FC2ブログ
topimage

2020-01

直向きさ - 2020.01.19 Sun

club de futbol 創 = CDF創

KFAアドバンスリーグ
金沢市スポーツ交流広場
担当 中島

CDF創 3-0 ヘミニス金沢FC
前半2-0 タクミ、シュンキ
後半1-0 コウタ(小6)

CDF創 4-0 シエロFC
前半3-0 シュンキ、シュンキ、シュンキ
後半1-0 アリト

20180imadekirusaidaigennnodoryokuwo.jpg

ひたむきさ・・・それが人の心を動かす

内容的には、ここ数ヶ月の試合で一番悪かった。「ひたむきさ」の違いかな・・・と思う。どんなに点が獲れても、どんなに技術が優れていても、「ひたむきさ」がなければ・・・人の心を動かす選手にはなれない。うまくいかなくて涙する日があっても、悔しくてたまらない日があっても、今日のような日があれば・・・すべてが台無しになってしまう。継続とは、君たちが思っているほど・・・簡単ではないのだ。

今日がベストだと、胸を張れるか

毎日がベスト!でないといけない。本気、全力、100%・・・でないといけない。君たちが育成年代の選手であるうちは、ひたむきに、粘り強く、歯を食いしばって・・・でないといけない。今日のプレーがベストだったと、本気で胸を張れるか。全力でやっていたとしても、もっとできたと反省するのがアスリートに必要なメンタルである。低い方に流れるは、余りに簡単である。夢が大きいのであれば、妥協なく日常を過ごす以外に道はない。

反抗期は、誰にでもくる

そもそも、難しい年代である。だが、幼かったと、自分勝手だったと、いつかは気付く・・・誰もが気付けるときがくる。昔は親のゲンコツで済んだが、現代はそうではない。親も覚悟しておかないといけない。ハッキリ言うが・・・我が子が正しいなど、ありはしない。ちゃんと向き合っていれば、尚更よく分かるはず。叱るべきときに、ちゃんと叱れないといけない。ピッチではオレが親代わりだから、オレたち指導者は・・・本気で叱る。

言うことが聞けないなら辞めさせる・・・は、効果なし

これには、させてやっているのだから・・・という前文が付く。そんな上からの物言いで通じるほど、子育ては簡単ではない。桜を見る会の名簿がないとか、悪いことは全部秘書がやったとか、嘘をついて逃げようとする日本の政治家。その大半が恥ずかしい大人であるのは、上からの目線で生きているからである。票が欲しくて頭を下げるのは、その見返りが大きいからであって、「ひたむきさ」からではないのだ。だから親も・・・それではいけない。

コツコツと、粘り強く伝える

サッカー選手の育成も、人間形成も・・・道は同じである


20180imadekirusaidaigenngagyoukouwomotarasu.jpg




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

N-style

Author:N-style
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4880)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR