FC2ブログ
topimage

2018-11

誰もが、その胸の痛みを、簡単に忘れ、他人を傷つける - 2018.08.25 Sat


オマエなんかいらねぇ

そう言われていた選手は、そのチームを去った
その後、そう口にしていた指導者は
他の保護者から人間性にクレームが入り
チームの代表者から、もう来なくていいと言われた
人の立場とは、こうも簡単に入れ替わるモノなのだ
言っておくが・・・これは、実話である

人の心は透けて見える

言葉にしなくても、人の心は透けて見える
痛みを知っているはずなのに、置き換えることができない
1日の出場が2時間の選手と、30分の選手がいたとして
Bチームの試合で、30分を2時間と交替させるようなら
30分の選手は、必要とされていないと感じないはずがない
必要とされていない痛みを・・・知っているはずなのに

オレは・・・出なくていいです

高校生になって、スタメンでの出場が増えた選手がいた
中学生の時はずっとベンチだったから、素直に嬉しかった
B戦にも出たいかと問われ、その選手は出たくないと言った
B戦しか出番のない選手の経験の場を、安易に削りたくなかった
もちろん試合には出たいが、心の痛みがそれを許さなかった
この彼はプロになって、いまは指導者として歩んでいる

誰もが、その胸の痛みを、簡単に忘れ、他人を傷つける

もっと、他人の痛みが分かる・・・そんな人間になりなさい

本田圭佑が、長友佑都が、夢を諦めるなと言っているのは

そういう人の心の痛みを、自身も経験したからではないのか

もっと、他人の痛みが分かる・・・そんな人間になりなさい




● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nstylesocceracademy.blog59.fc2.com/tb.php/3934-fcafe6f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自分たちから動き出さねば、未来は厳しいものになる «  | BLOG TOP |  » 君たちはもう・・・あの敗戦を・・・忘れてしまったのか?

プロフィール

N-style

Author:N-style
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4070)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR