FC2ブログ
topimage

2018-12

唯一、信じて疑わなかったのは・・・彼自身である - 2018.09.16 Sun

club de futbol 創 = CDF創

第22回石川県クラブユースサッカー新人大会
小松ドーム(人工芝)、曇り/晴れ
担当 木下、水上、本多
※中島⇒本部役員

◆予選リーグ・2日目

CDF創 0-1 FC小松
35分ハーフ 前半0-0・後半0-1

20180916cys.jpg

U13リーグでは0-7で完敗した相手

今日の0-1という結果は、随分と成長した証である

君たちくらいの志では、このくらいでの満足が丁度いい

オレは・・・負けっぱなしは絶対に受け入れられない

負けっぱなしという点では、ピッチに立てないヤツも同じ

努力もしないヤツがピッチに立てるほど・・・甘くはない

努力しないってのは、悔しくないってことだ

悔しくないってことは、負けを受け入れたことに等しい

負けを受け入れた時点で・・・夢は終わっている


2014102012320000sn10.jpg

2014102012340000sn10.jpg

2014102012360000sn10.jpg

上の3枚の写真は、中学3年生のときの息子

セカンドチーム=ひとつ下の学年のリーグ戦だった

ひとつ下の学年の試合でも、この日は出番がなかった

負けてたまるか・・・ひたすら練習するしかなかった

夢だからな・・・このまま終わるわけにはいかなかった

彼がピッチに立てるようになったのは、ここからさらに1年後

7年もの下積み時代を経て、鵬学園のスタメンを勝ち取った

鵬学園では2年間、北信越プリンスリーグの舞台で闘った

これまで積み重ねた努力が、実を結んだ2年間だった

現在の彼は、関西No,1の大学でプレーしている

ひとつ下の学年でさえ出場できなかった中学生時代に

現在の彼の姿を・・・誰が想像できただろうか

唯一、信じて疑わなかったのは・・・彼自身である

自分を信じて努力し続けた、その結果である


20171007ootorigakuen7.jpg




● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nstylesocceracademy.blog59.fc2.com/tb.php/3972-4c75a29b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

違い «  | BLOG TOP |  » 100%

プロフィール

N-style

Author:N-style
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4099)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR