FC2ブログ
topimage

2016-08

「離れる動き」でチャンスを創り出す - 2016.08.02 Tue


『N-style金沢 Soccer Academy』

昨日のTR(グランド)

◆カテゴリー3(園児~3年生)
・本多コーチ担当メニュー

◆カテゴリー1・2(4年生~中学生)
・トラップ&パスコントロール
・2対2
・ゲーム形式
・1対1

トラップ&パスコントロール
3人組、トライアングルパス
・右回り=右足インサイド(トラップ)⇒右足インサイド(パス)
・左回り=左足インサイド(トラップ)⇒左足インサイド(パス)
・リターンパス(右回り=右足、左回り=左足)
 パス⇒リターン(1タッチ)⇒1タッチパス⇒離れながら受ける⇒パス
重要なキーファクターは以下の通り
・受ける前に周り(味方、相手、スペース)を見ておく
・2タッチではトラップの後にパスコースを確認する
・パスの後も周り(味方、相手、スペース)を確認する
・1タッチパスに寄る⇒パス&ゴーで離れる動き
・離れる動きの間に次のDFとの距離を測る(計る)
・よいタイミングで受ける=ボールに寄る


2対2
15mスクエア、コーンゴール×4
上記のトレーニングをいかして
リターンパスから離れる動きが、意図的に出来るといい
・DFが付いてきたらチャンス
 2人のDFの距離が離れるため、1対1で勝負できる
 2人のDFの距離が離れるため、ギャップが大きくなる
・DFが付いて来なければチャンス
 離れる動きで受ければ、そのまま突破できる
 離れる動きで受ければ、次の選択肢が増える
主導権を握っているので・・・どっちにしろ「チャンス」である


ゲーム形式
ハーフコートゲーム、2面、勝ち残り方式

1対1
正規ゴール使用、斜め45度から

2016072706580000.jpg

DFはボールから目を離せない

だから・・・「離れる動き」でチャンスを創り出す

これひとつ、当たり前に出来るようになれば

プレーの幅は大きく広がり、そこから更に進化できる

ドリブルテクニックも・・・さらに大きな武器となる





高校総体2016 男子サッカー、最終結果 - 2016.08.02 Tue


高校総体2016

準決勝の結果

昌平(埼玉①) 0-1 市立船橋(千葉②)

青森山田(青森) 1-2 流経大付属柏(千葉①)

決勝戦の結果

市立船橋(千葉②) 1-0 流経大付属柏(千葉①)


3年前の高校総体も、同じ対戦の決勝だった
衝撃だったのは・・・その質の高さ
高い位置からプレスをかけるも、逃げずに繋ぐ
運動量も多く、選択肢の多いサッカーが展開されていた
どちらが・・・ではなく、どちらも・・・である

3年前の流経柏、プレミアEASTで優勝
WEST優勝のヴィッセル神戸にも勝利
高校生年代の日本一に輝いている
その流経柏が、その年に唯一勝てなかったのが市船
総体千葉県大会の決勝でも、選手権千葉県大会の決勝でも
そして・・・インターハイの決勝でも、市船には勝てなかった
何が言いたいか・・・とにかく千葉のレベルが高かった

どちらの選手も個性的で能力が高かった
高卒でプロになった選手もいたし
現在、各大学で主力として活躍している選手も多い
テクニック、インテリジェンス・・・ともに優れていた
これほどか・・・久々に衝撃を受けた内容だった

で、今日の決勝戦
優れていたのは・・・走力、フィジカル、腕力
よく走って寄せられるし、当たりも相当強い
空中での競り合いが多く、ロングスローも凄い

どちらも本当によく鍛えられている

勝ちたい想い、闘志・・・素晴らしかった

素晴らしかっただけに・・・自分としては残念

もう少し・・・違うスタイルが観たかった




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

N-style金沢

Author:N-style金沢
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5640)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR