FC2ブログ
topimage

2016-04

最も重要なのは・・・「どう学ぶか」である - 2016.04.28 Thu


『N-style金沢 Soccer Academy』

昨日のTR(グランド)

◆カテゴリー3(園児~3年生)
・リフティング(全カテゴリー合同)
・本多コーチ担当メニュー

◆カテゴリー2(4年生~6年生)
・リフティング
・シュート
・ゲーム形式(カテゴリー1・2合同)

◆カテゴリー1(中学生)
・リフティング
・水上コーチ担当メニュー

リフティング
・基本5種目
・片足(インステップ)
・蹴り上げ
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも
・キャッチ
 インステップ、インサイド、アウトサイド、股、もも、もも裏
いま出来るか、いま出来ないか・・・それは重要ではない
出来るようになる・・・そのために努力するんだ


シュート
正規ゴール使用、2人組(ここではA・Bとする)
A=サイドから中央へグラウンダー(転がして)パス
  そのままパス&ゴー、ゴール前のスペースへ走る
B=ボールと一緒に動きながら1タッチでパス
  パスは門(コーンの間)を通す
A=門を通ってきたパスを1タッチでシュート
左サイドは全て右足、右サイドは全て左足
ボールに触るのは、A=2回、B=1回
シュートのTRであるが、狙いは「パスを合わせる」こと
そのために必要なのは、「ボールを直視しない」こと
間接的にボールを捉え、「スペース」と「人(敵、味方)」を見る
ボールを直接見るのは蹴るとき=パスとシュート・・・しっかり見る
あとは「タイミング」・・・オフサイドラインで「かけひき」する
使う足を限定させているのは、「視野」のとり方の工夫・・・考えれば分かる


2014091323030000sn10.jpg

たったひとつのトレーニング

しかし、学べることは・・・ひとつではない

どう伝えるか、何を伝えるか・・・指導者=環境である

優れた環境とは、グランドでもなければ

集まった選手のレベルの高さでもない

だが、環境を活かせるかどうか・・・

これはまた、別の問題である

最も重要なのは・・・「どう学ぶか」である

最終的には、サッカーが好きかどうか・・・である





こころとからだ ~VIVAIO船橋SC~ - 2016.04.27 Wed


あえて、そのまま載せておく

全てが正しいとか・・・そうは思わない

だが・・・感じることも・・・あるはずだ

自分だって親である

親だって弱いものであるが・・・それで・・・いいのか?

以下、こころとからだ


*「からだ」*

ジュニア年代、基礎基本を「ないがしろ」にして、ゲームの勝ち負けを競います。残念ながら、基礎基本が身に付きやすい幼少期やジュニア期を逃してしまっています。その代償は、少し大きくなったジュニアユース期やユース期に、選手自身が負わなければならなくなります。ジュニア年代の子供を持つ親には分からないことです。以下のこの事は、重要視されていないことが多いと感じています。

「しっかり見る」

「感じる」

「イメージする」

「相手と駆け引きをする」

「ゆっくり考える」

「いろいろな中から選ぶ」

「ボールを持てる力」

「ぎりぎりで判断を変える」

「遊び心をもつ」 その他諸々。

これをジュニアユース年代やユース年代で身につけるには、何倍も時間がかかりますし、そのような環境は日本に少ないと思っています。小さな頃地域で目立っていた選手は、いつの間にか目立たなくなっていきます。大きくなった時のステージで必要とされることを、ないがしろにして勝ち負けを競ったことによるものだと感じています。子供達の成長は、あっという間で、すぐにそのような武器が必要になります。その時に武器を持ち合わせていなくて、行き詰まるのは選手自身です。その武器を使いこなす為には、小さい頃からの経験が必要なのです。体得するまでに本当に時間がかかります。選手自身の気付きが大変重要です!目先の大会で勝った負けたを言っている場合ではありません。

*「こころ」*

子供は親のエゴの道具ではありません。子供を通して、親も「成長」できる機会です。五体満足に生まれてくれて、選んだスポーツができること。そのことに幸せと有難さを感じて欲しいものです。多くの子供達がジュニアユースやユース年代で大きな壁に当たります。今は「子供」です。幾らでも大人の知恵で方向付けができるのです。ジュニアユース(中学校年代)にもなれば、私達も通って来た「自我の確立」がなされます。「子供」から「一端の自我を持った選手」に変わって行きます!その時、「親」の期待の大きさに「気付き」・・「親」のうっとおしさを「感じる」ようになります。親の期待は、自分の意思では無く、その期待に応えられるのは、日本で数名に過ぎません。大好きだったサッカーに対して、距離を置き辞めていく選手も山ほどいるのです。

週末に勝ちたくて、メダルを取らせたいのは親です。他人の子と見比べて、優越感を感じたいのは親です。選抜やトレセンやJ下部に選ばれて気を良くしているのは親です。子供達に優劣を付けて、我慢できなくなるのは親です。プレーの失敗を我慢出来ないのは親です。上手くできない事を許容出来ないのは親です。チームの負けを許容出来ないのは親です。息子が交代させられて「ベンチからゲームを観る機会」を許せないのは親です。AチームからBチームになった途端辞めさせるのも親です。

サッカーという素晴らしい競技を選んでくれたのは「彼ら」です。壁を感じるのは「彼ら」です。壁を打ち破ろうとするのも「彼ら」です。ピッチで成功体験、失敗体験するのも「彼ら」です。自分より凄い選手と出会ってしまうのも「彼ら」です。勝って嬉しい!負けて悔しい!思いをするのは「彼ら」です。サッカーを続けるか辞めるか決断するのは「彼ら」です。子供は様々な機会と経験が必要です。「自我」が出て来て、サッカーを簡単に辞めていくのは、小さな頃から壁に当たらなかった子供達の方が圧倒的に多いのです。

★サッカーの楽しさ!

★仲間の大切さ!

★ゲームに出られない経験!

★もっともっと上手くなりたいと思える感情!

★親の影がチラつかない環境!

これらのことは、子供が小さければ分からないことでしょう。でも数年後には何処の家庭にも必ず来るのです。今は、幾らでも思い通りにさせることが出来ます(大人の知恵で)。でも、どうにもならなくなるのです。どうにもならない時というのは、「息子」「娘」の心に大きく拭えない「傷」を残しますよ。子供は、親を満足させる道具ではありません。今そのことに気づくことが出来るチャンスです。私どものクラブは、ジュニア年代に結果を残すなとスタッフに強くお願いしています。親が更に更に、結果を求めるようになるからです。負ける息子を許容出来ない親は、子供に対し更にプレッシャーをかけます。私が選手だったら、毎回観に来てなんか欲しくない。親からいちいち言われたくなんかない。「彼ら」は、歳を重ねて大人になり、親を超えて行く日が来ますよ。子供が生まれて来た時の感動を忘れないで欲しいのです。生まれた時から既に「彼」「彼女」の人生です。「親御さん」の人生ではありません。サッカーという素晴らしい競技を選んでくれたことに感謝して、見守って欲しいものです。




トレーニングの予定、及び注意事項 - 2016.04.26 Tue


『N-style金沢 Soccer Academy』


◆トレーニングの予定

 毎週月水金曜日(祝日は休み)

 新神田小学校グランド 17:00~日没

 日没後40~50分程度トレーニング
 それから後片付け~解散という流れです

 現在(4月後半)は20時00分ごろの解散となっています
 練習開始時刻に間に合わない選手がほとんどです
 慌てる必要はありません・・・事故には注意してください

 5月23日(月)、運動会前日のため休み
 運動会が雨天延期の場合、25日が休みとなります



◆新神田小学校の駐車について

 お迎えの時
 正門の入り口付近に駐車されると
 他の使用者(体育館など)に迷惑がかかります

 奥まで進んで駐車できますので
 門に入ってから右折、突き当りを左折
 奥から順番に駐車するようにしてください



bosyuutirasi001002.jpg


今日を今日中に使い切れ

        ~斎藤興龍~


我が敵は我が妥協にあり

        ~本田圭佑~


目標が、その日その日を支配する

        ~後藤静香~




選手募集のお知らせ - 2016.04.26 Tue


活動6年目

新年度、すでに9名が新規加入!!!

何か上手くいっていない・・・

もっともっと巧くなりたい・・・

成長するキッカケがほしい・・・

ここで掴んでください!!!


bosyuutirasi001003.jpg

N-style金沢サッカーアカデミー

園児~小学生、大募集!!!

平日の練習は週3回 毎週月水金曜日

◆4月~9月の練習会場

「新神田小学校グランド」

「新神田小学校ピロティ」

◆10月~新年3月の練習会場

「いしかわ総合スポーツセンター」

「新神田小学校ピロティ」

遅刻、早退、問題ありません

週1回からの参加でもOK

本気なら、誰でも参加できます!!!

活動6年目に突入

小・中学生が約70名在籍

本気で夢と向き合っています!!!

↓まずは連絡ください↓

nstylekanazawa@gmail.com


20151227keriosamekai.jpg

目標が・・・その日その日を支配する

夢に向かって本気なら・・・

アカデミーの門は・・・

いつでも開いています!!!




Merci - 2016.04.26 Tue


『N-style金沢 Soccer Academy』

昨日のTR(グランド)

◆カテゴリー3(園児~3年生)
・ボールコントロール(全カテゴリー合同)
・ドリブル(全カテゴリー合同)
・本多コーチ担当メニュー

◆カテゴリー1・2合同(4年生~中学生)
・ボールコントロール
・ドリブル
・ゲーム形式
・1対1

ボールコントロール
・ナメ
・引き技
・ルーレット
・スクラッチ
・足裏通し
・ジンガ(1~3)
この日は足の裏=「ソール」でのコントロール
重要なのは「顔が上がる」ってこと
柔らかいボールコントロール、しなやかなボールタッチ・・・の実現


ドリブル
5m⇒ジグザグ(6本)⇒3m、コーンは横に倒した状態で使用
上記のボールコントロールのTRに方向性を持たせた
スピードではなく・・・柔らかく、そして・・・しなやかに
重要なのは「顔が上がる」・・・大切な事は何も変わらない






足の裏=「ソール」でボールを扱うことの重要性

動画を観れば・・・言うまでもない

20160425fffnsksa.jpg

この日は“フランス”から

ブラジル、スペイン、ニュージーランド、フランス

いよいよ・・・本格的に“global”になってきたな

サッカーは世界共通の言葉である

Merci , Vous voir de nouveau , Shundou





幅と深み(奥行)を使うためのリターンパス - 2016.04.24 Sun


『N-style金沢 Soccer Academy』

ストリートサッカー in 芸術村

1461484821868ns.jpg

・・・質が落ちた

幅と深み(奥行)が使えなくなった

見えてる範囲が狭くなった

何より・・・強引=最悪

インテリジェンスが感じられなかった

幅と深み(奥行)を使うためのリターンパス

・・・返ってくることはなかった

もぅ・・・ただゲームさせているだけではダメだな

今後はゲームの前にトレーニング

大切な文化・・・失うわけにはいかない



何でも前向きゃいいってわけじゃねーんだ

ボールを動かして相手をコントロールするんだ

ったく・・・まるっきり日本人じゃねーか(残念)





日頃の成果を出し切る - 2016.04.24 Sun


『N-style金沢 Soccer Academy』

◆トレーニングマッチ(土曜日)
新神田小学校体育館、U-9カテゴリー
対戦相手 川北FC
1~4本目=8分×1本、6人制
5~10本目=10分×1本、5人制
担当 本多コーチ

1本目 1-0

2本目 2-3

3本目 1-1

4本目 0-1

5本目 1-1

6本目 0-4

7本目 2-1

8本目 1-2

9本目 3-0

10本目 2-0

川北FCさん、有難うございました
今後とも、宜しくお願い致します


以下、本多コーチのコメント

積極的にチャレンジした方が良い局面と、奪われてはいけない局面を考えること。空いているスペースを探しておいて、重ならないようにパスをもらえるポジションを取ること。ボールコントロールを中心に、ゲームの中でトレーニングしてきたことをどれだけ発揮できるか・・・?

試合が始まってみると、空いているスペースではなく、ただひたすらにボールに群がり、ゴールに向かって蹴る!・・・の連続。また、肝心の「ゴール前」でも「ボールウォッチャー」になり、点が取れるポジションにいる危険な相手に気付かず、簡単に空けて失点する・・・を繰り返していました。

トレーニングしてきたことが全く出せていない状況に、何故簡単に失点してしまうのか?・・・に焦点に当て、どこが危ないのか?攻めていても、もし奪われたらどうなるか?を、あらためて考えてみました。すると・・・ディフェンスのバランスが良くなり、オフェンスにおいても判断の伴ったプレイから、培ってきたボールコントロールの成長が少しずつ見られるようになりました。

ボールコントロールだけでなく、サッカーを考えること

今後は・・・もっとこの部分にもこだわって、トレーニングに励んでほしいですね。せっかくトレーニングしてきたことが、試合で発揮できなければ、せっかくの試合も意味のないものになってしまいます。試合では、ただ自分がやりたいことをやるのではなく・・・日頃の成果を出し切ることをもっと大切にしていきましょう。

いつも伝えてますが、すべては「日常」です。まずは今まで以上にしっかり話を聞き、考える部分でも成長していってほしいですね。

保護者の皆様・・・送迎、応援等、ご協力ありがとうございました。なかなか良い試合にならず、コーチとしての責任を感じる一日でした。また次の試合に向け、日常を大切にトレーニングしていきますので・・・よろしくお願いいたします。




顔を・・・上げろ!!! - 2016.04.23 Sat


アカデミーのTRは

いつも・・・この言葉から始まる

2013102815100001.jpg

2014071000100000sn10.jpg

2014072917500000sn10.jpg

2014080221580000sn10.jpg

12345014100422270000sn10.jpg

2015122416510000.jpg

20160114004sn10.jpg

2016030622350001.jpg

2016030622460001.jpg



顔を・・・上げろ!!!



bosyuutirasi001002.jpg




さぁ・・・君たちの番だ!!! - 2016.04.23 Sat


遊び心




試合中にコレ・・・本物の・・・変態だw





さぁ・・・君たちの番だ!!!




“おもいやり”という、人の心の形 - 2016.04.23 Sat


『N-style金沢 Soccer Academy』

日付変わって、昨日のTR(グランド)

◆全カテゴリー合同(園児~中学生)
・リフティング
・ドリブル
・ミニゲーム(カテゴリー3)
・ゲーム形式&ミニゲーム(カテゴリー1・2)
・1対1(カテゴリー1・2)

リフティング
・フリー
・基本5種目、肩、かかと
・キャッチ(基本10種目)
このアカデミーでは
ほとんどの基礎TRにおいて、手本を見せてから行っている
手本になれる・・・これが「最初のステータス」となる
基準は高い・・・できた!ではなく、できる!!
その次は・・・しなやかにできる!!!・・・である
当たり前、普通、なにげなく・・・こんな言葉が似合うまで


ドリブル
①5m⇒ジグドリ(4本)⇒3m、帰りはソール(足の裏)で、スピード系
②5m⇒横置き(2本)⇒3m、帰りはソールで、リフト系
スピード系では、徐々に上げて追い込んで行く
ミスを恐れず、自分自身との勝負・・・100%を超えるために
リフト系では、まずそれなりの技術が必要となる
ベース=基本があれば、あとは「想像力」が勝負である


1対1
正規ゴール使用、斜め45度から
全力! 挑戦!! 限界を超えろ!!!
君たちの「志」が、「夢に向かう意志」がホンモノかどうか・・・試されている


hamutanosakura2016.jpg

君たちは・・・知っているだろうか

君たちの頑張っている姿を

陰ながら応援してくれている人達がいる事を

真っ暗なグランド

頼りになるのは・・・学校の灯りである

校舎の1階に・・・職員室はない

でも・・・1階の廊下には灯りが・・・

君たちの夢を支えてくれている灯りは

“おもいやり”という、人の心の形である





「差」はつくものではない・・・つけるものである - 2016.04.21 Thu


『N-style金沢 Soccer Academy』

昨日のTR(グランド)

◆カテゴリー3(園児~3年生)
・リフティング(全カテゴリー合同)
・1タッチパス&ゴー(全カテゴリー合同)
・本多コーチ担当メニュー

◆カテゴリー1・2合同(4年生~中学生)
・リフティング
・1タッチパス&ゴー
・ゲーム形式&ミニゲーム
・1対1

リフティング
・フリー
・ステイ
 インステップ、インサイド、アウトサイド、かかと、ミラージュ、カリオカ
試合で使わない=必要ない・・・ネガティブな思考(残念)
試合で使わない・・・ではなく、試合のどこかで生きている
ボールコントロールとは、そういうものである


1タッチパス&ゴー
コーン4本使用(この場合は6人必要)
パスサッカーの基礎であるインサイドキックを
「試合で使えるスキルに進化させる」ためのトレーニング
重要なポイントは以下
・進む方向の確認=首を振って背後(次)を見ておく
・丁寧なインサイドキック(パス)と、落としのインサイドキック(トラップパス)
・パス&ゴー
シンプルだが・・・「連続性」のあるTRであり
「速さと精度」を求めると、非常にレベルの高いTRになる


ゲーム形式&ミニゲーム
①9対9、カテゴリー2のみ
②9対9、カテゴリー別対戦
 カテゴリー1(中学生)は、同色ビブスへのパス禁止
③11対11、フリー
④14対14、フリー
ゲームに参加していないメンバーはミニゲーム
このアカデミーで学んでいると、狭い中でも逃げないようになる
ずっと培ってきた環境なので、今後も変わることはない
プレッシャーの中で、苦も無くプレー出来る・・・絶対に必要


1対1
正規ゴール使用、斜め45度から
これが全てであると言っても・・・過言ではない

20151013sn10nstyle.jpg

話しをしっかり聞く・・・これが出来んと巧くはならん

まずはやってみる・・・失敗も成功も必要だ

で、自分なりに工夫する・・・これで成長が変わる

サッカーだけでなく、全てに通じている

「差」はつくものではない・・・つけるものである





技術がなければ、賢さは身に付かない - 2016.04.20 Wed


繋ぐことに比べれば、大きく蹴ることは“簡単”である

繋ぐには、「テクニック」と「インテリジェンス」
そして・・・「かけひき」など、色々な要素が必要になる
その部分を学ぶ必要がない戦術・・・簡単である
一番後ろ=ディフェンスラインではボールを回す
で、サイドが変わった途端に・・・大きく蹴る
ハッキリ言うが・・・これは「繋ぐサッカー」ではない

大きく蹴られたボールは、失う可能性が高い
どちらのボールでもない=「ルーズボール」になる
そのボールに対して、要求されるのは「ハードワーク」
自ら失ったボールを、身体と体力を使って取り返す
実に不合理であり・・・「美しさ」に欠ける

「相手のプレッシャーに対応できる技術」
これが、サッカーに必要な「最低限の技術」である
ボールを繋いで前線まで持って行ければ
人数をかけて攻撃を構築=「ビルドアップ」できる
「選択肢」も増え、「形を変える」ことも容易になる
その先にある「攻守一体化」にも繋がっている

大きく蹴ってしまうと、人が動く時間が足りなくなる
おのずと選択肢も減り、1タッチの連続等はみられなくなる
決め事が多くなり、指導者の頭の中でサッカーが構築される
あまりにナンセンス・・・もはや、サッカーではない

「相手の背後を狙う」=「優先順位の高い選択肢」である
悪くないどころか、重要な選択肢のひとつである
ただ・・・ようは、やり方がどうなのか・・・である
「FWがかけひき出来る状態」でなければ
相手DFの対応は、決して難しくない
簡単に対応されるようでは、マイボールにはならない

裏(背後)を狙うには、「ボールが届くまでの時間」が重要で
短ければいいが、時間がかかると意味がなくなる
ボールが背後に届く時間を短くするには
距離を短くする=「コンパクトに保つ」ことが必要になる
DF~FWまでの距離が長い=「間延び」していれば
ボールが届く時間が長くなるのは、容易に理解できるだろう

一人一人の距離が遠ければ、守る範囲も広くなる
必要になるのは、走力に優れた陸上選手である
そういったことを理解せず、ただ大きく蹴るだけでは
自らボールを失う時間が多くなり、体力的にも相当キツイ
「勝つためのハードワークは必要」であるが
意味のないハードワークは、選手から「賢さ」を奪ってしまう

賢い選手は、「立ち位置」に優れている
「短い距離を走ってボールを奪える」ことは
立ち位置=「スタートポジション」に優れていると言っていい
小中学生年代は、ハードワークを徹底する前に
こういった「賢さ」=「インテリジェンス」を伝えるべきである

2016030622380000.jpg

技術がなければ、賢さは身に付かない

あえて言うなら・・・これが真実である

インテリジェンス(賢さ)は、「余裕」から生まれる

余裕は・・・テクニック(技術)から生まれるものである




トレーニングの予定、及び注意事項 - 2016.04.19 Tue


『N-style金沢 Soccer Academy』


◆トレーニングの予定

 毎週月水金曜日(祝日は休み)

 新神田小学校グランド 17:00~日没

 日没後30~40分程度トレーニング
 それから後片付け~解散という流れです

 現在(4月)は19時45分ごろの解散となっています
 練習開始時刻に間に合わない選手がほとんどです
 慌てる必要はありません・・・事故には注意してください

 5月23日(月)、運動会前日のため休み
 運動会が雨天延期の場合、25日が休みとなります



◆新神田小学校の駐車について

 お迎えの時
 正門の入り口付近に駐車されると
 他の使用者(体育館など)に迷惑がかかります

 奥まで進んで駐車できますので
 門に入ってから右折、突き当りを左折
 奥から順番に駐車するようにしてください



bosyuutirasi001002.jpg


今日を今日中に使い切れ

        ~斎藤興龍~


我が敵は我が妥協にあり

        ~本田圭佑~


目標が、その日その日を支配する

        ~後藤静香~




選手募集のお知らせ - 2016.04.18 Mon


活動6年目

新年度、すでに7名が新規加入!!!

何か上手くいっていない・・・

もっともっと巧くなりたい・・・

成長するキッカケがほしい・・・

ここで掴んでください!!!


bosyuutirasi001003.jpg

N-style金沢サッカーアカデミー

園児~小学生、大募集!!!

平日の練習は週3回 毎週月水金曜日

◆4月~9月の練習会場

「新神田小学校グランド」

「新神田小学校ピロティ」

◆10月~新年3月の練習会場

「いしかわ総合スポーツセンター」

「新神田小学校ピロティ」

遅刻、早退、問題ありません

週1回からの参加でもOK

本気なら、誰でも参加できます!!!

活動6年目に突入

小・中学生が約70名在籍

本気で夢と向き合っています!!!

↓まずは連絡ください↓

nstylekanazawa@gmail.com


20151227keriosamekai.jpg

目標が・・・その日その日を支配する

夢に向かって本気なら・・・

アカデミーの門は・・・

いつでも開いています!!!




サッカー選手になるための基礎 - 2016.04.18 Mon


『N-style金沢 Soccer Academy』

本日のTR(グランド)

◆カテゴリー3(園児~3年生)
・リフティング(全カテゴリー合同)
・ドリブル(全カテゴリー合同)
・ミニゲーム
・ジンガ

◆カテゴリー2(4年生~6年生)
・リフティング
・ドリブル
・ポゼッション
・ゲーム形式
・1対1(カテゴリー1・2合同)

◆カテゴリー1(中学生)
・リフティング
・ドリブル
・水上コーチ担当メニュー
・1対1

リフティング
・フリー(5分間継続)
・蹴り上げ(基本5種目)
頭より高く蹴り上げながら、リフティングを継続
ヘディングも通常より高く打ち上げながら継続
足の場合は、「ボールの中心を捉える」ことを意識する
ヘディングの場合は、「ヒザを柔軟に使う」ことを意識する


ドリブル
5m⇒ジグドリ⇒3m
・スピードは上げずにゆっくり
・タッチ数を多く
・色々なタッチで
・体の向きを変えながら
重要なのは、できるだけ「顔を上げて」ドリブル出来るように


ポゼッション
①4対2、2人組×3色ビブス
 U-2タッチ(DFはフリー)、同色ビブスへのパス禁止
②6対3、3人組×3色ビブス
 フリータッチ、同色ビブスへのパス禁止
テーマはディフェンス
同色ビブスへのパスを禁止にすることで、攻撃側に制限がつく
そこを利用して、ボールを奪うために工夫する
簡単なテーマではないが、継続することで成長できる


ゲーム形式
①9対9、4~5人組×4色ビブス
 同色ビブスへのパス禁止
②9対9、制限なし
ポゼッションからテーマを継続させたゲーム形式
ディフェンスがテーマなので、攻撃側は上手くいかないことも多かった
そこはストレスであるが・・・これもまた、一歩進むため・・・である


1対1
正規ゴール使用、斜め45度から
それぞれが、「限界を超える」ための時間
このTRが、「サッカー選手の土台」を創る


2015041616220001sn10.jpg

リフティングも、ドリブルも、1対1も、、、、

考えることも、感じることも・・・

アカデミーのTRの全てが

「サッカー選手になるための基礎」である





ポジティブ=「前向きな思考」であることの大切さ - 2016.04.18 Mon


リーガ・エスパニョーラ2015~2016

第33節を終えて

1位 FCバルセロナ 勝ち点76
2位 A・マドリード 勝ち点76
3位 R・マドリード 勝ち点75

バルサは30節のビジャレアル戦で引き分けると
続く31節=クラシコで敗れ・・・そこから更に2連敗
圧倒的に優位だった勝ち点は、アッという間に並ばれてしまった

チャンピオンズリーグ準々決勝
アトレチコに2-1で先勝するも、2戦目を0-2で敗退
3冠連覇どころか、リーガも怪しい雰囲気になってきた
国王杯も、いま決勝を闘えば・・・そういう状態だろう

下位にいたチームからみれば

何が起こるか分からない
あきらめずに全力で闘い続けてきた結果だ・・・となる

一方のバルサからしてみれば

いま状態は良くないが、それでもまだ首位にいる
2位のアトレチコとの得失点差は大きい
残り5試合を全勝すれば優勝できる・・・となる

ようは・・・

ポジティブ=「前向きな思考」であることの大切さ

どちらがより本気で前向きであるか・・・今後の闘いでわかる




ヘミニス金沢 4-0 パテオ金沢 - 2016.04.17 Sun


富山でのアカデミーの試合が終わり

その足で・・・ヘミニスの試合に移動した

アカデミーの君たちが良い試合をした

そのイメージのまま、中学生にも指導した

「頑張ってくださ~い♪」

と、エールで送り出されたので・・・結果を載せておく


ヘミニス金沢 4-0 パテオ金沢


トップチーム同士の40分ハーフの試合

前半3-0・・・完勝

内容は・・・君たちに負けず

「理想のサッカー、夢のあるゲーム」だった


ヘミニストップチーム在籍の選手

安田唯人(中3) スタメン フル出場

別宗裕太(中3) スタメン フル出場

本多英人(中3) スタメン 前半途中まで出場

水上愛稀(中2) スタメン 前半終了まで出場

島田侑樹(中3) 出場なし
※ケガから回復したばかりのため




やって楽しい、観て楽しい - 2016.04.16 Sat


『N-style金沢 Soccer Academy』

◆トレーニングマッチ(土曜日)
仲良しOnedayサッカー大会(U-12) ~てば壱カレーカップU12~
エヌスタイルグランド(富山、天然芝)、U-12カテゴリー、15分ハーフ
担当 中島、本多コーチ

U-12 1-0 エヌスタイル(富山)

U-12 0-2 ヴァリエンテ富山

U-12 5-0 富山中央

U-12 6-2 氷見(富山)

エヌスタイルさん、ヴァリエンテ富山さん、富山中央さん、氷見さん
天候に恵まれた一日、有難うございました


まず、先週敗れた相手とやれることが大きい
どれだけやれるか、どうやって闘うか・・・が、ひとつのテーマ
先週の試合を観ていないが・・・コーチの報告で、ある程度は想像できていた

「トータルフットボール」=考えるサッカー

そう位置付け、システムから変更した
1(GK)-3(DF)-4(MF)-0(FW)
これは、守備を厚くしたわけではなく・・・攻撃的に形を変えるため
「ビルドアップ」と「ポジションチェンジ」で、従来の形(1-2-4-1)に推移し
最終的には、「ゴール前での選択肢が複数ある」状態にまでなる
まぁ・・・もともと形には拘らないので、攻撃時は良い変化が見られた
「動いた選手の穴を埋める」ことは、「チームコンセプト」として持たせた

「視野」を広くする

これが最大の狙いであり、そのために「相手の背後のスペース」を意識させた
FWが存在しないので、「タイミングの良い動き出し」が重要になる
この部分では、想像以上にやれていたし・・・面白い形を何度も創った
試合をやる度に、視野は広がり・・・決定的なパスが、何本も見られた

「ハイスピード・トランジション」=攻守における切替えの速さ

これが第2のテーマであり、試合前のアップで
多色ビブスによる「ポゼッション」のトレーニングを行った
普段のトレーニングから、「球際には拘り」を持っているので
この部分でも、攻守において発揮されていたと思う
課題がひとつ・・・「セットプレーでの狡猾さ(ズル賢さ)」が足りなかった

ディフェンスの「ポジショニング」

・サイドから攻め込まれた時の、ファーサイド(遠いサイド)のポジショニング
・ドリブルを仕掛けられた時の、自分のマークとの対応におけるポジショニング
試合の中で改善が必要とされた課題
この日の試合で改善(理解)できた選手は、大きく成長できた・・・継続しよう

個々の「かけひき」は面白かった!!!

あとは・・・「パスを合わせるタイミングと場所」

この部分に「意思の疎通」と「正確な技術」を求めたい

201511111.jpg

やっている選手も楽しい

観ている人も楽しい

そんな“夢のあるゲーム”が・・・今日はできた

より高いレベルで実践出来るように

日々の努力を惜しまず

しなやかな「テクニック」を身に付け

高度な「インテリジェンス」を身に付けよう





ハッキリと・・・「意志」を持つんだ - 2016.04.16 Sat


『N-style金沢 Soccer Academy』

日付変わって、昨日のTR(グランド)

◆カテゴリー3(園児~3年生)
・リフティング
・本多コーチ担当メニュー

◆カテゴリー1・2合同(4年生~中学生)
・リフティング
・ジグザグドリブル
・2対2
・ゲーム形式

リフティング
・基本4種目(ヘディング除く)
・フリー
すでに出来ることでも、さらにその奥へ向かう意志が必要
いま出来ないことでも、必ず出来ると信じる信念が必要
そうやって取り組まないと・・・得られないモノがある


ジグザグドリブル
コーン4本使用、5m⇒ジグザグ⇒3m
・フリー
・片足のみ(逆足も)
・インサイド⇒逆足アウトサイド
緩急(スピードの変化)をつけたドリブル
ミスは当たり前、そこまで追い込まないと・・・得られないモノがある


2対2
20×10mグリッド(縦長)、コーンゴール×4
オーガナイズ以外は、何も伝えていない
自分たちで考えて、多くの者が言葉に出来ていた
「子供たち独自の創造性」・・・何よりも大切
指導者が口出しするばっかりじゃ・・・得られないモノがある


ゲーム形式(カテゴリー別)
①8対8、4人組×4色ビブス、コーンゴール×8(⇒6)
 ボール×1(⇒2⇒3)、同色ビブスへのパス禁止
②8対8、4人組×4色ビブス、通常ルール
 同色ビブスへのパス禁止
テーマ・・・言わなくても・・・分かるでしょ
意志を持ってやらないとな・・・得られないモノがあるんだ


2011062719060000.jpg

写真は・・・第1回「リフティング・チャレンジ」

チャンピオンの賞品ユニフォーム記念写真

・・・懐かしい(小さいなw)

いま在籍している小学生は

この時の彼らの記録を、遥かに上回っている

え!? これで優勝??? そういうレベルである

でもな、ここからが重要なんだけどな

ユウマもヒデも、リフティングだけじゃなく

素晴らしいドリブルテクニックを有している

リフティングも、ドリブルも

ここで満足せず、いまだに進歩しているんだ

この「向上心」・・・どこからくるのかな

それはな・・・“夢”・・・だからな

プロになりたい・・・じゃダメなんだ!!!

プロサッカー選手になる!!!

ハッキリと・・・「意志」を持つんだ

まずはそこから・・・何よりも必要なことだ





日本のマスコミ - 2016.04.16 Sat


リオ五輪、日本が“死の組”に入った

・・・・・この報道に、この国のマスコミの情けなさを感じる

ハッキリ言うが、どこに入っても同じ・・・“名前”じゃない!!!

やってみなけりゃ・・・分からない

名前と予選結果で格下か格上か判断する・・・おいおい(笑)

アジア予選だって・・・日本より優れたチームは存在した

長距離移動も難敵??・・・だって・・・ブラジルだぞ(笑)

ま、オリンピック日本代表・・・頑張って!!!

苦難困難・・・有難し!!!

教訓  こんなマスコミに、チヤホヤされても・・・価値がない

将来、そんな事があっても・・・自分を見つめ、励みなさい

・・・オレも・・・ハッキリ言わなくなったな(笑)

ブログじゃなけりゃな・・・アホかって言えるけどなwww




UEFAチャンピオンズリーグ 4強出揃う - 2016.04.14 Thu


UEFAチャンピオンズリーグ

第1戦を2-1で勝利していたバルサ
第2戦は・・・グリーズマンの2点で0-2
1勝1敗、トータルスコア2-3で・・・連覇の夢は散った

第1戦をまさかの0-2で敗れたレアル
第2戦は・・・C・ロナウドのハットトリックで3-0
1勝1敗、トータルスコア3-2で・・・準決勝進出となった

現在のチーム状況が、そのまま表れた結果となった
準決勝進出チームは、以下の4チーム

レアル・マドリード(スペイン)

バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)

アトレチコ・マドリード(スペイン)

マンチェスター・シティー(イングランド)
※シティーは、初の4強進出




自分でやる - 2016.04.14 Thu


『N-style金沢 Soccer Academy』

昨日のTR(ピロティ、グランド)

◆カテゴリー3(園児~3年生)
・リフティングテクニック
・ドリブルテクニック
・本多コーチ担当メニュー

◆カテゴリー1・2合同(4年生~中学生)
・リフティングテクニック
・ドリブルテクニック
・ゲーム形式

リフティングテクニック(ピロティ)
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・片足のみ
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも
・キャッチ
 インステップ、インサイド、アウトサイド、肩
・テクニック
 クロス・オーバー
 アラウンド・ザ・ワールド(イン、アウト)
何事もそう・・・ポイントはいくつかある
・ひたすらコツコツやる ⇒ 必ず上達する
・出来るようになると信じてやる ⇒ ひとつ出来るようになったら、次が楽しくなる
・自分なりに工夫しながらやる ⇒ 一番早く上達できる


ドリブルテクニック(ピロティ)
・エラシコ
・軸足当て⇒切返し
・ヒールリフト
・ヒールリフト⇒シャペウ
・フリー
長く在籍している者は、随分と出来るようになった
そろそろ・・・試合の中で、もっと大胆に発揮してもらいたい
まだまだ未熟な者は、どう取り組むか・・・が課題
ポイントは・・・リフティングでも、ドリブルでも・・・ね


ゲーム形式(グランド)
①10対10、カテゴリー2
②15対15、カテゴリー1・2、ボール×3
サッカーだからな・・・雨でも試合は中止にならない
雨の日の闘い方は、雨の日にしか学べない


20160114004sn10.jpg

試されているのは・・・

ゲームが終わった後の、君たちの行動

まずは着替え=「体調管理」

選手にとって、健康は何よりも大切

で、後は帰ってから・・・

せめて、風呂場で泥を落とすくらいの事は・・・な

ユニフォームも泥だらけ、ソックスも泥だらけ

その辺は理解して、少しでも自分でやらんと・・・な

どんなにサッカーが巧くてもさ・・・

ものにはならんよ

何でもそう・・・自分でやらんと・・・な





トレーニングの予定、及び注意事項 - 2016.04.13 Wed


『N-style金沢 Soccer Academy』


◆トレーニングの予定

 4月 毎週月水金曜日(祝日は休み)

 新神田小学校グランド 17:00~日没

 日没後30~40分程度トレーニング
 それから後片付け~解散という流れです

 現在(4月)は19時30分ごろの解散となっています
 練習開始時刻に間に合わない選手がほとんどです
 慌てる必要はありません・・・事故には注意してください



◆新神田小学校の駐車について

 お迎えの時
 正門の入り口付近に駐車されると
 他の使用者(体育館など)に迷惑がかかります

 奥まで進んで駐車できますので
 門に入ってから右折、突き当りを左折
 奥から順番に駐車するようにしてください



bosyuutirasi001002.jpg


今日を今日中に使い切れ

        ~斎藤興龍~


我が敵は我が妥協にあり

        ~本田圭佑~


目標が、その日その日を支配する

        ~後藤静香~




100%でやりきる - 2016.04.12 Tue


『N-style金沢 Soccer Academy』

昨日のTR(グランド)

◆カテゴリー3(園児~3年生)
・ボールコントロール
・本多コーチ担当メニュー

◆カテゴリー1・2合同(4年生~中学生)
・ボールコントロール
・1対1(ミニゴール)
・ゲーム形式
・1対1(ゴール前)

ボールコントロール
ドリブル、クーバー方式
・フリー
・片足のみ(逆足も)
・ソール
・蹴り上げ⇒コントロール
・蹴り上げ⇒コントロール(5タッチを素早く)
ある程度の距離を、ボールが飛んでくるとする
受ける前はフリー(マークがいない状態)だったとしても
受ける時にはDFが寄せてきている可能性が高い
1タッチ=ファーストコントロールでかわす(またはスクリーン=守る)
しかし、DFは追いかけて奪いに来る
だから・・・5タッチまで素早さを意識して、自分にとって良い状態をつくる
自分にとって良い状態=「顔が上がって、パスが出せる状態」・・・である
ゴール前なら・・・パス=シュート・・・である
5タッチと言わず・・・速ければ速い方が良い


1対1(ミニゴール)
ミニゴール使用、ノーマルな1対1
ぬるすぎてビックリ・・・意識が低い・・・残念
ボールを奪うため、ボールを守るため
そのために体を上手く使う、そのために手を上手く使う
足先だけでは・・・これから先は通用しない


ゲーム形式
10対10、ボール×2
対人(1対1など)となる状況を増やすために、ボールを2個使用
これまた・・・ぬるすぎてビックリ・・・この空気が残念


1対1(ゴール前)
正規ゴール使用、45度から
最後まで空気は変わらなかった

2016030814430000.jpg

自分が君たちに要求していること

それは、「現在できることよりも高いところ」である

100%でやりきる

でなければ・・・「限界を超えた先」は見えてこない

さらに言えば、君たちの夢は・・・

自分の要求よりも、遥かに高いところにある





選手募集のお知らせ - 2016.04.11 Mon


活動6年目

新年度、すでに7名が新規加入!!!

何か上手くいっていない・・・

もっともっと巧くなりたい・・・

成長するキッカケがほしい・・・

ここで掴んでください!!!


bosyuutirasi001003.jpg

N-style金沢サッカーアカデミー

園児~小学生、大募集!!!

平日の練習は週3回 毎週月水金曜日

◆4月~9月の練習会場

「新神田小学校グランド」

「新神田小学校ピロティ」

◆10月~新年3月の練習会場

「いしかわ総合スポーツセンター」

「新神田小学校ピロティ」

遅刻、早退、問題ありません

週1回からの参加でもOK

本気なら、誰でも参加できます!!!

活動6年目に突入

小・中学生が約70名在籍

本気で夢と向き合っています!!!

↓まずは連絡ください↓

nstylekanazawa@gmail.com


20151227keriosamekai.jpg

目標が・・・その日その日を支配する

夢に向かって本気なら・・・

アカデミーの門は・・・

いつでも開いています!!!




another sky  山本昌 - 2016.04.11 Mon


another sky

中日ドラゴンズ 背番号「34」 山本昌

2015年10月7日 「50歳」で引退

ドラゴンズ一筋「32年の現役」に・・・幕を閉じた

2016041114490000.jpg

2006年 41歳と1ヶ月

   ~ 史上最年長 ノーヒットノーラン達成 ~

2008年 42歳と11ヶ月

   ~ 史上最年長 200勝達成 ~

中学生時代は補欠、プロになって4年間0勝

エリートとは無縁だった男が・・・偉大な記録を残した

2016041115180000.jpg




What is your style ? - 2016.04.11 Mon


『N-style金沢 Soccer Academy』

ストリートサッカー in 芸術村

この日は・・・監督会議に出席のため不参加

少しだけ顔を出したが・・・

30人くらいか・・・元気があってよろしい

ちょっと観た感想は・・・もっと「拘り」持ってやらないと・・・な

2016041114210000.jpg

僕にはスタイルがある。人のマネはしない。

               ~ネイマール~


What is your style ?





コテンパン - 2016.04.11 Mon


『N-style金沢 Soccer Academy』

◆トレーニングマッチ(土曜日)
仲良しOnedayサッカー大会(U-12) ~2016~
エヌスタイルグランド(富山、天然芝)、U-12カテゴリー、15分ハーフ
担当 水上コーチ、本多コーチ

U-12 1-4 エヌスタイル(富山)

U-12 0-1 エヌスタイル

U-12 2-4 富山中央

U-12 6-0 レオーネ(富山)

エヌスタイルさん、富山中央さん、レオーネさん
天候に恵まれた一日・・・有難うございました

エヌスタイルさん、来週も宜しくお願い致します


以下、水上コーチのコメント

ウォーミングアップ時には集中して取り組めない選手、時間配分をコントロール出来ない自分(コーチ)自身の経験不足を感じるスタートになりました。

しっかり準備を出来ていない中で臨んだ1試合目、集まったメンバーの中でベストと思う布陣で挑みましたが・・・試合開始そうそうに能力の高い相手選手に成す統べなく、スピード突破からとロングレンジからの素晴らしいシュートで2失点。それ以降は相手のペースで支配される時間帯が多く、走らされる状況で奪ったボールを失わない為の選択肢を創れずに敗戦に至りました。

以降のゲームは、普段では機会が少ないポジションや現時点では能力が劣ると思われるメンバー編成で挑む事にも挑戦しました。結果は真摯に受け入れる必要性を感じるものですが・・・敗れた3試合目、勝利した4試合目は、選手の個性を発揮して現時点での実力を良い部分で表現出来ていたと感じています。

今後(永遠かもしれませんが)の課題は・・・指導者も選手も、親御さんも含めて、希望を持って挑戦する価値を実感し、飽くなき執念で戦い(闘い)続ける事で、たどり着く理想(目標)を明確(個々)にして、日々の行動を未来に繋げたいと思う一日でした。幸運な事に、来週もコテンパンにやられた相手と対戦出来ます。ここで真価を問われるのは・・・今後の1週間と、今まで過ごして来た日常です。たかだか一日の感想ですが・・・個人にとっては内容の濃い一日となり(なるべき)、良い経験であったと感じています。

2016010911060000.jpg

いいね!!!

コテンパンにやられた・・・最高!!!

この経験が君たちを強く育てるんだ

次は負けない・・・そのための今日だ

目指す場所は、分厚い雲を抜けたところにある

今日も・・・一歩進もう





最初の一歩 - 2016.04.10 Sun


高円宮杯U-18サッカーリーグ

プリンスリーグ北信越2016

第2節 鵬学園高校 3-1 高岡第一高校

前半1-0 後半2-1

2016040901sousi6.jpg

前節から登録メンバーが入れ替えになった

新たな背番号は・・・「6」

目標=「XAVI」に一歩近づいたか

25分間

どちらかと言えば・・・悔しさが勝るだろう

それでも・・・16歳と2週間

堂々、プリンスリーグでデビューを飾った

2016040902sousi6.jpg

まだまだまだまだ・・・もの足りない

でも・・・この日は最初の一歩

勝負は・・・これからだ

誰よりも・・・彼が、そう思っているだろう

Vamos a futuro !!!

Aquellos que desafian a...XAVI




It's...『My style』 - 2016.04.09 Sat


大切なのは、一人一人と向き合うこと

そして、個を育てられる環境でないといけない

みんな・・・不安なんだ

選手自身も、親も・・・みんな、不安なんだ

だから・・・向き合う

ひとり、ひとり、ひとり、ひとり、、、、

何もしてやれんかもしれんけど

一人一人の大切な夢と向き合う

それが・・・『N-style金沢 Soccer Academy』


It's...『My style』




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

N-style

Author:N-style
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5098)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR