FC2ブログ
topimage

2016-12

This is 「静学スタイル」 - 2016.12.31 Sat


2015年12月13日・・・約1年前の動画

2時間以上あるから・・・ゆっくり観てほしい

高円宮杯U-18サッカーリーグ2015
プレミアリーグ参入戦
静岡学園高校 vs 大津高校



敗れはしたが・・・これぞ!静学!!・・・という試合

「リズム・テクニック・インテリジェンス」の結晶

ここからまた・・・プロが出る・・・何人も出る

もはや、ブラジルよりも・・・ブラジルらしい(笑)

This is 「静学スタイル」

cdfsou001h.jpg

この緑色・・・この環境を・・・ここに!!!

『CDF 創』

代表 中島克昭

コーチングスタッフ
木下靖彦 水上慎吾 本多憲太郎

問い合わせ先
nstylekanazawa@gmail.com




第95回全国高校サッカー選手権 ~開会式~ - 2016.12.30 Fri


第95回全国高校サッカー選手権

開会式

20161230ootorigakuen002.jpg

「bonera」の新しいユニフォームに身を包み

威風堂々・・・全国へと、一歩踏み出す

20161230ootorigakuen001.jpg




“本気”でやれば・・・これくらいは誰でも出来るようになる - 2016.12.29 Thu


数少ない息子のゴールではあるが・・・(笑)

今年のベストゴール・・・解説付きで紹介しておこう

高校総体での得点

君たちに伝えている要素が・・・たくさん入っている

以下の状況に至るまでに
右サイドから繋いで、ボランチが逆サイドに展開
味方が左サイドを崩す間に、右サイドからPA内に侵入
DFの視界から消えたポジションでゴールを狙っていた

20160603sn0001.jpg
足元にパスが来るが、ボールスピードが遅かった
そのために「キックフェイント」=予備動作が入っている
おそらく・・・無意識で体が勝手に動いている

20160603sn0002.jpg
DFの寄せが速く深いので、トラップは「足裏通し」
DFの足が届かない=相手が触れない場所へボールを置く

20160603sn0003.jpg
DFの足が残っていたので、PKも狙えるトラップだった
が・・・相手をよく見て足を抜き、完全にかわしている

20160603sn0004.jpg
完璧に相手を剥がす=何でもできる状態
写真で見るよりボールがマイナス(後ろ側)にある
本人曰く・・・シュートはコースがなかった

20160603sn0005.jpg
速い判断で「マタドールターン」に切り替える
DFは遅れているので、コントロールすることが出来る
ボールを失わないことを優先し、「スクリーン」を選んでいる

20160603sn0006.jpg
ヒザを柔らかく使い、ターンの後に余力を残す
トラップ(足裏通し)で1タッチ
切り返し(マタドールターン)で1タッチ
ここまでまだ2タッチ・・・ボールの置き場所が完璧

20160603sn0007.jpg
この状態でDFを2人・・・完璧に剥がしている
チラッと顔を上げる瞬間、シュートを打てるスペースが見えた

20160603sn0008.jpg
3タッチ目で打てる場所に運び、4タッチ目でシュート
DFが足を出すことも予測、「股抜き」で逆サイドネットへ

トラップひとつ・・・これで相手(DF)よりも優位に立った

そこからはボールではなく、相手(DF)をコントロールしている

◆無駄のないボールタッチ、完璧なボールコントロール

◆ヒザを柔らかく使えている、しなやかなボディバランス

彼は・・・志して6年・・・毎日毎日、コツコツコツコツ

“本気”でやれば・・・これくらいは誰でも出来るようになる

clubdefutbolsou001.jpg

今日という日を・・・全力で!!!

『CDF 創』

代表 中島克昭

コーチングスタッフ
木下靖彦 水上慎吾 本多憲太郎

問い合わせ先
nstylekanazawa@gmail.com




8人制の意義 - 2016.12.29 Thu


第40回全日本少年サッカー大会 決勝戦

センアーノ神戸Jr 2-1 横浜F・マリノスプライマリー

2016122921080000.jpg

試合の印象は・・・う~ん

どっちも身体能力が高くて、足の速い選手ばかり

受けに来ているのに、繋がずにロングキックが多かったGK

8人制の意義が問われる試合・・・だったかな

巧いのに・・・勿体ないな・・・それが試合を通した印象

メッシとか、ネイマールとか、、、、

目指している選手が・・・見えなかったな

技術レベルが高い選手・・・何人か居たけどね

だからこそ・・・もっとやれんだろ・・・って感じ

その中で・・・最も正確な技術を発揮していた

それが・・・マリノスの8番・・・名前を覚えておこう




いまなら・・・まだ、間に合うはずだ - 2016.12.29 Thu


高円宮杯U-15 決勝戦

清水エスパルスJrユース 3-1 コンサドーレ札幌U-15

2016122900320000.jpg

プレミアカップ、クラブユース、高円宮杯U-15

エスパルスは、史上2チーム目の3冠達成

岩下監督(エスパルス)は・・・こう言っていた

勝った負けたではないけれども・・・

目の前の相手に勝つために全力で工夫して・・・

そうやっていかないとプロ選手にはなれないと思う・・・

2016081405350000.jpg

現在(いま)・・・どれほどの“差”があるのだろうか

君たちが思っている以上に・・・彼らとの差は大きい

じゃあ・・・諦めるか??

そんなこと・・・出来やしないだろ

だったら・・・やるしかない!!

やるしかないんだ・・・前だけ向いて

歯を食いしばって・・・逃げないことだ

clubdefutbolsou001.jpg

『CDF創』は・・・この“現実”に抗う

この“個々の差”に挑戦し・・・さらに上に行くと志す

“環境”とは指導者次第・・・そう考える

だからまず・・・“優れた指導者”を集めた

あとは・・・「本気」・・・“本気になれる選手”がほしい

“差”とは、つくものではない・・・つけるものだ

いまなら・・・まだ、間に合うはずだ

2016112311130000.jpg

常識を知り・・・常識を疑え!!!

『CDF 創』

代表 中島克昭

コーチングスタッフ
木下靖彦 水上慎吾 本多憲太郎

問い合わせ先
nstylekanazawa@gmail.com




一瞬の喜びのために・・・一生を棒に振るな - 2016.12.28 Wed


リフティングテクニックを学ぶ理由

ドリブルテクニックを学ぶ理由

すなわち・・・このアカデミーが存在する理由



“ボールとひとつになる”って・・・こういうことだ

小学生や中学生の君たちが学ぶべきこと

それは・・・ボールコントロールである

勝った? 負けた? そんなの・・・クソくらえだ

勝利は一瞬の喜び・・・挑戦は・・・一生だ

一瞬の喜びのために・・・一生を棒に振るな

clubdefutbolsou001.jpg

本気なら・・・ここで学べ!!!

『CDF 創』

代表 中島克昭

コーチングスタッフ
木下靖彦 水上慎吾 本多憲太郎

問い合わせ先
nstylekanazawa@gmail.com




Striker & Maestro - 2016.12.27 Tue


2年前、君たちは・・・

それぞれの志を立て、それぞれの旅に出発した

20150227004ns.jpg

20150227006ns.jpg

20150227007ns.jpg

ひとりは・・・ニュージーランドへ
類稀なゴールセンスを武器に、ストライカーとしての道を

ひとりは・・・能登へ
地道な努力と継続を武器に、マエストロとしての道を

それぞれが夢の途中・・・道半ばであるが
大きく大きく成長した2年であったのは・・・間違いない
次の2年、君たちの挑戦がまた・・・楽しみである

20161226sm001.jpg

いずれ・・・スペインの地(ピッチ)で再会を果たす

その時は・・・この人がチカラになって、助けてくれる

マスターの友人は・・・イニエスタの隣に住んでいる

20161226sm002.jpg

夢、そして志・・・見ている将来(さき)は同じ

ゆえに・・・“万里一空”である




今日の「にゃあ♪」さん - 2016.12.26 Mon


御殿場遠征から帰ってきた息子を迎えに鵬学園へ

今日一日を休んで・・・明日からまた御殿場へ

自主TRは午前中に済ませたらしく(休んでね~じゃんw)

車内で爆睡(野比くんと同じくらい早いな・・・笑)

30日には東京で開会式に参加

新年2日に2回戦(vs 佐賀東高校)

年末年始・・・そんなの関係ねぇ~(古っ・・・笑)

2016122612140000.jpg

で、今日の「にゃあ♪」さん

今日も・・・丸々としたフォルムで・・・元気です♪

明日は・・・早朝5時に自宅を出発して鵬学園へ

てなわけで・・・明日も・・・会えるね(笑)




『N-style金沢 Soccer Academy』 ~蹴り納め会2016 in スポセン~ - 2016.12.26 Mon


『N-style金沢 Soccer Academy』

蹴り納め会2016 in スポセン

総勢80名ほどが参加

20161225nstyleksakeriosame001.png

客席から観たら・・・具沢山な鍋だな(笑)

3時間、ぶっ通しで・・・ゲーム大会

お父さん’s with 本多憲太郎・・・頑張ってたねwww

20161225nstyleksakeriosame003.jpg

社会人&海晟&中3のチーム

【ティキ・タカ】・・・だったね♪

普段は一緒にプレーしてなくてもさ

「テクニック」と「インテリジェンス」

そして、もうひとつ・・・「遊び心」

これだけ揃えば・・・“創造”が溢れる

20161225nstyleksakeriosame002.jpg

海外から参加の海晟は・・・写真攻めwww

次回からは・・・1人1000円くらい・・・(笑)

それでは皆さん、よいお年を♪

新年4日(水)
スポセン・メイン2面 12~16時
4時間ぶっ通し「蹴り始め会2017」
※参加費=家族単位で300円

親も、子も、友人も、知人も、どうぞどうぞ

皆さん、元気に参加してくださいね~♪

自分は・・・東京にいるはず・・・です( ̄^ ̄)ゞ




トレーニングの予定(新年1月、2月) - 2016.12.26 Mon


『N-style金沢 Soccer Academy』


sousi10happybirthday2015326.jpg


◆トレーニングの予定

 毎週 月・水・金曜日(祝日は休み)

 スポセン=いしかわ総合スポーツセンター
 ピロティ=新神田小学校ピロティ

 スポセンについて
 参加した日には使用料が必要です
 役員さんが集金していますので
 ・トレーニングに来たとき
 ・トレーニングから帰るとき
 いずれかに役員さんまで支払いをお願いします

 上に書いてある時間が「5年生以下」
 下に書いてある時間が「6年生以上」
 6年生・中学生は、5年生以下のTRに参加可能
 4年生・5年生は、6年生以上のTRに参加可能
 ※フットサルシューズ、インドアシューズ

 ピロティについて
 使用料は必要ありません(無料)
 全学年、17:00~19:30
 ※トレーニングシューズ

 変更などありますので
 予定はこまめに確認してください



sn10sk11_geminis_kanazawa_fc.jpg


【新年1月の予定】

 蹴り始め会
 4日(水) 12~16時
 スポセン・メインアリーナ 2面使用
 家族も友人も、皆で楽しく蹴りましょう♪


 6(金) スポセン
 17:00~19:00
 19:00~21:00

 11(水) スポセン
 17:00~19:00
 19:00~21:00

 13(金) ピロティ

 16(月) スポセン
 17:00~19:00
 19:00~21:00

 18(水) ピロティ

 20(金) スポセン・サブ
 17:00~19:00
 19:00~21:00

 23(月) スポセン
 17:00~19:00
 19:00~21:00

 25(水) ピロティ

 27(金) ピロティ

 30(月) ピロティ


【新年2月の予定】

 1(水) スポセン
 17:00~18:30
 18:30~20:00

 3(金) スポセン・サブ
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 6(月) ピロティ

 8(水) スポセン
 17:00~19:00
 19:00~21:00

 10(金) ピロティ

 13(月) ピロティ

 15(水) ピロティ

 17(金) スポセン
 17:00~19:00
 19:00~21:00

 20(月) スポセン
 17:00~19:00
 19:00~21:00

 22(水) ピロティ

 24(金) スポセン・サブ
 17:00~19:00
 19:00~21:00

 27(月) ピロティ


◆新神田小学校の駐車について

 お迎えの時
 正門の入り口付近に駐車されると
 他の使用者(体育館など)に迷惑がかかります

 奥まで進んで駐車できますので
 門に入ってから右折、突き当りを左折
 奥から順番に駐車するようにしてください



『CDF 創』入団について、その他

アカデミー体験参加などの問い合わせ先

nstylekanazawa@gmail.com



20150227004ns.jpg


 今日を今日中に使い切れ

         ~斎藤興龍~


 我が敵は、我が妥協にあり

         ~本田圭佑~


 努力に勝る天才なし

         ~長友佑都~


 目標が、その日その日を支配する

         ~後藤静香~


 夢なき者に・・・成功なし

         ~吉田松陰~


 苦しまずして・・・栄光なし

         ~黒田博樹~





環境、そして・・・準備 - 2016.12.24 Sat


『N-style金沢 Soccer Academy』

◆U-9
トレーニングマッチ
新神田小学校体育館、8分×1本、5人制
対戦相手 ブラクトス金沢
担当 本多コーチ

チームA 2-2

チームB 3-0

チームC 0-2

チームA 3-0

チームB 2-1

チームC 2-0

チームA 0-1

チームB 1-1

チームC 4-0

チームS 5-1

ブラクトス金沢さん、有難うございました
今後とも、宜しくお願い致します


以下、本多コーチのコメント

今日がデビュー戦の低学年もいることから、集まったメンバーを各学年均等に振り分け挑みました。低学年は元気にガムシャラに、3年生はバランスも考えて・・・。

3年生は後輩が増えてきて、少し自覚が芽生えてきた(!?)・・・話を聴く姿勢が良くなり、取り組みも良かったと思います。低学年のメンバーがゴールを決めた時も一緒に喜びを分かち合い、良い雰囲気でゲームを楽しむことができました。

トレーニングはボールコントロールが中心、戦術的な事はほとんどしてきてません。が、サッカーを始めたばかりの低学年でも、意図もなく蹴るだけの選手がいなかった・・・これは、アカデミーのスタイル=「環境」であると思います。どんなときでも、何かしらプレーに意図を持ってチャレンジし続けてほしいですね。ただ・・・意図を持ったプレーをするための全ての基本はボールコントロールです。今年も残りわずかですが・・・まずは苦手なリフティングから!!・・・ですね。1回でも多く、記録を伸ばして今年を締めくくりましょう!!!

保護者の皆様
準備、審判、応援、ありがとうございました。子供たちの成長を感じることができた、良い一日でした。今後の成長を楽しみに、また頑張っていこうと思います。来年はU-9・U-8、ともに大会があります。大会に向けて良い準備をするためにも、また応援よろしくお願い致します。




◆U-12
トレーニングマッチ(フットサル)
白山フットサルセンター、10分×1本
担当 中島

U-12 0-2 ヴィンセドール白山

U-12 0-2 中村わかばと

U-12 1-1 中村わかばと

U-12 1-3 ヴィンセドール白山

U-12 2-3 中村わかばと

U-12 2-3 中村わかばと

U-12 2-0 中村わかばと

U-12 1-0 ヴィンセドール白山

U-12 2-3 ヴィンセドール白山

ヴィンセドールさん、中村わかばとさん
有難うございました・・・今後とも、宜しくお願い致します


アップの時間がなく、最初は全く動けなかった
こういった経験からも、100%を発揮する事の難しさがわかる
全ては「準備」で決まる・・・次に繋げてほしい

5年生含め、個々は悪くなかったが・・・まだまだ
まだまだまだまだ技術が足りない・・・全てはボールコントロールである
君たちにとって現在(いま)は・・・将来のための「準備」・・・コツコツやろう






挑戦は場所を選ばない - 2016.12.23 Fri


チームTRであっても、自主TRであっても

挑戦は場所を選ばない

生活も、学校も、日常の全てが・・・挑戦の一部である

群れない姿勢が規格外を創り

陰でする努力が・・・誰も知らない花を咲かせる



そんな挑戦の場であっても・・・失ってほしくない

それが・・・“遊び心”・・・サッカーの原点である

さぁ、冬休みだ・・・存分に遊べ・・・ボールと共に




『N-style金沢 Soccer Academy』 ~リフティング歴代の記録~ - 2016.12.22 Thu


いまやれば・・・相当な記録が残るだろう
数えるのが大変・・・で、記録会をやめた(笑)

この冬休み以降、以下の規定の中で
記録を上回った選手は・・・連絡ください

①落とさなければ、どこを使ってもOK
②大人(親)が数えた回数であること
※自分以外の中学生以上が数えた回数でもOK
※出来るだけカウントする器具を使ってください

新しく名前が残る小学生もいるだろう
2年前の記録に満足できない選手もいるだろう
記録を更新して名前を残したい選手もいるだろう

楽しみに待っています♪



『N-style金沢 Soccer Academy』

リフティング歴代の記録
※フリースタイルでの回数、達成者(記録した年月、当時の学年)
※本人以外の大人が計測した記録に限る

歴代1位 27568回 中島創司(2012年11月、中学1年生)

歴代2位 14221回 中島創司(2012年11月、中学1年生)

歴代3位 13139回 安田唯人(2014年3月、小学6年生)

4位   10121回 本多英人(2014年3月、小学6年生)

5位   10073回 安田悠真(2014年3月、小学4年生)

6位   10050回 中島創司(2011年12月、小学6年生)

7位   10035回 武内貴哉(2014年3月、小学6年生)

8位    9475回 安田悠真(2014年3月、小学4年生)

9位    8438回 別宗裕太(2014年3月、小学6年生)

10位   7292回 堤井瞭太(2014年3月、小学5年生)

11位~20位
6860回 田中健聖 (2014年3月、小学5年生)
6270回 安田悠真 (2013年3月、小学3年生)
5768回 武内貴哉 (2014年3月、小学6年生)
4903回 中村嗣音 (2012年11月、小学3年生)
4600回 松本倫太朗(2014年3月、小学5年生)
4562回 和布浦涼太(2014年10月、小学6年生)
4458回 中島創司 (2011年2月、小学5年生)
4206回 黒田貴斗 (2014年3月、小学6年生)
3985回 上本律輝 (2014年3月、小学5年生)
3347回 本多英人 (2014年3月、小学6年生)

21位~30位
3308回 泉春瑠  (2014年10月、小学4年生)
3153回 伊勢野華立(2013年3月、小学2年生)
2870回 伊勢野華立(2014年3月、小学3年生)
2684回 松本倫太朗(2013年10月、小学5年生)
2673回 井龍駿  (2014年3月、小学4年生)
2565回 北村冠輔 (2014年3月、小学5年生)
2562回 北村冠輔 (2012年11月、小学4年生)
2448回 末正侑希 (2014年3月、小学6年生)
2437回 堀田楓月 (2014年3月、小学4年生)
2223回 安田唯人 (2012年11月、小学5年生)


以上がアカデミーの公式記録
※2014年10月現在、30位まで

小学生の間に10000回を超えたのは5名のみ
そのうち1名(安田悠真)が4年生で記録達成





『N-style金沢 Soccer Academy』 ~「リフティング・チャレンジ」歴代優勝者~ - 2016.12.22 Thu


『N-style金沢 Soccer Academy』

「リフティング・チャレンジ」歴代優勝者

◆第1回優勝者(2011年6月開催)

 本多英人(当時小学4年生) 459回(フリースタイル)

◆第2回優勝者(2011年10月開催)

 本多英人(当時小学4年生) 1091回(フリースタイル)

◆第3回優勝者(2012年3月開催)

 下級生の部 堤井瞭太(当時小学3年生) 399回(フリースタイル)

 上級生の部 中島創司(当時小学6年生) MAX60ポイント 合計回数879回
 ※6種目各1分間の記録をポイントに換算

◆第4回優勝者(2012年11月開催)

 総合優勝  中村嗣音(当時小学3年生) 4903回(フリースタイル)

 下級生の部 中村嗣音 4903回

 上級生の部 北村冠輔(当時小学4年生) 2652回(フリースタイル)

◆第5回優勝者(2013年3月開催)

 カテゴリー1 安田悠真(当時小学3年生) 6270回(フリースタイル)

 カテゴリー2 安田唯人(当時小学5年生) 45ポイント 合計回数884回
 ※基本5種目各2分間の記録をポイントに換算

◆第6回優勝者(2013年10月開催)

 カテゴリー1 松本倫太朗(当時小学5年生) 2684回(フリースタイル)

 カテゴリー2 総合優勝 北村冠輔(当時小学5年生)

 部門別 インサイド   勝田大輝(当時小学3年生) 1014回

 部門別 ローテーション 伊勢野華立(当時小学3年生) 57セット

◆第7回優勝者(2014年3月開催)

 安田悠真(当時小学4年生) 9475回(フリースタイル)

◆第8回優勝者(2014年10月開催)

 総合優勝 中島創司(当時中学3年生) 1046回 344、290、238、174
 ※各種目2分間の記録 合計回数、ヘディング、もも、インサイド、アウトサイド

 部門別、優勝者
 ※各種目2分間の記録

 ヘディング  中島創司(当時中学3年生) 344回

 もも     上本律輝(当時小学6年生) 292回

 インサイド  勝田大輝(当時小学4年生) 249回

 アウトサイド 本多英人(当時中学1年生) 205回




無意識で出来るまで、意識して徹底的にやるんだ - 2016.12.22 Thu


『N-style金沢 Soccer Academy』

日付変わって、昨日のTR(ピロティ)

◆全カテゴリー合同
・リフティングテクニック
・ドリブルテクニック
・トラップ&パスコントロール(カテゴリー2)
・ロンド(カテゴリー2)
・本多コーチ担当メニュー(カテゴリー3)
・水上コーチ担当メニュー(カテゴリー1)
・特別授業(中学生+α)

リフティングテクニック
・ヘディング
・肩
・ヘディング&肩
・もも
・アウトサイド
・インサイド
・フリー

君たちに伝えたいのは・・・もっと・・・もっとだ

ドリブルテクニック
・フリー
・リズム変化
 アウトサイド(ストップ)⇒同足インサイド(ゴー)
 インサイド(ストップ)⇒逆足インサイド(ゴー)
 軸足当て
・切り返し
 切り返し(インサイド)
 切り返し(アウトサイド)
 切り返し+浮かし(インサイド)
 切り返し+浮かし(アウトサイド)
・ナメ⇒浮かし(逆足)
・軸足当て⇒浮かし
 軸足当て⇒浮かし⇒もも
・速く細かいボールタッチのドリブル

スピード上げない代わりに・・・顔上げろ

トラップ&パスコントロール(カテゴリー2)
2人組、4m対面、インサイド

伝えた順に技術を追っていく
①トラップ=柔らかく、上から、ピタッ
②踏み込んで丁寧なインサイドキックで送る
③トラップとパスの間に顔を上げて相手を確認
④パスの後は周りを確認するための時間

とにかく・・・「ヒザ」なんだよ
柔らかく使えないと・・・動きの中ではできない
無意識で出来るまで、意識して徹底的にやるんだ


ロンド(カテゴリー2)
6対2、フリータッチ⇒タッチ制限(U-2タッチ)

伝えた順に技術を追っておく
①丁寧にプレーすることを心掛ける=パスの質に拘る
②パスが来る前に考えておく=見ておく=準備
③相手DFに当てない=判断を変える

かけひき・・・出来るには、技術が必要不可欠


特別授業(中学生+α)
●リフティングテクニック
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・キャッチ10種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
 股、もも裏、胸、肩、背中
・ステイ
 インステップ、インサイド、アウトサイド
 かかと、ミラージュ、カリオカ
・3拍子
 インステップ(頭越し)、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
●ドリブルテクニック
・切り返し
 切り返し(インサイド)
 切り返し(アウトサイド)
 切り返し+浮かし(インサイド)
 切り返し+浮かし(アウトサイド)
・ナメ⇒浮かし(逆足)
・エラシコ
 エラスチコ=エラシコ(裏)

出来ない事(技術)を・・・探せ!!

それが成長するために必要な事だ


kakusidama001002003.png

2つ・・・2つな

1つ目
話を聞く態度・・・これで全てが分かる
何度も同じことを言われるのは、成長していない証拠
聞かないで成長できるなら、親も指導者もいらない

2つ目
自信は無くても・・・自分を疑うな
失敗で終わらせない=成功するまで続ける
小さな成功体験の連続が、成し遂げる力に変わっていくんだ

誰も認めてくれなくても、自分だけは自分を信じてないと・・・な

絶対に諦めない・・・これが夢に繋がる唯一の道だからな





『CDF 創』=「club de futbol 創」 - 2016.12.21 Wed


『CDF 創』=「club de futbol 創」


 石川県サッカー協会の理事会により
 正式に新規加盟申請が承認されました
 よって、正式に選手募集を開始します

 ジュニアユース(中学生)年代のクラブチーム
 最も重要な年代に焦点を当てて育成する
 “世界に出る選手を育てる”と、本気で志しています

 創造をテーマに、世界における日本を象徴して
 その漢字の美しさから、漢字一文字で「創」としました
 チーム名は、そのまま「そう」と呼びます


個々の育成=土台を築く


 拘るのは“個々の育成”であり
 目標はプロサッカー選手の育成、その「土台を築く」こと
 夢はサッカー日本代表の輩出、その「土台を築く」こと
 土台を築くための「基礎」を徹底的に磨きます


サッカーの基礎=ボールコントロール


 技術=「テクニック」
 まずは“何でも出来る”技術を身に付ける
 それを出来るだけ“しなやかに”に進化させ
 そこからさらに、“試合で使える技術”へと磨いていく

 賢さ=「インテリジェンス」
 サッカーという競技は22人でボールが1つ
 だから“考える”という作業が重要になる
 サッカーを知り、理解したうえで“立ち位置”をとる

 技術と賢さが揃えば、局面での「かけひき」が導き出される
 “局面でのかけひきを制する”は、試合を制することでもある


必要なことは全て伝える


 良いグランドが優れた選手を創るわけではない
 良いスパイクが優れた選手を創るわけではない
 いま評価されているから夢が叶うわけではない
 生まれ持った能力が高いから夢に届くわけではない

 何よりも大切なのは・・・「意志のチカラ」です

 必要なことは、ここにある「日常」で全て伝えます


clubdefutbolsou001.jpg


日常が全てにおける準備であり

継続が唯一の方法である



 『CDF 創』

 代表 中島克昭

 コーチングスタッフ
 木下靖彦 水上慎吾 本多憲太郎

 問い合わせ先
 nstylekanazawa@gmail.com




選手募集のお知らせ - 2016.12.21 Wed


『N-style金沢 Soccer Academy』


sousi10happybirthday2015326.jpg


サッカースクール活動6年目

2016年度 43名 が新規加入!!!

何か上手くいっていない・・・

もっともっと巧くなりたい・・・

成長するキッカケがほしい・・・

ここで掴んでください!!!



sousinsousukek10.jpg


園児、小学生、中学生、大募集!!!

平日の練習は週3回 毎週月水金曜日

◆4月~9月の練習会場

 「新神田小学校グランド」

 「新神田小学校ピロティ」

◆10月~新年3月の練習会場

 「いしかわ総合スポーツセンター」

 「新神田小学校ピロティ」

遅刻、早退、問題ありません

週1回からの参加でもOK

本気なら、誰でも参加できます!!!

活動6年目に突入

小・中学生が約100名在籍

本気で夢と向き合っています!!!

↓まずは連絡ください↓

nstylekanazawa@gmail.com



sousinkaiseiw10.jpg


目標が・・・その日その日を支配する

夢に向かって本気なら

門はいつでも・・・開いています!!!




七尾の「にゃあ♪」さん - 2016.12.20 Tue


今日は鵬学園まで・・・保護者懇談会

来年の今頃、もう進路が決まっている頃かな

息子を通じて出来る経験が、君たちのアドバイスにもなる

先に進む者がいると・・・何事も便利である

9月末に肺炎で入院したこともあり

担任の先生には、随分と面倒をかけてしまった

進路の話の後、お詫びとお礼を伝えて・・・金沢へ

2016122013220001.jpg

帰りは・・・鵬学園近くの、いつもの711へ

ここで・・・「にゃあ♪」さんを飼っている(飼ってない・笑)

人は怖がらない・・・どころか・・・寄ってくる

この丸いフォルムから察するに・・・

食べる物は・・・たくさん貰っているwww

今日も気付けば・・・自分の足元へ

そしてまた、別の人から・・・食べ物を・・・

・・・・・可愛すぎる

では、「にゃあ♪」さん・・・また来週( ̄^ ̄)ゞ




サッカーに最も必要なのはアイデアです ~イビチャ・オシム~ - 2016.12.20 Tue


『N-style金沢 Soccer Academy』

日付変わって、昨日のTR(スポセン)

◆カテゴリー3(園児~3年生)
・ボールコントロール(カテゴリー2・3)
・本多コーチ担当メニュー

◆カテゴリー2(4年生~5年生+α)
・ボールコントロール
・ゲーム形式

◆カテゴリー1(6年生~中学生+α)
・水上コーチ担当メニュー

ボールコントロール(カテゴリー2・3)
リフティングとドリブルを交互に
●リフティング
・ウォーキング
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・その他
 肩、かかと、カット
●ドリブル
・フリー
・ソール=足の裏
・ボールタッチを増やして
・ボールに触らないフェイント
 シザース、ステップオーバー、ネイマールステップ
・エラシコ
 エラスチコ=エラシコ(裏)
・2種類組み合わせ
 軸足当て⇒切り返し
 牛の尻尾⇒足裏通し
 ヒールリフト⇒ヒールキック

リフティング
ボールタッチの圧倒的な柔らかさを創り出す
徹底的にやり込めば、それなりのスキルが身に付く

ドリブル
顔を上げて出来る、しなやかな動作で出来る
そこまでやらないと、試合で使えるレベルにならない

2つ揃えて・・・ボールコントロールである

どのレベルで揃えるか・・・自分次第である


ゲーム形式(カテゴリー2)
5対5、勝ち残り方式

最初に話したのは・・・積極的にプレーすること
失敗など恐れる必要はないが、失ったら取り返さないといけない

次に話したのは・・・勝つために考えること
自由であればあるほど、個々が責任を持たないといけない

試合中に話した課題は・・・相手に当てないこと
味方だけを見ていると、相手に奪われてしまうこともある
相手の動きを見ていれば、判断を変えることが出来る

試合中に修正したのは・・・守備の時の立ち位置
ただ奪いに行くだけでは、技術のある選手からは奪えない
ただ奪いに行くだけでは、時としてチームに迷惑がかかる

相手の守備が良くなれば、それを打ち破る攻撃が必要になる

それが・・・アイデアや、良いプレーを引き出すポイント

11223344556677889900sn.jpg

ボールを回せ、ボールは疲れない
          ~ヨハン・クライフ~

サッカーに最も必要なのはアイデアです
アイデアの無い人もサッカーは出来ますが
サッカー選手にはなれません
          ~イビチャ・オシム~

この日のTRで水上コーチが伝えようとしたこと

そのいくつかは・・・こういうことだ

水上コーチのTRの場合、さらに要素を加えてある

これらを理解し実践できるようになったとき

それは・・・君たちが成長した証でもある





問われているのは・・・現在(いま) - 2016.12.19 Mon


プレミアリーグ参入戦の結果を受けて
来季の北信越プリンスリーグも決まった

米子北高校(鳥取、中国1位)
浦和レッズユース(埼玉、関東1位)
阪南大学高校(大阪、関西)
アビスパ福岡U-18(福岡、九州2位)

以上の4チームがプレミアリーグへ昇格
以下10チームが来季の北信越プリンスリーグとなる

アルビレックス新潟U-18(新潟、プレミアから降格)
新潟明訓高校(新潟、プレミア昇格ならず)
帝京長岡高校(新潟、プレミア昇格ならず)
星稜高校(石川)
富山第一高校(富山)
新潟西高校(新潟)
鵬学園高校(石川)
長岡向陵高校(新潟)
北越高校(新潟)
日本文理高校(新潟、県リーグより昇格)

新潟が7、石川が2、富山が1、福井と長野は0
今季よりも遥かにレベルの高い1年となるだろう
経験する・・・そんな生易しい舞台ではない
残るか、沈むか・・・そういう闘いである

2016111113140000.jpg

現在、中学生や小学生の君たちも

いずれ・・・この舞台に立つことになる

そのための準備・・・問われているのは・・・現在(いま)




名門の復活 - 2016.12.19 Mon


第65回全日本大学サッカー選手権大会

決勝 筑波大学 8-0 日本体育大学

2016121814480000.jpg

サッカーとは・・・こうなる要素を、いつも含んでいる

点数ほどの実力差はないのだけれど

そのスタイルには大きな差を感じた

風間八宏が土台を創った筑波大学

名門の復活とともに・・・スタイルが根付くことを願う

もうひとつ

プロ入りが内定している選手・・・やっぱり目立つ

サッカーにおける評価の基準は

やはり・・・ボールコントロールである




再会 - 2016.12.17 Sat


2014080516270000shizugaku.jpg

写真は2014年8月

サービスエリアで・・・突然の出会いだった

あれから2年と4ヶ月

身長は10cmくらい伸びている

今日の鵬学園、静岡の御殿場に遠征中

隣のグランドには静岡学園・・・突然の再会

少しだけ・・・話せたらしい

あの夏、本気で伝えてくれた・・・興龍さん

プロを輩出し続ける静岡学園高校

その根底を支える日本一熱い指導者

その眼に息子は・・・どう映っただろうか

2014080819140000sn10.jpg




高円宮杯U-18チャンピオンシップ2016 - 2016.12.17 Sat


ユース年代の最高峰を決める闘い

高円宮杯U-18チャンピオンシップ2016

青森山田高校 0-0 サンフレッチェ広島F.Cユース

延長戦も0-0、PK4-2・・・青森山田が優勝

2016121718490000.jpg

Jの下部組織が全て・・・ではない

時代に抗おうとする志・・・信念、反骨精神

そういう部分で・・・少しだけ・・・

少しだけ、勝(まさ)っていたのではないかな




相手DFの逆を突く=ドリブルにおける基本中の基本 - 2016.12.17 Sat


『N-style金沢 Soccer Academy』

昨日のTR(ピロティ)

◆全カテゴリー合同
・ドリブルテクニック
・リフティングテクニック
・ロンド(カテゴリー2)
・水上コーチ担当メニュー(カテゴリー1)
・本多コーチ担当メニュー(カテゴリー3)

ドリブルテクニック
・フリー
・片足のみ(逆足も)
・シザース
 シザース⇒ダブルタッチ
・ステップオーバー
 ステップオーバー⇒ダブルタッチ
・ネイマールステップ
 ネイマールステップ⇒ダブルタッチ
・フリー(ボールを触る回数を増やして)

シザース、ステップオーバー、ネイマールステップ
どれも「ボールに触らないドリブルテクニック」である

相手DFの逆を突く=ドリブルにおける基本中の基本

ヒザは柔らかく、しなやかに使う
顔を上げて、相手を見て、かけひきする


リフティングテクニック
・ステイ
 インステップ
 インサイド
 アウトサイド
 ヒール=かかと
 ミラージ=内またぎから
 カリオカ=外またぎから
・リフト(カテゴリー2)
 右足で引いて右足で上げる(逆足も)
 右足で引いて左足で上げる(逆足も)
 右足で引いて軸足(左足)に当てる(逆足も)
 立ち足の後ろ側で、右足で引いて軸足(左足)に当てる(逆足も)
 かかとで蹴って軸足(左足)に当てる
 立ち足の後ろ側で、かかとで蹴って軸足(左足)に当てる
 挟み上げ
 時間差挟み上げ
 そのまま乗せ(逆足も)

こんなTRをする理由・・・将来、わかる日が来る
本気で志したとき・・・あらためて・・・理解できるだろう
全ては・・・ボールコントロールであると


2016081000060000.jpg

どの年代で完成するか、何歳で完成するか

それが・・・最大のテーマであると言ってもいい

なにが??・・・もちろん、ボールコントロールである

出来ないことがあるのに、そのままにしておくから

これからってときに・・・夢に届かない





“差”とは、つくものではない・・・つけるものだ - 2016.12.15 Thu


北信越では・・・新潟がダントツ

この現実は・・・いつ頃からなのだろうか

自分が石川県に来た頃、20年以上前はそうではなかったし
泉クラブを創設して全国大会に出場したときも(15年前)
北信越の決勝戦の相手は、新潟県代表チームではなかった

小学生のうちは気付かないかもしれないが
中学3年生くらいになると、その差に驚愕することになる

こんなにも・・・違うものなのか

その頃になって、それを知っても・・・遅い

2016年度の高円宮杯U-18
最高峰のプレミアリーグにアルビレックス新潟
北信越プリンスリーグの優勝は新潟明訓高校
2位が帝京長岡高校、5チーム(全10チーム)が新潟勢
来年度は6~7チームが新潟勢となる

2016年度の高円宮杯U-15
中学生年代の北信越リーグ・・・ビックリするなよ(笑)
優勝 長岡JYFC
2位 アルビレックス新潟
3位 グランセナ新潟
3位と4位(カターレ富山)との勝ち点差は・・・12もある

全日本ユース(U-15)フットサル大会
中学生年代のフットサルの全国大会における
石川県の最高成績は泉クラブU-15Jrユース
自分が監督をしていた2002年1月の事である

この大会・・・ここ4年は・・・新潟県代表が日本一
2013年1月 長岡JYFC
2014年1月 FC五十嵐JY
2015年1月 長岡JYFC
2016年1月 長岡JYFC
長岡JYFCは合計4度・・・日本一に輝いている

この新潟勢の活躍により
北信越から全国に出場できる枠は3つもある
2002年当時は・・・1チームだけだった
で、この3枠・・・今年も・・・新潟が3チームである

サッカーも、フットサルも・・・違いは「個」である

彼らは彼らのスタイルを構築し・・・大きな「差」をつけた
もちろん、新潟が日本最高レベル・・・ではないが
小学生年代の地域差を考えると、素晴らしい進歩である

clubdefutbolsou001.jpg

オレたち『CDF創』は・・・この“現実”に抗う

この“個々の差”に挑戦し・・・さらに上に行くと志す

“環境”とは指導者次第・・・そう考えている

だからまず・・・“優れた指導者”を集めた

あとは・・・“本気”・・・本気になれる選手がほしい

“差”とは、つくものではない・・・つけるものだ




どこに立つか、どうやって立つか・・・明暗を分ける - 2016.12.14 Wed


『N-style金沢 Soccer Academy』

本日のTR(スポセン)

◆カテゴリー3(園児~3年生)
・ボールコントロール(カテゴリー2・3)
・ミニゲーム
・本多コーチ担当メニュー

◆カテゴリー2(4年生~5年生+α)
・ボールコントロール
・ミニゲーム

◆カテゴリー1(6年生~中学生+α)
・水上コーチ担当メニュー

ボールコントロール
ドリブルとリフティングを交互に
●ドリブル
・フリー
・ソール(足の裏)を使ったドリブル
 ナメ
 ナメ&ストップ
 スクラッチ
 ルーレット
・ボールと一体化したドリブル
 インサイドタッチ
 ジンガ
 足裏通し(連続)
・ターン
 切り返し(インサイド)
 切り返し(アウトサイド)
 クライフターン
 コンティ
 リトバルスキー
 アウトインターン
 インサイドフック
 アウトサイドフック
 1拍子
●リフティング
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング

ボールと友だちになり、ボールと一体化する
何でも出来る・・・手で扱うよりも・・・巧く
そこまでやらないとな・・・中途半端じゃ届かない

ハッキリ言っとくけどさ
どんなふうにやってもなれる・・・わけじゃないんだ
一番大事なのは「コンセントレーション」=集中力

子供だから仕方ない??
いやいや・・・子供だから・・・差ができるんだ
集中して、何度でも・・・「テクニック」を磨く唯一の方法


ミニゲーム(カテゴリー3)
3対3、コーンゴール×4、勝ち残り方式

ミニゲーム(カテゴリー2)
2対2、コーンゴール×4、勝ち残り方式

カテゴリー2(5年生以上)において
上記のミニゲーム(2対2)は、ディフェンスのTRでもある
もちろん、ボールを保持した状態でのTRでもあるのだが
この日のコンセプトは、「中盤のディフェンス」である

・立ち位置=パスラインを切る
 ボールの移動に対して、素早く立ち位置を変える
・自由にさせない=少しでも寄せる
 いつでも奪えるように、プレッシャーをかけてチャンスを伺う

このTRでのゴール(コーン)は、相手の選手=FWである
タテパスを入れさせない・・・その価値を知る必要がある

たったこれだけの事でも・・・君たちは知らない
どこに立つか、どうやって立つか・・・明暗を分ける
まずは知る=知識を増やす
次は実行する=スキルとして身に付ける
この繰り返しが・・・「インテリジェンス」を高めていく


clubdefutbolsou001.jpg

上記のような知識は、一般大衆的なレベルである

このアカデミーが、広く一般大衆レベルだとしたら

『創』は間違いなく・・・“スペシャリスト”・・・である

伝えるスキルは、細かく深いものであり

瞬間の判断の中で、個々の技術の高さが発揮される

『創』でしか身に付けられない・・・そんなスキルは多い

日本トップクラスの“個”を育成するにあたり

『創』の行く道は・・・他とは違う道である

始まってみれば・・・違いはすぐに分かるだろう

君たちの決断を・・・楽しみに待つ

そして新しい出会いもまた・・・楽しみにしている





『CDF 創』=「club de futbol 創」 - 2016.12.14 Wed


『CDF 創』=「club de futbol 創」

 石川県サッカー協会の理事会により
 正式に新規加盟申請が承認されました
 よって、正式に選手募集を開始します

 ジュニアユース(中学生)年代のクラブチーム
 最も重要な年代に焦点を当てて育成する
 “世界に出る選手を育てる”と、本気で志しています

 創造をテーマに、世界における日本を象徴して
 その漢字の美しさから、漢字一文字で「創」としました
 チーム名は、そのまま「そう」と呼びます

個々の育成=土台を築く

 拘るのは“個々の育成”であり
 目標はプロサッカー選手の育成、その「土台を築く」こと
 夢はサッカー日本代表の輩出、その「土台を築く」こと
 土台を築くための「基礎」を徹底的に磨きます

サッカーの基礎=ボールコントロール

 技術=「テクニック」
 まずは“何でも出来る”技術を身に付ける
 それを出来るだけ“しなやかに”に進化させ
 そこからさらに、“試合で使える技術”へと磨いていく

 賢さ=「インテリジェンス」
 サッカーという競技は22人でボールが1つ
 だから“考える”という作業が重要になる
 サッカーを知り、理解したうえで“立ち位置”をとる

 技術と賢さが揃えば、局面での「かけひき」が導き出される
 “局面でのかけひきを制する”は、試合を制することでもある

必要なことは全て伝える

 良いグランドが優れた選手を創るわけではない
 良いスパイクが優れた選手を創るわけではない
 いま評価されているから夢が叶うわけではない
 生まれ持った能力が高いから夢に届くわけではない

 何よりも大切なのは・・・「意志のチカラ」です

 必要なことは、ここにある「日常」で全て伝えます


clubdefutbolsou001.jpg


 『CDF 創』

 代表 中島克昭

 コーチングスタッフ
 木下靖彦 水上慎吾 本多憲太郎

 問い合わせ先
 nstylekanazawa@gmail.com




高円宮杯U-18プレミアリーグ参入戦2016 ~試合日程~ - 2016.12.14 Wed


ユース年代最高峰の舞台へ

高円宮杯U-18プレミアリーグ参入戦2016

各地域プリンスリーグ(関東や関西、東海、北信越、など)
そこを勝ち抜いたチームが、たった4枠をめぐり闘う

cdfsou003gh.jpg

◆12/16(金) 11:00 広島県内

 米子北高校(中国1位)
 vs
 東京ヴェルディユース(関東3位)

 明徳義塾高校(四国)
 vs
 コンサドーレ札幌U-18(北海道)

 上記の試合を勝ったチーム同士が12/18(日)
 決定戦を行い・・・勝者がプレミア昇格

◆12/16(金) 11:00 広島県内

 浦和レッズユース(関東1位)
 vs
 帝京長岡高校(北信越2位)

 長崎総合科学大学附属高校(九州1位)
 vs
 岡山学芸館高校(中国3位)

 上記の試合を勝ったチーム同士が12/18(日)
 決定戦を行い・・・勝者がプレミア昇格

◆12/16(金) 13:30 広島県内

 新潟明訓高校(北信越1位)
 vs
 浜松開誠館高校(東海2位)

 阪南大学高校(関西)
 vs
 桐光学園高校(関東2位)

 上記の試合を勝ったチーム同士が12/18(日)
 決定戦を行い・・・勝者がプレミア昇格

◆12/16(金) 13:30 広島県内

 JFAアカデミー福島(東海1位)
 vs
 アビスパ福岡U-18(九州2位)

 ベガルタ仙台ユース(東北)
 vs
 広島皆実高校(中国2位)

 上記の試合を勝ったチーム同士が12/18(日)
 決定戦を行い・・・勝者がプレミア昇格

cdfsou004ga.jpg

この内、数チームは・・・夏に直接観ている

直接観た感想で言えば
JFAアカデミー福島のサッカーが・・・抜けている
ポゼッションスタイルに転換してから
個々の能力の高さが、良い形で表現されるようになった

浦和レッズユースも強いし、長崎総科大附属も強い
帝京長岡は苦しい闘いになるだろうが・・・可能性はある
新潟明訓は・・・勝ち抜く可能性十分である
U15でもU18でも、北信越では・・・新潟が抜けている

さぁ、未来を夢見る君たちも・・・準備を始めるときだ

clubdefutbolsou001.jpg




高円宮杯U-18チャンピオンシップ2016  ~試合日程~ - 2016.12.13 Tue


ユース年代の最高峰を決める闘い

高円宮杯U-18チャンピオンシップ2016

青森山田高校 vs サンフレッチェ広島F.Cユース
埼玉スタジアム2002 12/17(土) 13:00KO

※サンフレッチェ広島F.Cユース「背番号2」
 東野広太郎(エスポワール白山FC出身)

cdfsou001h.jpg

プレミアリーグEASTの結果
優勝  青森山田高校(チャンピオンシップ進出)
2位  FC東京U-18
3位  市立船橋高校
4位  大宮アルディージャユース
5位  横浜F・マリノスユース
6位  清水エスパルスユース
7位  柏レイソルU-18
8位  鹿島アントラーズユース
9位  流通経済大学付属柏高校(プリンスリーグ自動降格)
10位 アルビレックス新潟U-18(プリンスリーグ自動降格)

プレミアリーグWESTの結果
優勝  サンフレッチェ広島ユース(チャンピオンシップ進出)
2位  セレッソ大阪U-18
3位  ヴィッセル神戸U-18
4位  東福岡高校
5位  ガンバ大阪ユース
6位  京都サンガF.C.U-18
7位  神戸弘陵学園高校
8位  大津高校
9位  名古屋グランパスU18(プリンスリーグ自動降格)
10位 大分トリニータU-18(プリンスリーグ自動降格)

cdfsou002a.jpg

鵬学園高校が闘っている北信越プリンスリーグ

その上にはまだ・・・最高峰の闘いが待っている

北信越最強のアルビレックス新潟U-18

そのアルビが・・・最下位で降格する

上には・・・上がいる

臆するか・・・それとも・・・挑戦するか

挑戦するなら・・・準備はもう・・・始めないといけない

clubdefutbolsou001.jpg




プロサッカー選手になるという夢は、いつしか君を・・・大人にする - 2016.12.13 Tue


『N-style金沢 Soccer Academy』

日付変わって、昨日のTR(スポセン)

◆カテゴリー3(園児~3年生)
・ボールコントロール(カテゴリー2・3)
・本多コーチ担当メニュー

◆カテゴリー2(4年生~5年生+α)
・ボールコントロール
・1対1

◆カテゴリー1(6年生~中学生+α)
・ボールコントロール
・水上コーチ担当メニュー

ボールコントロール
ドリブルとリフティングを交互に、カテゴリー別に数メニューずつ
●ドリブル
・フリー
・2ステップ1タッチ
 インサイド⇒アウトサイド⇒ソール(足の裏)
 インサイド⇒アウトサイド⇒ソール⇒シザース
・ヒールリフト
 ヒールリフト⇒ヒールキック
・キックフェイント
 引き技
 引き技⇒足裏通し(連続)
 引き技⇒浮かし抜き
 引き技⇒浮かし抜き⇒シャペウ
 引き技⇒浮かし抜き⇒シャペウ⇒上半身コントロール
 引き技⇒浮かし抜き⇒たたき
・エラシコ
 エラシコ⇒マシューズ
 マシューズ⇒エラシコ
・ダブルタッチ
 ルーレット⇒ダブルタッチ
 牛の尻尾⇒ダブルタッチ
・軸足当て
 軸足当て⇒切り返し
●リフティング
・インステップ
 左右交互、片足連続
・インサイド
 左右交互、片足蹴り上げ
・アウトサイド
・もも
・ヘディング
・肩
・かかと
・キャッチ
 インステップ、股、もも裏、胸、肩、ヘディング

1対1
コーンゴール×8、5組同時進行、勝ち残り方式

いま出来ない・・・は、恥ずかしいことではない
未熟な自分を受け入れて、初めて成長できるのだから
今日という日を全力で、前に進むために使うんだ
それこそが、挑戦であり・・・夢への第一歩である


1234567890qwerbnmkl.jpg


毎日毎日、コツコツコツコツ、、、、


2013081117200000sn10.jpg


プロサッカー選手になるという夢は


2015122318080000.jpg


いつしか君を・・・大人にする


201611101438000011.jpg


だから全力で・・・本気で夢と・・・向き合いなさい





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

N-style

Author:N-style
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4754)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR