FC2ブログ
topimage

2017-03

向上心がなければ、達成感は得られない - 2017.03.22 Wed


『N-style金沢 Soccer Academy』

本日のTR(グランド、ピロティ)

◆カテゴリー3(園児~3年生)
・ウォーミングアップ(全カテゴリー合同)
・ゲーム形式
・3対3
・リフティング
・本多コーチ担当メニュー

◆カテゴリー1・2(4年生~中学生)
・ウォーミングアップ
・ゲーム形式
・1タッチパスコントロール(カテゴリー1)
・2対2(カテゴリー2)
・リフティング
・ゲーム形式

ウォーミングアップ(全カテゴリー合同)
ゲーム形式、ハンデキャップマッチ、ボール×3
4年生以下(フリータッチ)vs5年生以上(1タッチ)

3対3(カテゴリー3)
15mスクエア、コーンゴール×4、勝ち残り方式

2対2(カテゴリー2)
15mスクエア、コーンゴール×4、勝ち残り方式

1タッチパスコントロール(カテゴリー1)
『CDF創』TRメニュー
角度を変えた1タッチパス&ゴーの連続を4種目

リフティング(カテゴリー1・2)
2人組、パス交換
・フリータッチ
・1タッチ(インサイド)

ゲーム形式(カテゴリー1・2)
①13対13
②8対8、勝ち残り方式

2016011008430000.jpg

富士に例える意識の違い

下の方=裾野には、たくさんの人がいる
多くの人たちと楽しい会話、良い気分の時間が過ぎていく
上まで登る気持ちはないから、軽い準備しか持っていない
ここで満足できる人には、上からの景色は見ることが出来ない

上の方に登って行くにつれて、人は少なくなっていく
口数も少なくなる・・・他人には構っていられない
登ること自体が困難だが、一歩ずつ登るしかない
やめて戻るか、先へ進むか・・・全て自分次第
ここにいる人達は、頂から観る景色を想像できている

向上心がなければ、達成感は得られない

小さな目標でもいい・・・ひとつずつ達成していく

そうすることで得られるものがある

この得られるものを積み重ねていくと・・・“自信”になる

富士で言うなら
まず、頂上まで登れるだけの準備をするんだ
食糧、防寒、寝具、、、、そして・・・登りきるという気持ち
これが出来ていなければ、途中で降りることになってしまう

次は、達成できる目標をつくる
10m上まで、次はもう20m上まで、、、、
少しずつでいい・・・確実に登っていくんだ
途中、想定外のことに遭遇するだろう
知恵を絞って、解決するんだ・・・先へ進む、そのために

こうやって・・・一歩ずつ、一歩ずつ、一歩ずつ
ひとつずつ小さな目標を達成していくことで
最終的には、大きな目標=頂上に辿り着けるんだ

一歩ずつ、一歩ずつ、小さな目標の達成の連続

それが・・・夢に辿り着くための“自信”を育むんだ





奪ったボールを、チームとして相手に渡さない - 2017.03.22 Wed


『N-style金沢 Soccer Academy』

トレーニングマッチ(月曜日)
U-9カテゴリー
いしかわ総合スポーツセンター
7人制、5分ハーフ
担当 本多コーチ

U-9 3-0 氷見FC(富山)

U-9 0-2 富山新庄FC

U-9 0-0 和気FC(石川)

U-9 1-1 富山新庄FC

U-9 1-0 和気FC

U-9 1-0 氷見FC

U-9 2-0 和気FC

U-9 1-0 氷見FC

U-9 0-2 富山新庄FC

※以下、10分ハーフ

U-9 3-0 氷見FC

U-9 2-3 和気FC

U-9 2-2 富山新庄FC

氷見FCさん、和気FCさん、富山新庄さん
金沢まで、有難うございました
今後とも、宜しくお願い致します


以下、本多コーチのコメント

これからグラウンドでの試合が増えることを想定して、ポジションを意識したプレーをテーマに、各メンバーが1対1でどれだけ闘えるかを観ていました。

試合を重ねながら、各ポジションの役割や立ち位置を伝えていくことで、少しずつテーマを意識したプレーができるようなり、成長は見られました。永遠のテーマである1対1については、ディフェンスに優れている強豪チーム相手には苦しんでいましたね。ボールを奪ったあと、そのボールを奪われないために粘ってキープすることはできても、結局奪われてしまっては最終的にチームにとってマイナスになります。

奪ったボールを、チームとして相手に渡さない

チームに貢献するためには、この部分の理解が必要となります。もちろん、相手が2~3人いても、スクリーンや手を上手く使って相手を剥がせるくらいのテクニックは必要ですが、これからは個人を向上させつつも状況判断が伴ったプレーも同時に向上させていかなくてはなりませんね。

課題はまだまだありますが、伸びしろがあると考えれば・・・今後が本当に楽しみでもあります。現状でも相手に怯まず闘うことができる。その上で「テクニック」と「インテリジェンス」を磨き、チームに貢献できる選手に成長していってほしいと思います。

保護者の皆様
たくさんの選手の参加、審判・応援、ありがとうございました。今後もトレーニングの質と量にこだわり、子供たちと向き合っていこうと思いますので、ご協力宜しくお願い致します。

cdfsou001h.jpg

君たちの着ているユニフォームに似てるけど

君たちよりも1つ上のランクのユニフォームだ

一日でも早く、ここまで・・・昇ってこい!!

必要なのは“日常”・・・努力と継続

試されているのは・・・夢と向き合う“覚悟”だ





いいなぁ・・・この言葉 3/22版 - 2017.03.22 Wed


「何が得られるか」・・・は後。

「自分がやる意味」・・・が先。



財を失っても

名誉を失っても

立ち上がることが出来る

勇気を失うな



失敗したらどうする?

もちろん・・・また、やり直せばいいのさ



本当に大切にしたいことはなにか

大切にしたいことのために、今できることはなにか

その問いの繰り返しが、退屈な人生を鮮やかに彩る



小さな利点にとらわれると、大きな仕事が達成できない



真の善人とは

10人のうち5人が貶し

5人が褒める人物である




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

N-style

Author:N-style
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4880)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR