FC2ブログ
topimage

2020-02

頑張らねば・・・と、勝手に思う - 2020.02.20 Thu


昨日の報道ステーション、白血病で闘病中の競泳「池江璃花子」選手(19)が出演。約10ヶ月の入院生活を経て、昨年12月に退院。久しぶりの彼女の言葉、2024年のパリ五輪を目指すと力強く語っていた。

2018年8月アジア大会にて、50mと100mの自由形、50mと100mのバタフライ、400mフリーリレー、400mメドレーリレー、これらの6種目で優勝。日本人初となるアジア競技大会6冠を達成し、大会MVPに輝いた。

白血病の診断を受けたのは、そのわずか6ヶ月後・・・本人の受けた衝撃の大きさは計り知れず。東京五輪での金メダル(複数種目)を有力視されていただけに、思ったままを口にしてしまった当時の担当大臣の失言は記憶に新しい。

何もしなければ死んでしまうという状況、生きるための抗がん剤治療は壮絶だと聞く。それを克服し、トレーニングを再開した池江選手の強さは・・・真のトップアスリートに相応しい。まだ19歳、息子と同じ2000年生まれである。

頑張らねば・・・と、勝手に思う

まだまだやれるだろ・・・と、自らに問いかけながら

妥協や甘えを、切り捨てていかないといけない

努力なき者に・・・人生が拓けていくことはない

hqdefault8975432.jpg




本気で巧くなりたいかどうか、そこが人生の分かれ目 - 2020.02.20 Thu

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
2/19 新神田小学校グラウンド&ピロティ

◆全カテゴリー合同
・リフティング
・1対1
・ミニゲーム
・ゲーム形式

リフティング
・フリー
 それぞれが課題を熟す

1対1
斜め45度から、正規ゴール使用、左右別、学年別、総当たり方式

ミニゲーム
15m×12m、3対3、4対4、学年別、勝ち残り方式

ゲーム形式
20m×15m、4対4、5対5、学年別

20190106nstyleksaob.jpg

俺達に続け!

彼らの中学生時代は・・・練習、練習、練習、であった

チーム活動 火、木、土、日、祝日

アカデミー 月、水、金

裕太や英人や唯人とは、350日/365日を共に過ごした

大切な試合の前日であっても、妥協せずに成長を求めた

和生、卓己、翔平、朱生、陽、藍ノ介、有人、朋輝

現在でも中1と中2の数名が、この伝統を継いでいる

巧いか、未熟か・・・そんなのは関係ない

本気で巧くなりたいかどうか、そこが人生の分かれ目

14歳、15歳、、、、ここから先の人生は・・・自分次第


bonjiteteinstyleno1.jpg




IKESPO金沢Jrフットサル大会 ~U12の結果~ - 2020.02.18 Tue

N-style金沢サッカーアカデミー

IKESPO金沢Jrフットサル大会
U-12カテゴリー、12分×1本
中央市民体育館
担当 本多

◆グループリーグ

N-style金沢・U12 3-1 川北FC
得点経過 ガクト、ユウヤ、ソウタロウ、失点

N-style金沢・U12 6-0 LIBERA
得点経過 ソウマ、ガクト、ユウキ、ソラ、ユウヤ、ソラ

1位リーグへ進出

◆1位リーグ

N-style金沢・U12 2-0 松任中央SSS
得点経過 ガクト、ソウタロウ

N-style金沢・U12 2-1 ブルーラグーン
得点経過 ソウタロウ、失点、ガクト

N-style金沢・U12 1-1 パテオ金沢
得点経過 失点、ガクト

優勝、おめでとう!!

川北さん、LIBERAさん、松任中央さん、ブルーラグーンさん、パテオさん
いつも有難うございます・・・今後とも、宜しくお願い致します

20200215nstyleksano1.jpg

以下、本多コーチのコメント

最後のゲームは惜しくも勝利を逃しましたが、完全に相手の術中にハマっていた試合展開を覆し、残り1分を切っていた状況での逆転優勝は見事だったと思います。勝てなかったことに悔しさを露わにしていたことは満足していない証拠であり、それも次の成長の糧になると思います。新年度からは新しい仲間とともに、また切磋琢磨して更なる成長を遂げてほしいと思います。




IKESPO金沢Jrフットサル大会 ~U11の結果~ - 2020.02.18 Tue

N-style金沢サッカーアカデミー

IKESPO金沢Jrフットサル大会
U-11カテゴリー、12分×1本
中央市民体育館
担当 本多

◆グループリーグ

N-style金沢・U11 2-1 LIBERA
得点経過 ユウ、失点、エイト

N-style金沢・U11 1-1 パテオ金沢
得点経過 失点、ユウト

2位リーグへ進出

◆2位リーグ

N-style金沢・U11 0-2 野町SSS

N-style金沢・U11 0-1 FCフェリース

N-style金沢・U11 4-0 ブルーラグーン
得点経過 ユウ、マサキ、ユウ、マサキ

12チーム中7位で大会終了

LIBERAさん、パテオさん、野町さん、フェリースさん、ブルーラグーンさん
有難うございました・・・今後とも、宜しくお願い致します

20190106nstyleksaob.jpg

以下、本多コーチのコメント

積み上げてきたものに自信を持って、試合で発揮する。言うは易く、行うは難し・・・でしたね。控えめなメンバーの中で、誰がリーダーシップを発揮するのか?・・・みんながみんな、心の中で誰かを頼っているようでしたね。全ての結果は、自分自身に責任がある。そのことをそれぞれが自覚すること、それが第一歩です。




輪廻 - 2020.02.18 Tue

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
2/17 いしかわ総合スポーツセンター

◆カテゴリー2
・リフティング
・ドリブルテクニック
・2対2
・3対3
・4対4
・8対8
・ロンド

リフティング
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・フリー
 ウォーキング(左右交互)
 ウォーキング(片足連続)
 ランニング(片足連続)
 +たたき
 +シャペウ
 +キャッチ

ドリブルテクニック
・フリー
 +スピード
 +フェイント

2対2(5年生主体)
10m×10m、コーンゴール×4、勝ち残り方式

3対3
10m×10m、コーンゴール×4、学年別、勝ち残り方式

4対4(4年生主体)
10m×20m、コーンゴール×6、勝ち残り方式

8対8(3年生以下)
10m×20m、コーンゴール×6、ボール×2

ロンド(6年生以上)
7対2、8対2、条件あり

◆カテゴリー1
・リフティング
・1対1
・クワトロ①
・クワトロ②

リフティング
・個々の課題を熟す

1対1
10m×7m、コーンゴール×4、学年別、勝ち残り方式

クワトロ①(6年生以上)
20m×20m、ミニゴール×4、5対5、勝ち残り方式

クワトロ②(6年生以上)
20m×20m、ミニゴール×4、6対6、勝ち残り方式

クワトロ①(5年生以下)
20m×20m、ミニゴール×4、6対6、勝ち残り方式

クワトロ②(5年生以下)
20m×20m、ミニゴール×4、8対8、ボール×2



身につけたテクニックを、ミニゲームや試合で使う

これが一番難しく、そして・・・線が引かれるところ

できるだけのヤツは多いが、試合で使えるヤツはほとんどいない

土日に行われたU14フットサル大会

CDF創の15番「岡本卓己」は、大技【輪廻】を成功させた

そこそこ有名なテクニシャンであるが、遊び心も一流である

大会=真剣勝負の場で、狙い通りにできる

さらに卓己は、そのままゴールも決めている

これが一番凄いところであり、一目置かれるところでもある

言っておきたいのは、彼はシンプルにやっても一流である

さらには、チームで1・2を争う努力家であるということ

現在の実力は、努力の継続で身につけたものである

中3よりも中2の方が優れている理由は、意識の違いである

卓己や和生よりも努力している3年生はいない

すでに勝負はついている・・・と、オレは思っている

相川も、岡も、甲斐も、渡も、目の色は変わらない

普通から抜け出せない君たちがプロに??・・・笑わせる





それがどうした?? - 2020.02.16 Sun

club de futbol 創 = CDF創

ビークスカップU14
いしかわ総合スポーツセンター
担当 中島

◆上位リーグ

CDF創 9-2 VIENTO(グループA・2位)
前半6-1 タクミ、失点、タクミ、タクミ、トモキ、トモキ、ヤマト
後半3-1 カズキ、カズキ、失点、ヤマト

CDF創 4-3 エスポワール白山・B(グループB・1位)
前半2-1 シュンキ、シュンキ、失点
後半2-2 トモキ、失点、失点、シュンキ

CDF創 9-1 FC.mais(グループB・2位)
前半5-0 タクミ、タクミ、タクミ、タクミ、ヤマト
後半4-1 トモキ、ヤマト、失点、トモキ、ハル

優勝、おめでとう!!

◆下位リーグ

CDF創・B 3-0 ビークス石川(グループB・3位)
前半1-0 ガクト(小6)
後半2-0 アリト、ソラ(小6)

CDF創・B 1-5 エスポワール白山・A(グループA・4位)
前半0-3 失点、失点、失点
後半1-2 ショウヘイ、失点、失点(OG)

CDF創・B 2-7 アレスグーテ砺波(グループA・3位)
前半2-1 ユウキ(小6)、失点、ガクト(小6)
後半0-6 失点×6

20200216veexcupu14no1.jpg

全ての試合に出場し続け、特に守備と運動量においては多大なる貢献をしていても、顔には「反省」と書いてあるのが副キャプテンの村尾和生。細かい失敗は多々あるものの、決めたゴールの嬉しさがいっぱいで、顔には「満足」と書いてあるのがキャプテンの石田大和。彼らが成長し続けている理由がここにある。

人は反省と後悔から、課題を見つけて成長していく生き物である。そしてもうひとつ・・・人は満足と達成感から、自信をつけて成長していく生き物でもある。反省の中でも、達成したことは評価しなければ成長できない。満足の中でも、さらなる目標を持たねば成長していけない。生きていくには、どちらも必要なんだ。

優勝!? それがどうした??

やられっぱなし!? それがどうした??

選ばれた!? それがどうした??

落とされた!? それがどうした??

うまくできた!? それがどうした??

全然ダメだった!? それがどうした??

同じ「どうした??」でも・・・意味は真逆である

優勝!? この優勝で君の夢は叶うのか??

やられっぱなし!? この敗北で君の夢は終わるのか??

人は、そうやって成長していくんだ


bannriikkuusousi.jpg




言い訳せず、泣き言言わず、粘り強く、そして・・・逞しく - 2020.02.16 Sun

club de futbol 創 = CDF創

ビークスカップU14
ハクサンフットサルセンター
担当 中島

◆グループリーグ「A」

CDF創 11-1 VIENTO(富山)
前半6-0 タクミ、シュンキ、タクミ、ヤマト、タクミ、ヤマト
後半5-1 失点、カズキ、シュンキ、カズキ、ヤマト、トモキ

CDF創 7-1 エスポワール白山・A
前半4-0 タクミ、シュンキ、ヤマト、トモキ
後半3-1 失点、ヤマト、ヤマト、ヤマト

CDF創 5-1 アレスグーテ砺波(富山)
前半2-1 シュンキ、タクミ、失点
後半3-0 ヤマト、シュンキ、ヤマト

グループ1位で上位リーグへ進出

◆グループリーグ「B」

CDF創・B 1-5 ビークス石川
前半0-1 失点
後半1-4 失点、失点、失点、失点、ショウヘイ

CDF創・B 3-6 エスポワール白山・B
前半2-4 失点、失点、失点、失点、ハル、アイノスケ
後半1-2 アリト、失点、失点

CDF創・B 0-2 FC.mais
前半0-1 失点
後半0-1 失点

グループ4位で下位リーグへ

20191022kojintrhry.jpg

15分ハーフを3試合=90分間フル出場。フットサルでは考えられないほどキツい。Bチームでは、ハルとアリトとショウヘイの3名がフル出場。カズキはさらに上で、AチームではFPとして、BチームではGKとして、トータル180分間をフル出場。6試合、全く集中力が落ちない・・・日頃の努力の賜物であり、リフティング記録21121回(2時間以上かかる)は伊達ではない。

アリトは毎試合4~5本のシュートを打ちながら、決めたのは1点のみ。技術的にも精神的にも、まだまだ物足りないが、存在感は別格だった。ハルは最も出場時間が多かったが・・・最後まで剥がして、チャレンジし続けた。ショウヘイは技術も判断力も未熟だが、90分間走り切れるところを見せた。彼らに共通しているのは日常=努力であり、今後の成長を期待させるものである。

明日は、中盤の王様=タクミがケガで不在

さらなる試練が予想されるが、それこそがチャンスでもあるんだ

言い訳せず、泣き言言わず、粘り強く、そして・・・逞しく

努力の差は、確実に表に現れてきている


bannriikkuusousi.jpg




ボールへの執着心 - 2020.02.15 Sat

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
2/14 いしかわ総合スポーツセンター

◆カテゴリー2
・リフティング
・ドリブルテクニック
・1対1
・2対2
・4対4
・8対8

リフティング
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・フリー
 +たたき
 +シャペウ
 +キャッチ

ドリブルテクニック
・フリー
 顔を上げて、しなやかに
 +フェイント

1対1
10m×7m、コーンゴール×4、学年別、勝ち残り方式

2対2
7m×10m、コーンゴール×4、学年別、勝ち残り方式

4対4
10m×20m、コーンゴール×8、学年別、勝ち残り方式

8対8(2年生以下)
10m×20m、コーンゴール×8、ボール×2、条件あり

◆カテゴリー1
・リフティング
・1対1
・クワトロ

リフティング
・フリー
 各自の課題を熟す

1対1
10m×7m、コーンゴール×4、学年別、勝ち残り方式

クワトロ(6年生以上)
20m×20m、ミニゴール×4、6対6、条件あり

クワトロ(5年生以下)
20m×20m、ミニゴール×4、6対6、勝ち残り方式

bonjiteteinstyleno1.jpg

カテゴリー2では、ボールコントロール(リフティング、ドリブルテクニック)を短めにして、1対1や2対2などの対人TRを長めに行った。それぞれに意図があるのだが、とにかく全力でないと意味がない。3~4年生では少しできるようになると、手を抜いてしまう者が多い・・・目標は、そこじゃないだろ。

元気よく、積極的に、そこは良し・・・あとは集中力

ボールへの執着心は、どのカテゴリーでも求めている





プロを目指すには覚悟が必要で、世界を目指すには・・・すべてが必要だ - 2020.02.14 Fri




史上最強の呼び声高い2019年度の明治大学は、その能力をいかんなく発揮し・・・大学3冠を達成。関東1部リーグからは53名がプロ入りするが、明治からは最多の9名がJリーグへ進んだ。この動画のスタメンは定かではないが、両チームからは以下の選手がプロ入りしている。

◆明治大学
MF 安部柊斗(FC東京)
MF 瀬古樹(横浜FC)
DF 森下龍矢(鳥栖)
DF 中村帆高(FC東京)
MF 中村健人(鹿児島)
GK 加藤大智(愛媛)
DF 川上優樹(群馬)
FW 佐藤亮(北九州)
DF 小野寺健也(山形)

◆桐蔭横浜大学
MF イサカ・ゼイン(川崎F)
DF 眞鍋旭輝(山口)
DF 佐藤喜生(北九州)

桐蔭横浜大学には、息子のチームメイトが2名在籍している。1学年上で鵬学園高校が選手権初優勝を成し遂げた時の伝説的なキャプテン「千葉東泰共」、同じく鵬学園高校の1学年下の中盤「輪嶋拓海」。彼らと中盤を構成していた息子は、大きく成長することができた。彼らの活躍と、そこから先のプロ入りを期待している。

この動画を観て分かるのは、速くて強くて正確で攻撃的で・・・とにかく球際が激しい。だが「スペイン」や「フランス」では、10代からすでに・・・この数倍は激しい。球際は壊しに来る・・・スペインでプレーする現役選手の言葉は、日本と世界の差=根本的な違いを物語っている。

プロを目指すには覚悟が必要で

世界を目指すには・・・すべてが必要だ

しっかりやりなさい

20191226byiahh.jpg




ケガに強いことも良い選手の条件 - 2020.02.14 Fri

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング(2/13)
①リフティング、創スタンダード(基本8種目)
②リフティング、創スタンダード(ステイ8種目)
③リフティング、創スタンダード(キャッチ12種目)
④ロンド、5対2、6対2、パス&ゴー、条件あり、カテゴリー別
⑤A)ゲーム形式、6対6+GK、時間制、カテゴリー1
 B)ゲーム形式、7対7+GK、時間制、カテゴリー2
 C)ゲーム形式、6対6+GK、3チーム総当たり方式、カテゴリー3

soshinakajima-rukumatsuo.jpg

サッカー選手で多いケガ・・・腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、半月板損傷(膝)、中足骨疲労骨折(足の甲)、などがある。重傷ならば手術も必要だが、昔=自分が現役の頃から比べれば、ほぼ元通りに戻るくらい医学も進歩している。前十字靭帯断裂(膝)などは手術後、復帰まで8ヶ月~1年かかるものもある。捻挫や打撲は日常茶飯事、ケガに強いことも良い選手の条件である。

バルセロナでは、FWが不足している。絶対的CFのルイス・スアレス(ウルグアイ代表)は、右膝外側半月板を負傷して手術を受け全治4ヶ月、今シーズンは絶望的となっている。その穴を埋めるとみられていたウスマン・デンベレ(フランス代表)も、復帰のための練習中に再び右足ハムストリング(もも裏)を負傷し手術、復帰は最低でも6ヶ月先とみられている。

バルセロナBで活躍していた安部裕葵も、デンベレと同じ日に同じ手術を受けた。全治は5ヶ月と診断され、東京五輪には間に合わないだろう。東京では10番をつけるはずの選手だっただけに、本人も代表スタッフも辛いところだ。中足骨疲労骨折と同じく、ハムストリングの負傷は厄介で・・・再発が多く、治りが遅い。確り治さないと、先々で躓くキッカケになってしまう。

ここで改めて書くほどのこともないだろう・・・安部のバルサBでの活躍は素晴らしいもので、トップデビューも間違いないほどのモノだった。広島県の瀬戸内高校から鹿島へ入団し、2年後には10番を背負い活躍、そして・・・バルサと契約。順調だっただけに今回のケガは残念だが、そこも前を向いて付き合っていかないといけない・・・それがプロである。





リフティング歴代の記録 ~2020/2/12現在~ - 2020.02.13 Thu


以下の規定の中で記録を上回った選手は連絡ください

①落とさなければ、どこを使ってもOK
②大人(親)が数えた回数であること
※自分以外の中学生以上が数えた回数でもOK
※出来るだけカウントする器具を使ってください

歴代記録を更新して名前を残す
君たちの挑戦・・・楽しみに待っています♪



『N-style金沢 Soccer Academy』

リフティング歴代の記録
※フリースタイルでの回数、達成者(記録した年月、当時の学年)
※本人以外の大人が計測した記録に限る
※4/8がアカデミー開校記念日により、4/8より新学年とする

歴代1位
27568回 中島創司 (2012年11月、中学1年生)

歴代2位
21121回 村尾和生 (2020年2月、中学2年生)


歴代3位
18329回 本多岳人 (2018年12月、小学5年生)


4位   17016回 河内歳三 (2017年3月、小学4年生)

5位   16279回 小中廣樹 (2020年2月、小学3年生)

6位   15825回 松本淳志 (2017年2月、小学6年生)

7位   14904回 岡純也  (2018年12月、中学2年生)

8位   14221回 中島創司 (2012年11月、中学1年生)

9位   14112回 今井勇希 (2018年12月、小学5年生)

10位  13614回 網蒼太朗 (2018年12月、小学5年生)

11位~20位
13139回 安田唯人 (2014年3月、小学6年生)
13103回 杉田真  (2020年2月、小学5年生)
12993回 松田純士朗(2018年12月、中学2年生)
12688回 中村藍ノ介(2019年4月、小学6年生)
12520回 渡璃空  (2017年3月、小学6年生)
11548回 小中廣樹 (2019年11月、小学3年生)
11387回 坂航太朗 (2019年4月、小学4年生)
11111回 網勘史朗 (2018年12月、小学3年生)
10908回 麦元翔  (2018年1月、小学4年生)
10756回 村尾和生 (2018年12月、中学1年生)

21位~30位
10692回 中﨑滉太 (2018年12月、小学5年生)
10668回 本多岳人 (2017年11月、小学4年生)
10600回 寄留稜太郎(2019年4月、小学5年生)
10529回 山下大空 (2019年5月、小学6年生)
10487回 小中廣樹 (2019年4月、小学2年生)
10460回 斉藤暖斗 (2020年1月、小学5年生)
10248回 中村藍ノ介(2018年3月、小学5年生)
10221回 森翔平  (2020年1月、中学2年生)
10165回 杉田陽  (2017年3月、小学4年生)
10121回 本多英人 (2014年3月、小学6年生)

31位~
10073回 安田悠真 (2014年3月、小学4年生)
10050回 中島創司 (2011年12月、小学6年生)
10035回 武内貴哉 (2014年3月、小学6年生)
9475回  安田悠真 (2014年3月、小学4年生)
9200回  水巻正斉 (2018年12月、小学4年生)
8896回  北澤巧成 (2019年1月、中学1年生)
8617回  坂航太朗 (2019年3月、小学4年生)
8438回  別宗裕太 (2014年3月、小学6年生)


以上がアカデミーの公式記録(38位まで記載)
33位までの記録は、10000回を超えている
つまり・・・名を残すには、最低10000回が必要

各年代における歴代の記録

小学1年生 小中廣樹   2671回

小学2年生 伊勢野華立  3153回

      小中廣樹   6142回

      小中廣樹  10487回

小学3年生 安田悠真   6270回

      網勘史朗  11111回

      小中廣樹  11548回

      小中廣樹  16279回

小学4年生 安田悠真  10073回

      杉田陽   10165回

      本多岳人  10668回

      麦元翔   10908回

      坂航太朗  11387回

      河内歳三  17016回

小学生の間に10000回を超えたのは22名

6名が4年生で、1名が3年生で、1名が2年生で!!

記録とは・・・後に続く者たちのためにある

目指すべきものであり、超えていくべきものである

夢に続く道は創られ、伝統は系譜として受け継がれる


2016120514250001.jpg


始めたときは皆・・・5回も出来なかった

5回が30回になり、やる気と興味を持つ

30回が100回になり、達成感を味わう

100回を超えれば・・・

300回~1000回は、その翌日にも出来る

努力は・・・人を変える





反省や後悔は、また新しい自分に成長できるキッカケになる - 2020.02.13 Thu

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
2/12 いしかわ総合スポーツセンター

◆カテゴリー2
・リフティング
・ドリブルテクニック
・1対1
・2対2
・4対4
・6対6

リフティング
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・フリー
 +たたき
 +シャペウ
 +キャッチ

ドリブルテクニック
・フリー
 +フェイント

1対1
10m×7m、コーンゴール×4、学年別、勝ち残り方式

2対2(4年生以下)
7m×10m、コーンゴール×4、勝ち残り方式

4対4(5年生以上)
10m×20m、コーンゴール×8、勝ち残り方式

6対6(4年生以下)
10m×20m、コーンゴール×8、ボール×2、勝ち残り方式

◆カテゴリー1
・リフティング
・1対1
・クワトロ①
・クワトロ②

リフティング
・フリー
 各自の課題

1対1
10m×7m、コーンゴール×4、学年別、勝ち残り方式

クワトロ①
20m×20m、4対4、学年別、条件あり、勝ち残り方式

クワトロ②
20m×20m、6対6、7対7、学年別、罰ゲームあり

oyakonokannkei010101.jpg

刺激ってのは必要で、負けたくないって気持ちが表に出てくる。志が立ってくると(立志ということ)、これまでにない感情が芽生えてきたりもする。最初のスイッチは、ちょうど3年生や4年生くらいかな。この年齢になると(もちろん個人差はある)、幼い思考から卒業する時期に入る。

大人の考えることが、ある程度は伝わるようになる。最初から伝わるとか、全てが伝わるとか、そういうところまで・・・ではない。だが、ある程度が伝わるようになるので・・・真摯に、真剣に、伝えないといけない。大人だって間違えるが、それでも正しいと思われることを選んで伝える必要がある。

間違えたときには、それを認めて歩まないといけない。何が間違っていて、どうしてそうなってしまったのか・・・反省や後悔は、また新しい自分に成長できるキッカケになると、それを伝えるのもまた・・・大人の役目である。子供の成長は少しずつでいい、だから大人も・・・少しずつ、少しずつでいいんだ。


mt0101010101.jpg




手応え - 2020.02.12 Wed

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング(2/11)
①リフティング、ウォーキング(前後、5種目)
②リフティング、創スタンダード
③ドリブルテクニック、基本的な技術と動作の習得
④1対1、コーンゴール×4、カテゴリー別
⑤A)ロンド、6対2、パス&ゴー、条件あり、カテゴリー別
 B)GKトレーニング
⑥ゲーム形式、6対6+GK、時間制、カテゴリー別



基礎=基本的な技術と動作の習得。圧倒的なボールコントロールを身につけるために、リフティングとドリブルテクニックを欠かさない。できた⇒いつでもできる⇒しなやかにできる⇒すべてが思い通りにできる・・・上限はない。これを試合で発揮するために、1対1を基本とした圧倒的な質と量の対人TRを行う。ここまでがベースであり、ここから先が自分独自のスタイルの表現となる。

この日のゲーム形式を観て、面白い!最高だ!と言わない人がいるだろうか。トレーニング終了後の関係者との談笑は、監督の記者会見と同じだと認識している。自ら話したい日もあれば、そうでない日もあるが笑・・・この日は前者であった。どうだった?面白かったか?・・・次から次へと出てくる言葉が、手応えを感じさせた。こうやって客観的に振り返ると、また課題が見えてくるんだ。

いつもと違うたったひとつのTRで、質を大きく向上させる

この魔法には、まだまだ先がある・・・ついて来れるか





氷見フットサル大会2020 ~U9の結果~ - 2020.02.12 Wed

N-style金沢サッカーアカデミー

氷見フットサル大会2020
U-9カテゴリー、8分ハーフ
氷見市ふれあいスポーツセンター
担当 本多

◆グループリーグ

N-style金沢・U9 2-0 野村FC(富山)
前半0-0
後半2-0 サクト、コウキ

N-style金沢・U9 3-0 大谷SSS(富山)
前半3-0 ショウリ、コウキ、レアル
後半0-0

N-style金沢・U9 0-2 CAMPIONE福岡(富山)
前半0-1
後半0-1

グループ2位で上位トーナメントへ

1回戦
N-style金沢・U9 0-0(PK1-3) 戸出SSS(富山)
前半0-0
後半0-0

順位決定戦
N-style金沢・U9 0-1 小杉SC(富山)
前半0-0
後半0-1

16チーム中、7位で大会終了

野村さん、大谷さん、福岡さん、戸出さん、小杉さん
有難うございました・・・今後とも、宜しくお願い致します

20191022kojintrhry.jpg

以下、本多コーチのコメント

トレーニングマッチの好調の勢いを大会で発揮する・・・との目論見でしたが、動きが重い。よくないなりにグループリーグを突破するものの、迎えたトーナメント1回戦。アップのヌルさが試合に出たのか、相手陣地で試合を進めるものの、1点が遠く・・・痛恨のPK負け。シュートを打たれていないにも関わらず、あっけなく大会を去ることになりました。

結果をどうこう気にするよりも、普段のトレーニングの成果を発揮するために、最高の準備をする。準備するべき大切な時間を、遊ぶことに使っているようでは・・・ね。この日のように、自分たちの持っている全てをぶつけることができずに大会を去るのは、本当にもったいない。まぁ・・・残念ながら、これも実力ですけどね。

この日の情けない結果をどう受け止めて、どう次に活かしていくのかで、今後の成長が大きく変わります。君たちの先輩達も、実は大なり小なり、君たちと同じような失敗を経験してきて、そこから次に繋げてきました。この日の悔しさを「良い経験だった」とできるように、今後の取り組みに期待したいと思います。

保護者の皆様
審判、送迎、応援、ありがとうございました。残念ながら・・・上位進出はならず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。早いもので、彼らも春からは4年生となります。この日浮き彫りになった課題=サッカーそのものの理解も、技術の向上と並行して進められるよう、トレーニングの中でもしっかり伝えていきたいと思います。ご期待に添えるよう頑張っていきますので、また応援よろしくお願いいたします。




ビークスカップ ~U11の結果~ - 2020.02.12 Wed

N-style金沢サッカーアカデミー

ビークスカップ
U-11カテゴリー、10分ハーフ
ハクサンフットサルセンター
担当 水巻

◆予選リーグ

N-style金沢・U11 3-1 安宅SSS
前半1-1 ユウセイ
後半2-0 シン、カンシロウ

N-style金沢・U11 3-1 美川FC
前半2-0 ユウセイ、シン
後半1-1 シン

N-style金沢・U11 2-1 エスペリオFC
前半2-0 ユウセイ、ユウセイ
後半0-1

予選リーグ1位で決勝トーナメントに進出

◆決勝トーナメント

1回戦、不戦勝

準決勝
N-style金沢・U11 0-2 野町SSS
前半0-0
後半0-2

フレンドリーマッチ
N-style金沢・U11 3-0 エスペリオFC
前半0-0
後半3-0 リョウタロウ、ユウセイ、リョウタロウ

8チーム中、3位で大会終了

安宅さん、美川さん、エスペリオさん、野町さん
有難うございました・・・今後とも、宜しくお願い致します

20191022kojintrhry.jpg

以下、水巻コーチのコメント

U10優勝、U12優勝、彼らに続いての優勝を目指しましたが・・・残念。自分が指導する全ての選手に伝えている言葉が「チャレンジ」です。前線の選手は勿論ですが、後ろからでも果敢にチャレンジする事を伝えています。自ら仕掛けて、1人かわし、2人かわし、数的有利を創り出していたところは良かったと思います。

最後の試合は先に点を取られてしまい、慌てた試合になりましたね。ガムシャラにやってましたが、冷静さが足りなかったですね。そんな時こそ、走って走って汗かいて取りに行く姿勢が大切で、冷静に考えて考えて脳みそが汗かく位考えることが大切で・・・この敗戦を自分自身で振り返り、日頃のトレーニングに活かしてほしいと思います。

保護者の皆様
この2日間、応援やサポート、ありがとうございました。大会ですので勿論勝ちに行きますが、勝利だけを追いかけることはしません。まだまだ育成年代、観ている側の我慢も必要です。歯痒い思いや悔しい思いなど、選手とともにすると思いますが・・・これからも「チャレンジ」していきたいと思います。また変わらぬサポートを、宜しくお願いします。




絶対に夢を叶えてみせるという意地 - 2020.02.11 Tue


アカデミーNo,1の努力家である「村尾和生」が、リフティング歴代記録で2位となる21121回を達成した。この歴代記録の中から、プロになる者=夢を掴んだ選手が何人出るか・・・楽しみで仕方ない。

日本サッカー史上最高の選手の一人である「小野伸二」は、あらゆるボールコントロールの要素を磨くのにリフティングが効果的であると話している。このリフティング歴代記録は、リフティングの有益性の証明にもなるだろう。

新チームの中盤には、非常に優秀だと評判の選手がいるが・・・彼らは名を残さないままでいいのだろうか。努力しているし、継続もできているし、成長し続けているが、名を残すことには大きな意味があると理解できていないことが残念でならない。

息子の周りには、生まれ持った能力の高い選手=素材が沢山いた。だが、彼らはそれを磨こうとはしなかった。努力しているつもりでも、それは夢の実現に相応しいものではなかった。結局は・・・全員がサッカーという夢を諦めてしまった。

1万回とか2万回とかできるから、プロになれるわけではない。ではなぜ?・・・それは向上心の成せる業であり、意地なんだ。絶対に夢を叶えてみせるという意地・・・それが必要なんだ。最後の最後に・・・必ず必要になるんだ。

soramotoberuhazu14.jpg




リフティング歴代の記録 ~2020/2/11現在~ - 2020.02.11 Tue


以下の規定の中で記録を上回った選手は連絡ください

①落とさなければ、どこを使ってもOK
②大人(親)が数えた回数であること
※自分以外の中学生以上が数えた回数でもOK
※出来るだけカウントする器具を使ってください

歴代記録を更新して名前を残す
君たちの挑戦・・・楽しみに待っています♪



『N-style金沢 Soccer Academy』

リフティング歴代の記録
※フリースタイルでの回数、達成者(記録した年月、当時の学年)
※本人以外の大人が計測した記録に限る
※4/8がアカデミー開校記念日により、4/8より新学年とする

歴代1位
27568回 中島創司 (2012年11月、中学1年生)

歴代2位
21121回 村尾和生 (2020年2月、中学2年生)


歴代3位
18329回 本多岳人 (2018年12月、小学5年生)


4位   17016回 河内歳三 (2017年3月、小学4年生)

5位   16279回 小中廣樹 (2020年2月、小学3年生)

6位   15825回 松本淳志 (2017年2月、小学6年生)

7位   14904回 岡純也  (2018年12月、中学2年生)

8位   14221回 中島創司 (2012年11月、中学1年生)

9位   14112回 今井勇希 (2018年12月、小学5年生)

10位  13614回 網蒼太朗 (2018年12月、小学5年生)

11位~20位
13139回 安田唯人 (2014年3月、小学6年生)
12993回 松田純士朗(2018年12月、中学2年生)
12688回 中村藍ノ介(2019年4月、小学6年生)
12520回 渡璃空  (2017年3月、小学6年生)
11548回 小中廣樹 (2019年11月、小学3年生)
11387回 坂航太朗 (2019年4月、小学4年生)
11111回 網勘史朗 (2018年12月、小学3年生)
10908回 麦元翔  (2018年1月、小学4年生)
10756回 村尾和生 (2018年12月、中学1年生)
10692回 中﨑滉太 (2018年12月、小学5年生)

21位~30位
10668回 本多岳人 (2017年11月、小学4年生)
10600回 寄留稜太郎(2019年4月、小学5年生)
10529回 山下大空 (2019年5月、小学6年生)
10487回 小中廣樹 (2019年4月、小学2年生)
10460回 斉藤暖斗 (2020年1月、小学5年生)
10248回 中村藍ノ介(2018年3月、小学5年生)
10221回 森翔平  (2020年1月、中学2年生)
10165回 杉田陽  (2017年3月、小学4年生)
10121回 本多英人 (2014年3月、小学6年生)
10073回 安田悠真 (2014年3月、小学4年生)

31位~
10050回 中島創司 (2011年12月、小学6年生)
10035回 武内貴哉 (2014年3月、小学6年生)
9475回  安田悠真 (2014年3月、小学4年生)
9200回  水巻正斉 (2018年12月、小学4年生)
8896回  北澤巧成 (2019年1月、中学1年生)
8617回  坂航太朗 (2019年3月、小学4年生)
8438回  別宗裕太 (2014年3月、小学6年生)


以上がアカデミーの公式記録(37位まで記載)
32位までの記録は、10000回を超えている
つまり・・・名を残すには、最低10000回が必要

各年代における歴代の記録

小学1年生 小中廣樹   2671回

小学2年生 伊勢野華立  3153回

      小中廣樹   6142回

      小中廣樹  10487回

小学3年生 安田悠真   6270回

      網勘史朗  11111回

      小中廣樹  11548回

      小中廣樹  16279回

小学4年生 安田悠真  10073回

      杉田陽   10165回

      本多岳人  10668回

      麦元翔   10908回

      坂航太朗  11387回

      河内歳三  17016回

小学生の間に10000回を超えたのは21名

6名が4年生で、1名が3年生で、1名が2年生で!!

記録とは・・・後に続く者たちのためにある

目指すべきものであり、超えていくべきものである

夢に続く道は創られ、伝統は系譜として受け継がれる


2016120514250001.jpg


始めたときは皆・・・5回も出来なかった

5回が30回になり、やる気と興味を持つ

30回が100回になり、達成感を味わう

100回を超えれば・・・

300回~1000回は、その翌日にも出来る

努力は・・・人を変える





巧くなる魔法 - 2020.02.11 Tue

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
2/10 新神田小学校ピロティ

◆全カテゴリー合同
・リフティング
・ドリブルテクニック
・ロンド

リフティング
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・その他
 肩、かかと
・キャッチ10種目
 基本5種目、股、もも裏、胸、肩、背中
・フリー
 +たたき
 +シャペウ
 +上級テクニック

ドリブルテクニック
・フリー
 片足(スピードタッチ)
 ソール=足の裏(ジンガ系)
 +たたき
 +シャペウ
 +フェイント
・フェイント
 シザース&ステップオーバー
 シザース&ステップオーバー⇒ダブルタッチ(表、裏)
 エラシコ
 エラスチコ=裏エラシコ
 ヒールリフト
 ヒールリフト(挟み上げ)
 ヒールリフト⇒ヒールキック
 キックフェイント⇒切返し(イン、アウト)
 キックフェイント⇒引き技
 キックフェイント⇒引き技⇒浮かし抜き
 キックフェイント⇒引き技⇒浮かし抜き⇒シャペウ&たたき

ロンド
5対2、6対2、7対2、学年別、条件あり

20190106nstyleksaob.jpg

例えば・・・キャッチを練習しているだけで、リフティングが上手くなる。さらには、ボールコントロールも上達していく。このアカデミーでは、そういう魔法をかけている。

この「巧くなる魔法」には、ひとつだけ条件がある。アカデミーに通っている選手なら、ここで書く必要もなく理解できているね。そう・・・全力で、本気で、100%で、取り組むってことだ。

志の立っていない幼い子供には、なかなかに難しいことだ。でも、妥協してはいられない・・・与えられた時間は限られている。高校生になってから気付いても、その先の扉は開かない。

頑張ったことは、全部が自分に還ってくる。誰も手伝ってはくれないけど、やった分だけ自分に還ってくるんだ。その成果は、3ヶ月先、半年先、1年先、5年先、10年先で見えてくる。

どんな花が咲くかは・・・君たち次第だ


bannriikkuusousi.jpg




美しいゴールは「パス&ゴー」というシンプルな基本の動きから生まれる - 2020.02.10 Mon

club de futbol 創 = CDF創

トレーニングマッチ
小松ドームグラウンド(人工芝)
担当 中島

CDF創 6-1 野々市JYFC
前半3-1 タクミ(FK)、失点、シュンキ、シュンキ
後半3-0 ハル、タクミ(PK)、シュンキ

CDF創 1-0 野々市JYFC
前半0-0
後半1-0 シオン



1試合目と2試合目の差は、出場している選手の違い。2020年がどんな結果になるのか、現在は特定の選手に頼る状況である。選手の配置を変えて打開を試みるも、やはり存在が大きすぎて埋まらない。

ここを改善できるかどうか・・・今年のチームの最も大きな課題であり、君たちの成長が楽しみな部分でもある。改善できるのは夏以降になる・・・と予想するが、この予想を良い意味で裏切ってもらいたい。

この動画から分かることは、美しいゴールは「パス&ゴー」というシンプルな基本の動きから生まれる。サッカーの基本は技術だけではない。どんな形からでも点が取れるのが、自分が掲げる理想のスタイルである。





Muchas gracias - 2020.02.09 Sun


Los recuerdos estan en mi corazon

20200208cdfsou02.jpg




ありがとう - 2020.02.09 Sun


人生最高の夜のひとつ

あえて・・・多くを語らず

20200208cdfsou01.jpg





これからどんな未来を選ぶか・・・すべて、君たち次第である - 2020.02.08 Sat

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
2/7 新神田小学校グラウンド&ピロティ

◆全カテゴリー合同
・リフティング
・1対1
・ミニゲーム①
・ミニゲーム②
・ロンド

リフティング
・基本5種目
 インステップ、インサイド、アウトサイド、もも、ヘディング
・フリー
 回数アップ(下級生中心)
 テクニックマスター(上級生中心)

1対1
斜め45度から、正規ゴール使用、左右別、学年別、総当たり方式

ミニゲーム①
15m×12m、4対4、学年別

ミニゲーム②
20m×15m、5対5、学年別

ロンド
4対2、5対2、6対2、7対2、学年別

bonjiteteinstyleno1.jpg

この日の練習後の自主TRにて、小中廣樹(小3)がリフティング記録16279回を達成した。が、驚くことはない・・・彼は小2で10000回を達成して以来、今回で3度目の達成である。

歴代4位の記録を小3で達成したわけだが、彼は満足していない。ここが小中廣樹の最も凄いところで、飽くなき向上心、情熱と努力の継続、彼が日本代表に選ばれても・・・誰も驚かない。

このアカデミーで最初に達成したのは、中島創司(2011年12月、当時小学6年生)の10050回。そこから9年で25人、のべ31回の10000回が記録されている。

一度達成すれば凄い!という時代が長く続いてきたが、複数回達成者は4名。中島創司と小中廣樹が3回ずつ、中村藍ノ介と本多岳人が2回ずつ、それぞれ達成している。

何回やったかとか、そういうことではないのだ。上を上を目指す、ひたすらに上へ上へと・・・普通では辿り着けない、そのことに大きな大きな意味があるのだ。

彼を凄いと讃えて終わるか、それとも彼を追いかけて行くか

彼の背中を見たままで終わるか、それとも彼の横に並ぶか

これからどんな未来を選ぶか・・・すべて、君たち次第である

ただひとつ、間違いないのは・・・

遠くない未来に、小中廣樹がランキングの最上位に到達する


soramotoberuhazu14.jpg




リフティング歴代の記録 ~2020/2/7現在~ - 2020.02.08 Sat


以下の規定の中で記録を上回った選手は連絡ください

①落とさなければ、どこを使ってもOK
②大人(親)が数えた回数であること
※自分以外の中学生以上が数えた回数でもOK
※出来るだけカウントする器具を使ってください

歴代記録を更新して名前を残す
君たちの挑戦・・・楽しみに待っています♪



『N-style金沢 Soccer Academy』

リフティング歴代の記録
※フリースタイルでの回数、達成者(記録した年月、当時の学年)
※本人以外の大人が計測した記録に限る
※4/8がアカデミー開校記念日により、4/8より新学年とする

歴代1位
27568回 中島創司 (2012年11月、中学1年生)

歴代2位
18329回 本多岳人 (2018年12月、小学5年生)

歴代3位
17016回 河内歳三 (2017年3月、小学4年生)


4位   16279回 小中廣樹 (2020年2月、小学3年生)

5位   15825回 松本淳志 (2017年2月、小学6年生)

6位   14904回 岡純也  (2018年12月、中学2年生)

7位   14221回 中島創司 (2012年11月、中学1年生)

8位   14112回 今井勇希 (2018年12月、小学5年生)

9位   13614回 網蒼太朗 (2018年12月、小学5年生)

10位  13139回 安田唯人 (2014年3月、小学6年生)

11位~20位
12993回 松田純士朗(2018年12月、中学2年生)
12688回 中村藍ノ介(2019年4月、小学6年生)
12520回 渡璃空  (2017年3月、小学6年生)
11548回 小中廣樹 (2019年11月、小学3年生)
11387回 坂航太朗 (2019年4月、小学4年生)
11111回 網勘史朗 (2018年12月、小学3年生)
10908回 麦元翔  (2018年1月、小学4年生)
10756回 村尾和生 (2018年12月、中学1年生)
10692回 中﨑滉太 (2018年12月、小学5年生)
10668回 本多岳人 (2017年11月、小学4年生)

21位~30位
10600回 寄留稜太郎(2019年4月、小学5年生)
10529回 山下大空 (2019年5月、小学6年生)
10487回 小中廣樹 (2019年4月、小学2年生)
10460回 斉藤暖斗 (2020年1月、小学5年生)
10248回 中村藍ノ介(2018年3月、小学5年生)
10221回 森翔平  (2020年1月、中学2年生)
10165回 杉田陽  (2017年3月、小学4年生)
10121回 本多英人 (2014年3月、小学6年生)
10073回 安田悠真 (2014年3月、小学4年生)
10050回 中島創司 (2011年12月、小学6年生)

31位~
10035回 武内貴哉 (2014年3月、小学6年生)
9475回  安田悠真 (2014年3月、小学4年生)
9200回  水巻正斉 (2018年12月、小学4年生)
8896回  北澤巧成 (2019年1月、中学1年生)
8617回  坂航太朗 (2019年3月、小学4年生)
8438回  別宗裕太 (2014年3月、小学6年生)


以上がアカデミーの公式記録(36位まで記載)
31位までの記録は、10000回を超えている
つまり・・・名を残すには、最低10000回が必要

各年代における歴代の記録

小学1年生 小中廣樹   2671回

小学2年生 伊勢野華立  3153回

      小中廣樹   6142回

      小中廣樹  10487回

小学3年生 安田悠真   6270回

      網勘史朗  11111回

      小中廣樹  11548回

      小中廣樹  16279回

小学4年生 安田悠真  10073回

      杉田陽   10165回

      本多岳人  10668回

      麦元翔   10908回

      坂航太朗  11387回

      河内歳三  17016回

小学生の間に10000回を超えたのは21名

6名が4年生で、1名が3年生で、1名が2年生で!!

記録とは・・・後に続く者たちのためにある

目指すべきものであり、超えていくべきものである

夢に続く道は創られ、伝統は系譜として受け継がれる


2016120514250001.jpg


始めたときは皆・・・5回も出来なかった

5回が30回になり、やる気と興味を持つ

30回が100回になり、達成感を味わう

100回を超えれば・・・

300回~1000回は、その翌日にも出来る

努力は・・・人を変える





トレーニングの予定(3月まで) - 2020.02.08 Sat


『N-style金沢 Soccer Academy』


bosyuutirasi001003.jpg


◆トレーニングの予定

 「新神田小学校グラウンドorピロティ」の場合
  全学年 17:00~20:00ごろ

 「スポセン=いしかわ総合スポーツセンター」の場合
  5年生以下 18:00~19:30
  6年生以上 19:30~21:00
  ※兄弟で時間を合わせることは可能です
   事前に中島まで確認してください

 【2020年2月】

  3(月)  スポセン

  5(水)  新神田小学校

  7(金)  新神田小学校

  10(月) 新神田小学校

  12(水) スポセン

  14(金) スポセン

  17(月) スポセン

  19(水) 新神田小学校

  21(金) 新神田小学校

  24(月) 祝日、休み

  26(水) スポセン

  28(金) スポセン

 【2020年3月】

  2(月)  スポセン

  4(水)  新神田小学校

  6(金)  新神田小学校

  9(月)  スポセン

  11(水) スポセン

  13(金) 新神田小学校

  16(月) 新神田小学校

  18(水) 新神田小学校

  20(金) 祝日、休み

  23(月) スポセン

  25(水) 新神田小学校

  27(金) 年度末、更新休み

  30(月) 年度末、更新休み


20150227004ns.jpg


◆トレーニングについての詳細

 毎週 月・水・金曜日(祝日は休み)

 グラウンド=新神田小学校グラウンド
 ピロティ=新神田小学校ピロティ
 スポセン=いしかわ総合スポーツセンター

 グラウンドについて
 使用料は必要ありません(無料)
 全学年、17:00~20:00ごろ
 トレーニング終了後、後片付け~解散となります
 雨天時は「ピロティ」に移動してトレーニングを行います
 ※トレーニングシューズ

 ピロティについて
 使用料は必要ありません(無料)
 全学年、17:00~20:00ごろ
 ※トレーニングシューズ

 スポセンについて
 参加した日には使用料が必要です
 19:30頃、トレーニングの入れ替わりに集金しています

 6年生~中学生は、5年生以下のTRに参加可能
 5年生(★)は、6年生以上のTRに参加可能
 ※フットサルシューズ、インドアシューズ
 ★指導者の確認が必要です

 変更などありますので
 予定はこまめに確認してください

◆新神田小学校の駐車について

 お迎えの時
 正門の入り口付近に駐車されると
 他の使用者(体育館など)に迷惑がかかります

 奥まで進んで駐車できますので
 門に入ってから右折、突き当りを左折
 奥から順番に駐車するようにしてください



 【CDF創】への入団について、その他

 アカデミー体験参加などの問い合わせ先

 nstylekanazawa@gmail.com



20161226sm002.jpg


 夢なき者に成功なし

       ~吉田松陰~


 苦しまずして栄光なし

       ~黒田博樹~


 今日を今日中に使い切れ

       ~斎藤興龍~


 我が敵は我が妥協にあり

       ~本田圭佑~


 努力に勝る天才なし

       ~長友佑都~





選手募集のお知らせ - 2020.02.08 Sat


『N-style金沢 Soccer Academy』


新規メンバー 随時、募集中!!

体験参加 随時、受付中!!

ぜひ、遊びに来て下さい

きっと、サッカーの価値観が変わります


bosyuutirasi001003.jpg


サッカースクール活動

2020年4月から10年目に入ります!!

これまでも多くの選手に関わり

多くの選手が巣立っていきました


ここでサッカーを始める・・・大歓迎です

体験参加、いつでもOKです

無所属の選手でも試合経験を積むことができます

遊びに行く感覚で来てもらえれば十分です!!


所属するチームでの活躍=自分たちの願いです

何か上手くいっていない

もっともっと巧くなりたい

成長するキッカケがほしい

そんな選手もまた、ここで掴んでください!!



vamosafuturo20140103snsk.jpg


園児、小学生、中学生、大募集!!!

平日の練習は週3回 毎週月水金曜日


◆4月~9月の練習会場

 「新神田小学校グラウンド」

 「新神田小学校ピロティ」


◆10月~新年3月の練習会場

 「新神田小学校グラウンド」

 「新神田小学校ピロティ」

 「いしかわ総合スポーツセンター」


vamosafuturo20150104snsk.jpg


遅刻、早退、問題ありません

かほく市や小松市、富山県からも参加しています


週1回からの参加でもOK

本気なら誰でも参加できます!!!


小・中学生が100名以上在籍

本気で夢と向き合っています!!!


↓まずは連絡ください↓

nstylekanazawa@gmail.com

【CDF創】への問い合わせも受け付けています



vamosafuturo20171230snsk.jpg


夢に向かって“本気”なら

門はいつでも・・・開いています




情熱がもたらす成果は、頭で考えているよりも大きい - 2020.02.07 Fri

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング(2/6)
①リフティング、個人、フリー
②リフティング、2人組、7種目
③シュート、パラレラ(内側)、カテゴリー別
④シュート、パラレラ(外側)、カテゴリー別
⑤A)ゲーム形式、時間制、カテゴリー別
 B)ジグドリ&リフティング、試合外メンバー

20191229yymrbyyyhh.jpg

2日に放送された情熱大陸は・・・衝撃だった。努力し続けることで、とんでもない所へ辿り着けるのは、医学界でも同じだった。心臓外科医「澤芳樹」の研究は、2年、5年、10年、20年、という長いスパンで行われており・・・今なお継続されている。その研究に「山中伸弥」のiPS細胞が加わり、心臓病の治療は画期的な進化を遂げた。

情熱がもたらす成果は、頭で考えているよりも大きい・・・これが自分の考える、情熱と継続のチカラである。だから、まずは情熱=熱量を求める。選手にも、指導者にも、である。熱量は個人によって違う。夢が大きいのは皆同じだが、そこに向かう決意=志の違いが大きい。継続は簡単ではなく、人は低い方に流れていく。だから夢を掴むのが、限られた人だけなのだ。

ここで凄いのが、澤先生も山中先生も、世のため人のために、情熱を捧げているのだ。自身の栄光のためではなく、世のため人のために継続してきた研究が、結果としてその名を世界に知らしめたのである。彼らはその研究を「使命」だという。自身に課せられた使命は、ことのほか大きなものだが・・・止まることは許されず、また勇気をもって歩んでいくべき道でもある。

夢の大きさに相応しい努力、そしてその継続が必要である

もう一度言うが、君たちには情熱と継続を要求している


soramotoberuhazu14.jpg




ルーティーン 前編・後編(完成版) - 2020.02.06 Thu






強さや高さや速さ、そういった身体能力を向上させるには時間がかかる。年齢によって自然と成長していくモノであり、その後は負荷をかけたトレーニングによって向上していくモノである。

身体能力とは違い、柔軟性に関しては数ヶ月で成果が見える。体が成長してから行うよりも、小中学生の今から取り組む方が効果的でもある。体を良い状態にするのは、選手の役目である。

ストレッチなどは、時間を決めて毎日の日課=「ルーティーン」にしてしまうといい。こういったことを継続するのが意志のチカラであり、君たちが自分のチカラで変えていけることである。

我が敵は、我が妥協にあり ~本田圭佑~




できるまで止めない=できる確率100% - 2020.02.06 Thu

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
2/5 新神田小学校ピロティ

◆全カテゴリー合同
・ロンド
・リフティング

ロンド
6対2、7対2、8対2、学年別、条件あり

リフティング
・リフト(ボールの浮かし方)
 引き同足上げ
 引き逆足上げ
 引き逆足上げクロス
 引き軸足あて
 引き軸足あて⇒スネ打ち
 かかと軸足あて
 かかと軸足あてクロス
 引き上げたたき
 引き上げたたきシザース
 そのままキャッチ
 スネ押し⇒つま先上げ
 挟み上げ
 挟み上げ時間差
 くるり
 ヒールリフト(かかと&インステップ)
 ヒールリフト(インサイド&インサイド)
 ヒールリフト(アウトサイド&アウトサイド)
・テクニック
 クロスオーバー
 ドラゴインフライ
 アラウンド・ザ・ワールド(イン、アウト)



できなくてもいい・・・そんなテクニックはない

できなくてもいい・・・そんな思考が、ただただ残念

できないよりも、できる方がいい・・・そりゃそうだww

できるようになるには、努力するしかないんだ

できるまで止めない=できる確率100%

動画の彼=濱田くん、もちろん・・・静岡学園出身です





他を圧倒できる個を育む - 2020.02.05 Wed

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング(2/4)
①リフティング、創スタンダード(基本8種目)
②リフティング、創スタンダード(キャッチ12種目)
③リフティング、創スタンダード(ステイ8種目)
④A)ヘディング、2人組、3種目
 B)GKトレーニング
⑤A)ゲーム形式、時間制、カテゴリー別
 B)ジグドリ&リフティング、試合外メンバー

20191119mrby.jpg

本来なら中1の4月から活動すると考えれば、現小6のこの時期のトレーニングは、準備として非常に有意義である。そこから逆算すれば、小6よりも小5、小5よりも小4、小4よりも小3・・・彼らが有意義な時間を過ごしているのは間違いない。ダラダラした時間など過ごさせはしない。時間は絶対に無駄にさせない。これがこの環境の意義=世界基準への道だと確信している。

育成年代は基礎を固める大切な時間、中学生年代は高校生年代への繋ぎ、だとしても・・・それだけで終わることなど考えていない。チーム力が5なら7~8の、チーム力が3なら5~6の、それだけの成果を見せることも、指導者として必要だと思っている。育成を結果の言い訳にしないということ。個を育んでいけば、他を圧倒できる個を育めば、それくらいの結果は簡単である。

さぁ、まだまだ上げていくよ!!

夢に向かって本気なら・・・ついてこれるはずだ


soramotoberuhazu14.jpg




トレーニングマッチ ~U11の結果~ - 2020.02.05 Wed

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニングマッチ
U-11カテゴリー、12分×1本
弁慶スタジアムフットサルコート
担当 本多

N-style金沢・U11 0-3 苗代SC

N-style金沢・U11 2-0 苗代SC
得点 エイト、ハルト

N-style金沢・U11 1-0 苗代SC
得点 カンシロウ

N-style金沢・U11 2-0 苗代SC
得点 ユウト、エイト

N-style金沢・U11 0-2 苗代SC

N-style金沢・U11 5-0 苗代SC
得点 ハルト、ユウ、ハルト、ハルト、ユウ

N-style金沢・U11 3-2 苗代SC
得点 シン、コウタロウ、シン

N-style金沢・U11 1-0 苗代SC
得点 カツヤ

苗代さん、いつも有難うございます
これからも互いに切磋琢磨し、選手の育成において競い合えると嬉しいです

20191022kojintrhry.jpg

以下、本多コーチのコメント

直近の大会で見えた課題は運動量。ディフェンスにおけるスタートポジションと役割を頭の中で整理し、積極的なアプローチをかける。攻守の切替えのスピードを上げ、連続してボールと相手を追いかけることが必要。全員がこういった課題をよく理解し、高い位置でボールを奪えていた。トレーニングしてきた1対1の成果が、よく発揮されていたと思います。

全体的な運動量が上がると、サッカーに躍動感が生まれ、見ていて楽しいサッカーになりますね。運動量は技術を支える土台になるもので、これ自体がひとつの大きな武器になり得ます。技術は走力によって支えられ、走力はメンタルの強さに比例すると考えています。試合終盤の大事な場面で、試合を決められる選手は・・・走れる選手です。

育成年代の君たちに対し、単に走るだけのトレーニングは行いません

だから試合では・・・走って、走って、走りまくってもらいたい!!

保護者の皆様
審判、送迎、応援、ありがとうございました。立ち上がりのヌルさは、やはり気になるものの・・・来週の大会が楽しみな内容だったのではないかと思います。今後の成長に弾みをつける大会にしたいですね。また応援、よろしくお願いいたします。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

N-style

Author:N-style
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4880)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR