FC2ブログ
topimage

2018-11

目指すべきは「スペクタクル」・・・驚きと感動だ - 2018.09.11 Tue


UEFAネーションズリーグ

国際親善試合では代表チームの強化に繋がらない
ごく当たり前の理由から、欧州は新たな枠組みを創った
欧州の55ヶ国が参加、年間を通じたリーグ戦を行う
FIFAの国際AマッチDAYなどの日程で開催
これにより、南米やアジアでも新たな動きが発生するだろう

スペイン代表の行方

この大会から、スペインは新たな監督で船出した
ルイス・エンリケ、バルサで選手と監督を務めた人物
結果は出したが、当時のバルサは誰が監督でも強かった
この監督から「インテリジェンス」を感じることはなかった
スペイン代表も、そのスタイルが大きく変わったと報道された

古いとか、新しいとか・・・ではない

スペインは、「テクニック」と「インテリジェンス」である
圧倒的な技術の高さと、それを活かすための戦術
積み重ねてきたのが「ティキ・タカ」と呼ばれる戦術
そういったものを失くして、先に進む道があるとは思えない
どこの国でもできるようなサッカーに、未来があるとは思えない

結果以上の魅力があるサッカー

スペインはこれまで、W杯で一度しか優勝していないのだ
強い強いと言われながら、クラブチーム程の結果は出てない
それでも世界中から称賛され、優秀な選手が集まる国である
その理由がどこにあるのか・・・誰にでも分かることだ
スペインは代表よりもクラブ・・・より色濃くなるだろう

タテに速いサッカー

これは「スタイル」ではなく、攻撃の手段のひとつだ
状況によって攻め方を変える・・・至って普通のことだ
タテの速さだけを目指せば、ボールを失う確率も上がる
選手の判断も「創造性」を失い、サッカーは球蹴りに変わる
これで失敗したのが、日本代表のハリルホジッチである

目指すべきは「スペクタクル」・・・驚きと感動だ

イングランドは強いが、つまらなくて飽きてしまう

スペインがそういう監督を選んだことに驚く

どうか日本は・・・目指すべき道を、間違えないように




● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nstylesocceracademy.blog59.fc2.com/tb.php/3965-feaf7f6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

えっ、こんなに変わるの? «  | BLOG TOP |  » それに気付けば、今からだって・・・遅くはない

プロフィール

N-style

Author:N-style
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4070)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR