FC2ブログ
topimage

2017-11

Jリーグが熱い!!! ~残留、そして昇格へ~ - 2017.11.30 Thu


Jリーグが熱い!!!

残留、そして昇格へ

大宮アルディージャ、アルビレックス新潟
両チームのJ2降格が決まった・・・来年、頑張ってほしい
15位 清水エスパルス   勝ち点31 得失点差-20
16位 ヴァンフォーレ甲府 勝ち点29 得失点差-17
どちらかがJ2へ降格する・・・残留はどっちだ??
清水は神戸と、甲府は仙台と、12/2(土)14時キックオフ

湘南ベルマーレ、V・ファーレン長崎
両チームのJ1昇格が決まった・・・長崎は初昇格、おめでとう
3位~6位までの昇格プレーオフ、決定戦に進んだのは
名古屋グランパス(3位) vs アビスパ福岡(4位)
川崎のスタイルを創り上げた風間監督率いる名古屋か
日本代表キャプテンとしてW杯に初出場した井原監督の福岡か
12/3(日)16:00KO ※BS1にてライブ中継




Jリーグが熱い!!! ~優勝争いは最終節へ~ - 2017.11.30 Thu


Jリーグが熱い!!!

優勝争いは最終節へ

1位 鹿島アントラーズ 勝ち点71 得失点差+22
2位 川崎フロンターレ 勝ち点69 得失点差+34
鹿島が勝てば、当然ながら鹿島が優勝
鹿島が引き分け、川崎が勝利の場合は川崎が優勝
鹿島が敗れて、川崎が勝利の場合も川崎が優勝
つまり・・・川崎は勝利が絶対条件ってことだ

最終節(12/2 14:00KO 左側がホーム)
磐田 vs 鹿島 ※NHKでライブ中継
川崎 vs 大宮 ※BS1でライブ中継
大宮はJ2降格が決定している
磐田は5位で、勝てば4位になる可能性もある
磐田も目の前で優勝させるつもりはないだろう
何にせよ、最高の闘いが観れる事・・・間違いなし

Jリーグ随一の「ポゼッションスタイル」を確立した川崎
ボールを持っているだけじゃ、結果がでなけりゃ、、、、
そういった無知な評論を一蹴して、優勝してもらいたい
結果に関係なく、この唯一無二のスタイルを貫いてほしい
いま「グアルディオラ・スタイル」が日本にある・・・奇跡だ
前「風間八宏」が土台を創り、現「鬼木達」が進化させた
この2人を中心とした関係者すべてが称賛されるべきだ




EAFF E-1 サッカー選手権 - 2017.11.30 Thu


EAFF E-1 サッカー選手権

簡単に言うと・・・東アジア選手権
同大会を闘う日本代表が発表された
鹿島(6人)と川崎(5人)からの選出は当然
川崎にシュート1本のガンバから6人は「?」
今野を選ぶなら・・・中村憲剛も選ばれていい

自分が見たい布陣はコレ
FW 小林 金崎 伊東
MF 高萩 大島 三竿
DF 車屋 植田 谷口 初瀬
GK 中村

以下、代表メンバー

GK
東口 順昭 (ガンバ大阪)
権田 修一 (サガン鳥栖)
中村 航輔 (柏レイソル)

DF
山本 脩斗 (鹿島アントラーズ)初
西 大伍  (鹿島アントラーズ)
谷口 彰悟 (川崎フロンターレ)
車屋 紳太郎(川崎フロンターレ)
昌子 源  (鹿島アントラーズ)
植田 直通 (鹿島アントラーズ)
三浦 弦太 (ガンバ大阪)
初瀬 亮  (ガンバ大阪)初

MF
今野 泰幸 (ガンバ大阪)
髙萩 洋次郎(FC東京)
清武 弘嗣 (セレッソ大阪)
大島 僚太 (川崎フロンターレ)
三竿 健斗 (鹿島アントラーズ)初
井手口 陽介(ガンバ大阪)

FW
小林 悠  (川崎フロンターレ)
倉田 秋  (ガンバ大阪)
金崎 夢生 (鹿島アントラーズ)
阿部 浩之 (川崎フロンターレ)初
杉本 健勇 (セレッソ大阪)
伊東 純也 (柏レイソル)初




足首、股関節、肩甲骨、、、、体の硬さはケガの要因 - 2017.11.30 Thu


中学の後半から高校生になると、体への負荷が大きくなる

練習もハードになり、球際の激しい攻防が増える

耐えきれなくなった体は・・・少しずつ壊れていく

足首、股関節、肩甲骨、、、、体の硬さはケガの要因

猫背や姿勢の悪さも、しなやかな体の大敵である

本格的なストレッチや体幹TRは色々とあるが

まずは簡単なことから・・・これをオススメしときます

有名な先生で、TV出演も多いので・・・知ってるかな

色々な動画があるので・・・足首や肩甲骨もやってみよう



あとは継続・・・「継続はチカラなり」である

いかに継続が難しいか・・・君たちも分かっているはず

息子が持っていた才能であり、夢に向かう希望になったモノ

それが・・・“何事も継続できるという心の強さ”

現在の場所に立っていられるのは、その心の強さがあったから

“サッカーが好きだから、自分にはサッカーしかない”

たったその一心で・・・現在の場所まで昇ってきた

おそらく、いや・・・間違いなく、彼は昇りきる

「継続」とは・・・それほどまでに大切な事である

だから、このブログを読んでいる君たちが

“継続するという心の強さ”を持てるようになってほしい

ストレッチも、サッカーも・・・継続なしでは成長できない

2016081405350000.jpg




「大きな声で元気よく挨拶すること」・・・これでサッカーが巧くなる - 2017.11.30 Thu

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
11/29 新神田小学校ピロティ

◆全カテゴリー合同
・リフティング
・ドリブルテクニック
・パスコントロール(カテゴリー2)
・水上コーチ担当メニュー(カテゴリー1)
・本多コーチ担当メニュー(カテゴリー2)

リフティング
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・その他
 肩、バックスピン
・ステイ
 インステップ、インサイド、アウトサイド、かかと
 ミラージュ、カリオカ、インサイド(裏)、くるり+かかと当て
・フリー

ドリブルテクニック
・フリー
・テクニック
 ナメ引き(外側、逆側)
 ナメ引き(外側)⇒逆足クライフターン
 ナメ引き(逆側)⇒裏シザース⇒ダブルタッチ
 ナメ⇒ダブルタッチ(深み)
 ソール引き⇒軸足当てリフト⇒ももシャペウ
 足裏通し⇒逆足エラシコ
 足裏通し(連続)⇒頭越しヒールリフトor頭越しはさみ上げ

パスコントロール
2人組、対面
①3m、インサイドトラップ&インサイドパス
②6m、インサイドトラップ&インサイドパス
③6m、1タッチパス交換(インサイド)

20170623sousinstyle10.jpg

新神田の練習前には色んな話をしている

この日は、巧くなるために必要なこと・・・君たちに聞いてみた

・たくさん練習すること
・巧い人のマネをすること
・大きな声で元気よく挨拶すること

・・・・・素晴らしい答えが返ってきた!!

3番目・・・なぜ、これで巧くなれるの??

その答えは小学3年生=ショウの口から出てきた

「気持ちがよい挨拶が出来れば
 教える方も気持ちよく一生懸命教えてくれるから」

すんばらしいわ!!!

子供の期待は・・・絶対に裏切れない


2016090616270000.jpg




第66回 全日本大学サッカー選手権大会 - 2017.11.29 Wed


第66回 全日本大学サッカー選手権大会

通称「インカレ」の出場24校が決定
各地域リーグのトップリーグの結果により
第1代表から順に決定していくので
第1代表はリーグ戦優勝チームである

大学からのJリーグ内定選手は即戦力が基準
【各地域】の横の「」内の数字は
インカレに出場する大学からのプロ内定者数
これから増えると思うが11月27日現在の人数である

大学生ともなれば1・2年生からスタメンも少なくない
スタメン出場しているメンバーからプロへ進む者は
この数字よりは遥かに多いということも書いておく
この数字はあくまで卒業する4年生の数字である

大学サッカー・・・アカデミーの君たちには、まだ先のこと
いまは何の関心もないだろうが(笑)・・・すぐにやってくる
このアカデミーを巣立っていった高校生にとっては
すぐ近くまで来ている問題・・・出来る限りの準備をしよう

20170708cdfsouu13.jpg

【北海道】「0」
北海道教育大学岩見沢校(4年連続7回目)

【東北】「0」
第1代表 仙台大学(17年連続34回目)
第2代表 富士大学(初出場)

【関東】「14」
第1代表 筑波大学(2年連続36回目)※昨年度優勝
第2代表 順天堂大学(4年連続22回目)
第3代表 流通経済大学(2年ぶり11回目)
第4代表 明治大学(9年連続17回目)
第5代表 法政大学(2年連続29回目)※総理大臣杯優勝
第6代表 東京国際大学(初出場)

【北信越】「0」
第1代表 新潟医療福祉大学(5年ぶり4回目)
第2代表 松本大学(初出場)

【東海】「0」
第1代表 静岡産業大学(2年連続12回目)
第2代表 中京大学(3年連続39回目)
第3代表 常葉大学浜松キャンパス(2年ぶり10回目)

【関西】「7」
第1代表 びわこ成蹊スポーツ大学(3年ぶり3回目)
第2代表 大阪体育大学(5年連続20回目)
第3代表 阪南大学(6年連続19回目)
第4代表 関西大学(2年連続23回目)

【中国】「0」
第1代表 IPU・環太平洋大学(5年連続5回目)
第2代表 福山大学(3年ぶり9回目)

【四国】「0」
高知大学(24年連続33回目)

【九州】「2」
第1代表 福岡大学(2年ぶり41回目)
第2代表 鹿屋体育大学(9年連続21回目)
第3代表 九州産業大学(2年ぶり19回目)

20171007ootorigakuen7.jpg




取り組み方は、サッカーへの情熱で変わる - 2017.11.28 Tue

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
11/27 いしかわ総合スポーツセンター

◆カテゴリー2(4年生以下主体)
・リフティング
・ドリブルテクニック
・1対1
・2対2
・3対3(4年生以上)

◆カテゴリー1(5年生以下主体)
・リフティング
・ドリブルテクニック
・1対1
・2対2
・3対3(クワトロ)
・4対4(クワトロ)

リフティング(カテゴリー2)
・インステップ(片足連続)
・インサイド(蹴り上げ)
・アウトサイド
・ヘディング
・キャッチ(股、もも裏)
・フリー

ドリブルテクニック(カテゴリー2)
・フリー
・片足
・ソール
・インサイド
・アウトサイド
・フェイント(2連続、3連続)

リフティング(カテゴリー1)
・フリー
・インサイド(蹴り上げ)
・ヘディング
・ヘディング&肩
・ヘディング&胸
・キャッチ(もも裏、くるりキャッチ)

ドリブルテクニック(カテゴリー1)
・フリー
・片足
・ソール
・フェイント
 牛の尻尾⇒ナメ&押し出し
 足裏通し⇒引き技&押し出し
 リフト(軸足当て)⇒シャペウ(もも)
 引き技&リフト⇒たたき(頭越し)⇒シャペウ(頭越し)

1対1(カテゴリー1・2)
18m×10m、ミニゴール、学年別、勝ち残り方式

2対2(カテゴリー1・2)
18m×10m、ミニゴール、学年別、勝ち残り・組み合わせ変動方式

3対3(カテゴリー2)
18m×10m、ミニゴール、学年別、勝ち残り・組み合わせ変動方式

3対3(カテゴリー1)
18m×20m、クワトロ=ミニゴール×4、学年別、勝ち残り・組み合わせ変動方式

4対4(カテゴリー1)
18m×20m、クワトロ=ミニゴール×4、学年別、勝ち残り・組み合わせ変動方式

kakusidama001002003.png

この日は・・・ボールコントロールから対人へ
1対1から始まり・・・2対2、3対3、4対4
人数が増えていくと同時に・・・「選択肢」も増える
ゴールの数や方向によっても、「判断」すべき事が増える

曖昧になりがちなTRに、一本の“芯”をつくるのが指導者

この日伝えたことは、セオリーではないが大事な事だ
「数的優位」をつくるにしても、いくつかの方法がある
「立ち位置」と「ボールを動かす」ことで・・・なのか
ドリブルで「相手(DF)を剥がす」ことで・・・なのか

ほぼ全員、対人の守備がぬるい・・・日常が見える

有意義なTRであったと思うが、得たモノは人によって違う
取り組み方次第で・・・1つ、2つ、3つ、、、、と変わる
どうせTRするなら、得るモノが多いほうがいい・・・だろ
取り組み方は、サッカーへの情熱で変わる・・・ってことだ


honda0003.jpg




川崎フロンターレ 中村憲剛 - 2017.11.27 Mon


誰よりも巧くなりたいなら

他とは違う選手になりたいなら

やることはひとつ・・・自ら学べ!!



元・中央大学キャプテン

元・サッカー日本代表

現・川崎フロンターレNo,14

中村憲剛

ドリブルだけじゃ・・・サッカー選手にはなれんよ




ドリブルデザイナー 岡部将和 - 2017.11.27 Mon


誰よりも巧くなりたいなら

他とは違う選手になりたいなら

やることはひとつ・・・自ら学べ!!



元・桐蔭横浜大学キャプテン

元・Fリーガー

現・ドリブルデザイナー

岡部将和

ドリブルできなきゃ・・・サッカー選手にはなれんよ




何が大切かを・・・思い出す時間 - 2017.11.26 Sun


2017101604rikuou020202.jpg

日曜日の21時~22時は

指導者として

人として

何が大切かを・・・思い出す時間

mainrikuou0101.jpg





11/25 TRマッチの結果 - 2017.11.26 Sun

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニングマッチ(11/25)
U-9カテゴリー ※一部、4年生も参加
新神田小学校体育館、フットサル、8分×1本
対戦相手 ブラクトス金沢(U-10)
担当 本多コーチ

1本目 0-3

2本目 1-1

3本目 3-2

4本目 0-0

5本目 2-5

6本目 2-2

7本目 1-1

8本目 2-1

9本目 0-3

10本目 1-0

11本目 1-2

ブラクトスさん、いつも有難うございます
今後とも、宜しくお願い致します

20171103nstyle10sn.jpg




結果がどうであれ・・・信念は、進む道は・・・絶対に変えない - 2017.11.26 Sun

club de futbol 創 = CDF創

金沢市サッカー協会会長杯
まめだグランド(クレー)、曇り/雨
担当 木下コーチ

予選リーグ第1試合
CDF創 1-4 シエロFC
25分ハーフ 前半1-1・後半0-3
得点経過
失点、シオン(PK)
失点、失点、失点

予選リーグ第2試合
CDF創 5-1 西南部中学校
25分ハーフ 前半2-1・後半3-0
得点経過
失点、ジュンヤ、ジュンヤ
シオン、ジュンシロウ、ジュンシロウ

clubdefutbolsou001.jpg

“個”の成長は確認できた・・・おもしろい!!
たまには・・・自分からみた、それぞれの評価を載せておこう
キツイのもあるけどな(笑)・・・より高く昇ってほしい
※中1の分だけ・・・です

ジュンヤはCBでありながら、流れの中でチャンスも創り出す
喩は古いが・・・皇帝「フランツ・ベッケンバウアー」のようだ

リクは基礎=基本的な技術レベルが一番高い
継続次第ではあるが、一番高いところまで昇れる可能性が有る

ナオトは賢くて技術が高い=木下コーチの評価も高い
狭いところでも前を向いてスイッチを入れる・・・良くなった

ジュンシロウ・・・まぁ、自分のイチオシであるが(笑)
どこまで見えるようになるか・・・これで将来が決まる

で、エースストライカーのシオン・・・良くも悪くも「らしい」
決めて欲しいところで決めれる選手になること・・・かな

コウキがいい・・・自分の観ている試合では、いつもいい
身体的に劣っているが、それを超えたプレーがいくつもあった

アオシはピッチで闘志が足りない・・・ガツガツして欲しい
繊細なままでいたいなら・・・一番上まで技術を上げろ!!

ユウキ・・・木下コーチのTRで、技術的には随分と上がった
だけど・・・勇気がない・・・自信を持てるまで練習しなさい
言われるでなく、自分から声が出るように・・・勇気をもって
チームの勝利には・・・最後尾からの、君の声が必要だ

アツシ・・・チームNo,1の頑張り屋・・・今はそれだけ
考えてプレーしているようには見えない・・・残念だけどね
受けたボールの8~9割がミス・・・ボールを失う
これが逆だったらどうだろう・・・今日もきっと勝っている

“個”は確実に育っている・・・成長する速度も速い

ではなぜ・・・今日のような敗戦という結果になるのか

それは・・・君たちが「繋がっていない」から・・・である

まぁ、勝つことなんかより大切な事がある・・・ゆっくりいこう

誰より、木下コーチが一番我慢していた・・・悔しかったはずだ

結果がどうであれ・・・信念は、進む道は・・・絶対に変えない


「club de futbol 創」③


サッカーは美しく攻撃的でなければならない

ボールは積極的に保持するものであり

スペクタクルで観客を魅了しなければならない

その実現のために育成年代の君たちに必要なのは

常に考えてプレーすること・・・である





大切な場面になればなるほど、ありのままの日常がでる - 2017.11.25 Sat

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
11/24 新神田小学校ピロティ

◆全カテゴリー合同
・リフティング
・ドリブルテクニック
・パスコントロール(カテゴリー2)
・ロンド(カテゴリー2)
・水上コーチ担当メニュー

リフティング
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・タイムトライアル(2分間)
・フリー

ドリブルテクニック
・フリー
・片足
・ソール
・インサイド
・アウトサイド
・リフト系

パスコントロール(カテゴリー2)
①2人組、2m
 トラップ(ソール)&パスコントロール(インサイド)
 1タッチパスコントロール(インサイド)
②2人組、5m
 トラップ(インサイド)&パスコントロール(インサイド)
 1タッチパスコントロール(インサイド)

ロンド(カテゴリー2)
①学年別、9対1、1タッチ、ボール×2
②学年別、8対2、フリータッチ、ボール×1、パナ(股抜き)で罰ゲーム

2017112401.jpg

2017112402.jpg

写真は・・・アカデミーの皆なら分かるだろう
トイレに行くときに履き替えるクロックスだ
ある選手がトイレに行った後が上の写真
また別のある選手がトイレに行った後が下の写真

言われなくても・・・どっちがいいか、分かるよね
こういうことに「気付ける」ってことが大事なんだ
当たり前の事を、言われなくてもできる・・・何気なくね
サッカーも同じ・・・そういう事の連続なんだよ

サッカーには、家庭や学校でやっている日常がでる

大切な場面になればなるほど、ありのままの日常がでる

だから・・・こういう事に注意はしない
いちいち伝えて、やり直させたりもしない
本人が気付けるまで放っておく・・・それが一番伝わる
君たちの時間は沢山ある・・・失敗して、学べばいい

ようは・・・気付けない者は、大事な時に必ず失敗する

失敗した原因が日常の生活にある・・・そう理解できればいい

全ての選手がトイレに行った後を・・・オレは見ている


「club de futbol 創」④



11/23 TRマッチの結果 - 2017.11.24 Fri

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニングマッチ(11/23)
U-9カテゴリー、U-10カテゴリー
いしかわ総合スポーツセンター、フットサル、6人制
担当 本多コーチ

◆U-9カテゴリー(一部4年生も参加、8分ハーフ)

U-9 0-2 小杉SC(富山)

U-9 1-6 小杉SC(U-10)

U-9 2-3 小杉SC

◆U-10カテゴリー(10分ハーフ)

U-10 2-1 小杉SC

U-10 3-3 FC笠間

U-10 0-0 小杉SC
※10分×1本

U-10 0-2 FC笠間
※10分×1本

小杉さん、笠間さん、有難うございました
今後とも、宜しくお願い致します

bosyuutirasi001003.jpg

以下、本多コーチのコメント

技術も高く、ディフェンスも強い・・・強豪との闘いで、本当に楽しかったです。

U-9カテゴリーは、何よりボールコントロールとヘッドアップ=顔を上げること。U-10カテゴリーは、立ち位置のセオリーはわかってきたので・・・いかに相手を剥がしてボールを受けるか、一歩をサボらずボールを受けた時にいかに良い状態になっているか・・・などです。

“手強い相手だからこそ見えた課題”・・・も、たくさんありました。
ここからが大変です・・・日々、全力で頑張りましょう!!

保護者の皆様
いつも変わらぬ応援、有難うございました。これからもTRマッチ(フットサル)を、できるだけ沢山やっていきたいと思います。ご協力をお願い致します。




選手募集のお知らせ - 2017.11.24 Fri


『N-style金沢 Soccer Academy』


sousi10happybirthday2015326.jpg


サッカースクール活動、今年度から7年目

トレーニングには毎回 体験参加 が数名います

新年度、新たに 33名 が新規加入しています

ゼロから始める そんな選手もたくさんいます

ゼロから始める そんなつもりで来てください

何か上手くいっていない・・・

もっともっと巧くなりたい・・・

成長するキッカケがほしい・・・

そんな選手もまた、ここで掴んでください!!



sousinsousukek10.jpg


園児、小学生、中学生、大募集!!

平日の練習は週3回 毎週月水金曜日

◆4月~9月の練習会場

 「新神田小学校グランド」

 「新神田小学校ピロティ」

◆10月~新年3月の練習会場

 「新神田小学校グランド」

 「新神田小学校ピロティ」

 「いしかわ総合スポーツセンター」

遅刻、早退、問題ありません

かほく市や小松市、富山県からも参加しています

週1回からの参加でもOK

本気なら、誰でも参加できます!!

2017年4月で活動7年目に突入

小・中学生が約100名在籍

本気で夢と向き合っています!!

↓まずは連絡ください↓

nstylekanazawa@gmail.com



sousinkaiseiw10.jpg


目標が・・・その日その日を支配する

夢に向かって“本気”なら

門はいつでも・・・開いています!!




トレーニングの予定(11月・12月) - 2017.11.24 Fri


『N-style金沢 Soccer Academy』


sousi10happybirthday2015326.jpg


◆11月のトレーニング予定

 スポセンの予定について
 上に書いてある時間が「4年生以下」
 下に書いてある時間が「5年生以上」

 24(金)
 新神田小学校グランドorピロティ
 全学年 17時~20時

 27(月) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 29(水)
 新神田小学校グランドorピロティ
 全学年 17時~20時

◆12月のトレーニング予定

 1(金) スポセン・サブアリーナ
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 4(月)
 新神田小学校グランドorピロティ
 全学年 17時~20時

 6(水) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 8(金) スポセン・サブアリーナ
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 11(月) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 13(水)
 新神田小学校グランドorピロティ
 全学年 17時~20時

 15(金)
 新神田小学校グランドorピロティ
 全学年 17時~20時

 18(月)
 新神田小学校グランドorピロティ
 全学年 17時~20時

 20(水) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 22(金) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 25(月) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00

 27(水) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00
 ※年末最終日

◆1月のトレーニング予定

 5(金) スポセン
 18:00~19:30
 19:30~21:00
 ※新年開始日


sn10sk11_geminis_kanazawa_fc.jpg


◆トレーニングについての詳細

 毎週 月・水・金曜日(祝日は休み)

 グランド=新神田小学校グランド
 ピロティ=新神田小学校ピロティ
 スポセン=いしかわ総合スポーツセンター

 グランドについて
 使用料は必要ありません(無料)
 全学年、17:00~20:00頃
 トレーニング終了後、後片付け~解散となります
 雨天時は「ピロティ」に移動してトレーニングを行います
 ※トレーニングシューズ

 ピロティについて
 使用料は必要ありません(無料)
 全学年、17:00~20:00頃
 ※トレーニングシューズ

 スポセンについて
 参加した日には使用料が必要です
 19:30頃、トレーニングの入れ替わりに集金しています

 5~6年生・中学生は、4年生以下のTRに参加可能
 4年生(★)は、5年生以上のTRに参加可能
 ※フットサルシューズ、インドアシューズ
 ★指導者の確認が必要です

 変更などありますので
 予定はこまめに確認してください

◆新神田小学校の駐車について

 お迎えの時
 正門の入り口付近に駐車されると
 他の使用者(体育館など)に迷惑がかかります

 奥まで進んで駐車できますので
 門に入ってから右折、突き当りを左折
 奥から順番に駐車するようにしてください



『CDF 創』入団について、その他

アカデミー体験参加などの問い合わせ先

nstylekanazawa@gmail.com



20150227004ns.jpg


 今日を今日中に使い切れ

         ~斎藤興龍~


 我が敵は、我が妥協にあり

         ~本田圭佑~


 努力に勝る天才なし

         ~長友佑都~


 目標が、その日その日を支配する

         ~後藤静香~


 夢なき者に・・・成功なし

         ~吉田松陰~


 苦しまずして・・・栄光なし

         ~黒田博樹~





続けよう・・・目の前の結果以上の成果が、必ず現れる - 2017.11.24 Fri

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング(11/21)
・木下コーチ担当メニュー

トレーニングマッチ(11/23)
志賀町陸上競技場(天然芝)、曇り/晴れ/霰
担当 木下コーチ

CDF創 1-1 志賀中学校(U-14)
25分ハーフ 前半1-1・後半0-0
得点経過
失点、ナオト
PK戦(11人) 3-9

CDF創 5-1 志賀中学校(U-14)
25分ハーフ 前半1-1・後半4-0
得点経過
失点、シオン
シュンキ、リク(FK)、シュンキ、リク
PK戦(6人) 4-3

CDF創 1-1 志賀中学校(U-14)
25分×1本
得点経過
シオン、失点

「club de futbol 創」③

ちょっと体調の悪そうなのがいて心配だが

皆・・・いい顔してサッカーするようになったな

それでも木下コーチの要求は高く、課題は山積みだそうだ

君たちの闘いはまだまだ続く・・・夢の途中だからな

まだ何も成し遂げていない・・・だから、説得力もないけど

ここから・・・この環境から現れる

これまでの歴史を覆すような選手が現れる

それも・・・1人じゃない

続けよう・・・目の前の結果以上の成果が、必ず現れる


「club de futbol 創」④




11/19 TRマッチの結果 - 2017.11.24 Fri

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニングマッチ(11/19)
U-9カテゴリー、U-10カテゴリー
中央体育館、フットサル、8分×1本
担当 本多コーチ

◆U-9カテゴリー(一部4年生も参加)

U-9 0-0 NORDEN

U-9 2-0 泉クラブ

U-9 0-1 泉クラブ

U-9 0-0 NORDEN

U-9 0-0 泉クラブ

U-9 2-0 泉クラブ

U-9 1-4 NORDEN

U-9 2-1 泉クラブ

U-9 0-0 泉クラブ

◆U-10カテゴリー

U-10 2-1 和気FC

U-10 1-0 川北FC

U-10 1-1 和気FC

U-10 1-0 川北FC

U-10 1-1 和気FC

U-10 0-2 川北FC

U-10 0-4 和気FC

U-10 4-1 川北FC

NORDENさん、泉クラブさん、和気さん、川北さん
いつも有難うございます・・・今後とも、宜しくお願い致します

20170717200600.jpg




失敗した数だけ・・・成功に近付いている - 2017.11.23 Thu

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
11/22 いしかわ総合スポーツセンター

◆カテゴリー2(4年生以下主体)
・リフティング
・ドリブルテクニック
・ミニゲーム

◆カテゴリー1(5年生以上主体)
・水上コーチ担当メニュー(上級生)
・本多コーチ担当メニュー(下級生)

リフティング
・ウォーキング
・フリー

ドリブルテクニック
・フリー
・片足
・ソール
・フェイント

ミニゲーム
18m×10m、学年別、勝ち残り方式
2年生以下
①2対2、学年別ハンデ有り
②3対3
3年生以上
①2対2or2対1or1対1、4年生以下=2人、5年生以上=1人
②3対3or3対2or3対1or1対1、4年生以下=3人、5年生以上=1人or2人

20160625sn004.jpg

新神田のTRでは、基礎=「ボールコントロール」が中心
スポセンのTRでは、「止める」「蹴る」「運ぶ」が中心

スポセンなら、まずは「1対1」の状況が多くなるように
攻撃側は・・・「運ぶ」「剥がす」「抜く」
守備側は・・・「遅らせる」「抜かれない」「奪う」

ミニゲームは、1対1の状況から「選択肢を増やす」ため
どう受けるのか、どう使うのか・・・「考える」ことが重要だ
同時に・・・「止める」「蹴る」「運ぶ」の要素も入っている

カテゴリー1のTR、水上・本多の両コーチ
この日は・・・質の高いトレーニングを行っていたね
上級生も下級生も、多くの要素を自然と学べていた

しっかり聴いて、自分の考えを持てるようになろう

想像したことに挑戦して、他人とは違う選手になろう

失敗した数だけ・・・成功に近付いている


2016111015130000.jpg




サッカーの成長に必要な人間性=「傾聴力」と「主張力」 - 2017.11.21 Tue

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
11/20 新神田小学校ピロティ

◆全カテゴリー合同
・リフティング
・ドリブルテクニック
・ロンド(カテゴリー2)
・リフティング&ドリブルテクニック(カテゴリー2)
・水上コーチ担当メニュー(カテゴリー1)

リフティング
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・部位指定
 肩
 片足
 ソール(たたき)
 インサイド⇒同足アウトサイド
 インサイド⇒逆足アウトサイド
 もも⇒ヘディング
 もも⇒肩
 もも⇒胸

ドリブルテクニック
・フリー
・片足
・ソール
・部位指定
 片足
 ソール
 インサイド
 アウトサイド
 インサイド⇒同足アウトサイド

ロンド(カテゴリー2)
①9対1or7対1、1タッチ、ボール×2
②8対2or6対2、フリータッチ、ボール×1、パナ(股抜き)で罰ゲーム

リフティング&ドリブルテクニック(カテゴリー2)
リフティング
・キャッチ10種目
 基本5種目、股、もも裏、胸、肩、背中
ドリブルテクニック
・フェイント
 ヒールリフト
 リフト⇒シャペウ
 リフト⇒たたき
 リフト⇒たたき⇒シャペウ
 ヒールリフト⇒ヒールキック

20170814134524.jpg

4年生以下の「キャッチ」を確認
それぞれが随分と出来るようになったし
何より・・・自分から手が挙がるのがいいね

サッカーの成長に必要な人間性=「傾聴力」と「主張力」

傾聴力・・・その名の通り、耳を傾けてしっかり聴く
主張力・・・自分の意思をはっきりと主張できる
この両方が備わって、初めて成長していけるんだ

あとは・・・日常=「努力」と「継続」・・・だね

しっかりやれている者が多い・・・このまま進んでいこう


20170814134525.jpg




毎日毎日・・・何千万回もボールに触って・・・友達になったんだ - 2017.11.19 Sun


2017年 11月19日 中央体育館

この日、同じピッチにいた者は・・・感じたのではないか

特に、同じチームにいた数名は・・・肌で感じたはずだ

FWの足元に入るパスは、真っ直ぐに糸を引いたような

スペースに送るパスは、走っている者に近付いて来るような

ひとつひとつのパスには、それぞれに回転がかけられていた

相手が中学生だから??・・・それもある・・・余裕がある

だが、余裕があるから・・・という理由だけではない

どんなに余裕があっても、同じようなパスは簡単には出せない

時間と空間を創り出せれば・・・相手のレベルは関係ない

体が堅いので疲労が溜まりやすい・・・改善中の体である

しかし、そのパスは・・・息を呑むほどに・・・柔らかい

生まれつき持っていた能力ではない

毎日毎日・・・何千万回もボールに触って・・・友達になったんだ

パスを合わせる・・・彼にとっては・・・簡単な作業だった

今日の君たちの中にも・・・きっと、居るはずだ

同じ道を歩める・・・サッカーと共に生きる者が・・・きっと

まずは・・・ボールと友だちになろう

20170405sousi7.jpg




「テクニック」と「インテリジェンス」を揃える理由 - 2017.11.19 Sun

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング(11/14)
・木下コーチ担当メニュー

フィジカルトレーニング(11/16)
・木下コーチ担当メニュー

トレーニング(11/19)
・トラップ&パスコントロール
 2人組、7m間隔、対面、インサイドトラップ、インサイドキック
 2人組、15m間隔、対面、インサイドトラップ、インサイドキック
 2人組、15m間隔、斜め、インサイドトラップ(90度)、インサイドキック(90度)
・1タッチパスコントロール
 4人組、10m×6m、スクエアパス&ムーブ、インサイドキック
 右回り右足、左回り左足、右回り左足、左回り右足
・トラップ&シュート
 1タッチパス交換⇒バックステップ⇒トラップ(180度ターン)⇒シュート
 1タッチパス交換⇒プルアウェイ⇒トラップor1タッチシュート
・リフティング
 2人組、4人組、8人組、各30回
・ゲーム形式
 フットサルルール+(GKは何度でも使える)
 4対4+GK、勝ち残り方式、勝ちチームハンデ有り
 5対5+GK、勝ち残り方式

2016111014400000.jpg
浮いているボールのコントロールも正確に

2016111015010000.jpg
角度を変えたインサイドキックも正確に

2016080923010000.jpg

技術の高さ=いかに正確にプレーできるか・・・である
日頃から正確にプレーしようと心掛けていれば
当たり前に自然な形で、丁寧にプレーするようになる

正確さの次は、いかに素早い動作でできるか・・・である
動作の無駄をなくしていくことで、自然とプレーは速くなる
最終的には、無駄のない正確なプレーが一番速いと分かる

そして・・・どこでどうプレーするか・・・判断力が勝負になる
周りを見て情報を集め、素早く的確な判断をする
判断する基準=インテリジェンス・・・ということになる

いまどうすればいいか・・・考えるチカラは必要不可欠である
判断が速くて的確であっても、実行できる技術がなければ残念
「テクニック」と「インテリジェンス」を揃える理由・・・である

高いレベルで両方を揃えているのが・・・「久保建英」である

君たちと目指している事は同じ・・・できるレベルが違う

追い付くには?・・・努力努力の日常・・・しかない

2016081000060000.jpg





親父の71回目の誕生日 - 2017.11.18 Sat


2017年 11月17日

びわこ成蹊スポーツ大学 スポーツ学科

特別推薦入試にて・・・無事、合格

親父の71回目の誕生日・・・息子がまた一歩、進んだよ

随分と高く昇ったな・・・夢の扉を開くまで、あと少しだ

20170723biwakoseikeisc001.jpg




輝ける未来のために・・・今日を全力でガンバレ!!! - 2017.11.18 Sat

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
11/17 新神田小学校ピロティ

◆全カテゴリー合同
・リフティング
・ドリブルテクニック
・水上コーチ担当メニュー(カテゴリー1)
・本多コーチ担当メニュー(カテゴリー2)

リフティング
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・部位指定
 片足
 ソール(たたき)
 インサイド⇒同足アウトサイド
 インサイド⇒逆足アウトサイド
 もも⇒ヘディング
 もも⇒肩
 もも⇒胸

ドリブルテクニック
・フリー
・片足
・ソール
・部位指定
 片足
 ソール
 インサイド⇒同足アウトサイド
 インサイド⇒逆足アウトサイド 
・フェイント
 牛の尻尾⇒同足パナ(インサイド)
 牛の尻尾⇒同足引き技⇒逆足パナ
 牛の尻尾⇒同足パナ(ソール)
 足裏通し⇒逆足引き技⇒逆足押し出し
 足裏通し⇒軸足当てパナ
 足裏通し⇒逆足引き技⇒同足押し出し

「club de futbol 創」③

アカデミーのTRでは、自分が基礎メニューを行ったあと
水上・本多の両コーチが、それぞれ担当してメニューを行う
この日は両コーチ共に「トラップ&パスコントロール」だった

下級生は対面、2人組で基本の「止める」「蹴る」を徹底
上級生は三角形、動きの中で「タイミング」を合わせて
地味だけどね・・・本当に大切なTRだから、確りやってほしい

息子との自主TR・・・止める、蹴る、運ぶ・・・毎日やった

これだけやってきた・・・という“自信”が、現在の彼を創った

アカデミーの君たちは皆・・・これからの選手である

輝ける未来のために・・・今日を全力でガンバレ!!!





中村憲剛は・・・「ピタッ」と止める - 2017.11.17 Fri


中村憲剛は・・・「ピタッ」と止める






成功するヤツは・・・時間を無駄にしない - 2017.11.16 Thu

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
11/15 いしかわ総合スポーツセンター

◆カテゴリー2(4年生以下主体)
・リフティング
・1対1
・2対2
・ミニゲーム
・ゲーム形式

◆カテゴリー1(5年生以上主体)
・水上コーチ担当メニュー(上級生)
・本多コーチ担当メニュー(下級生)

リフティング
フリー、5分間

1対1(学年別)
10m×8m、コーンゴール×4(対面)、勝ち残り方式

2対2(学年別)
10m×8m、コーンゴール×4(対面)、勝ち残り方式

ミニゲーム
10m×15m、コーンゴール×6、勝ち残り方式
①4年生主体=3対3
②3年生以下主体=2対2

ゲーム形式
15m×40m、コーンゴール×10、14対14、ボール×3

2016120514250001.jpg

成功するヤツは・・・時間を無駄にしない

つまりは・・・自分を律することができる

ようは・・・自分で決めた約束を守れるヤツってことだ

みんな・・・自分に甘いから・・・夢に届かない

時間を無駄にしてるヤツには・・・“喝”

現実と向き合って努力してるヤツには・・・“エール”

これが・・・オレのやり方=【My style】だ!!

この日は・・・賢い判断を養うためのオーガナイズ

同時に・・・頭の良い選手を発見するためのTR

何人か・・・見つけたよ・・・面白いな





現状維持なら・・・W杯では予選リーグ敗退が濃厚だ - 2017.11.16 Thu


日本 0-1 ベルギー

日本、優勝候補のベルギーに惜敗・・・って、オイ!!

身体だけをみれば、中2と高1くらいの差はあったが
日本とブラジルの差とは・・・根本的に違う
闘い方次第では、ベルギーには勝利する可能性が有る

ベルギーがロシアW杯の優勝候補
はたして世界で・・・どれだけの国がそう言うだろうか
優勝候補相手にいい勝負をしたと言いたいだけでは??

ベルギーのパス回しが、もう1~2テンポ速ければ
W杯で優勝する可能性もあるだろうが・・・というレベル
おそらく、選手のスキルは・・・そこまで到達していない

逆に言えば、日本が中間ポジションを取り続け
速いテンポでボールを動かし、差し込むことが出来れば
決して倒せない相手ではない・・・と、自分は分析した

ブラジル相手には・・・こうすれば勝てるというものがなかった
たしかにベルギーのエースは不在で、GKもサブだったが
ブラジルは5~6人がサブで、ベストはさらに・・・上の上だな

2試合観て・・・乾が切り札(もう少し時間が欲しい)

森岡も良かった・・・インテリオールでのプレーがいい

吉田と酒井は合格点・・・FWは大迫が軸

浅野は・・・単純で技術的なミスが多すぎる(代表レベル??)

とにかく皆で競争だ!!

もっとレベル上げないと・・・キツイな

現状維持なら・・・W杯では予選リーグ敗退が濃厚だ




“アイデア”とは、先々への投資・・・のようなものである - 2017.11.13 Mon

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング(11/7)
・木下コーチ担当メニュー

トレーニング(11/9)
・木下コーチ担当メニュー

トレーニング(11/12)
・木下コーチ担当メニュー

「club de futbol 創」③

この1週間・・・チームは新たな課題に取り組んでいた
まだまだ発揮するには至っていない・・・が、悪くない
“アイデア”とは、先々への投資・・・のようなものである

この日(12日)は息子も参加・・・遊ばせてもらった
まだリハビリ中ではあるが・・・当然、君たちとは次元が違う
最も違っていたのは・・・誰よりも丁寧にプレーしていたことだ

息子が使っていたのは・・・
人と人の間と、手も足も届かない空間と、君たちの股の間だ

最も技術を有している者が、誰よりも丁寧にプレーできる

いずれ・・・この意味が分かる時が来る


「club de futbol 創」④




早熟だけではなく、晩成にこそ目を向けるべき - 2017.11.12 Sun


日本 1-3 ブラジル

後半は・・・、後半のように・・・、まぁ・・・残念
あまりに前向き??な考え方で・・・ビックリする
前半のスコアが違えば、後半の闘い方も違う
ブラジルの後半はまるで・・・トレーニングのようだった

別に選手が悪いとか、監督が悪いとか・・・ではない
20年前の差を埋められない現実がそこにあっただけ
後から後から「ハイタレント」が育ってくるブラジル
育成の段階での差は、世界で大きくなっていると言える

とかく、日本サッカーの現場は「エリート」を育てたがるが
日本の文化は謙虚で真面目・・・辛抱強いのが美徳
文化にそぐわないものは根付きにくいことに気付け
より日本人に合った独自の育成文化を確立すべきである

早熟だけではなく、晩成にこそ目を向けるべき

現時点で優れている者に目を向けるのは悪くない
そうでない者に・・・晩成に向けられる目が、芽を育むのだ
勝ってOK、選ばれてOK・・・それでは通用しないのだ
選んでいる側が踏ん反り返っていては・・・育たない

全ての指導者へ

辛抱強く育てるのだ・・・必ず芽は出てくる

優れた素材を欲しがるのは・・・育てる力がないのと同じである




“本物のテクニック”は・・・場所を選ばない - 2017.11.12 Sun

N-style金沢サッカーアカデミー

越前おおの結の故郷 天空の城CUP2017
U-10カテゴリー
真名川グランド(福井、天然芝orクレー)、雨
担当 本多コーチ

◆グループリーグ(15分×1本)

U-10 0-2 FCおおの・A(福井)

U-10 0-3 刈谷SS(愛知)

U-10 0-2 太秦SC(京都)

グループリーグ4位で下位トーナメントへ

◆下位トーナメント(15分ハーフ)

1回戦 0-6 デランテロFA(石川)

順位決定戦 5-0 春日町SSS(福井)

16チーム中15位で大会終了

おおのさん、刈谷さん、太秦さん、デランテロさん、春日町さん
有難うございました・・・今後とも、宜しくお願い致します

以下、本多コーチのコメント

雨のピッチ・・・やりたいことが思うようにできない。総合力でも相手が上回っている中で、何を考えて、どんな気持ちで闘うのか?・・・勝敗自体に大した意味はないが、負けていることを簡単に受け入れてしまうようでは情けない。
どれだけ点を奪われても悔しくて、あがいていたのは何人いたか?・・・どれだけ相手と差があろうが、自分の好きなサッカーで、「負けることが悔しい!!」・・・そう思える心を持てるまで、日常を積み上げよう。

保護者の皆様
今日も遠くまで、送迎・審判・応援、雨の中・・・本当にありがとうございました。この日の悔しさを忘れずに、日常のトレーニングに活かしていけるよう頑張っていきますので・・・今後も変わらぬサポートを、宜しくお願い致します。

2011071811300001エスポルチ

写真は・・・息子が小学6年生のとき
晴士さん(広山)の『エスポルチ藤沢』の大阪遠征
そこに参加させてもらったときのもの・・・最終日、大雨だった

何度かこのブログでも紹介しているが
晴士さんは刈谷出身で静岡学園高校を卒業
元・ヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)のプロサッカー選手
越後さん(セルジオ、TV解説者)らと全国でサッカー教室も開催
『エスポルチ藤沢』の指導も含め、多忙な日々を送っている

で・・・本題

エスポルチの選手・・・雨でも巧い!!

“本物のテクニック”は・・・場所を選ばない

当たり前だけどさ・・・まだまだ足りないってことだ


2011062115320000.jpg

晴士さんより

「ゴメン・・・4週間では・・・(笑)」





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

N-style

Author:N-style
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4824)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR