FC2ブログ
topimage

2015-10

日本一願 - 2015.10.31 Sat


バル・ド・マルヌU-16国際親善トーナメント2015

イングランド、オランダ、フランス、そして日本、4ヶ国による総当たり方式
各国の15歳以下の代表選手・・・将来、世界のトップになる選手もいるだろう

日本代表メンバーは、全てクラブチームに所属
Jの下部組織が15名、JFAアカデミーが2名、三菱養和SC巣鴨が1名
彼らを率いるのは森山佳郎、ユース年代の「育成のスペシャリスト」である

日本 4-3 イングランド
前半2-2、後半2-1

日本 3-2 フランス
前半2-0、後半1-2

2戦連発のNo,9「久保建英」=FC東京むさし所属の中学2年生
FCバルセロナに所属しながら、国際規定によりやむなく帰国
今夏のクラブユース選手権では、全国大会準優勝に貢献
そんな彼のフランス戦の2点目・・・圧巻だった

この年代までは勝てるし、次のU-17でも内容は悪くない
そこから更に上のU-19~U-21・・・この辺りで・・・世界に離される
世界のトップで活躍する選手がでてくる年代・・・明確に「個」で劣る
どうかこの大会に出場している彼らが・・・同じではないと願っている

コイツ、ヤバイな!! ・・・そんなのは海外の選手ばかり

個で劣るから組織で対抗する・・・そんな理屈は・・・もうたくさんだ

Jリーグが出来て、もう20年以上が経った・・・20年前から同じことの繰り返しだ

日本中が本気にならないと・・・日本一丸・・・日本一願である




王者 vs 最強の挑戦者 - 2015.10.31 Sat


花のテレ金ちゃん

夕方のこの時間・・・テレビを観ることはない
アカデミーで指導しているか、ヘミニスのTRに向かっているか・・・である
番組内で高校サッカー選手権決勝戦の特集が組まれていた

王者・星稜高校
過去に自分の教え子も随分とお世話になった
河崎監督はフランクな人柄で、食事もお酒もとても楽しかった
現在指導するヘミニス金沢FCからは、実に57名もの選手が星稜に進学
そのうち4名がJリーグに入団・・・夢の舞台に挑戦している
※現役は1名、橋本晃司=川崎フロンターレ
最強の挑戦者であろう鵬学園との決勝戦を前に
王者はいかなる心境なのだろうか・・・王者のみが知るところである

最強の挑戦者・鵬学園高校
スタメン全員が県内出身、うち8名がヘミニス金沢FCの卒団生である
スタメンの半数以上が県外出身の選手である星稜とは対照的なチーム
そういう意味でも・・・歴史を変えることが出来るか・・・興味深い
この決勝戦の結果がどうであれ、真が問われるのは今後である
真の意味での「育成」が出来る環境であるかどうか・・・未来はそこにある

1人のサッカー人として
決勝戦・・・決勝戦だからこそ、感動する試合が観たい
後の世には結果しか残らない・・・いやいや、そんなことはない
全国制覇したとしても、10年さかのぼれば・・・身内以外は覚えていない
それよりも・・・記憶に残るチーム、記憶に残る試合・・・その方が価値がある

2015103112510000.jpg
宣伝になりましたね(笑)

第94回 全国高等学校サッカー選手権大会 石川県大会決勝戦

西部緑地公園陸上競技場 11月1日(日) 12:05キックオフ

王者・星稜 vs 最強の挑戦者・鵬学園

感動を・・・ください





初心、忘れることなく - 2015.10.30 Fri


『N-style金沢 Soccer Academy』

本日のTR(スポセン)

◆カテゴリー3(園児~2年生)
・本多コーチ担当メニュー

◆カテゴリー2(3年生~5年生)
・リフティング
・トラップ&パスコントロール
・ターン&パスコントロール
・ゲーム形式

◆カテゴリー1(6年生~中学生)
・水上コーチ担当メニュー

リフティング
・基本5種目、肩、かかと
・キャッチ(インステップ、股、肩)
ヘディングのリフティング
当てる場所や、アゴの角度にもコツがある
しかし、最も重要なのは・・・ヒザを柔らかく使うことである


トラップ&パスコントロール
2人組
・右足インサイドトラップ⇒右足インサイドキック(逆足も)
・右足インサイドトラップ⇒左足インサイドキック(逆足も)
・1タッチパス交換(インサイド)

ターン&パスコントロール
5~6人組
・ハーフターン
・フルターン
・スクリーンターン(インサイド)
・スクリーンターン(アウトサイド)
・リターンパス(1タッチ)⇒オフの動き⇒ハーフターン

上記の2種目
この1週間、細かい部分にまで徹底的に拘った
いつ見るか、どこを見るか、ボールの置き場所、、、、
色々とあるが、その中でも重要なのは以下である
・パスにメッセージを込める
・パスのメッセージを読み取る
この日学んだことは・・・これからのサッカー人生を変えるものである


nstylesouseikinosensyutati.jpg

2012年1月4日、1年目の「初蹴り会」の写真
13人でスタートしたアカデミー、このときすでに26人に増えていた
現在はさらに倍以上のメンバーが在籍・・・日々のTRに励んでいる
指導者も自分1人から3人に増えた
それぞれがそれぞれの持ち場で、選手たちと全力で向き合う毎日

未来ある子供たちのために

理想の環境を目指して


そう志して始めたアカデミーである
活動5年目、より高みを目指して・・・初心、忘れることなく




1秒も無駄にしてはいけない - 2015.10.29 Thu


『N-style金沢 Soccer Academy』

日付変わって、昨日のTR(スポセン)

◆カテゴリー3(園児~2年生)
・本多コーチ担当メニュー

◆カテゴリー2(3年生~5年生)
・リフティング
・トラップ&パスコントロール
・ターン&パスコントロール
・ゲーム形式

◆カテゴリー1(6年生~中学生)
・水上コーチ担当メニュー

リフティング
・基本5種目

トラップ&パスコントロール
2人組
・右足インサイドトラップ⇒右足インサイドキック(逆足も)
・右足インサイドトラップ⇒左足インサイドキック(逆足も)
・1タッチパス交換(インサイド)

ターン&パスコントロール
5~6人組
・ハーフターン
・フルターン
・スクリーンターン(インサイド)
・スクリーンターン(アウトサイド)
・リターンパス(1タッチ)⇒オフの動き⇒ハーフターン

上記の2種目
メニューを増やしながら「プレーの質」に拘っている
・周りを見ておく(特に背後、ターンするには背後の状況判断が不可欠)
・トラップの置き場所
・トラップの後、パスする相手を確認する
・踏み込み~キックのインパクト
・ボールの軌道(最初は縫い目が見える⇒後からタテ回転がかかる)
・パス&ムーブ


ゲーム形式
5対5、フリータッチ
この日もフリーズしながら、「立ち位置」に拘った
・相手より有利な立ち位置
・次を意識した立ち位置
なぜ、そこなのか?・・・「サッカーを知る」ためのTRである


2015010216120000.jpg

2015010216130000.jpg

写真は「宮谷大進」=ヘミニス金沢FC13期生
現在は大学1年、星稜高校全国制覇のメンバーである
相手からボールを奪ってドリブルで運んでいるシーン
見て分かる通り・・・顔は上がったまま、ボールは見ていない
ヘミニス時代は年代別日本代表として海外での試合も経験
彼は限られた時間を有効に使い、自主TRを行っていた

こういう選手になるために

真剣に話を聞き・・・真剣に取り組みなさい

1秒も無駄にしてはいけない

どうせやるなら・・・巧くならんと・・・勿体ない





アカデミーTRの予定 10月・11月 - 2015.10.27 Tue


『N-style金沢 Soccer Academy』

10月以降の予定

時間が別れているものがありますが
①が5年生以下
②が6年生以上
これが基本となっています

基本的には、「いしかわ総合スポーツセンター」=「スポセン」で行います
「スポセン」が使用できない場合は、「新神田小学校ピロティ」=「ピロティ」で行います
「ピロティ」は新神田小学校体育館の一階部分、「時間は17~19時」となります
「ピロティ」は使用料がかかりませんが、ゲームなどが出来ません
リフティングやフェイントテクニックなど、「個人技中心のトレーニング」となります

◆10月の予定

28(水) スポセン
①17~19時
②19~21時

30(金) スポセン(サブアリーナ)
①17~19時
②19~21時

◆11月の予定

2(月) ピロティ

4(水) ピロティ

6(金) ピロティ

9(月) スポセン
①18~20時
②18~21時

11(水) 休み

13(金) スポセン(サブアリーナ)
①18~21時
②18~21時

16(月) スポセン
①18~20時
②18~21時

18(水) スポセン
①17~19時
②19~21時

20(金) スポセン(サブアリーナ)
①17~19時
②17~19時

25(水) スポセン
①17~19時
②19~21時

27(金) スポセン
①18~20時
②18~21時

30(月) スポセン
①18~20時
②18~21時

変更があった場合は、その都度連絡します

20141227nstyle0005.jpg




成長できる理由 - 2015.10.27 Tue


『N-style金沢 Soccer Academy』

本日のTR(スポセン)

◆カテゴリー3(園児~2年生)
・本多コーチ担当メニュー

◆カテゴリー2(3年生~5年生)
・リフティング
・トラップ&パスコントロール
・ターン&パスコントロール
・ポゼッション
・ゲーム形式

◆カテゴリー1(6年生~中学生)
・リフティング
・水上コーチ担当メニュー

リフティング
・基本5種目
・インサイド&アウトサイド(左右交互)
・インステップ&もも(左右交互)
・インステップ&ヘディング
・インサイド&アウトサイド(片足のみ)

トラップ&パスコントロール
2人組
・右足インサイドトラップ⇒右足インサイドキック(逆足も)
・右足インサイドトラップ⇒左足インサイドキック(逆足も)
・1タッチパス交換(インサイド)

ターン&パスコントロール
3人組
・ハーフターン
・フルターン
・スクリーンターン(インサイド)
・スクリーンターン(アウトサイド)

リフティングがウォーミングアップ、パスコントロールが基本TR
ドリブル&1対1がメインのグランドTRとは大きく変わった

ポゼッション
3対1、1タッチオンリー
4対2、2人組×3色ビブス、フリータッチ
4対2はフリータッチであるが
・どこで(どういった意図で)1タッチを使うか
・そのための立ち位置を素早くとることで優位に立てる
これがこの日のテーマであり、「かけひき」に直結するテーマである


ゲーム形式
5対5、フリータッチ
何度もフリーズ(プレーを止めて指導)しながら
・立ち位置
・次の展開の予測
・有効なドリブルと選択肢を失くすドリブル
・パスのタイミング
こういったことをその状況で考えさせ、前回の試合での課題に取り組んだ
今後はこういった「インテリジェンス」を磨くことが中心となる


20141227nstyle0004.jpg

上の写真は昨年末の「蹴り納め会」
自分は新年からヘミニスの指導者に就任したので
このときはまだ・・・彼らの指導者ではない
だが・・・自分の話を聞いていない者など1人もいない
背中側にいる者であっても、話を聞いているのが分かる
これが成長できる理由、親の「躾」がしっかりしている

背中向けてる時に、ちょいちょい悪さしてるヤツ

見えてるよ・・・自分は背中に目があるんでね(笑)

まぁ・・・夢には届かんよ・・・かまわんけど

これを読んで・・・ウチの子か?と焦った親は大丈夫

ウチは関係ない・・・そう思っているなら・・・残念

読んでもいないなら・・・知る術もない





選手募集のお知らせ - 2015.10.26 Mon


平成27年度

すでに“21名”が新規加入しています

何か上手くいっていない・・・

もっともっと巧くなりたい・・・

成長するキッカケがほしい・・・

ここで掴んでください!!!


bosyuutirasi001003.jpg

N-style金沢サッカーアカデミー

園児~小学生、大募集!!!

平日の練習は週3回 毎週月水金曜日

4月~9月の練習会場

「新神田小学校グランド」

10月~新年3月の練習会場

「いしかわ総合スポーツセンター」

「新神田小学校ピロティ」

遅刻、早退、問題ありません!

週1回からの参加でもOK!!

本気なら、誰でも参加できます!!!

活動5年目、小・中学生が60名在籍

本気で夢と向き合っています!!!

↓まずは連絡ください↓

nstylekanazawa@gmail.com


20141227nstyle0005.jpg

目標が・・・その日その日を支配する

夢に向かって本気なら

いつでもここで・・・

アカデミーの門は・・・開けてあります!!!




超えていけ!!! - 2015.10.25 Sun


『N-style金沢 Soccer Academy』

ストリート

今日も・・・30人以上が集まった

随分と寒くなった

あと・・・どれくらいできるかな・・・

夏は8時過ぎまでやっていた(笑)

今日は・・・もう6時で真っ暗になった

sn102013122900010.jpg

それでも・・・「志」は失わず・・・

海晟も、創司も・・・君たちにとって・・・大きな壁だった

中学生になって成長した君たちが・・・いまは大きな壁である

さぁ・・・超えていけ!!!





高校サッカー選手権 ~石川県大会、準決勝の結果~ - 2015.10.25 Sun


第94回 全国高等学校サッカー選手権大会

◆石川県大会 準決勝の結果

星稜 2-0 遊学館

石川県立工業 0-0(延長0-3) 鵬学園

◆決勝戦の日程

西部緑地公園陸上競技場 11月1日(日) 12:05キックオフ

星稜高校 vs 鵬学園高校

王者 vs 最強の挑戦者

歴史はまだ続くのか・・・

それとも・・・新たな歴史の幕開けか・・・




明日をどう生きるか - 2015.10.25 Sun


『N-style金沢 Soccer Academy』

U-11カテゴリー

◆トレーニングマッチ(土曜日、夕方~)
内灘グランド(人工芝) 曇り~雷雨 20分×1本
担当 水上コーチ、本多コーチ

U-11 0-1 菊川

U-11 1-0 北陽

U-11 0-0 大徳
※途中、雷雨により中止

菊川さん、北陽さん、大徳さん
有難うございました・・・今後とも、宜しくお願い致します



以下、水上コーチより

ウォーミングアップの時間も十分に無い中で
いつもの1試合目の入りの悪さと、ただピッチに立っているだけではなく
しっかりとサッカーをプレーする事を伝えて試合を始めました。
いつもやっているプレーを、ただオートマチックにするのではなく
状況により、どの様なプレーが効果的かを考えてもらうのが狙いで
半分位は、普段とは異なるポジションにチャレンジしてもらう事を試みました。

全体的には1試合目の入りも良く、集中して戦えていましたが
・パスを出した後の次のプレーへの準備
・パスを受ける為の相手との駆け引きとポジショニング
・次の次のプレーへのイメージと準備
これら関しては・・・かなりの改善が必要だと感じました。

個人的には、各々が少しずつ成長しているとは感じますが
以前より成長のスピードが緩やかになっているのでは?・・・と思います。
後から参加する様になった選手は、まだ出場時間は短いですが
自身が持っている力を一生懸命に発揮しようとする思いが伝わってきました。

普段とは異なる状況での効果的なプレーでいうと
3試合目・・・DF=3、MF=2、FW=2、の相手に対して
うちは、いつも通りのポジションでプレーしていました。
残念ながら・・・こういった状況を理解して
より有利なプレーをするアイデアを発揮していた選手はいませんでしたが
相手に押し込まれながらも、個々の対応でしのいでいました。

このアカデミーの選手達には、ボールコントロールにとことん拘りながらも
・相手との駆け引きができる選手
・状況を把握した上でより良い判断ができる選手
・アイデアを発揮できる選手
このような選手に成長していけるようなトレーニングを
今後も継続する事が大切だと感じる交流戦でした。

最後は親も子もびしょびしょになってしまいましたが
このような機会を常に提供してくれる本多コーチに感謝しつつ、報告に代えさせて頂きます。

20150316kaiseilastmatch003.jpg

成功は挑戦から始まる

挑戦には挫折が付きものである

挫折から立ち上がる度に・・・強く逞しくなれる

成功の裏には・・・何千の、何万の・・・失敗がある

だから・・・今日ここで失敗したことは、決して悪いことではない

明日をどう生きるか・・・ここが勝負である





耐え忍ぶ日々の中でしか育たない・・・それが「志」である - 2015.10.25 Sun


本当に伝えたいのは「かけひき」である

「アイデア」とか、「ひらめき」とか、、、、
それらは「相手とのかけひきを制する材料」である
かけひきを制することが、「ゴールを奪う」ことに繋がっており
しいては・・・「試合を制する」ことに繋がっている
そのための基礎となるのが「ボールコントロール」
したがって・・・出来なくてもいい技術は・・・ない

何でもできる・・・これが「自分の課す基準」である

かけひきは、大きく分けて2つある
・球際のかけひき
・ボールのないところでのかけひき
試合を優位に進めるためのかけひき
それは試合の前からすでに始まっている
同じように、ボールを受けたときのかけひきは
ボールを受ける前からすでに始まっており
ボールを受けた時点で、その勝敗が決していることが多い
かけひきとは「良い準備」・・・これもまた・・・真なり

育てるのは「環境」であり、育てるのは「親」である

これらを学ぶ・・・何年もかかる
まずはボールコントロール・・・これにも期間がかかる
必要なのは・・・「情熱」を持ち続けること、そして「継続」
情熱を持ち続けることは、最も難しいことである
サッカーも、そして人生も・・・思ったように進んでいかない
楽しいことよりも・・・苦難、困難、災難、それらの方が多い
耐える、我慢する・・・そんな「忍耐」が、人を育てる

「自立」・・・そのために必要なのは、まず「我慢」である

我が子にどんな人生を歩んでもらいたいのか
厳しい現実、耐える日々、降りかかる災難、、、、
サッカーとは、人生とは・・・そんなものである
でもその中で、顔を上げて「前向き」に進んで行ける
自分で考え、自分で決断し、自分の足で歩いていく
それを伝えられるのは・・・環境であり、親である

感謝は「モチベーション」となって、自分に還ってくる

我慢を教えることは「躾」である
無い物をねだるよりも、いま有ることに「感謝」できる方がいい
目の前にあることが達成できていないのであれば
まずはそれに全力を傾けるべきだが、我慢できないのが人である
最初にあった情熱など簡単に失い、同時に夢を失っていく
自分はまだ未熟な存在だと、夢に向かう途中なのだと
いまが大切だと、いまはまだ我慢の時なのだと
そういった「物事の本質」を知れば・・・何かが変わる

問いかけてみれば・・・答えはでる

いつの頃からか、人は損か得かで物事を判断するようになる
いま得をしているようで、実は長い目で見れば損かもしれない
いま損しているようで、実は夢に向かって進んでいるかもしれない
後になって分かることばかり・・・人生とは、そういうものである
何事にも前向きな思考=「ポジティブ」であれば
いまが損だろうが、いまが得だろうが、どっちだって同じ
前向きに捉えていれば、最終的には必ず成長している
物事の本質を知る上で・・・必ず我慢は必要になってくる

これらは筆者である自分の考えであり・・・同じになる必要はない

他人は自分ではないと知っている・・・つもりである(笑)

ただ・・・考えるところ・・・大きな差はないと思っている

挑戦と挫折はセットであり、人生には困難が付き纏う

それを乗り越えていくには・・・やはり我慢が必要ではないかな

で、自分の考えるところ・・・

我慢を教えることが、本当の愛情である

耐え忍ぶ日々の中で、本当の意味での前向きな思考を得る

現実と正面から向き合い、挫折から這い上がり、また挑戦する

耐え忍ぶ日々の中でしか育たない・・・それが「志」である




サッカーが大好きだから - 2015.10.23 Fri


『N-style金沢 Soccer Academy』

本日のTR(ピロティ)

◆全カテゴリー合同
・リフティングテクニック
・ドリブルテクニック
・ロンド(カテゴリー1のみ)

リフティングテクニック
個人
・基本5種目
・片足(インステップ、インサイド)
・キャッチ(「命」含め11種目)
・2度打ち(スネ&インステップ)
・アラウンド・ザ・ワールド(イン、アウト)
2人組
・1バウンドパス交換(フリー、インサイド、トラップ限定、パス限定)
・リフティングパス交換(フリー、インサイド、トラップ限定、パス限定、ヘディング)
たかがリフティングであるが・・・2人組になると、個人よりも要素が増える
周りを見るという要素、トラップという要素、パスという要素
試合に繋がる要素・・・言うまでもなく重要である


ドリブルテクニック
・水上コーチ担当メニュー

2人組のリフティング
色んなメンバーに「手本」になってもらった
ダントツに巧かったのは中学2年生・・・アカデミーの創設メンバーである
5年目・・・言うほど簡単ではない日々・・・やってきたことの表れ
どんなに才能があっても、どんなに将来性が豊かであっても
現実として、中2が一番巧い・・・誰もが認めるところである
中2だから??・・・現在の小学生の中で、彼らを超えられる者は少ない
年齢は関係ない・・・どれだけやってきたか・・・彼らは妥協しない

20150316kaiseilastmatch006.jpg

他とは何が違うのか・・・

生まれ持った才能がズバ抜けている者など1人もいない

エリートコースに進めるような認められた者など1人もいない

ただ・・・唯一あるとするなら・・・コイツら皆・・・

サッカーが大好きだ!!!

本気・・・それだけで・・・十分でしょ





満足とは、夢をあきらめることに等しい  - 2015.10.23 Fri


勘違いしてはいけない

このアカデミーで5年間続けてきたとして
それで身に付けた技術があるとして
「継続」を怠れば・・・身に付けたものは失われていく
まだ「道の途中」、身に付けたものは「ホンモノ」ではない

勘違いさせてはいけない

目に見えない成長から、目に見える成長に変わったとして
何回かできた⇒いつでもできる・・・ここまで到達したとして
それが「まだ道半ば」であると知らなけらば
「ここから先の成功」など、あるはずもないだろう

君たちの夢の実現とは、それほどまでに困難である

困難だからこそ、「挑戦」する意義があるのだが
挑戦とは、「ひたすら続く苦難困難との闘い」である
認められることなどなく、次から次へと災難は降りかかる
それでも諦めない・・・「志」が試される

見ているところが違う

すなわち・・・「基準」が違う
ここまで上達した・・・などと満足しているから
目の前の小さな欲求に囚われる
「もがいた先にチャンスがある」のだけれど
そこまで到達する前に満足し・・・「夢」を失う
満足した時点で、夢を失っていることに気付けない
満足とは、夢をあきらめることに等しい

続けるとは、最も難しいことである

簡単に満足し、気付いた時には全てを失っている
以前に同じ過ちを犯していたとしても
すぐに忘れ・・・同じことを繰り返す
だから・・・多くが夢には届かない・・・これが普通
ひたすら高みを目指しているつもり
頭では理解しているつもり・・・でも出来ない
甘えは簡単に許される
低い方に流れるのは、誰でも簡単に出来ることである

目の前の小さな欲求を満たすことで

何かを得たなどと満足してしまえば

大きな夢を見ていたことすら・・・

思い出せなくなってしまうというのに・・・




個が磨かれていく感覚 - 2015.10.22 Thu


『N-style金沢 Soccer Academy』

日付変わって、昨日のTR(ピロティ)

◆全カテゴリー合同
・リフティングテクニック
・ドリブルテクニック

リフティングテクニック
・ウォーキング
・基本5種目
・蹴り上げ(インサイド、アウトサイド)
・スネ打ち
・キャッチ(基本5種目、股、背中)
・リフト(15種類)
・リフト⇒シャペウ⇒コントロール(クッション、ウェッジ)
・リフト⇒たたき⇒コントロール(クッション、ウェッジ)

ドリブルテクニック
・フリー
・内ナメ⇒同じ足でシザース⇒逆足でドリブル(ネイマールのパナ)
・内ナメ⇒逆足でステップオーバー⇒シザース(ロナウドのドリブル)
・内ナメ⇒ラボーナカットイン
・ファルカン
・ジンガ
・クラブダンス

今年度から始めた「ピロティでのテクニックTR」
以前にも書いたが・・・手応え十分
もしかしたら・・・ここが「新たな歴史を創るスタート地点」になるのではないか
「個が磨かれていく感覚」・・・ヒシヒシと感じている

20150928001001002.jpg

我が敵は・・・我が妥協にあり!!!




出来るまでには時間がかかるが、知るってことは今すぐ出来る - 2015.10.20 Tue


『N-style金沢 Soccer Academy』

日付変わって、昨日のTR(スポセン)

◆カテゴリー2・3合同(園児~5年生)
・ドリブル
・リフティング
・ターン&パスコントロール
・ミニゲーム(カテゴリー3)
・ゲーム形式(カテゴリー2)

◆カテゴリー1(6年生~中学生)
・水上コーチ担当メニュー

ドリブル
ターン
・アウトイン
・ステップオーバー
・1ビート(一拍子)
ナメ
・内ナメ⇒ステップオーバー(ロナウド)
・足裏通しダブル⇒引き技
・ファルカン
毎日少しずつでいい・・・だから毎日やる

リフティング
・基本5種目
・蹴り上げインサイド
リフティングを軽く考えていると・・・将来泣くことになる
やればやっただけ、必ず上達する・・・それがリフティングである


ターン&パスコントロール
3人1組、パスは全てインサイドキック
・ハーフターン(インサイド)
・フルターン(インサイド)
・スクリーンターン(インサイド、アウトサイド)
・足裏通しターン
・リトバルスキーターン
・リフト系ターン
受ける前に自分の背後を見て状況判断する
状況にあった技術(ターン)を使う
そのために色々と学ぶ=何でも出来るようにしておく


geminis1610201412180002.jpg

なぜ、そうするのか・・・

ひとつひとつの技術に対して

そのときの状況判断に対して

このアカデミーの指導者は、必ず説明している

DFがこうくるから、それに対してこうする・・・とか

「知る」=知識を増やすってことが重要

出来るまでには時間がかかるが、知るってことは今すぐ出来る

だから何より大切な事は・・・「話を聞く」ってこと

真剣に、心で聞かないと・・・意味がないんだ





アカデミーの予定 (10月、11月) - 2015.10.19 Mon


『N-style金沢 Soccer Academy』

10月以降の予定

時間が別れているものがありますが
①が5年生以下
②が6年生以上
これが基本となっています

基本的には、「いしかわ総合スポーツセンター」=「スポセン」で行います
「スポセン」が使用できない場合は、「新神田小学校ピロティ」=「ピロティ」で行います
「ピロティ」は新神田小学校体育館の一階部分、「時間は17~19時」となります
「ピロティ」は使用料がかかりませんが、ゲームなどが出来ません
リフティングやフェイントテクニックなど、「個人技中心のトレーニング」となります

◆10月の予定

2(金) スポセン(サブアリーナ)
①17~19時
②19~21時

5(月) ピロティ

7(水) スポセン
①17~19時
②17~20時

9(金) ピロティ

14(水) スポセン
①17~19時
②19~21時

16(金) スポセン
①17~19時
②19~21時

19(月) スポセン
①18~20時
②18~21時

21(水) ピロティ

23(金) ピロティ

26(月) スポセン
①18~20時
②18~21時

28(水) スポセン
①17~19時
②19~21時

30(金) スポセン(サブアリーナ)
①17~19時
②19~21時

◆11月の予定

2(月) ピロティ

4(水) ピロティ

6(金) ピロティ

9(月) スポセン
①18~20時
②18~21時

11(水) 休み

13(金) スポセン(サブアリーナ)
①18~21時
②18~21時

16(月) スポセン
①18~20時
②18~21時

18(水) スポセン
①17~19時
②19~21時

20(金) スポセン(サブアリーナ)
①17~19時
②17~19時

25(水) スポセン
①17~19時
②19~21時

27(金) スポセン
①18~20時
②18~21時

30(月) スポセン
①18~20時
②18~21時

変更があった場合は、その都度連絡します

20141227nstyle0005.jpg




選手募集のお知らせ - 2015.10.19 Mon


平成27年度

すでに“19名”が新規加入しています

何か上手くいっていない・・・

もっともっと巧くなりたい・・・

成長するキッカケがほしい・・・

ここで掴んでください!!!


bosyuutirasi001003.jpg

N-style金沢サッカーアカデミー

園児~小学生、大募集!!!

平日の練習は週3回 毎週月水金曜日

4月~9月の練習会場

「新神田小学校グランド」

10月~新年3月の練習会場

「いしかわ総合スポーツセンター」

「新神田小学校ピロティ」

遅刻、早退、問題ありません!

週1回からの参加でもOK!!

本気なら、誰でも参加できます!!!

活動5年目、小・中学生が60名在籍

本気で夢と向き合っています!!!

↓まずは連絡ください↓

nstylekanazawa@gmail.com


20141227nstyle0005.jpg

目標が・・・その日その日を支配する

夢に向かって本気なら

いつでもここで・・・

アカデミーの門は・・・開けてあります!!!




彼らが居た場所 - 2015.10.19 Mon


『N-style金沢 Soccer Academy』

ストリート

2015101816570000.jpg

昨日も次から次へ・・・30人が集まった

ここは・・・失敗を恐れず、チャレンジする・・・そういう場所だ

ここは・・・個性を磨き、個性を発揮する・・・そういう場所だ

ここは・・・海晟がいて・・・創司がいた場所だからな

さぁ・・・もっともっと輝いてみせてくれ!!!

20150227010ns.jpg

Vamos a futuro ★★




高校サッカー選手権 ~石川県大会、準々決勝の結果~ - 2015.10.19 Mon


第94回 全国高等学校サッカー選手権大会

◆石川県大会 準々決勝の結果

星稜 6-0 航空石川

小松市立 0-1 遊学館

金沢泉丘 1-2 石川県立工業

金沢桜丘 0-2 鵬学園

◆準決勝の対戦

星稜 vs 遊学館

石川県立工業 vs 鵬学園



昨年度、日本一に輝いた星稜高校
今年度、その輝きはないが・・・今後も王者の意地を見せるだろう
ここまでは格下、次からが正念場

県内有数の名門、遊学館も今年は苦しい
北信越プリンスリーグでは、ギリギリの8位で残留した(星稜は4位)
遊学館の正GKは「柴田健吾」=ヘミニス金沢FC16期生
息子と同期である彼の活躍が、今後の結果を左右する

昨日の準々決勝、金沢桜丘vs鵬学園を観戦
県トップリーグでは1位が鵬学園、2位が金沢桜丘・・・ともにプリンス参入戦に進んだ
トップリーグでの結果は2戦2分・・・2戦とも1-1で引き分けている
金沢桜丘のスタメンにはヘミニス金沢FC15期生(現・高2)が2名
鵬学園のスタメンには14期生(現・高3)が5名、15期生が3名
両校合わせて・・・計10名のヘミニスOBが、スタメンに名を連ねた

試合評は割愛させて頂くが(一応・・・サッカー部員の親なのでw)
勝った方の鵬学園にも、課題はいくつも観られた
これは・・・まだまだ改善の余地があり、向上できる可能性があるということ
彼らの取り組み方次第で、もっともっと強くなれる・・・頑張ってほしい

2015101909570000.jpg

新聞に大きく取り上げられていた
鵬学園No,10「弥村信幸」=ヘミニス金沢FC14期生
もっともっと大きな舞台で、もっともっと輝けるはずだ

ちなみに・・・その後ろ
金沢桜丘No,6「西川玄記」=ヘミニス金沢FC15期生
FKは絶品だった・・・ノブ(弥村)は直接決めた・・・来年期待している




失敗しなければ成長しない - 2015.10.16 Fri


『N-style金沢 Soccer Academy』

本日のTR(スポセン)

◆カテゴリー3(園児~2年生)
・本多コーチ担当メニュー

◆カテゴリー2(3年生~5年生)
・リフティング
・ドリブル
・トラップ&パスコントロール
・ゲーム形式

◆カテゴリー1(6年生~中学生)
・水上コーチ担当メニュー

リフティング
・基本5種目
・インステップ&インサイド(左右交互、逆足も)
・インサイド&アウトサイド(左右交互、逆足も)
・ローテーション
・キャッチ(インステップ、もも、肩、ヘディング)
・アラウンド・ザ・ワールド
やり続けることで・・・必ず上達する
やり続けることで・・・しなやかなボールタッチが実現する


ドリブル
・シザース⇒ダブルタッチ
・2ステップ1タッチ
・足裏通しダブル⇒引く⇒引いた逆足で前に
・ジンガ(足裏通しダブル⇒外ナメ⇒内ナメ⇒後ろ足タッチ)
フェイント、ナメ、引き技、ジンガ、、、、何でも出来る・・・そこまでやる
ある程度出来ればいい・・・そんな低い基準では・・・通用しない


トラップ&パスコントロール
2人1組、トラップ・パスともにインサイドのみ
・利き足⇒利き足(逆足⇒逆足)
・トラップと逆足でパス
・1タッチ
3人1組、トライアングル
・右足のみ、右回り(左足のみ、左回り)
・右足⇒左足、右回り(左足⇒右足、左回り)
・1タッチ右足、右回り(1タッチ左足、左回り)
・アウトサイド右足⇒右足、右回り(アウトサイド左足⇒左足、左回り)
これが出来んと・・・サッカーにならん
日本のトップレベルとの差・・・「止める」である


2014041909220000sn10.jpg

失敗を恐れるな!!

誰でも失敗するのだから・・・

失敗することよりも、チャレンジ出来ないことがいけない

あえて言うなら・・・失敗しなければ成長しない

だから・・・失敗しなさい・・・たくさん失敗しなさい

そして・・・なぜ失敗したかを考え・・・自分で何かを掴みなさい

このアカデミーは・・・そういう場所である





考えるチカラ=未来を切り拓くチカラ - 2015.10.16 Fri


言われたことをやる

成長には欠かせない要素であるが・・・

その先に進めないと、非常に危険な状態になってしまう

その先・・・言われた以上を探す、言われた以上を目指す

もちろん・・・誰かに言われるでなく・・・

自分自身で探す

自分自身で・・・目指す

でないと・・・

指示を待つだけ・・・

言われたことをやるだけ・・・

何も考えられない人間になってしまう

指示された「その先」を探せる人を育てる

言われた「その先」を目指せる人を育てる

考えるチカラ=未来を切り拓くチカラ・・・である




人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり - 2015.10.16 Fri


組織のトップに求められていること

他人の話が聞ける人であること

他人は自分ではないと理解しているかどうか・・・資質である

言いたいことが言えない

言えない方に問題がある?・・・いやいや・・・聞く方に問題がある

言えば言うだけ嫌な思いをする・・・本心は言えなくなる

他人の本音とは、自分では気付くことが出来ない部分である

他人の本当の意見を聞くことが出来ない

それで成長などあるはずもなく・・・周りには人が居なくなる



人は城

人は石垣

人は堀

情けは味方

仇は・・・敵なり




決断力 - 2015.10.16 Fri


小泉進次郎

将来の日本を担う政治家の一人

彼が自民党内の農林部会長に就任した

TPPは農業関係者にとって厳しいものとなるだろう

反感、政府への不信、、、、

今日のJA全国大会でも、安倍総理にヤジが飛ぶほどである

いま最も困難な道を選ぶ・・・彼らしい決断と言える

この決断力・・・いずれ総理大臣になる・・・それほどの器である



苦難、困難、災難・・・それらが人を育てる

自ら選び、自ら進む・・・これが将来を創る

道が2つあるなら・・・厳しい方を選ぶべきである

本来、夢と向き合う志とは・・・そうあるべきである



理不尽は、そこらじゅうにある

それでも・・・苦難、困難、有難し・・・そう捉えれば、未来には希望が持てる

志を口にするが、目の前の小さなことしか見えていない・・・これが普通

ほとんどが普通であるから、自分にはチャンスがある・・・そう信じたらいい




無風、平らなピッチ・・・絶対巧くなる - 2015.10.14 Wed


『N-style金沢 Soccer Academy』

本日のTR(スポセン)

◆カテゴリー3(園児~2年生)
・本多コーチ担当メニュー

◆カテゴリー2(3年生~5年生)
・ドリブル
・リフティング
・トラップ&パスコントロール
・ゲーム形式

◆カテゴリー1(6年生~中学生)
・水上コーチ担当メニュー

ドリブル
行き=ジグザグドリブル
・フリー
・利き足のみで細かいタッチ
・123内ナメ
・123外ナメ
・ダブルタッチ
・スキップ
帰り=ソールドリブル
・後ろ向き両足交互
・前向き両足交互
・内ナメ(左右)
・外ナメ(左右)
・足裏通しダブル
・ロナウド(シザース&ナメ)
・ルーレット
最も重要なのは「顔を上げてドリブルできる感覚」を身に付けること
ひたすら反復練習することで、「しなやかなボールタッチ」も身に付く


リフティング
・ヘディング
・キャッチ(ヘディング)

トラップ&パスコントロール
2人1組、トラップ・パスともにインサイドのみ
・利き足⇒利き足(逆足⇒逆足)
・1タッチ
3人1組、トライアングル
・右足のみ、右回り(左足のみ、左回り)
・右足⇒左足、右回り(左足⇒右足、左回り)
・1タッチ右足、右回り(1タッチ左足、左回り)
・アウトサイド右足⇒右足、右回り(アウトサイド左足⇒左足、左回り)
重要なキーファクター=拘りは以下の通り(2人でも3人でも同じ)
・ボールがない時に「周りを見る」=しっかり見ておく
・受ける「準備」=良い体の状態をつくる
・トラップは足元に「ピタッ」っと止める
・止める場所は「次の動作がスムーズにできる」ところ
・「体の向きはパスする方向」、トラップで変えておく
・小さくてもいい、「踏み込んで」から蹴る
・パスは「どちらの足元に」まで正確さを求める
・止めてから蹴るまでに、パスの「送り先を確認」する


ゲーム形式
5対5、勝ち残り方式、U-2タッチ
この日はトラップ&パスコントロールに拘ったので・・・U-2タッチ
パスを受けてから考えるのではなく、「次をイメージしておく」ことが大切
イメージと違ったときに、「変化できる柔軟性」も必要


2014111418170000sn10.jpg

中学生つれて北信越フェスティバルに参加してきたが・・・

芝生でもガタガタ・・・転がしても弾んじゃう・・・ピッチは最悪だった

それに比べりゃ・・・体育館・・・いいね

無風、平らなピッチ(フロア)・・・絶対巧くなる

ネイマールだって・・・フットサルやってたからね




ある程度のリスクを仕方なしとして、ゴールを目指す - 2015.10.14 Wed


日本 vs イラン

この試合を観て・・・ハリルホジッチのやりたいことが少し見えた

ボールを回しているだけ、ポゼッションのためのポゼッション、、、、
こんな表現をする指導者には、目指すべきサッカーなのではないだろうか
ボールを失うことを恐れていない・・・ある意味で・・・斬新である
日本に合っているか・・・それは・・・何とも言えないが・・・

全てを良い方向に・・・前向きに捉えるとして
ある程度のリスクを仕方なしとして、ゴールを目指している・・・そう見える
セイフティーとか、リスクを冒すなとか、、、、
そんな思考の指導者のもとで、チャレンジなど出来はしないだろう
チャレンジという観点では、よっぽど前向きであると言える

自分が目指すものとは違うが・・・これも有りだと感じた

自分はこう考えている
ポゼッションのためのポゼッション・・・何がいけないのか
目的はゴールであるから、ポゼッションだけでは意味がない・・・口を揃えていう
自分は・・・ゴールが目的ではなく、勝利が目的である
守備を固めるより、リスクを冒して攻める方が面白い・・・そうも思っている
で、ポゼッションのためのポゼッション・・・一本の筋が通るのが分かるだろうか

ポゼッションしている間、相手に攻められることはない

難しいとこころは・・・
ポゼッションが70%でも、0-2で敗れることがある・・・ここである
まぁ・・・だからサッカーは面白くて・・・進歩し続けるのだけれど・・・ね

W杯の南米予選が始まった

ブラジル 0-2 チリ

アルゼンチン 0-2 エクアドル

ブラジルはネイマール不在、アルゼンチンはメッシ不在
彼らに頼ったチーム作り・・・こうなるわな
そしてもうひとつ・・・南米のレベルが高い・・・言うまでもないか

さ、今日もトレーニング

全力で・・・熱く・・・熱く・・・な

20150316kaiseilastmatch001.jpg




新人戦 テイヘンズが優勝!!! - 2015.10.14 Wed


第38回 石川県少年サッカー新人大会

2015101410260000.jpg

いい笑顔で・・・おめでとう

北信越大会から全国大会へ・・・目標は大きく・・・頑張って




これまでも、そして・・・これからも - 2015.10.13 Tue


【Aquellos que desafian a XAVI】

【息子】の試合を観たのは久々だった
成長を楽しみに、そして・・・懐かしい感覚もあった
以前はこうして毎日見ていた・・・遠い昔に思えた

子育て四訓

一、 乳児はしっかり肌を離すな
一、 幼児は肌を離せ、手を離すな
一、 少年は手を離せ、目を離すな
一、 青年は目を離せ、心を離すな

教えに従い・・・目を離して、心で繋がっている

20151010sn10nstyle.jpg

【彼】は3月26日生まれ
高校1年生といっても、中学3年生と変わらない
中学生時代は、身体能力の低さで苦労した
スピードでも、球際の競り合いでも、いつも負けていた
耐えるしかなかった・・・自分を信じて・・・耐えるしかなかった
耐える間、ずっと磨き続け・・・積み重ねてきた
テクニック、インテリジェンス・・・休まず磨き続け・・・休まず積み重ねてきた

そんな【彼】が・・・試合の中で躍動していた

磨き続けたことが、積み重ねてきたことが、少しずつ・・・発揮され始めていた

出場している全ての選手の中で、一番走っていたのは【彼】だった
競り合いで負けることはなく、ボールを奪うシーンが多かった
視野は随分と広くなり、決定的なチャンスを創っていた

試合の後・・・【彼】に課題を伝えた

もっとスタミナをつけ、運動量を増やすこと
もっと体を鍛え、競り合いを制すること
もっともっとテクニックを磨き、インテリジェンスを積み重ねること

全ては「継続」である・・・これまでも、そして・・・これからも

20151013sn10nstyle.jpg

次の機会はいつになるだろうか・・・

また、その成長を楽しみに・・・見守ることにしよう




今後の予定(10月、11月) 再掲載 - 2015.10.13 Tue


『N-style金沢 Soccer Academy』

10月以降の予定

時間が別れているものがありますが
①が5年生以下
②が6年生以上
これが基本となっています

基本的には、「いしかわ総合スポーツセンター」=「スポセン」で行います
「スポセン」が使用できない場合は、「新神田小学校ピロティ」=「ピロティ」で行います
「ピロティ」は新神田小学校体育館の一階部分、「時間は17~19時」となります
「ピロティ」は使用料がかかりませんが、ゲームなどが出来ません
リフティングやフェイントテクニックなど、「個人技中心のトレーニング」となります

◆10月の予定

2(金) スポセン(サブアリーナ)
①17~19時
②19~21時

5(月) ピロティ

7(水) スポセン
①17~19時
②17~20時

9(金) ピロティ

14(水) スポセン
①17~19時
②19~21時

16(金) スポセン
①17~19時
②19~21時

19(月) スポセン
①18~20時
②18~21時

21(水) ピロティ

23(金) ピロティ

26(月) スポセン
①18~20時
②18~21時

28(水) スポセン
①17~19時
②19~21時

30(金) スポセン(サブアリーナ)
①17~19時
②19~21時

◆11月の予定

2(月) ピロティ

4(水) ピロティ

6(金) ピロティ

9(月) スポセン
①18~20時
②18~21時

11(水) 休み

13(金) スポセン(サブアリーナ)
①18~21時
②18~21時

16(月) スポセン
①18~20時
②18~21時

18(水) スポセン
①17~19時
②19~21時

20(金) スポセン(サブアリーナ)
①17~19時
②17~19時

25(水) スポセン
①17~19時
②19~21時

27(金) スポセン
①18~20時
②18~21時

30(月) スポセン
①18~20時
②18~21時

変更があった場合は、その都度連絡します

20141227nstyle0005.jpg




選手募集のお知らせ - 2015.10.13 Tue


平成27年度

すでに“19名”が新規加入しています

何か上手くいっていない・・・

もっともっと巧くなりたい・・・

成長するキッカケがほしい・・・

ここで掴んでください!!!


bosyuutirasi001003.jpg

N-style金沢サッカーアカデミー

園児~小学生、大募集!!!

平日の練習は週3回 毎週月水金曜日

4月~9月の練習会場

「新神田小学校グランド」

10月~新年3月の練習会場

「いしかわ総合スポーツセンター」

「新神田小学校ピロティ」

遅刻、早退、問題ありません!

週1回からの参加でもOK!!

本気なら、誰でも参加できます!!!

活動5年目、小・中学生が60名在籍

本気で夢と向き合っています!!!

↓まずは連絡ください↓

nstylekanazawa@gmail.com


20141227nstyle0005.jpg

目標が・・・その日その日を支配する

夢に向かって本気なら

いつでもここで・・・

アカデミーの門は・・・開けてあります!!!




高校サッカー選手権 ~石川県大会、2回戦の結果~ - 2015.10.12 Mon


第94回 全国高等学校サッカー選手権大会

◆石川県大会 決勝トーナメント2回戦の結果

星稜 12-0 金沢北陵

航空石川 3-1 松任

金沢 1-2 小松市立

金沢市立工業 0-7 遊学館

金沢泉丘 4-1 野々市明倫

尾山台 0-1 石川県立工業

金沢桜丘 5-0 石川高専

小松大谷 0-7 鵬学園

◆石川県大会 準々決勝の対戦

星稜 vs 航空石川

小松市立 vs 遊学館

金沢泉丘 vs 石川県立工業

金沢桜丘 vs 鵬学園




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

N-style

Author:N-style
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4754)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR