FC2ブログ
topimage

2017-10

楽しもう!! - 2017.10.31 Tue

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニングマッチ(10/29)
U-9カテゴリー ※一部、4年生も参加
鳴和台市民体育会館、5人制、8分×1本
対戦相手 和気FC
担当 本多コーチ

1本目 0-2

2本目 3-0

3本目 5-0

4本目 2-0

5本目 2-0

6本目 2-1

7本目 1-2
※U-8

8本目 4-0

9本目 6-0
※U-8

10本目 5-0

11本目 0-2
※U-8

12本目 3-0
※U-10

13本目 4-1

和気FCさん、いつも有難うございます
Jrユース含め、今後とも宜しくお願い致します

20170602sinkandafutaenoniji.jpg

いま絶好調な選手も、そうでない選手も
先は長い・・・まだまだ長い・・・だから、楽しもう!!

思い通りになった喜びも、失敗した苦い経験も
全てが君たちの・・・血となり、肉となり、育んでくれる

全力で、本気で・・・100%で頑張ったなら
何ひとつとして・・・君たちのためにならないことはない

だから・・・楽しもう!!・・・いまを・・・全力で!!





飽きるなんて・・・中途半端に才能のあるヤツがやる事だ - 2017.10.31 Tue

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
10/30 いしかわ総合スポーツセンター

◆カテゴリー2(4年生以下主体)
・リフティング
・ドリブルテクニック
・ミニゲーム

◆カテゴリー1(5年生以上主体)
・水上コーチ担当メニュー(上級生)
・本多コーチ担当メニュー(下級生)

リフティング
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・その他
 インステップ(片足連続)、スネ打ち

ドリブルテクニック
・フリー
・片足
・ソール
・フェイント(以下の組み合わせ)
 シザース
 ステップオーバー
 ダブルタッチ
 マシューズ
 エラシコ
 ルーレット
 切り返し(イン、アウト、クライフターン)
 引き技
 牛の尻尾
 ヒールリフト
 シャペウ
 たたき

ミニゲーム
18m×10m、ミニゴール、学年別
①3年生以下、3対3、勝ち残り方式
②4年生、3対3、勝ち残り方式
③5年生以上、2対2、勝ち残り方式

honda0003.jpg

何度でも伝える・・・大切なのは繰り返しだからな

何度も何度もやる・・・現代に最も足りない要素だな(笑)

飽きる??・・・バカ言っちゃいけねー(江戸っ子w)

飽きるなんて・・・中途半端に才能のあるヤツがやる事だ

いくらやっても飽きない・・・継続を超える才能はない


clubdefutbolsou001.jpg




選手募集のお知らせ - 2017.10.30 Mon


『N-style金沢 Soccer Academy』


sousi10happybirthday2015326.jpg


サッカースクール活動、今年度から7年目

トレーニングには毎回 体験参加 が数名います

新年度、新たに 33名 が新規加入しています

ゼロから始める そんな選手もたくさんいます

ゼロから始める そんなつもりで来てください

何か上手くいっていない・・・

もっともっと巧くなりたい・・・

成長するキッカケがほしい・・・

そんな選手もまた、ここで掴んでください!!



sousinsousukek10.jpg


園児、小学生、中学生、大募集!!

平日の練習は週3回 毎週月水金曜日

◆4月~9月の練習会場

 「新神田小学校グランド」

 「新神田小学校ピロティ」

◆10月~新年3月の練習会場

 「新神田小学校グランド」

 「新神田小学校ピロティ」

 「いしかわ総合スポーツセンター」

遅刻、早退、問題ありません

かほく市や小松市、富山県からも参加しています

週1回からの参加でもOK

本気なら、誰でも参加できます!!

2017年4月で活動7年目に突入

小・中学生が約100名在籍

本気で夢と向き合っています!!

↓まずは連絡ください↓

nstylekanazawa@gmail.com



sousinkaiseiw10.jpg


目標が・・・その日その日を支配する

夢に向かって“本気”なら

門はいつでも・・・開いています!!




トレーニングの予定(11月・12月) - 2017.10.30 Mon


『N-style金沢 Soccer Academy』


◆10月のトレーニング予定

 30(月) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00

◆11月のトレーニング予定

 スポセンの予定について
 上に書いてある時間が「4年生以下」
 下に書いてある時間が「5年生以上」

 1(水)
 新神田小学校グランドorピロティ
 全学年 17時~20時

 6(月)
 新神田小学校グランドorピロティ
 全学年 17時~20時

 8(水)
 新神田小学校グランドorピロティ
 全学年 17時~20時

 10(金) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 13(月) 休み

 15(水) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 17(金)
 新神田小学校グランドorピロティ
 全学年 17時~20時

 20(月)
 新神田小学校グランドorピロティ
 全学年 17時~20時

 22(水) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 24(金)
 新神田小学校グランドorピロティ
 全学年 17時~20時

 27(月) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 29(水)
 新神田小学校グランドorピロティ
 全学年 17時~20時

◆12月のトレーニング予定

 1(金) スポセン・サブアリーナ
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 4(月)
 新神田小学校グランドorピロティ
 全学年 17時~20時

 6(水) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 8(金) スポセン・サブアリーナ
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 11(月) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 13(水)
 新神田小学校グランドorピロティ
 全学年 17時~20時

 15(金)
 新神田小学校グランドorピロティ
 全学年 17時~20時

 18(月)
 新神田小学校グランドorピロティ
 全学年 17時~20時

 20(水) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 22(金) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 25(月) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 27(水) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00
 ※年末最終日

◆1月のトレーニング予定

 5(金) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00
 ※新年開始日


sousi10happybirthday2015326.jpg


◆トレーニングについての詳細

 毎週 月・水・金曜日(祝日は休み)

 グランド=新神田小学校グランド
 ピロティ=新神田小学校ピロティ
 スポセン=いしかわ総合スポーツセンター

 グランドについて
 使用料は必要ありません(無料)
 全学年、17:00~20:00頃
 トレーニング終了後、後片付け~解散となります
 雨天時は「ピロティ」に移動してトレーニングを行います
 ※トレーニングシューズ

 ピロティについて
 使用料は必要ありません(無料)
 全学年、17:00~20:00頃
 ※トレーニングシューズ

 スポセンについて
 参加した日には使用料が必要です
 役員さんが集金していますので
 ・トレーニングに来たとき
 ・トレーニングから帰るとき
 いずれかに支払いをお願いします

 5~6年生・中学生は、4年生以下のTRに参加可能
 4年生(★)は、5年生以上のTRに参加可能
 ※フットサルシューズ、インドアシューズ
 ★指導者の確認が必要です

 変更などありますので
 予定はこまめに確認してください



sn10sk11_geminis_kanazawa_fc.jpg


◆新神田小学校の駐車について

 お迎えの時
 正門の入り口付近に駐車されると
 他の使用者(体育館など)に迷惑がかかります

 奥まで進んで駐車できますので
 門に入ってから右折、突き当りを左折
 奥から順番に駐車するようにしてください



『CDF 創』入団について、その他

アカデミー体験参加などの問い合わせ先

nstylekanazawa@gmail.com



20150227004ns.jpg


 今日を今日中に使い切れ

         ~斎藤興龍~


 我が敵は、我が妥協にあり

         ~本田圭佑~


 努力に勝る天才なし

         ~長友佑都~


 目標が、その日その日を支配する

         ~後藤静香~


 夢なき者に・・・成功なし

         ~吉田松陰~


 苦しまずして・・・栄光なし

         ~黒田博樹~





いま見えている現実だけで・・・選手を判断しないことだ - 2017.10.30 Mon

club de futbol 創 = CDF創

トレーニングマッチ(10/29)
金沢市中央体育館、フットサル、15分×1本
対戦相手 FC.BROS
担当 木下コーチ

1本目 3-0
得点経過 シオン、ジュンヤ、シュンキ

2本目 0-1

3本目 4-1
得点経過 ナオト、シオン、トモキ、ジュンヤ、失点

4本目 1-1
得点経過 アオシ、失点

5本目 2-1
得点経過 シオン、シオン、失点

6本目 7-1
得点経過 ナオト、ジュンシロウ、ジュンシロウ、シオン、シオン、失点、ナオト、(?)

7本目 0-4

8本目 3-2
得点経過 失点、シオン、リク、トモキ、失点

9本目 1-7
得点経過 失点、失点、失点、失点、失点、失点、失点、ジュンシロウ



4本目、アオシが決めた1点には価値があった

4本目に出場していたメンバーは「C」という格付け
指導者に求められていることが出来ないから・・・であるが
15分を闘い抜いた彼らに、自分は心を動かされた

下手くそで、パスミスが多くて、簡単に奪われてしまう、、、、
でもな、全員が諦めることなく走り続けて、泥臭くとった1点
指導者の教えた通りにとった点よりも・・・遥かに価値がある

この15分間をしっかりと観ていた者は、ベンチにはいなかった

ふざけんじゃねぇ・・・こんなチームを創ったわけじゃねーんだ

汗だくになって、息も切れて、でも・・・うまくいかなくて
それでも、走るのを止めない・・・なぜか?・・・夢だからだ
粘り強い、泥臭い・・・サッカー選手にとって、最高の褒め言葉だ

「A」に出場していた選手、得点には彼らの名前が連ねてある
優秀なのだろう・・・自分には・・・そうは見えなかったけどな
指導者が変われば評価が変わる・・・自分の評価は全く違う

育てる自信のない指導者は、優れた選手をたくさん欲しがる
これでもか、まだ足りないのか・・・というくらいの数を集める
そうしなければ競争させられない・・・方法を知らないのだ

優秀な指導者は、気持ちのある選手を育てて競争の場を創り出す
その際、最も重要なことは・・・選手から目を逸らさないこと
いま見えている現実だけで・・・選手を判断しないことだ







選手が必死なんだ・・・指導者も目を逸らすな - 2017.10.29 Sun


Aチーム、Bチーム、Cチーム、、、、
選手を区分けするのは当然で、決して悪いことではない
出場チャンス=経験は、育成年代にとって重要だし
スタメンで出場する機会というのも、大切な経験である
競争も重要な要素で、成長していくには欠かせないものだ

10歳から15歳くらいは、成長の差によって体が随分と違う
小学6年生でも、中学2年生と変わらない選手もいれば
中学1年生でも、小学5年生くらいの体格しかない選手もいる
フィジカル的にキツイと、成功体験が少なくなる
できる・・・という成功体験もまた、大切な経験である

こういった視点=育成における前向きな視点は必要で
今後の選手の成長がプラスであれば、区分けは必要である
だが・・・指導者が選手の扱いを分けているようでは本末転倒
評価されている選手も、そうでない選手も・・・どちらも育たない

優れた育成環境は、BチームやCチームを見れば分かる
育成環境=指導者であるから、指導者の意志が見える
BチームやCチームの選手が、全力で前を向いているなら
そこは良い環境と言えるだろうし、選ばれる環境になるだろう

Aチームが終わった後に、Bチームの試合があるのが普通
やっと出番のBチームだが、指導者は試合にケツを向けて
Aチームの面々を集めて、熱いミーティングの真っ最中
こんなアホな指導者を・・・オレは嫌というほど観てきた
それで何が伝わるのか・・・オレには・・・さっぱりわからん

本田圭佑だって、長友佑都だって・・・Bから這い上がった
悔しい毎日を送っている・・・その中にいるんだよ
わかってる??・・・わかってねーから・・・行動に現れる
結局は目の前の勝ちが欲しい・・・10年後は見ようともしない

いまいる選手の中で・・・だということに気付けなくなる
より優れた選手がいる集団で、はたしてAにいられるか
慢心した選手というのは、そういう現実が見えなくなっていく
勘違いは選手の将来を壊す・・・勘違いさせるのは誰??

静岡学園高校は・・・BやC、Dチームの選手が熱い
指導者はもっと熱い・・・それがプロを輩出する環境だ
中学生時代に登録メンバーにすら入れずスタンドで応援
そんな選手が・・・次の3年間で逆転、ピッチに立つんだ
Aの監督がDを指導する・・・Aよりも熱く・・・これが日常

選手からのシグナルを見逃すな

欠点など誰にでも見える・・・素人にだってわかる

選手の良さを見逃さない指導者であるべきだ

選手が必死なんだ・・・指導者も目を逸らすな

A、B、C・・・はたして、あなたはどのランクの指導者か

選手を区分けするのだから・・・指導者も然るべきである

どのランクであれ、より高みを目指すために・・・聴くべきである




人の心を動かす - 2017.10.28 Sat

club de futbol 創 = CDF創

トレーニングマッチ(10/28)
白山フットサルセンター、フットサル、15分×1本
担当 木下コーチ

CDF創 3-2 ブルーラグーン
得点経過 シオン、シオン、ジュンヤ、失点、失点

CDF創 0-5 ヴィンセドール白山

CDF創 2-0 ブルーラグーン
得点経過 シュンキ、シュンキ(PK)

CDF創 1-5 ヴィンセドール白山
得点経過 失点、シオン、失点、失点、失点、失点

CDF創 6-2 ブルーラグーン
得点経過 シオン、ジュンシロウ、ジュンヤ、ジュンシロウ、シオン、失点、トモキ、失点

CDF創 3-5 ヴィンセドール白山
得点経過 シュンキ、失点、ジュンヤ、失点、シオン、失点、失点、失点

CDF創 1-1 ブルーラグーン
得点経過 失点、ヤマト

20170708cdfsouu13.jpg

フットサル専門チーム、上の学年・・・上出来ではないか
足りない部分よりも、それぞれの可能性の方がよく見えた

ひとつだけ・・・伝えておきたい

フットサル日本代表まで登りつめた教え子は
サッカー選手を目指して静岡学園高校に進学したんだ

それまでの経歴など意味を持たない平等な競争の中で
妥協なき努力の日々を過ごし、そして・・・夢には届かなかった

でも・・・諦められなかったんだ

出会ったとき、決して・・・巧くはなかった
身体能力に優れていたわけでなく、見た目には何もなかった

だが・・・ひとつだけ・・・確実に持っていた

人の心を動かす・・・感動させるチカラがあった

そういうものが必要だと・・・君たちには伝えたい







使った「スネあて」は・・・その日のうちに洗いなさい(笑) - 2017.10.28 Sat

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
11/27 いしかわ総合スポーツセンター

◆カテゴリー2(4年生以下主体)
・リフティング
・ドリブルテクニック
・ミニゲーム

◆カテゴリー1(5年生以上主体)
・水上コーチ担当メニュー(上級生)
・本多コーチ担当メニュー(下級生)

リフティング
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング

ドリブルテクニック
・フリー
・片足
・ソール
・フェイント(以下の組み合わせ)
 シザース
 ステップオーバー
 ダブルタッチ
 マシューズ
 キックフェイント
 切り返し(イン、アウト、クライフ、他)
 引き技
 エラシコ
 牛の尻尾
 ラボーナ
 ヒールリフト
 シャペウ
 たたき

ミニゲーム
18m×10m、ミニゴール、学年別
①2年生以下、2対2、勝ち残り方式
②3年生、2対2、勝ち残り方式
③4年生、3対3、勝ち残り方式
④5年生以上、2対2、勝ち残り方式
⑤5年生以上、3対3、勝ち残り方式、パナ(股抜き)でペナルティー

2014102012360000sn10.jpg

下級生の課題は現在進行形
日々のTRで身に付けたテクニックをゲームで使うこと

勝ち負けのかかった試合では、中々に難しいことだ
いまのうちに、出来る限りの“遊び心”を表現してもらいたい

そのためのオーガナイズ=ミニゲームなのだから
失敗を恐れずに・・・どんどんチャレンジしてもらいたい

それと・・・もうひとつ・・・これは忠告だ

使った「スネあて」は・・・その日のうちに洗いなさい(笑)


2014102012320000sn10.jpg




【ムーブメント・プレパレーション】 - 2017.10.26 Thu

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
10/25 新神田小学校ピロティ

◆全カテゴリー合同
・リフティング
・ドリブルテクニック
・ロンド(カテゴリー別)

リフティング
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・その他
 肩、かかと、カット=回転をかける
・3拍子
 基本5種目、胸、肩、かかと
・リフト
 選手セレクト15種目

ドリブルテクニック
・フリー
・フェイント(連続)
 ルーレット⇒ルーレット(逆回り)
 切り返し⇒切り返し(アウトサイド)
 切り返し⇒切り返し(インサイド)
 切り返し⇒切り返し(フリー)
 軸足当て⇒切り返し
 ロナウドのまたぎ⇒切り返し
・バウンド
 バウンド⇒空中切り返し
 バウンド⇒シャペウ
 バウンド⇒たたき

ロンド(カテゴリー1)
5mスクエア
①5対2、U-2タッチ、パス12本でペナルティー
②5対2、フリータッチ、パナ(股抜き)orギャップでペナルティー
③6対1、3タッチのみ、パナでペナルティー

20171007ootorigakuen7.jpg

この日は息子の腰の精密検査
学校を早退してMRI検査のために病院へ
結果としては悪い方ではなかったが・・・その原因は
足首や股関節が硬いことによる疲労の蓄積だった

小・中学生の頃は、イヤというほど自宅で柔軟をやっていた
が・・・高校では鍛えることが主で、ほぐすことが足りなかった
運動前⇒「動的ストレッチ」
運動後⇒「必ず入浴」&「静的ストレッチ」
これが非常に重要であると、知ってはいたが意識が低かった

『CDF創』では、アップに【ムーブメント・プレパレーション】

ダウンにはストレッチ・・・時間をとって、必ず行っている

こういったことを疎かにしない・・・これが将来に繋がっている


20170708cdfsouu13.jpg




常に選択肢を2つ以上持つ・・・そのためである - 2017.10.24 Tue

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
10/23 いしかわ総合スポーツセンター

◆カテゴリー2(4年生以下主体)
・リフティング
・ドリブル
・1対1
・ミニゲーム

◆カテゴリー1(5年生以上主体)
・ドリブル&パス交換
・2対2
・クワトロ

ドリブル(カテゴリー2)
ジグドリ、コーン×4、帰りはソール=足裏
・フリー
・フェイント(連続)
 ダブルタッチ&マシューズ
 シザース&ダブルタッチ
 シザース&エラシコ
 リフト=浮かし抜き&ヒールリフト&シャペウ&たたき

1対1(カテゴリー2)
8mスクエア、対面、ライン突破、学年別

ミニゲーム(カテゴリー2)
18m×10m、ミニゴール、学年別、勝ち残り方式
①3年生以下、2対2
②4年生主体、3対3
③5年生以上、2対2

2対2(カテゴリー1)
18m×10m、ミニゴール、勝ち残り方式

クワトロ(カテゴリー1)
18m×20m、ミニゴール×4、学年別、勝ち残り方式
①3対3、フリータッチ
②4対4、U-2タッチ
③4対4、フリータッチ

2015122318080000.jpg

カテゴリー2(4年生以下)
身に付けたテクニックを、ゲームで使うことを目標にしている
ヒールリフト、エラシコ、パナ(股抜き)、ルーレット、、、、
そのためには・・・遊び心を持って、チャレンジするしかない
今後も、そういった方向へ促すオーガナイズを提供しよう

カテゴリー1(5年生以上)
この日はまず、以下の3つの攻撃方法を説明した
・カウンター(ショート、ロング)
・ダイレクトプレー
・ポジショナルプレー
ボールとは、積極的に保持するものであり
サッカーとは・・・「どこに立つか」が重要である

2対2では、1人がDFを剥がせば2対1ができる
3対3では、いかに2対1を創り出すかが重要になる
4対4では、意図的に3対2を創り、そこから2対1を創る

なぜか?・・・なぜ、数的有利を創り出そうと試みるのか?

常に選択肢を2つ以上持つ・・・そのためである

意図的にボールを動かすことで、相手を動かしスキを創り出す
意図的にボールを動かすために、どこにどう動くかがポイント
受け手と出し手のタイミングを合わせることも重要になる

これらを学べば学ぶほど、ボールを扱う技術の大切さが分かる
ボールを失わない技術、相手を剥がす技術・・・テクニック
「テクニック」があれば、戦術はより優位に立てる道具になる
逆に言えば・・・技術がなければ、戦術は何の役にも立たない


201611101438000011.jpg




「いつ」「何のために」・・・木下コーチは、これを伝えている - 2017.10.23 Mon

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング(10/22)
・木下コーチ担当メニュー

clubdefutbolsou001.jpg

相変わらず、木下コーチのTRは文句なしの内容
順序立てて構築されたメソッドは、君たちの先(将来)を見ている

だが、局面を見たときに・・・どうだろう
とどのつまり・・・君たちの「ボールコントロール」が未熟である

・思い通りに「止める」技術
・パスコントロール&パススピード
・ドリブルテクニック=「剥がす」「抜く」
・スクリーン=ボールを失わない技術

「どこにどう止めるか」・・・同様に、「どこにどう動くか」
「いつ」「何のために」・・・木下コーチは、これを伝えている
残念ながら・・・君たちは、それを実践する技術が未熟である

先に言っておくが、違う視点から見れば・・・決してダメではない
個々で面白い部分や、現状でよく考えているのは見える
だが、そういう逃げ道をつくらずに・・・向き合って欲しい

いよいよ、その実力を発揮してきたリク=10番
アカデミーで積み上げてきた基礎力はチーム随一
前日のTRマッチといい、この日のTRといい
その実力の一部が、目に見える形で表れてきた

潜在能力は発現能力に変わり、必ず表に出てくる
いつ発揮されるかは、個々によって差がある
だが・・・必ず表に出てくる・・・それが実力である

高校年代、大学年代・・・まだまだ先は長い
そこで発揮するためには、高い基礎力が不可欠だ
コツコツコツコツ・・・日々妥協なく、積み上げて欲しい

木下コーチが、その実力を発揮するためには
君たちの技術の向上が必要・・・そういうことだ


20170812180716101814.jpg




希望 - 2017.10.22 Sun


10月22日 投票日

自分は・・・希望の党に託したい

小池さんは言った

2030年には原発ゼロを目標にしたい

今すぐには無理だが、十分に可能な時間だと思う

人間とは愚かな生き物で

あれだけの大惨事を経験しながら・・・同じ過ちを犯す

いまだに仮設住宅で暮らしている人もいるんだ

どうにかする知恵と時間とお金は・・・あったはずだ

どっかの大学よりも・・・住める場所と・・・家だろ

原発とか、核とか・・・人間が創り出したものだ

要らないと分かったのだから・・・やめてくれんかな

ねぇ、安倍さん・・・選挙では・・・勝つんだろ?

子供たちの未来を奪うような国創りは・・・やめませんか?

どこに言えば・・・この願いは届くのか

子供たちの未来に・・・「希望」はあるのだろうか

厳しい時代を生きる子供たちには・・・逞しく育ってほしい




耐えていれば、必ず「チャンス」が訪れる・・・人生も同じ - 2017.10.22 Sun

club de futbol 創 = CDF創

トレーニングマッチ(10/21)
辰口中学校グランド、曇り、ナイター
担当 中島

CDF創 4-3 FC.BROS
30分ハーフ 前半1-3・後半3-0
得点経過
失点、シオン、失点、失点
シュンキ、シュンキ、シュンキ

CDF創 1-5 FC.BROS
30分ハーフ 前半0-2・後半1-3
得点経過
失点、失点
失点、失点、失点、リク

IMG_0530.jpg

守備の要が不在、中盤も揃わない、ケガや体調不良も多い
こういうときこそ・・・耐える=「忍耐」を養うのに最適である
で、いきなりGKのミスで簡単に失点・・・即、交代
エンドウは成長しているが、「迷い」が致命的なミスになる

・出来ない事をやろうとしなくていい
・出来る事の中から選択肢を探す
・こういう方法もあるという指針を示す

迷いをなくしてみた結果、簡単にマイナスの存在から脱却
この日だけで「-1」⇒「+2」=「3UP」の成長
さらなる成長のために、良いキッカケにしてもらいたい
出来る事を増やすのは・・・日々のTRでやればいい

耐えていれば、必ず「チャンス」が訪れる・・・人生も同じ

機能しない中盤だが、その先に・・・2人の絶対的なFWがいる
「希望」を託されたツートップが・・・結果を出した
それぞれに課題はあるが、それ以上の「可能性」を持っている
彼らのようなFWを育てられないなら、指導者もたいしたことない

この日の勝利は、過去のどの勝利よりも価値がある

耐えて勝つ・・・個々が歯を食いしばった結果だから

2試合目は完敗・・・すでに限界は超えていた
それでも、言い訳することなく闘い・・・そして敗れた
それでいいのだ・・・そうやって成長していくのだから
自分からピッチを降りる選手では・・・夢には届かない

ずっと最終ラインで耐え続けたキャプテンの最後の一撃

選手も、指導者も・・・最後は“意地”だ!!!

PS
明日もトレーニング
少しくらい足が痛くても、少しくらい体調が悪くても
しっかりと3時間・・・やりきってもらいたい
やってみてダメなら仕方ない・・・その時は休めばいい
ピッチに立ち続ける努力はしないといけない
福島では・・・いまだに仮設住宅で生活している人もいる
戦争で・・・それどころではない子供たちが世界にはいる
足が痛いとか言ってらんない・・・逞しくなりなさい


「club de futbol 創」④




妥協なき毎日が・・・君たちの夢を実現させる唯一の方法である - 2017.10.21 Sat

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
10/20 いしかわ総合スポーツセンター

◆カテゴリー2(4年生以下主体)
・リフティング
・ドリブルテクニック
・ミニゲーム

◆カテゴリー1(5年生以上主体)
・水上コーチ担当メニュー(上級生)
・本多コーチ担当メニュー(下級生)

リフティング
・ウォーキング
 インステップ前後
 インサイド前後
 アウトサイド片足ずつ
 もも前後
 ヘディング前後
・ランニング
 ピッチ2週

ドリブルテクニック
・バウンドドリブル
 空中切り返し(インステップ、アウトサイド、かかと)
 シャペウ
 たたき
・ヒールリフト
・リフト⇒空中切り返し

ミニゲーム
18m×10m、ミニゴール、勝ち残り方式
①3年生以下、2対2
②4年生、3対3
③5年生以上、2対2

201611101449000033.jpg

浮いているボール・・・おさえてから運ぶ?
それとも・・・浮いたままコントロールする?
答えは・・・どちらも正解・・・状況次第ってことだ
だから、どっちもトレーニングしないといけない

このアカデミーの発想は、シンプルで簡単・・・である

上の写真は、画面に映っていないDFを(左側から来る)
シャペウでかわす・・・その前の瞬間のもの
立ち足のヒザを柔らかく使って、逆を突く準備をしている
何年もトレーニングしてきた技術・・・試合でも当たり前に使える

試合で使えるレベルまで上げる・・・アカデミーの指針である

技術を磨き、知識を増やして・・・自分のスタイルを創れ
いまは基礎=土台を創って、その上に“らしさ”を積んでいくんだ
試合の中でチャレンジして、失敗を経験しながら進んでいくんだ
妥協なき毎日が・・・君たちの夢を実現させる唯一の方法である

個性を磨き、個性を発揮する・・・アカデミーのスタイルである


2016041114210000.jpg




サッカーはあらゆる矛盾が共存するスポーツ - 2017.10.20 Fri

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング(10/17)
・木下コーチ担当メニュー

トレーニング(10/19)
・2人組
 バックステップ
 ターン系(4種目)
 1タッチパス交換
・ポゼッション
 30m×18m、セパレート、2対2+2対2、攻撃側に1名追加、ラインゴール
 40m×22m、セパレート、3対3+3対3、攻撃側に1名追加、ラインゴール
・ゲーム形式
 40m×22m、クワトロ+コーンゴール×6、4対4
 40m×22m、クワトロ+コーンゴール×6、5対5

2016070816080000.jpg

まずは・・・しっかり聴く=集中して細かい部分まで聴く
次は・・・やってみる=素直に受け入れて行動する
この繰り返しで必ず成長できる・・・君たちはこの段階である

サッカーはあらゆる矛盾が共存するスポーツ
ありとあらゆる場面で、多くの選択肢が存在する
後付けの言い訳など・・・いくらでも出来る

狙った、意図があった・・・しかし、結果はひとつだ
こうしていたら、ああしていれば・・・“たら・れば”は存在しない
結果が良かったとして、評価はまた・・・別である

出来ることを増やしていく
これもまた、成長するための手段である
アドリブや創造をOKとして、指針を示すことも必要である

・深みをとることから生まれる選択肢
・ケブラの動きでフリーマンを創り出す
・スクリーンとリターンパス

「ボールを失わない前提」であっても、これだけの要素が学べる
これらは次のカテゴリーに活かせる技術でもある
選択肢のひとつとして・・・しっかり身に付けて欲しい


20160114004sn10.jpg




スタート地点は・・・“本気”ってことだ - 2017.10.19 Thu

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
10/18 新神田小学校ピロティ

◆全カテゴリー合同
・リフティング
・ドリブルテクニック
・水上コーチ担当メニュー(カテゴリー1)
・本多コーチ担当メニュー(カテゴリー2)

リフティング
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング

ドリブルテクニック
・フリー
・片足=2ステップ1タッチ
・ソール
・フェイント(ボールタッチなし)
 シザース
 ステップオーバー
 キックフェイント
 クラブダンス=ラボーナシザース連続
・フェイント(ボールタッチ)
 マシューズ
 エラシコ
 エラスチコ=エラシコ(裏)
 エラシコ⇒マシューズ=アウト・イン・アウト
 マシューズ⇒エラシコ=イン・アウト・イン
 マシューズ・リフト
 エラシコ・リフト
 空中マシューズ
 空中エラシコ
・フェイント(その他)
 キックフェイント⇒切り返し
 キックフェイント⇒浮かし抜き
 ヒールリフト
 リフト⇒空中切り返し
 リフト⇒シャペウ
 リフト⇒たたき

clubdefutbolsou001.jpg

「テクニック」とは、上級レベルの技術であり
「インテリジェンス」とは、多くの知識からなる賢さである
どちらも後付け・・・生まれ持った才能ではない
努力と継続・・・つまりは、日常で身に付けるモノである

サッカー選手になるためには、どちらも必要不可欠
自身がボールを持っていない時間がほとんどなのだから
足元の技術だけでは・・・プロへの扉すら見えてこない
しかし、サッカーを理解して的確な判断ができたとしても
実行できるだけの技術がなければ・・・本末転倒である

サッカーとは、どこに立つか・・・が重要である
もちろん、優れた技術を持っている前提・・・である
『N-style金沢サッカーアカデミー』で高度な技術を磨き
続きは『CDF創』で・・・圧倒的な知識を学び、判断力を育む
この段階的な育成ができることで、実現の可能性は飛躍した

自信満々でやれているなら・・・他でもいい

毎日が悔しいけど、絶対に諦めたくない・・・なら、ここで学べ

オレたちは・・・ここの指導者は、そういう君たちを待っている

スタート地点は・・・“本気”ってことだ


2016120514250001.jpg




このアカデミーでは、失敗ばかりの“挑戦者”が称賛される - 2017.10.17 Tue

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
10/16 いしかわ総合スポーツセンター

◆カテゴリー2(4年生以下主体)
・リフティング
・ドリブルテクニック
・ミニゲーム

◆カテゴリー1(5年生以上主体)
・リフティング
・ドリブルテクニック
・ミニゲーム

リフティング(カテゴリー2)
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・その他
 肩、かかと
・シャペウ
・たたき

ドリブルテクニック(カテゴリー2)
・フリー
・片足
・ソール
・フェイント
 ダブルタッチ(表、裏)
 マシューズ
 エラシコ
 エラシコ(裏)=エラスチコ
 キックフェイント⇒切り返し(イン、アウト)
 キックフェイント⇒切り返し(イン)⇒切り返し(アウト)
 キックフェイント⇒切り返し(アウト)⇒切り返し(イン)
 キックフェイント⇒浮かし抜き
 キックフェイント⇒浮かし抜き⇒シャペウ
 キックフェイント⇒浮かし抜き⇒たたき
 キックフェイント⇒浮かし抜き⇒シャペウorたたき⇒上半身
 ヒールリフト
 ヒールリフト⇒ヒールキック

ミニゲーム(カテゴリー2)
18m×10m
①下級生、4対4、2コート勝ち残り方式
②上級生、2対2、2コート勝ち残り方式

リフティング(カテゴリー1)
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・その他
 肩、かかと、カット=回転をかける、座り
・キャッチ10種目
 基本5種目、股、もも裏、胸、肩、背中

ドリブルテクニック(カテゴリー1)
・フリー
・片足
・ソール
・フェイント
 ダブルタッチ(連続)
 キックフェイント⇒切り返し(イン、アウト)
 キックフェイント⇒切り返し(イン)⇒切り返し(アウト)
 キックフェイント⇒切り返し(アウト)⇒切り返し(イン)
 キックフェイント⇒浮かし抜き
 キックフェイント⇒浮かし抜き⇒シャペウ
 キックフェイント⇒浮かし抜き⇒たたき
 キックフェイント⇒浮かし抜き⇒シャペウorたたき⇒上半身
 キックフェイント⇒引き技
 キックフェイント⇒足裏通し(連続)
・蹴り上げ⇒クッションコントロール

ミニゲーム(カテゴリー1)
18m×10m、2対2、2コート勝ち残り方式、学年別

2016111015130000.jpg

相手を剥がす(外す)、相手を抜く

これらは、君たちの将来に直結している大切な技術
リフティングから習得できるタッチの柔らかさと共に
ドリブルのテクニックやしなやかさは・・・不可欠な要素である
ドリブルTRの時点で、相手をイメージしておくといい

2対2~4対4のミニゲームは、ボールを持つ時間が多い
相手を剥がしたり抜いたり、テクニックに挑戦するには最適なTR
1対1と違って味方がいるので、パスと見せかけることも出来る
選択肢を持ったうえでのドリブルテクニックを身に付けて欲しい

トラップ、ドリブル、パス・・・どんな技術にせよ、練習しかない
練習=TR(トレーニング)では、失敗する方が上達が速い
失敗して、考えて、失敗して・・・そうやって掴んでいくんだ
このアカデミーでは、失敗ばかりの“挑戦者”が称賛される

失敗した数だけ・・・夢に近付ける


20160603sn0004.jpg




ポジショナルプレー - 2017.10.16 Mon

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング(10/14)
・木下コーチ担当メニュー

トレーニング(10/15)
・2人組
 トラップ系(8種目)
 パスコントロール系(4種目)
・ゲーム形式
 52m×40m、6対6、1点ごとにチーム替え

「club de futbol 創」③

木下コーチの日常=インテグラルTR

圧倒的な知識、立ち位置と体の向き、有利と不利、、、、

“ポジショナルプレー”は、日に日に選手によって表現されている

そこをさらに進化させる要素、それが「ボールコントロール」

自分が磨きをかけるのはそこ・・・徹底的に「個」を鍛える

木下靖彦の指導を最大限に活かすのが自分の仕事

また違った要素を違う視点から鍛えるのが水上慎吾の役目

そりゃ・・・成長して当たり前だ

だから・・・もっともっと・・・もっと高い意識で!!

成長する速度を・・・さらに加速させるんだ!!

「club de futbol 創」④

ボールは積極的に保持しなければならず

サッカーは“スペクタクル”でなければならない

そのための“ポジショナルプレー”である





ありがとう - 2017.10.15 Sun


第96回 全国高校サッカー選手権大会

石川県大会 2回戦

鵬学園高校 0-1 金沢高校

前半0-0、後半0-0

延長前半0-0、延長後半0-1

失点直後、粘ってPKを獲得したが・・・残念

息子の腰痛は改善出来ず・・・出場は叶わなかった

先日の、この写真が・・・高校最後の公式戦となった

20171007ootorigakuen7.jpg

金沢が蹴ってくるのは・・・想定外だった
夏ごろは・・・もっと質の高いサッカーをやっていた
蹴れば鵬に分がある・・・鵬学園の試合だった

多くのチームに言えることだが
ボールは積極的に保持しなければならず
もっとスペクタクルな試合を追求しなければならない

リーグでも、トーナメントでも

優勝できるのは・・・1チームだけなのだから

勝利するためだけに、多くのモノを失う必要などない

試合終了後、嗚咽する者もいる中・・・息子は少し違っていた
失点しても、PK獲得しても・・・一喜一憂することはなかった
口を真一文字に閉めて、結果以上のモノが見えていた

中学時代の同期の多くが、次の進路ではサッカーを主としていない

鵬学園のチームメイトも同じ・・・皆、一歩ずつ大人になっていく

息子は・・・サッカーを選んだ

まだまだ苦難困難は続くだろうが・・・その先に夢の扉がある

それだけの自信がある・・・顔つきも、選ぶ言葉も変わった

大きな自信を得た3年間・・・かけがえのない高校サッカーだった

ありがとう

そして、高校サッカーに・・・別れを告げた

20170826ootorigakuen.jpg




どれだけの選手か、どれだけやってきたか・・・一目で分かる - 2017.10.14 Sat


『N-style金沢 Soccer Academy』

日付変わって、昨日のTR(スポセン)

◆カテゴリー2(4年生以下主体)
・リフティング
・ドリブル
・ミニゲーム

◆カテゴリー1(5年生以上主体)
・水上コーチ担当メニュー(上級生)
・本多コーチ担当メニュー(下級生)

リフティング
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング

ドリブル
ジクザグコーン=斜め置き×4
・コーンを回る
・コーンを浮き球でかわす
・コーンをフェイントでかわす
・コーンからコーンへトップスピード

ミニゲーム
18m×10m、学年別
①3年生以下、4対4、総当たり方式、タッチ制限ハンデ有り
②4年生、4対4、勝ち残り方式
③4年生+上級生、勝ち残り方式、人数ハンデ・タッチ制限ハンデ有り

20160602sn001.jpg

リフティングが大切な理由
ボールタッチの柔らかさとか、トラップのしなやかさとか
こういった重要な技術の基礎=土台になっている

そしてドリブルは・・・サッカーそのもの・・・である
運ぶにせよ、突破するにせよ・・・その姿勢ですぐに分かる
どれだけの選手か、どれだけやってきたか・・・一目で分かる

夢の舞台に立つ、その日まで・・・磨き続けろ!!!


nstyle1610oo1oo2oo3.jpg




選手募集のお知らせ - 2017.10.13 Fri


『N-style金沢 Soccer Academy』


sousi10happybirthday2015326.jpg


サッカースクール活動、今年度から7年目

トレーニングには毎回 体験参加 が数名います

新年度、新たに 30名 が新規加入しています

ゼロから始める そんな選手もたくさんいます

ゼロから始める そんなつもりで来てください

何か上手くいっていない・・・

もっともっと巧くなりたい・・・

成長するキッカケがほしい・・・

そんな選手もまた、ここで掴んでください!!



sousinsousukek10.jpg


園児、小学生、中学生、大募集!!

平日の練習は週3回 毎週月水金曜日

◆4月~9月の練習会場

 「新神田小学校グランド」

 「新神田小学校ピロティ」

◆10月~新年3月の練習会場

 「新神田小学校グランド」

 「新神田小学校ピロティ」

 「いしかわ総合スポーツセンター」

遅刻、早退、問題ありません

かほく市や小松市、富山県からも参加しています

週1回からの参加でもOK

本気なら、誰でも参加できます!!

2017年4月で活動7年目に突入

小・中学生が約100名在籍

本気で夢と向き合っています!!

↓まずは連絡ください↓

nstylekanazawa@gmail.com



sousinkaiseiw10.jpg


目標が・・・その日その日を支配する

夢に向かって本気なら

門はいつでも・・・開いています!!




トレーニングの予定(10月・11月) - 2017.10.13 Fri


『N-style金沢 Soccer Academy』


◆10月のトレーニング予定

 スポセンの予定について
 上に書いてある時間が「4年生以下」
 下に書いてある時間が「5年生以上」

 13(金) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 16(月) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 18(水)
 新神田小学校グランドorピロティ
 全学年 17時~20時

 20(金) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 23(月) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 25(水)
 新神田小学校グランドorピロティ
 全学年 17時~20時

 27(金) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 30(月) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00

◆11月のトレーニング予定

 1(水)
 新神田小学校グランドorピロティ
 全学年 17時~20時

 6(月)
 新神田小学校グランドorピロティ
 全学年 17時~20時

 8(水)
 新神田小学校グランドorピロティ
 全学年 17時~20時

 10(金) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 13(月) 休み

 15(水) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 17(金)
 新神田小学校グランドorピロティ
 全学年 17時~20時

 20(月)
 新神田小学校グランドorピロティ
 全学年 17時~20時

 22(水) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 24(金)
 新神田小学校グランドorピロティ
 全学年 17時~20時

 27(月) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 29(水)
 新神田小学校グランドorピロティ
 全学年 17時~20時


sousi10happybirthday2015326.jpg


◆トレーニングについての詳細

 毎週 月・水・金曜日(祝日は休み)

 グランド=新神田小学校グランド
 ピロティ=新神田小学校ピロティ
 スポセン=いしかわ総合スポーツセンター

 グランドについて
 使用料は必要ありません(無料)
 全学年、17:00~20:00頃
 トレーニング終了後、後片付け~解散となります
 雨天時は「ピロティ」に移動してトレーニングを行います
 ※トレーニングシューズ

 ピロティについて
 使用料は必要ありません(無料)
 全学年、17:00~20:00頃
 ※トレーニングシューズ

 スポセンについて
 参加した日には使用料が必要です
 役員さんが集金していますので
 ・トレーニングに来たとき
 ・トレーニングから帰るとき
 いずれかに支払いをお願いします

 5~6年生・中学生は、4年生以下のTRに参加可能
 4年生(★)は、5年生以上のTRに参加可能
 ※フットサルシューズ、インドアシューズ
 ★指導者の確認が必要です

 変更などありますので
 予定はこまめに確認してください



sn10sk11_geminis_kanazawa_fc.jpg


◆新神田小学校の駐車について

 お迎えの時
 正門の入り口付近に駐車されると
 他の使用者(体育館など)に迷惑がかかります

 奥まで進んで駐車できますので
 門に入ってから右折、突き当りを左折
 奥から順番に駐車するようにしてください



『CDF 創』入団について、その他

アカデミー体験参加などの問い合わせ先

nstylekanazawa@gmail.com



20150227004ns.jpg


 今日を今日中に使い切れ

         ~斎藤興龍~


 我が敵は、我が妥協にあり

         ~本田圭佑~


 努力に勝る天才なし

         ~長友佑都~


 目標が、その日その日を支配する

         ~後藤静香~


 夢なき者に・・・成功なし

         ~吉田松陰~


 苦しまずして・・・栄光なし

         ~黒田博樹~





プロを目指すなら・・・ボールは隠せ!! - 2017.10.13 Fri


『CDF創』

トレーニング(10/12)
・2人組
 1タッチパス交換(3種目)
 トラップ&パスコントロール(4種目)
・ターン&パスコントロール
 中間ポジション、ターン、ノールックパス、1タッチパス(インサイド)
・ポゼッション
 28m×15mグリッド、3対3+F
・ゲーム形式
 40m×20m、5対5+GK

20160603sn0007.jpg

nstyle1610oo1oo2oo3oo4.jpg

2017022714310000.jpg

まずは・・・コーディネーションについて説明
理解させたところで、2人組の基本ドリル・・・高い意識で

ターン&パスコントロールのTRでは、次のことを意識させた
・中間ポジションで受ける
・中間ポジションでパスを合わせる
・試合で通用するパススピードと正確さ
・ターンの技術=ピタッと止める
・ノールックパス=時間と場所を合わせる
・1タッチパス(インサイド)の精度(正確さ)
単純なTRだが、簡単ではない・・・プロは完璧を求める

ポゼッションからゲーム形式へ
奪って、失って、奪って・・・これでは進歩がない
1タッチ、2タッチ・・・シンプルにボールを動かす
その方が味方を活かせるし、結果として良い攻撃に繋がる
情報収集と速い判断・・・中間ポジションを意識
時間と場所が合う、それが連続していく、で・・・試合が動く
深みをとることで、リスク管理と共に選択肢が増える

あとは・・・ボールを失わないで繋ぐ技術・・・意識が低い

上の写真のように、相手が触れない所にボールを置く

色んな部位で相手を感じながら、駆け引きして外す

プロを目指すなら・・・ボールは隠せ!!





生き残るヤツは・・・絶対に諦めない - 2017.10.12 Thu


『N-style金沢 Soccer Academy』

昨日のTR(スポセン)

◆カテゴリー2(4年生以下主体)
・ボールコントロール
・ミニゲーム

◆カテゴリー1(5年生以上主体)
・水上コーチ担当メニュー

ボールコントロール
リフティング
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・キャッチ
 インステップ、股、もも、もも裏、肩、ヘディング、背中
ドリブルテクニック
・フリー
・片足
・ソール
・フェイント
 シザース&ステップオーバー
 ダブルタッチ&マシューズ
 ルーレット&エラシコ
 キックフェイントからの引き技&ヒールリフト

ミニゲーム
18m×10m、学年別
①4年生以下、4対4、2コート勝ち残り方式、ハンデ有り
②5年生以上、2対2、2コート勝ち残り方式

以下、連続写真
ソール(足裏)でルーレット形式のトラップ
スクリーンしながら反転し、逆サイドへ繋ぐ
・しなやかな身のこなし
・完璧なボールコントロール
・タイミングの良い視野のとり方
・丁寧なインサイドキック
見本になる部分は、随分とあるのではないか

彼は7年・・・7年もの間、日陰にいた

7年間の下積み・・・それが現在に繋がっている

生き残るヤツは・・・絶対に諦めない


2017031513550000.jpg

2017031513560000.jpg

2017031513560001.jpg

2017031513560002.jpg

2017031513570000.jpg

2017031513570001.jpg

2017031513580000.jpg

2017031513580001.jpg

2017031513590001.jpg

2017031514000000.jpg




せっかく進んできた道だ・・・戻る必要はない - 2017.10.12 Thu


『CDF創』

トレーニング(10/10)
・リフティング
 インステップ(左右交互、片足連続、蹴り上げ、シャペウ、たたき)
 インサイド(左右交互、蹴り上げ、シャペウ、たたき)
 アウトサイド(左右交互、蹴り上げ、シャペウ、たたき)
 右足インサイド⇒左足アウトサイド(逆足も同様に)
 右足インサイド⇒右足アウトサイド(逆足も同様に)
 2人組(1タッチパス交換)
・ドリブル
 7m間隔の斜めジグドリ、コーン×4本
 スクリーン=アウトインターン
 スクリーン=インサイドフック
 スクリーン=ルーレット
 リフティング⇒シャペウ
 リフティング⇒たたき
・シュート
 フットサルゴール使用、1タッチ、チームごとにポイント勝負
 ①サイドからワンツー⇒クロス(グラウンダー)⇒シュート(インサイド)
 ②リターンパス⇒浮かしてシュート
・ゲーム形式
 6対6+GK、フットサルコート、条件付き
 ①フリー=条件なし
 ②5aサイド=FP全員が敵陣に居てゴールが認められる
 ③シュートは1タッチのみ
 ④セパレート=3対3+3対3、オフェンスは1名追加

20170521sou001u13.jpg

上の写真は5ヶ月ほど前のもの

何も伝えずにゲームに入ってみたが・・・ビックリ
ドリブルで突っ込む、奪ってすぐ失う、、、、
次を考えて受ける選手の少なさ・・・5ヶ月前の光景だった

セパレートのゲーム形式では、1人多い優位性を活かす
ポゼッションしてフリーな選手にシュートをで打たせる
これくらいのことを頭の中に描けないといけない

せっかく進んできた道だ・・・戻る必要はない


20160114004sn10.jpg

日本 3-3 ハイチ
スクリーンしてボールを守りながら繋ぐシーン
角度を変える1タッチパスの連続で崩すシーン
観ていてわかったと思うが・・・たくさんあったな
この日にトレーニングしたことは・・・将来、必ず活きる
だから・・・自分のモノになるまで・・・磨き続けろ

これだけやってきた・・・という“自信”

そういうものが持てる、そんな日常を送れ!!


「club de futbol 創」③




選手権2回戦 会場変更のお知らせ - 2017.10.11 Wed


第96回 全国高校サッカー選手権大会

20161105ootorigakuen001.jpg

石川県大会 2回戦 10月14日(土)

10:00  星稜高校  vs 尾山台高校

12:00  鵬学園高校 vs 金沢高校

14:00  遊学館高校 vs 金沢二水高校

能登島マリンパーク(天然芝) ⇒ 能登島グランド(人工芝)

会場が変更になりました

鵬学園高校の応援、宜しくお願い致します♪

20171007ootorigakuen7.jpg

一 蹴 全 心

鵬学園高校サッカー部





中学・高校の6年間を共にした2人 - 2017.10.10 Tue


Jリーグ・ルヴァンカップ準決勝

第1戦

ベガルタ仙台 3-2 川崎フロンターレ

セレッソ大阪 2-2 ガンバ大阪

第2戦

ガンバ大阪 1-2 セレッソ大阪

川崎フロンターレ 3-1 ベガルタ仙台

決勝戦

セレッソ大阪 vs 川崎フロンターレ





セレッソ大阪の決勝ゴール=木本恭生(No,15)
川崎フロンターレの決勝ゴール=長谷川竜也(No,16)
彼ら2人は・・・静岡学園中学・高校の同期
6年間を静岡学園でともにした同期が決勝ゴール
こういう日を夢見て、これからも育成に励んでいきたい

決勝戦は・・・11月4日(土)
全国高校サッカー選手権・石川県大会の決勝戦当日である




闘い方次第では、身体能力が高い相手にも勝てる - 2017.10.10 Tue


『CDF創』

トレーニングマッチ(10/9)
かほく市サッカー場(人工芝)、晴れ、ナイター
担当 中島

CDF創 5-1 FC mais(U14)
30分ハーフ 前半1-0・後半4-1
得点経過
シュンキ
シオン、失点、シオン、リク、シュンキ

CDF創 2-0 ACミランSS石川
30分ハーフ 前半0-0・後半2-0
得点経過
ナオト、シオン

「club de futbol 創」④

1試合目は学年が上・・・スピードとフィジカルで劣る
良い守備ができるかどうかで、試合の流れが動く
2日間の遠征では失点が多かったので・・・そこを修正
気持ちとかではなく、選手に合った現実的な方法を示した

結果としてよく出来ていたが、それは日常の積み重ね
自分が示した守備的な戦術を、すぐに理解し実践できたのは
ここまで積み上げてきた技術と戦術理解があるから・・・である
木下コーチには、ここから進化するための課題もすぐに見えていた

守備から攻撃への切替えで、どこに起点を創るか
速攻とアイソレーション・・・サイドはよく走った
選手個々の成長と課題も見えたが・・・忘れないでほしい
自分たちが優れていたというよりは、相手に助けられた部分も多い
もうひとつ・・・闘い方次第では、身体能力が高い相手にも勝てる

2試合目は全く違う課題とメンバー構成でチャレンジ
トラップで、かけひきで、テクニックで・・・相手を剥がす
剥がしたときがボールを受けるタイミング・・・これが統一事項

どれだけ個が通用するか・・・現段階でのラインを見極める
ジュンヤ、ジュンシロウ、ナオト・・・個性もあり、面白かった
アツシ、コウキ・・・まだまだだけど、随分と成長したな
そして・・・遠藤・・・随分とGKらしくなった(声は出ないが)

試合のためのアップではなく、技術レベルを上げるTRを行った
・リフティング
 ウォーキング、ジグザグ⇒後ろ向き
・ドリブル
 ジグドリ、基本5種目⇒ソール
・2人組
 1タッチパスコントロール、コーンの間を通す
 ヘディング
 胸トラップ
・シュート
 ドリブルシュート

実はこの中に、この日の勝利に直結するものがある

これとこれ・・・この2つが、この日の勝利を呼び込んだ

試合を思い出して・・・考えてみてほしい





『CDF創』の選手たちが、驚くべき速さで成長する理由 - 2017.10.10 Tue


『N-style金沢 Soccer Academy』

トレーニングマッチ
U-10カテゴリー、U-11カテゴリー
8人制、15分×1本
北部公園グランド(クレー)、晴れ
担当 本多コーチ

U-10 0-0 ブラクトス金沢

U-11 0-1 ブラクトス金沢

U-10 0-0 ブラクトス金沢

U-11 1-2 ブラクトス金沢

U-10 0-1 ブラクトス金沢

U-11 0-3 ブラクトス金沢

U-10 0-0 ブラクトス金沢

U-11 1-4 ブラクトス金沢

U-10 2-0 ブラクトス金沢

U-11 0-3 ブラクトス金沢

15分ハーフ
U-10 2-0 ブラクトス金沢

15分ハーフ
U-11 2-3 ブラクトス金沢

ブラクトス金沢さん
1日有難うございました・・・今後とも、宜しくお願い致します

bosyuutirasi001003.jpg

以下、本多コーチのコメント

U-10カテゴリーでは、GKを含めたポゼッションで優勢に試合を進めるものの、繋ぎを意識する余りチャレンジが乏しく、またフィニッシュの精度も欠き、なかなかゴールを奪えませんでした。
・前が空いていたら積極的にチャレンジする
・シュートはゴールへのパス
3年生以下の選手もよく頑張っていましたが、次はもっとゴールがほしいですね。

U-11カテゴリーは、繋ぐことに固執する余り、相手の素早いプレスの網にかかり、失点を重ねました。残念だったのは、相手がこちらの足元のパスを狙ってサッカーをしていることに対し、全く打開するアイデアがなかったことですね。相手の守備のベクトルを見ていれば弱点は見えるはずで、それを伝えたにも関わらず同じ失敗を繰り返すのは、考えてサッカーをしているとはいえません。

しかしながら、相手のベクトルの背後へのボールの有効性が徐々に理解・実践できてきた中で、最後のゲームはフィジカルに劣りながらも、相手背後へのボールとポゼッションを駆使し、賞賛に値する闘いを見せてくれたと思います。
・相手守備のベクトルの逆を取る
今日のタフな試合で学んだことを、次に待つ更なる厳しい闘いに活かしていってほしいですね。

保護者の皆様
審判・応援・設営サポート、ありがとうございました。苦しいゲームばかりでしたが、最後は締まった良いゲームを見せてくれたと思います。今日の闘いで学んだ闘い方は、新しい「引き出し」になってくると思います。今日のようなタフな試合の経験を重ねることで、逞しく成長させていきたいと思いますので・・・また、サポートのほど宜しくお願い致します。

ootori73sn06.jpg

「攻撃のプライオリティー(優先順位)」を理解するってこと
あとは、1対1で剥がすことが出来れば優位に立てるし
「1対2でも剥がせるような個を育てる」必要があるってことだな

伝えてすぐに出来る・・・なんてのは無理

日頃から、TRの中で身に付けさせないといけない

身に付けるためのTRをオーガナイズするのは指導者の役目

相手の逆を取るってことは、出し手と受け手のタイミングが重要
受け手の動き出しや予備動作、視野のとり方も伝えないといけない
「インテリジェンス」の課題もあるが、技術的な問題もでてくる

顔が上がっていて、なおかつパスを正確に出せないといけない
結局のところ、「ボールコントロール」が未熟では難しい
だが、技術レベルを上げるドリルTRだけでは・・・習得できない

こういった課題が見付かることは良いことである

グループ戦術の理解には、段階的なTRの構築が必要となる

『CDF創』の木下靖彦は、効率的に段階を踏ませている

そのために戦略を練る時間を・・・木下は惜しまない

『CDF創』の選手たちが、驚くべき速さで成長する理由である

優れた指導者は、目の前の課題を克服させる術を持っている

そのためには・・・ひたすら学び続けるしかないのだ

これが・・・木下靖彦が学び続ける理由である





息子の闘い(高円宮杯・北信越プリンスリーグ2017、最終結果) - 2017.10.10 Tue


鵬学園高校

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017

◆北信越プリンスリーグ、鵬学園高校の試合結果

第1節(4/2、星稜高校G)
鵬学園高校 1-2 星稜高校
背番号「7」 スタメン(ボランチ) フル出場

第2節(4/8、能登島G)
鵬学園高校 0-4 新潟明訓高校
背番号「7」 スタメン(ボランチ) フル出場

第3節(4/15、北越高校G)
鵬学園高校 1-3 北越高校
背番号「7」 スタメン(ボランチ) フル出場

第4節(4/22、能登島G)
鵬学園高校 1-3 アルビレックス新潟U18
背番号「7」 スタメン(ボランチ) フル出場

第5節(4/29、能登島G)
鵬学園高校 0-3 富山第一高校
背番号「7」 スタメン(インサイドH) 後半22分に交代

第6節(5/3、長岡市NT運動公園G)
鵬学園高校 1-7 帝京長岡高校
背番号「7」 スタメン(ボランチ) 後半10分に交代

第7節(5/21、新潟聖籠SSアルビレッジ)
鵬学園高校 0-1 日本文理高校
背番号「7」 スタメン(ボランチ) フル出場

第8節(6/10、新潟明訓高校G)
鵬学園高校 1-0 長岡向陵高校
背番号「7」 スタメン(ボランチ) フル出場

第9節(6/25、新潟聖籠SSアルビレッジ)
鵬学園高校 1-0 新潟西高校
背番号「7」 出場なし※右腰の負傷

第10節(7/15、能登島G)
鵬学園高校 0-3 星稜高校
背番号「7」 出場なし※腰痛のため練習回避

第11節(7/8、新潟明訓高校G)
鵬学園高校 1-1 新潟明訓高校
背番号「7」 出場なし※右側腰痛が長引く

第12節(8/20、七尾市城山陸上競技場)
鵬学園高校 1-2 北越高校
背番号「7」 スタメン(左サイドH) 後半40分に交代

第13節(9/3、新潟聖籠SSアルビレッジ)
鵬学園高校 0-3 アルビレックス新潟U18
背番号「7」 スタメン(左サイドH) フル出場

第14節(9/10、富山第一高校G)
鵬学園高校 0-9 富山第一高校
背番号「7」 スタメン(左サイドH) フル出場

第15節(9/17、七尾市城山陸上競技場)
鵬学園高校 0-6 帝京長岡高校
背番号「7」 スタメン(ボランチ) 後半38分に交代

第16節(9/23、星稜高校G)
鵬学園高校 0-9 日本文理高校
背番号「6」 スタメン(ボランチ) フル出場

第17節(9/30、星稜高校G)
鵬学園高校 0-1 長岡向陵高校
背番号「6」 スタメン(トップ下) 後半22分に交代

第18節(10/9、和倉多目的G)
鵬学園高校 1-0 新潟西高校
背番号「6」 出場なし※腰痛のため練習回避

sousinakajima7ootorigakuen002.jpg

◆最終結果

優勝  富山第一高校       勝ち点51
2位  帝京長岡高校       勝ち点39
3位  星稜高校         勝ち点36
4位  日本文理高校       勝ち点29
5位  新潟明訓高校       勝ち点29
6位  アルビレックス新潟U18 勝ち点27
7位  長岡向陵高校       勝ち点19
8位  北越高校         勝ち点19
9位  鵬学園高校        勝ち点10
10位 新潟西高校        勝ち点 4

1位と2位がプレミアリーグ参入戦に出場
9位と10位が各県リーグに降格

20170826ootorigakuen.jpg

良い経験が積めたプリンスリーグであったが、残念ながら降格

上2つとは戦力的にほとんど差がない・・・だけに残念

3年生に残されたのは高校サッカー選手権だけとなった

右腰痛の経過は思わしくなく、とても100%ではTRできない

土曜日は選手権の2回戦・・・少しでも良い状態でと願う




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

N-style

Author:N-style
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4824)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR