FC2ブログ
topimage

2019-09

勝利への執念 - 2019.09.30 Mon

club de futbol 創 = CDF創

トレーニングマッチ
北陸大学FP(人工芝)、晴れ
担当 中島

CDF創 4-5 遊学館高校
前半4-2 失点、ルウク、失点、ルウク、シオン、シュンキ
後半0-3 失点、失点、失点

soshinakajima-rukumatsuo.jpg

負けたら走ろう・・・それだけ伝えて送り出した。強くなるために結果に拘る・・・そこをブレずに進んでいくために、厳しさと緊張感を持って送り出した。勝利への拘りは、高校生も同じだった。中学生のチームに負けられない・・・最後は彼らの意地が、逆転ゴールに繋がったのだと思う。この日の対戦相手が彼ら=遊学館高校であったことに、心から感謝している。

勝っていたら・・・誰もが勘違いしていただろう。楽観的になり、緊張感の欠落とともに・・・プレーの質は落ちていっただろう。これから上位リーグを闘い、プレーオフへと進んでいく。大切な闘いの前だからこそ、この日の相手の勝利への執念には、大きな大きな意味がある。スタメンのポジションが1つ空いている。君たち個人の闘いも、チームの成長を加速させる要因となる。





トレーニングの予定(11月まで) - 2019.09.30 Mon


『N-style金沢 Soccer Academy』


bosyuutirasi001003.jpg


◆トレーニングの予定

 「新神田小学校グランドorピロティ」の場合
  全学年 17:00~20:00ごろ

 「スポセン=いしかわ総合スポーツセンター」の場合
  5年生以下 18:00~19:30
  6年生以上 19:30~21:00
  ※兄弟で時間を合わせることは可能です
   事前に中島まで確認してください

 【2019年9月】

  30(金)  新神田小学校

 【2019年10月】 ※後期スタート

  2(水)  スポセン

  4(金)  スポセン

  7(月)  スポセン

  9(水)  スポセン

  11(金) 新神田小学校

  14(月) 祝日

  16(水) スポセン

  18(金) スポセン

  21(月) スポセン

  23(水) 新神田小学校

  25(金) スポセン

  28(月) スポセン

  30(水) 新神田小学校

 【2019年11月】

  1(金)  新神田小学校

  4(月)  祝日

  6(水)  新神田小学校

  8(金)  新神田小学校

  11(月) 新神田小学校

  13(水) スポセン

  15(金) 新神田小学校

  18(月) スポセン

  20(水) スポセン

  22(金) 新神田小学校

  25(月) 新神田小学校

  27(水) スポセン

  29(金) スポセン


20150227004ns.jpg


◆トレーニングについての詳細

 毎週 月・水・金曜日(祝日は休み)

 グランド=新神田小学校グランド
 ピロティ=新神田小学校ピロティ
 スポセン=いしかわ総合スポーツセンター

 グランドについて
 使用料は必要ありません(無料)
 全学年、17:00~20:00ごろ
 トレーニング終了後、後片付け~解散となります
 雨天時は「ピロティ」に移動してトレーニングを行います
 ※トレーニングシューズ

 ピロティについて
 使用料は必要ありません(無料)
 全学年、17:00~20:00ごろ
 ※トレーニングシューズ

 スポセンについて
 参加した日には使用料が必要です
 19:30頃、トレーニングの入れ替わりに集金しています

 6年生~中学生は、5年生以下のTRに参加可能
 5年生(★)は、6年生以上のTRに参加可能
 ※フットサルシューズ、インドアシューズ
 ★指導者の確認が必要です

 変更などありますので
 予定はこまめに確認してください

◆新神田小学校の駐車について

 お迎えの時
 正門の入り口付近に駐車されると
 他の使用者(体育館など)に迷惑がかかります

 奥まで進んで駐車できますので
 門に入ってから右折、突き当りを左折
 奥から順番に駐車するようにしてください



 【CDF創】への入団について、その他

 アカデミー体験参加などの問い合わせ先

 nstylekanazawa@gmail.com



20161226sm002.jpg


 夢なき者に成功なし

         ~吉田松陰~


 苦しまずして栄光なし

         ~黒田博樹~


 今日を今日中に使い切れ

         ~斎藤興龍~


 我が敵は我が妥協にあり

         ~本田圭佑~


 努力に勝る天才なし

         ~長友佑都~





選手募集のお知らせ - 2019.09.30 Mon


『N-style金沢 Soccer Academy』


2019年度、新規メンバー募集中!!

体験参加 随時、受付中!!

新年度、すでに 19名 が新加入しています

ぜひ、遊びに来て下さい

きっと、サッカーの価値観が変わります


bosyuutirasi001003.jpg


サッカースクール活動

2019年4月から9年目に入りました

これまでも多くの選手に関わり

多くの選手が巣立っていきました


ここでサッカーを始める・・・大歓迎です

体験参加、いつでもOKです

無所属の選手でも試合経験を積むことができます

遊びに行く感覚で来てもらえれば十分です!!


所属するチームでの活躍=自分たちの願いです

何か上手くいっていない

もっともっと巧くなりたい

成長するキッカケがほしい

そんな選手もまた、ここで掴んでください!!



vamosafuturo20140103snsk.jpg


園児、小学生、中学生、大募集!!!

平日の練習は週3回 毎週月水金曜日


◆4月~9月の練習会場

 「新神田小学校グランド」

 「新神田小学校ピロティ」


◆10月~新年3月の練習会場

 「新神田小学校グランド」

 「新神田小学校ピロティ」

 「いしかわ総合スポーツセンター」


vamosafuturo20150104snsk.jpg


遅刻、早退、問題ありません

かほく市や小松市、富山県からも参加しています


週1回からの参加でもOK

本気なら誰でも参加できます!!!


小・中学生が100名以上在籍

本気で夢と向き合っています!!!


↓まずは連絡ください↓

nstylekanazawa@gmail.com

【CDF創】への問い合わせも受け付けています



vamosafuturo20171230snsk.jpg


夢に向かって“本気”なら

門はいつでも・・・開いています




リフティング歴代の記録 ~2019/9/30現在~ - 2019.09.30 Mon


以下の規定の中で記録を上回った選手は連絡ください

①落とさなければ、どこを使ってもOK
②大人(親)が数えた回数であること
※自分以外の中学生以上が数えた回数でもOK
※出来るだけカウントする器具を使ってください

歴代記録を更新して名前を残す
君たちの挑戦・・・楽しみに待っています♪


※赤字は2019年5月以降、「令和」の記録


『N-style金沢 Soccer Academy』

リフティング歴代の記録
※フリースタイルでの回数、達成者(記録した年月、当時の学年)
※本人以外の大人が計測した記録に限る
※4/8がアカデミー開校記念日により、4/8より新学年とする

歴代1位
27568回 中島創司 (2012年11月、中学1年生)

歴代2位
18329回 本多岳人 (2018年12月、小学5年生)

歴代3位
17016回 河内歳三 (2017年3月、小学4年生)


4位   15825回 松本淳志 (2017年2月、小学6年生)

5位   14904回 岡純也  (2018年12月、中学2年生)

6位   14221回 中島創司 (2012年11月、中学1年生)

7位   14112回 今井勇希 (2018年12月、小学5年生)

8位   13614回 網蒼太朗 (2018年12月、小学5年生)

9位   13139回 安田唯人 (2014年3月、小学6年生)

10位  12993回 松田純士朗(2018年12月、中学2年生)

11位~20位
12688回 中村藍ノ介(2019年4月、小学6年生)
12520回 渡璃空  (2017年3月、小学6年生)
11387回 坂航太朗 (2019年4月、小学4年生)
11111回 網勘史朗 (2018年12月、小学3年生)
10908回 麦元翔  (2018年1月、小学4年生)
10756回 村尾和生 (2018年12月、中学1年生)
10692回 中﨑滉太 (2018年12月、小学5年生)
10668回 本多岳人 (2017年11月、小学4年生)
10600回 寄留稜太郎(2019年4月、小学5年生)
10529回 山下大空 (2019年5月、小学6年生)

21位~30位
10487回 小中廣樹 (2019年4月、小学2年生)
10248回 中村藍ノ介(2018年3月、小学5年生)
10165回 杉田陽  (2017年3月、小学4年生)
10121回 本多英人 (2014年3月、小学6年生)
10073回 安田悠真 (2014年3月、小学4年生)
10050回 中島創司 (2011年12月、小学6年生)
10035回 武内貴哉 (2014年3月、小学6年生)
9475回  安田悠真 (2014年3月、小学4年生)
9200回  水巻正斉 (2018年12月、小学4年生)
8896回  北澤巧成 (2019年1月、中学1年生)

31位~
8617回  坂航太朗 (2019年3月、小学4年生)
8438回  別宗裕太 (2014年3月、小学6年生)


以上がアカデミーの公式記録(32位まで)

各年代における歴代の記録

小学1年生 小中廣樹   2671回

小学2年生 伊勢野華立  3153回

      小中廣樹   6142回

      小中廣樹  10487回

小学3年生 安田悠真   6270回

      網勘史朗  11111回

小学4年生 安田悠真  10073回

      杉田陽   10165回

      本多岳人  10668回

      麦元翔   10908回

      坂航太朗  11387回

      河内歳三  17016回

小学生の間に10000回を超えたのは20名

6名が4年生で、1名が3年生で、1名が2年生で!!

記録とは・・・後に続く者たちのためにある

目指すべきものであり、超えていくべきものである

夢に続く道は創られ、伝統は系譜として受け継がれる


2016120514250001.jpg


始めたときは皆・・・5回も出来なかった

5回が30回になり、やる気と興味を持つ

30回が100回になり、達成感を味わう

100回を超えれば・・・

300回~1000回は、その翌日にも出来る

努力は・・・人を変える





飛騨古川JFC交流会 ~U11&U12の試合結果~ - 2019.09.29 Sun

N-style金沢サッカーアカデミー

飛騨古川JFC交流会
Uー11カテゴリー、U-12カテゴリー、15分ハーフ
古川ふれあい広場(人工芝)
担当 本多

N-style金沢・U11&U12 0-4 飛騨古川JFC(岐阜)
前半0-0
後半0-4

N-style金沢・U11&U12 3-1 飛騨古川JFC
前半3-1 リョウタロウ、ハルト、失点、ハルト
後半0-0

N-style金沢・U11&U12 0-3 飛騨古川JFC
前半0-2
後半0-1

N-style金沢・U11&U12 1-3 茜部SS(岐阜)
前半1-2 コウタロウ、失点、失点
後半0-1 失点

N-style金沢・U11&U12 3-4 ラウーレFC(長野)
前半1-3 失点、失点、リョウタロウ、失点
後半2-1 失点、リョウタロウ、ユウヤ

N-style金沢・U11 0-5 ラウーレFC
前半0-3
後半0-2

N-style金沢・U12 3-2 茜部SS
前半3-2 失点、ユウヤ、失点、ソラ、ユウヤ
後半0-0

N-style金沢・U11 1-2 茜部SS
前半0-1 失点
後半1-1 失点、ユウセイ

N-style金沢・U12 4-2 飛騨古川JFC
前半1-0 ソラ
後半3-2 コウタ、失点、ユウヤ、ユウヤ、失点

飛騨古川JFCさん、茜部SSさん、ラウーレFCさん
有難うございました・・・今後とも、宜しくお願い致します



以下、本多コーチのコメント

U11&12合同メンバーで臨んだ交流戦。チームとしては負荷がかかる状況で、5年生メンバーは自分の全てを発揮すること、6年生メンバーは5年生の実力を発揮させられるサポートをしつつ、プレーで引っ張っていくことをテーマとしました。これがなかなか上手くいかない・・・。互いにどこか遠慮がちで、積極的なプレーも少なく、チグハグでしたね。子供心に1学年の差は大きいのか、修正しきれませんでした。

サッカー選手になるということは、「個人としてどう評価されるか」が重要になります。どんな状況でも遠慮せずに自分を発揮し、仲間がプレーしやすくなるようコミュニケーションをとる・・・そんなリーダーシップも必要です。技術レベルは上がってきていますが、コミュニケーション能力は課題だらけですね。抽象的な課題ですが、自分の考えをしっかり伝え、共有していけるよう磨いていきましょう。

保護者の皆様
遠方まで送迎いただき、審判に応援に、有難うございました。サッカーにおけるコミュニケーション能力は、とても重要なものです。サッカーだけでなく、社会でも必要なことだと考えています。そういった要素も磨いていけるような仕掛けも、色々と考えていこうと思います。またサポートのほど、よろしくお願いいたします。




作戦ボードと指導者ライセンス - 2019.09.29 Sun


週に6~8試合は観ている。香川や岡崎、話題の久保が移籍したため・・・WOWOWでは前年から放送枠を増やし、2部の試合まで放送している。最近では流して観ているだけで、戦術的なことから細かい技術の部分まで頭に入ってくるようになった。サッカーの指導者が天職であろう自分にとっては、有難い分析力と思考力ではある。純粋に楽しめているか・・・といえば、そうでもないが。

作戦ボードと指導者ライセンス・・・自分は、そのどちらも持っていない。かつてはライセンスを取得していたが、更新せずに失効した。以前は作戦ボードも使っていたが・・・自分にはもう、その必要がない。大会に足を運べば、同じようなアップの光景が広がっている。ハーフタイムには、作戦ボードを使ったミーティング・・・皆、同じように学び・・・疑問を持つことはない。

学び続けなければ、指導者ではいられない。ただ、どこから学ぶのか・・・それが他と同じでは、自分にとっては意味がないのだ。日本のトップの素材を指導しているのではない。扱いを間違えれば、すぐに壊れてしまうような繊細なモノを、何度でも這い上がってくるような、固い意志のあるモノに鍛えている・・・そんな日常なんだ。指導者講習会では、こんなことは誰も教えてくれない。

とかく組織のトップというのは、可能性の小さなことには興味を持たず・・・その部分には、時間を割かない。組織が大きければ大きいほど、その傾向は顕著となる。だが・・・教え子の中でサッカーで成功した者は皆、可能性の小さな方にいた。光が当たらないところで、誰も見ていなくても、コツコツと積み重ね、妥協せずに自身の夢と向き合う・・・こういう存在ばかりだ。

答えを伝えずに、理解を優先させる・・・指導者にも、我慢が必要である。やれ前向けるとか、やれ逆に行けとか、1も2も3も4も5も6も・・・ずっとピッチに叫んでいる指導者もいる。U18でJ下部のBチームの試合だったが、前向けるよ!逆空いてるよ!なんて言葉が聞こえてくる・・・ゾッとする。自分で考えて、自分で行動する・・・それが大人の大人たる所以だ。

選手が答えを得る必要はないのだ。子供や少年の頭の中には、凝り固まった大人では得られない発想が詰まっている。そこを引き出してやるのが指導者の役目であって、答えらしき誰かに教わったことを伝えるのが仕事ではない。まるで、それが正しいことであるかのように・・・それでは指導者の頭の中を超えて行く可能性を、育むことなどできはしない。






アカデミーの系統を継ぐ選手 - 2019.09.29 Sun

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング(9/28)
①ドリブルテクニック、ジグドリ
②ドリブルテクニック、ジンガ
③ドリブルテクニック、南米式
④A)シュートテクニック、リターンパスから、右サイド
 B)シュートテクニック、ジグドリから、正面
 C)シュートテクニック、リターンパスから、左サイド
⑤ゲーム形式、5対5+GK、勝ち残り方式



出逢ったのは、2年生だったか、3年生だったか・・・その頃の彼は、普通の小学生だった。アカデミーの同期に伊勢野華立がいたこともあり、それ以上に目立つ存在ではなかった。足が速く俊敏で、ヒールリフトなんかもすぐに覚えた。見た目とは裏腹に!?成績は学年上位で、やや(結構なw)天然素材でもある。

久しぶりに復帰した10番を見て、アカデミーの系統を継ぐ選手だとすぐにわかる。息子がいたときには、いつも同じチームメイトに指名していた。同じ価値観でプレーできる、数少ない選手の1人だと評価していた。サッカーを休む我慢ができない幼稚さは残るが、サッカーが大好きなのは誰の目にも明らかである。

彼はもうすぐ、ちょっとした休憩の時間に入る。期待されている高校サッカーでの活躍のために、不可欠な休憩時間を過ごすことになる。違う意味で心配(不安!?)ではあるが・・・サッカーの神様が与えた、貴重な休息の時間だと理解して欲しい。No,1プレーヤーを欠いて痛いのは、監督や仲間の方なのだから・・・。


2016072617160000.jpg




上級者のお手本 - 2019.09.28 Sat

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
9/27 新神田小学校グランド&ピロティ

◆全カテゴリー合同
・1対1①
・1対1②
・1対1③
・ミニゲーム①
・ミニゲーム②
・ゲーム形式①
・ゲーム形式②

1対1①
斜め45度から、正規ゴール使用、左右別、攻守交替制、総当たり方式

1対1②
15m×12m、勝ち残り方式

1対1③
12m×10m、コーンゴール×4、勝ち残り方式

ミニゲーム①
15m×12m、3対3、勝ち残り方式

ミニゲーム②
15m×12m、4対4、学年別

ゲーム形式①
40m×30m、7対7

ゲーム形式②
40m×30m、9対9、ボール×2





中学2年生を先頭に、小学6年生も相当高いレベルまで来た。そろそろ・・・上級者のお手本は、これくらいで丁度いい。動画の彼=濱田くんは、静岡学園高校出身で教え子と同期。全国トップクラスのテクニック集団である静岡学園高校でも、彼の技術はトップクラス・・・つまり、日本最高峰である。




できないことを、そのままにしておく・・・これが妥協 - 2019.09.27 Fri

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング(9/26)
①リフティングチャレンジ、基本5種目×各2分間
②4人組、ボール×2、スクエア、ターン&パスコントロール
③ゲーム形式、5対5+GK、勝ち残り方式、カテゴリー別

20190121souchoujisyutr.jpg

久々のリフティングチャレンジ、結果は以下の通り。つまり、日常がそのまま表れるということだ。リフティングは努力次第で誰でも巧くなれる。言わば、努力の象徴でもある。リフティングが巧いからといって、プロになれるわけではない・・・が、リフティングがヘタクソなプロサッカー選手を・・・自分は知らない。

基本5種目×各2分間(順位、名前、学年、合計回数)
1位 岡本タクミ(中2)  1513回
2位 村尾カズキ(中2)  1475回
3位 本多ガクト(小6)  1429回
4位 松本アツシ(中3)  1314回
4位 網ソウタロウ(小6) 1314回
※渡(3年)と石田(2年)はケガのため見学

できないことを、そのままにしておく・・・これが妥協

できなくても、試合には関係ない・・・これが思い込み

うまくできても、プロにはなれない・・・これが志の低さ

本気でプロを目指すなら、できないことは努力して、できるようにしておくべきだろう。リフティングはボールタッチの柔らかさに重大な影響を及ぼす・・・この柔らかさという要素が理解できない指導者が、試合で使う技術ではないと発言する。やべっちFCを観れば・・・プロサッカー選手は、みんな巧いじゃないか笑。

さらに言わせてもらえば・・・この基本5種目は、リフティングの最初の一歩に過ぎない。キャッチ、ステイ、テクニック・・・巧いに上限はないのだ。ロナウジーニョも、ネイマールも・・・ハンパなく巧いし、何より楽しんでいる。ちなみに・・・メッシも、ロナウドも、バロンドールは・・・えげつなく巧い!!!

中島創司 基本5種目、各2分間の記録
※中学2年生11月のサッカーノートより
インステップ  466回
インサイド   268回
アウトサイド  206回
もも      303回
ヘディング   332回
合計回数   1575回

参考までに・・・載せておきます


soramotoberuhazu14.jpg




トレーニングマッチの結果 - 2019.09.27 Fri

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニングマッチ
U-11カテゴリー、20分×1本
ジュニアスポーツコート(人工芝)、晴れ/強風
担当 水巻

N-style金沢・U11 2-0 符津SSS
得点 ユウ、ユウ

N-style金沢・U11 0-2 苗代SSS

N-style金沢・U11 2-0 符津SSS
得点 マサナリ、シン

N-style金沢・U11 0-2 苗代SSS

符津さん、苗代さん
いつも有難うございます・・・今後とも、宜しくお願い致します

bonjiteteinstyleno1.jpg

以下、水巻コーチのコメント

ちょっとずつですが、声を出す選手が増えてきましたね。試合中にピッチ内やベンチから声を出す事は、非常に大切です。仲間を励ます、危険を知らせる、相手に脅威を与える、自分自身を落ち着かせる、自分や仲間を鼓舞する・・・声はサッカーだけに限らず、あらゆるスポーツのシーンで見られる重要な手段です。おとなしいチームは怖く無いですよ。恥ずかしがらず、特に自信の無い選手は、沢山声を出しましょう!!

保護者の皆様
準備、応援、後片付け、ありがとうございました。凄い強風で大変だったと思います。また、変わらぬサポート・・・よろしくお願いします。




相手が圧力をかけて来れば来るほど、簡単に繋いで簡単に剥がしてしまうレベルのテクニックを身に付ける - 2019.09.26 Thu

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
9/25 新神田小学校グランド&ピロティ

◆全カテゴリー合同
・リフティング
・1対1①
・1対1②
・1対1③
・ミニゲーム①
・ミニゲーム②
・ミニゲーム③
・ゲーム形式①
・ゲーム形式②

リフティング
・フリー
・アウトサイド
 アウトサイド⇒インサイド(同足)
 アウトサイド⇒もも(同足)
 アウトサイド⇒ヘディング

1対1①
斜め45度から、正規ゴール使用、左右別、攻守交替制、総当たり方式

1対1②
15m×12m、勝ち残り方式

1対1③
12m×10m、コーンゴール×4、勝ち残り方式

ミニゲーム①
15m×12m、3対3、勝ち残り方式

ミニゲーム②
15m×12m、4対4、学年別

ミニゲーム③
12m×20m、コーンゴール×6、3対3、勝ち残り方式

ゲーム形式①
40m×30m、7対7

ゲーム形式②
40m×30m、9対9、ボール×2

20190714nstyleksacdfsou.jpg

先週末の試合結果を受けて、U10以下は対人の強化を重点に行った。試合に出場していた選手の感想を聞き、強烈なプレスをいなせる技術が必要と感じた。トレーニングがヌルければ、試合で発揮できるモノは何もない。守備での圧力=プレッシャーをこれまで以上にかけることで、それを剥がす技術の習得を目指す。

あくまで重要なのは・・・どんなに相手が寄せて来ようが、何の問題もなく繋げて、いとも簡単に相手を剥がせる、そんな選手を育てることである。現在のU12世代やU14世代の選手のように、相手が圧力をかけて来れば来るほど、簡単に繋いで簡単に剥がしてしまうレベルのテクニックを、それぞれが身に付けることだ。

とりあえず2年・・・2年くらいはやらんと変わらん


20190106nstyleksaob.jpg




君たちにも・・・できる!! - 2019.09.25 Wed

N-style金沢サッカーアカデミー

松任中央SSS招待フットサルTRM
U-10カテゴリー、フットサル、12分×1本
松任青少年体育館
担当 本多

N-style金沢・U10 vs 松任中央SSS

1本目 0-0

2本目 1-5
得点 コウキ

3本目 0-2

4本目 0-5

5本目 0-1

6本目 1-5
得点 ジュキ

7本目 0-4

8本目 0-8

松任中央さん、いつも有難うございます
今後とも、宜しくお願い致します

20190714nstyleksacdfsou.jpg

以下、本多コーチのコメント

対戦する相手は、この年代では県内でもトップレベルであろう4年生チーム。カバーリングの意識を持ち、ディフェンスを重視して臨んだものの・・・実力差を痛感する結果となりましたね。激しいプレッシャーや、スピードとパワーに、心まで押されてしまいましたね。実力差はありましたので、結果はともかくとして・・・それぞれが成長していることも感じました。ただ、まだまだ自信を持って臨めるほどではなく、このレベルの相手にはまだまだ及ばないことも現実でしたね。1年後、今回の相手にどれだけ近づいているのか・・・逆に、どんどん離されていくのか。この日の結果が悔しかったのなら、やることはひとつですね。

大切なのは・・・絶対に諦めないこと!!

保護者の皆様
送迎、応援、ありがとうございました。この日は強豪チーム相手に、現実を見せられる結果となりましたが・・・時折見せたパスワークやシュートまでのカタチは、素晴らしいものがありました。まだまだ自信が持てず、とにかく経験が必要なのがこの世代です。トレーニングで改善できることは多々あります。平日のトレーニング、土日のストリート、できるだけ沢山参加してほしいですね。すぐに上達する魔法などはなく、できることは毎日を積み重ねることだけです。送迎等は大変だとは思いますが、今後も変わらぬサポートの程、よろしくお願いいたします。

kotukotukotukotu2019.jpg

現在の高校3年生は、小学4年生のとき・・・0-12でTONに敗れた。このとき指導者をしていた水上は、自身の無力さを泣きながら電話してきた。これを機に、彼らはコツコツと積み重ね・・・小学6年生の全日本少年大会の予選で、同じ相手に1-0で勝利した。アカデミーの最初の年代だが、このチームのスタメン全8名がアカデミーに所属しており、現・アカデミーコーチの本多が、所属チームの監督を務めていた。

このとき10番をつけていたのが、現・星稜高校3年の別宗裕太。彼はのちに・・・国体の石川県選抜の主将として、石川県史上初の全国大会準優勝という快挙を成し遂げた。0-12が、たった2年で1-0になる。試合内容も互角で、決してマグレではなかった。この2年、彼らはどれだけ積み重ねたのだろうか・・・。これを読んでいる皆さんの想像を遥かに超える、努力努力の毎日があったということは伝えておきたい。

現・中学3年生の世代にも、同じようなことがあった。4年生のときには0-12・・・この年の富山県チャンピオン=FCひがし、何度やっても跳ね返された。何よりも有難かったのは・・・何度挑戦しても、全力で受けてくれたことだ。6年生になったときには、2-3や3-3というスコアになった。勝つことは叶わなかったと記憶しているが、相手への感謝を成長という形で返せたと思っている。ウチが全力で挑むのは、こういう理由でもある。

こういう経験を何度もしているから、本多は前向きであり・・・長期的な育成に、自信を持っている。この日の敗戦は、選手にも保護者にも厳しいものとなったが・・・本多の言う通り、決して諦めることなく歩んでもらいたい。これまで以上に真摯な態度での努力が必要で、それを継続できるという前提であるが・・・本多を信じてついていけば、2年で追い付くことは可能だ。これまでの選手たちも通ってきた道である。君たちにも・・・できる!!


akiramenakerebahikarihamieru.jpg




スタイルとは文化であり、根付くものである - 2019.09.24 Tue


名古屋グランパス

風間八宏監督の契約を解除

新監督に・・・フィッカデンティ!?

下部組織の選手や指導者は、サポーターや地域は

全く逆のスタイルを・・・どう受け入れるのか

スタイルとは文化であり、根付くものである

そのとき、そのとき、では・・・20年後は見えてこない

20180623cdfsouu13.jpg




あのとき、もっと - 2019.09.23 Mon

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング(9/23)
①ゲーム形式、11対11

20180subetewoyattekosomitihahirakeru.jpg

2年間のツケ・・・今ここにある現実だ。厳しいことを言うようだが、ひたすらに自身を磨いてきたとは言えないだろう。それは本人が一番よく分かっているはずだ。サッカーとか、勉強とか、それだけでなく・・・365日、本気で磨いてきたか・・・そういうことだ。どれだけ甘えて過ごしてきたか・・・それは本人が一番よく分かっているはずだ。

学校生活があって、家族の時間(食事とか)があって、休息=睡眠があって、学力を高めようと努力する時間があって、そして・・・サッカーがある。サッカー選手になるのが夢であるなら、上記以外の時間をいかにして削るかということになる。逆に言えば、上記した時間は全て・・・夢と向き合う時間でもある。時間という平等なモノの中に、削れるモノと削れないモノがあるんだ。

中学3年生は、もうラストスパートに入る。無駄な時間を削れるだけ削って、受験勉強とサッカーに充てる・・・そういう時期で然るべきだ。いつまで甘えているつもりだ??・・・何もかも中途半端なヤツが、何を成し遂げられるというんだ。数年後、あのときもっとやっておけば・・・と思う日が来る。その「あのとき、もっと」が、今なんじゃないのか!?

夢を掴みたければ、自身を磨き続ける他に道はない。磨くのはサッカーだけではなく、人間性も含めた自分自身だ。そのための学校生活であり、そのための家族の時間なんだ。休息は絶対に必要・・・なければ壊れてしまう。少しでも勉強時間を増やすために、少しでもサッカーできる時間を増やすために、もっとできることがあるんじゃないのか??・・・そう言ってるんだ。

おまえら中3、揃いも揃って・・・バカヤロウだ

少しは親の気持ちになってみろ

おまえらを愛して止まない・・・親の気持ちになってみろ

やるべきときはやる・・・そんな男に、なりなさい


hondakeisuke10tekihajibun.jpg




どれだけ追い込んでやれるか - 2019.09.22 Sun

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング(9/21、3年+)
①2人組、トラップ&パスコントロール、200本
②2人組、1タッチパスコントロール、200本
③2人組、ターン&パスコントロール、200本
④4人組、1タッチパスコントロール、4種目×100本
⑤1対1、ライン突破、勝ち残り方式
⑥ゲーム形式、4対4、ミニゴール

トレーニング(9/22、3年+)
①ポゼッション、4対2、多色ビブス、条件あり
②3対3、ミニゴール&コーンゴール×2、勝ち残り方式
③4対4、ミニゴール&コーンゴール×2、勝ち残り方式
④ミニゲーム、3対3+GK、勝ち残り方式
⑤ミニゲーム、4対4+GK、勝ち残り方式

20190818cdfsouandruku.jpg

どれだけ追い込んでやれるかが勝負。自ら追い込めない者は普通の人であり、ここから先の成功も普通までが限界。普通とは違う道を歩むには普通ではない努力が必要であり、その典型なのが自身をとことん追い込んでみる方法である。

1000本蹴るパスのうち、たった1本ですらミスをしない。10本のシュートが打てるなら、10本全てを枠に入れる。こういった結果に拘ることで、普通では得られない感覚が身に付いていく。当たり前の基準が上がれば、立ち位置も自然と上がっていく。

ルウクの基準が上がっている。決めて当然と言わんばかりに、どこに打てば入るかが分かっているかのように。とても良い状態に入ったが、それはこの半年の積み重ねの結果である。1本のパスを妥協しなくなった人間性の成長の表れである。

人間性とは見えるモノであり、隠すことができないモノでもある

その部分の成長は、大きな可能性となって自身に還ってくる


soshinakajima-rukumatsuo.jpg




Wシンジ、絶好調!!! - 2019.09.22 Sun


2019~2020シーズン

ヨーロッパのシーズンが始まり、今月だけで10試合以上は観ている。バルサ、レアル、アトレティコ、3強は言うまでもなく・・・エイバル(乾)、マジョルカ(久保)、サラゴサ(香川)、ウエスカ(岡崎)・・・「ラ・リーガ(スペインリーグ)」は2部の試合までチェックしている。残念ながら、柴崎は見れていない。

香川は素晴らしいパフォーマンスを続け、移籍先で岡崎は文句なしのコンディションにある。大迫が負傷したとの報道があったが、次節のW杯予選には間に合わないとのこと。であるなら・・・文句なしにこの2人を推薦する。年齢がどう、将来性がどう・・・ではない。もはや後進国ではないのだから、結果重視でいくべきだ。

Wシンジ、絶好調!!!

primerakubotakefusa20190902.jpg




中村藍ノ介=「Salida de Balon」 - 2019.09.22 Sun

club de futbol 創 = CDF創

第23回石川県クラブユースサッカー新人大会
能登島グラウンド(人工芝)、曇り
担当 中島

予選リーグ・第3節(35分ハーフ)

CDF創 0-0 デランテロFA
前半0-0
後半0-0

koseiwomigakikoseiwohakkisiro2019cdfsou.jpg

2戦連続での引き分けだったが、どっちが良かったかは観ていれば理解できるのではないか。立ち上がりにバタつく感はあるものの、個々がボールを持てるので・・・自然と流れはウチにくる。相手のシュートは4本、ウチは倍以上の9本、その内3本はクロスバーとポストに嫌われる展開。前節同様、試合の主導権は握って闘えていた。日常の在り方に対する一定の評価は見えた。

結果を重視する指導者や保護者は多いが、先々を照らす光となるのは・・・やはり、個々の技術である。繋ぐ技術、剥がす技術、奪う技術・・・テクニックと対人の強さに拘る自分の信念は、試合を熟すごとに揺るぎないモノとなる。もちろん、勝利を目指して闘うわけだが・・・いくら戦術的に優れていても、個々の能力が一定ラインを超えなければ、夢には届かない=プロにはなれない。

15番、ドリブルがスゴイ・・・取れないね!!

18番、巧い!!・・・あれで1年生!?

2番、あんなドリブルが出来るDF観たことない!!

9番、強烈だね!!

6番、カバーリングめちゃくちゃ速い!!

他チームの指導者からの高評価は有難い・・・が、ウチのスタイルを支えているのは・・・12番=GK中村藍ノ介である。彼の繋ぐ技術は圧倒的であり、リフティング回数は10000回を超えている。その素晴らしいコーチングは、ピッチ上の監督であり・・・自分の仕事がほとんどないくらいだ。今後も彼のスタイルを継承できるGKを育てていく・・・それがウチの使命でもある。

中村藍ノ介=「Salida de Balon」 ※ボールの出口

ウチのスタイルのスタート地点は・・・彼の足元からである

GKは身長や身体能力だけではない・・・こんな育て方もある


bannriikkuusousi.jpg




熱量 × 継続 = 可能性 - 2019.09.21 Sat

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
9/20 新神田小学校グランド&ピロティ

◆全カテゴリー合同
・リフティング
・1対1①
・1対1②
・ミニゲーム①
・ミニゲーム②
・ミニゲーム③
・ゲーム形式①
・ゲーム形式②
・ゲーム形式③

リフティング
・フリー

1対1①
斜め45度から、正規ゴール使用、左右別、攻守交替制、総当たり方式

1対1②
15m×12m、勝ち残り方式

ミニゲーム①
15m×12m、3対3、勝ち残り方式

ミニゲーム②
15m×12m、4対4

ミニゲーム③
12m×20m、コーンゴール×6、3対3、勝ち残り方式

ゲーム形式①
40m×30m、7対7

ゲーム形式②
40m×30m、9対9、ボール×2

ゲーム形式③
40m×30m、10対10、ボール×2

20190804furukawanstyleu11.jpg

5年生、熱くてよかった・・・これを続けていくんだ

継続は簡単ではないが、それは自身との闘いでもある

君たち5年生は、大きく成功する可能性を秘めている

全ては継続次第であるが・・・もちろん、期待はしている





工夫やアイデアが試されている - 2019.09.20 Fri

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング(9/19)
①ゲーム形式、11対11、カテゴリー2
②ゲーム形式、11対11、カテゴリー1

soramotoberuhazu14.jpg

ずっと伝えてきたことだが、成長とは・・・努力の量と質の掛け算である。量が増やせないのであれば、質を上げる方法を見つけることだ。課題が明確であれば、それを克服するための要素を、TRの中に自ら組み込まないといけない。1時間あるアップをただ蹴って過ごすようでは、成長できなくて当たり前ということだ。

学業における偏差値の高さが、サッカーに全く活かされていない。点数を上げるのは簡単・・・覚えてしまえばいいし、知識が豊富であれば点数に反映される。点数が高ければ受験生としては優良と判断されるから、工夫や過程はさほど重要ではないのだ。受験のための点数を上げる勉強が主流では、質を上げることは難しい。

サッカーは根本から違う。TRひとつとっても、工夫やアイデアが試されているんだ。工夫もアイデアもない人間は、言われたことをやるだけ。その時だけの楽しそうな時間を、賑やかに過ごすことに使う。低いところで群れる時間は、夢と向き合う時間を削っているんだ。ピッチの立ったときには、厳しい現実が待っている。

ルウクを見てみろ。この半年で、大きく成長しているじゃないか。半年前とは眼の色が違うし、心の置き所が違う。意識が高くなり、取り組み方が繊細になったから、質の高いTRで大きく大きく成長しているんだ。才能の違い?・・・いやいや、覚悟の違いだろ。才能が有ろうが無かろうが、磨かなければ輝きはしない。


20190121souchoujisyutr.jpg




できるようになれば、わかる - 2019.09.19 Thu

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
9/18 新神田小学校グランド&ピロティ

◆全カテゴリー合同
・リフティング
・1対1①
・1対1②
・1対1③
・ミニゲーム①
・ミニゲーム②
・ミニゲーム③
・ゲーム形式①
・ゲーム形式②

リフティング
・フリー
 +シャペウ
 +たたき
 +キャッチ

1対1①
斜め45度から、正規ゴール使用、左右別、攻守交替制、総当たり方式

1対1②
12m×10m、コーンゴール×4、勝ち残り方式

1対1③
15m×12m、勝ち残り方式

ミニゲーム①
15m×12m、3対3、勝ち残り方式

ミニゲーム②
15m×12m、4対4

ミニゲーム③
12m×20m、コーンゴール×6、3対3、勝ち残り方式

ゲーム形式①
40m×30m、7対7

ゲーム形式②
40m×30m、9対9、ボール×2

bonjiteteinstyleno1.jpg

とりあえず・・・やってみよう

できるかできないかは関係なく・・・やってみよう

やってみればわかる・・・必ず、できるようになる

とにかく信じて・・・やってみよう

信じるのは自分自身・・・自身の可能性を信じて

できるようになれば、わかる・・・自身の可能性の大きさが

できるようになれば、わかる・・・できることの楽しさが

だから、とにかく信じて・・・やってみようや





教えることは少しでいい - 2019.09.18 Wed

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング(9/17)
①ゲーム形式、11対11、カテゴリー2
②ゲーム形式、8対8+GK、カテゴリー1

souxmizuno.jpg

目標設定、体調管理、集中力、理想の追求、、、、色々な部分での意識が高くなり、それがそのまま良い方向へと向かっている。この状態を少しでも長く・・・いまはそういうことしか考えていない。教えることは少しでいい・・・高い意識と行動力で、自然とチャレンジ精神が磨かれていく。教えなくても成長しているのは、これまでの取り組みの成果でもある。




トレーニングマッチの結果 - 2019.09.18 Wed

N-style金沢サッカーアカデミー

ブルーラグーン主催TRマッチ
U-10カテゴリー
ジュニアスポーツコート/本田圭佑クライフコート
担当 水巻

◆14日(N-style金沢・U10 vs ブルーラグーン)

第1試合 1-2
得点 コウキ

第2試合 0-3

第3試合 1-3
得点 コウキ

第4試合 1-2
得点 レンタ

第5試合 2-1
得点 シュウセイ、オウガ

第6試合 1-3
得点 アンジロウ

第7試合 3-5
得点 オウガ、オウガ、シュウセイ

第8試合 2-4
得点 コウキ、オウガ

第9試合 1-4
得点 シュウセイ

◆16日

N-style金沢・U10 0-3 和気FC

N-style金沢・U10 1-1 ブルーラグーン
得点 レンタ

N-style金沢・U10 0-5 和気FC

N-style金沢・U10 2-0 和気FC
得点 ルイ、シュウセイ

N-style金沢・U10 0-3 ブルーラグーン

N-style金沢・U10 0-5 和気FC

N-style金沢・U10 1-3 ブルーラグーン
得点 ユウト

N-style金沢・U10 1-5 和気FC
得点 アンジロウ

ブルーラグーンさん、和気FCさん
いつもお世話になっております・・・今後とも、宜しくお願い致します

20190106nstyleksaob.jpg

以下、水巻コーチのコメント

土曜日曜と、お腹いっぱい試合をしました。殆ど休みがなく連続での試合でしたが、選手達は文句ひとつ言わずに頑張りましたね。負けが多かったですが(残念)・・・何人かは体を張ったプレーが見えたので、そこは良かったと思います。ボールコントロールの修行が一番大事ですが、小学生年代は気持ちがとても大事です。走る!声を出す!絶対負けない!・・・そういう気持ち。そして、もっともっとチームの為に体を張れる選手になる。次回は、もっともっと気持ちが入ったゲームがみたいですね・・・お疲れ様でした。

保護者の皆様
準備、応援、後片づけ、ありがとうございました。まだまだ試合が続きます。これからも変わらぬサポート、よろしくお願いします。




高円宮杯U-18石川県トップリーグ 最終結果 - 2019.09.17 Tue


高円宮杯U-18石川県トップリーグ

◆最終節の結果

遊学館高校 3-2 ツエーゲン金沢

鵬学園高校 7-1 金沢桜丘高校

◆最終成績
※上位2チームが北信越プリンスリーグ参入戦に出場

優勝 鵬学園高校   勝ち点32 得失点差+46
2位 ツエーゲン金沢 勝ち点32 得失点差+42
3位 遊学館高校   勝ち点32 得失点差+22
4位 金沢桜丘高校  勝ち点25 得失点差 +5

勝ち点32で3チームが並ぶ激戦の年となった。最終節での逆転優勝、予感は当たった。揺るぎない自信か、それともほんの僅かなスキか・・・いずれにせよ、そう流れていくだけの要素はあった。遊学館は鵬学園の敗退が2位になる条件だったが、目の前の勝負に貪欲に闘った結果の勝利・・・素晴らしい。このメンタルの強さと、サッカーへの情熱に、これから始まる高校サッカー選手権への可能性を見た。王者・星稜への挑戦権を獲得するのはどこか・・・鵬学園、遊学館、金沢学院、金沢桜丘・・・今年の冬は熱い。

鵬学園は過去に2年間、北信越プリンスリーグで闘っていた。高2と高3の2年間、北信越最高峰の真剣勝負の場で闘った経験が、現在の息子を育んでくれたのは・・・紛れもない事実である。鵬学園とツエーゲンは参入戦を勝ち抜き、北信越プリンスリーグへの昇格を勝ち取ってもらいたい。そうすれば県セカンドリーグで闘っているBチームが、来年度からは県トップリーグで闘うことになる。星稜高校と同じ環境のチームが3つになれば、石川県の選手の可能性もまた・・・大きく広がっていく。

この年代、自分はU15のクラブチームを指揮していた。ツエーゲン金沢は圧倒的な強さを誇っていた。そこに優秀な選手が数名加入し、下の年代からも成長した選手が加わる。圧倒的な強さを想像していたが・・・県内でも全国でも、結果はついてこなかった。原因はいくつもあるだろうが、U12やU15で活躍している選手は早熟な選手が多いのでは?・・・という疑念も生まれる。そしてもうひとつには、基本的な技術レベルの問題がある。基礎が低ければ成長し続けることは難しいし、プロになるのはさらに難しい。

20171007ootorigakuen7.jpg

あの頃の彼は・・・満身創痍だった

痛いとかシンドイとか、そんな言葉は言ってられなかった

掴んだスタメンを失いたくなくて、高2のときには肺炎で入院

あの頃の寮生活には、もう二度と戻りたくはないだろう(笑)

それだけの経験をした3年間・・・全てが彼を成長させてくれた

高3の教え子たちには、高校最後の勝負が迫っている

ひとつ言葉をかけるとすれば・・・まだ、成長できる

精一杯闘いなさい・・・その闘いを、見届けるとしよう




新しい時代のリベロ - 2019.09.17 Tue

club de futbol 創 = CDF創

第23回石川県クラブユースサッカー新人大会
能登島グラウンド(人工芝)、晴れ/曇り
担当 中島

予選リーグ・第2節(35分ハーフ)

CDF創 1-1 FC.TON
前半0-1 失点
後半1-0 タクミ

koseiwomigakikoseiwohakkisiro2019cdfsou.jpg

最初のシュートで失点する苦しい展開だったが、相手のシュートはこの1本だけ。1タッチで裏狙いの相手だったので、ボールは自然と戻ってくる・・・その点は昨日よりも遥かに楽だった。何より、GKから繋ぐスタイルは独自のもので・・・全てのプレスをかいくぐり、一度も奪われることなく剥がしきった。この部分に関しては100点をつけたい。主導権を握って闘っただけに、1-1は悔やまれるスコアとなった。

同点に追い付くのが遅かったことが、最も反省すべき点だと思う。スピードとパワーを兼ね備えた選手は1人だけ。この部分で劣っていることが失点になり、また簡単に得点できない要因でもある。この部分は成長の度合いや、高校年代のトレーニングで十分に改善できる。現在はそこで勝負できないことも、実は未来の可能性=伸びしろを示している。今後もスピードやパワーには頼らず(頼れないが笑)、高い技術=テクニックで勝負できる選手を育てる。

昔、その昔・・・1974年のW杯で優勝した西ドイツ(旧国名、現ドイツ)。その中心にいたのが「皇帝」=カイザーの異名をとる「フランツ・ベッケンバウアー」だった。守備の要でありながら、タイミングの良いオーバーラップで得点を演出する・・・まさに、皇帝。彼のポジションは「リベロ」=自由な人を意味している。新しい時代のリベロ・・・今日、その可能性を見つけた。抜群の賢さと走力を有する相川朋輝は、日本の皇帝になるかもしれない。


bannriikkuusousi.jpg




敗戦から見えるモノ - 2019.09.16 Mon

club de futbol 創 = CDF創

第23回石川県クラブユースサッカー新人大会
内灘町サッカー場(人工芝)、晴れ
担当 中島

予選リーグ・第1節(35分ハーフ)

CDF創 1-6 リオペードラ加賀FC
前半0-1 失点(CK)
後半1-5 シュンキ、失点(CK)、失点、失点、失点、失点

koseiwomigakikoseiwohakkisiro2019cdfsou.jpg

全日本少年サッカー大会=全日では全国大会ベスト8、大会得点王も擁する相手との真剣勝負・・・文句なしに有難い。前半CKから失点するも、その後は踏ん張って試合を繋いだ。前半終了間際に主力を投入、その2人=松任コンビで後半早々に同点に追いつく。この試合で一番盛り上がったシーンだった。

そのまま55分まではプラン通り、これほど上手くいっていいのかというくらいの出来だった。落とし穴は給水タイム、集中の切れたときに失点・・・悔やまれる。そのままアッという間に連続失点、繋いできた試合を棒に振ってしまった。綻びは色々とあるが、選手の判断を優先した自分に責任がある。

最後は中盤次第と思っていたのだが、選手が自ら判断してポジションを変えた。自分のプランとは大きく違っていたが・・・選手が自ら判断したことに、通常では得られない大きな可能性を感じた。この日は結果に繋がらなかったが、アップもハーフタイムも選手主導でやってきた成果とも言える・・・嬉しかった。

悔しい敗戦だが、選手のための試合であることに変わりはない。日常のTRには責任を持つが、大切な試合であればあるほど・・・君たちで考えて闘うべきである。それぞれが自身の持つ100%を発揮できたのか・・・そういった視点で考えてみれば、おのずと答えは見えてくるはずだ。

これまでは圧倒的な存在として中盤に君臨してきたタクミだが、1人でのボランチは何も出来ないまま終わってしまった。守備力はゼロに近く、攻撃も物足りなかった。これまでのパフォーマンスは、隣にトモキがいたから・・・ということだ。圧倒的な運動量と守備力と責任感を持つトモキが、彼のプレーを支えていたのだ。

1人で奪いきる、1人で決めきる・・・これができる選手でなければ、プロでは通用しない。異国の地で実際に闘っている中盤の選手の言葉だが・・・重い。中盤に限ればウチではタクミか、それともトモキかという問いかけだが・・・2人あわせて1人分というところ。まだまだ未熟、努力が足りないということだ。

どう受け止めるか、それは・・・選手次第

悔しさをバネにして闘うか、ひねくれて階段を下りていくか

他人事だと見て見ぬふりか、自身に置き換えて挑戦するか

自分はダメだと下を向くか、顔を上げて逃げずに闘うか

どの道を歩き出すか、それは・・・自分次第


bannriikkuusousi.jpg




トレーニングマッチの結果 - 2019.09.15 Sun

N-style金沢サッカーアカデミー

ブルーラグーン招待U12交流戦
U-11カテゴリー、15分×1本
ジュニアスポーツコート(人工芝)、晴れ
担当 本多

N-style金沢・U11 1-3 ブルーラグーン
得点経過 エイト、失点、失点、失点

N-style金沢・U11 1-1 大野FC(福井)
得点経過 失点、カンシロウ

N-style金沢・U11 0-1 ブルーラグーン

N-style金沢・U11 1-1 大野FC
得点経過 失点、カツヤ

ブルーラグーンさん、大野さん
いつも有難うございます・・・今後とも、宜しくお願い致します

bonjiteteinstyleno1.jpg

以下、本多コーチのコメント

前週の大会で簡単に失点する場面が目立っていたので、1対1のディフェンスとチャレンジ&カバーを確認。幾分か良くはなったが、まだまだ未熟で継続が必要です。普段のTRのモチベーションは、そのまま試合に現れる。負けたくない気持ちを前面に出して闘うのは、サッカー選手として当然のことです。その部分は選手個人の責任ですから、日頃のTRから上げていきましょう。

保護者の皆様
審判、送迎、応援、ありがとうございました。真面目にコツコツと頑張ることができるのは、この学年の強み。将来楽しみなのは言うまでもありません。が、一方で・・・逆境での逞しさが課題になります。こちらもしっかり鍛えられるよう、熱く向き合っていきます。今後も変わらぬサポートの程、よろしくお願いいたします。




人格がその人の運命=道を決める・・・これは真実である - 2019.09.15 Sun

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング(9/14)
①2人組、トラップ&パスコントロール
②ゲーム形式、4対4、勝ち残り方式
③A)ゲーム形式、5対5、カテゴリー1
 B)ゲーム形式、6対6、カテゴリー2
④フィジカル、3年生のみ

mt0101010101.jpg

2分前に到着して、そこから・・・物を食う。靴の紐も結ばずに整列して挨拶するが、これから何が始まる挨拶なのか・・・小学生でも準備万端で、一汗かいている。準備で全てが決まると、あれほど言ってきたが・・・何も伝わっていない。行動がだらしないと伝えるのはもう・・・何度目だろうか。

明日から後輩たちが新人戦を闘うというのに、一番先にこんなアホな説教をしなければならない。たった1人のために、しかもこんな低いレベルの話で・・・指導者ってね、結構大変なんですよ。学校の先生は、もっと大変だろう。こっちは辞めてもらえば済むが、学校は・・・そうはいかない。

反省できないのでは、成長は難しい。社会人になって、何度も同じような指摘をされれば・・・信用を失うんだ。何度も遅刻をしているような人は、その職場には居られなくなる。なぜ?・・・他人に迷惑をかけないような、別の人を雇った方がいいからだ。自身の行動が、他人に迷惑をかけていると気付け!!

もうすぐ、オレの手を離れる

このままでは・・・スタートする前から、結果が見えている

悪いヤツではないが、自覚と責任感が欠落している

・・・・・ソックリだ

行動は習慣になり、習慣は人格を形成する

人格がその人の運命=道を決める・・・これは真実である





選手募集のお知らせ - 2019.09.14 Sat


『N-style金沢 Soccer Academy』


2019年度、新規メンバー募集中!!

体験参加 随時、受付中!!

新年度、すでに 15名 が新加入しています

ぜひ、遊びに来て下さい

きっと、サッカーの価値観が変わります


bosyuutirasi001003.jpg


サッカースクール活動

2019年4月から9年目に入りました

これまでも多くの選手に関わり

多くの選手が巣立っていきました


ここでサッカーを始める・・・大歓迎です

体験参加、いつでもOKです

無所属の選手でも試合経験を積むことができます

遊びに行く感覚で来てもらえれば十分です!!


所属するチームでの活躍=自分たちの願いです

何か上手くいっていない

もっともっと巧くなりたい

成長するキッカケがほしい

そんな選手もまた、ここで掴んでください!!



vamosafuturo20140103snsk.jpg


園児、小学生、中学生、大募集!!!

平日の練習は週3回 毎週月水金曜日


◆4月~9月の練習会場

 「新神田小学校グランド」

 「新神田小学校ピロティ」


◆10月~新年3月の練習会場

 「新神田小学校グランド」

 「新神田小学校ピロティ」

 「いしかわ総合スポーツセンター」


vamosafuturo20150104snsk.jpg


遅刻、早退、問題ありません

かほく市や小松市、富山県からも参加しています


週1回からの参加でもOK

本気なら誰でも参加できます!!!


小・中学生が100名以上在籍

本気で夢と向き合っています!!!


↓まずは連絡ください↓

nstylekanazawa@gmail.com

【CDF創】への問い合わせも受け付けています



vamosafuturo20171230snsk.jpg


夢に向かって“本気”なら

門はいつでも・・・開いています




トレーニングの予定(10月まで) - 2019.09.14 Sat


『N-style金沢 Soccer Academy』


bosyuutirasi001003.jpg


◆トレーニングの予定

 「新神田小学校グランドorピロティ」の場合
  全学年 17:00~20:00ごろ

 「スポセン=いしかわ総合スポーツセンター」の場合
  5年生以下 18:00~19:30
  6年生以上 19:30~21:00
  ※兄弟で時間を合わせることは可能です
   事前に中島まで確認してください

 【2019年9月】

  2(月)  新神田小学校

  4(水)  新神田小学校

  6(金)  新神田小学校
   ・
   ・
   ・
  以降、前期(9月末まで)のTRは
  月水金曜日、全て「新神田小学校」にて行います
  ※祝日はお休みです

 【2019年10月】 ※後期スタート

  2(水)  スポセン

  4(金)  スポセン

  7(月)  スポセン

  9(水)  スポセン

  11(金) 新神田小学校

  14(月) 祝日

  16(水) スポセン

  18(金) スポセン

  21(月) スポセン

  23(水) 新神田小学校

  25(金) スポセン

  28(月) スポセン

  30(水) 新神田小学校


20150227004ns.jpg


◆トレーニングについての詳細

 毎週 月・水・金曜日(祝日は休み)

 グランド=新神田小学校グランド
 ピロティ=新神田小学校ピロティ
 スポセン=いしかわ総合スポーツセンター

 グランドについて
 使用料は必要ありません(無料)
 全学年、17:00~20:00ごろ
 トレーニング終了後、後片付け~解散となります
 雨天時は「ピロティ」に移動してトレーニングを行います
 ※トレーニングシューズ

 ピロティについて
 使用料は必要ありません(無料)
 全学年、17:00~20:00ごろ
 ※トレーニングシューズ

 スポセンについて
 参加した日には使用料が必要です
 19:30頃、トレーニングの入れ替わりに集金しています

 6年生~中学生は、5年生以下のTRに参加可能
 5年生(★)は、6年生以上のTRに参加可能
 ※フットサルシューズ、インドアシューズ
 ★指導者の確認が必要です

 変更などありますので
 予定はこまめに確認してください

◆新神田小学校の駐車について

 お迎えの時
 正門の入り口付近に駐車されると
 他の使用者(体育館など)に迷惑がかかります

 奥まで進んで駐車できますので
 門に入ってから右折、突き当りを左折
 奥から順番に駐車するようにしてください



 【CDF創】への入団について、その他

 アカデミー体験参加などの問い合わせ先

 nstylekanazawa@gmail.com



20161226sm002.jpg


 夢なき者に成功なし

         ~吉田松陰~


 苦しまずして栄光なし

         ~黒田博樹~


 今日を今日中に使い切れ

         ~斎藤興龍~


 我が敵は我が妥協にあり

         ~本田圭佑~


 努力に勝る天才なし

         ~長友佑都~





リフティング歴代の記録 ~2019/9/13現在~ - 2019.09.14 Sat


以下の規定の中で記録を上回った選手は連絡ください

①落とさなければ、どこを使ってもOK
②大人(親)が数えた回数であること
※自分以外の中学生以上が数えた回数でもOK
※出来るだけカウントする器具を使ってください

歴代記録を更新して名前を残す
君たちの挑戦・・・楽しみに待っています♪


※赤字は2019年5月以降、「令和」の記録


『N-style金沢 Soccer Academy』

リフティング歴代の記録
※フリースタイルでの回数、達成者(記録した年月、当時の学年)
※本人以外の大人が計測した記録に限る
※4/8がアカデミー開校記念日により、4/8より新学年とする

歴代1位
27568回 中島創司 (2012年11月、中学1年生)

歴代2位
18329回 本多岳人 (2018年12月、小学5年生)

歴代3位
17016回 河内歳三 (2017年3月、小学4年生)


4位   15825回 松本淳志 (2017年2月、小学6年生)

5位   14904回 岡純也  (2018年12月、中学2年生)

6位   14221回 中島創司 (2012年11月、中学1年生)

7位   14112回 今井勇希 (2018年12月、小学5年生)

8位   13614回 網蒼太朗 (2018年12月、小学5年生)

9位   13139回 安田唯人 (2014年3月、小学6年生)

10位  12993回 松田純士朗(2018年12月、中学2年生)

11位~20位
12688回 中村藍ノ介(2019年4月、小学6年生)
12520回 渡璃空  (2017年3月、小学6年生)
11387回 坂航太朗 (2019年4月、小学4年生)
11111回 網勘史朗 (2018年12月、小学3年生)
10908回 麦元翔  (2018年1月、小学4年生)
10756回 村尾和生 (2018年12月、中学1年生)
10692回 中﨑滉太 (2018年12月、小学5年生)
10668回 本多岳人 (2017年11月、小学4年生)
10600回 寄留稜太郎(2019年4月、小学5年生)
10529回 山下大空 (2019年5月、小学6年生)

21位~30位
10487回 小中廣樹 (2019年4月、小学2年生)
10248回 中村藍ノ介(2018年3月、小学5年生)
10165回 杉田陽  (2017年3月、小学4年生)
10121回 本多英人 (2014年3月、小学6年生)
10073回 安田悠真 (2014年3月、小学4年生)
10050回 中島創司 (2011年12月、小学6年生)
10035回 武内貴哉 (2014年3月、小学6年生)
9475回  安田悠真 (2014年3月、小学4年生)
9200回  水巻正斉 (2018年12月、小学4年生)
8896回  北澤巧成 (2019年1月、中学1年生)

31位~
8617回  坂航太朗 (2019年3月、小学4年生)
8438回  別宗裕太 (2014年3月、小学6年生)


以上がアカデミーの公式記録(32位まで)

各年代における歴代の記録

小学1年生 小中廣樹   2671回

小学2年生 伊勢野華立  3153回

      小中廣樹   6142回

      小中廣樹  10487回

小学3年生 安田悠真   6270回

      網勘史朗  11111回

小学4年生 安田悠真  10073回

      杉田陽   10165回

      本多岳人  10668回

      麦元翔   10908回

      坂航太朗  11387回

      河内歳三  17016回

小学生の間に10000回を超えたのは20名

6名が4年生で、1名が3年生で、1名が2年生で!!

記録とは・・・後に続く者たちのためにある

目指すべきものであり、超えていくべきものである

夢に続く道は創られ、伝統は系譜として受け継がれる


2016120514250001.jpg


始めたときは皆・・・5回も出来なかった

5回が30回になり、やる気と興味を持つ

30回が100回になり、達成感を味わう

100回を超えれば・・・

300回~1000回は、その翌日にも出来る

努力は・・・人を変える





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

N-style

Author:N-style
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4754)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR