FC2ブログ
topimage

2020-02

一度で理解出来るヤツが・・・生き残る - 2017.03.21 Tue


『N-style金沢 Soccer Academy』

トレーニング&トレーニングマッチ
U-12カテゴリー
いしかわ総合スポーツセンター

◆トレーニング
・リフティング
 ウォーキング基本5種目
 リフティング⇒シャペウ⇒コントロール
 リフティング⇒たたき⇒コントロール
 キャッチ(上半身、下半身)
・ドリブル
 フリー
 片足(インサイド&アウトサイド)
 スクリーン
・トラップ&パスコントロール(5人1組)
 ハーフターン
 フルターン
 スクリーンターン(インサイド)
 スクリーンターン(アウトサイド)

◆トレーニングマッチ
6対6、7対7、15分×1本
対戦相手 FC.BROS

以下、U-12 vs BROS
※1~6本目までが6対6、7本目以降が7対7
※8~10本目は12分×1本

1本目  5-1

2本目  2-0

3本目  1-4

4本目  3-0

5本目  2-4

6本目  0-1

7本目  6-1

8本目  1-4

9本目  1-1

10本目 1-5

BROSさん、有難うございました
今後とも、宜しくお願い致します

cdfsou001h.jpg

人は変われるのだが・・・
そのためには、学び続けるしかないのだ

トレーニングについて

まず・・・リフティングで歩いてみる
いかに未熟であるか、誰の目にも明らかである
大切なのは・・・今日、明日、明後日、、、、である
3ヶ月後、、、、半年後、、、、日常を積み重ねる
一度サボってしまえば、取り返すのは容易ではない

トラップ&パスコントロールの順を追って
①背後を確認しながらダッシュでDFを引き離す
②トラップの瞬間は止まる=ミスが減る
③ボールの置き場所・・・最重要課題
④パスする相手を確認してから蹴る
⑤パス&ゴー・・・ここでもダッシュでDFを引き離す

パスは「付ける」「置く」という表現をする
味方の右足か左足か、足元かスペースか
パスの質(速さ、回転、など)はどうか
パスにおける技術の高さとは、「精度(正確さ)」である

この日は・・・タフな一日だった

最初に1時間程度のトレーニングで負荷をかけ
その後は計140分、1人当たり50~60分程度のゲーム
バスケットコートを広くした程度のピッチ
トランジション(攻守の切替え)が速く・・・休む暇もない
そういう意味ではよくやったと言える

最初は君たち自身で課題を話し合う
2~3回すると・・・新しい課題は出てこない
これが現在の君たちのインテリジェンスである
与えられた以上は、まだ何も持っていないのだ
で、少しずつ説明を加えていく
ここで聴けるか聴けないか・・・これで成長が変わる

最後までよく闘ったが・・・
最後のゲームを見れば、君たちが走れないのは明白
スタミナが切れると、思考が遅くなり判断できなくなる
インテリジェンスを支えているのは、実はスタミナなのだ
だから・・・走れないとサッカーできない・・・となる
単純に走るだけではなく、考える頭のスタミナも必要なのだ

最後の方になって、存在感を示した選手が数名いた
試合の最後を任せられるのは、“志(こころざし)”なのだ
厳しい現実を受け入れ、それでも勇気をもって前へ進む
負けたくなくて・・・誰に?・・・自分に
歯を食いしばって、必死に耐えながら
なにくそ! 負けてたまるか!!
この踏ん張りを・・・自分は絶対に見逃さない

この日参加できなかったメンバーもいる
前回のことも、今回のことも・・・何度でも伝えよう
一度や二度で理解できるとは思っていない
だが、一度で理解出来るヤツが・・・生き残る
サッカーで評価されるとはそういうこと・・・これも忘れるな





● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nstylesocceracademy.blog59.fc2.com/tb.php/3079-1e823f16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

意識する «  | BLOG TOP |  » 高く・・・より高く昇るために

プロフィール

N-style

Author:N-style
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4880)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR