FC2ブログ
topimage

2020-01

毎日確認する作業の連続 - 2020.01.07 Tue


静岡学園高校の現・監督である「川口修」は、自分と同学年にあたる。日本最高の育成環境である静学を創設した「井田勝通」総監督が、後継者に指名した唯一無二の男である。

修さんを含めた現在の静学のコーチ陣は、まさに最強の布陣と言える。聖地「谷田グラウンド」に足を運べば、見ているだけで刺激を受けられる・・・熱くならずにはいられない。

泉クラブを創設する前、金沢市立泉中学校サッカー部の外部コーチに就任した。最初の教え子を静学に送り込んだ。北信越選抜=現在でいえばナショナルトレセンの選手だった。

翌年のNo,1はベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)のユースに進んでプロになったが、本当は静学に送りたかった。足りない要素が多かったので、静学で学ばせたかった。

その頃からずっと、泉クラブ時代にもずっと、毎年毎年・・・静学に選手を送り続けた。あの環境で学ぶチャンスがあるのであれば、それ以外の選択肢は必要なかった。

川口修の真意 ←クリック

上記の記事を読んでもらえれば、静学の見ているところが他とは違うと分かる。彼らは創設時からずっと、この信念を貫いてプロを輩出し続けてきた・・・一朝一夕ではないのだ。

群馬から石川にきて、ここに家庭と拠点を築いた。石川人として、この地にも同じレベルの育成環境を創る。そう志して、この【アカデミー】を創った。4月でもう、10年目に突入する。

【CDF創】を創設したのは、より深く伝えねばならないと感じたから。出逢えてよかったと目の前の子供たちに言って貰えれば、後からでも理解できれば・・・それでいい。

募集もしないし、セレクションもしない。現時点で優れているかどうかなど、何の意味も持たない。この環境がどうか、選手たちが証明してくれる。高校で、その先で、それはもう時間の問題だ。

ブログを書きながら、いつも原点を確認している。君たちの夢と向き合うとは、どういうことなのか、どうあるべきなのか・・・毎日確認する作業の連続、これが・・・オレの選んだ人生。

bannriikkuusousi.jpg




自分だけの武器を創る - 2020.01.07 Tue

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
1/6 いしかわ総合スポーツセンター

◆カテゴリー2
・リフティング
・ドリブルテクニック
・ロンド
・2対2
・4対4
・6対6

リフティング
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・フリー
 +シャペウ
 +たたき
 +キャッチ

ドリブルテクニック
・フリー
 片足(逆足)
 ソール=足の裏
 スピードタッチ
 フェイント

ロンド(5年生以上)
7対2、条件あり

2対2(4年生以下)
7m×10m、コーンゴール×4、学年別、勝ち残り方式

4対4(5年生以下)
7m×20m、コーンゴール×6、学年別、勝ち残り方式

6対6(6年生以上)
12m×20m、コーンゴール×6

◆カテゴリー1
・リフティング
・1対1
・ロンド
・クワトロ

リフティング
・フリー

1対1(6年生以上)
7m×10m、コーンゴール×4、勝ち残り方式

ロンド
8対2、条件あり

クワトロ
20m×20m、ミニゴール×4、ボール×2、7対7、学年別、勝ち残り方式



プロになりたければ、特別な選手になることだ。松村優太(静岡学園高校・10番)は、鹿島アントラーズへの入団が内定している。動画を観てわかる通り、特別な選手である。

急に速くなるわけではないので、彼は小さいころから速かった。しかし、現在のように有名ではなかった。彼は静学での3年間で大きく成長し、魅せる選手へと進化したのだ。

一般の・・・特にJ下部からは、出てこない選手である。囲まれる前にパスを出せ、速い判断で勝負しろ・・・こんな一般的な、ありきたりな、普通の指導からは、彼のような選手は出てこない。

勝負できる部分はいくらでもある。パスで魅せる、ドリブルで魅せる、守備で魅せる、ロングシュートで、ヘディングで、フリーキックで、、、、何でもいい、自分だけの武器を創ることだ。

失敗を恐れるな。失敗は成功するために必要な過程である。松村優太も失敗を繰り返してここまで来た。だから恐れるのではなく、勇気をもってチャレンジし続けてもらいたい。

最後に一言・・・静学は・・・彼だけじゃない







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

N-style

Author:N-style
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4880)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR