fc2ブログ
topimage

2022-12

第101回全国高校サッカー選手権大会 2回戦の結果 - 2022.12.31 Sat


第101回全国高校サッカー選手権大会

2回戦の結果

ここまで番狂わせのない大会も珍しいのではないか

どちらが勝ってもおかしくない対戦には運もあるだろう

3回戦の注目カード

日本大学藤沢高校 vs 神村学園高等部

昌平高校 vs 前橋育英高校

101zkss20221321t2l.jpg

101zkss20221321t2r.jpg

大会注目選手
年代別日本代表経験者(候補含)

青森山田(青森)
DF 山本虎
DF 多久島良紀

前橋育英(群馬)
GK 雨野颯真
DF 山田佳
DF 山内恭輔
MF 徳永涼
FW 小池直矢

昌平(埼玉)
GK 上林真斗
DF 石川穂高
DF 上原悠都
MF 荒井悠汰
MF 佐藤海空斗
MF 篠田翼
FW 小田晄平

日大藤沢(神奈川)
DF アッパ勇輝
MF 布施克真

東山(京都)
DF 仲里勇真
MF 阪田澪哉

履正社(大阪)
DF 西坂斗和
MF 名願斗哉

高川学園(山口)
FW 山本吟侍

飯塚(福岡)
DF 藤井葉大

国見(長崎)
MF 北村一真

大津(熊本)
GK 西星哉
DF 碇明日麻
FW 小林俊瑛

神村学園(鹿児島)
DF 吉永夢希
DF 鈴木悠仁
MF 大迫塁
FW 福田師王
FW 名和田我空

20171007ootorigakuen7.jpg

石川県代表校

2022年 星稜高校(31回目の出場)
2021年 星稜高校
2020年 星稜高校
2019年 鵬学園高校(2回目の出場)
2018年 星稜高校
2017年 星稜高校
2016年 鵬学園高校(初出場 ※中島創司・高2)
2015年 星稜高校(全国ベスト4)
2014年 星稜高校(全国制覇=日本一)
2013年 星稜高校(全国2位)
2012年 星稜高校(全国ベスト4)




Pele - 2022.12.30 Fri


ヨハン・クライフ
本名 ヘンドリック・ヨハネス・クライフ
1947年4月25日~2016年3月24日

マラドーナ
本名 ディエゴ・アルマンド・マラドーナ
1960年10月30日~2020年11月25日

ペレ
本名 エドソン・アランテス・ド・ナシメント
1940年10月23日~2022年12月29日

クライフが逝き、マラドーナが逝き、そしてペレが・・・名立たる選手の中でも、世界最高と称される3人が・・・もうこの世にはいない。ペレは人類で唯一、ワールドカップを3度掲げた選手。キャプテン翼を観てサッカーを始めた自分が、最初に憧れたのがブラジルのサッカーで、その頂上にいたのがペレだった。

当時はテレビでサッカーの放送がなく、もちろん動画もない。毎週土曜日30分のダイヤモンドサッカーと、年末の高校サッカーとトヨタカップや天皇杯が楽しみだった。マガジン、ダイジェスト、ストライカー、親に頼んで3大雑誌は全て購入していた。ペレやブラジル代表の映像は、通販でビデオを買って観ていた。

ブラジルが初めてワールドカップで優勝したのは1958年、ペレは17歳で10番をつけて出場していた。17歳239日で決めたゴールは、現在も破られていない最年少ゴール記録。今大会、スペイン代表のガビが18歳110日で歴代3位にランクイン。メッシは7位で、エムバペは10位に入っていない。

あらゆるスポーツで共通するのが、過去と現在の栄光を比べることはできないということ。野球でも、130試合と144試合では打席数も投球回数も違う。投げるピッチャーのスピードも違えば、変化球の種類も違う。サッカーでの進歩も同様、過去と現在を比べることはできない・・・ペレもメッシも、世界最高である。

20221230pele10.jpg




第101回全国高校サッカー選手権大会 1回戦の結果 - 2022.12.29 Thu


第101回全国高校サッカー選手権大会

星稜高校 1-2 東山高校

両チームとも入りはリスク回避で、徐々に繋ぐ時間を増やしていった。どちらも繋いだ方がチャンスになっていたので、蹴りまくった時間が勿体なかった。ワールドカップでは、どの国も繋いでビルドアップしていた(当たり前か・・・笑)。もはや蹴って逃げても何のメリットもないと、理論的にも証明されている。

東山の7番=真田、巧かったね。星稜ジュニア出身でセレッソ大阪U15へ、彼の小学生時代を覚えている。この年の全日はテイヘンズが優勝、真田を自由にさせないために10番=伊勢野華立(現・ツエーゲン金沢U18)がマークしていた。カリュウのスキルとアジリティーが、彼を上回っていた・・・懐かしい。

悪気はないのだろうが・・・アナウンサーは、ロングスローに執着したコメントが多過ぎる。褒めているつもりでも、ロングスローしかないみたいで実は恥ずかしい。実際、星稜はロングスローで1点返しているから・・・批判ばかりはできないけど。あくまでサッカーの一部分であって、選手たちにはもっと良い部分があった。

優勝候補筆頭=前橋育英は逆転勝ちと聞いている。日章学園は全中で優勝したのが現・高3世代で、スタメン8人が学園中出身。ジャイアント・キリングがあるとしたらココかと思っていた。前評判では互角と言われていた立正大淞南と日本文理は、超攻撃的なスタイルの淞南が惜敗、帝京長岡を破った文理も強かった。

101kss2022t1r.jpg

101kss2022t1l.jpg

大会注目選手
年代別日本代表経験者(候補含)

青森山田(青森)
DF 山本虎
DF 多久島良紀

鹿島学園(茨木)
DF 櫻井稜

前橋育英(群馬)
GK 雨野颯真
DF 山田佳
DF 山内恭輔
MF 徳永涼
FW 小池直矢

昌平(埼玉)
GK 上林真斗
DF 石川穂高
DF 上原悠都
MF 荒井悠汰
MF 佐藤海空斗
MF 篠田翼
FW 小田晄平

日大藤沢(神奈川)
DF アッパ勇輝
MF 布施克真

東山(京都)
DF 仲里勇真
MF 阪田澪哉

履正社(大阪)
DF 西坂斗和
MF 名願斗哉

高川学園(山口)
FW 山本吟侍

飯塚(福岡)
DF 藤井葉大

国見(長崎)
MF 北村一真

大津(熊本)
GK 西星哉
DF 碇明日麻
FW 小林俊瑛

神村学園(鹿児島)
DF 吉永夢希
DF 鈴木悠仁
MF 大迫塁
FW 福田師王
FW 名和田我空

20171007ootorigakuen7.jpg

石川県代表校

2022年 星稜高校(31回目の出場)
2021年 星稜高校
2020年 星稜高校
2019年 鵬学園高校(2回目の出場)
2018年 星稜高校
2017年 星稜高校
2016年 鵬学園高校(初出場 ※中島創司・高2)
2015年 星稜高校(全国ベスト4)
2014年 星稜高校(全国制覇=日本一)
2013年 星稜高校(全国2位)
2012年 星稜高校(全国ベスト4)




主導権を握るサッカー - 2022.12.28 Wed


オレ的には、ちょっと懐疑的だな・・・

最近でよく言われているのは、ボールは相手が持っていても主導権は自分たちが握っている・・・これってさ、排他的な都合の良い考えではないかな。今回のワールドカップでは、守備的なチームが勝利した試合が印象的だった。だが優勝したアルゼンチンは、準優勝したフランスはそうだろうか。ブラジルやスペインなどのハイレベルな国が、自ら守備的なスタイルを選ぶことなどない。トレンドがどうであれ、彼らは必ずマイボールで主導権を握る。

反町さんの言うところの、受動的ではなく能動的というのは、主導権を握るサッカーというのは、マイボールから主導権を握るスタイルだと思うのだけれどね。今回の日本サッカーを継続するなら、もっとカウンターに磨きをかけた方が結果が出るのではないか。それなら森保監督続投は納得の人選。ドイツに勝って、スペインに勝った・・・尊敬に値する。けれども、主導権を握るという文言が付くなら・・・残念ながら、一度も観たことはない。


YouTubeで見る・・・をクリック

シャビ、イニエスタ、、、、2010年のワールドカップで優勝したスペイン代表に、世界最高の選手であるメッシが入っていて、指揮官はペップ・グアルディオラ・・・こんなサッカーが体現できるわけではないと、それくらいは十分に承知している。が、主導権を握るサッカーを目指すなら・・・ここだろ!?




ボールを保持するスタイル - 2022.12.28 Wed

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング(12/28)
カテゴリー2担当 中島、本多
カテゴリー1担当 中島、本多

トレーニングメニュー(共通)
①ボールタッチ
②アジリティー&フィジカル
③シュート、バックステップからスルーパス
④A)クワトロ、4対4、勝ち残り方式、カテゴリー2
 B)クワトロ+、6対6、勝ち残り方式、カテゴリー1

clubdefutbolsounokodawari.gif

いつ見る、どこを見ておく、どこでどう合わせる、状況によって使う技術を選ぶ・・・前回の拘りを、さらに深く掘り下げた。よく理解できているので、伝える度にクオリティーが上がっていった。そこから守備における強度を上げると、意識と共にクオリティーは高まり、来年に繋がるトレーニングとなった。カテゴリー2=U13はここまでだが、カテゴリー1=U15は以下の通り・・・さらに1歩2歩、先へ進んでいる。

・プレースピードは一番速い選手に合わせる
・シンキングスピードを上げる状況を創る
・ドリブルは考えておくための時間
・ドリブルは動いておくための時間
・パス交換もドリブルと同様

ウチは「ボールを保持するスタイル」なので、これらの要素が成り立つ。一番上に関しては足の速さ等ではなく、その状況での最速のプレーを指す。1タッチプレーが最も速く、ドリブルが最も遅い。これらはテクニックとインテリジェンスが揃って、はじめてピッチで実現できる。日本はポゼッション系のオーガナイズが多いのに、勝負事となると蹴って逃げてリスク回避するチームが多い。育成に拘りがあるので、オレたちは逃げずに突破する道を選ぶ。



義務が先、娯楽は後

たったそれだけのことで

人生は良い方向へ転がっていく

ヘタクソの上級者への道のりは

己が下手さを知りて一歩目




N-style金沢サッカーアカデミー

お問い合わせ先
nstylekanazawa@gmail.com

【CDF創】への体験参加も受付中!!





トレーニングマッチ U12(結果のみ掲載) - 2022.12.28 Wed

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニングマッチ(フットサル)
四十万小学校体育館
担当 本多

N-style金沢・U12 18-17 額SSS
1本目  1-3 トモヤス、失点、失点、失点
2本目  1-1 失点、レアル
3本目  1-3 シオ、失点、失点、失点
4本目  2-2 リョウ、リョウ、失点、失点
5本目  0-2 失点、失点
6本目  2-0 シオ、シオ
7本目  2-0 トモヤス、レンタ
8本目  0-1 失点
9本目  2-0 ルイ、ルイ
10本目 1-1 失点、ルイ
11本目 4-1 レアル、ソウタ、失点、ショウリ、ソウタ
12本目 2-0 リョウ、ルイ
13本目 0-3 失点、失点、失点
※8分×13本

額さん
いつも有難うございます・・・今後とも、宜しくお願い致します

bonjiteteinstyleno1.jpg



N-style金沢サッカーアカデミー

お問い合わせ先
nstylekanazawa@gmail.com

【CDF創】への体験参加も受付中!!





強さ=正しいと置き換えられてしまうが・・・決してそうではない - 2022.12.27 Tue


高校選手権が始まる前に

アルゼンチンも、フランスも、ブラジルも、スペインも、そして日本も・・・どうしても欲しい1点を取るために、ロングスローを選んだ国はなかった。ワールドカップでベスト8の壁を超えるには、高校生年代にもっとやるべきことがあって、中学生年代までに基礎を固めておく必要がある。勝利至上主義とは対極の感性だな。

世界では16歳や17歳で、プロのピッチに立っている。優秀な選手を集めた名門校が、選手権用にロングスローの練習をしているとするなら、それはちょっと・・・滑稽ではないかな。あの日本が、そんなことを!?・・・日本の高校生は、そんなトレーニングをしているの!?・・・世界が驚く日本の現実かもしれない。

プロと高校生の違いは、事故が起こる確率にあると思う。身体的に高い鍛えられた選手が競って、決められた場所に数名が飛び込むという、安易で幼稚だが効果抜群のセットプレーに、普通の高校生が対応するのは簡単ではない。ピッチ脇にはボールを拭くためのタオルが用意されているのが、現在の日本の高校生の文化だ。

高校も中学生のクラブチームも同じ、勝てば人気が出て優れた選手が入ってくる。優れた選手が多ければ多いほど、勝利と人気が手に入る。この循環に一度でも足を踏み入れてしまうと、もう抜けることはできなくなるのだろう。人の欲は限りないもので、強さ=正しいと置き換えられてしまうが・・・決してそうではない。

セットプレーの手段の1つとして、ロングスローは決して悪ではない。あらゆる場面でゴール前に投げ込めばいいという安易な思考が罪なのだ。勝利のために徹底させる指導者も、勝利のために迷いなく実行する選手も、どちらの思考も残念でならない。思考はいずれ運命になるからな・・・気をつけないといけない。

20220618nstylekanazawasocceracademyob.jpg

星稜が日本一になったとき

彼らはロングスローに頼ってはいなかった

常勝=青森山田の代名詞だが

彼らはロングスロー以外のスキルも相当高い

静岡学園が圧倒的に支持されるのは

彼らの志が高く・・・スタイルが美しいからだ




求めれば得られるものがあるし、できることは沢山ある - 2022.12.26 Mon

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング(12/26)
カテゴリー2担当 中島
カテゴリー1担当 中島

トレーニングメニュー(共通)
①ボールタッチ
②アジリティー&フィジカル
③シュート、バックステップからスルーパス
④シュート、バックステップからスルーパス、サポート付き、DF入り
⑤A)ゲーム形式、5対5+GK、勝ち残り方式、カテゴリー2
 B)ゲーム形式、4対4+GK、勝ち残り方式、カテゴリー1

clubdefutbolsounokodawari.gif

いつ見る、どこを見ておく、どこで合わせる、状況によってプレーを変える・・・どこまで細かい部分に拘れるか、その中でどこまで正確にやれるか。試合には相手がいて、相手がいるところで実現できないと意味がない。そのために体作りも欠かせない。求めれば得られるものがあるし、できることは沢山ある。この冬のハンデを超えていけ!!・・・やるかやらないか、そこは君たち次第だ。

義務が先、娯楽は後

たったそれだけのことで

人生は良い方向へ転がっていく

ヘタクソの上級者への道のりは

己が下手さを知りて一歩目




N-style金沢サッカーアカデミー

お問い合わせ先
nstylekanazawa@gmail.com

【CDF創】への体験参加も受付中!!





2人のソウシ - 2022.12.26 Mon


岩岸宗志(イワギシソウシ)

来季、カマタマーレ讃岐(J3)への入団が内定

ディアブロッサ高田U12
ディアブロッサ高田U15
星稜高校
同志社大学

星稜高校では2年と3年で全国大会に出場、3年時は10番でキャプテン。この年、別宗裕太(2年)は夏の国体で全国2位となり、冬の選手権でも不動のスタメンとしてフル出場。岩岸は頼れるキャプテンであり、尊敬する先輩でもあった。

2016年6月25日、能登島グラウンドで行われた北信越プリンスリーグ。鵬学園の7番は中島創司(2年)、星稜の24番は岩岸宗志(1年)・・・中盤に「2人のソウシ」がいた笑。星稜で1年でスタメン、当時から岩岸は抜けた存在であった。

20160625sn001.jpg

20160625sn003.jpg

20160625sn004.jpg

20160625sn002.jpg

2016070414210000.jpg

2016070414210001.jpg




インカレ2022 準決勝の結果 - 2022.12.26 Mon


第71回全日本大学サッカー選手権大会(通称インカレ)

◆準決勝の結果

国士舘大学 0-1 新潟医療福祉大学

桐蔭横浜大学 2-1 関西学院大学

◆決勝戦

元日 国立競技場 14時キックオフ

新潟医療福祉大学 vs 桐蔭横浜大学

どちらが勝っても・・・初優勝!!




第101回全国高校サッカー選手権大会 大会注目選手 - 2022.12.25 Sun


第101回全国高校サッカー選手権大会

12月29日 12:05キックオフ

星稜高校 vs 東山高校

20171007ootorigakuen7.jpg

大会注目選手
年代別日本代表経験者(候補含)

青森山田(青森)
DF 山本虎
DF 多久島良紀

鹿島学園(茨木)
DF 櫻井稜

前橋育英(群馬)
GK 雨野颯真
DF 山田佳
DF 山内恭輔
MF 徳永涼
FW 小池直矢

昌平(埼玉)
GK 上林真斗
DF 石川穂高
DF 上原悠都
MF 荒井悠汰
MF 佐藤海空斗
MF 篠田翼
FW 小田晄平

日大藤沢(神奈川)
DF アッパ勇輝
MF 布施克真

東山(京都)
DF 仲里勇真
MF 阪田澪哉

履正社(大阪)
DF 西坂斗和
MF 名願斗哉

高川学園(山口)
FW 山本吟侍

徳島市立(徳島)
GK 藤澤芭琉

飯塚(福岡)
DF 藤井葉大

国見(長崎)
MF 北村一真

大津(熊本)
GK 西星哉
DF 碇明日麻
FW 小林俊瑛

神村学園(鹿児島)
DF 吉永夢希
DF 鈴木悠仁
MF 大迫塁
FW 福田師王
FW 名和田我空

大会の最注目選手は
東 荒井悠汰
西 福田師王
どちらも知らない人はいないだろう

荒井は高2の3月、すでにFC東京でプロデビューしている。福田はJ10チームのスカウトを蹴って、ドイツのボルシアMGへ入団する。動画で検索すれば、数多くのプレーが観れるだろう。中島の最注目選手は履正社の10番=名願斗哉、川崎フロンターレへの入団が内定している。現時点で・・・というよりは、将来の大器といった感じ。昨シーズン、興國高校から川崎に入団した永長鷹虎のような、只者ではないオーラを纏っている。

戦力的には昌平と神村学園が抜けていると思われるが、優勝は前橋育英か大津と予想する。ベスト4に入るチームは、優れたGKがいることが前提だろう。その上でトーナメントを勝ち抜く難しさを考えると、夏に日本一になっている前橋育英と、昨年の準優勝を経験している大津かなと思う。この2校は同じ山で、昌平や立正大淞南もいる。最難関ブロックを勝ち抜いたチームが、日本一に輝くと予想するが・・・どうだろうか。

2回戦で当たると予想される好カード

日大藤沢 vs 米子北

このどちらにも、優勝の可能性がある・・・強いよ

20161105ootorigakuen002.jpg

20161105ootorigakuen001.jpg

20161230ootorigakuen001.jpg

20161230ootorigakuen002.jpg

2017010616100000.jpg

石川県代表校

2022年 星稜高校(31回目の出場)
2021年 星稜高校
2020年 星稜高校
2019年 鵬学園高校(2回目の出場)
2018年 星稜高校
2017年 星稜高校
2016年 鵬学園高校(初出場 ※中島創司・高2)
2015年 星稜高校(全国ベスト4)
2014年 星稜高校(全国制覇=日本一)
2013年 星稜高校(全国2位)
2012年 星稜高校(全国ベスト4)




ガンバレ!! ジュビロ磐田!! - 2022.12.24 Sat


以下、公式HPより

ファビアン・ゴンザレス選手の契約に関して国際サッカー連盟(FIFA)の紛争解決室が下した決定に対し、2022年10月19日にスポーツ仲裁裁判所(CAS)へ上訴していた件について、12月20日に審問が行われ、下記のとおり、12月22日に仲裁判断が下されましたのでご報告申し上げます。

申し立てが認められなかったことは誠に遺憾ではございますが、当クラブはスポーツ仲裁裁判所の仲裁判断に従い、スポーツ制裁を受け入れることといたします。

なお、スポーツ仲裁裁判所が下記結論に至った理由は現時点においては明示されておりません。そのため、当リリースに記載されていないご質問には回答いたしかねますので、何卒ご了承ください。

この度の結果を非常に重く受け止め、ガバナンス体制を改めて見直し、再発防止を図ってまいります。本件に関しまして、ジュビロ磐田に関わるすべての皆さまに心よりお詫び申し上げます。

仲裁判断
当クラブが2022年10月19日に申し立てた上訴を棄却する



この裁定は子供たちの未来に関わることであり、常識からすれば到底受け入れられないもの。プロサッカー選手なのだから契約事項に関しては、代理人と本人が一番よく分かっているはず。もしタイのクラブの契約が無視されたのであれば、それは磐田ではなく本人と代理人に過失があるのは明白。懲罰が下部組織にまで及ぶ有り得ないFIFAとCASの判断に・・・憤りを隠せない。

負けずに立ち上がってもらいたい

初心に還り、志を立てて、前を向いてほしい

未来ある・・・子供たちのために・・・

ガンバレ!! ジュビロ磐田!!




10月20日のブログ「FIFAの処分はジュビロ磐田の下部組織まで」を再掲載 - 2022.12.24 Sat


驚きをもって、この記事を読んだ

ゲキサカ記事 ←クリック(タップ)

FIFAの処分はジュビロ磐田の下部組織まで

U18、U15、ジュビロSS、サッカースクールにおいて、2023年度に当クラブに新規入団する新高校1年生、新中学1年生、新小学5年生および新小学6年生は、2023年1月から2023年12月までの間、日本サッカー協会への登録が必要となる大会・活動への参加が認められない(ただし、2022年に当クラブで登録済の選手は除く)。

ジュビロ磐田の対応

当クラブとしては、ファビアン・ゴンザレス選手が当クラブとの契約締結前にタイのクラブと契約を締結していた事実を認識しておらず、同契約の存在にもかかわらず同選手を引き抜いたといった事実も存在しないため、本決定に対して不服申立てを行うこととし、本日10月19日にスポーツ仲裁裁判所(CAS)へ上訴した。




¡Feliz Navidad! - 2022.12.24 Sat


¡Feliz Navidad!

20221222toledoes01.png




Nos vemos de nuevo el año que viene - 2022.12.23 Fri

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
12/23 新神田小学校ピロティ

悪天候により中止・・・残念

bonjiteteinstyleno1.jpg

年内最終日が寒波で暴風雪。ピロティは問題なく使えるが、交通の危険性を考慮して中止とした。基本的にアカデミーは中止にならないので、年に1~2回の緊急事態が年内最終日となってしまった。残念だが、明日へ繋げてこその活動・・・今日は我慢だ。これから深夜まで積もるだろうが・・・明日は大雨が予想されているので、少しは雪が溶けると嬉しいね。

今年は小さい子が増えて、とても賑やかな活動になった。園児や小学校低学年までは、遊びの中でボールと友だちになってもらいたいね。ボールに触る時間が多ければ多いほど、必ず上達していく。このアカデミーでは基礎を徹底しており、1人に1個のボールを使ったトレーニングから始めて、終盤は遊びの要素を増やしている。来年も変わらず、コツコツと伝えていくよ。

Nos vemos de nuevo el año que viene

¡Vamos al futuro!




N-style金沢サッカーアカデミー

お問い合わせ先
nstylekanazawa@gmail.com

【CDF創】への体験参加も受付中!!





年内ラスト2回 - 2022.12.22 Thu

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
12/21 いしかわ総合スポーツセンター

◆カテゴリー2(小学生)
・ドリブルテクニック
・リフティング
・1対1
・ゲーム形式
・クワトロ

ドリブルテクニック
フリー、各自で課題を熟す

リフティング
フリー、各自で課題を熟す

1対1
10m×7m、コーンゴール×4、学年別、勝ち残り方式

ゲーム形式
10m×20m、コーンゴール×8、3対3、4対4、学年別、勝ち残り方式

クワトロ
14m×20m、ミニゴール×4、5対5、6対6、学年別

◆カテゴリー1(中学生)
・リフティング
・1対1
・ゲーム形式
・クワトロ

リフティング
・個人
 各自で課題を熟す
・2人組、リフティングパス交換
 インサイド(1タッチ)
 アウトサイド(1タッチ)
 ヘディング(1タッチ)
 下半身トラップ(フリータッチ、6m)
 上半身トラップ(フリータッチ、6m)

1対1
10m×7m、コーンゴール×4、学年別、勝ち残り方式

ゲーム形式
10m×20m、コーンゴール×8、3対3、4対4、学年別、勝ち残り方式

クワトロ
20m×20m、ミニゴール×4、6対6、学年別、勝ち残り方式

bonjiteteinstyleno1.jpg

2022年の活動も、残り2回となった

大きなケガもなく、それぞれが成長できて

順調な一年だったと・・・胸を張って言える

23日金曜日に新神田小学校で年内ラスト

新年は・・・1月11日、新神田小学校でスタート!!




N-style金沢サッカーアカデミー

お問い合わせ先
nstylekanazawa@gmail.com

【CDF創】への体験参加も受付中!!





準備が全て、つまりは日常が全て - 2022.12.21 Wed

club de futbol 創 = CDF創

トレーニング(12/20)
カテゴリー2担当 中島

トレーニングメニュー
①リフティング、個人、創スタンダード
②ドリブルテクニック、創スタンダード
③ロンド、4人組スクエア、3対1、条件あり
④ポゼッション、多色ビブス、4(2+2)対2、条件あり
⑤1対1、コーンゴール×4、勝ち残り方式
⑥3対3、コーンゴール×8、勝ち残り方式

clubdefutbolsounokodawari.gif

準備が全て、つまりは日常が全て

突き詰めれば突き詰める程に、そう思う

ウォーミングアップをするのは良いパフォーマンスを発揮するための準備であり、体を解すことでケガの防止にも繋がっている。練習後のストレッチは、翌日に疲れを残さないため・・・これは先を見越した準備と言える。毎日のトレーニングも、将来の成功のために積み重ねている準備である。

北陸の冬は超えていかねばならないハンデであり、何ができるかを考える=工夫が必要になる。技術を磨くか、知識を増やすか、体を鍛えるか・・・工夫すれば、できることはある。ケガをしていたとしても、待っているだけでは進めない。どんなことであれ、一日一枚を積み重ねる・・・それが夢を掴むための準備に他ならない。

義務が先、娯楽は後

たったそれだけのことで

人生は良い方向へ転がっていく

ヘタクソの上級者への道のりは

己が下手さを知りて一歩目




N-style金沢サッカーアカデミー

お問い合わせ先
nstylekanazawa@gmail.com

【CDF創】への体験参加も受付中!!





安宅カップ U12の結果 - 2022.12.20 Tue

N-style金沢サッカーアカデミー

第11回安宅カップ交流大会
弁慶スタジアム屋内人工芝フットサルコート
担当 本多

◆予選リーグ(10分ハーフ)

N-style金沢・U12 9-0 安宅FC・B
前半5-0 コウキ、コウキ、ルイ、ルイ、レアル
後半4-0 レアル、リョウ、ハルマサ、トモヤス

N-style金沢・U12 9-1 根上SC
前半4-1 トモヤス、リョウ、トモヤス、失点、レアル
後半5-0 コウキ、レアル、トモヤス、ハルマサ、レアル

グループ1位で決勝トーナメントへ

◆決勝トーナメント(12分ハーフ)

1回戦
N-style金沢・U12 3-3 小松北FC
前半2-2 失点、トモヤス、失点、コウキ
後半1-1 ルイ、失点
PK2-3
小松北   ○✕○○
Nスタイル ○○✕✕

義経トーナメント(5位~8位決定戦)へ

N-style金沢・U12 5-3 松任中央SSS
前半1-2 ハルマサ、失点、失点
後半4-1 失点、OG(得点)、ルイ、レアル、コウキ

N-style金沢・U12 2-1 川北FC
前半2-1 リョウ、ハルマサ、失点
後半0-0 

12チーム中、5位で大会終了

主催の安宅さん、根上さん、小松北さん、松任中央さん、川北さん
いつも有難うございます・・・今後とも、宜しくお願い致します

bonjiteteinstyleno1.jpg

以下、本多コーチのコメント

昨年のフットサルや直近の試合での反省を踏まえて、攻守にメリハリをつけることのみをアドバイスしました。これまでは常にプレーが強引で、カウンターを受けることが多かったのですが、この日はポゼッションとカウンターを上手く使い分けて得点を重ね、危なげなく予選リーグを突破することができました。決勝トーナメントを前に、予選の結果に気を緩めないことや、当初のテーマをみんなでよく話し合い、挑むことができていたと思います。

決勝トーナメントに入ると相応のプレッシャーがかかったようで、パワーのある相手に常に先手を取られる苦しい展開。どうしても顔が下がり気味で、相手を見てサッカーすることが難しい状況になっていました。一度は逆転ゴールを決める逞しさは見せてくれましたが、最後の失点は警戒していたキックオフ直後のシュートで、一瞬の油断が手に入れかけていた勝利を逃す結果となりました。勝負のかかった試合で結果を出すことの難しさを、身をもって体験しましたね。

決勝トーナメント1回戦敗退は残念でしたが、この試合の反省をみんなで話し合い、その後の試合は気持ちをコントロールしてやってくれたと思います。残念ながら今大会は優勝には届きませんでしたが、中学生年代に向けて少しずつですが逞しくなっているとは思いました。

保護者の皆さんへ
審判や得点係など沢山のサポート、有難うございました。残念ながら優勝には届かず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。警戒していたことが防げず、ちょっとしたアドバイスに気付けず、自分も反省することばかりです。中学生まであと少し、しっかりと向き合っていきますので、また応援よろしくお願いします。



N-style金沢サッカーアカデミー

お問い合わせ先
nstylekanazawa@gmail.com

【CDF創】への体験参加も受付中!!





選手募集のお知らせ - 2022.12.20 Tue


『N-style金沢 Soccer Academy』


新規メンバー 随時、募集中

ぜひ、遊びに来て下さい

体験参加 随時、受付中

きっと、サッカーの価値観が変わります

足元の巧いGKを目指す! なら、ここです


bosyuutirasi001003.jpg


サッカースクール活動

2022年4月より12年目に入りました

これまでも多くの選手に関わり

多くの選手が巣立っていきました


ここでサッカーを始める・・・大歓迎です

体験参加、いつでもOKです

無所属の選手でも試合経験を積むことができます

遊びに行く感覚で来てもらえれば十分です


何か上手くいっていない

もっともっと巧くなりたい

成長するキッカケがほしい

そんな選手もまた、ここで掴んでください



vamosafuturo20140103snsk.jpg


練習は週3回

毎週 月 水 金 曜日


◆4月~9月の練習会場

  新神田小学校グラウンド

  新神田小学校ピロティ


◆10月~翌年3月の練習会場

  新神田小学校グラウンド

  新神田小学校ピロティ

  いしかわ総合スポーツセンター


vamosafuturo20150104snsk.jpg


遅刻、早退、問題ありません

かほく市や富山からも参加しています


週1回からの参加でもOK

本気なら、誰でも参加できます


小・中学生が100名ほど在籍

大きな夢と、本気で向き合っています


↓まずは連絡ください↓

nstylekanazawa@gmail.com

【CDF創】への問い合わせも受付中



vamosafuturo20171230snsk.jpg


夢に向かって“本気”なら

門はいつでも・・・開いています




トレーニングの予定 2022年12月~2023年1月 - 2022.12.20 Tue


『N-style金沢 Soccer Academy』


bosyuutirasi001003.jpg


◆トレーニングの予定

 新神田小学校グラウンド&ピロティ
 全学年 17時~20時
 ※21時まで自主トレ可能です

 いしかわ総合スポーツセンター(以下、スポセン)
 小学生 18時~19時30分
 中学生 19時30分~21時
 ※後期日程のみ使用します
 
 【2022年4月~9月】

  祝日を除く 月 水 金 曜日

  新神田小学校 全学年17時~20時

  21時まで自主トレ可能です
  遅刻も早退も問題ありません
  何時に来ても練習できるようになっています

 【2022年12月】

  2日(金)  新神田小学校

  5日(月)  新神田小学校

  7日(水)  スポセン

  9日(金)  スポセン

  12日(月) スポセン

  14日(水) 新神田小学校

  16日(金) 新神田小学校

  19日(月) 新神田小学校

  21日(水) スポセン

  23日(金) 新神田小学校(2022年最終日)

  26日(月) 年末休み

  28日(水) 年末休み

  30日(金) 年末休み

 【2023年1月】

  2日(月)  振替休日

  4日(水)  年始休み

  6日(金)  年始休み

  9日(月)  成人の日

  11日(水) 新神田小学校(2023年開始日)

  13日(金) スポセン

  16日(月) 新神田小学校

  18日(水) スポセン

  20日(金) 新神田小学校

  23日(月) スポセン

  25日(水) スポセン

  27日(金) スポセン

  30日(月) スポセン

その他、土日祝日にもトレーニング=「ストリート」を行っています。不定期ですので、メンバーのみLINE等で連絡しています。こちらもぜひ、参加されてください。


20150227004ns.jpg


◆トレーニング参加における注意事項

新神田小学校
確認事項は以下の通りです
・トレーニングシューズで参加
・スパイクは禁止しています
・荷物はピロティに置きます
・明るいうちはグラウンドを使用
・悪天候の場合はピロティを使用
・トレーニングの時間
 全学年共通 17時~20時
 自主トレ 21時まで可能
 ※遅刻や早退も問題ありません

いしかわ総合スポーツセンター
確認事項は以下の通りです
・フットサルシューズで参加
・靴底が黒いものは禁止です
・ボールは洗って持ってくること
・入館及び帰宅時にはマスク着用(必須)
・入館時に検温が実地されます
・参加料は要項記載通り19時30分に集めます
 1人200円、兄弟2人目より100円
・トレーニングの時間
 小学生 18時~19時30分
 中学生 19時30分~21時
 感染防止人数調整のため時間外の参加は不可
 兄弟別時間の方のみ中島に相談してください


◆新神田小学校の駐車について

迎えのとき、正門の入り口付近に路上駐車されますと、他の使用者や先生方に迷惑がかかります。門から入って右折し、突き当りを左折すると、奥から駐車できますので、そちらからお願い致します。門から入って左側は、体育館使用団体の駐車場ですので、駐車しないでください。



【CDF創】への入団について、その他

アカデミー体験参加などの問い合わせ先

nstylekanazawa@gmail.com



20161226sm002.jpg


 夢なき者に成功なし

        吉田松陰


 苦しまずして栄光なし

        黒田博樹


 今日を今日中に使い切れ

        斎藤興龍


 我が敵は我が妥協にあり

        本田圭佑


 努力に勝る天才なし

        長友佑都





リフティング歴代の記録 ~2022年12月20日現在~ - 2022.12.20 Tue


以下の規定の中で記録を上回った選手は連絡ください

①落とさなければ、どこを使ってもOK
②大人が数えた回数であること
※自分以外の中学生以上が数えた回数でもOK
※出来るだけカウントする器具を使ってください
※記載しても問題ない会員の方に限ります

歴代記録を更新して名前を残す
君たちの挑戦・・・楽しみに待っています♪



『N-style金沢 Soccer Academy』

リフティング歴代の記録
※フリースタイルでの回数、達成者(記録した年月、当時の学年)
※アカデミー開校記念日により、4月8日からり新学年とする
※赤字は2022年の記録

歴代1位
33804回 本多岳人 (2020年2月、小学6年生)

歴代2位
28189回 小中廣樹 (2020年3月、小学3年生)

歴代3位
27568回 中島創司 (2012年11月、中学1年生)

歴代4位
22296回 小中廣樹 (2020年3月、小学3年生)

歴代5位
21838回 斉藤暖斗 (2021年4月、小学6年生)

歴代6位
21574回 網蒼太朗 (2020年2月、小学6年生)

歴代7位
21121回 村尾和生 (2020年2月、中学2年生)

歴代8位
20135回 中﨑滉太 (2020年3月、小学6年生)

歴代9位
19216回 坂航太朗 (2020年3月、小学5年生)

歴代10位
18731回 貝塚瑛斗 (2020年4月、小学5年生)


11位~20位
18463回 森翔平  (2020年2月、中学2年生)
18329回 本多岳人 (2018年12月、小学5年生)
17358回 山下大空 (2020年3月、小学6年生)
17016回 河内歳三 (2017年3月、小学4年生)
16474回 坂航太朗 (2020年2月、小学5年生)
16279回 小中廣樹 (2020年2月、小学3年生)
16134回 寄留稜太郎(2020年2月、小学5年生)
15990回 山田智稀 (2020年3月、中学2年生)
15825回 松本淳志 (2017年2月、小学6年生)
14904回 岡純也  (2018年12月、中学2年生)

21位~30位
14741回 網勘史朗 (2020年3月、小学4年生)
14221回 中島創司 (2012年11月、中学1年生)
14112回 今井勇希 (2018年12月、小学5年生)
13614回 網蒼太朗 (2018年12月、小学5年生)
13514回 森尾雄斗 (2021年2月、小学6年生)
13139回 安田唯人 (2014年3月、小学6年生)
13103回 杉田真  (2020年2月、小学5年生)
12993回 松田純士朗(2018年12月、中学2年生)
12875回 山下大空 (2020年3月、小学6年生)
12688回 中村藍ノ介(2019年4月、小学6年生)

31位~40位
12610回 中村藍ノ介(2020年3月、中学1年生)
12534回 新出智康 (2021年2月、小学4年生)
12520回 渡璃空  (2017年3月、小学6年生)
11845回 斉藤暖斗 (2021年2月、小学6年生)
11627回 藤田結也 (2020年3月、小学6年生)
11548回 小中廣樹 (2019年11月、小学3年生)
11520回 北野陽大 (2020年3月、小学6年生)
11482回 小中颯真 (2020年4月、小学6年生)
11387回 坂航太朗 (2019年4月、小学4年生)
11213回 吉川稀琉 (2021年3月、小学3年生)

41位~50位
11121回 遠藤祐輝 (2020年2月、中学3年生)
11111回 網勘史朗 (2018年12月、小学3年生)
11011回 三浦優輝 (2020年12月、小学6年生)
10908回 麦元翔  (2018年1月、小学4年生)
10880回 中村杏二郎(2021年2月、小学5年生)
10783回 水巻正斉 (2020年2月、小学5年生)
10756回 村尾和生 (2018年12月、中学1年生)
10692回 中﨑滉太 (2018年12月、小学5年生)
10668回 本多岳人 (2017年11月、小学4年生)
10600回 寄留稜太郎(2019年4月、小学5年生)

51位~
10529回 山下大空 (2019年5月、小学6年生)
10497回 池村結生 (2020年3月、小学5年生)
10487回 小中廣樹 (2019年4月、小学2年生)
10460回 斉藤暖斗 (2020年1月、小学5年生)
10367回 長野廉士 (2021年2月、小学6年生)
10252回 角田晃士郎(2021年3月、小学5年生)
10248回 中村藍ノ介(2018年3月、小学5年生)
10221回 森翔平  (2020年1月、中学2年生)
10165回 杉田陽  (2017年3月、小学4年生)
10121回 本多英人 (2014年3月、小学6年生)
10120回 二口修伍 (2020年5月、中学1年生)
10073回 安田悠真 (2014年3月、小学4年生)
10050回 中島創司 (2011年12月、小学6年生)※アカデミー最初の記録
10035回 武内貴哉 (2014年3月、小学6年生)
10002回 末田琉偉 (2022年4月、小学5年生)
9475回  安田悠真 (2014年3月、小学4年生)
9200回  水巻正斉 (2018年12月、小学4年生)
8896回  北澤巧成 (2019年1月、中学1年生)
8617回  坂航太朗 (2019年3月、小学4年生)
8438回  別宗裕太 (2014年3月、小学6年生)

アカデミーOBの記録(卒団後のため、正式記録に数えず)
25188回 本多英人 (2020年2月、高校3年生)
15901回 北澤巧成 (2020年3月、中学2年生)


以上がアカデミーの公式記録
10000回以下は5名まで記載
65位までの記録は、10000回を超えている
つまり・・・名を残すには、最低10000回が必要

各年代における歴代の記録

小学1年生 米田煌基   1581回

      小中廣樹   2671回

小学2年生 伊勢野華立  3153回

      小中廣樹   6142回

      小中廣樹  10487回

小学3年生 安田悠真   6270回

      網勘史朗  11111回

      吉川稀琉  11213回

      小中廣樹  11548回

      小中廣樹  16279回

      小中廣樹  22296回

      小中廣樹  28189回

小学4年生 安田悠真  10073回

      杉田陽   10165回

      本多岳人  10668回

      麦元翔   10908回

      坂航太朗  11387回

      新出智康  12534回

      網勘史朗  14741回

      河内歳三  17016回

小学生の間に10000回を超えたのは35名

7名が4年生で、2名が3年生で、1名が2年生で!!

記録とは・・・後に続く者たちのためにある

目指すべきものであり、超えていくべきものである

夢に続く道は創られ、伝統は系譜として受け継がれる


2016120514250001.jpg


始めたときは皆・・・5回も出来なかった

5回が30回になり、やる気と興味を持つ

30回が100回になり、達成感を味わう

100回を超えれば・・・

300回~1000回は、その翌日にも出来る

努力は・・・人を変える





インカレ2022 3回戦の結果 - 2022.12.20 Tue


第71回全日本大学サッカー選手権大会(通称インカレ)

◆3回戦の結果

20221218inc3best4.png

青森山田など全国の強豪校やJユースから主力を獲得、新興勢力の新潟医療福祉大学が念願のベスト4進出。総理大臣杯優勝の国士舘大学や関西第1代表の関西学院大学は順当に勝ち進み、関東1部上位対決は桐蔭横浜大学に軍配が上がった。

◆準決勝の対戦カード

25日 カンセキスタジアムとちぎ

11時キックオフ
国士舘大学 vs 新潟医療福祉大学

14時キックオフ
桐蔭横浜大学 vs 関西学院大学




U16チャンピオンシップ2022 優勝 帝京長岡高校 - 2022.12.20 Tue


MIZUNO U16チャンピオンシップ2022

決勝
帝京長岡高校 4-0 神村学園高等部

3位決定戦
星稜高校 1-0 西武台高校

準決勝
帝京長岡高校 5-0 星稜高校
神村学園高等部 3-2 西武台高校

それぞれがチーム事情(選手権登録メンバー不在など)によって、ベストメンバーではないとのこと。だが、北信越代表の2校が優勝と3位・・・希望のある結果となった。彼らと対戦して経験した差が、全国トップレベルとの差でもある。ゴールとまでは言えないけれど、目標が見えていることは・・・とても重要なんだ。

20221119u16ygfc17sugitaharu.jpg




積み重ねてきたDNA - 2022.12.20 Tue

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
12/19 新神田小学校ピロティ

◆全カテゴリー合同
・リフティング
・ドリブルテクニック
・ロンド
・ドリブル競争

リフティング
・フリー
 各自で課題を熟す
・基本5種目
 インステップ
 インサイド
 アウトサイド
 もも
 ヘディング
・キャッチ
 インステップ
 インサイド
 アウトサイド
 股
 もも裏
 ラボーナ

ドリブルテクニック
・コーディネーション
 インサイド&逆足アウトサイド
 ダブルタッチ
 12内ナメ
 12外ナメ
 アウトサイド
 スキップ

ロンド
3対1~10対2、条件あり

ドリブル競争
コーン×10、条件あり、罰ゲームあり、中学生のみ

bonjiteteinstyleno1.jpg

積雪・・・冬本番と実感する中、せっかく来たのだから・・・思いっきり楽しんでもらいたいね。ドリブルで、リフティングで、競争してみると・・・それぞれの成長がハッキリと見える。小学生低学年から参加しているメンバーは、技術レベルが随分と高いことが分かる。いま始めたばかりのメンバーも、いずれはこうなっていくんだなと。12年前・・・アカデミー創成期から積み重ねてきたDNAは、確実に受け継がれている。



N-style金沢サッカーアカデミー

お問い合わせ先
nstylekanazawa@gmail.com

【CDF創】への体験参加も受付中!!





笑いに変える文化が人を繋ぐ - 2022.12.19 Mon


芸能界には、特に芸人には、イジルという文化がある。ディスルことを笑いに変えて、それをオイシイと捉える。これも成立した文化だろうと思うが、近年では過敏になり・・・何事にもハラスメントが付き纏う。確かに、使い方を間違えれば人を傷つけてしまう。しかしながら、それを笑いに変える文化が人を繋ぐのも事実である。

今回のM1グランプリでウエストランドが優勝したのも、審査員=芸能界の立場のある人たちのメッセージではないのかな。ネットでは審査員の山田邦子への批判が凄かった。上沼恵美子でもダメ、山田邦子でもダメ・・・世間の批判はハラスメントを超えていると思うが、それもオイシイと捉える逞しさが必要な時代になった。

個人的に、一番笑えたのは・・・CMだったww

オレは売れてない頃から、空気階段のファンだからなww








カタール2022 サッカーの進化は止まらない - 2022.12.19 Mon


FIFAワールドカップ カタール2022

サッカーの進化は止まらない

優勝       アルゼンチン(78、86、22)
大会MVP    リオネル・メッシ(ARG)
大会得点王    キリアン・エムバペ(FRA)
最優秀GK    エミリアーノ・マルティネス(ARG)
ヤングプレーヤー エンツォ・フェルナンデス(ARG)

近年では最高の試合のひとつとなった決勝戦。このブログでも書いていたが、アルゼンチンの優勝を予想していたのは自分くらいだろうか。実力的にはブラジルとフランスが抜けていたが、シーズン中の大会ということもあってか・・・番狂わせの多い大会だった。その最たるは日本であり、誰がドイツとスペインに勝つと予想できたであろうか。どの国も巧くて、身体的にも速くて強かった。テクノロジーだけでなく、サッカーは新時代に入ったと実感した。

息子と電話しながら観戦。アルゼンチンが2点差をつけたが、このまま終わるはずがない。驚きはフランス、前半ラストでのFW2枚替え。ハーフタイムの方が効果的だと思うが、案の定・・・後半も変わらずアルゼンチン優勢。コマン、カマヴィンガ・・・最高のタイミングで投入、アッという間の同点、そこからは耐えるだけの時間。遅めの交代で息を吹き返したアルゼンチンが3点目。だがオレたち親子の祈りは通じず笑、フランスにもモンスターがいた。

延長後半ラスト、試合を決めるビッグセーブがあった。あれでアルゼンチンのGKマルティネスが、一段階上のゾーンに入った。メッシのPKは凄かった。息子のチームメイトの話だが、GKは・・・これは、いざというときのために書かないでおこう笑。フランスは次もある。若い才能で溢れている。アルゼンチンはメッシ抜きで苦しくなる。これまでのようにはいかない。今大会であらためて確信したのは、「個を育む」ことが世界への道ということだな。

2022qwcargmessi10.jpg




Feliz navidad - 2022.12.18 Sun


海の向こうで・・・

Feliz navidad (メリークリスマス)

cena (食事会)

20221217cena.jpg

第14節終了後に行われたクリスマスの食事会

シーズンは5月まで続くが

ここから年明けまで短い期間のオフとなる

昨年はバルセロナへ・・・さて、今年は

20211224campnoufcb.jpg

20211224soshinakajimainbarcelona.jpg




誰だって間違いはあるが、そこからどう学んで、そこからどう行動するかってことだ - 2022.12.17 Sat

club de futbol 創 = CDF創

トレーニングマッチ
金沢市スポーツ交流広場(人工芝)、雨
担当 中島、中村

CDF創・U14 3-1 FC.TON
1本目0-1 失点
2本目2-0 ジュンタ、ジュキ(FK)
3本目0-0
4本目1-0 ユウ
※30分×4本

clubdefutbolsounokodawari.gif

中2に関しては、先日のトレーニングでの雰囲気からも、よくないことは簡単に想像できた。ほんの少しのキッカケで変われる中3とは、サッカーでも人間性の部分でも、随分と大きな開きがある。誰だって間違いはあるが、そこからどう学んで、そこからどう行動するかってことだ。差とは、つくものでなくつけるもの・・・随分と差がついたな。兎にも角にも、あらゆる面で認識が甘い。

例えば・・・スローインが上手くいかないなら、サイドバック主導で話し合えばいい。投げやすい距離とか、何パターンかつくってもいいし。こちら側=指導者からすれば・・・そんなことまで細かく教えないとできんの!?・・・自分たちで考えたらアカン言うてますか!?・・・いつもピーチクパーチク何喋ってんのよ!?・・・逆に何も言わないのはどうなん!?・・・と思うけどね。

もうね、そういう段階なのよ。自分たちで歩きださないと。でね、もう12月・・・シーズン開幕まで4ヶ月よ。チームとしては、大きなチャンスがある。ここまではチャレンジも容認できたけど、フリーで受けて簡単にボールを失う選手は、1stチームではピッチに立てないよ・・・そんなに甘くない。学年別に構成することを考えていたけれど、どうやら白紙にしないといけないようだ。

義務が先、娯楽は後

たったそれだけのことで

人生は良い方向へ転がっていく

ヘタクソの上級者への道のりは

己が下手さを知りて一歩目




N-style金沢サッカーアカデミー

お問い合わせ先
nstylekanazawa@gmail.com

【CDF創】への体験参加も受付中!!





人生変えたいなら・・・行動を起こせ - 2022.12.17 Sat


20221216kw.jpg

20221216iw.jpg

このハンデを超えていかないとな

やるべきことはやる・・・そう覚悟して

泣き言いっても、何も変わらないから

人生変えたいなら・・・行動を起こせ

2013122813340000sn.jpg
2013年12月28日

2013122912350000sn10.jpg
2013年12月29日

2013123014240000.jpg
2013年12月30日

2013123114330000sn10.jpg
2013年12月31日




マンネリを防ぎ、モチベーションを上げ、それでいて技術レベルを向上させる - 2022.12.17 Sat

N-style金沢サッカーアカデミー

トレーニング
12/16 新神田小学校ピロティ

◆全カテゴリー合同
・リフティング
・ドリブルテクニック
・ロンド
・ドリブル競争

リフティング
・フリー
 各自で課題を熟す
・たたき
 ソール=足の裏
 ヒール=かかと
 インサイド&アウトサイド
 インステップ
 シザース⇒インステップ

ドリブルテクニック
・フェイント
 押し引き出し(インサイド)
 押し引き出し(アウトサイド)
 ロール(インサイド)
 ロール(アウトサイド)

ロンド
3対1~7対2、条件あり、小学生のみ

ドリブル競争
コーン×10~15、条件あり、罰ゲームあり、中学生のみ

bonjiteteinstyleno1.jpg

アカデミーの冬場のトレーニングは、スポセンと新神田小学校を併用しているが、雨天により新神田小学校ではピロティでのトレーニングが続いている。マンネリを防ぎ、モチベーションを上げ、それでいて技術レベルを向上させる・・・この日は、遊び心のあるトレーニングメニューを組み込んだ。

活気がある中で、個々の技術の向上が確認できた。まだまだ未熟ではあるが、確実に成長できている。できないことを知ること、成長を実感すること、この2つは・・・どちらも必要な要素なんだよ。課題と向き合い自分自身を追い込むことも必要だが、成長を実感して少しずつ自信を深めていってもらいたい。




N-style金沢サッカーアカデミー

お問い合わせ先
nstylekanazawa@gmail.com

【CDF創】への体験参加も受付中!!





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

N-style金沢

Author:N-style金沢
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7916)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR