.07.24 Fri


『N-style金沢 Soccer Academy』

本日のTR(新神田小学校グランド)

◆カテゴリー3(園児~2年生)
・ボールコントロール
・ミニゲーム

◆カテゴリー1・2合同(3年生~中学生)
・ボールコントロール
・3対2+GK
・4対3+GK
・ゲーム形式

ボールコントロール(全カテゴリー合同)
何度も書く・・・何度でも書くが・・・
箸でご飯を食べるように、ペンでノートに字を書くように、、、、
「思った通りにボールを扱えるようになる」・・・なるまでやる

3対2+GK、4対3+GK
ゴール使用、カテゴリー別に対戦
どういうオーガナイズであれ、サッカーである以上は・・・「止める」「蹴る」「運ぶ」である
①状況判断=何をするために、どこにどうボールを置くか(1タッチプレー含む)
②状況判断にあったファーストタッチを実行する
これがサッカーなのだが、この行動に「かけひき」が必要になってくる
「体の向き」「目線」「ボールの置き場所」・・・こういった要素で、相手をだます
そこまで到達するには・・・結局は「基礎」=基本的な技術が不可欠となる

上記したTRにも言えることだが・・・
決まったこと、教えられたこと、、、、それだけでは、すぐに限界がくる
サッカーは、「その状況・その瞬間の判断」で成り立っている
全てのTR・全てのゲームにおいて、「アイデアが必要不可欠」である

自分も・・・だんだんと戻ってきた
感覚が・・・少しずつ・・・少しずつ・・・研ぎ澄まされていく
失っていたものが・・・また血液を通って・・・全身に回って行く・・・そんな感じ

相手との「かけひき」を楽しめ

想像もつかない「アイデア」で魅せろ

君にしかない

その「感覚」を・・・研ぎ澄ませ!!!





ドラマのような現実 - 2015.07.24 Fri


こんな事が・・・実際に起こるものなのだなぁ・・・

昨年度、夏の甲子園をかけた決勝戦
2014年7月27日
小松大谷 |150 110 000|8
星稜   |000 000 009|9x

そして今日、夏の甲子園をかけた準々決勝
2015年7月24日
星稜   |000 101 010|3
小松大谷 |000 000 004|4x

星稜高校サッカー部が
全国大会で3位になり、翌年2位となり、その翌年・・・悲願の日本一に輝いた
舞台は違うが・・・同じように、後世に語り継がれる出来事である

これはTVドラマではなく現実だから・・・当事者がいる
勝った方にも・・・そして・・・敗れた方にも・・・
両校野球部の選手・指導者・関係者にエールを送りたい
これからも頑張ってください・・・さらに頑張ってください




日常とは自分自身であり・・・我々、指導者である - 2015.07.23 Thu


一度や二度伝えれば、すぐに改善できる

成長する速度は、尋常でないほど速いと言える

そこまででなくとも、三回、四回、五回、、、、良いセンスをしていると言っていいだろう

加えて言うなら・・・そんな選手ばかりであれば・・・自分は必要ない

そういった成長速度の速い、優秀な素材はさ

日本の真ん中、王道、、、、より高いレベルの環境で、自分を磨けばいいのだから

この国には・・・イライラしている指導者が随分と多くなった

出来ないことに腹を立てる

どんなに改善を促しても変わらないことに腹を立てる

腹を立てているように見せる・・・これもテクニックではあるが・・・ね

選手に何を求めているのか

自分(指導者)の描くことを実行できることか

だとしたら・・・世界に追い付くことは絶対に不可能である

集まった選手の素材を嘆くなら

育ってきたこれまでの環境(指導)がダメだとケチをつけるのなら

そうではない優れた個が集まる環境に、その身を置けばいいのではないか

自分の価値観では・・・それはドキドキ・ワクワクが足りないのだけれど・・・ね

中学生とは・・・小学生の時にあった差を、高校生で逆転するための準備期間であり

高校生とは・・・中学生で蓄えたことを発揮させるために、ひたすら挑戦する期間である

嘆くべきは才能の無さではなく、それを超えられない日常の質の低さである

日常とは自分自身であり・・・我々、指導者である

才能だけが勝負なのであれば、自分を超える才能を持つ者には絶対に勝てない

それが全てであるなら・・・こんなにつまらないものはない

そうではないから・・・サッカーは面白くて・・・そして・・・夢がある

何度も言うが・・・

中学生年代は準備期間であり、高校生年代はひたすら挑戦する期間である

だから・・・いまがダメでも・・・ダメじゃねーんだって

才能だけでやっていけるほど、サッカーは簡単じゃないし・・・甘くない

いま伝えるべきは・・・

選手自身が、その可能性を広げるために毎日をどう過ごすべきか・・・である

指導者が自分の型にはめることほど、可能性の低いことはないだろうに・・・

正しいという信念がある・・・良いことであるが・・・逆もまた、真なり・・・である



読み返して、あらためて思うね・・・自分は、謙虚とは程遠い人間である

謙虚とは、人として最大の美徳である

謙虚でない者は、必ずどこかで潰される

だから自分も・・・この先に待つものは、そういうものであろうと思っている

それでも、伝えるべきことは伝えないといけない

使命があるから、道は創られる・・・これもまた、真である




相手と相談する - 2015.07.22 Wed


『N-style金沢 Soccer Academy』

本日のTR(新神田小学校グランド)

◆カテゴリー3(園児~2年生)
・ボールコントロール
・本多コーチ担当メニュー

◆カテゴリー1・2合同(3年生~中学生)
・ボールコントロール
・3対2+GK
・ゲーム形式

雨が強くなってきたので、早めにトレーニング終了

3対2+GK(カテゴリー1・2)
①カテゴリー別に対戦→中学生は中学生同士、小学生は小学生同士
②カテゴリー別に対戦、同色ビブスによるチーム戦
ゴールを使用したオーソドックスな3対2(GK入り)
小学生は中学生を見て学べるので、小中交互に行った
「セオリー」はあるが・・・そればかりに囚われると・・・面白くない
セオリーよりも重要なのは、「相手をみて判断する」こと
小学生をみて中学生が学べることもある・・・「発想」とはそういうものである

ドリブルだけでなくパスでも同じなのだが・・・
「相手の逆を突く」ことが出来れば、「決定的な場面」を創れる
そのためには「状況判断」なのだが、重要なのは「相手の状況」である

相手と相談する・・・そう表現する人もいる・・・面白いね




自由な発想で個を育てる環境 - 2015.07.20 Mon


『N-style金沢 Soccer Academy』

U-8カテゴリー

◆トレーニング(月曜日、祝日)
・本多コーチ担当メニュー

U-11カテゴリー

◆トレーニング(月曜日、祝日)
・水上コーチ担当メニュー

午前中はリーグ戦、午後からは紅白戦(暑い一日だったなぁ~
チームの活動を終えて到着すると・・・カテゴリー別に「ストリート」が始まっていた

U-8では、何人ものお父さんが一緒にゲームしていた
いいね・・・これこれ・・・これが原点
そのうち・・・相手してもらえなくなるからね(お父さんの方が・・・ねwww)

一緒にやってみて・・・あらためて思った
いまの中2世代は・・・「ティキ・タカ」だな
カイセイや【息子】の世代は・・・「セレソン」の香りがしたけどな
「ティキ・タカ」の中で・・・マナキは良いアクセントになってる
疲れてっけど・・・楽しかったな

ストリート?・・・遊んでるだけ?・・・そう、その通り!!・・・これが「育成」

この国にはさ・・・「自由な発想で個を育てる環境」が・・・ほとんどない(残念

遊びだけど・・・本気・・・本気で挑戦してる・・・最高だな




10年後の自分 - 2015.07.19 Sun


『N-style金沢 Soccer Academy』

U-11カテゴリー

◆トレーニング(日曜日)
・ボールコントロール
・ストリート

8月1日から2日間
飛騨市長杯(愛知FC招待、U-11大会)に出場する
大会の性質上、一度負ければ優勝の可能性は無くなる
今日の取り組みからみると・・・厳しいね
初戦が優勝候補の一角・・・さて、どうなることか・・・

これから先
君たちには多くの苦難・困難・理不尽が待ち受けている
有難いなどと言えるのは、一部の選手とその親だけだろう
あとは・・・ひたすら苦しいだけ・・・それが当たり前の厳しい世界だ
それを乗り越える覚悟がないのであれば・・・それなりの選択をした方がいい

覚悟・・・

2001年、「澤穂希」はアメリカに居た
当時はまだ、日本の女子サッカーは全くの無名・・・弱小国であった
アメリカは当時からずっと世界最強、女子リーグも世界最高レベルを維持していた
雲を掴むような、蜘蛛の糸にすがるような・・・そんな見えない可能性を信じて・・・
澤は一人でアメリカに渡り、自分の夢と向き合っていた
当時の澤の「マイブック」=サッカーノートの一節

困難は、それを乗り越えられる人だけにやってくる

他にも・・・色んな言葉が書かれていた・・・自分を信じるしかなかった
2011年、澤はメッシの横に並んで「バロンドール」=世界最優秀選手賞を受賞した
10年前、誰一人として・・・それを予想できた者はいないだろう
もがいて苦しんで・・・そして消えていった・・・そんな選手の方が圧倒的に多い
1%以下の可能性を信じる・・・普通の感覚ではない
だが・・・諦めなかったから夢に届いた・・・これは事実であり・・・真実である

澤は・・・10年後の自分を想像できていたのか・・・どうだろう

少なくとも・・・自分を信じていたことは・・・間違いない

君たちには・・・まだ早いか・・・それとも・・・




選手募集のお知らせ - 2015.07.17 Fri


4月から募集を始めて

すでに“9名”が新規加入しています

何か上手くいっていない・・・

もっと巧くなりたい・・・

成長するキッカケがほしい・・・

ここで掴んでください!!!


bosyuutirasi001002.jpg

N-style金沢サッカーアカデミー

園児~小学生、大募集!!!

平日の練習は週3回 毎週月水金曜日

新神田小学校グランド 16:30~日没

遅刻、早退、問題ありません!

週1回からの参加でもOK!!

本気なら、誰でも参加できます!!!

活動5年目、小・中学生が50名在籍

本気で夢と向き合っています!!!

↓まずは連絡ください↓

nstylekanazawa@gmail.com


20141227nstyle0005.jpg

目標が・・・その日その日を支配する

夢に向かって本気なら

いつでもここで・・・待ってます!!!





いましかない - 2015.07.17 Fri


『N-style金沢 Soccer Academy』

本日のTR(新神田小学校グランド)

◆カテゴリー3(園児~2年生)
・ボールコントロール
・ミニゲーム

この日は「基礎」を徹底的に行った
リフティング、ジグドリ、リフティング、ジグドリ、、、、
ボールは友達・・・ボールがあれば1人でも遊べる
そうならないと・・・成長の速度が上がらない

◆カテゴリー2(3年生~5年生)
・ボールコントロール
・ポゼッション
・ゲーム形式
・1対1

ボールコントロール(カテゴリー1・2合同)
コーンを使ったジグザグドリブル
コーンを使ったジグザグリフティング
メニューを変えながら、繰り返し行った
基本的な技術の「基準」を上げる・・・ひたすら拘る部分である

ポゼッション
4対2、2人組×3色ビブス
色んな条件を組み合わせて、メンバーを替えながら行った
考える速さ=「シンキングスピード」を上げる・・・技術と合わせて・・・そこに拘りを持つ

1対1(カテゴリー1・2合同)
斜め45度から、学校と体育館の灯りを頼りに
サッカーの根幹となる「1対1の強さ」を極めるTR
自分より強い者に、自分から挑戦する・・・負けてたまるか=それ最高!!

◆カテゴリー1(6年生~中学生)
・ボールコントロール
・水上コーチ担当メニュー
・ゲーム形式
・1対1

「基礎」は自分が、「そこから先」は水上コーチが
指導者の要求は高い・・・満足できる選手は1人もいない・・・もっと・・・もっとだ!!



明日から・・・夏休みだそうで

低い方へ流れる・・・誰にでもすぐに出来る簡単なこと

より高い方を目指し毎日を過ごす・・・「志」がある者にのみ出来ること

この夏は・・・いましかない

人生は片道切符・・・戻ることは・・・出来ないのだから・・・

大切にしてほしい




正しい判断の出来る大人 - 2015.07.16 Thu


練習前、早く来た中学2年生が・・・基礎練習を始めた

3人で2人1組のような練習

三角形になってトラップとパスの練習

四角形に動きながらインサイドキックの練習

どれも・・・彼らがチームに入団した1年生のときにやっていたものだ

彼らは決して認められた存在ではない

どちらかと言えば・・・努力が報われていない部類に入るだろう

それでも彼らは・・・信じて取り組んでいる

コツコツコツコツ・・・諦めることなく取り組んでいる

きっと他にも居るのだろうな

見えないところでも・・・同じように・・・コツコツコツコツやっている者が・・・

「強く生きる」とは・・・そういうことなんだろうな

それと向き合う指導者としての自分は・・・正しい判断の出来る大人でありたい

共に学べることに感謝して・・・自分は指導者としての責任を果たしたい




「技術」と「姿勢」 - 2015.07.15 Wed


『N-style金沢 Soccer Academy』

小学2年生を中心とする「カテゴリー3」
そのTRは、「まず基本」となるボールコントロール
「感性や個性を重要視」しているので、クーバー的な方向性は持っていない
少し時間はかかるかもしれないが、自ら身に付けた技術が大切である
その後はミニゲーム・・・3対3、4対4、など参加人数でオーガナイズする
ここでは「全てが自由でいい」と思っている
15分に1回休憩することと、その時にチーム替えすること・・・これだけを伝えている
サッカーに目が向かないような時には、少し口出しするが・・・それも限定的である
「指導者主導のTRで身に付ける技術」と、「自分たちで考えて取り組む姿勢」と・・・両建である
技術が上がってくれば、もっと幅の広いゲームが展開できるのだが・・・さて・・・

改めて、本日のTR(新神田小学校グランド)

◆カテゴリー3(園児~2年生)
・ボールコントロール
・ドリブル
・ミニゲーム

◆カテゴリー2(3年生~5年生)
・ボールコントロール
・ドリブル
・1対1
・ゲーム形式
・1対1

◆カテゴリー1(6年生~中学生)
・ボールコントロール
・ドリブル
・水上コーチ担当メニュー
・ゲーム形式
・1対1

ボールコントロール(全カテゴリー合同)
この日は「自分が苦手な技術(テクニック)」に、積極的に取り組んだ

ドリブル(全カテゴリー合同)
ジグドリ、「利き足のコントロール」に拘って

1対1(カテゴリー2)
ゴール使用、裏(DFの背後)で受ける
昨日は中学生にも似たようなTRを行った
出来ること=技術は違うが・・・取り組む姿勢は負けていなかった

ゲーム形式(カテゴリー別)
5年生中心のカテゴリー2、7対7
最近は自主性を重んじているので、取り組みは前向きで元気が良い
オフェンス(攻撃)は随所に良いプレーが見える
で、それは何故だと思う?・・・と、問いかけてみた
「元気が良いから!!」と返ってきたが・・・そうだね・・・でも、それだけじゃない
「ディフェンスが甘いから」・・・である
指導者が厳しさを求めるのはディフェンス面がほとんど
口を出さない分だけ、どうしてもディフェンスが甘くなる
自分たちで高い意識を持ってほしい部分だ・・・ヨロシク頼むぜ

年齢によって求めているレベルは変わるが・・・「技術」と「姿勢」であることに変わりはない




雑草=可能性 - 2015.07.15 Wed


先日、「やべっちFC」で特集されていたのが「サンフレッチェ広島」

そのキーワードはズバリ・・・「育成」である

現在、Jリーグ最強の浦和レッズ・・・その主力や監督は、元・サンフレッチェ広島が多い
それだけサンフレッチェ広島の育てた選手が優秀である証でもあるだろう
財力のあるクラブとそうでないクラブとでは、同じ舞台にいても意味合いが違う
それは日本だけでなく・・・スペインでも、イタリアでも、ドイツでも、同じである
だからこそ、サンフレッチェ広島が成し遂げた「Jリーグ2連覇」は・・・偉大な記録である

で、「育成」・・・現在、自分の関わっている「育成」は・・・広島のそれとは違う

石川県出身の選手
サンフレッチェ広島のユースからスカウトされ、そこから昇格=プロ契約した選手が2人いる
1人は現在パテオの指導者である寺内良太、もう1人は現在ジュビロ磐田でプレーする井波靖奈
彼らは石川県という環境で基礎を育み、サンフレッチェ広島という環境で磨かれた選手だと言える

現在のJリーグ下部組織にいる小・中学生の選手は、その「地域のエリート」であり
ユース(高校生年代)では、全国から優秀な選手を集めているのが実情である
声をかければ拒否する選手の方が少ないだろう
それは悪いことでも何でもなく、「サッカーの王道」である
そんなエリートである彼らでさえ、プロになれるのは年に1~2人程度・・・厳しい世界である

で、「育成」・・・日本のそれは・・・果たして上手くいっているのか・・・

15歳という時点で、優れた選手を集められる環境
これに「育成」という言葉を使われると・・・少し違和感がある
まぁ・・・15歳・・・そこからが「本当の勝負」なので、育成であることに変わりはないのだが

雑草のように扱われ、踏みつけられ、見向きもされなかった・・・そこにこそ「可能性」がある

自分が向き合ってるのはここ・・・「雑草=可能性」である
だから自分は・・・当たり前のことではダメだと思っている
可能性は可能性に過ぎず、現実は考えているよりも厳しいものである
可能性を伸ばすには、エリートを超えるには・・・「毎日が勝負」である

負けてらんねぇ~

逃げてらんねぇ~

良いものは良い、ダメなものはダメ・・・そこから・・・現実から、目を背けちゃいけない




続・ここにしかない景色 - 2015.07.14 Tue


『N-style金沢 Soccer Academy』

昨日のTR(新神田小学校グランド)

◆カテゴリー3(園児~2年生)
・ボールコントロール
・ミニゲーム

◆カテゴリー1・2合同(3年生~中学生)
・ボールコントロール
・ミニゲーム
・1対1

レオ(リオネル・メッシ)は子供の時から大人を相手にプレーしていた
彼に限らず・・・ストリートから始まる「南米スタイル」では、年齢は全く関係ない
このアカデミーでも同じ光景が見られる
4年生が、5年生が、、、、中学生を相手に堂々と仕掛けていく

年下相手に出来たって・・・中学生にとって意味があるの?
と、馬鹿にする者がいたら・・・それはおめでたい
年下だから簡単にいくわけではない
何故なら・・・そうオーガナイズしているから(笑)
心配ご無用・・・高校生だろうが・・・簡単にはやらせねーよ

小学生も中学生も同じピッチに立つ

同じ条件だから「実力」のみが支配する

「ここにしかない景色」と偉そうに書いているが・・・他で見かけたことはない

良いか、悪いか、ではなく・・・そういう取り組み

規格外を創る・・・そういう取り組みだから




選手募集のお知らせ - 2015.07.14 Tue


4月から募集を始めて

すでに“9名”が新規加入しています

何か上手くいっていない・・・

もっと巧くなりたい・・・

成長するキッカケがほしい・・・

ここで掴んでください!!!


bosyuutirasi001002.jpg

N-style金沢サッカーアカデミー

園児~小学生、大募集!!!

平日の練習は週3回 毎週月水金曜日

新神田小学校グランド 16:30~日没

遅刻、早退、問題ありません!

週1回からの参加でもOK!!

本気なら、誰でも参加できます!!!

活動5年目、小・中学生が50名在籍

本気で夢と向き合っています!!!

↓まずは連絡ください↓

nstylekanazawa@gmail.com


20141227nstyle0005.jpg

目標が・・・その日その日を支配する

夢に向かって本気なら

いつでもここで・・・待ってます!!!





ペップ、林雅人、YACVE - 2015.07.13 Mon


昨日、チームTRから帰ってきて電話が鳴る・・・久々に話した

色んな指導者とサッカーの話をするが
自分のオーガナイズに突っ込むのは・・・YACVEさんくらいだな(笑)

ペップ(グアルディオラ)のバルサはこうなのに・・・Nスタはどうして?

林雅人はこう言っているけど・・・Nスタはどうして?

こんな話をしていると・・・軽く1時間は超える
久々だったから・・・良い意味で新鮮であり・・・楽しい時間だった

こんな話出来んの・・・数人しかいないからね

またね・・・ヤスベーさん




日曜日の試合 - 2015.07.13 Mon


『N-style金沢 Soccer Academy』

U-11カテゴリー

◆トレーニングマッチ(日曜日)
U-11交流戦 志賀町陸上競技場(天然芝) 晴れ 15分ハーフ
担当 本多コーチ

U-11 0-5 FCひがし(富山)

U-11 6-0 松任中央SSS

U-11 7-0 鹿西SSS

U-11 3-2 松任中央SSS

U-11 3-1 FCひがし

U-11 4-1 志賀町SSS

U-11 2-0 志賀町SSS

FCひがしさん、松任中央SSSさん、鹿西SSSさん、志賀町SSSさん
有難うございました・・・今後とも、宜しくお願い致します



以下、本多コーチより

30度を越える過酷な環境、前日も夜まで試合
コンディション的にも厳しい中、どれだけ逞しく闘えるか
また、無駄な運動量の浪費を防ぐため、どれだけシンプルに速くボールを動かし
身体がキツイ状況でもいかに周りを確認しておき、頭を働かせられるか?をテーマに掲げる。

初戦から強豪との対戦・・・前日より遥かに速いプレッシャー
特に、縦に入れるボールに対しては圧倒的に厳しく
止まっている状態では、ボールを受けた瞬間に奪われてしまう・・・。
ビルドアップどころか、前に運ぶこともできない。
こちらのミスやマークのズレからディフェンスが乱れると
確実なプレーからシュートどんどん見舞われ完敗・・・。

ボールを持ってから考えていたのでは遅い

テーマとして取り組んではいたものの、あらためてその必要性を実感させられました。
その後の再戦では、こちらも必死に食らいつき、意地を見せることはできましたが・・・。
相手はこの暑い中、10人で全6試合に挑み
3連戦を闘ったあと、空き時間にランニングしていた・・・。
その最終戦がウチであったことを考えると・・・
やはりフィジカル的にこちらが有利であっただけであり
もっとタフに、もっと賢くならなくてはならないと感じました。

とはいえ、ウチも全7試合を闘い、最後は本当に足が止まっている中
気迫で迫る相手に対し、最後の所は身体を張り、必死に声を出しつつも
冷静にカウンターアタックから得点を奪うことができ、その部分は評価して良いと思いました。

8月の大会まであと3週間・・・

もっとタフに、もっと逞しくなれるよう、しっかりトレーニングしよう

保護者の皆様
昨日は遅くまで、今日は早くから
しかも本当に暑い中、準備や審判に応援・・・ありがとうございました。

みんな・・・少しは逞しくなってくれたかな・・・




土曜日の試合 - 2015.07.13 Mon


『N-style金沢 Soccer Academy』

U-11カテゴリー

◆トレーニングマッチ(土曜日)
U-12交流戦 小松ドーム屋外グランド(人工芝) 晴れ 15分×1本
担当 本多コーチ

U-11 4-0 アレグリア&今江

U-11 3-0 根上

U-11 5-0 アレグリア&今江

U-11 7-0 根上

アレグリアさん、今江さん、根上さん
有難うございました・・・今後とも、宜しくお願い致します




この時代を生き抜くために・・・ - 2015.07.12 Sun


「ストリートサッカー」に足りない唯一の要素・・・それが「競争」である

ストリートサッカーは、指導者がいない「自らの学びの場」である
向上心をもっていれば、大抵のことは学べるが
全ての価値観=「評価軸は自分」にあり、成長には「志」が不可欠である
やりたい事をやっているだけでは・・・成長などありえない
自然とやるべき事が見えてくるので、甘えずにやるという「意志のチカラ」が必要である

チームという集団において、評価は他人=指導者が行う
ここで重要なことが2つ・・・とても大切なことだから、理解してほしい
選手は・・・「指導者に評価されたいから取り組むのではない」ということ
他人の意見・目線は、成長するために欠かせないが・・・他人が夢を叶えてくれるわけではない
指導者は・・・「平等な競争が出来る環境を提供する」こと
平等な競争が出来ないチームは弱く、弱い集団から強き者は生まれない・・・夢には届かない

bosyuutirasi001003.jpg

最終的な評価は自分自身で出来るようにする

平等な競争が出来る環境を提供する

この時代を生き抜くために・・・必要だと気付いているか




何だって学べる・・・その「基準」は・・・自分自身である - 2015.07.11 Sat


速度=スピード=速さ

一言で「速さ」といっても・・・色々とある

技術においての速さ
止める→蹴るの動作の速さ、ドリブルの速さ、などの「ボールを扱う速さ」もあれば
予測や対応の速さ、動き出しの速さ、などの「考える速さ」もある
「速くできることも重要」だが、「遅くても相手に何もさせない技術」は魅力的である

戦術においての速さ
0~10までの速さがあるとして、分かりやすく例えるなら・・・
相手の速さ=スピードが「0(ゼロ)」ならば、「5」でも十分速いと言える
こちらが「9」で走っていても、相手も「9」なら・・・相対速度は「0(ゼロ)」である
これが「戦術」であり、これ以上でも・・・これ以下でもない

早くしないと間に合わない・・・これは「急ぐ」という速さ(早さ)である
少しでも早いうちから(低い年齢から)やらないと間に合わない・・・そういう考え方である
自分はこの部分は否定的であって・・・全てがそうとは言い切れない
選手個々の成長による違いが大きいし、「基本的な技術の成熟」には時間がかかる
急いで作ったもの=メッキはすぐに剥がれてしまう
真の輝きを放つものを創りたいのなら、時間をかけて磨くべきである
本当に重要だと思っているのなら、「目の前の結果を超える信念」が必要である
「本物の技術でなければ通用しない」ことが分かっているのなら・・・急ぐべきではない
形にこだわり、型にはまったものは・・・基準より上のレベルでは通用しない

今日も真っ暗になるまでボールを蹴った

ここには色んなものがあった
好奇心、向上心、チャレンジ精神
コミュニケーション、会話、笑顔、歓喜、要求
1タッチパスの連続、相手の背後へのパス
危険を察知したポジションを超えたディフェンス、自分を表現するテクニック
ポゼッション、カウンター、ドリブル突破、パナ、アイデア、ひらめき、、、、
ディフェンスしないチームはすぐ負けるし
運動量の少ないチームもまた・・・勝ち続けることは難しい
思いっきり走ってもいいし、歩くような速さでプレーしたっていい
走り回ってもいいし、サボってチャンスを待っていてもいい

自ら学んで身に付ける・・・とても価値のあることだと思う

何だって学べる・・・その「基準」は・・・自分自身である

bosyuutirasi001001.jpg

原点は「ストリートサッカー」

始まりは・・・自分から・・・




ここにしかない景色 - 2015.07.11 Sat


『N-style金沢 Soccer Academy』

日付変わって、昨日のTR(新神田小学校グランド)

◆カテゴリー3(園児~2年生)
・本多コーチ担当メニュー

◆カテゴリー1・2合同(3年生~中学生)
・ボールコントロール
・ポゼッション
・ゲーム形式
・1対1

ボールコントロール
ドリブル&リフティングを交互に
・しなやかさ
・片足で立つことの意義
・実際の試合で役に立つドリブルテクニック
型じゃない・・・感覚・・・感覚で逆をとるんだ
理解する前に体が反応する・・・そこまでやらないと・・・将来(さき)が見えない

ポゼッション(カテゴリー別)
5対2、ビブスなし、U-2タッチ、リターンパス禁止、パスしたら動く
6対2、2人組×4色ビブス、U-2タッチ、同色ビブスへのパス禁止、パスしたら動く
パスしたら動く→動いた後にはスペースが出来る
このスペースを上手く使って、動きながらポゼッションする感覚を養う

ゲーム形式(カテゴリー別)
カテゴリー1、8対8
カテゴリー2、6対6
いつもより少しスペースがあることで、自由な発想とテクニックが見えた
より個性的に、もっと拘りを持って・・・突き抜けろ

1対1
ゴール使用、斜め45度から、学校の灯りを頼りに
このアカデミーではお馴染み・・・拘りの1対1

ここ最近は・・・ゲームを静かに見守っている

もっと見せてみろ!!!

もっとやれんだろ!!!

ここにしかない景色・・・楽しくなってきたな




この国のサッカーは・・・とても「窮屈」である - 2015.07.09 Thu


文部科学省ってところがあって
この国では・・・ここから学習における「指針」が示される

現在、社会から求められていることはこうだから
こういうのにチカラを入れて人材を育て、「こっち」は重要でないから・・・廃止しようか
何て感じのことが、当たり前のように現場に通達される

「こっち」・・・になったら大変
今まで一生懸命にやってきたこと
今まで学んで身に付けたこと
その全てを・・・否定されることになる

この国は・・・どうしてこうなんだろうな・・・

何で皆に同じことを身に付けさせようとするんだ
現在求められていることが、10年後も求められていると断言できるか
少数意見こそ・・・大切にすべきじゃないのか
人と違うって・・・素敵なことなんじゃないのか

他人は自分ではないのだから・・・

何が言いたいかって・・・ここは「サッカーのブログ」だからなw
サッカーも同じなんではないかな・・・なんて考えてたら・・・眠れなかった
この国には・・・超一流が育つ「環境」がない
「個性」を尊重する・・・そんな「文化」がないのだろうね

そんなのは個性ではない
この場面ではこうしないといけない
否定して、押し付けて・・・
そんな指導者の声ばかりが溢れている・・・寂しい国だね

この国のサッカーは・・・とても「窮屈」である

いま・・・ギリギリのところにいる

ここより下がるわけにはいかない




サッカーは「人」である - 2015.07.08 Wed


シャビを失ったバルサに新たなMFが加入する

アルダ 28歳 アトレチコ・マドリード

昨季セヴィージャから加入したラキティッチと同じく

対戦相手の主力級であり、実績のある選手の獲得である

3冠を達成しても、さらに進化を求める・・・世界最強の宿命か

今季のスペイン代表・・・やはり「ティキ・タカ」は失われつつある

昨季のバルサ・・・その「スタイル」は・・・もう戻らないことを証明した

1つの「サイクル」が終わろうとしている・・・いや、もう終わったのだろう

ヨハン・クライフ

カルラス・レシャック

ジョゼップ・グアルディオラ

シャビ・エルナンデス

彼らを繋ぐキーワードが・・・「カンテラ」=下部組織・・・「育成」である

現在の3トップは、おそらく・・・世界最強だろう

そして、「ペップ(グアルディオラ)が率いた時代のバルサstyle」が・・・

「史上最高のサッカースタイル」であったと言えるだろう

クライフが去り、レシャックが去り、ペップが去り、そして・・・シャビが去った

サッカーは「人」である・・・世界がそう・・・教えてくれている




選手募集のお知らせ - 2015.07.08 Wed


募集を始めて3ヶ月

すでに8名が新規加入しています

何か上手くいっていない・・・

もっと巧くなりたい・・・

成長するキッカケがほしい・・・

ここで掴んでください!!!


bosyuutirasi001002.jpg

N-style金沢サッカーアカデミー

園児~小学生、大募集!!!

平日の練習は週3回 毎週月水金曜日

新神田小学校グランド 16:30~日没

遅刻、早退、問題ありません!

週1回からの参加でもOK!!

本気なら、誰でも参加できます!!!

活動5年目、小・中学生が50名在籍

本気で夢と向き合っています!!!

↓まずは連絡ください↓

nstylekanazawa@gmail.com


20141227nstyle0005.jpg

目標が・・・その日その日を支配する

夢に向かって本気なら

いつでもここで・・・待ってます!!!





世界は広い・・・だからこそ・・・自分らしく - 2015.07.07 Tue


今日は・・・昼前に「rua」へ

casarua0001.jpg

3時間半くらい・・・ずっと話してたな(オレがwww)

海外の暮らしの話、家族の話・・・色んな話が出来て良かった

言うまでもなく・・・ほとんどは、サッカーの話だけどね

sinnenkai20150000.jpg

4ヶ月前の写真

この頃と比べて・・・人間的にも成長したね

いまできること・・・その全てが良い経験

casarua0000.jpg

「rua」の扉は・・・いつも大きく開いてる

開放的で、ここだけに留まらない空間・・・いつも世界と繋がっている

世界は広い・・・だからこそ・・・自分らしく

20150227010ns.jpg

今日は七夕・・・出会いには感謝




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

N-style

Author:N-style
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4754)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR