FC2ブログ
topimage

2020-01

指導者が大切にしているモノ - 2012.10.23 Tue


今朝未明(早朝5時ごろ)
風が凄かったな・・・仕事終わって寝ようかって時に・・・目が冴えたよ

昨日のTR(全学年合同)
・リフティング
・ボールコントロール(リフティング、クーバー、ボールタッチ)

●4年生+3年生2名
・6対2+2フリーマン(ポゼッション)
・クワトロゲーム
・ミニゲーム

【金沢のイニエスタ】によるTR
何が素晴らしいって・・・TRしていた全員が楽しんでいたこと
内容も濃く、文句なしのTRだった
今日の君たちは、本当に楽しそうで・・・色々と考えさせられたよ・・・。
この日の【彼】のサッカーノート「40才すぎたら監督を目指す」
高校卒業したら海外に出て、世界を経験してくるといいだろう
日本のサッカーはもう、そういう時代に入っている

●下級生+5年生
・2人1組(パスコントロール)
・ハンデキャップマッチ(下級生vs5年)

【彼】にはまだ負けられない自分のTR(笑)
まずは上級生と下級生を組ませて、コミュニケーションを含めたパスTR
なかなか上手くいかない下級生に対し、どう話し伝えていくか・・・大切なことだ

ハンデキャップマッチ
下級生5名vs5年生3名(フリータッチ)
下級生5名vs5年生4名(U-2タッチ)
どちらもゴールの大きさ・数にハンデをつけた。(下級生は小・1、5年は大・2)
4年生のTRに負けず、楽しくて内容の濃いTRだった(ほったらかしだったけどねw)
5年はホントに良くなったなぁ・・・繋げるし、判断できてるし、積極的だし
何より、下級生を大切にしていることが素晴らしい
下級生が全力で伸び伸びとプレーできるのは
自然と君たちを信頼し、安心しているからだ

サッカーのレベルがどうであれ、人間性の貧しい者は目標にはならない

後輩は大切な仲間であり、将来のライバルになるかもしれない存在だが

心に余裕のない者にとっては、ストレス発散の対象でしかない

今日のTRを観ていた下級生のお母さんたちは、きっとこう思っただろう

君たちのような先輩がいてくれて良かった

サッカーやる前に、ひとりの人間として大切なことだ

指導者が「何を一番大切にしているのか」は一目瞭然であり

誤魔化しなど利かず、言い訳など通らない

オレは・・・この部分だけは、絶対に譲らない




● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nstylesocceracademy.blog59.fc2.com/tb.php/457-fadd1d0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

たったの300m «  | BLOG TOP |  » 「指導する」というトレーニング

プロフィール

N-style

Author:N-style
未来ある子供たちのために
理想の環境を目指して

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4824)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR